ワイモバイル

[2022年10月]格安SIM(格安スマホ)比較ランキング!料金が安いおすすめ格安スマホはどこ?

格安SIM(格安スマホ)はどこがいいのか、料金・通信速度・キャンペーンを比較しておすすめランキングにまとめました!最安級・通信速度が速い・データ無制限の格安SIMも紹介。格安SIMの契約とセット購入できる機種も紹介しますので機種変更を検討している方は必見です。
ワイモバイル [2022年10月]格安SIM(格安スマホ)比較ランキング!料金が安いおすすめ格安スマホはどこ?

格安SIMはキャリアよりも月額料金が安いため、乗り換えるとスマホ代を大幅に節約できます。しかし、「格安SIMに乗り換えたいけど、どれが本当におすすめなのかわからない」という方も多いでしょう。

格安SIMはそれぞれ料金プランやサービス内容にバラつきがあるので、しっかりと比較して自分に合ったものを見極める必要があります。

そこで今回は、料金やサービスを比較して総合的におすすめな格安SIMをまとめました。また、格安SIMの選び方やメリット・デメリットについても詳しく解説しているので、格安SIMへの乗り換えを検討している方は必見です。

人気格安SIM(格安スマホ)の料金・速度・キャンペーン比較一覧

この章では、人気の格安SIMの月額料金やスペック、キャンペーンなどを一覧表で比較していきます。

ランキングで紹介した格安SIMの詳細な料金プランやキャンペーンについても詳しく後述しますので、自分に合った格安SIMを知りたい方や、どの格安SIMにするか迷っている方はぜひ参考にしてください。

                       
UQモバイル 楽天モバイル LINEMO IIJmio mineo ワイモバイル(Y!mobile) OCN
モバイルONE
ahamo イオンモバイル QTモバイル BIGLOBEモバイル HISモバイル NUROモバイル LIBMO 日本通信SIM
格安SIM

UQモバイル


楽天モバイル


LINEMO


IIJmio


mineo


ワイモバイル


OCNモバイルONE


ahamo


イオンモバイル


QTモバイル










月額料金
(税込)
(※1)
1,628円〜3,828円 1,078円〜3,278円 990円〜2,728円 850円〜2,000円 1,298円〜2,178円 2,178円〜4,158円 550円〜1,760円 2,970円 803円~5,258円 880円~3,300円(ドコモ回線・au回線) 1,078円~1,870円 290円~5,990円 792円~2,699円 980円~2,728円 1,390円~2,178円”
データ容量 3GB~25GB3GB~無制限3GB~20GB 2GB~20GB 1GB~20GB 3GB~25GB 500MB~10GB 20GB 500MB~50GB 2GB~30GB(ドコモ回線・au回線) 1GB~30GB ~50GB 3GB~20GB 3GB~30GB 6GB~20GB
下り平均
速度(※2)
86.07Mbps 63.46Mbps 42.94Mbps 45.7Mbps 40.37Mbps 65.82Mbps 68.21Mbps 114.04Mbps 56.92Mbps 51.88Mbps 13.05Mbps 23.96Mbps 52.19Mbps 17.7Mbps 26.69Mbps
使用回線 au回線 楽天回線
au回線
ソフトバンク回線ドコモ回線
au回線
ドコモ回線
au回線
ソフトバンク回線
ソフトバンク回線 ドコモ回線 ドコモ回線 ドコモ回線
au回線
ドコモ回線
au回線
ソフトバンク回線
ドコモ回線
au回線
ドコモ回線 ドコモ回線 ドコモ回線 ドコモ回線
取り扱い
端末数
14端末 21端末 20端末 21端末 12端末 30端末
+中古iPhone
3端末 24端末 19端末 7端末 12端末+中古スマホ 17端末 10端末 なし
主な
キャンペーン
SIMのみ購入で最大10,000円相当還元 最新iPhone購入で最大24,000円相当還元他社乗り換えで最大13,000円相当還元 大特価セール!スマホが110円~ 6ヶ月間6月額330円割引 最大36,000円割引スマホセール 人気のスマホが8,000円~ 他社から乗り換えで10,000ポイント 乗り換え+対象スマホ購入で10,000WAONポイント iPhone SE2購入で15,000円キャッシュバック 6ヶ月エンタメ料金無料 なし 乗り換えで15,000円キャッシュバック 最大12,000ポイント還元 なし
公式
サイト
詳細はこちら詳細はこちら 詳細はこちら詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

(※1)音声通話付きSIMの月額料金です。

(※2)直近3か月に計測された通信速度の測定結果から平均値を計算したものです。

【PR】LINEMO

LINEMOの特徴

  • 半年間実質無料で使える
  • LINEのトーク・通話でギガが消費されない
  • 顧客満足度No.1を獲得(※1)

ソフトバンクの格安プランである「LINEMO」は、厳密にいうと格安SIMではありませんが、格安SIM並に安い料金プランを実現しているため紹介しました。

LINEMO独自のサービスである「LINEギガフリー」がある点や、月額の利用料金が半年間実質無料になるお得なキャンペーンが特徴の格安SIMです。

LINEMOの料金プラン

(税込) LINEMO
データ容量 3GB 20GB
月額料金 990円 2,728円
制限時速度 300kbps 1Mbps

LINEMOの料金プランは2種類あり、データ容量が3GBの「ミニプラン」もしくは、20GBの「スマホプラン」から選べます。

いずれもLINEのトーク・通話がデータ消費0になる「LINEギガフリー」が含まれているため、LINEのトークや通話、ビデオ通話が使い放題になります。

データ容量を超過した後の最大通信速度はミニプランで300kbps、スマホプランで1Mbpsのです。

格安SIMの速度に不安がある方やキャリアの料金が高いと感じている方は、速度と安さのバランスがよいLINEMOの利用をぜひ検討してみてください。

LINEMOの通話料金・かけ放題プラン

かけ放題オプション 月額料金(税込)
通話準定額
(5分/回以内の国内通話が無料)
550円
0円
通話定額
(時間・回数の制限なしで国内通話が無料)
1,650円
1,100円

※通話オプション割引キャンペーン適用時の料金です。

LINEMOの国内通話は22円(税込)/30秒

今ならLINEMOに新規契約・他社からの乗り換え・ソフトバンクもしくはワイモバイルからの番号移行で、契約から1年後まで通話料金が割引されます。

PayPayポイントあげちゃうキャンペーン

  • 期間:2021/6/5(土)~終了日未定
  • 特典
    (1)スマホプランへ他社からの乗り換えの場合PayPayポイント10,000円相当還元
    (2)スマホプランを新しい番号で契約の場合PayPayポイント3,000円相当還元
  • 条件
    (1)キャンペーン対象申込期間中にLINEMOの「スマホプラン」に新しい番号、または他社からの乗り換えで申し込み、LINEMOの利用を開始(開通)すること
    (2)対象プランの開通日が属する月の4カ月後(特典付与対象判定月)に、申込時点の料金プランと同一の料金プランであること

LINEMOでは、PayPayポイントあげちゃうキャンペーンを実施中!

他社からの乗り換えでスマホプランを申し込むと、10,000円相当のPayPayポイントがもらえます。

新規申し込みでも、3,000円相当のPayPayポイントがもらえますので、ぜひご利用ください!

なお、ミニプランの申し込みやソフトバンク・ワイモバイル・ソフトバンク回線MVNOからの乗り換えは対象外です。

【キャンペーン】最大半年間実質無料

  • 2022年5月20日(金)
    ~終了日未定
  • 特典内容:最大6ヶ月間990円相当のPayPayポイントをプレゼント
  • 条件:LINEMOの「ミニプラン(3GB)」を新しい番号で契約もしくは他社からの乗り換えで契約する

LINEMOでは、ミニプランが最大半年間実質無料になるキャンペーンを実施中です!

ミニプランを新しい電話番号で契約もしくは他社から乗り換えると、PayPayポイント990円相当が6ヶ月間毎月プレゼントされます。

ミニプランは月額990円(税込)なので、半年間実質無料で使える計算です。

キャンペーン開始に伴い、LINEMOの申し込み件数が爆増しているとのニュースもあるため、乗り換えを検討している方は試してみてはいかがでしょうか?

第1位:UQモバイル

UQモバイル

UQモバイルの特徴

  • 通信速度が速い
  • 余ったギガが翌日に繰り越せる
  • 全国の店舗でサポートが受けられる
  • 口座振替に対応している

UQモバイルは、auのサブブランドという位置づけでり、格安SIMのなかでもトップクラスの通信速度を誇ります。

また、全国にある店舗では直接サポートを受けられるため契約や利用方法に不安がある方でも安心です。

かけ放題オプションがあるため、よく通話をするという人は利用を検討してみてください。料金の支払い方法として口座振替に対応しているのもうれしいポイントです。

UQモバイルの料金プラン

プラン名 くりこしプランS
+5G
くりこしプランM
+5G
くりこしプランL
+5G
データ容量 3GB 15GB 25GB
料金(税込) 1,628円 2,728円 3,828円
速度制限時
or
節約モード時
最大300kbps 最大1Mbps 最大1Mbps

UQモバイルの料金プランは、「くりこしプラン+5G(S/M/L)」で、いずれも5G通信に対応しています。データ容量はSが3GB、Mが15GB、Lが25GBとなっています。

通信制限時の最大速度は、くりこしプランSが最大300kbps、M・Lは最大1Mbpsです。一般的な制限時速度よりも高速なため、データ容量を超過した場合でもWebサイトやSNSなどは快適に使えます。

UQモバイルの通話料金・かけ放題プラン

かけ放題オプション 月額料金(税込)
最大60分/月の国内通話が定額 550円
国内通話10分かけ放題 770円
国内通話かけ放題 1,870円

UQモバイルの国内通話は22円(税込)/30秒。通話専用アプリなどは不要です。

かけ放題オプションは表の通り、3つのタイプから選択できます。

【キャンペーン】SIM単体契約で最大10,000円相当還元

  • 期間:2021年9月2日~
  • 特典:最大10,000円相当のau PAY残高還元
  • 条件:UQモバイルオンラインショップでSIMのみを購入すると同時にくりこしプラン +5G(S/M/L)を契約する

UQモバイルでは、オンラインショップでSIMのみを購入すると最大10,000円分のau PAY残高が還元されるキャンペーンを実施しています。

特典の対象プランはくりこしプラン +5G(S/M/L)の3種類です。還元額は契約方法・プランによって異なります。

契約方法 還元額
新規契約 3,000円相当
MNP(※) 増量オプションII
加入の場合:10,000円相当
未加入の場合:6,000円相当
eSIM契約の場合 3,000円相当増額

(※)au/povoからの乗り換えを除く。

「増量オプション II」は、月額550円(税込)でデータ容量が最大5GB/月増量されるオプションです。今ならオプション料金が13か月間無料になるキャンペーンを実施しているので、キャッシュバックを多くもらいたい場合は加入をおすすめします。

こちらのキャンペーンは新規契約またはMNP乗り換えをする際に適用されますが、auまたはpovo1.0/2.0からの乗り換えは対象外です。

また、au PAY残高還元時点でau PAYアプリ(旧au WALLETアプリ)を登録しておく必要があります。進呈時点でau PAY残高が有効でない場合は、還元対象外なので注意しましょう。

申し込みから最短45分で利用できるeSIMを契約すると、還元されるau PAY残高が3,000円相当増額されます。UQモバイルをお得に契約できるキャンペーンなので、ぜひこの機会にチェックしてみてください。

第2位:楽天モバイル

楽天モバイル

楽天モバイルの特徴

  • データの使用量によって月額料金が変化
  • 3,278円(税込)でデータ無制限
  • 国内通話が完全無料

楽天モバイルは厳密にいうと格安SIMでなくキャリアに分類されますが、キャリアの中でも月額料金が非常に安く、格安SIMと引けを取らないお得なプランを提供しています。

このあと詳しく説明しますが、料金プランはデータ消費量によって金額が変化する従量課金制で、3,278円(税込)からはデータが無制限で使えるようになります。

また、専用の通話アプリを利用することで国内の通話が完全無料になるため、通話をよくするという方には大きなメリットになるでしょう。

楽天モバイルの料金プラン

Rakuten
UN-LIMIT Ⅶ
月額料金
(税込)
〜3GB 1,078円
3〜20GB 2,178円
20GB〜 3,278円

楽天モバイルの料金プランは「Rakuten UN-LIMIT VI」の1つのみ。

シンプルで分かりやすく、プランで迷う心配もありません。

月額料金は従量課金制で、データ使用量に応じて毎月の利用料金が決まります。

3GBまでであれば月額利用料は1,078円。20GB以上はデータ無制限で月額3,278円(税込)なので、月によってデータ使用量が異なる方や、無制限プランを安く使いたい方におすすめです。

大手キャリアだと大容量プランが7,000円前後のところ、楽天モバイルであれば半額以下の料金で契約できるため非常にお得です。

楽天モバイルの通話料金・かけ放題プラン

かけ放題オプション 月額料金(税込)
Rakuten Linkアプリ使用 無料
15分(標準)通話かけ放題
Rakuten UN-LIMIT VIIプラン
1,100円
0円

楽天モバイルの国内通話は22円(税込)/30秒。Rakuten Linkアプリを利用すればかけ放題が無料で利用できます。

さらに、今なら15分かけ放題が3ヶ月間無料になるキャンペーンを実施中です。適用条件がありますので、詳しくは公式サイトを確認してください。

【キャンペーン】対象のiPhone購入で最大24,000円相当のポイント還元

  • 期間:2022年7月1日~
  • 特典:最大24,000円相当分の楽天ポイント還元
  • 条件:Rakuten UN-LIMIT VIIに初めて申し込み、対象のiPhoneを購入する

楽天モバイルの料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」に初めて申し込み、対象のiPhoneを購入すると最大24,000円相当分の楽天ポイントが還元されます。

対象のiPhoneは、iPhone SE(第3世代)・iPhone 13シリーズ・iPhone 12シリーズです。還元ポイントは購入するiPhoneによって異なるので、詳しくは公式サイトを確認してみましょう。

2022年7月1日から提供開始の「Rakuten UN-LIMIT VII」は、3GBまで1,078円(税込)のお得なプランです。毎月使った分だけ支払うシステムなので、無駄がありません。

楽天モバイルの新プランと人気のiPhoneシリーズをお得に申し込めるチャンスなので、この機会を見逃さないようにしてください。

【キャンペーン】対象スマホ・WiFi購入で最大19,000円相当のポイント還元

  • 期間:2022年7月1日~
  • 特典:最大19,000円相当の特典進呈
  • 条件:Rakuten UN-LIMIT VIIに初めて申し込み、対象のスマホ・WiFiを購入する

楽天モバイルでは、Rakuten UN-LIMIT VIIの申し込みと同時に対象のスマホ・WiFiを購入する方向けに、お得なキャンペーンを実施しています。

条件を満たすと、端末代金が最大16,000円値引きされ、さらに3,000円相当の楽天ポイントがもらえます。

対象機種には、人気のAQUOS・Xperia・OPPOシリーズやコスパ抜群の楽天モバイルオリジナルスマホも含まれているので、端末の購入を検討している方は必見です。

第3位:IIJmio

IIJmioの特徴

  • 取り扱い端末数が多い
  • eSIMで初期費用がお得
  • 人気のスマホが2,000円以下で購入できる

IIJmioは端末の取り扱い端末数が非常に多く、iPhone 12シリーズや人気のAndroidスマホをお得な価格で購入することが可能です。

状態のよい中古端末の取り扱いもあるので、スマホをとにかく安く購入したいという方に適しています。

また、後ほど詳しく紹介しますが、eSIMというデジタルSIMを利用することで月額料金をさらに安くできるため、できるだけスマホ代をお得にしたいという人におすすめです。

IIJmioの料金プラン

(税込) 音声SIM SMS専用SIM データSIM eSIM
(データ専用)
2GB 850円 820円 740円 440円
4GB 990円 970円 900円 660円
8GB 1,500円 1,470円 1,400円 1,100円
15GB 1,800円 1,780円 1,730円 1,430円
20GB 2,000円 1,980円 1,950円 1,650円

IIJmioは、4種類のSIMと5つのデータ容量から自分に合った料金プランを選べます。

SIMの種類は、音声SIM・SMS専用SIM・データ専用SIM・eSIMがあります。

eSIMはQRコードを読み取るだけで回線の利用が可能になるSIMのことで、スマホ本体にSIMが内蔵されているためSIMカードを入れ替える必要がありません。

SIMカード本体の代金や配送料がかからない分、他のSIMタイプよりお得に契約できます。また、申し込みから即日で使えるのも大きなメリットです。

利用料金に関しても、eSIMは440円(税込)〜、音声通話SIMも858円(税込)〜と、格安SIMの中でも最安級の価格になっています。

IIJmioの通話料金・かけ放題プラン

 
かけ放題オプション 月額料金(税込)
5分かけ放題 500円
10分かけ放題 700円
完全放題 1,400円

IIJmioの国内通話は通話専用アプリを利用すれば11円(税込)/30秒。かけ放題オプションを追加する場合もアプリが必要になります。

【キャンペーン】スマホ1,980円~!乗り換え応援キャンペーン

  • 2022年9月1日~2022年10月3日
  • 特典:対象端末を特別価格で販売
  • 条件:ギガプランの音声通話機能付きSIMをMNP転入かつ対象端末をセットで申し込む

人気のiPhoneやAndroidを多数取り扱うIIJmioでは、「スマホ大特価セール」でスマホをお得に購入できます。

格安SIMの中でも特にラインナップが豊富なので、乗り換えと同時に機種変更を検討している方におすすめです。

今なら音声通話機能付きSIMをMNP転入にて、かつ対象端末をセットで申し込む場合とスマホを割引価格で購入できます。

対象端末の中にはキャンペーンを利用すると1,980円(税込)で購入できるものがあるので、人気のスマホをお得に購入したい方は必見です。

対象端末と割引後の販売価格をAndroid・iPhoneそれぞれまとめましたので、以下の表を参考にしてください。

対象端末 割引適用後
販売価格(税込)
一括払い 24回払い
Redmi Note 11 1,980円 84円
moto e32s 1,980円 86円
OPPO A55s 5G 3,480円 146円
Redmi Note 10T 3,498円 146円
AQUOS sense4 plus 7,980円 334円
対象端末をもっとみる
対象端末 割引適用後
販売価格(税込)
一括払い 24回払い
AQUOS wish 8,980円 375円
OPPO Reno5 A 11,800円 492円
motorola edge
20 fusion
12,800円 541円
moto g52j 5G 14,800円 617円
AQUOS sense6
[4GB/64GB]
17,800円 750円
AQUOS sense5G 18,800円 794円
OPPO Reno7 A 19,800円 827円
motorola edge 20 19,800円 827円
AQUOS sense6
[6GB/128GB]
19,800円 827円
Redmi Note 11 Pro 5G 22,980円 958円
Xiaomi 11T 27,800円 1,160円
Xiaomi 11T Pro 38,800円 1,617円
Xperia 10 IV 39,800円 1,661円
Nothing Phone(1)
[8GB/128GB]
43,980円 1,835円
POCO F4 GT 45,980円 1,916円
Nothing Phone(1)
[8GB/256GB]
49,800円 2,081円
motorola edge 30 pro [8GB/128GB] 51,800円 2,163円
Nothing Phone(1)
[12GB/256GB]
59,800円 2,499円
AQUOS R6 89,980円 3,752円
moto g31 1,980円 84円
OPPO A73 1,980円 84円
Galaxy S10 SC-03L
(docomo版)
14,800円 618円
Galaxy S10 SCV41
(au版)
14,800円 618円
Mi 11 Lite 5G 17,800円 752円
Zenfone 8 [16GB/256GB] 49,800円 2,076円

IIJmioでは人気のiPhoneもお得に購入できます。大特価セール対象のiPhoneと機種ごとの価格は以下の通りです。

対象端末 割引適用後
販売価格(税込)
一括払い 24回払い
iPhone 8 [64GB]
(美品)
1,980円 84円
iPhone 11 [64GB]
(美品)
32,800円 1,421円
iPhone SE(第3世代)
[64GB]
(未使用品)
32,980円 1,381円
対象端末をもっとみる
対象端末 割引適用後
販売価格(税込)
一括払い 24回払い
iPhone 12 [64GB]
(未使用品)
64,980円 2,710円
iPhone 13 [128GB]
(未使用品)
98,800円 4,126円
iPhone SE(第2世代)
[64GB]
7,980円(美品)
19,800円(未使用品)
334円(美品)
827円(未使用品)
iPhone 12 mini [64GB]
(未使用品)
48,800円 2,037円
iPhone 12 [128GB]
(未使用品)
72,000円 3,005円
iPhone 13 mini [128GB]
(未使用品)
69,800円 2,909円

キャンペーンの適用は、1契約者(mioID)あたり1台までです。人気の機種は在庫切れになる可能性があるので、欲しいスマホがある方は早めに購入しましょう

【IIJmio公式】詳細はこちら

【キャンペーン】最大10,000円分ギフト券プレゼントキャンペーン

  • 期間:2022年6月1日~2022年10月3日
  • 特典:最大10,000円分の”選べるe-GIFT”をプレゼント
  • 条件:対象プランをご利用中の方が、キャンペーン期間中にIIJmioサプライサービスにて対象端末を端末のみで購入する場合

IIJmioサイトから対象スマホを購入すると、最大10,000円分のギフト券がもらえるキャンペーンを実施中です。

付与されるのは”選べるe-GIFT”で、複数の電子マネーやギフト券等から自由に商品を選択できます。キャンペーン対象となるプランは以下の通りです。

  • IIJmioモバイルサービス :ギガプラン
  • IIJmioモバイルサービス:ミニマムスタート、ライトスタート、ファミリーシェア、ケータイプラン、eSIM(ベータ版)
  • IIJmioモバイルプラスサービス:従量制プラン、エコプラン

ギフト券は対象端末の購入台数分付与されますので、複数台購入したい方にもおすすめです。

キャンペーンでもらえるギフト券の金額は2,000円分〜10,000円分までで、購入する端末ごとに異なります。対象端末とギフト券額は公式サイトに記載されているので、申し込む前に確認しましょう。

なお、端末をSIMとセットでご購入の場合は、キャンペーン対象外となりますので、ご注意ください。

【IIJmio公式】詳細はこちら

【キャンペーン】音声SIM月額割引特典

  • 期間:2022年8月1日~2022年10月31日
  • 特典1:月額料金から6か月間440円割引
  • 特典2:初期費用から1,650円に割引
  • 条件:音声通話機能付きSIMに乗り換え(MNP)・新規契約・プラン変更で申し込む

IIJmioでは、音声通話機能付きSIMに申し込むと、最大6か月間440円(税込)割引されるお得なキャンペーンを実施しています。

こちらは、乗り換え(MNP)・新規契約の方はもちろん、IIJmioユーザーがプラン変更する場合も対象です。割引適用後の月額料金は、以下を参考にしてください。

音声SIM
データ容量
2ギガ
プラン
4ギガ
プラン
8ギガ
プラン
15ギガ
プラン
20ギガ
プラン
割引後
月額料金(税込)
850円
410円
990円
550円
1,500円
1,060円
1,800円
1,360円
2,000円
1,500円

さらに、通常3,300円(税込)かかる初期費用が1,650円(税込)に割引される特典も併用可能です。毎月かかる通信費だけでなく、初期費用も安く抑えられます。

他社の料金プランと比較しても安い料金で利用できるので、ぜひこの機会にIIJmioを検討してみてはいかがでしょうか。詳しくは、公式サイトをチェックしてください。

【IIJmio公式】詳細はこちら

【キャンペーン】通話定額オプション割引

  • 期間:2022年8月1日~2022年10月31日
  • 特典:通話定額オプションの月額料金から7か月間410円割引
  • 条件:IIJmioのギガプランに申し込む

IIJmioでは、3つの通話定額オプションを提供しています。電話をよくかける方や通話料金が気になる方におすすめの格安SIMです。

さらに今なら、通話定額オプションの月額料金から7か月間410円(税込)割引されるキャンペーンを実施しています。割引適用後の月額料金は、以下を参考にしてください。

通話定額5分+ 通話定額10分+ かけ放題+
割引前
月額料金(税込)
500円 700円 1,400円
割引額(税込) 410円
割引後
月額料金(税込)
90円 290円 990円

通話定額オプションへの加入を検討している方は、安く利用できるこの機会に申し込んでみてはいかがでしょうか。

【IIJmio公式】詳細はこちら

第4位:mineo

mineo

mineoの特徴

  • サービス満足度2年連続1位
  • mineoユーザー同士でパケットをシェアできる
  • 余ったデータ容量は翌月に繰り越しできる

mineoは、ユーザーの満足度が非常に高い人気の格安SIMです。

「フリータンク」と呼ばれるサービスがあることも大きな特徴で、余ったパケット(データを小さなまとまりに区切ったもの)をフリータンクにシェアをすることでギガが足りない他のmineoユーザーにデータ容量をおすそ分けできます。

余ったデータ容量は、フリータンクでシェアする以外にも翌月に繰り越すことができるので、無駄のないデータ通信が楽しめます。

mineoの料金プラン

データ容量
(税込)
デュアルタイプ
(音声通話+データ通信)
シングルタイプ
(データ通信のみ)
1GB 1,298円 880円
5GB 1,518円 1,265円
10GB 1,958円 1,705円
20GB 2,178円 1,925円

mineoのスタンダードな料金プランである「マイピタ」は、音声通話SIMとデータ通信ができる「デュアルタイプ」とデータ通信のみ可能な「シングルタイプ」の2種類があります。

データ容量は、1GB・5GB・10GB・20GBから選択でき、プラン最大容量である20GBでも2,000円前後で利用可能です。

20GBのプランがこの価格で利用できるのはお得と言えます。

自宅にWiFiがない方や外出先でスマホをよく使う方は、mineoの20GBのプランがおすすめです。

mineoの通話料金・かけ放題プラン

(税込) 通常月額料金 初月 2~6ヶ月 7~12ヶ月
10分かけ放題 無料 無料 440円
時間無制限かけ放題 1,210円 無料 990円 990円

mineoの国内通話は、通話専用アプリを利用すれば10円(税込)/30秒、アプリを利用しない場合は22円(税込)/30秒です。

かけ放題はアプリを利用しない場合のみ利用が可能。今ならかけ放題に新規申し込みで、利用料金がお得になるキャンペーンが開催中です。

【キャンペーン】かけ放題オプションが1年間割引

  • 期間:2022年3月1日~2023年3月31日
  • 特典:かけ放題オプションの月額料金から1年間割引
  • 条件:期間中に10分かけ放題・無制限かけ放題を新たに申し込む

mineoでは、月額550円(税込)の10分かけ放題と月額1,210円(税込)の時間無制限かけ放題を提供しています。こちらは、かけ放題オプションの月額料金から1年間割引されるキャンペーンです。

割引額は10分かけ放題が110円(税込)、時間無制限が220円(税込)となっています。さらに今なら、初月の料金が無料になる特典も適用されるのでお得です。

10分かけ放題 時間無制限かけ放題
割引前
月額料金(税込)
550円 1,210円
割引額(税込) 110円 220円
割引後
月額料金(税込)
440円 990円

かけ放題オプションをお得に利用できるチャンスなので、電話をよくかける方はこの機会を見逃さないようにしましょう。

【mineo公式】詳細はこちら

第5位:ワイモバイル

ワイモバイル

ワイモバイルの特徴

  • 安定した通信速度
  • 全国の店舗でサポートが受けられる
  • 余ったデータ容量は翌月に繰り越しできる
  • 夏のPayPay祭でスマホが最大36,000円割引

ワイモバイルはソフトバンクの子会社であり、サブキャリアという位置づけです。

そのため、通信速度・料金・サポートすべてのバランスがよいのが大きな特徴です。

また、全国に店舗を構えているため直接サポートを受けたいという方におすすめ。

余ったデータ容量は翌月に繰り越しできるのもメリットの1つです。

現在開催されている「夏のPayPay祭」では、対象機種のスマホが最大36,000円割引になります。

端末代が1円になるスマホも。この機会にぜひ端末をお得に買い替えてください。

ワイモバイルの料金プラン

プラン名 シンプルS シンプルM シンプルL
データ通信容量 3GB 15GB 25GB
月額料金(税込) 2,178円 3,278円 4,158円
割引後
月額料金(税込)(※)
990円 2,090円 2,970円
速度制限時の
通信速度
最大300Kbps 最大1Mbps 最大1Mbps

※家族割引サービス適用時

ワイモバイルの料金プランは、シンプルS/M/Lの3種類。それぞれのデータ容量は、順に3FB・15GB・25GBとなっています。

平均的なスマホのデータ使用量は8GB程度といわれているため、シンプルMのプランでも十分な通信が可能です。

また、データ容量に達した場合でも制限最大速度が1Mbpsなので、標準画質の動画の視聴やSNSの利用などは問題なくできるでしょう。

また、ワイモバイルは全国に店舗があります。専門スタッフに相談ができるため、不安なことがある方はぜひ利用を検討してみてください。

ワイモバイルの通話料金・かけ放題プラン

かけ放題オプション 月額料金(税込)
だれとでも定額(10分/回) 770円
スーパーだれとでも定額(無制限) 1,870円

ワイモバイルの国内通話は11円(税込)/30秒。かけ放題オプションは表の通りです。

通話専用アプリは不要で、標準通話のアプリから電話をかけるだけで、自動的にかけ放題が適用されます。

【キャンペーン】対象スマホがお得!夏のPayPay祭

  • 期間:2022年7月1日~2022年8月31日
  • 特典:対象スマホの機種代金から割引
  • 条件:ワイモバイルオンラインショップで対象スマホを購入する

ワイモバイルでは、夏のPayPay祭期間中に対象スマホの機種代金が割引されるお得なキャンペーンを実施しています。対象スマホは、以下の通りです。

対象スマホ 割引適用後
販売価格(税込)
AQUOS wish2 26,640円
4,980円
Xperia Ace II 31,680円
9,800円

コスパ抜群の最新機種が対象なので、機種変更を検討している方は必見です。

また、夏のPayPay祭対象機種以外も、お得な価格で販売している機種があります。こちらもぜひチェックしてみてください。

対象スマホ 割引適用後
販売価格(税込)
OPPO Reno5 A(eSIM) 31,680円
3,980円
Xperia 10 III 54,000円
18,000円
OPPO Reno7 A 43,200円
21,600円
もっと見る
iPhone SE(第3世代)
[64GB]
67,680円
46,080円
iPhone 12
[64GB]
95,040円
73,440円
Libero 5G II 21,960円
1円
かんたんスマホ2 25,920円
4,320円
AQUOS wish 21,960円
10,080円
かんたんスマホ2+ 31,680円
10,080円
Android One S9 36,000円
18,000円
Android One X5 54,000円
36,000円

第6位:OCNモバイルONE

出典:OCNモバイルONE

OCNモバイルONEの特徴

  • 端末代が最安1円~
  • 月額550円〜契約できる
  • 速度の品質調査3期連続1位

NTTグループが運営している格安SIM「OCNモバイルONE」最大の魅力は、業界最安級の端末セールです。セール期間中は対象端末が1円~購入できる場合もあります。

また、月額料金も550円(税込)からと非常にお得なので、「スマホ代をとにかく安くしたい!」という方は利用を検討してみてはいかがでしょうか。

低価格な料金プランを実現しながらも速度の品質が高いことも、うれしいポイントです。

OCNモバイルONEの料金プラン

データ容量 音声対応SIM
(税込)
SMS対応SIM
(税込)
データ通信専用SIM
(税込)
500MB 550円
(無料通話最大10分相当/月)
- -
1GB 770円 - -
3GB 990円 990円 858円
6GB 1,320円 1,320円 1,188円
10GB 1,760円 1,760円 1,628円

OCNモバイルONEの料金プランは、月のデータ使用量が10GB以下の方におすすめ。

SIMのタイプは、音声対応SIM・SMS対応SIM・データ通信専用の3種類から選べます。

光回線の「OCN光」とセットで契約をする場合、毎月220円(税込)の割引を受けられるため、スマホ代がお得になります。

契約期間の縛りがなく、初月の月額料金が無料になるのもうれしいポイントです。

OCNモバイルONEの通話料金・かけ放題プラン

かけ放題オプション 月額料金(税込)
10分かけ放題 935円
トップ3かけ放題 935円
完全かけ放題 1,430円

OCNモバイルONEの国内通話は11円(税込)/30秒。通話専用アプリがなくても安い料金で通話できるのが特徴です。

あまり他の格安SIMには見られない「トップ3かけ放題」というオプションは、上位3番号の通話料金が無料になるというもので、いつも特定の番号にしか電話をかけないという人は通話料をお得にできます。

【キャンペーン】人気のスマホが1円~!スマホセール

  • 期間:2022年9月1日~2022年9月20日
  • 特典:人気スマホの端末価格から割引
  • 条件:対象端末を購入する

OCNモバイルONEでは、対象スマホの端末価格から割引されるお得なキャンペーンを実施中です。

人気のスマホは売り切れる可能性があるので、早めの購入がおすすめです。対象のスマホおよび割引後の価格は、以下を参考にしてください。

対象端末 割引適用後
一括(税込)
割引適用後
24回払い(税込)
Nothing Phone(1) 57,200円 2,383円
Redmi Note 11 2,800円 116円
moto g31 4,400円 183円
OPPO A55s 5G 15,400円 641円
AQUOS sense6
[6GB/128GB]
23,300円 970円
motorola edge 20 fusion 20,900円 870円
AQUOS sense4 plus 19,349円 806円
OPPO A73 14,300円 595円
iPhone SE(第3世代)
[64GB]
50,600円 2,108円
iPhone SE(第3世代)
[128GB]
61,600円 2,566円
iPhone SE(第3世代)
[256GB]
77,000円 3,208円

【OCNモバイルONE】詳細はこちら

【キャンペーン】スマホセットで15,000円引き

  • 期間:2021年9月7日~
  • 特典:対象商品で使用できる15,000円クーポンプレゼント
  • 条件:みんなのすまほで「OCNKAIKAE」を入力して買取サービスを申し込む

使っていたスマホを「みんなのすまほ」で下取りに出すと、対象商品で使える15,000円の割引クーポンがもらえるキャンペーンです。

「みんなのすまほ」とは、株式会社携帯市場が提供する下取りサービスのことです。下取りの申し込みはWebから手続きができて送料も無料。さらに、振り込みは最短で当日中に対応してくれます。

iPhoneシリーズをはじめスマホの高価買取をしているので、機種変更を考えている方におすすめです。下取り申し込みまでの流れは、以下を参考にしてください。

  1. OCNモバイルONE公式サイト内のキャンペーンページから「買取を申し込む」ボタンをクリックする
  2. 「みんなのすまほ」から下取りを申し込む
  3. 「2.商品情報の入力 キャンペーンコード」の入力枠で「OCNKAIKAE」と入力する
  4. みんなのすまほから送付されるメールにてクーポンおよび購入先URLを確認する

下取りの申し込みをする際は、必ずキャンペーンコードを入力してください。なお、キャンペーン対象の買取サービスの申し込みが成立しなかった場合は特典の対象外です。

買取機種や価格の詳細を事前に確認することも可能なので、詳しくはOCNモバイルONE公式サイトのキャンペーンページを確認してください。

第6位:ahamo

ahamo

ahamoの特徴

  • 通信品質が高い
  • シンプルで使いやすい20GBプラン
  • 5分の通話が無料(※)

※5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料金がかかります。

ahamoはドコモのオンライン専用プランであり、格安SIMではありません。しかし、キャリアの既存プランと比較しても格段にお得な料金で利用できるため紹介しました。

その料金プランですが、データ容量20GBで月額2,970円(税込)の1種類のみ。非常にシンプルでちょうどいいデータ容量のプランとなっています。

国内通話が5分間無料なのも大きなメリットになっています。

また、ahamoはドコモ回線を利用しているため、通信品質が非常に安定しています。

ahamoの料金プラン

ahamo
月額料金 2,970円(税込)(※1)
データ容量 20GB/月
制限時速度 最大1Mbps
5G通信
テザリング 無料
5分かけ放題 無料(※2)
24時間かけ放題 1,100円(税込)
データ追加 550円(税込)/1GB
最低利用期間
解約違約金
なし

※1 機種代金別途
※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料金がかかります。

ahamoの料金プランは、先述の通りデータ容量20GBで月額2,970円(税込)の1種類のみとなっています。

申し込みはオンライン限定での受付ですが、不安な方はドコモショップでサポートを受けられます。ただし、手数料として3,300円(税込)が発生することには注意しましょう。

ahamoの通話料金・かけ放題プラン

かけ放題オプション 月額料金(税込)
5分/回 無料(※)
かけ放題オプション 1,100円

※5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料金がかかります。

ahamoの国内通話は5分以下なら無料で利用できるため、お店の予約や問い合わせなどの簡単な用件で通話をすることが多い方は通話料金をお得にできます。

ahamo

【キャンペーン】他社からの乗り換えで10,000ポイントプレゼント

  • 特典:dポイント(期間・用途限定)10,000ポイントプレゼント
  • 条件:キャンペーンページでエントリー後、SIMカードのみ他社から乗り換える

ahamoでは、今のスマホそのままでSIMカードのみ乗り換える方を対象に、dポイント(期間・用途限定)が10,000ポイントプレゼントされるキャンペーンを実施しています。

付与されたdポイントは、普段のお買い物やドコモスマホの購入などに使用が可能です。申し込み月の翌々月下旬ころに付与されるので、dポイントクラブサイト等にて確認しましょう。

キャンペーンを利用するためには、キャンペーンページからエントリーする必要があります。エントリーせずに申し込むとキャンペーンの対象外となるので注意してください。

【ahamo公式】詳細はこちら

【キャンペーン】大盛オプションが12月まで実質無料

  • 期間:2022年9月8日~2022年12月31日
  • 特典:大盛オプションが12月まで実質無料
  • 適用条件:
    (1)2022年9月8日以前に対象の海鮮で大盛りオプションを利用したことがない
    (2)キャンペーン期間中に大盛りオプションの利用を開始する
    (3)dポイントの進呈時にdポイントクラブ会員になっている

ahamoの料金プランは20GBで月額2,970円(税込)ですが、1,980円(税込)/月の大盛オプションを利用することで、80GBのデータ容量を追加できます。

現在ahamoでは、大盛オプション1,980円(税込)相当のdポイントが利用月数に応じて還元されるキャンペーンを実施中!

オプション料金が実質無料で利用できるとてもお得な内容になっています。

ahamoの高速通信でたっぷりとデータを使いたい方にピッタリのキャンペーンです!

キャペーン期間は12月30日までですので、気になる方はお早めの申し込みをおすすめします。

【ahamo公式】詳細はこちら

【キャンペーン】ahamo×ディズニープラス│毎月990円(税込)が最大6ヶ月間割引

  • 特典:毎月990円(税込)を最大6ヶ月間割引
  • 対象:dポイントクラブ会員で、適用対象期間中に「ahamo」と「ディズニープラス」両方に契約されている方
  • 条件:要エントリー

ahamoとディズニープラスの申し込みで、月額料金が最大6ヶ月間990円(税込)割引になるキャンペーンを実施しています。

このキャンペーンは、ahamoを契約中もしくはこれから契約する方で、ドコモからディズニープラスに入会する方が対象です。

ディズニープラスの利用料に相当する990円(税込)の割引なので、最大6ヶ月間ディズニープラスを実質無料で利用できます。なお、ディズニープラスへの入会はドコモでの手続き、またはdアカウントでのログインによる入会が必要です。

セット割適用のためには別途エントリーが必要ですので、申し込み前にエントリーを済ませておきましょう。

【ahamo公式】詳細はこちら

【キャンペーン】ahamo×ディズニープラス│他社から乗り換えで3,900ptがもらえる

  • 期間:2022年4月1日(金)~終了日未定
  • 特典1:dポイント(期間・用途限定)3,900pt(対象者全員)
    特典2:オリジナルQUOカード5,000円分(抽選5名様)
    特典3:オリジナル限定壁紙(対象者全員)
  • 条件:要エントリー

ahamoでは、ディズニープラスお申し込みでは対象の方全員にdポイント(期間・用途限定)3,900ptをプレゼントしています。

ポイントプレゼントは、他社からahamoへの乗り換え&ディズニープラスにドコモから入会された方が対象です。また、ディズニープラス オリジナルQUOカード5,000円分が抽選で5名に当たるチャンスもあります。

キャンペーン特典を獲得するにはエントリーが必要ですので、忘れないようにしましょう。

なお、ahamoの契約を条件とする他のキャンペーンと重複できませんのでご注意ください。 「他社からの乗り換えで10,000ポイントプレゼント」と重複エントリーすると、本キャンペーンが優先適用されます。

【ahamo公式】詳細はこちら

第7位:イオンモバイル

イオンモバイル

イオンモバイルの特徴

  • 料金プランが豊富
  • 家族におすすめのシェアプランがある
  • 余ったデータ容量は翌月に繰り越しできる

イオンモバイルでは、30種類以上の豊富な料金プランを提供しています。

最小容量は500MB、最大容量は50GBと、利用できるデータ容量が幅広く設定されているので、自分にピッタリのプランを見つけやすいでししょう。

余ったデータ容量を翌月に繰り越せるのも1つのメリットです。

イオンモバイルの料金プラン

(税込) 音声プラン シェア音声プラン データプラン
500MB 803円 - -
1GB 858円 1,188円 528円
2GB 968円 1,298円 748円
3GB 1,078円 1,408円 858円
4GB 1,188円 1,518円 968円
5GB 1,298円 1,628円 1,078円
6GB 1,408円 1,738円 1,188円
7GB 1,518円 1,848円 1,298円
8GB 1,628円 1,958円 1,408円
9GB 1,738円 2,068円 1,518円
10GB 1,848円 2,178円 1,628円
20GB 1,958円 2,288円 1,738円
30GB 3,058円 3,388円 2,838円
40GB 4,158円 4,488円 3,938円
50GB 5,258円 5,588 円 5,038円

イオンモバイルでは、「音声プラン」「データプラン」に加えて、複数のSIMカードでプランをシェアする「シェア音声プラン」を提供しています。

1つのプランにつき使えるSIMカードは最大5枚までです。

家族で格安SIMを契約する場合や1人で複数端末を持っている場合は、シェア音声プランの利用がお得になります。

イオンモバイルの通話料金・かけ放題プラン

かけ放題オプション 月額料金(税込)
イオンでんわ5分かけ放題 550円
イオンでんわ10分かけ放題 935円
イオンでんわフルかけ放題 1,650円
やさしい10分かけ放題
(※60歳以上の方限定)
935円
050かけ放題 1,078円

イオンモバイルの国内通話は、通話専用アプリを利用すれば11円(税込)/30秒

ドコモ回線を利用する場合、国内の音声通話が自動的にイオンでんわで発信されます。ただし、緊急通話(110・119など)やフリーダイヤルなどは一部例外になるため、標準の通話として発信され通話料は22円(税込)/30秒になります。

au回線を利用する場合は、標準の通話アプリで発信したとしても11円(税込)/30秒の料金が適用されます。

【キャンペーン】乗り換え&スマホ購入で10,000ポイントプレゼント

  • 期間:2022年9月1日~2022年9月30日
  • 特典:合計10,000WAONポイントプレゼント
  • 条件:乗り換え(MNP)で指定スマホを購入する

イオンモバイルでは、乗り換え(MNP)と同時に指定スマホを購入すると、10,000WAONポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。対象のスマホは、以下の通りです。

対象スマホ 販売価格(税込)
iPhone XS SIMフリー
(未使用品)
[256GB]
58,080円
moto e32s 20,680円

さらに、60歳以上の方なら「AQUOS sense4 やさしいスマホ2」または「AQUOS wish」の購入で、15,000WAONポイントプレゼント!イオンモバイルへの乗り換えを検討している方は必見です。

【イオンモバイル】詳細はこちら

イオンモバイル
公式サイトで詳細を見る

第8位:QTモバイル

QTモバイル

QTモバイルの特徴

  • 国内大手3キャリアの回線に対応
  • 完全かけ放題のオプションがある
  • 光回線・電気とのセット割がお得
  • 20,000円キャッシュバック中

QTモバイルは、BBIQなどのインターネット事業を手掛けるQTnetが提供している格安SIMです。

九州電力・BBIQとセット契約するとQTモバイルのスマホ代が毎月最大220円(税込)割引されるので、セット割でスマホをお得に使いたい方におすすめです。

QTモバイルの料金プラン

ドコモ回線
(税込)
データ+通話
コース
データコース
2GB 1,100円 770円
4GB 1,540円 990円
6GB 1,760円 1,430円
10GB 1,980円 1,650円
20GB 2,200円 1,870円
30GB 3,300円 2,970円

au回線
(税込)
データ+通話
コース
データコース
2GB 1,100円 770円
4GB 1,540円 990円
6GB 1,760円 1,430円
10GB 1,980円 1,650円
20GB 2,200円 1,870円
30GB 3,300円 2,970円

ソフトバンク回線
(税込)
データ+通話
コース
データコース
1GB 1,870円 880円
3GB 1,980円 990円
6GB 2,750円 1,705円
10GB 3,850円 2,805円
20GB 5,610円 4,620円
30GB 7,810円 6,820円

QTモバイルの料金プランは3つの回線と2種類のSIMから選択でき、ドコモ回線・au回線・ソフトバンク回線、SIMタイプは「データ+通話コース」と「データコース」です。

「データ+通話コース」は音声通話とデータ通信ができるSIM、「データコース」はデータ通信のみで音声通話ができないSIMです。

ソフトバンク回線は割高になるため、ドコモ回線・au回線がおすすめ。

20GB・30GBプランはキャリアのオンライン専用プランよりもお得に利用できます。

QTモバイルの通話料金・かけ放題プラン

かけ放題オプション 月額料金(税込)
10分かけ放題 880円
無制限かけ放題 1,600円

QTモバイルの国内通話は、QTモバイルアプリを利用すれば11円(税込)/30秒。アプリのインストール後に設定をすることで、標準の通話アプリにも11円/30秒(税込)の通話料金を適用できます。

かけ放題オプションは、au回線・ドコモ回線を利用する場合は標準の通話アプリから発信、ソフトバンク回線を利用する場合はQTモバイルアプリからの発信となります。

【キャンペーン】月額料金割引・初期費用無料キャンペーン

  • 期間:2022年9月1日~2022年11月30日
  • 特典1:4GBプランの月額料金から最大3か月間割引
  • 特典2:初期費用(契約事務手数料・SIM発行手数料)が無料
  • 条件:「データ+通話」コース4GBプランに新規または乗り換え(MNP)で申し込む

QTモバイルは、5周年を記念して新たに4GBプランの提供を開始しました。自宅ではWiFiを使うけど、外出先でもSNSを楽しみたいという方におすすめのプランです。

提供開始に伴い、4GBプランを申し込む方向けに月額料金から最大3か月間割引されるキャンペーンと、初期費用無料特典を実施しています。

4GBプランの通常料金は1,540円(税込)ですが、キャンペーンが適用されると最大3か月間1,210円(税込)/月で利用することが可能です。

さらに初期費用が無料になるので、格安SIMをとにかく安く契約したいという方におすすめの特典内容となっています。

通信費を節約したい方やQTモバイルが気になる方は、この機会に申し込みをしてみてはいかがでしょうか。

【QTモバイル公式】詳細はこちら

格安SIM(格安スマホ)の選び方

数多くある格安SIMの中から、失敗せずお得な格安SIMを選ぶ方法をご紹介します。

お得な格安SIMを見つけるために、4つの観点で比較していきます。

  • 通信速度の快適さ
  • データ容量
  • 取り扱っている端末数
  • キャンペーン内容

選び方1.通信速度の快適さ

格安SIMの選び方1点目は、通信速度です。

どんなに料金が安くても、通信速度が遅いとストレスを感じてしまいます。そのため、料金と同じくらい速度も格安SIMを選ぶ上で重要なポイントです。

格安SIMはドコモ回線・au回線・ソフトバンク回線を借りており、契約数増加に伴って日々回線を広げています。

スマホの利用が集中する昼時や夕方、夜などはつながりにくくなることもあるため、通信速度にこだわりたい方はキャリアのサブブランドで通信品質が安定しているahamoやUQモバイル、ワイモバイルなどをおすすめします。

選び方2.データ容量別の月額料金

格安SIMの選び方2点目は、データ容量別の月額料金です。格安SIMには、音声通話SIMとデータ通信SIMの大きく2つに分けられます。

データ通信SIMは標準通話の機能がないため、その分利用料金がお得になります。連絡手段としてテキストメッセージを中心に使っているという方におすすめのタイプのSIMです。

今まで通り、通話とデータ通信の両方が可能なスマホを使いたい場合は、音声通話SIMを選ぶとよいでしょう。

また、同じデータ容量のプランでも格安SIMによって利用料金が異なる場合があるため、しっかりと比較してから申し込みをするようにしてください。

まずは1ヶ月あたりどれくらいのデータ容量が必要なのか理解するところからはじめてみましょう。ここからは、必要なデータ容量の目安について説明していくのでぜひ参考にしてください。

【3GB】主にWiFi環境でスマホを使う場合

  • 外出先ではあまりスマホを使わずWiFi環境で使うことが多い
  • スマホを使うのは通話・テキストメッセージが中心
  • スマホ代を安く抑えたい

上記に当てはまる方は、データ容量3GB前後の小容量プランがおすすめです。データ使用量が少ない方はもちろん、スマホ代を節約したい方や2台目のスマホを契約する方にも適しています。

ただし、「3GB以下の月もあれば20GBを超える月もある」というように、毎月のデータ使用量にバラつきがある場合は、従量制プランを提供している格安SIMをチェックしてみましょう。

記事の後半では、3GBまでのデータ容量が最安級の格安SIMを紹介していますので、ぜひチェックしてください。

【10GB】SNS・Webサイト閲覧をする場合

  • 外出先でもSNS・Webサイトの閲覧を楽しみたい
  • どのデータ容量にするか迷っている

上記に当てはまる方は、データ容量10GB前後のプランがおすすめです。

平均的なスマホのデータ使用量は平均で8GB~9GBほどといわれているため、どれくらい使うかわからないという方は、10GB前後のプランを検討してみましょう。

記事の後半では、10GBまでのデータ容量が最安級の格安SIMを紹介していますので、ぜひチェックしてください。

【20GB~】動画・音楽も楽しみたい場合

  • データ容量を気にせずスマホで動画・音楽を楽しみたい
  • 固定回線・ポケットWiFiを契約していない

上記に当てはまる方は、20GB以上の大容量プランがおすすめです。とくに、自宅用のWiFiがない場合は、データ容量無制限のプランを選ぶことをおすすめします。

キャリアの大容量プランは高額ですが、格安SIMなら大容量プランでも安く抑えられることが大きなメリットです。

記事の後半では、20GB以上のデータ容量が最安級の格安SIMを紹介していますので、ぜひチェックしてください。

選び方3.取り扱っている端末数

格安SIMの選び方3点目は、取り扱っている端末数です。格安SIM会社によって、取扱端末数や扱っている機種は大きく変わります。

端末セットで契約したい方は、自分の欲しいスマホがあるかどうか、メーカーの種類などを比較すると選びやすいです。

今回紹介した格安SIMが取り扱っている機種に関しては、記事後半で解説する「疑問2.格安SIMで購入できるスマホの機種は?」からご確認いただけます。

選び方4.キャンペーン内容

多くの格安SIMでは、常時様々なキャンペーンを実施しています。キャンペーン内容は月額料金や端末料金の割引、学割・家族割引・紹介特典など様々です。

キャンペーンが適用されると通常よりも安く利用できるため、どのようなキャンペーンを実施しているかも格安SIM選びにおいて重要なポイントといえます。

また、キャンペーンの特典によって欲しいスマホをお得に購入できる場合があるので、乗り換えと同時に機種変更を考えている方はキャンペーンも確認しましょう。

▼以下の記事では、格安SIMのキャッシュバック・キャンペーンをまとめています。人気の格安SIMの最新キャンペーンを紹介しているので、お得に契約したい方はぜひご一読ください。

【目的・条件別】おすすめ格安SIM(格安スマホ)

この章では以下の目的や条件に合わせて、それぞれおすすめの格安SIMを紹介していきます。

最安級のおすすめ格安SIM

ここからは、「~3GB」「~10GB」「20GB~」のデータ容量ごとに最安級のおすすめ格安SIMを紹介していきます。

自分にピッタリの格安SIMを見つけるためにぜひ参考にしてください。

以下から該当の見出しにジャンプできます。

【~3GB】の最安級はIIJmio

下記10社で比較した結果、音声通話SIM・データSIMともにIIJmioの月額料金が安いという結果になりました。

3GBプラン
月額料金(税込)
音声通話SIM データSIM
UQモバイル 1,628円 1,628円
楽天モバイル 1,078円 1,078円
LINEMO 990円 990円
IIJmio 850円 740円
mineo 1,298円
(1GB)
880円
(1GB)
ワイモバイル 2,178円 2,178円
OCNモバイルONE 990円 858円
ahamo 2,970円
(20GB)
2,970円
(20GB)
イオンモバイル 1,078円 858円
QTモバイル
(ドコモ回線・au回線)
1,540円 990円

IIJmioはSIMタイプが豊富なので、メイン端末用のスマホを契約する場合はもちろん、サブ端末用のSIMとしてもおすすめです。

ただし、「3GB以下の月もあれば20GBを超える月もある」というように、毎月のデータ使用量にバラつきがある場合は、従量制プランを提供している楽天モバイルをチェックしてみましょう。

     
IIJmio
月額額料金(税込) 2GB:850円→550円
4GB:990円→690円
8GB:1,500円→1,200円
15GB:1,800円→1,500円
20GB:2,000円→1,700円
通信速度
(下り平均値)
45.7Mbps
使用回線 ドコモ回線・au回線

※キャンペーン適用時の料金です。

【IIJmio公式】詳細はこちら

【~10GB】最安級はOCNモバイルONE

10GBプランを希望する場合は、OCNモバイルONEの月額料金が安いという結果になりました。

10GBプラン
月額料金(税込)
音声通話SIM データSIM
楽天モバイル 2,178円
(~20GB)
2,178円
(~20GB)
UQモバイル 2,728円
(15GB)
2,728円
(15GB)
LINEMO 2,728円
(20GB)
2,728円
(20GB)
IIJmio 1,800円
(15GB)
1,730円
(15GB)
mineo 1,958円 1,705円
ワイモバイル 3,278円
(15GB)
3,278円
(15GB)
OCNモバイルONE 1,760円 1,628円
ahamo 2,970円
(20GB)
2,970円
(20GB)
イオンモバイル 1,848円 1,628円
QTモバイル
(ドコモ回線・au回線)
1,980円 1,650円

ただし、10GBを超える可能性がある場合は、IIJmioの15GBプランや楽天モバイルのプランがおすすめです。

多くの格安SIMは契約中にプランを変更することが可能なので、データ容量が毎月余る・足りないという方は、マイページもしくは店頭で変更手続きを行いましょう。

   
OCNモバイルONE
月額額料金(税込) 500MB:550円
1GB:770円
3GB:990円
6GB :1,320円
10GB:1,760円
通信速度
(下り平均値)
68.21Mbps
使用回線 ドコモ回線

【OCNモバイルONE】詳細はこちら

【20GB~】の最安級はイオンモバイル

20GBプランを比較すると、イオンモバイルの月額料金が安いことがわかりました。

大容量プラン
月額料金(税込)
音声通話SIM データSIM
UQモバイル 3,828円
(25GB)
3,828円
(25GB)
楽天モバイル 2,178円 2,178円
LINEMO 2,728円
(20GB)
2,728円
(20GB)
IIJmio 2,000円
(20GB)
1,950円
(20GB)
mineo 2,178円
(20GB)
1,925円
(20GB)
ワイモバイル 4,158円
(25GB)
4,158円
(25GB)
OCNモバイルONE
ahamo 2,970円
(20GB)
2,970円
(20GB)
イオンモバイル 1,958円(20GB)
3,058円(30GB)
4,158円(40GB)
5,258円(50GB)
1,738円(20GB)
2,838円(30GB)
3,938円(40GB)
5,038円(50GB)
QTモバイル
(ドコモ回線・au回線)
2,200円(20GB)
3,300円(30GB)
1,870円(20GB)
2,970円(30GB)

イオンモバイルは50GBまでのプランがあるため、超大容量のデータを安く使いたいという人にもおすすめです。

ただし、20GBもしくはそれ以上のデータ容量ともなるとスマホの使用頻度が比較的に高い方におすすめのデータ容量になるので、外出先でよくSNSを見たり動画視聴をしたりする方は通信品質が高いサブブランドの利用も検討してみてくださいね。

   
イオンモバイル
月額料金(税込)
音声プラン
500MB:803円
1GB:858円
2GB:968円
3GB:1,078円
4GB:1,188円
5GB:1,298円
6GB:1,408円
7GB:1,518円
8GB:1,628円
9GB:1,738円
10GB:1,848円
20GB:1,958円
30GB:3,058円
40GB:4,158円
50GB:5,258円
通信速度
(下り平均値)
56.92Mbps
利用回線 ドコモ回線・au

イオンモバイルのお申込みはこちら

通信速度が速いおすすめ格安SIM

今回紹介した格安SIMの通信速度を比較したところ、通信速度が速い格安SIMは、ahamoUQモバイルであることがわかりました。

格安SIM 通信速度
(下り平均値)
UQモバイル 86.07Mbps
楽天モバイル 63.46Mbps
LINEMO 42.94Mbps
IIJmio 45.7Mbps
mineo 40.37Mbps
ワイモバイル 65.82Mbps
OCNモバイルONE 68.21Mbps
ahamo 114.04Mbps
イオンモバイル 56.92Mbps
QTモバイル 51.88Mbps

ahamoとUQモバイルはいずれも大手キャリアのサブブランドであり、それぞれドコモ回線・au回線を使用しているため、回線品質が安定しています。

価格面でも、他の格安SIMの安さに引けを取らないお得な料金プランを提供しています。ahamoもUQモバイルも20GB以上のデータ容量プランがあるため、大容量のデータを高速で使いたい人にピッタリな格安SIMとなっています。

【ahamo】ダントツの通信速度

ahamoは、ドコモ回線を利用しているため通信品質が非常に高く、下りの通信速度の平均値は114.04Mbpsです。

ahamoの通信速度でストレスを感じることはほとんどないでしょう。

20GB超過後は速度制限にかかりますが、最大通信速度が1Mbpsと速いことが特徴です。

1Mbpsは標準画質の動画を快適に視聴できる程度なので、一般的な使い方であれば問題ありません。

最低利用期間がなく解約違約金も発生しないので、万が一サービスに満足できなくてもいつでも解約できます。

   
ahamo
月額額料金(税込) 20GB:2,980円
通信速度
(下り平均値)
114.04Mbps
使用回線 ドコモ回線

【ahamo公式】詳細はこちら

【UQモバイル】auの安定した通信品質

出典:UQモバイル

UQモバイルはauの回線を使用しているため通信品質が高く、下りの通信速度の平均値は86.07Mbpsです。

ahamoほど高速ではありませんが、十分にデータ通信が楽しめる速度といえます。

UQモバイルはデータの繰越ができるため、容量を使い切れなかったときでも安心。無駄なくお得にデータ通信が楽しめます。

制限時の通信速度は料金プランによって異なり「くりこしプランS +5G」は最大300kbps、「くりこしプランM +5G「くりこしプランL +5G」は最大1Mbpsです。

     
UQモバイル
月額額料金(税込) 3GB:1,628円
15GB:2,728円
25GB:3,828円
通信速度
(下り平均値)
86.07Mbps
使用回線 au
初期費用(税込) 契約事務手数料:3,300円

データ無制限のおすすめ格安SIM

今回紹介した格安SIMの中でデータ無制限のプランがあるのは楽天モバイルとmineoの2つのみです。

それぞれ異なる特徴を持っているため、しっかりと違いを理解し自分に合っているものを選びましょう。

以下の項目から詳しく説明していきますので、データ容量をたっぷりと使いたいという方はぜひチェックしてください。

【楽天モバイル】回線エリア内ならデータ無制限

楽天モバイルは従量制の料金プランになっており、データ容量を使った分だけ支払うという仕組みになっています。

楽天回線のエリア内であれば月額3,278円(税込)でデータ容量が無制限に使えますが、エリア外になるとパートナー回線へ自動的に切り替えられ、さらにデータ消費が5GBに達すると速度制限がかかりますのでご注意ください。

制限時の最大通信速度は1Mbpsと、標準画質の動画視聴やSNSの利用程度であれば大きな支障はありませんが、当然通常時よりも速度は低下します。

気になる人はあらかじめ楽天モバイルの公式サイトで回線エリアを確認しておきましょう。

   
楽天モバイル
月額額料金(税込) ~3GB:1,078円
3GB~20GB:2,178円
無制限:3,278円
通信速度
(下り平均値)
63.46Mbps
使用回線 楽天

【mineo】低速モードでデータ使い放題

記事前半でも紹介した通り、mineoの料金プラン「マイそく」を利用すると、月曜日~金曜日の12時~13時の通信速度が制限される代わりにデータ使い放題になります。

マイそくのプランはスタンダードとプレミアムの2種類で、スタンダードは月額990円(税込)で最大通信速度150Mbps、プレミアムは月額2,200円(税込)で最大通信速度3Mbpsです。

通信速度が1.5Mbpsあれば音声通話や標準画質での動画視聴、SNSの利用などは問題なくできるでしょう。3Mbpsはさらに高速になるため、ビデオ通話やYouTubeの720p画質の動画視聴も可能になります。

ただし、3日間で10GB以上利用した場合、混雑回避のために速度制限がかかることがありますので注意してください。

 
mineo
月額額料金(税込)
マイそく
最大1.5Mbps:990円→690円
最大3.0Mbps:2,200円→1,920円
使用回線 ドコモ回線・au回線・ソフトバンク回線

※キャンペーン適用時の料金です。

格安スマホのおすすめ機種人気ランキング

格安スマホと一緒に契約したい、安くて高性能なおすすめ機種をランキングでご紹介します。

どのスマホに機種変更しようか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

第1位:iPhone SE(第3世代)

  • 2022年3月発売!コスパ抜群最新iPhone
  • 効率的に動作するA15 Bionic搭載
  • 手にフィットするコンパクトサイズ

おすすめ機種の人気ランキング第1位には、2022年3月18日発売の「iPhone SE(第3世代)」がランクインしました。

iPhone SE(第2世代)の後継機種として登場したiPhone SE(第3世代)は、コストパフォーマンスに優れたiPhoneとして発売当初から人気を集めています。

iPhone SE(第3世代)は、楽天モバイル・UQモバイル・ワイモバイルなどで購入できます。販売価格は5万円台~とiPhoneの中でも低価格なモデルなので、高性能iPhoneを安く手に入れたいという方におすすめです。

iPhone SE(第3世代)
公式オンラインショップ
楽天
公式サイト
UQ
公式サイト
Y!mobile
公式サイト

効率的に動作するA15 Bionic搭載

iPhone SE(第3世代)には、iPhone 13シリーズで登場したAppleの最新チップ「A15 Bionic」を搭載しています。低価格ながらハイスペックなモデルとなっているので、価格も性能も妥協したくないという方におすすめです。

A15 Bionicは読み込みが素早くなるだけでなく、効率的に動作するため前モデルよりも長時間のバッテリー持ちを実現しました。

最大15時間のビデオ再生が可能なバッテリーなので、外出先でも充電の心配が必要ありません。

手にフィットするコンパクトサイズ

最新のスマホは6インチを超える大型モデルが主流となっていますが、iPhone SE(第3世代)は4.7インチとコンパクトサイズです。

手にすっぽりと収まるサイズ感なので、片手操作をしたい方や小型スマホ派に適しています。コンパクトながらも高性能で機能が充実しているので、ハイスペックスマホを求める方にもおすすめ。

また、根強い人気を誇るホームボタン搭載モデルなので、ホームボタン派の方もぜひ手に取ってみてください。

iPhone SE(第3世代)
公式オンラインショップ
楽天
公式サイト
UQ
公式サイト
Y!mobile
公式サイト

第2位:AQUOS sense6

  • 大容量バッテリーと省エネディスプレイで抜群のバッテリー持ち
  • ナイトモード対応の最大約4,800万画素トリプルカメラ

第2位にランクインした「AQUOS sense6」は、外出先でもスマホを使いたいヘビーユーザーにおすすめのスマホです。

大容量バッテリーと省エネディスプレイにより、長時間のバッテリー持ちを実現しているため、充電の心配をせずにたっぷり使えます

約6.1インチの美しいディスプレイを搭載していますが、スリムで持ちやすいことも嬉しいポイント。また、防水・防塵・耐衝撃・おサイフケータイなど基本的な機能が充実しています。

AQUOS sense6
公式オンラインショップ
楽天
公式サイト
UQ
公式サイト
IIJmio
公式サイト

大容量バッテリーと省エネディスプレイで抜群のバッテリー持ち

AQUOS sense6は、4,570mAhの大容量バッテリーを搭載しています。さらに、シャープ独自の省エネIGZOディスプレイの採用により、モバイルバッテリーいらずの長時間駆動を実現しました。

大容量バッテリーを搭載しながらも、本体はスリムで軽いことが特徴の1つ。コンパクトで操作しやすいボディなので、日常使いのスマホとしてぴったりです。

ナイトモード対応の最大約4,800万画素トリプルカメラ

AQUOS sense6は手頃な価格で購入しやすいスマホですが、最大約4,800万画素の高性能トリプルカメラを搭載しています。ナイトモードにも対応しているので、夜景を撮影しても明るく綺麗な写真に仕上がります。

人物・料理などの撮影は、被写体を自動で認識する「AIオート」におまかせ。難しい設定をしなくても、美しい写真を撮影できます。

その他にも、背景をぼかして雰囲気のある写真を撮影できる「背景ぼかし」や、ブレた写真をあとから補正できる「ブレクリーナー」など、カメラ機能が充実していることが特徴です。

AQUOS sense6
公式オンラインショップ
楽天
公式サイト
UQ
公式サイト
IIJmio
公式サイト

第3位:OPPO Reno5 A

  • カメラで選ぶなら断然OPPO Reno5 A
  • 昼も、夜も、どっちもキレイに撮れる秘密

第3位にランクインしたのは、SIMフリー市場シェア1位を誇る、人気の格安スマホメーカーOPPOの最新モデルです。

指原莉乃さんがイメージキャラクターをつとめるRenoシリーズの最新機種で、前機種からカメラ性能がさらにパワーアップしました。

格安スマホの中では珍しい5G対応機種で、今後5Gの料金プランに変更を考えている方にもおすすめです。

OPPO Reno3 Aからどう進化したのか、詳しいスペックや性能を見ていきましょう。

OPPO Reno5 A販売中
公式オンラインショップ
楽天モ
公式サイト
Y!mobile
公式サイト
IIJmio
公式サイト

カメラで選ぶなら断然OPPO Reno5 A

OPPO Renoシリーズといえば、高性能カメラと盛れるインカメラが売りのスマホです。OPPO Reno5 Aには、4つのレンズが搭載されています。

  • メインカメラ:6400万画素
  • モノクロカメラ:200万画素
  • 超広角カメラ:800万画素
  • マクロカメラ:200万画素

メインカメラには、なんと6400万画素の超高画質レンズを採用

5万円前後のスマホだと高くても1600〜3200万画素が一般的なので、いかに高画質なのかがわかります。

モノクロカメラは文字通り白黒写真が撮れるレンズ、マクロカメラは4cmの距離まで近づいて細部が撮影できるレンズです。

レンズを被写体に近づけてもピントが外れないため、花といった小さな物の撮影に適しています。

昼も、夜も、どっちもキレイに撮れる秘密

OPPO Reno5 Aには、「AIハイライトビデオ」という機能があります。

この機能ではAIが周囲の光を判別して、自動で撮影モードを最適化してくれます。

暗い場所では動画全体を明るく、光の強い場所では逆光を防いだりといったことを自動で設定してくれるのです。

AIを使った写真撮影は普及してきましたが、動画でAIを活用した動きはまだまだ多くありません。4眼レンズと高性能チップを搭載したOPPO Reno5 Aならではの機能といえます。

OPPO Reno5 A販売中
公式オンラインショップ
楽天モ
公式サイト
Y!mobile
公式サイト
IIJmio
公式サイト

第4位:iPhone 12

  • スマホ最速チップを搭載
  • ナイトモードでもポートレートが使える

iPhone 12は、2020年秋に発売されたiPhone 12シリーズの最もスタンダードなモデルです。

他のAndroidスマホに比べてやや価格は上がりますが、長い目で見て自信を持っておすすめできるスマホとなっています。

iPhone 12の特徴は、スマホ最速の高性能チップを搭載している点と、カメラ性能です。詳しく見ていきましょう。

iPhone 12販売中
公式オンラインショップ
楽天
公式サイト
Y!mobile
公式サイト
UQ
公式サイト

スマホ最速チップを搭載

iPhone 12には、A14 Bionicチップが搭載されています。

チップとは、スマホ全体の処理性能を左右するいわば頭脳。iPhone 12には、スマホ最速のチップであるA14 Bionicが採用されています。

搭載チップが高性能なことで、処理速度はもちろん、画像処理の正確性やバッテリーの持ち時間にも良い影響があります。

高度な画像処理が一瞬で終わるので、複数枚の写真を1枚にまとめるポートレート撮影や、充電を最適化して使うことが可能です。

スマホは年々劣化していきますが、iPhone 12なら数年経っても現役で活躍してくれるモデルになりそうです。

ナイトモードでもポートレートが使える

iPhone 12シリーズでは、初めてナイトモードでもポートレート機能が使えるようになりました。

ポートレートモードとは、被写体に焦点をあてて背景をボカす撮影手法のことです。

ポートレードモードで撮影できる場所や時間帯が増えたことで、iPhone一台でどんな撮影シーンにも対応できるようになりました。

ちなみに、ナイトモードは暗い場所で撮影すると自動的にオンになるため、難しい設定はいりません。

写真を撮るのが趣味の方だけでなく、これから写真を趣味にしたい方にもおすすめです。

iPhone 12販売中
公式オンラインショップ
楽天
公式サイト
Y!mobile
公式サイト
UQ
公式サイト

第5位:AQUOS wish

  • シンプルで使いやすいスマホ
  • 長く使える充実した基本機能

第5位にランクインしたのは、とにかく安いスマホが欲しいという方におすすめの「AQUOS wish」です。コンパクトで飽きのこないシンプルなスマホなので、長く使い続けたい方に適しています。

販売価格が安く、購入場所によっては実質1万円以下で購入できることも魅力の1つ。安いからといって性能が劣っているわけではないので、コスパ最強のスマホが欲しい方にぴったりです。

AQUOS wish販売中
公式オンラインショップ
楽天
公式サイト
Y!mobile
公式サイト
UQ
公式サイト

シンプルで使いやすいスマホ

AQUOS wishは、飽きのこないシンプルなデザインを採用しています。植物など自然をモチーフとした年齢・性別を選ばないカラーバリエーションなので、ぜひお気に入りのカラーを見つけてください。

また、ボタンや指紋センサーが側面にまとまっているので、片手操作も快適。持ったときの心地よさを追求した結果、優しい手触りのマットな質感や操作しやすい側面形状などを採用しました。

長く使える充実した基本機能

スマホを選ぶ際、防水・防塵は欠かせないポイントです。AQUOS wishは、防水・防塵・耐衝撃に対応しているので、安心して長く使えます。

また、バッテリーへの負担を軽減する「インテリジェントチャージ」にも対応しているため、バッテリーも長持ち。もちろんおサイフケータイも搭載しており、基本機能が充実した1台です。

AQUOS wish販売中
公式オンラインショップ
楽天
公式サイト
Y!mobile
公式サイト
UQ
公式サイト

格安SIM(格安スマホ)に関する5つの疑問!

ここからは、格安SIMに関する以下の5つの疑問についてお答えしていきます!

格安SIMを利用する前にしっかりと疑問を解消しておきましょう!

  • 疑問1.格安SIMにはどんなメリット・デメリットがある?
  • 疑問2.格安SIMで購入できるスマホの機種は?
  • 疑問3.手持ちのiPhoneでも格安SIMは使える?
  • 疑問4.格安SIMは電波が悪い?
  • 疑問5.「格安スマホ やめとけ」は本当?

疑問1.格安SIMにはどんなメリット・デメリットがある?

格安SIMに乗り換える前に、格安SIMのメリット・デメリットを理解しておきましょう。契約してから後悔しないためにも、事前に確認しておくことが重要です。

メリット デメリット
・スマホ代を節約できる
・料金プランが豊富だから無駄なく使える
・割引キャンペーンが充実している
・スマホとのセット契約も可能
・キャリアに比べると通信速度が遅い
・実店舗が少ない
・キャリアメールが利用できない場合がある

格安SIMのメリット

  • スマホ代を節約できる
  • 料金プランが豊富だから無駄なく使える
  • 割引キャンペーンが充実している

格安SIMの最大のメリットは、キャリアよりも月額料金が安いことです。同じデータ容量でも半額以下で使える場合があるため、スマホ代を大幅に節約できます。

また、格安SIMによっては料金プランが豊富なので、毎月のデータ使用量に合わせて選べることも嬉しいポイント。キャリアのプランではデータ容量を余らせてしまうという方でも、格安SIMなら無駄なく利用できます。

格安SIMは、それぞれお得な割引キャンペーンを実施していることも特徴の1つです。月額料金・端末代金が割引になるキャンペーンやキャッシュバックなどを行っているので、申し込む際はチェックしてみましょう。

格安SIMのデメリット

  • キャリアに比べると通信速度が遅い
  • 実店舗が少ない
  • キャリアメールが利用できない場合がある

「格安SIMは通信速度が遅くて使いづらい」という印象をもっている方も多いでしょう。実際、格安SIMはキャリアの回線を借りて提供しているので、回線の混雑による影響を受けやすく時間帯によっては通信速度が遅くなる場合があります。

通信速度が気になる場合は、格安SIM並みに安い「楽天モバイル」かキャリアのオンライン専用プラン「ahamo」「povo」「LINEMO」を検討してみましょう。

また、格安SIMは実店舗を少なくして人件費を抑えることで月額料金の安さを実現しています。そのため、店舗スタッフに直接相談しながら申し込みをしたい方にはあまり向いていないかもしれません。

ただし、UQモバイル」や「ワイモバイル」は全国各地に店舗を構えているので、申し込み方法がわからない格安SIM初心者の方でも安心です。

一部格安SIMを覗いて、ほとんどの格安SIMではキャリアメールを提供していません。事前に、GmailやYahoo!メールなどのフリーメールアドレスを取得してから申し込むようにしましょう。

疑問2.格安SIMで購入できるスマホの機種は?

格安SIMの中には、iPhoneもしくはAndroidをセットで購入できるところがあります。

取り扱っている機種や端末数は各社で異なりますが、iPhoneシリーズの最新モデルや人気の高いAndroidを提供している格安SIMも増えているため、お目当ての端末が見つかるかもしれません。

ここからは、iPhoneシリーズを取り扱っている格安SIMAndroidを取り扱っている格安SIMについて詳しく紹介していきますのでぜひ参考にしてください。

iPhoneを取り扱っているおすすめ格安SIM

格安SIMでは最新のiPhone SE(第3世代)から13/12シリーズ、根強い人気を誇るiPhone 8/7まで販売しています。それぞれ取り扱っている機種が異なるので、以下の表を参考にしてください。

iPhone iPhone SE(第3世代) iPhone 13シリーズ iPhone 12シリーズ iPhone SE(第2世代) iPhone 11 iPhone XR iPhone XS iPhone XS Max iPhone X iPhone 8 iPhone 7
UQモバイル
(12/mini)

(11/pro)
楽天モバイル
IIJmio 〇(mini)
(12/mini)
mineo
(13)

(12/mini)
ワイモバイル
もっと見る
OCNモバイルONE
(13/mini)

(12/mini)
イオンモバイル
QTモバイル
(ドコモ回線・au回線)

(13)

(mini)
y.u mobile
トーンモバイル
HISモバイル
(12)
J:COMモバイル
(12)

※リユース品の販売を含みます。

Androidを取り扱っているおすすめ格安SIM

格安SIMでは、人気のAndroidスマホをお得な価格で販売しています。スマホ初心者でも使いやすいエントリーモデルから最新機能を搭載したハイスペックモデルまで取り揃えているので、Androidを安く手に入れたい方は必見です。

以下は、各社が取り扱っているAndroidスマホです。なお、下記は販売機種の一部なので、他のスマホが気になる方は各社公式サイトをチェックしてください。

OPPO Xperiaシリーズ Galaxyシリーズ AQUOSシリーズ Xiaomi HUAWEI motorola ASUS
UQモバイル OPPO Reno7 A Xperia 10 IV
Xperia Ace III
Galaxy A53 5G
Galaxy A21
AQUOS sense6s
AQUOS sense6
AQUOS wish
AQUOS sense5G
AQUOS sense3 basic
Redmi Note 10 JE
楽天モバイル OPPO Reno7 A
OPPO A55s 5G
OPPO Reno5 A
OPPO A73
Xperia 10 III Lite AQUOS wish
AQUOS sense6
AQUOS zero6
AQUOS sense4 lite
IIJmio OPPO Reno7 A
OPPO A73
OPPO A55s 5G
OPPO Reno5 A
Xperia 10 III Lite AQUOS wish
AQUOS sense6
AQUOS R6
AQUOS sense5G
AQUOS sense4 plus
Redmi Note 11
Redmi Note 10T
Xiaomi Mi 11 Lite 5G
Xiaomi 11T
Xiaomi 11T Pro
HUAWEI P40 lite E
HUAWEI P40 lite 5G
moto e7 power
moto g50 5G
motorola edge 20 fusion
motorola edge 20
razr 5G
Zenfone 8
Zenfone 8 Flip
mineo OPPO Reno5 A
OPPO A55s 5G
Xperia 10 III Lite AQUOS wish
AQUOS sense6
AQUOS R6
AQUOS sense5G
AQUOS sense4 plus
AQUOS sense4
Redmi Note 11
Xiaomi 11T
Xiaomi Mi 11 Lite 5G
moto g31
moto g50 5G
moto g30
moto e7
moto e6s
ZenFone 8
ワイモバイル OPPO Reno7 A
OPPO Reno5 A
OPPO Reno3 A
Xperia Ace III
Xperia 10 III
Xperia 10 II
Xperia 8
AQUOS wish2
AQUOS wish
AQUOS sense4 basic
Redmi 9T
もっと見る
OCNモバイルONE OPPO A55s 5G
OPPO A54 5G
OPPO A73
OPPO Reno5 A
Xperia 10 III Lite AQUOS wish
AQUOS R6
AQUOS sense6
AQUOS sense4 plus
AQUOS sense5G
AQUOS sense4
Xiaomi 11T
Xiaomi 11T Pro
Mi 11 Lite 5G
Motorola edge 20 Zenfone 8
HISモバイル OPPO Reno7 A AQUOS sense6 moto g52j
moto g31
moto e7 power
moto g30
moto g50
moto e6s
Zenfone 8 Flip
Zenfone 8
Zenfone 7 Pro
ROG Phone 5
イオンモバイル OPPO A55s 5G
OPPO Reno5 A
OPPO A73
OPPO Reno3 A
AQUOS wish
AQUOS sense6
AQUOS sense4 やさしいスマホ2
AQUOS sense5G
AQUOS sense4
AQUOS sense3
Redmi note 10T
Redmi Note 11
Xiaomi Mi 11 Lite 5G
Redmi Note 10 Pro
Redmi 9T
HUAWEI nova lite 3+
HUAWEI nova lite 3
moto g31
moto g50 5G
moto g30
moto e7 power
moto e7
moto e6s
QTモバイル
(ドコモ回線・au回線)
OPPO A55s 5G
OPPO Reno5 A
OPPO A73
Xperia 10 III Lite AQUOS wish
AQUOS sense6
AQUOS sense4 plus
moto g31
edge20 Motorola
moto g50 5G
moto e7
J:COMモバイル Galaxy A21 AQUOS sense5G

※リユース品の販売を含みます。

疑問3.手持ちのiPhoneでも格安SIMは使える?

結論:手持ちのiPhoneでもSIMを使うことができます。

ここからは、手持ちのiPhoneで格安SIMを使う方法について説明します。

手持ちのiPhoneで格安SIMを使う方法

手持ちのiPhoneを利用する場合、SIMカードを差し替えてAPNの設定をするだけで簡単に格安SIMの利用が始められます。

ただし、キャリアで購入したiPhoneはSIMロックの解除が必要になります。

SIMロックがかかっていると、他のキャリアのSIMカードでは通話や通信ができません。

解除するには、電話もしくはウェブサイト上で自分で手続きを行うか、店舗で手数料を支払い依頼をします。

SIMロック解除は、端末の購入から100日を経過してからでないとできないためご注意ください。

例外として、iPhoneを購入したキャリアと格安SIMの利用回線が同じである場合、基本的にはSIMロックの解除が不要になります。

    例1) ドコモで購入したiPhone

  • au回線を利用しているUQモバイルで格安SIMを契約する場合、SIMロック解除が必要

    例2) auで購入したiPhone

  • au回線を利用しているUQモバイルで格安SIMを契約する場合、SIMロック解除が不要

SIMフリーのiPhoneの場合は、格安SIMカードを挿して初期設定を行えば利用できるようになります。

疑問4.格安SIMは電波が悪い?

メリット/デメリットの部分でも紹介しましたが、格安SIMはキャリアの回線を借りているため、回線の混雑による影響を受けやすく時間帯によっては通信速度が遅くなる場合があります。

ただしほとんどの場合は一時的なものであり、電波がずっと不安定というわけではありませんので安心してください。

もし通信速度にこだわりたいのであれば、キャリアのオンライン専用プランをおすすめします。

キャリアのオンライン専用プランは自回線を使っているため、格安SIM並みに手頃な料金プランでありながらも非常に高い通信品質を提供しています。

auだとpovo、ソフトバンクだとLINEMO、ドコモだと「ahamo」がそれにあたります。

疑問5.「格安スマホ やめとけ」は本当?

格安SIMや格安スマホについて調べていると、「格安スマホはやめとけ」「格安SIMにして後悔した」といった言葉を見かけます。

格安SIMや格安スマホはなぜやめておけといわれるのか、3つの理由を突き止めました。

  • 速度が遅くなる可能性があるから
  • LINEのID検索が使えない会社が多いから
  • 災害時に使えるか不安だから

1つ目の理由は通信速度が遅くなる可能性があるからです。

こちらは先述の通り、一時的に速度に制限がかかることはありますが普段の利用に大きな影響はないでしょう。

ただし日常的に大量のデータ通信をするという人は、料金の安さと通信速度の速さが両立されたキャリアのオンライン専用プランの利用を検討してみてください。

2つ目の理由は、LINEのID検索が使えない会社が多いからです。

大手キャリアでは当たり前に使えるLINEのID検索ですが、格安SIMの多くでは使えません。

LINEのID検索ができないのは、ID検索に必要な年齢認証に大手キャリアのアカウントが必要だからです。

ですが、QRコードを使った友達追加は使えるため、ID検索がなくてもそこまで不便を感じることはありません。

加えて、ワイモバイルやLINEMOといった一部の格安SIMでは使えるため、ID検索ができる格安SIMを選ぶのも1つの手です。

3つ目の理由は、格安スマホは災害時に使えるか不安だからです。

災害時に通信が圧迫された場合、格安SIMで通信ができるのか不安に感じる方も多いでしょう。

結論から言うと、格安SIMは災害時でも使えます

ただし、電話番号を使った通話に規制がかかる場合があります。災害時は警察・救急の電話が最優先になるため、大手キャリアを含めた全ての携帯会社で規制がかかる可能性があるのです。

なお、電話番号を使った通話ができなくなっても、LINEでのトークや通話は利用可能です。

このように、何が原因で格安SIMに後悔しているのかがわかれば、そこを回避できる格安SIMを探せば良いだけです。

年間のスマホ代が大幅に節約できるなど大きなメリットもあるので、ぜひ格安SIMへ乗り換えてみてください。

人気格安SIM(格安スマホ)おすすめ比較ランキングまとめ

  • 格安SIMは速度・料金・端末・キャンペーンを比較する
  • 格安SIMはスマホ代を節約できるのが最大のメリット
  • 格安SIMは一時的に電波が悪くなることがあるが、普段遣いなら大きな影響はない
  • おすすめはUQモバイル

今回は、おすすめの格安SIMについて紹介しました。

格安SIMを契約する際は、通信速度・月額料金・端末数・キャンペーンを比較し、総合的に特典の高い会社を選ぶのがおすすめです。

人気の格安SIM10社を比較したなかで、最もおすすめなのはUQモバイルでした。

UQモバイルは安定した通信品質とお手頃な料金プランが両立された格安SIMと言えます。

現在UQモバイルでは、SIM単体の購入&くりこしプラン+5G(S/M/L)の契約で最大10,000円相当のau PAY残高が還元されるキャンペーンを実施中。

この機会にぜひ乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

【UQモバイル公式】詳細はこちら

公開日時 : 2022年10月03日

菅野 辰則 ― ライター
菅野 辰則 ― ライター

最新ガジェット、家電、デバイスが大好物。秋葉原、ネットショップでコスパの高い中古端末に目を光らせている。iPhone・iPadを格安SIMとWiMAXで利用中。趣味はダンス、週4日のトレーニングを欠かさない。