• 格安SIM
  • 更新日:2024年01月22日

格安SIM24社の通信速度を徹底比較!速度を重視するならどこがいい?

格安SIM24社の通信速度を徹底比較!速度を重視するならどこがいい?

※当記事はPRを含みます。詳しくはこちら
※カシモWiMAXは株式会社マーケットエンタープライズの関連会社、株式会社MEモバイルが運営しています。

格安SIMは安い料金で利用できるだけでなく、通信速度の速いサービスも多いのが特徴です。速度が速い格安SIMに乗り換えると、コストを抑えて快適に通信できます。

格安SIMの料金や通信速度は携帯会社やプランによって異なります。そのため、どの格安SIMを契約するか迷っている方もいるのではないでしょうか。

今回は、格安SIM24社の通信速度を比較します。通常時だけでなく、データ容量を超過して速度制限がかかったときの速度もまとめました。

また、通信速度が速いおすすめ格安SIMの料金プランやキャンペーンも紹介します。自分に合った格安SIMを選ぶため、ぜひ本記事をチェックしてください。

目次

格安SIM24社の通信速度を比較

格安SIM24社の通信速度を「みんなのネット回線速度(みんそく)」に投稿されている平均速度と平均Ping値で比較します。

格安SIM 下り平均速度
ダウンロード
上り平均速度
アップロード
平均Ping値 通信制限速度 公式サイト
ahamo 88.28Mbps 11.24Mbps 50.16ms 1Mbps 詳細
楽天モバイル 104.16Mbps 32.79Mbps 49.83ms 速度制限なし 詳細
LINEMO 70.47Mbps 15.03Mbps 40.17ms 300kbps
〜1Mbps
詳細
povo 107.27Mbps 17.43Mbps 46.93ms 128kbps 詳細
ワイモバイル 95.43Mbps 16.99Mbps 40.29ms 128kbps
〜1Mbps
詳細
J:COMモバイル 67.03Mbps 10.79Mbps 53.23ms 200kbps
〜1Mbps
詳細
NUROモバイル 61.96Mbps 14.44Mbps 49.17ms 200kbps
〜1Mbps
詳細
UQモバイル 111.02Mbps 17.32Mbps 46.16ms 300kbps
〜1Mbps
詳細
FUJI WiFi 31.07Mbps 11.65Mbps 46.28ms 128kbps 詳細
y.u.mobile 59.83Mbps 11.79Mbps 46.04ms 128kbps 詳細
IIJmio 48.98Mbps 10.77Mbps 59.32ms 300kbps 詳細
ペンギンモバイル 68.3Mbps 11.66Mbps 46.7ms 200kbps 詳細
スターモバイル 37.57Mbps 9.14Mbps 55.14ms 200kbps 詳細
イオンモバイル 42.28Mbps 10.62Mbps 55.95ms 200kbps 詳細
ロケットモバイル 15.14Mbps 6.26Mbps 36.6ms 200kbps 詳細
トーンモバイル 11.8Mbps 8.22Mbps 47.75ms 非公開 詳細
b-mobile 44.09Mbps 11.48Mbps 63.39ms 200kbps 詳細
日本通信SIM 67.32Mbps 11.95Mbps 49.28ms 200kbps 詳細
BIGLOBEモバイル 26.06Mbps 8.99Mbps 51.08ms 200kbps 詳細
mineo 40.98Mbps 9.49Mbps 62.8ms 200kbps 詳細
HISモバイル 185.86Mbps 20.5Mbps 49.76ms 200kbps 詳細
LinksMate 81.2Mbps 9.79Mbps 49.49ms 200kbps
〜1Mbps
詳細
エキサイトモバイル 32.02Mbps 4.97Mbps 56.35ms 200kbps 詳細
LIBMO 21.85Mbps 8.09Mbps 44.47ms 128kbps 詳細

引用:みんなのネット回線速度

※上記は、2024年1月直近3ヵ月に計測された通信速度の平均値を計算したものです。通信速度は場所・時間帯・通信環境によって変動するため、あくまでも目安として考えてください。

通信速度の「下り」「上り」とは?

ネットを使っていて「ページの読み込みが遅い」と感じたことがある方もいるのではないでしょうか。その原因は、下り回線速度(ダウンロードの速度)が遅いからです。

回線速度には、ダウンロード速度の「下り」とアップロード速度の「上り」があります。それぞれ、どのように区別するのか解説します。

下り速度とは

「下り速度」は、ダウンロードにかかる速度のことです。パソコンやスマートフォン端末へデータ受信を行う方向が下りのため、「下り速度」と呼ばれます。

サイトやSNSの閲覧・動画視聴の読み込み、アプリをダウンロードするときのスピードなどに影響します。

下り速度の数値が大きいほどデータの読み込みが速くなり、大きなファイルや動画を快適に閲覧可能です。反対に、下り速度の数値が低いほど読み込みに時間がかかります。

「下り」に必要な回線速度の目安は以下の通りです。

使用用途 速度の目安
メール・チャットのメッセージ受信 128Kbps〜1Mbps
Webサイト・SNSの閲覧 1Mbps〜10Mbps
動画視聴 3Mbps〜25Mbps

上り速度とは

「上り速度」は、アップロードにかかる速度です。インターネットにデータ送信を行う方向が上りのため、「上り速度」といいます。

メールを送る・SNSに投稿する・動画をアップロードするときのスピードに影響する要素です。

上り速度の数値が大きいほど、高画質の画像や動画など大きなデータを速く送信できます。

反対に、数値が小さいほどアップロードに時間がかかり、テキストや小容量のデータしか送信できなくなります。

「上り」に必要な回線速度の目安は以下の通りです。

使用用途 速度の目安
メール・チャットのメッセージ送信
SNSのテキスト投稿
1Mbps
SNSの画像投稿 3Mbps
SNSの動画投稿 10Mbps

上りの通信速度も大切ですが、読み込みの遅さでストレスを感じるのは、下りの通信速度が遅いためです。SNSや動画を快適に楽しみたい方は、下りの通信速度を重視しましょう

速度の安定性を表す「Ping値」とは?

通信速度以外にも、快適な通信を行うには安定性の高さも重要です。回線速度が速いほど快適にインターネットを利用できることは間違いありません。

しかし、快適な通信には安定性の高さも関わってきます。

通信の安定性は「Ping値」で示し、単位は「ms」を用います。Ping値は、インターネットの応答速度を表す数値です。

通信速度は数値が高いほど速くなりますが、Ping値は逆で、数値が低いほど安定性が高くなります。

格安SIMの速度を比較するときは、回線速度だけではなくPing値もチェックしましょう。

格安SIMは使い物にならない?速度が遅くなる原因

格安SIMといえば、口コミなどで「速度が遅い」「繋がりにくい」という声を見かけます。

そのため、「格安SIMは使い物にならないのでは?」と不安に思っている方も多いのではないでしょうか。格安SIMが遅くなる原因を理解しておきましょう。

  • 利用者が多い時間・場所は回線が混雑する
  • データ容量の超過で速度が制限されている
  • スマホ本体の劣化、暑さ・寒さでの故障

格安SIM事業者は独自の通信設備を持っていないため、キャリアから借りている回線量で通信速度が決まります。

限られた回線量の中でサービスを提供しているため、利用者が多い時間帯などは回線の混雑により速度が遅くなることがあります。

主に以下のような状況で、通信量の増加による回線の混雑が生じがちです。

  • 通勤・通学ラッシュや昼休み、夜間など利用者が多い時間帯
  • 駅前や繁華街、イベント会場など人が多く集まる場所

ほかの要因としては、データ容量を超過したことで通信速度が制限された場合があります。これはデータ容量が大きいプランへの変更や、データチャージで解決できる問題です。

また、スマホ本体が経年劣化している場合や、酷暑・酷寒による熱暴走で故障してしまう場合もあります。

この場合、電源の再起動や放熱で改善する場合もありますが、直らなければ買い替えを考える必要があります。

格安SIM24社の通信速度を時間帯別に比較

実際に時間帯によってどれくらい通信速度に変化があるのでしょうか。

みんなのネット回線速度(みんそく)」に投稿されている時間帯別の平均速度と平均Ping値を表で比較します。

混雑する時間帯の速度、時間帯による速度の差の大小をチェックしてみましょう。

格安SIM 夕方 深夜
ahamo 94.37Mbps 59.51Mbps 116.38Mbps 66.93Mbps 94.01Mbps
LINEMO 107.51Mbps 49.98Mbps 76.21Mbps 53.79Mbps 49.26Mbps
povo 99.93Mbps 76.22Mbps 116.44Mbps 102.48Mbps 79.67Mbps
ワイモバイル 91.99Mbps 59.8Mbps 87.84Mbps 77.88Mbps 142.91Mbps
J:COM MOBILE 64.61Mbps 21.08Mbps 25.63Mbps 49.07Mbps 92.45Mbps
NUROモバイル 76.05Mbps 34.26Mbps 64.22Mbps 62.77Mbps 74.92Mbps
UQモバイル 139.76Mbps 90.97Mbps 100.81Mbps 94.11Mbps 104.96Mbps
楽天モバイル 133.97Mbps 91.81Mbps 96.68Mbps 90.55Mbps 84.71Mbps
FUJI WiFi 0.54Mbps 13.88Mbps 29.52Mbps 30.99Mbps 7.35Mbps
y.u.mobile 84.53Mbps 63.82Mbps 67.22Mbps 53.26Mbps 54.59Mbps
IIJmio 56.1Mbps 14.9Mbps 37.58Mbps 54.49Mbps 59.62Mbps
ペンギンモバイル 120.57Mbps 11.29Mbps 56.67Mbps 61.53Mbps 167.1Mbps
スターモバイル 50.19Mbps 3.45Mbps 41.22Mbps 42.86Mbps 90.97Mbps
イオンモバイル 54.34Mbps 3.18Mbps 67.54Mbps 34.12Mbps 28.33Mbps
ロケットモバイル 15.2Mbps 14.55Mbps 7.85Mbps 17.6Mbps 18.6Mbps
トーンモバイル 73.37Mbps 44.74Mbps 16.24Mbps 19.39Mbps 53.83Mbps
b-mobile 35.67Mbps 15.48Mbps 22.34Mbps 36.49Mbps 103.82Mbps
日本通信SIM 75.13Mbps 17.51Mbps 53.92Mbps 63.89Mbps 69.66Mbps
BIGLOBEモバイル 35.44Mbps 18.9Mbps 13.09Mbps 31.32Mbps 34.59Mbps
mineo 60.2Mbps 14.53Mbps 30.38Mbps 31.18Mbps 49.39Mbps
HISモバイル 17.8Mbps 44.95Mbps 123.48Mbps 236.65Mbps 107.15Mbps
LinksMate 99.4Mbps 5.75Mbps 125.15Mbps 139.94Mbps 59.46Mbps
エキサイトモバイル 71.34Mbps 2.79Mbps 17.01Mbps 26.86Mbps 70.07Mbps
LIBMO 171.19Mbps 9.3Mbps 12.49Mbps 23.56Mbps 52.15Mbps

引用:みんなのネット回線速度

※上記は、2024年1月直近3ヵ月に計測された通信速度の平均値を計算したものです。通信速度は場所・時間帯・通信環境によって変動するため、あくまでも目安として考えてください。

昼休みの時間帯に格安SIMの速度が低下する理由

上の表を見ると、「遅い」との口コミが多い昼の時間帯に、速度が低下しているサービスが多くあります。

前述のとおり、回線帯域の通信が混雑すると格安SIMの通信速度は低下します。

昼休みは、どこの会社や学校でも大体12時〜13時頃です。この時間帯に利用者が増え、通信速度が低下する原因となります。

また、仕事終わりの方が多い夜間も通信速度が遅くなりやすい時間帯です。事前に通信速度が遅くなる時間帯を把握しておきましょう。

▼速度が速いおすすめの格安プランはこちら▼

速度制限の条件と制限時の速度比較

格安SIM24社の速度制限について、速度制限の条件や制限後の通信速度、データ量追加料金を比較します。

格安SIM 速度制限の条件 通信制限速度 データ量追加
(税込)
公式サイト
ahamo データ容量超過後 1Mbps 550円/1GB 詳細
LINEMO データ容量超過後 300kbps
〜1Mbps
550円/1GB 詳細
povo データ容量超過後 128kbps 330円/24時間使い放題
390円/1GB(7日間)
など
詳細
ワイモバイル データ容量超過後 128kbps
〜1Mbps
550円/0.5GB 詳細
J:COMモバイル データ容量超過後 200kbps
〜1Mbps
Aプラン:220円/500MB・330円/1GB
Dプラン:220円/100MB
詳細
nuro mobile データ容量超過後 200kbps
〜1Mbps
なし 詳細
UQモバイル ・データ容量超過後
・直近3日間に6GB以上利用した場合
300kbps
〜1Mbps
990円/1GB
1,078円/4GB
2,178円/15GB
3,278円/20GB
詳細
楽天モバイル 制限なし 詳細
FUJI WiFi データ容量超過後 128kbps 550円/2GB
1,100円/5GB
1,980円/10GB
詳細
y.u.mobile データ容量超過後 128kbps 330円/1GB
1,200円/10GB
詳細
IIJmio ・データ容量超過後
・3日あたりの通信料が366MBを超過した場合
300kbps 220円/1GB 詳細
ペンギンモバイル データ容量超過後 200kbps 550円/1GB 詳細
スターモバイル データ容量超過後 200kbps 1,100円/1GB 詳細
イオンモバイル データ容量超過後 200kbps 528円/1GB 詳細
ロケットモバイル データ容量超過後
1GBプラン:360MB/3日間
2GBプラン:360MB/3日間
3GBプラン:500MB/3日間
5GBプラン:800MB/3日感
7GBプラン:1GB/3日間
20GBプラン:3GB/3日間
200kbps 165円/100MB 詳細
トーンモバイル 無制限
動画視聴の場合1GBまで
非公開 330円/1GB
(動画チケットオプション)
詳細
b-mobile ・データ容量超過後
・直近3日間に1GB以上利用した場合
200kbps 2,953円/1GB(30日間) 詳細
日本通信SIM データ容量超過後 200kbps 合理的プラン:220円/1GB
Wスマート:275円/1GB
詳細
BIGLOBEモバイル データ容量超過後 200kbps 330円/100MB 詳細
mineo データ容量超過後 200kbps 55円/100MB 詳細
HISモバイル データ容量超過後 200kbps 200円/1GB 詳細
LinksMate ・データ容量超過後
・カウントフリーオプションで大量のデータ通信を長時間行った場合
・低速時に3日間で300MB利用した場合
200kbps
〜1Mbps
275円/1GB 詳細
エキサイトモバイル ・データ容量超過後
・直近3日間に6GB以上利用した場合(au回線のみ)
200kbps Fitプラン:1,100円/5GB
Flatプラン:220円/1GB
最適料金プラン/定額プラン/でんわパックプラン:638円/1GB
詳細
LIBMO データ容量超過後 128kbps 330円/1GB 詳細

速度制限を解除するには?

格安SIMでは、プランごとのデータ容量を超過すると、通信制限がかかってしまいます。速度制限がかかると通信速度が低下し、快適にインターネットを利用できません。

制限後の通信速度は事業者やプランごとに異なりますが、多くの格安SIMで最大200kbps程度に設定されています。

通信速度の「下り」と「上り」とは?」でも解説したように、最大200kbpsの通信速度ではメールの送受信程度しかできません。

速度制限は、ほとんどの場合データ量を追加購入すると解除できます。ただし、追加購入するデータ量は割高なので、自分に合うデータ容量のプランを選ぶことが大切です。

1Mbpsの通信速度でできること

制限時の速度が最大1Mbpsの格安SIMもあります。最大1Mbpsでは、10MBのファイルを1分30秒ほどでダウンロードできるとされ、最大200kbpsに比べてできることが増えます。

例えば、WebサイトやSNSの閲覧などの利用であれば、基本的にはサクサク動きます

標準画質の動画再生も、さほどストレスなくできるでしょう。データ容量が大きくない曲であれば、音楽配信サービスも利用可能です。

LINEであれば、トークはもちろん、音声通話やビデオ通話もできます。

制限時の速度が最大1Mbpsの格安SIMは以下の通りです。

  • ahamo
  • LINEMO(スマホプラン)
  • ワイモバイル(シンプル2 M/L)
  • J:COMモバイル(10GB/20GB)
  • UQモバイル(トクトクプラン・コミコミプラン)
  • LinksMate(20GBプラン以上)

速度制限なしで利用できる格安SIM

数ある格安SIMの中で、速度制限なしで通信できるのは、容量無制限のプランがある「楽天モバイル」と「mineo」だけです。

楽天モバイルの旧プランでは、パートナー回線で5GBを超過すると速度が最大1Mbpsに制限されました。

しかし、新プランで容量制限が撤廃され、パートナー回線でも制限なしで利用できます。外出先でもデータ通信量を気にせず利用できるのがメリットです。

mineoには、「マイそく」という容量無制限のプランがあります。自分に合った通信速度を選べるのが特徴です。

プラン名 最大速度 月額料金(税込)
スーパーライト 最大32kbps 250円
ライト 最大300kbps 660円
スタンダード 最大1.5Mbps 990円
プレミアム 最大3Mbps 2,200円

最大1.5Mbpsの速度なら、WebサイトやSNSの閲覧から動画視聴まで問題なく利用できます。月額990円(税込)のスタンダードプランで十分という方も多いでしょう。

なお、いずれもデータ容量超過による速度制限はありませんが、月曜から金曜の12~13時の間に最大32kbpsとなります。

速度制限がない格安SIMを選びたい方は、楽天モバイルやmineoを選んでみてください。

▼速度が速いおすすめの格安プランはこちら▼

キャリアと格安SIMの通信速度を比較

3大キャリアと呼ばれるドコモ・au・ソフトバンクと、格安SIMの通信速度にはどれくらいの違いがあるのでしょうか。

ここでは、直近3ヵ月の平均速度を比較します。格安SIMの速度が3大キャリアを超えているのは、文字が赤色の部分です。

サービス名 下り平均速度
ダウンロード
上り平均速度
アップロード
ドコモ 117.13Mbps 14.09Mbps
au 95.5Mbps 15.4Mbps
ソフトバンク 104.28Mbps 17.62Mbps
ahamo 88.28Mbps 11.24Mbps
LINEMO 70.47Mbps 15.03Mbps
povo 107.27Mbps 17.43Mbps
ワイモバイル 95.43Mbps 16.99Mbps
J:COMモバイル 67.03Mbps 10.79Mbps
NUROモバイル 61.96Mbps 14.44Mbps
UQモバイル 111.02Mbps 17.32Mbps
楽天モバイル 104.16Mbps 32.79Mbps
FUJI WiFi 31.07Mbps 11.65Mbps
y.u.mobile 59.83Mbps 11.79Mbps
IIJmio 48.98Mbps 10.77Mbps
ペンギンモバイル 68.3Mbps 11.66Mbps
スターモバイル 37.57Mbps 9.14Mbps
イオンモバイル 42.28Mbps 10.62Mbps
ロケットモバイル 15.14Mbps 6.26Mbps
トーンモバイル 11.8Mbps 8.22Mbps
b-mobile 44.09Mbps 11.48Mbps
日本通信SIM 67.32Mbps 11.95Mbps
BIGLOBEモバイル 26.06Mbps 8.99Mbps
mineo 40.98Mbps 9.49Mbps
HISモバイル 185.86Mbps 20.5Mbps
LinksMate 81.2Mbps 9.79Mbps
エキサイトモバイル 32.02Mbps 4.97Mbps
LIBMO 21.85Mbps 8.09Mbps

引用:みんなのネット回線速度

※上記は、2024年1月直近3ヵ月に計測された通信速度の平均値を計算したものです。通信速度は場所・時間帯・通信環境によって変動するため、あくまでも目安として考えてください。

キャリアより格安SIM(MVNO)の通信速度が遅い理由

格安SIMの多くは通信設備を所有せず、キャリアから回線を借りている「MVNO」です。

キャリアが自社回線の全帯域を使えるのに対して、MVNOは利用可能な帯域が限られます。そのため、キャリアに比べて通信速度が遅い場合が多くあります。

なお、キャリアの格安プランやサブブランドはMVNOではありません。キャリアと同様に自社回線を利用するため、基本的にMVNOより高速の通信ができます。

通信速度にこだわるなら「格安プラン」がおすすめ

格安SIMの通信速度は、3大キャリアに比べて遅い傾向があるのは否めません。

ただし、前述したとおり、各キャリアが提供している格安プラン・サブブランドはキャリアと同じ回線を使用しています。そのため、速度がキャリアと大きくは変わりません。

通信速度と料金のどちらも重視して選びたい方は、格安プラン・サブブランドがおすすめです。

次項では「通信速度を重視する人におすすめの格安プラン」を紹介していますので、ぜひご覧ください。

▼速度が速いおすすめの格安プランはこちら▼

通信速度を重視する人におすすめの格安プラン

速度にこだわるなら、通信大手のキャリアが手掛ける格安プラン・サブブランドの利用をおすすめします。

格安プランは自回線を使っているため通信速度が速く、繋がりやすいのが特徴です。「スマホ代は安くしたいけど、通信速度は速いものがいい!」という方にピッタリです。

【UQモバイル】au 4G/5Gが利用できる

  • au 5G/au 4G LTEが利用できる
  • 節約モード時ならデータ消費ゼロ
プラン名 ミニミニプラン トクトクプラン コミコミプラン
(10分かけ放題)
データ容量 4GB 1~15GB 20GB
料金(税込) 2,365円 3,465円
1GB以下:2,277円
3,278円
割引適用後 料金 1,078円 2,178円
1GB以下:990円
3,278円
データくりこし
速度制限時 最大300kbps 最大1Mbps 最大1Mbps

UQモバイルはauのサブブランドで、au 5G/au 4G LTEのサービスエリアを利用しています。

直近3ヵ月の平均ダウンロード速度は111.02Mbps、回線が混雑しやすい昼の時間帯は90.97Mbpsです。日常使いには問題ない速度が計測されています。

また、節約モード時にはデータ消費ゼロでネットを利用できます。節約モード時の速度はミニミニプランが最大300kbps、トクトクプラン・コミコミプランが最大1Mbpsです。

au回線を利用したい方で、安定した速度が出る格安SIMを探している方には、UQモバイルをおすすめします。

以下の記事では、UQモバイルの評判・口コミを紹介しています。UQモバイルに興味のある方は、ぜひこちらもご覧ください。

【UQモバイル公式】詳細はこちら

UQモバイルで開催中のキャンペーン

新生活応援SALE!

新生活応援SALE!
  • 期間:2024年2月1日~2024年3月31日
  • 特典:対象機種の価格が最大22,000円(税込)割引
  • 条件:
    (1)機種変更で対象機種を購入する
    (2)直近で購入した機種を2ヵ月目以上利用している
    (3)対象プランと故障紛失サポートに新規加入または継続加入する

対象の5G対応スマホの機種変更がお得になるキャンペーンです。機種変更で以下の対象機種を購入すると、最大22,000円(税込)の割引が適用されます

対象機種と割引額は以下の通りです。

機種名 割引額(税込)
iPhone 13 (128GB) 最大22,000円
Xperia 10 V 最大11,000円
Galaxy S22 最大5,500円

適用対象の料金プランは「トクトクプラン」と「コミコミプラン」です。対象プランに加入している方は、ぜひこの機会に機種変更を検討してみてください。

【UQモバイル公式】詳細はこちら

au PAY残高還元

au PAY残高還元
  • 期間:2023年8月18日~終了日未定
  • 特典:最大10,000円相当のau PAY残高還元
  • 条件:
    (1)他社からの乗り換え(MNP)でSIMのみ契約する
    (2)契約時に増量オプションIIに加入する

UQモバイルをSIMのみ契約し、契約時に増量オプションIIに加入すると最大10,000円分のau PAY残高が還元されるキャンペーンです。

対象プランはトクトクプラン・コミコミプラン・ミニミニプランの3種類です。還元額は契約方法・プラン・SIM形状などによって異なります。

乗り換え(MNP)※1の場合

料金プラン 増量オプションII※2
加入あり 加入なし
トクトクプラン
コミコミプラン
ミニミニプラン
10,000円相当 6,000円相当

新規契約の場合

料金プラン 還元額
トクトクプラン
コミコミプラン
ミニミニプラン
3,000円相当

※1 au/povoからの乗り換えを除く。

※2 最大7ヵ月間無料の増量オプションII加入。

「増量オプションII」は、月額550円(税込)でデータ容量が最大5GB/月増量されるオプションです。

今ならオプション料金が7ヵ月間無料になるキャンペーンを実施しているので、キャッシュバックを多くもらいたい場合は加入をおすすめします。

こちらのキャンペーンは新規契約またはMNP乗り換えをする際に適用されますが、auまたはpovo1.0/2.0からの乗り換えは対象外です。

また、au PAY残高還元時点でau PAYアプリ(旧au WALLETアプリ)を登録しておく必要があります。進呈時点でau PAY残高が有効でない場合は、還元対象外なので注意しましょう。

【UQモバイル公式】詳細はこちら

UQ mobileオンラインショップスペシャルセール

UQ mobileオンラインショップスペシャルセール
  • 期間:2023年12月27日~終了日未定
  • 特典:3,500円相当のau PAY残高還元
  • 条件:
    (1)UQ mobile オンラインショップで対象機種を機種変更で購入する
    (2)対象プラン(トクトクプラン・コミコミプラン)および「故障紛失サポート」に新規加入または継続加入する

    ※クーポンコードを入力している場合は対象外

UQモバイルオンラインショップでは、au PAY残高が還元されるSPECIAL SALEが実施されています

機種変更で対象機種を購入し、かつ対象プランと故障紛失サポートに新規加入または継続加入することが条件です。

全ての購入方法で特典が適用され、対象機種と還元額は以下の通りです。

機種名 還元額
Galaxy A23 5G SCG18 3,500円
Redmi Note 10 JE XIG02 3,500円
Xperia 10 V SOG11 3,500円
Redmi 12 5G XIG03 3,500円

【UQモバイル公式】詳細はこちら

その他のキャンペーン

上記以外のUQモバイルキャンペーンは、以下の通りです。

  • UQ親子応援割
    18歳以下の方とその家族の基本料金から毎月1,320円(税込)が12ヵ月間割引される
     さらに18歳以下の方のみデータ容量が12ヵ月間10GB増量

【UQモバイル公式】詳細はこちら

【ahamo】安定した通信速度

  • 通信速度が速く安定している
  • 1GB単位で追加チャージ可能
  • テザリングOKな大盛りオプションあり
ahamo
月額料金 2,970円(税込)
データ容量 20GB/月
制限時速度 最大1Mbps
5G通信
テザリング 無料
5分かけ放題 無料
24時間かけ放題 1,100円(税込)
データ追加 550円(税込)/1GB
最低利用期間
解約違約金
なし

ahamo(※1)はドコモの回線を利用しているドコモの料金プランです。1日の平均ダウンロード速度は88.28Mbpsと、ドコモに比べるとやや落ちます。

しかし、昼の時間帯でも50Mbps以上の通信速度をキープしています。ドコモの回線なので繋がるエリアが広く、1日を通してどの時間帯もダウンロードが高速です。

時間帯を気にせず常に安定して速度の速い格安プランがいいという方は、ahamoを選びましょう。

基本料金はネット検索やチャットなど、普段通り使ってちょうどいい20GBで月額2,970円(税込)です。データが足りなくなっても、1GBが550円(税込)でいつでも追加できます。

さらに、基本のプランに1,980円(税込)追加することで、月に100GBまで利用できる「大盛りオプション」もあります。

月に100GB利用できる格安SIMは限られているので、ネットを多く使う方で速さを求める場合にもおすすめです。

以下の記事では、ahamoの評判・口コミを紹介しています。ぜひahamoユーザーの声をチェックしてください。

【ahamo公式】詳細はこちら

ahamoで開催中のキャンペーン

ahamo対象機種をおトクに購入しよう

ahamo対象機種をおトクに購入しよう
  • 期間:2023年12月13日~終了日未定
  • 特典:端末代金の割引またはdポイント(期間・用途限定)プレゼント
  • 条件:新規または他社からの乗り換えで対象端末を購入する

ahamoはドコモが提供している新料金プランなので、「5G WELCOME割」や「機種購入割引」などドコモの端末割引サービスが適用されます

対象端末を購入すれば、最大30,000円相当のdポイントがもらえるのでお得です。端末代の割引が適用される機種もあります。

以下に、一部の対象端末の割引額・進呈ポイントをまとめました。

対象端末 割引額 または
進呈ポイント
適用される
割引サービス
iPhone 15
(128GB/256GB)
dポイント20,000円相当
(期間・用途限定)

※新規契約・乗り換えで
購入時に契約者が
22歳以下の場合
5G WELCOME割
iPhone SE
(第3世代)
dポイント20,000円相当
(期間・用途限定)

※乗り換えで
購入時に契約者が
22歳以下の場合
Xperia 10 V
SO-52D
dポイント20,000円相当
(期間・用途限定)

※新規契約・乗り換えで
購入時に契約者
22歳以下の場合
Galaxy A54 5G SC-53D dポイント30,000円相当
(期間・用途限定)

※新規契約・乗り換えで
購入時に契約者が
22歳以下の場合
arrows N
F-51C
dポイント20,000円相当

※乗り換えで
購入時に契約者が
22歳以下の場合
オンライン限定
機種購入割引

適用される割引サービスによって条件が異なるので注意しましょう。

例えば、「5G WELCOME割」は端末によっては22歳以下という条件があります。「オンライン限定 機種購入割引」は、オンラインショップでの購入が条件です。

ahamoを検討している方は、ぜひ活用して端末をお得に購入してください。

【ahamo公式】詳細はこちら

ahamo最新スマホをおトクに購入しよう

ahamo最新スマホをおトクに購入しよう
  • 期間:2023年12月13日~終了日未定
  • 特典:24回分割払いの残価(24回目)が不要(23ヵ月目に返却した場合)
  • 条件:
    (1)「いつでもカエドキプログラム」に加入して対象機種を残価設定型24回払いで購入する
    (2)購入した端末を返却する
    (3)利用の対象機種を返却するまでdポイントクラブを継続する

「いつでもカエドキプログラム」は、最新機種をお得に購入できる割引サービスです。

新しいスマホに乗り換えたいけどまだ分割払いが残っていて機種を変えられない場合や、常に最新の機種を使用していたい場合に、おすすめのサービスとなっています。

以下に、「いつでもカエドキプログラム」の割引額についてまとめました。

(税込) 月額料金
(通常)
1~22ヵ月目に返却 端末残価(分割払い24回目)の支払いが不要
+早期利用特典で、返却から23回目までの分割支払いから毎月割引される
23ヵ月目に返却 端末残価(分割払い24回目)の支払いが不要
24~46ヵ月目に返却 返却の翌月以降の再分割支払金のお支払いが不要

購入した対象機種で「Smartあんしん補償(月額330~1,100円税込)」に契約すれば、自動的に「いつでもカエドキプログラム+」が適用されます。

端末によって異なるプログラムの早期利用料を支払うことで、最大で13~23ヵ月目の分割支払いが免除になる割引サービスです。

毎年最新のスマホに買い替えたい方はぜひ活用してみてください。

【ahamo公式】詳細はこちら

ギガでおなかいっぱいキャンペーン

ギガでおなかいっぱいキャンペーン
  • 期間:2024年2月1日~2024年2月29日
  • 特典:大盛りオプション申し込みでdポイント(期間・用途限定)1,980円相当がもらえる
  • 条件:
    (1)期間中に専用ページからエントリーする
    (2)エントリーする回線で初めて大盛りオプションに申し込む
    (3)期間中に大盛りオプションを利用開始する
    (4)エントリーしたdアカウントが大盛りオプションの利用開始したahamo回線のdアカウントと同一であること

こちらは、2024年2月中にahamoの大盛りオプションに申し込み&利用スタートすると、最大1,980円分のdポイント(期間・用途限定)がもらえるキャンペーンです。

ahamo通常プランのデータ容量は20GBですが、大盛りオプションによって80GBがプラスされ、合計100GBになります。

大盛りオプションは月額1,980円(税込)なので、ポイント還元によって実質初月無料になってお得です。

ポイントは2024年3月下旬から、利用日数に応じて還元されます。

Webはもちろん、ahamoアプリからも大盛りオプションの申し込みが可能です。

「20GBだと足りない、でも料金はなるべく抑えたい」という方は、ぜひこの機会にahamoの大盛りオプションに申し込んでみてください。

【ahamo公式】詳細はこちら

じゃじゃんとじゃんじゃんもらえちゃう祭り2024~第1弾~

じゃじゃんとじゃんじゃんもらえちゃう祭り2024~第1弾~
  • 期間:2024年2月1日~2024年2月29日
  • 特典:以下のいずれかが抽選で当たる
    ・Amazonギフトカード 10,000円分(1,000名)
    ・叙々苑お食事券 30,000円分(100名)
    ・BALMUDA The Toaster pro(100名)
  • 条件:
    (1)期間中に専用ページからエントリーする
    (2)2024年2月29日時点でahamo契約者である
    (3)エントリー時入力した電話番号とahamo契約時の登録電話番号が同一であること

こちらは、2024年2月29日時点でahamoユーザーならどなたでも対象のキャンペーンです。

期間中に専用ページから本キャンペーンにエントリーすると、抽選で以下の商品が当たります。

  • Amazonギフトカード 10,000円分(1,000名)
  • 叙々苑お食事券 30,000円分(100名)
  • BALMUDA The Toaster pro(100名)

大盛りオプションに加入していれば、当選確率がなんと20倍です!

今なら、大盛りオプションが実質初月無料になる「ギガでおなかいっぱいキャンペーン」も開催されています。

当選確率をアップさせたい方は、本キャンペーンのエントリーに加えて大盛りオプションにも申し込んでみてください。

【ahamo公式】詳細はこちら

オモコロ×ahamoキャンペーン

オモコロ×ahamoキャンペーン
  • エントリー期間:2024年2月12日~2024年2月26日
  • ahamo開通期間:2024年2月12日~2024年2月29日
  • 特典:
    (1)オモコロチャンネルおまけ動画
    (2)未公開オフショット画像20点
    (3)5,000円相当のdポイント
    (4)メッセージ入りオリジナルフォト(抽選で10名)
    (5)オモコロ記事で使用した小道具(抽選で3名)
  • 条件:
    (1)ahamo回線に紐づく氏名・電話番号で専用ページからエントリーする
    (2)MNPでahamoをSIMのみ契約する
    (3)ahamoの開通手続きを完了させる

ahamoとWebメディア「オモコロ」のコラボキャンペーンです。エントリーとahamoの開通で、おまけ動画・画像・dポイントが全員に進呈されます。

また、抽選でオリジナルフォトや記事内で使用された小道具が当たります。

特典は2024年3月下旬以降に順次付与され、dポイントは進呈から3ヵ月間利用可能です。

【ahamo公式】詳細はこちら

ステミレイツ×ahamoキャンペーン

ステミレイツ×ahamoキャンペーン
  • エントリー期間:2024年2月12日~2024年2月26日
  • ahamo開通期間:2024年2月12日~2024年2月29日
  • 特典:
    (1)メンバーの仮想デート中プライベートフォトデータ5種
    (2)5,000円相当のdポイント
    (3)直筆サイン入り「写ルンです」(抽選で5名)
  • 条件:
    (1)ahamo回線に紐づく氏名・電話番号で専用ページからエントリーする
    (2)MNPでahamoをSIMのみ契約する
    (3)ahamoの開通手続きを完了させる

ahamoとガールズバンド「ステミレイツ」のコラボキャンペーンです。エントリーとahamoの開通で、フォトデータと5,000円相当のdポイントが全員に進呈されます。

また、抽選で5名に直筆サイン入りの使い切りカメラ「写ルンです」が当たります。各メンバーが他メンバーを撮影した写真が記録されているので、自分で現像しましょう。

特典は2024年3月下旬以降に順次付与されます。dポイントは進呈から3ヵ月間利用可能です。

【ahamo公式】詳細はこちら

爆アゲセレクション

爆アゲセレクション
  • エントリー期間:2023年4月1日~終了日未定
  • 特典:dポイント最大25%相当還元
  • 条件:
    (1)dポイントクラブ会員であること
    (2)ドコモ経由で対象サービスを申し込むこと
    (3)対象回線において対象サービスを契約中であること
    (4)eximo・ahamo・ギガホを契約すること

ドコモ経由で対象のサービスを契約・利用することで、利用料金の最大25%相当のdポイントが毎月貰えるキャンペーンです。

NETFLIXやYoutube Premiumなど、絶大な人気を誇るサービスも対象となっています。好きなサービスだけ選んで、ムダなくおトクに使えます。

特典の内容を以下にまとめたので、気になるサービスを是非チェックしてみてください。

対象サービス
(税込)
還元率 還元ポイント
Netflix Netflix プレミアム
(1,980円)
最大20% 最大360ポイント
Netflix スタンダード
(1,490円)
最大20% 最大271ポイント
Netflix 広告つきスタンダード
(790円)
15% 108ポイント
Netflix ベーシック
(990円)
10% 90ポイント
YouTube Premium
(1,280円)
20% 233ポイント
Lemino プレミアム
(990円)
10% 90ポイント
ディズニープラス
(990円)
20% 180ポイント
DAZN for docomo
(3,700円)
20% 673ポイント
Spoify Premium
(980円)
25% 223ポイント

登録するサービスによっては、22歳以下のポイント還元率がアップしたり、無料期間が設けられていたりなどの特典も用意されています。

この機会に、気になるサービスをお得に利用しましょう。

【ahamo公式】詳細はこちら

ahamo光の契約でdポイント10,000ptプレゼント

ahamo光の契約でdポイント10,000ptプレゼント
  • 期間:2023年6月20日~終了日未定
  • 特典:
    (1)dポイント10,000ptプレゼント
    (2)工事費が無料(新規申し込みの場合)
  • 条件:
    (1)ahamo光(2年定期契約)をドコモ公式サイトから申し込む
    (2)7ヵ月以内に利用開始する
    (3)利用開始月の2ヵ月後の月末時点で契約中であること
    (4)dポイントクラブ会員であること

2023年7月1日から、ahamoの光回線サービス「ahamo光」の提供がスタートしました。ahamoを利用している方のみ契約が可能です。

ahamo光には、2年契約または契約期間のないプランがあります。契約期間が2年のプランを契約した方を対象に、10,000ptのdポイントがプレゼントされます。

ahamo光の利用料金は以下の通りです。

(税込) マンション 戸建て
2年契約 3,630円 4,950円
契約期間なし 4,730円 6,600円

申し込みから7ヵ月以内に利用開始し、その2ヵ月後の月末に契約していることが条件です。利用開始月の4ヵ月後にポイントが付与されます。

また、ahamo光を新規で申し込む場合は工事費が無料になります。

ahamoを契約する方は、ぜひ固定回線の乗り換えも検討してみてください。

【ahamo公式】詳細はこちら

その他のキャンペーン

上記以外のahamoキャンペーンは、以下の通りです。

  • 1億人であるある言いたい選手権
    →「あるある言わせてメーカー」で動画を作成&YouTubeショートに投稿すると抽選で以下が当たる
    (1)50,000円分のAmazonギフトカード(10名)
    (2)ばんばんざい サイン入り色紙(6名)
  • ahamo ×ディズニーキャンペーン
    →ahamoとディズニープラスを両方契約すると、最大6ヵ月間990円(税込)割引される
     さらに3,000円相当のdポイントもらえる&QUOカード5,000円分が抽選で当たる

【ahamo公式】詳細はこちら


(※1)ahamo注意点についてはこちら

サービスについて:ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

サポートについて:ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。ドコモショップなどでのサポートをご希望の場合は、「ahamoWebお申込みサポート」(税込3,300円) をご利用ください。

ahamoWebお申込みサポートとは、お客さまのご要望に基づき、ahamo専用サイトからのお申込みの補助を行うものです。

なお、お申込み時の端末操作はお客さまご自身で実施頂きます。また、端末初期設定およびデータ移行などは本サポートの範囲外となります。

端末初期設定およびデータ移行の補助をご希望のお客さまは「初期設定サポート(有料)」を別途お申込みください。初期設定サポート(有料)とは、お客さまのご要望に基づき、ahamoアプリおよび専用サイトからのお手続き補助を行うものです。

月額料金について:機種代金別途

国内通話料金について:5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料金 がかかります。

【LINEMO】ソフトバンク回線をお得に使える

LINEMO
  • ソフトバンク回線を3GB月額990円(税込)で利用できる
  • 回線が混雑しやすい昼の時間帯も速い
(税込) LINEMO
データ容量 3GB 20GB
月額料金 990円 2,728円
制限時速度 300kbps 1Mbps

LINEMOはソフトバンクの回線を利用しています。直近3ヵ月間に計測された1日の平均ダウンロード速度は70.47Mbpsと、格安プランの中で最速ではありません。

しかし、昼の時間帯の平均ダウンロード速度は、49.98Mbpsと比較的高い数値が計測されています。会社や学校の昼休みや電車のラッシュ時に使いたい方は、LINEMOを選びましょう。

料金プランはデータ容量3GBの「ミニプラン」、20GBの「スマホプラン」の2種類から選択できます。

主にWiFi環境でスマホを使用する方はミニプラン、外出先でも頻繁に使う方はスマホプランがおすすめです。

以下の記事では、LINEMOのメリット・デメリットを解説しています。LINEMOについて詳しく知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

【LINEMO公式】詳細はこちら

LINEMOで開催中のキャンペーン

LINEMOフィーバータイム

LINEMOフィーバータイム
  • 期間:2024年2月14日~2024年2月29日
  • 特典:最大20,000円相当のPayPayポイント進呈
  • 条件:
     (1)PayPayアプリをインストールする
     (2)新規または他社からの乗り換えでLINEMOを契約する
     (3)PayPay残高で買い物をする

期間限定でPayPayポイントがもらえるお得なキャンペーンです。LINEMOの契約で最大16,000円相当のポイントが付与されます。

プランや契約方法別の還元ポイントは以下の通りです。

スマホプラン ミニプラン
他社からの乗り換え
(MNP)
16,000円相当 990円相当
×最大6回
新規契約 8,000円相当 990円相当
×最大6回

また、PayPay残高の利用で決済額の20%が還元されます。プランごとのポイントの上限をチェックしましょう。

スマホプラン ミニプラン
他社からの乗り換え
(MNP)
最大4,000円相当 最大5,000円相当
新規契約 最大4,000円相当 最大5,000円相当

他社からの乗り換えでスマホプランを契約すると、最大20,000円相当のポイントがもらえます。ポイントはPayPayアプリに付与されるので、忘れずにインストールしましょう。

LINEMOの契約を考えている方は、ぜひこの機会を利用してください。

【LINEMO公式】詳細はこちら

その他のキャンペーン

上記以外のLINEMOキャンペーンは、以下の通りです。

  • 契約者向け!追加申込キャンペーン
    2回線目以降の申し込みで3,000円相当のPayPayポイントがもらえる
  • 通話オプション割引キャンペーン2
    →「通話準定額」または「通話定額」の料金が7ヵ月目まで550円(税込)/月割引
  • LINEMOおかえりだモンキャンペーン
    →他社からの乗り換えで最大4,000円相当のPayPayポイントがもらえる

【LINEMO公式】詳細はこちら

【ワイモバイル】通勤・通学の時間帯も速い

  • ソフトバンクのサブブランド
  • 通勤・通学ラッシュの時間帯も速度が速い
プラン名 シンプル2S シンプル2M シンプル2L
データ通信容量 4GB 20GB 30GB
月額料金(税込) 2,365円 4,015円 5,115円
割引後
月額料金(税込)(※)
1,078円 2,178円
(1GB以下の場合:1078円)
3,278円
(1GB以下の場合:1078円)
速度制限時の
通信速度
最大300Kbps 最大1Mbps 最大1Mbps

※おうち割光セット・PayPayカード割適用時

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドで、速度が速くて安定している格安SIMです。

直近3ヵ月の平均ダウンロード速度は95.43Mbpsです。混雑しやすい昼の時間帯は59.8Mbpsという速度が出ているため、通信速度は速い部類に入ります。

他の時間帯も常に70Mbps以上を記録しており、安定して速い通信速度で使いたい方に適しています

また、キャンペーンが充実しているので、割引やポイント還元でお得に乗り換えが可能です。

以下の記事では、ワイモバイルの評判・口コミを紹介しています。ワイモバイルの契約を考えている方は、ぜひこちらもご覧ください。

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

ワイモバイルで開催中のキャンペーン

SIMご契約で合計最大23,000ポイントプレゼント

SIMご契約で合計最大23,000ポイントプレゼント
  • 期間:2022年7月1日~終了日未定
  • 特典:最大23,000円相当のPayPayポイント還元
  • 条件:
    (1)新規またはMNPで契約する
    (2)契約3~4ヵ月後の月にPayPayを利用する

大量のPayPayポイントを獲得できるキャンペーンです。3つの特典が用意されています。


ワイモバイル 新どこでももらえる特典

    「ワイモバイル 新どこでももらえる特典」にエントリーすると、
    契約4ヵ月後の月の1ヵ月間、PayPay支払いの買い物金額に対して
    PayPayポイントが最大20%還元されます。

SIMご契約特典

    「SIMご契約特典」は、Yahoo! JAPAN IDでログインして指定サイトに申し込みすると、最大10,000円相当のPayPayポイントが付与されるキャンペーンです。

SIM PayPayポイント20%上乗せ特典

    「SIM PayPayポイント20%上乗せ特典」では、申し込みから3ヵ月後の月のPayPay支払い金額に対して最大7,000円相当のPayPayポイントが還元されます。

(1)新どこでももらえる特典
(2)SIM契約特典
(3)SIM PayPayポイント20%上乗せ特典
他社からの
乗り換え
新規契約
シンプル2 M/L 最大 23,000円相当
(1)6,000円相当
(2)10,000円相当
(3)7,000円相当
最大 12,000円相当
(1)6,000円相当
(2)6,000円相当
(3)対象外
シンプル2 S 最大 3,500円相当
(1)500円相当
(2)3,000円相当
(3)対象外
最大 500円相当
(1)500円相当
(2)対象外
(3)対象外

他社からの乗り換えでシンプル2 M/Lに加入するのが最もお得です。3~4ヵ月後の月にまとめ買いをすると、ポイントを多く貯められます。

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

人気スマホが大特価SALE!

人気スマホが大特価SALE!
  • 期間:2023年4月21日~終了日未定
  • 特典:対象機種を特別価格で販売
  • 条件:新規または他社からの乗り換えの際に対象機種を購入する

オンラインストア限定のキャンペーンです。新規または他社からの乗り換えの際に、対象機種を特別価格で購入できます

対象機種と価格は以下の通りです。

(税込) 通常価格 割引後の価格
(他社からの乗り換え)
割引後の価格
(新規契約)
iPhone 13 (128GB) 115,200円 97,200円
※シンプル2 M/Lのみ
97,200円
※シンプル2 M/Lのみ
iPhone SE(第3世代) 64GB 73,440円 55,440円
※シンプル2 M/Lのみ
55,440円
※シンプル2 M/Lのみ
OPPO Reno9 A 36,720円 18,720円 18,720円
Xperia Ace III 25,920円 3,980円
※シンプル2 M/Lのみ
9,800円
※シンプル2 M/Lのみ
moto g53y 5G 21,996円 3,996円
※シンプル2 M/Lのみ
13,716円
※シンプル2 M/Lのみ
OPPO A55s SIMフリー 22,000円 1円 4,980円
AQUOS wish SIMフリー 22,000円 1円 10,800円

タイムセール価格:4,980円
Libero 5G IV 21,996円 3,996円
※シンプル2 M/Lのみ
13,716円
※シンプル2M/Lのみ
AQUOS wish3 25,920円 7,920円
※シンプル2 M/Lのみ
13,680円
※シンプル2 M/Lのみ
かんたんスマホ3 28,800円 6,800円 6,800円
Android One S10 36,000円 18,000円
※シンプル2 M/Lのみ
18,000円
※シンプル2 M/Lのみ

シンプル2 Mまたはシンプル2 Lのみが対象の機種が多いので注意しましょう。

21時~翌日9時の間に購入すると、タイムセール対象の機種はさらにお買い得です。

ワイモバイルでスマホを安く入手したい方は、ぜひ本セールを利用してみてください。

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

その他のキャンペーン

上記以外のワイモバイルキャンペーンは、以下の通りです。

  • ワイモバ親子割
    →18歳以下とその家族の基本料金(シンプル2 M/L)が最大13ヵ月間割引
  • オンラインストアでSIMカード/eSIMご契約でPayPayポイントプレゼント
    →新規または他社からの乗り換えでPayPayポイント合計最大15,000円相当がもらえる
  • データ増量無料キャンペーン3
    半年間データ増量無料
  • ソフトバンク認定中古品iPhone
    →ソフトバンク認定の良品iPhone中古品が購入できる

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

【povo】auの自回線の安定した通信品質

  • 基本料金が0円
  • トッピングで好みにアレンジできる
(税込) povo2.0
基本料金 0円
データ容量 0円
国内通話料金 22円/30秒
データトッピング 1GB(7日間) 390円
3GB(30日間) 990円
20GB(30日間) 2,700円
60GB(90日間) 6,490円
150GB(180日間) 12,980円
使い放題(24時間) 330円
通話トッピング 5分かけ放題 550円
通話かけ放題 1,650円
コンテンツトッピング DAZN使い放題パック 925円
smash.使い放題パック 220円
サポートトッピング スマホ故障サポート 830円

povoはauの回線を利用しているauの料金プランです。1日の平均ダウンロード速度は 107.27bps、昼の時間帯は76.22Mbpsとなっています。

基本料0円の状態は、データ容量0GBで送受信最大速度は最大128kbpsです。このままではかなりの低速ですが、データトッピングをすることでau回線の高速通信を利用できます

WiFi環境で利用する場合は、トッピングによる追加料金なしでの利用も可能です。毎月利用する容量が異なる方や使う分だけトッピングしたい方は、povoを利用しましょう。

ただし、180日間以上トッピングがない場合、利用停止や契約解除となることがあるので注意しましょう。

以下の記事では、povoのメリット・デメリットを解説しています。povoが自分に合っているかどうか知りたい方は、ぜひチェックしてください。

通信速度が速いおすすめの格安SIM

今回調査した格安SIMの中から、キャリアの格安プラン・サブブランド以外で通信速度が速いおすすめの格安SIMを紹介します。

格安SIMの通信速度は、格安プランやサブブランドほど高速ではありません。しかし、一般的な使い方であれば申し分のない速度が出ることも多く、料金もお手頃なのが特徴です。

【楽天モバイル】昼の時間帯でも速度が速い

楽天モバイル
  • 安定した自社回線が使える
  • データ容量無制限で高速通信ができる
Rakuten
最強プラン
月額料金
(税込)
〜3GB 1,078円
3〜20GB 2,178円
20GB〜 3,278円

楽天モバイルは、ドコモ・au・ソフトバンクに続いて登場した携帯キャリアです。正確には格安SIMではありませんが、格安SIM並みの安い料金で利用できます。

また、自社の回線を使用するため通信が安定しています。直近3ヵ月の平均ダウンロード速度は104.16Mbps、昼も91.81Mbpsと高速です。

料金プランは「最強プラン」のみとなっており、基本料金はデータ使用量によって変わります。容量は無制限なので、容量超過によって速度が制限されることはありません

データ使用量が20GB以上の場合、いくら使用しても月額3,278円(税込)です。3GB以下であれば月額1,078円(税込)で済みます。

さらに、専用の通話アプリ「Rakuten Link」を使えば、無料通話が可能です。回線の安定性を重視しつつ、費用も抑えたい方におすすめです。

以下の記事では、楽天モバイルの評判・口コミを紹介しています。楽天モバイルの使いやすさが気になる方は、ぜひ参考にしてください。

【楽天モバイル公式】詳細はこちら

楽天モバイルで開催中のキャンペーン

iPhoneトク得乗り換えキャンペーン

iPhoneトク得乗り換えキャンペーン
  • 期間:2024年2月1日~終了日未定
  • 特典:最大13,000円相当の楽天ポイント還元
  • 条件:
    (1)楽天モバイルに初めて申し込むもしくは他社から乗り換える
    (2)翌月末日までに利用を開始+Rakuten Linkアプリで10秒以上の通話をする

最大13,000円相当の楽天ポイントが還元されるキャンペーンです。

他社乗り換えの場合は、以下の条件をすべてクリアすれば13,000ポイントが付与されます。

他社乗り換えの場合

  • 他社からの乗り換えで楽天モバイルの料金プランに申し込む
  • 翌月末日までに利用を開始+Rakuten Linkアプリで10秒以上の通話をする

新規契約の場合は、以下の条件をクリアすると、最大10,000ポイントがもらえます。

新規契約の場合

  • 楽天モバイルの料金プランに初めて申し込む
  • 対象iPhoneを購入する
  • 翌月末日までに利用を開始+Rakuten Linkアプリで10秒以上の通話をする

新規契約のキャンペーンが適用される対象iPhoneは、以下の通りです。

機種名 進呈ポイント
※新規契約の場合
iPhone 15/Plus/Pro/Max 10,000ポイント
iPhone 14/Plus 8,000ポイント
iPhone 13 8,000ポイント
iPhone SE(第3世代) 8,000ポイント

楽天モバイルは、コスパに優れた業界最安級の料金プランが魅力のひとつです。

データ通信料は1,078~3,278円(税込)で、Rakuten Linkアプリを使えば通話の料金はかかりません。

楽天モバイルのプランと人気のiPhoneをお得に申し込めるチャンスなので、この機会を見逃さないようにしましょう。

【楽天モバイル公式】詳細はこちら

iPhone 14(128GB)キャンペーン

iPhone 14(128GB)キャンペーン
  • 期間:2024年2月1日~終了日未定
  • 特典:最大33,000円相当の特典進呈
  • 条件:
    (1)楽天モバイルに初めて申し込む
    (2)iPhone 14 (128GB)を一括または24回払いで購入する
    (3)翌月末日までに楽天モバイルの利用を開始する
    (4)Rakuten Linkアプリで10秒以上の通話をする

iPhoneをお得に購入できるキャンペーンです。楽天モバイルを初めて申し込み、iPhone 14 (128GB)を購入すると最大33,000円相当の特典が進呈されます

特典内容は、以下の通り契約方法によって異なります。

他社からの
乗り換え(MNP)
新規契約
割引額(税込) 20,000円 20,000円
付与ポイント 13,000円相当 最大8,000円相当
特典合計 33,000円相当 最大28,000円相当

対象の支払い方法は一括または24回払いです。「楽天モバイル買い替え超トクプログラム」を利用すると、適用対象外となるので注意しましょう。

本キャンペーンを利用すると、高性能なiPhoneをお得に購入できます。

【楽天モバイル公式】詳細はこちら

スマホトク得乗り換えキャンペーン

スマホトク得乗り換えキャンペーン
  • 期間:2023年8月31日~終了日未定
  • 特典:最大13,000ポイント還元
  • 条件:
    (1)新規または乗り換え(MNP)にて申し込み、または楽天モバイル(ドコモ・au回線)からプラン変更
    (2)対象のスマホを購入する ※他社乗り換え以外の方のみ
    (3)プランの申し込み、および対象製品購入の翌月末日23:59までに「Rakuten最強プラン」利用開始
    (4)プランの申し込み、および対象製品購入の翌月末日23:59までに「Rakuten Link」の利用

楽天モバイルに初めての申し込みで、かつ電話番号を引き継いでの他社から乗り換え、そして同時に対象機種を購入すると、最大13,000円相当のポイントが還元されるお得なキャンペーンです。

また、楽天モバイル回線のみの申し込み&対象機種購入だけでも、最大8,000円相当分の楽天ポイントが還元されます。

以下に対象機種の一部をまとめました。おトクに乗り換えできる「楽天モバイル買い替え超トクプログラム」の割引を適用した実質負担額を記載しています。

機種名 製品価格 付与ポイント 実質負担額
AQUOS sense8 63,800円 13,000円相当 50,800円
Xperia 5 V 152,400円 13,000円相当 139,400円
Xperia 10 V 59,290円 13,000円相当 46,290円
OPPO Reno9 A 40,700円 13,000円相当 27,700円

楽天モバイルの申し込みを検討している方は、対象機種からスマホを選んでみてはいかがでしょうか。

【楽天モバイル公式】詳細はこちら

その他のキャンペーン

上記以外の楽天モバイルキャンペーンは、以下の通りです。

  • 楽天モバイル紹介キャンペーン
    →家族や友人に紹介されると最大13,000円相当の楽天ポイントがもらえる
  • Wi-Fiルーター1円キャンペーン
  • 電話番号もそのまま他社から乗り換え&初めてお申し込みで13,000ポイントプレゼント!
  • Rakuten最強プラン申し込み特典 初月3GB分実質無料
  • 【店舗限定】100万ポイント山分け!楽天モバイルショップでエントリー
  • エントリー&楽天モバイルの契約で人気エンタメサービス料金の20%をポイント還元

【楽天モバイル公式】詳細はこちら

【NUROモバイル】大手3キャリアの回線に対応

  • 大手3キャリアの回線に対応している
  • 解約金や初期費用が0円
プラン名 VSプラン VMプラン VLプラン
データ容量 3GB 5GB 10GB
音声通話付きSIM 792円(税込) 990円(税込) 1,485円(税込)
データ通信
+
SIM
792円(税込) 990円(税込) 1,485円(税込)
データ通信 627円(税込) 825円(税込) 1,320円(税込)

NUROモバイルは、ドコモ・au・ソフトバンクの3回線に対応しています。そのため、乗り換えしやすいのが特徴です。

直近3ヵ月の平均ダウンロード速度は61.96Mbps、夕方の時間帯は64.22Mbpsです。十分な速度でデータ通信を楽しめます。

ただし、昼の時間帯は34.26Mbpsと、通信速度がやや低下するため注意しましょう。

NUROモバイルには、解約金やMNP転出手数料、利用開始月の月額基本料金が0円というメリットがあります。

【NUROモバイル公式】詳細はこちら

通信速度と安さのバランスが良いおすすめの格安SIM

格安SIMを選ぶ理由は「料金の安さ」という方が多いでしょう。しかし、様々な格安SIMがあり、どれを選べばよいか迷ってしまう方もいるのではないでしょうか。

そこで、月額料金と速度、データ容量のバランスが良いおすすめ格安SIMを厳選しました。ぜひ参考にしてください。

【IIJmio】昼以外の通信速度が速い

  • ドコモ網・au網から選べる
  • 初期費用割引特典あり
(税込) 音声SIM SMS専用SIM データSIM eSIM
(データ専用)
2GB 850円 820円 740円 440円
5GB 990円 970円 900円 660円
10GB 1,500円 1,470円 1,400円 1,100円
15GB 1,800円 1,780円 1,730円 1,430円
20GB 2,000円 1,980円 1,950円 1,650円

IIJmioはドコモ回線・au回線から選択できる格安SIMで、1日の平均ダウンロード速度は48.98Mbpsです。

昼の時間帯の平均は、14.9Mbpsと格安SIMの中でも遅い部類です。そのため、動画を見るのは少し厳しい可能性があります。

なお、お昼以外の時間帯は、40Mbps前後と安定した速度が出ています

現在、初期費用割引や端末代割引などのキャンペーンを実施中です。乗り換えと同時に機種変更を考えている方は、IIJmioを検討してみてください。

以下の記事では、IIJmioの評判・口コミを紹介しています。IIJmioの利用を考えている方は、ぜひこちらもご覧ください。

【IIJmio公式】詳細はこちら

IIJmioで開催中のキャンペーン

シェアNo.1記念キャンペーン!スマホ最安110円~

シェアNo.1記念キャンペーン!スマホ最安110円~
  • 期間:2024年1月18日~2月29日
  • 特典:対象端末を特別価格で販売
  • 条件:他社からの乗り換えで対象機種を購入する

人気のスマホを多数取り扱うIIJmioでは、「シェアNo.1記念キャンペーン!」でスマホをお得に購入できます。

対象機種の中には110円(税込)で購入できる端末もあるので、スマホを安く入手したい方は必見です。

以下に現在購入可能な対象端末と、割引後の販売価格を表にまとめました。

対象端末 割引適用後
販売価格(税込)
一括払い 24回払い
Redmi Note 10T 110円 6円
OPPO Reno7 A 7,980円 334円
Xiaomi Redmi 12 5G
[4GB/256GB]
4,980円 209円
moto g52j 5G SPECIAL 9,980円 418円
対象端末をもっとみる
対象端末 割引適用後
販売価格(税込)
一括払い 24回払い
OPPO A77 980円 42円
moto g53j 5G 4,980円 209円
AQUOS sense6 4,980円 209円
AQUOS wish3 17,800円 743円
HTC Desire 22 pro 19,800円 826円
Mode1 RETRO II 19,800円 826円
AQUOS sense7 27,800円 1,160円
motorola razr 40 ultra 109,800円 4,577円
moto g13 2,480円 104円
Redmi 12C
[3GB/64GB]
2,480円 104円
OPPO A55s 5G 4,980円 209円
moto g52j 5G II 9,980円 418円
moto g50 5G 12,800円 534円
OPPO Reno9 A 19,800円 826円
Redmi 12 5G
[8GB/256GB]
19,800円 826円
AQUOS sense8 39,800円 1,659円
Google Pixel 6a 39,800円 1,659円
OPPO Reno10 Pro 5G 44,800円 1,867円
Xperia 10 V 44,800円 1,867円
motorola edge 40 44,800円 1,867円
Google Pixel 7a 44,800円 1,867円
motorola edge 30 pro
ワイヤレス充電器SET
54,799円 2,284円
Galaxy S22 (au版)
未使用
55,800円 2,326円
POCO F4 GT 55,980円 2,334円
Google Pixel 7 64,980円 2,709円
Nothing Phone (1)
[12GB/256GB]
72,800円 3,034円
Xiaomi 12T Pro 79,800円 3,326円
Zenfone 10
[8GB/256GB]
89,800円 3,743円
Nothing Phone (2)
[12GB/256GB]
89,800円 3,743円
Google Pixel 7 Pro
[12GB/128GB]
94,800円 3,951円
motorola razr 40 99,800円 4,160円
AQUOS R6 99,800円 4,160円
Nothing Phone (2)
[12GB/512GB]
99,800円 4,160円
ROG Phone 7
[16GB/512GB]
139,800円 5,826円
AQUOS R8 pro 171,000円 7,126円

IIJmioでは人気のiPhoneもお得に購入可能です。キャンペーン対象のiPhoneは機種ごとに価格が異なります。

現在IIJmioで購入できるiPhoneは、以下の通りです。

対象端末 割引適用後
販売価格(税込)
一括払い 24回払い
iPhone SE(第2世代)
[64GB]
(美品)
9,980円 418円
iPhone SE(第3世代)
[64GB]
(美品)
26,800円 1,118円
iPhone 11 [64GB](美品) 29,800円 1,243円
iPhone 12 [64GB]
(美品)
39,800円 1,659円
iPhone SE(第3世代)
[128GB]
(美品)
39,800円 1,659円
iPhone 11 [128GB](美品) 39,800円 1,659円
iPhone 13 [128GB](未使用品) 79,800円 3,326円

人気の機種は在庫切れになる可能性があるので、欲しいスマホがある方は早めに購入しましょう。

【IIJmio公式】詳細はこちら

その他のキャンペーン

上記以外のIIJmioキャンペーンは、以下の通りです。

  • シェアNo.1記念キャンペーン
    (1)音声通話SIMから440円(税込)×6ヵ月間割引
     旧プランからの変更の場合は440円(税込)×9ヵ月割引
    (2)通話定額オプションが410円(税込)×6ヵ月間割引
  • ご愛顧感謝 機種変更キャンペーン
    →IIJmioのSIMサービス利用者が公式サイトから対象スマホを購入すると最大10,000円分のギフト券がもらえる

【IIJmio公式】詳細はこちら

【HISモバイル】夕方以降の通信速度が高速

出典:HISモバイル
  • 音声通話SIMが月額290円(税込)〜
  • ドコモ回線とソフトバンク回線に対応

基本のプラン

(税込) 音声通話+SMS+データ通信 データ通信のみ
1GB 550円
※100MB未満:290円
440円
3GB 770円 580円
7GB 990円 880円
20GB 2,190円 2,080円
50GB 5,990円 5,880円

従量課金制プラン

(税込) データ通信のみ データ通信+SMS
100MBまで 198円 352円
2GBまで 770円 924円
5GBまで 1,320円 1,474円
10GBまで 2,310円 2,464円
15GBまで 3,300円 3,454円
30GBまで 5,775円 5,929円

HISモバイルは、音声通話SIMが月額290円(税込)〜と格安料金で利用できる格安SIMです。

1日の平均ダウンロード速度は185.86Mbpsと高速で大手キャリアに匹敵します

HISモバイルは、音声通話付きSIMを月に100MBまでなら290円(税込)で利用できるのが一番の魅力です。

電話番号付きでとにかく安い格安SIMを探している方は、HISモバイルを利用を検討してみてください。

【HISモバイル】詳細はこちら

格安SIMの速度が遅いときの対処法

格安SIMの速度が遅いときに、元の速度に戻すための対処法を紹介します。突然速度が遅くなって困ったときは、ぜひ試してみてください。

1.モバイルデータ通信を切ってからオンに戻す

一番手軽で簡単に試せるのがモバイルデータ通信を切ってから、再度オンにする方法です。

この作業で、センターとの接続を切断してから新しく接続し直すため、速度が改善することがあります。

元の状態に戻さないとネットに接続できないので、必ずオンとオフをセットで行いましょう。なお、「機内モード」のオン・オフでも同じように通信環境がリセットされます。

2.スマホを再起動する

スマホの電源を一度落としてから再度立ち上げることで、端末本体の不具合を解消できる場合があります。

iPhoneの場合は、サイドボタンと音量ボタンを長押ししてから、スライダーを右に動かすと再起動が可能です。Androidスマホの場合は、電源ボタンの長押しで再起動できます。

3.場所・時間を変えて再度接続してみる

スマホを利用する時間や場所を変えると、繋がりにくさや遅さが改善することがあります。窓際など電波が入りやすい場所に移動して試してみてください。

また、お昼休みの時間帯などは低速になりやすいので、時間をずらして利用するという対処方法もあります。

ごく稀に回線側での通信障害で繋がらない場合もあります。その場合は障害の解消を待つしかありません。

4.低速モードから高速モードへ切り替える

一部の格安SIMでは、通信速度を切り替えられます。高速モードではデータ容量を消費して高速通信が可能です。

低速モードではデータ容量を消費せずに通信できますが、速度が遅くなります。高速通信を要求されない作業で低速モードに切り替えると、データ容量を有効活用できます。

速度が遅いと感じたら、低速モードになっていないか確認しましょう。高速モードに切り替えれば、速度が改善する可能性があります。

多くの格安SIMでは、会員用のWebページやアプリなどで切り替えられます。

▲速度が速いおすすめの格安プランはこちら▲

格安SIMの通信速度に関するよくある質問

格安SIMの通信速度について、よくある質問をまとめました。乗り換え前に疑問や不安を解消しましょう。

キャリアと格安SIMはどっちがいい?

サービスやサポートは必要最低限でよく、スマホ代を節約したい方は、格安SIMがおすすめです。

ただし、多くの格安SIM事業者から、自分に合ったものを選ぶ必要があります。

「月額料金を節約したい人」「自分にあった事業者・プランを選べる人」に格安SIMが適しています。

安定した速度が常に必要な方やキャリア独自のサービスをよく利用する方は、キャリアを利用しましょう。

また、新型iPhoneを買いたいなら、キャリアのキャンペーンでお得に購入するのがおすすめです。

つまり、「安定した通信速度が常に必要な人」「キャリアメールやサポートが必要な人」「新型iPhoneを買いたい人」がキャリアに向いています。

格安SIMの通信速度は遅い?

格安SIMの通信速度はキャリアに比べて劣るものの、全ての格安SIMが遅いわけではありません

事業者によって差はありますが、前述したキャリアの格安プランなど、速度が速い格安SIMもあります。速度が速い格安SIMは以下の通りです。

  • ahamo
  • LINEMO
  • UQモバイル
  • povo
  • ワイモバイル

格安SIMを選ぶ際には、月額料金の安さだけではなく、回線速度も確認してから選びましょう。

格安SIMの通信速度が遅くなったらどうすればいい?

速度が遅くなってしまったら、考えられる原因を見つけて対処しましょう。

データ通信のオン・オフや再起動など端末操作で改善できることもあれば、時間帯や場所に問題があることもあります。

また、地下や建物の中、山や海などでは繋がりにくくなる可能性が高くなります。このような場合は移動すれば改善することがほとんどです。

どうしても速度が改善しない場合は、他の格安SIMへの乗り換えも検討しましょう。

MVNOの通信速度をリアルタイムで比較する方法は?

みんなのネット回線速度(みんそく)」では、直近3ヵ月平均の速度がわかりますが、リアルタイムの速度はわかりません。

リアルタイムで速度を計測する方法としては、サイトですぐに計測できる「FAST.com」や、アプリ「RBB SPEED TEST」などがあります。

自宅や職場、よく行く場所などで計測して、どの程度の速度が出るか把握しておくと乗り換え時の目安になるでしょう。

格安SIMが繋がりにくい時間帯は?

格安SIMは、12時〜13時頃の昼休みの時間帯や、18時以降の夜の時間帯に繋がりにくい傾向にあります。

これは、会社や学校の昼休みや終業後の時間帯にあたり、利用者が増えて回線が混雑するためです。

混雑によって格安SIMの通信速度が低下したり、繋がりにくいという現象が起こりやすくなります。

詳しくは「格安SIMは使い物にならない?速度が遅くなる原因」の項目で解説していますので、こちらも参考にしてください。

格安SIMのデメリットは?

格安SIMには料金が安いという魅力がある一方、以下のようなデメリットもあります。

メリット・デメリット双方を理解したうえで、自身の利用状況に合うサービスを選ぶことが大切です。

格安SIMのデメリット

  • キャリアに比べて通信速度が遅い
  • 家族割や光回線とのセット割がないサービスが多い
  • 手続きやサポートがオンラインのみのサービスが多い
  • キャリアメールのないサービスが多い
  • LINEのID検索ができないサービスが多い

基本的に、格安SIMの速度はキャリアには及びません。ただし、キャリアの格安プランであれば、キャリアに近い速度で利用できます。

キャリアメールを提供しているサービスもかなり限定されています。

キャリアで使っていたキャリアメールをそのまま使うことはできますが、持ち運びサービス利用料の支払いが必要です。

LINEのID検索に対応していない場合が多い点にも注意しましょう。

データ容量無制限で使える格安SIMはある?

データ容量無制限のプランを提供する格安SIMは限られています。高速通信を無制限に使えるサービスは楽天モバイルのみです。

mineoの「マイそく」プランも容量無制限で利用できますが、最大3Mbpsという速度制限があります。

その他、povoには24時間使い放題のトッピングがあります。ただし、24時間で330円(税込)のため、月単位で使う場合は高額になるのがデメリットです。

手頃な料金で高速通信を無制限で利用したい場合は、楽天モバイルがおすすめです。

【楽天モバイル公式】詳細はこちら

▲速度が速いおすすめの格安プランはこちら▲

速度重視で格安SIMを選ぶならahamoがおすすめ

  • 格安SIMは利用者の多い時間帯に速度が遅くなることがある
  • 通信速度重視ならキャリアの「格安プラン」がおすすめ
  • データ容量超過後の通信速度は携帯会社によって異なる

今回は、格安SIMの速度について紹介しました。同じキャリアの回線を利用していても、格安SIMの速度は契約先によって大きく異なります。

格安SIMで特に速度が速いのは「UQモバイルで、1日を通して安定した速度が出ていました。同じくキャリアのサブブランドのLINEMO」や「ワイモバイルもおすすめです。

各社で異なる料金プランが提供されているので、速度だけではなく自分が求める条件とのバランスを考えて選びましょう。

▲速度が速いおすすめの格安プランはこちら▲

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード