コンビニ支払い可能なポケットWiFi7選!クレカなしでレンタルできるWiFiも紹介

コンビニ支払いが選択できるポケットWiFiの4つのプロバイダと、レンタルポケットWiFiの2つのプロバイダを紹介します。コンビニ支払いの手順や方法、コンビニ支払いのメリット・デメリットなどをまとめて確認しましょう。
【公式】カシモWiMAX コンビニ支払い可能なポケットWiFi7選!クレカなしでレンタルできるWiFiも紹介

コンビニ支払いできる便利なポケットWiFiについて調べました。

クレジットカードがないと契約できないプロバイダが多い中で、コンビニ支払いできるポケットWiFiは貴重な存在。クレジットカードを持っていなくても契約できるので、現金主義の人やクレジットカードがない人は必見です。

月契約のポケットWiFi以外にも、レンタル形式のポケットWiFiもコンビニ支払いできるプロバイダがあります。詳しくチェックしていきましょう。

コンビニ支払い可能なポケットWiFi

コンビニ支払いできるポケットWiFiのプロバイダは多くありません。

ここからは、コンビニ支払いに対応している数少ないプロバイダの中からおすすめを4つ紹介します。

BIGLOBE WiMAX

BIGLOBE WiMAX

BIGLOBE WiMAXはクレジットカード以外に、口座振替と銀行振込に対応しています。銀行振込はコンビニ支払いが選べるので、コンビニでの支払いも可能です。

銀行振込の請求書が届いたら翌月末日までにコンビニから指定口座へ振り込みましょう。振込手数料は自己負担で220円(税込)です。

支払い方法を口座振替や銀行振込にする手続きは、すべて郵送で行えます。まずWebからポケットWiFiの契約を申し込みましょう。

気になる月額料金ですが、初月が1,166円(税込)、24ヶ月目まで月額4,015円(税込)でデータ容量は無制限です。端末も同時申し込みする場合は、翌月に10,000円のキャッシュバックがあるので、お得に利用を始められるでしょう。

また、最低利用期間は1年と短く、2年縛りのないプランが特徴的です。自動更新がないので、13ヶ月目以降は解約金を気にせず自由に乗り換えられます。

※本記事で紹介したキャンペーン(またはキャッシュバック)の内容は予告なく変更される可能性があります。申し込む際は、必ず公式ページで最新の情報を確認してください。

【BIGLOBE WiMAX公式】詳細はこちら

(税込) BIGLOBE WiMAX
データ容量 実質無制限
月額料金 初月 0円
1ヶ月目 1,166円
2ヶ月目~24ヶ月目 4,015円
25ヵ月目~ 4,928円
端末情報 機種代金 913円×24回
(21,912円)
下り最大速度 2.7Gbps

GMO とくとくBB WiMAX

GMO WiMAX

GMOとくとくBB WiMAXでは、コンビニでチャージできるBBウォレットを支払いに利用できます。BBウォレットは請求金額が自動で引き落とされるので、まとめ払いなどに便利です。

BBウォレットの残高から優先的に引き落とされます。不足分があった場合は、クレジットカード・口座振替・請求書払いのどれかで請求されます。

余裕のある残高になるようコンビニでチャージしておくといいでしょう。

注意点はGMOとくとくBB WiMAXの申し込み時にはクレジットカードしか選択できません。GMOとくとくBB WiMAXに申し込みを済ませた後に会員ページの「BBnavi」でBBウォレットが利用できます。

クレジットカードを持っていない人は、GMOとくとくBB WiMAXの契約時にクレジットカードの同時申し込みも可能です。手間をかけずにクレジットカードを作れるでしょう。

BBウォレットが使えるコンビニ

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • セイコーマート

BBウォレットを使ってコンビニ支払いする方法

  1. BBnaviにログインする
  2. 「コンビニでチャージする」を選択
  3. LoppiやFamiポートなどで払込票をプリントアウトする
  4. レジで料金を支払う

GMOとくとくBBの魅力は、端末代やプラスエリアモード、入会費などが0円で利用できる点です。事務手数料3,300円(税込)はかかりますが、通常20,000円以上はかかる端末代の負担が不要になるのでかなりお得でしょう。

月額料金が2ヶ月目まで1,474円(税込)でそこから35ヶ月目まで3,784円になるキャンペーンが行われています。3年目までリーズナブルな値段で利用可能です。初期費用を抑えて使い始めたい方におすすめです。

【GMOとくとくBB WiMAX】詳細はこちら

(税込) GMOとくとくBB
WiMAX
1〜2ヶ月目 1,474円
(初月は日割り計算)
3〜35ヶ月目 3,784円
36ヶ月目〜 4,444円
機種代金 21,780円

UQ WiMAX

UQ WiMAX

UQ WiMAX継続的なコンビニ支払いではなく、一時的な支払いに対応しています。

口座振替の支払いを選択した後に、口座振替の手続きが完了するまでの間は「払込請求書」が届きます。 その請求書を使ってコンビニで支払いましょう。

支払手数料は2回目まで無料です。3回目からは165円(税込)がかかります。

UQ WiMAXでコンビニ支払いをする手順

  1. 支払い方法で口座振替を選択する
  2. 「口座振替Web申し込みへ」を選択する
  3. 画面に従い項目を入力
  4. 請求書が届いたらコンビニへ持っていく

UQ WiMAXの「ギガ放題プラス」プランは、「WiMAX +5G はじめる割」が適用され、4,268円(税込)で利用できます。

旧プランの「ギガ放題」と比べて通信制限が緩和され、制限時でも1Mbpsの速度で利用できるので、より快適に使えるでしょう。

UQモバイルの「くりこしプラン+5G 」S・M・Lのいずれかのプランとセットにすることで、2年間は「自宅セット割」の恩恵が受けられます。

繰り越しプラン+5GのS・Mプランは月額638円(税込)引き、 Lプランは月額858円(税込)引きになるお得なセットです。UQモバイルユーザーやこれから格安SIMに乗り換えを検討している人は、ぜひUQ WiMAXをチェックしましょう。

【UQ WiMAX公式】詳細はこちら

(税込) UQ WiMAX
データ容量 実質無制限
月額料金 1ヶ月目~24ヶ月目 4,268円
25ヶ月目~ 4,950円
端末情報 機種代金 5,940円~11,088円
下り最大速度 2.2Gbps

ZEUS WiFi

ZEUS WiFi

ZEUS WiFiはクレジットカード払いの他に、コンビニでの支払いも可能となっています。

GMOペイメントゲートウェイ社の「こんど払い」を利用していて、翌月の末までに支払うことができます。コンビニ払いの場合、1回ごとに手数料として480円(税込)がかかります。

翌月の1日にSMSとメールで支払いの情報を確認できるURLが送られてくるので、そちらから支払いをしましょう。

ZEUS WIFiは、大手3つのキャリアの回線に繋がるクラウドSIMを採用しており、繋がりやすい回線へ繋がるのが特徴です。コンビニ支払いにした場合、足りない分のデータをチャージするプランは対象外となるので、利用状況を考慮して申し込みをするようにしましょう。

20GB、40GB、100GBの3つのプランが展開されていて、たくさん使う人は100GBがおすすめです。

また、海外で使えるプランも今現在準備中なため、海外で使いたい人、使う予定のある人は他のポケットWiFiを検討するのがよいかもしれません。

【ゼウスWiFi公式】詳細はこちら

ZEUS WiFi スタンダード
プラン(税込)
フリー
プラン(税込)
20GB 2,178円
980円
2,618円
40GB 2,948円
1,480円
3,278円
100GB 4,268円
1,980円
4,708円

FUJI WiFi

出典:FUJI WiFi

FUJI WiFiでは、GMOペイメントゲートウェイ社の『こんど払い』サービスが利用できます。

支払い期限は請求日の翌月末です。FUJI WiFiからの請求翌月1日ごろ、SMSとメールで「お支払い情報確認ページ」のURLが送られてくるので、指示に従ってコンビニ払いをしてください。

コンビニ払いの場合は、1回につき手数料550円(税込)がかかります。

FUJI WiFiの特徴は、10ギガから200ギガまで選べる多彩なプランと、解約金がない自由な利用期間です。解約金も最低利用期間もないので、1ヶ月や2ヶ月の短期間でも利用できます。

必要なギガ数だけ契約し、レンタル感覚で利用できる希少価値の高いポケットWiFiなので、試しに利用してみるのはいかがでしょうか。

継続利用の予定で契約する人には契約期間6ヶ月のプランもあります。契約期間6ヶ月のプランは、更新月以外の解約に4,800円(税込)の解約事務手数料がかかります。

【FUJI WiFi公式】詳細はこちら

ちょうどいい ルータープラン 契約期間なし(税込) 契約期間6ヶ月(税込)
1日10GB (月最大310GB) 5,995円 4,880円
30GB 3,410円 2,280円
50GB 3,740円 2,570円
100GB 4,895円 3,380円
200GB 5,995円 4,980円

\Amazonギフト券が必ずもらえる!/
【公式】カシモWiMAX

コンビニ支払い可能なレンタルポケットWiFi

レンタルのポケットWiFiでもコンビニ払いができます。2つのプランを見てみましょう。

イモトのWiFi

イモトのWiFiはクレジットカードがなくても、コンビニや銀行、郵便局で支払い手続きが簡単に済ませられます。コンビニ支払い手数料は220円(税込)です。

※2022年9月1日(木)12:00以降の申込みより250円(税込)となります。

イモトのWiFiは海外旅行時に人気のポケットWiFiで、国内レンタルにも対応しています。海外では1日680円~1,580円(不課税)、国内は7,238円(税込)で4週間(28日間)借りられるプランがあります。

国内レンタルは割高ですが、短い日数でも借りられる海外レンタルは旅行や出張などでWiFiが必要なときに活躍するでしょう。

イモトのWiFiのコンビニ後払い手順

  1. 申し込みフォームの支払い方法画面でコンビニ後払いを選択
  2. レンタルセット返却後に請求書が届く
  3. 請求書発行14日以内にコンビニなどで支払い手続きをする

【イモトのWiFi公式】詳細はこちら

RTM WiFiレンタル便

出典:RTM WiFiレンタル便

支払い方法はクレジットカードのほかに、銀行振り込み前払い、代引き引換、楽天ポイント決済、コンビニ決済前払いがあります。

利用可能なコンビニエンスストア

  • セブン-イレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • セイコーマート

各コンビニでお支払いいただく場合、決済手数料は無料です。

後払い決済で各コンビニまたは銀行で支払う場合は、決済手数料は250円(税込)がかかります。

コンビニ決済前払いの流れ
  • セブン-イレブン
    →払込票のURLがメールで届いたら、URLにアクセスしプリントアウトしてレジで支払う
  • ローソン・ファミリーマート・セイコーマート
    →「支払受付番号」と払込票のURLがメールで届いたら、LoppiやFamiポートなどで払込票をプリントアウトし、レジで支払う

「RTM WiFiレンタル便」は、機種や日数によって料金の異なる様々なプランが用意されています。最安では1日300円・17日以上のレンタルで1日当たり100円となるプランがあります。

1ヶ月・3ヶ月などの長期間レンタルではとてもお得になるので、長いスパンでポケットWiFiを必要とするときにおすすめです。公式サイトではキャリアと日数、オプションなどを選択してシミュレーションできるので、気になる人は料金の見積もりをシミュレーションしてみましょう。

【RTM WiFiレンタル便公式】詳細はこちら

ポケットWiFiをコンビニ支払いにするメリット・デメリット

ポケットWiFiを利用する際にコンビニ支払いにするメリットは何でしょうか。コンビニ支払いのメリットとデメリットを両方チェックしましょう。

メリット4つ

  • コンビニがあればどこでも支払える
  • クレジットカードを持っていなくても使える
  • 契約者以外でも支払える
  • ポイントがたまる場合もある

それでは詳しく見ていきましょう。

契約者じゃなくても支払いができる

ポケットWiFIをコンビニで支払うメリットは、契約者じゃなくても支払いができることです。クレジットカードや口座からの引き落としの場合は、契約者と支払いをする人が同じでないと契約ができません。

しかし、コンビニで支払う場合には、契約者でなくても請求書を持っていくことで支払いが可能となります。コンビニならどこでも支払えるので、この便利さが最大のメリットといえるでしょう。

契約者以外でも払込票を使って支払えるので、事情があって外出できない場合や忙しい人にもおすすめです。ご家族の人が支払いをする場合には、コンビニでの支払いにすると便利です。

クレカがなくても契約できる

コンビニでの支払いで契約をすることで、クレジットカードがなくても契約ができます。クレジットカードを持てない人やなるべくクレジットカードを使いたくない人など、さまざまな事情でクレジットカード以外の支払いで契約をしたいときに便利です。

また、口座をいくつか持っていて忙しく口座へ入金する時間がない人でもコンビニ支払いであれば、都合がよいときに支払いができます。

決済ポイントが付くことがある

コンビニでの支払いを選択すると、決済ポイントがつくこともあります。

ポイント制度を採用しているプロバイダならポイントも貯められます。GMOとくとくBBではBBウォレットに還元できるGMOポイントが、FUJI WiFiのatone払いでは支払いの値引きに使えるNPポイントが貯まります。

クレジットカードを持たない人でもポイントがつくのでお得に利用できるでしょう。

デメリット3つ

  • 選べるプランが少ない
  • 支払い手数料がかかる
  • キャッシュバックキャンペーンなどの対象外になる可能性がある

さらに、各社で用意するお得なキャンペーンの特典を得られない可能性もあります。クレジットカード払いではないとキャンペーンの対象から外れることがあるからです。

キャンペーンを利用する際は注意事項をよく読んで、コンビニ支払いで損をしないよう気を付けましょう。

選べるプランが少ない

そもそもコンビニ支払いに対応しているプロバイダが少ないため、必然的にプロバイダや契約プランの選択肢が狭まってしまうのはデメリットでしょう。

ポケットWiFiとレンタルポケットWiFiでコンビニ支払いができるプロバイダは6社だけです。

そのため選べるプランが少なく、さらに海外のプランが契約できなかったり、データの追加ができなかったりします。

コンビニでの支払いを展開しているプロバイダを比較して、自分に合っているものを選ぶようにしましょう。

支払い手数料がかかる 

コンビニでの支払いをするデメリットとして、支払い手数料がかかることが挙げられます。

クレジットカードの支払いなら手数料はかかりません。コンビニ支払いでは220円(税込)ほどの支払い手数料が必要です。

毎月、支払う際に手数料が必要となるため、できるだけ安く抑えたい人には不向きといえます。

キャッシュバックキャンペーンの対象外になることがある

コンビニでの支払いを選ぶと、キャッシュバックキャンペーンの対象外になることがあります。

クレジットカードでの支払いのみがキャンペーンの対象となることがあるので、キャンペーンの注意事項などをしっかり読むようにしましょう。

クレジットカードでの支払いが可能な人は、クレジットカードで申し込み、今後コンビニ支払いにするとキャッシュバックなどを受け取れることがあります。

それぞれのキャンペーン内容をしっかり確認をし、クレジットカードで支払うことなどを視野に入れて検討するのがおすすめです。

\Amazonギフト券が必ずもらえる!/
【公式】カシモWiMAX

ポケットWiFiのコンビニ支払いはどんな人におすすめ?

ポケットWiFiのコンビニ支払いにはメリット・デメリットのどちらもあるので、支払い方法は慎重に選ぶ必要があります。

コンビニ払いがおすすめな人・おすすめできない人はどんなタイプでしょうか。

おすすめな人

  • 事情があってクレジットカードを作れない
  • できるだけ現金を使いたい
  • 契約者本人以外が支払いたい

契約期間内に支払う人が変わる場合や支払いを現金でシンプルに管理したい場合は、コンビニ支払い対応のプロバイダを選びましょう。

コンビニ支払いだけではなく、口座振替に対応のプロバイダもクレジットカードを持っていなくても、契約できます。

クレジットカードを持っていない・使わなくても自宅でインターネット環境を整えることは可能です。

コンビニ支払いなら契約者本人以外でも簡単に支払えるので、家族やパートナーとシェアしたい時にも便利でしょう。

おすすめできない人

  • キャンペーンや特典を使いたい
  • 支払い手数料をかけたくない
  • クレジットカードのポイントを貯めたい

ポケットWiFiのほとんどのプロバイダでは、クレジットカードの利用が推奨されています。

利用料金の請求や未払いのトラブルをクレジットカード会社が対応するため、プロバイダにとってクレジットカード利用はリスクの少ない契約となるためだと考えられます。

そのため、クレジットカードの契約者に有利な特典などが用意されることも多いです。クレジットカードが使えないなどの特別な状況にないなら、クレジットカード払いがおすすめです。

クレジットカードなら手数料もかからず、クレジットカードのポイントも自動的に貯まるのでお得に利用できるでしょう。

ポケットWiFiをコンビニ支払いにする注意点

クレジットカード払いのみのプロバイダが多い中で、コンビニ支払いができるポケットWiFiは希少価値が高いです。

クレジットカードを持っていない場合、コンビニ支払い以外にも選択肢があるのを覚えておきましょう。

口座振替ができるプロバイダも増えているので、クレジットカードがない場合は口座振替ができるプロバイダを選ぶのもおすすめです。ただし、口座振替もコンビニ支払いと同じく支払い手数料がかかります。

また、キャッシュバックキャンペーンなどはクレジットカード利用者限定になっていることが多いです。

キャンペーンを利用しようと思っている方は、利用したい支払い方法が特典の対象になるか確認しておきましょう。

ポケットWiFiのコンビニ支払いに関するQ&A

ポケットWiFiをコンビニ支払いで利用する際のよくある質問もチェックしましょう。

後払いはできる?

プロバイダによっては後払いが可能です。レンタルポケットWiFiの「イモトのWiFi」や「FUJI WiFi」では、後払い式が採用されています。

支払い期日は請求書が発行されてから短期間の場合が多いので、期日を過ぎないよう気を付けて支払いを済ませましょう。

\Amazonギフト券が必ずもらえる!/
【公式】カシモWiMAX

コンビニ払い以外の支払い方法は?

コンビニ支払いを選んだ場合、コンビニ以外でも郵便局や銀行で支払いが可能です。

ただし、ローソンやファミリーマートの「Loppi/Famiポート」で支払票を印刷するよう指定されている場合や、BBウォレットのチャージなど特定のサービスを利用する場合は、指定のコンビニを利用してください。

口座振替可能なポケットWiFi

口座振替が可能なポケットWiFiのプロバイダもコンビニでの支払いと同様、多くありません。口座振替に対応しているプロバイダを4つ紹介します。

BIGLOBE WiMAX

  BIGLOBE WiMAX

BIGLOBE WIMAXは、クレジットカードだけではなく口座振替に対応しています。また、キャンペーンも口座振替が対象となるので、お得に申し込みが可能です。

毎月の料金の他に、口座振替の手数料として220円(税込)が必要となります。

BIGLOBE WiFiの口座振替の申し込み方法は以下の通りです。

口座振替の申し込み方法

  • 契約後、1週間ほどで「支払人法登録申込書」が届く
  • 必要事項を記入し、返送をする
  • 書類の内容を確認し、金融機関で審査
  • 支払い人法が確定後、2日〜1週間でSIMと端末が届く

口座振替の書類が届くまでに1週間ほど、金融機関での審査に1週間ほどかかる場合があり、端末が届くまで最長で1週間ほどかかります。

契約から手元に端末が届くまで3週間ほどかかることがあるため、余裕を持って申し込みをしましょう。

【BIGLOBE WiMAX公式】詳細はこちら

(税込) BIGLOBE WiMAX
データ容量 実質無制限
月額料金 初月 0円
1ヶ月目 1,166円
2ヶ月目~24ヶ月目 4,015円
25ヵ月目~ 4,928円
端末情報 機種代金 913円×24回
(21,912円)
下り最大速度 2.7Gbps

UQ WiMAX

UQ WiMAX

UQ WiMAXも口座振替に対応しています。

インターネット上で口座振替の申し込みが可能となりますが、口座振替の申し込みが完了していないときには、書類が送られてくるので返送をしましょう。

インターネット上で講座の登録が終わると翌月から引き落としになりますが、郵送での手続きの場合は口座振替が完了するまで1〜2ヶ月コンビニで支払いをする形となります。

口座振替が完了するまで2ヶ月間はコンビニでの支払い手数料は無料です。

口座振替の場合、手数料が220円(税込)毎月かかります。

UQ WiMAXのキャッシュバックキャンペーンは、口座振替は対象外となるので注意が必要です。

【UQ WiMAX公式】詳細はこちら

(税込) UQ WiMAX
データ容量 実質無制限
月額料金 1ヶ月目~24ヶ月目 4,268円
25ヶ月目~ 4,950円
端末情報 機種代金 5,940円~11,088円
下り最大速度 2.2Gbps

Mugen WiFi

  Mugen WiFi 出典:Mugen WiFi

Mugen WiFiも口座振替での支払いが可能です。クレジットカードの場合と同じプランの契約ができます。

また、キャッシュバックキャンペーンが口座振替も対象となるので、お得にWiFiを使い始めることが可能です。

【Mugen wifi公式】詳細はこちら

(税込) Mugen WiFi
データ容量 100GB
月額料金 3,718円

Broad WiMAX

   出典:Broad WiMAX

Board WiMAXは、クレジットカードと口座振替に対応しています。

初期費用無料キャンペーンやざまざまなキャンペーンをやっていますが、クレジットカードで申し込みされた人が対象となり、口座振替の人は対象外です。

また、毎月の口座振替手数料220円(税込)と端末が代引きで届くため、別途代引き手数料が必要となります。口座振替でもキャンペーンが対象となるプロバイダを希望の場合は、他のプロバイダがおすすめです。

【Broad WiMAX公式】詳細はこちら

(税込) ギガ放題
バリュープラン
ギガ放題
フリープラン
初月のみ 1,397円 1,397円
2ヵ月目〜 3,883円 4,070円
\工事不要ですぐ使える!/
【公式】カシモWiMAX

ポケットWiFiのコンビニ支払いまとめ

ポケットWiFiを利用するとき、クレジットカードがなくてもコンビニで支払いができるのは便利です。

クレジットカードがどうしても作れない人にとっては救済策になります。上手にプロバイダを選べばポイントもつけられて、お得にポケットWiFiを契約できます。

クレジットカードがなくてもあきらめずに、コンビニ支払いで契約できるプロバイダを選びましょう。

公開日時 : 2022年09月16日

onoono ― ライター
onoono ― ライター