【完全版】iPhone水没時の応急処置・NG対処方法|水没時の修理代・修理方法

iPhoneが水没した時、正しい応急処置をすると水没からの復活率が大きく変わります。間違った対応をしてiPhoneが故障する・データが消える等、悲惨な事にならないように、応急処置と修理方法、絶対にやってはいけないことなど、iPhone水没に関するポイントをまとめました。
新作iPhone先行予約方法 【完全版】iPhone水没時の応急処置・NG対処方法|水没時の修理代・修理方法

iPhoneが水没した時、正しい応急処置をするかしないかで、水没からの復活率が大きく変わります。

間違った対応をしてiPhoneが故障する、データが消えるなど悲惨な結果にならないように、iPhone水没に関するポイントをまとめました。

iPhone水没時の応急処置方法

iPhoneが水没した時は、あわてず下記手順通りの応急処置が必要です。

注意点を理解しながら処置することで、大切なiPhoneの水没による被害を防ぐことができます。

1.電源をoffにする

まず初めにやることは、iPhoneの電源をoffにすることです。一番重要ですので、真っ先に行って下さい。

iPhoneの電源が入っていると水でショートを起こしてしまいます。

ショートするとデータが消える、2度と電源が付かなくなるなど最悪なケースに発展してしまいます。

2.カバー、アクセサリーを外す

iPhoneのカバーやアクセサリーが付いていると、材質によってはカバーに水がしみ込んだり、iPhone内部への水の浸入を助長してしまう可能性があります。

また、水をふき取る際にも、カバーやアクセサリーの部分に拭き残しを発生させる要因にもなりますので、カバーやアクセサリーは外しておいた方が良いでしょう。

3.水分をよく拭き取る

イヤホンジャックの中や、ホームボタンの部分など内部への侵入がしやすそうな部分は、念入りにふき取ります。

イヤホンジャックやDockコネクタなどは、ティッシュでこよりを作って、内部までしっかりと水分を取るようにします。

面倒でも細部まで丁寧にふき取ることがiPhone復活のポイントになります。

4.SIMカードを抜き取る

SIMカードが濡れてしまうとデータ通信や電話などの利用に支障が出てしまいます。SIMカードも抜き取り、水分を拭き取る必要があります。

この際、SIMカードをごしごし拭くと故障の原因になりかねないので、やさしくポンポンというイメージで水分を取っていきます。

SIMカードはiPhone側面にあるSIMトレイの穴にSIMピンを差して、押し出すと取り出すことができます。

5.乾燥させる

よく水分を拭き取ったと思っても、内部に水分が残っているまま電源を入れると故障の原因になります。

そのため、ジップロックなどの密封袋や容器に、iPhoneと乾燥剤を入れてしっかりと乾燥させましょう。

どれだけどっぷり水に浸かったかにもよりますが、最低でも1日以上は乾燥をさせてから、電源を入れるようにした方が安心です。

6.応急処置後は修理に出す

十分に乾燥させても正常に動作しない場合は、修理に出す必要があります。

正常に動いていても一度水没したiPhoneは次にいつ不具合を起こすかわかりませんので、一度修理に出して内部に問題がないかを確認してもらった方がよいでしょう。

お店によっては、サビや腐食物を取り除く水没クリーニングをしてくれるもあるので安心です。

iPhone水没時のNG対処法

iPhoneが水没してしまった場合でも、いくつかその場でできることがあります。以下で紹介する処置をするかしないかで大幅に復旧率が変わってきます。

水分を飛ばすためiPhoneを振る

水がかかった時にすぐやってしまいがちですが、この行動はNGです。

水分が内部で拡散し、水で濡れてはいけない場所にも届いてしまう可能性があります。振ったり傾けたりせず、丁寧に拭き取ることに専念しましょう。

ドライヤーで乾かす

手っ取り早く乾かすためについついやりがちですが、ドライヤーで乾かすこともNGです。熱風にさらすことで、基盤が熱でやられてしまうことがあります。

また、真水ではなく、ジュースやみそ汁、海水などで水没した場合は、水分以外の成分が焦げて残ってしまう可能性があります。

充電器・PCなどで充電をする

最初に電源をoffにした理由と同じで、通電を行うとショートを起こす原因となります。完全に乾燥するまでじっと我慢して、絶対に充電はしないようにしましょう。

ついあわててやってしまいそうなことばかりですが、スマホの故障の原因になるので、気を付けましょう。

iPhone水没時のおすすめ修理店4選

正規店でない修理店では早く安い価格で直せます。おすすめ修理店をご紹介します。

iCracked

  • 総務省の登録修理業者で安心
  • 修理パーツで初期不良が生じた場合90日間保証
  • 即日修理可能

iCracked(アイクラックト)は、総務省の登録修理業者で、経験豊富な技術者が高品質のパーツを使用して修理する安心のサポート店です。万が一、iCrackedの修理パーツで初期不良が生じた場合も90日間の保証期間を設けています。

また、iCracked Storeでは対面カウンターで修理を行っており、お客様はその全行程を目の前で見ることができるので、プライバシーの詰まった端末を預けることに抵抗がある方におすすめです。

もし落として画面を割ってしまっても即日修理が可能なiCracked Storeへ予約をしてから来店すれば、通常待ち時間もゼロで案内される点も魅力です。

iCrackedで修理する

ダイワンテレコム

ダイワンテレコム
  • スマホトラブルに幅広く対応
  • 即日修理可能

ダイワンテレコムの『iPhone修理サービス』は水没、液晶ガラス割れ、各種ボタン交換、 バッテリー交換に幅広く対応しており、来店で即日修理、郵送でも荷物が到着した翌日には、修理を済ませたiPhoneを発送しています。

ダイワンテレコムで修理する

iPhone修理あいさぽ

あいさぽ
  • iPhoneの修理専門店
  • 修理代3,980円~、最短60分

水没、ガラス割れ、液晶表示不良、各種ボタンの不具合などiPhoneの修理専門店です。

修理代は3,980円~、即日修理完了、最短60分、データもそのままで完了後すぐ使えます。

安心の修理実績25万台超!各種メディアでも話題の修理サービスです。

あいさぽで修理する

グッドモバイル

グッドモバイル
  • 乾燥に時間のかかる水没修理最短3時間
  • 郵送修理では送った翌々日には手元に返却

お客様を待たせないということをモットーとしており、乾燥に時間のかかる水没修理は最短3時間で完了します。

また、店舗がお近くにない人も大丈夫です。郵送修理では送った翌々日には手元に返ってきます。WEBから修理予約の方にマックカード500円分をプレゼントという嬉しい特典もあるようです。

グッドモバイルで修理する

買い替えた方が結果的に安いことも

ご紹介した対処法を試してもiPhoneが直らない場合は、新しいiPhoneに買い換えるのも1つの手です。

修理だと当日中に直らない場合もありますが、買い替えならほぼ確実に新しいiPhoneが手に入ります。1日連絡がとれないのはかなり不便なので、iPhoneが手放せない方には修理よりも買い替えの方がおすすめです。

加えて、古いiPhoneだと修理後また壊れてしまう可能性があるので、寿命だと割り切って買い替えた方が長持ちするかもしれません。

iPhoneを買い換えるなら、2019年新型iPhoneへ機種変更してみてはいかがでしょうか?

新作iPhoneはトリプルカメラ搭載と噂されており、これまでのiPhoneからデザイン面でも大幅な進化が期待されています。

2019年発売予定の新作iPhoneについては、ぜひこちらの記事を御覧ください。

画像:https://youtu.be/NSO3u0lSOEY

0円でiPhoneの水没修理をする方法とは?

iPhoneが水没してしまった場合、誰しも安く修理したいと考えるのではないでしょうか?

この項では、iPhoneの修理費用をなるべく抑えたい方におすすめのスマホ保険を2つ紹介します。

モバイル保険

モバイル保険に加入すると、iPhone水没時になんと0円で修理することができます。モバイル保険は1年間に最大10万円まで補償してくれるので、水没時の修理費用が実質無料になるのです。

AppleCare+やキャリアの補償よりも月額料金が安い上、補償金額も高いので、スマホの補償ならモバイル保険が断然お得です。

iPhoneの修理で損をしたくない方は、この機会にモバイル保険に加入しておきましょう。

こちらの記事では、モバイル保険でどのくらい修理が安くなるか解説しています。

モバイル保険を申し込む

スマホ保険

スマホ保険では、iPhoneの機種によって月々356円~1,070円で加入することが可能です。

月々たったの数百円で入れる上に、自分のタイミングで解約することが可能なので、かなり便利に利用できます。

安い保険料が特徴のスマホ保険ですが、スマホを壊さず安全に使い続ければ、保険料が平均30%ほど安くなります。

「保険に入っているのにスマホが壊れない=損している」という常識を覆す、スマホ保険ならではのサービスといえるでしょう。

さらに、一般的なスマホ保険は、自社で購入した新品スマホにしか保険をかけられませんが、スマホ保険は中古スマホや格安SIMのスマホも加入できます。

メルカリやヤフーオークション等で購入したスマホも加入することができ、「購入から〇ヶ月以内の端末」といった制限もないのでほとんどのiPhoneが加入できます。

もちろん盗難・紛失だけでなく、画面割れ・故障・水濡れも補償されるので、iPhoneの万が一に備えたい方にかなりおすすめです。

こちらの記事では、スマホ保険でどのくらい修理が安くなるか解説しています。

今すぐ「スマホ保険」に加入する

iPhone水没予防策

どれだけ気を付けていても、水回りでiPhoneを落としてしまうこともあります。

そこで、万が一に備えた防水アイテムで予防をしておくというのも効果的です。予防方法の一例をまとめました。

1.防水アクセサリーを付ける

一番手軽な方法はiPhone用の防水アクセサリーを付けることです。

アクセサリーによってどこまでの防水機能が付いているかはまちまちですが、防雪・防塵にもなり一石二鳥です。

2.iPhoneを防水化する

防水アクセサリーをつけるのは嫌だという人には、こんな商品もあります。

「NANO Hi-Tech」は細かな粒子(ナノコーティング)で覆うことにより、iPhoneを防水化ができる商品です。

自分でやるのは怖いという人は、iPhoneの防水化を行ってくれるお店でプロにお願いするのもいいかもしれません。

3.iPhone7以降の端末にする

iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plusは、防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えています。

Appleの仕様では「IEC規格60529にもとづくIP67等級に適合しています」と記載があり、IPX7の防水とは「水深1メートルの水に30分間水没しても、水が浸入しない」性能を持つことを意味します。

それ以上の水没であった場合、カバーしきれない可能性もあるので注意が必要です。

iPhone XSおよびiPhone XS Maxは、IEC 規格 60529 に基づくIP68 等級(深さ2mまで、最長30分間)に適合し、旧端末より防水性能が上がっています。

4.iPhoneの補償に加入する

iPhoneは上記の対策をしていても故障の可能性を100%避けるのは難しいです。予め購入時などに補償の加入を検討しましょう。

格安SIMとWiMAXでiPhoneを安く使おう

どうしても機種変更や新しいiPhoneにしなければならない場合、できれば安くiPhoneを手に入れたいですよね。

安くiPhoneを手に入れたい方は、格安SIMのiPhoneに乗り換えるのがおすすめです。

3キャリアとも、契約更新月か翌月でなければ違約金9,500円が発生してしまいますが、長い目で見ると、違約金を払っても格安SIMに乗り換えた方がお得になります。

しかも、格安SIMの1つであるリペアSIMでは、iPhoneの修理費用を最大全額キャッシュバックしています。

月々の携帯代が安くなる上、万が一iPhoneが故障したときの修理費用を浮かせることができるのです。

格安SIMの乗り換えや新規契約を検討している方、iPhoneをよく壊してしまう方は、こちらも併せて読んでみましょう。

さらに安くiPhoneを使いたいという方は、WiMAXの契約も合わせて行うと良いでしょう。

WiMAXとはWi-Fiのような通信手段の1つで、ギガ放題プランがあるので通信制限なく使うことができます。

端末は持ち歩きができるので、自宅だけでなく外出先でも使うことができます。

WiMAXは通信料がWi-Fiやキャリア回線に比べてかなり安く、格安SIMで最も安いプランを契約し、WiMAXでギガ放題プランを契約すれば、月額通信料が安くなるのはもちろん、通信制限なしで使えます。

そんなWiMAXの中でもおすすめは「カシモWiMAX」です。WiMAXサービスはどのサービスで契約しても回線の速度の品質は変わりません。

そんな中、「カシモWiMAX」は契約初月無料、翌月からも1,380円から使える業界最安級のWiMAXサービスです。

格安SIMとWiMAXで浮いたお金をキャリア解約の違約金に充てれば、今後iPhoneをお得に使えると思いませんか?

【業界最安級】カシモWiMAXを契約する

カシモWiMAX」についてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

番外編:データのバックアップは取っておく

予防ではありませんが、いくら対策をしていても、iPhoneは精密機器ですので、いつ故障をするかわかりません。

大事なデータが消えてしまう、復旧できないという状況にならないように、常に最新のデータはバックアップしておくことをおすすめします。

iPhoneのバックアップ方法に関しては別ページにて紹介しているので、ぜひご確認ください。

水没しやすい場所・シチュエーション例

ここでは、よくある水没シチュエーションをまとめました。

水没を未然に防ぐためにもよくある事例を知って注意をすることが必要です。

トイレに落とす

水没で最もよくある事例です。かばんやポケットなどからiPhoneが飛び出しそのままぽちゃん。

注意がiPhone以外に行きがちな点と、かがんだり、かばんを置いたりとiPhoneが飛び出る状況が起こりやすいため発生率が高くなります。最も注意をするべき場所といえます。

飲み物をこぼす

水以外のジュースやみそ汁などをこぼすと、成分が内部に残ってしまうこともあるので、その後の故障にもつながりやすいシチュエーションです。

お風呂で落とす

耐水性のアクセサリーをつけながらの利用者はいるかもしれませんが、お風呂で動画や電子書籍などを楽しむときに手がすべって水没。

信頼していたアクセサリーに水が入り込んで水没など悲しい事例もあるようです。

ポケットに入れて洗濯

iPhoneをポケットに入れて帰宅し、そのまま服を脱いで洗濯機に。

ついついやってしまいそうですが、しっかり水に浸かるので復旧が困難になることもあります。

汗で水没

意外な内容かもしれませんが、自分の汗で水没なんて事例もあります。

ポケットに入れたまま運動して湿気で水没し、気が付いたら電源が入らないなんてことや、通話中に頭から流れた汗がiPhoneのレシーバー(相手の声を聞き取る部分)に入り故障なんていう事例もあります。

レジャーで水没

川遊びや海水浴などで、カメラを取ろうとして落とすなどがよくある事例です。

水がかかるアトラクションに乗って、かばんの中に入れていたiPhoneが水浸しなんて事例もあるので注意が必要です。

iPhoneが水没してしまったら?

自分のiPhoneが水没したら、正しい応急処置をとることが復旧率を高めるコツになります。

大切なデータや高価な端末を守るためにも、万が一に備えて、水没の危険が潜むシチュエーションでは予防をすることや、水没に関わる応急処置方法の知識と備えはあった方がよいでしょう。

この記事を参考に、iPhone水没時には正しく応急処置をしてくださいね。

【業界最安級】カシモWiMAXを契約する

新作iPhone先行予約方法

公開日時 : 2019年07月30日

中村 健太 ― ライター
中村 健太 ― ライター

iPhone歴6年。2台持ちでAndroidも利用しており、双方の良し悪しを熟知。中古スマホ×格安SIMで月5,000円の通信費削減になったことが最近の自慢。

関連キーワード