• 格安SIM
  • 更新日:2024年01月30日

【2024年】IIJmioの評判は悪い?繋がらない?料金・速度・通信品質の口コミを紹介

【2024年】IIJmioの評判は悪い?繋がらない?料金・速度・通信品質の口コミを紹介

※当記事はPRを含みます。詳しくはこちら
※カシモWiMAXは株式会社マーケットエンタープライズの関連会社、株式会社MEモバイルが運営しています。

IIJmioは料金が安く、サービスが充実している格安SIMです。端末のラインナップも豊富で、料金プランの内容もわかりやすいと人気を集めています。

この記事では、IIJmioの契約を考えている方のために、IIJmioの料金・速度・通信品質・電波状況などに関する評判・口コミをまとめました。

格安SIMは料金が安い分、どうしても大手キャリアよりも劣る点があります。デメリットが気になるかどうかは、人それぞれです。

本記事で良い・悪い評判どちらもしっかりチェックして、自分に合ったキャリアかどうか見極めましょう。

評判・口コミからわかるIIJmioがおすすめな人

スマホを手に持つ様子

ここではIIJmioの評判・口コミから、IIJmioがどのような人におすすめなのか、またおすすめできないはどのような人なのかをまとめました。

IIJmioがおすすめな人・おすすめできない人は、以下の通りです。

おすすめな人 おすすめ
できない人
IIJmio ・月額料金を安くおさえたい
・安く機種変更したい
・家族でデータをシェアしたい
・中容量(5~15GB)のプランを選びたい
・実店舗でサポートを受けたい
・ソフトバンク回線を使用したい
・オンライン手続きに慣れていない

それぞれの理由は、以下で詳しく紹介します。

IIJmioがおすすめな人

IIJmioがおすすめな人は、以下の通りです。

なぜおすすめなのか、詳しく見ていきましょう。

月額料金を安くおさえたい・安く機種変更したい人

IIJmioの魅力は、なんといっても月額料金や端末価格が安さです。オプションで「かけ放題」を申し込むと、電話の使用頻度によっては通話料も安くなります。

そのため、月々の支払いや初期費用をおさえたい方におすすめの格安SIMです。

【IIJmio】詳細はこちら

中容量(5~15GB)のプランを選びたい人

IIJmioは、選べる月間データ容量が2~20GBと幅広いのも特徴です。以下に、20GBできることをまとめました。

メール ニュースサイトの閲覧 Apple Music LINE インスタグラム YouTube TikTok 映画ダウンロード オンラインゲーム
20GBあたり 約41,800通 約69,800ページ 約595時間 通話:約660時間
ビデオ通話:約60時間
メッセージ:約1,000万回
約30時間 約89時間 約40時間 約6時間分 約200時間
※プレイ時のみ

メールやLINEなどの連絡手段、Webサイトの閲覧、音楽ストリーミングの再生なら、WiFi環境がない時でも、20GB以下プランで問題ないでしょう。

SNS閲覧や動画視聴は、長い時間利用する方も多いでしょう。動画・オンラインゲームなどのダウンロードには、データ容量を多く使用するため注意が必要です。

20GB以下プランの場合、SNS・動画・オンラインゲームは、自宅などWiFiのある環境でしましょう。

上記をふまえた上で、月20GB以下で問題ないと考えている場合や自分に合ったデータ容量で料金をおさえたい方にも、IIJmioはおすすめです。

【IIJmio】詳細はこちら

家族や複数端末でデータをシェアしたい人

IIJmioのギガプランには、データ容量が余った際に翌月繰り越し以外にシェアする「データ容量シェア」という仕組みがあります。

家族でIIJmioを契約すると、家族内でデータをシェアできるので無駄がありません。

また、スマホだけでなくタブレットやポケットWiFiなど、複数の端末をIIJmioでそろえるのもおすすめです。

2回線以上を契約する場合、端末ごとにギガプランを契約すると余ったデータをシェアできるので、ギガを有効活用できます。

家族で契約を考えている場合や、複数端末でデータ容量を効率よく利用したい方にも、IIJmioはおすすめです。

以下の記事では、IIJmioで2回線目以上を契約する方法を紹介しています。

【IIJmio】詳細はこちら

IIJmioをおすすめできない人

以下のような方は、IIJmioはあまりおすすめできません。

なぜおすすめできないか、詳しく見ていきましょう。

実店舗でサポートを受けたい・オンライン手続きに慣れていない人

IIJmioでは、チャットや電話でのサポートはありますが、実店舗はありません

ビックカメラ・コジマ・ヨドバシカメラなど、IIJmioを申し込める家電量販店はいくつかあります。

しかし申し込み後の手続きはサポートしてもらえないため、対面で相談したい方にも不向きです。

またIIJmioは、自分でオンラインで契約などの手続きをします。チャットや電話でのサポートはありますが、オンライン手続きに慣れていない方は注意しましょう。

ソフトバンク回線を使用したい人

IIJmioで使用できるのは、ドコモまたはauの回線です。そのため、ソフトバンク回線を使いたい方にはおすすめできません。

ソフトバンク回線は、LINEMOやワイモバイル、mineoなどの格安SIMで使用できます。

【IIJmio】詳細はこちら

IIJmioの悪い評判・良い評判

スマホを手に持つ様子

ここからは、実際にIIJmioを利用した方の口コミを紹介します。

格安SIMを選ぶ際は、良い評判だけでなく悪い評判もチェックした上で検討しましょう。

IIJmioの最低利用期間は2ヵ月で、即時解約はできません。最低でも契約月と翌月の月額基本料の支払いは必須です。

良い点だけで判断してしまうと、後に悪い点に気づいた際にすぐ解約できず、余計な費用がかかってしまうので注意しましょう

料金プランに関する評判・口コミ

ここでは、料金プランに関する評判・口コミを紹介します。

月額料金が安く使いやすいという口コミもあれば、通信速度が遅いため他キャリアを検討している方もいるようです。

【悪い評判】使い方によっては他社の方がお得

IIJmioの通信品質が悪いので、キャリア回線を使うことが多い場合は、楽天モバイルの方がお得という口コミがありました。

楽天モバイルは2,178円(税込)/月20GBなので、2,178円(税込)/月20GBであるIIJmioとそれほど月額料金に差はありません

もちろん、楽天モバイルもエリアによって通信品質が悪くなる場合があります。

どちらにするべきか迷った時は、使用するエリアの通信速度を比較してみましょう。

【良い評判】通話専用スマホとして安く使える

通話がメインの場合、小容量のプランで通話オプションに加入すると安く利用できます

通話専用の端末として、月額料金が他の格安SIMより抑えられるという口コミがありました。

仕事用などスマホの2台持ちをしている方は、IIJmioの契約を検討してみてはいかがでしょうか。

【良い評判】料金が安い

IIJmioの月額料金の安さに魅力を感じている方が少なくありません。

データ容量が少ないプランでも、低速モードをメインで使うとデータ消費量が抑えられます

低速が気になる場合はバースト転送やWiFiを活用すると、不便に感じることはないでしょう。

月間の使用データ容量を把握し、最低限のプランを契約してみてください。

【IIJmio】詳細はこちら

通信速度に関する評判・口コミ

ここでは、通信速度に関する評判・口コミをチェックしていきましょう。

「IIJmioは通信速度が遅い」という口コミが見られます。

安いので仕方ないと妥協している方もいますが、通信速度を重視したい方は注意しましょう。

【悪い評判】混雑する時間帯は通信速度が遅い

IIJmioに限らず、格安SIMは混雑する時間帯に通信速度が遅くなる傾向にあります。

しかし、格安SIMで月額料金が安い分、仕方ないと納得している方もいるようです。

1日中速度が遅くて使えないわけではありません。混雑する時間帯の使用は避けるなど、工夫すれば不便を感じずに使えるでしょう。

IIJmioの時間帯別の平均速度は以下の通りです。

下り平均速度:55.53Mbps
上り平均速度:12.83Mbps
平均Ping値:54.88ms
下り平均速度:15.04Mbps
上り平均速度:9.03Mbps
平均Ping値:90.48ms
下り平均速度:54.88Mbps
上り平均速度:11.2Mbps
平均Ping値:54.34ms

引用:みんなのネット回線速度

※上記は、2024年1月直近3ヵ月に計測された通信速度の平均値を計算したものです。通信速度は場所・時間帯・通信環境によって変動するため、あくまでも目安として考えてください。

IIJmioの通信速度は、昼の時間帯を除けば安定していると言えます。快適な速度を保ちたい方は、昼の時間帯を避けるなど工夫するか、WiFiを活用するのがおすすめです。

【悪い評判】速度制限や通信規制がある

IIJmioでは、月間のデータ容量を超えると、月末まで通信速度が制限されます

また、低速通信での3日間の通信量が366MBを超えた場合、通信規制がかかります

通信規制がかかるのは366MBを超えた翌日ですが、速度は公開されていません。

速度制限や通信規制をストレスに感じる方もいるでしょう。

速度制限はデータチャージで解消しますが、低速通信の通信規制が解除されるオプションはありません。

しかし、データ容量が残っている場合、高速モードに切り替えると通常の速度で通信できます。

【良い評判】通信速度がかかっても不便に感じない速さ

月間のデータ容量を超えると通信速度が制限され、最大300kbpsの速度になります。それが、やはり不便に感じない方もいるようです。

WiFiがない環境での使用が多い方や、動画視聴などで大きなデータ容量を消費する方は不便に感じるかもしれません。

使い方によっては、問題なく使えているケースもあります。

【良い評判】SNSを見る程度なら昼の時間帯も気にならない

IIJmioについては、昼の通信速度が遅くなるという口コミが多く見られます。

しかし、X(旧Twitter)などのSNSを閲覧する程度であれば、気にならないという口コミもありました。

動画や画像の読み込みには時間がかかるものの、文章を見るだけであれば問題ない方も多いのではないでしょうか。

昼休憩などで少しSNSをチェックする程度であれば、ストレスに感じないはずです。

以下の記事では、IIJmioの速度について詳しく解説していますので、ぜひこちらもご覧ください。

【IIJmio】詳細はこちら

通信品質・電波状況に関する評判・口コミ

ここでは、IIJmioの通信品質や電波状況についての口コミを紹介します。通信品質や電波状況は環境に左右されやすいので、口コミを参考に判断してみてください。

【悪い評判】ネットに繋がらない場合がある

IIJmioは人が多い場所で通信できない場合があるようです。

月額料金が安くてもまったく繋がらないのであれば、他の格安SIMを検討した方がよいかもしれません。

建物内や地下も電波状況が悪くなりやすいので、使用場所に注意しましょう。

場所に関係なく、まともに通信できないという口コミもあります。

通信品質が悪いと、ブラウザを開けないことがあるかもしれません。通信品質を重視したい方は大手キャリアの方が安心です。

一方で、月額料金の安さを最重視する方はIIJmioがおすすめです。何を重視したいのかを決めておくと、格安SIMが選びやすくなるでしょう。

【良い評判】ドコモ回線は室内でも快適

IIJmioの回線はドコモとauの2種類から選べますが、ドコモ回線の電波が良いという口コミがあります。室内でも問題ない通信品質のようです。

auも大手キャリアの回線なので提供エリアが広く、電波が良い場所もあります。

使用エリアや環境によって通信品質や電波が異なるので、契約前に提供エリアを確認しましょう。

【良い評判】楽天モバイルより電波状況が良い

楽天モバイルよりも電波状況が良いという口コミがあります。

楽天回線もエリアが拡大されており、電波状況が改善された方もいるでしょう。

楽天モバイルの通信品質が悪いと感じる方は、IIJmioの契約を検討してみてください。

昼の時間帯は、SNSの画像を読み込みにくくなる場合があります。しかし、テキストのみの投稿をチェックするだけであれば問題ないでしょう。

【IIJmio】詳細はこちら

サービスに関する評判・口コミ

IIJmioには便利なサービスがあります。とくに、バースト転送機能やギガをシェアできるサービスに魅力を感じている方が多いようです。

しかし、サービスに関して悪い評判もあるので、チェックしておきましょう。

【悪い評判】従量制プランではデータ容量を繰り越せない

IIJmioでは、データ使用量によって料金が変わる従量制プランも提供されています。

SMS機能付きSIMでデータ使用量が1GB以下の場合、月額528円(税込)で利用可能です。1GBごとに料金が変わり、20GBまで使えます。

従量制プランは、あまりスマホを使わない方なら料金が大幅に抑えられます。

しかし、ギガプランとは異なり、データ容量を翌月に繰り越しできません

1GBずつ料金が高くなっていくので、WiFiを使用するなどの工夫が必要です。なお、ギガプランではデータ容量を翌月に繰り越せます。

【良い評判】バースト転送機能で快適に通信できる

一定量のみ高速通信できるバースト転送機能が便利という口コミがあります。低速時のストレスもバースト転送機能で軽減されるでしょう。

バースト転送機能が使えるのは、HISモバイルやpovoなど一部の携帯会社のみです。

低速時の使い勝手に不満のある方は、IIJmioへの乗り換えを検討してみてください。

【良い評判】デュアルSIM運用でギガをシェアできる

IIJmioのドコモ回線とau回線を契約し、デュアルSIMで運用している方もいます。

回線が違うので電波状況に合わせて使い分けられるのは魅力的です。

また、それぞれの回線でデータ容量をシェアできます。電波状況で各回線を使い分ければ、より快適に通信できます。

【IIJmio】詳細はこちら

端末のラインナップ・価格に関する評判・口コミ

ここでは、端末のラインナップ・価格に関する評判・口コミをまとめました。

IIJmioでは人気のスマホがお得に購入できます。しかし、実際にお得なのか気になる方もいるでしょう。

狙っている端末が販売されていないこともあるので、契約前に確認することをおすすめします。

【悪い評判】新しい機種が少ない

IIJmioでは端末をセット購入できますが、ラインナップがイマイチだという口コミがあります。

IIJmioで販売されている端末は、Androidスマホがメインです。

iPhoneも販売されていますが、すべてが新品というわけではなく中古品も多くあります

狙っている機種が販売されていないこともあるでしょう。機種にこだわりたい方は、満足できない場合があるので注意が必要です。

【悪い評判】端末価格が変動する

IIJmioでは、端末セールを利用するとお得にスマホが購入できます。しかし、期間限定なのでタイミングを逃してしまう方もいるでしょう。

キャンペーンが延長されることもありますが、延長前後では端末の価格が変動することがあるようです。

迷っている間に価格が高くならないよう、早めに購入するのがおすすめです。

【良い評判】価格が安い・早く受け取れる

IIJmioの端末価格の安さに魅力を感じている方もいるようです。

端末が届くまでの期間が短いので、早くスマホが欲しいという方にもおすすめです。

また、他社からの乗り換えで、スマホがお得に購入できるキャンペーンもあります。

キャンペーンの期間中は、人気のスマホを安く購入するチャンスです。数量限定なので、品切れになる前に購入しましょう。

【良い評判】ラインナップが豊富

端末のラインナップがイマイチという口コミもありましたが、満足している方もいます。

人気のスマホが多く販売されているので、欲しい機種がお得に買える方もいるでしょう。

ただし、キャンペーンの対象端末は時期によって異なります。狙っているスマホが対象外となる可能性もあります。

【IIJmio】詳細はこちら

キャンペーンに関する評判・口コミ

ここでは、キャンペーンに関する評判・口コミをまとめました。

IIJmioでは定期的にお得なキャンペーンが開催されています。他社から乗り換える際はキャンペーンを利用したいと思う方が多いでしょう。

キャッシュバックやスマホセールなどがありますが、適用されない方もいるという点には要注意です。

【悪い評判】セール価格で買えるのは1台のみ

IIJmioのキャンペーンを利用するには条件があります。端末割引セールでは、同一世帯・同一住所で1台しか特価での購入ができません

家族で乗り換えたい場合でも1台しかお得に購入できないので、お得感が薄れてしまうかもしれません。

複数の端末が購入できないのは転売防止のためです。他にも様々な条件があるので、キャンペーンを利用したい場合はしっかり確認しておきましょう。

【悪い評判】開催期間が短いキャンペーンもある

IIJmioで開催されるキャンペーンは様々な種類がありますが、1ヵ月ほどで終わるものも少なくありません。

開催中のキャンペーンがイマイチであれば、翌月まで待つのも1つの方法です。しかし、すぐに契約したい方にとってはデメリットに感じるでしょう。

開催期間や内容をよく確認し、納得できるキャンペーンを活用してみてください。

【良い評判】キャッシュバックキャンペーンがある

人気のAndroidスマホ「AQUOS sense7」を、実質38,273円(税込)で購入できたという口コミです。通常価格は49,800円(税込)なので非常にお得です。

しかし、キャッシュバックキャンペーンは常に開催されているわけではなく、キャッシュバック額も異なります>。

また、すべての端末がキャンペーン対象になるわけではありません。

気になっている端末が対象かどうか、見逃さないように随時キャンペーンをチェックしましょう。

【良い評判】スマホを安く購入できる

IIJmioでは、スマホを安価で購入できるキャンペーンが頻繫に開催されています。

ネットから簡単に申し込めるので、オンライン手続きに慣れている方におすすめです。

IIJmioの取扱店舗が近くにない方、隙間時間で乗り換えたい方はオンラインを利用してみてはいかがでしょうか。

キャンペーンの適用条件や特典なども、ネット上で確認できます。

また、申し込み方法がわからなければ、チャットサポートも利用できるので安心です。

【IIJmio】詳細はこちら

サポートに関する評判・口コミ

IIJmioのサポートについては、対応が良いという口コミが多く見られました。しかし、不満がある方もいます。

悪い評判と良い評判を、詳しく見ていきましょう。

【悪い評判】MNP予約番号の発行が遅い

MNP予約番号の発行手続きは24時間受け付けています。しかし、手続き後すぐに取得できるわけではありません

他社同様に最短即日で取得できる場合もありますが、最も遅い場合では4日かかることがあるようです。そのため、月末に転出する場合は注意しましょう。

【悪い評判】月末は契約変更の申し込みができない

IIJmioのプラン変更が適用されるのは、申し込み日の翌月1日からです。たとえば、4月中旬に申し込むと、5月1日から新しいプランが適用されます。

しかし、毎月末日の0時以降は申し込みができません。間に合わない場合、新しいプランの適用開始時期が遅れます。

1ヵ月もずれてしまうことがないように、タイミングを見計らい、余裕を持って申し込みましょう。

【良い評判】サポートセンターの対応がよい

サポートセンターの丁寧の良さに感謝している方の口コミです。オペレーターから丁寧な対応を受けられたようです。

IIJmioの公式サイトには、サポートセンターの電話番号が記載されています。受付時間は年中無休9:00~19:00です。

24時間いつでも相談できるわけではありません。しかし、申し込みや契約内容、接続設定など幅広い相談に対応してくれます。

手続きから設定までしっかりサポートしてもらえるので安心です。ただし、時間帯によって混み合う場合がある点には注意しましょう。

【良い評判】チャットサポートの対応が良い

チャットサポートの対応に満足している方もいるようです。

IIJmio公式サイトから、チャットサポートを利用できます。

混み合う時間帯で電話が繋がらないとき、電話をかけるほどの内容でないときなどにおすすめです。

よくある質問がまとめられており、項目を選択するだけで自動返信してくれる機能もあります。

気軽に利用できるので、困ったときはチャットサポートを利用してみてはいかがでしょうか。

【IIJmio】詳細はこちら

IIJmioの基本情報

IIJmioは「IIJ」(インターネットイニシアティブジャパン)が運営する格安SIMです。昔からある通信会社なので、知っている方が多いのではないでしょうか。

IIJmioの料金プランや通話料、便利な機能などの特徴について解説します。

IIJmioのギガプランとは

IIJmioには様々なプランがありますが、メインとなるプランは「ギガプラン」です。

2021年4月から開始されたプランで、旧プランよりも安くなりました。2年縛りなどの、最低契約期間もありません。

ギガプランのデータ容量や月額料金は、以下の通りです。

(税込) 音声SIM SMS専用SIM データSIM eSIM
(データ専用)
2GB 850円 820円 740円 440円
5GB 990円 970円 900円 660円
10GB 1,500円 1,470円 1,400円 1,100円
15GB 1,800円 1,780円 1,730円 1,430円
20GB 2,000円 1,980円 1,950円 1,650円

通話・データ通信どちらも使用する場合は、「音声SIM」「音声eSIM」を選択しましょう。

他の格安SIMのデータ容量20GBのプランと比較しても、IIJmioは業界最安級の価格で利用できます

一部格安SIMの20GBプランの料金は、以下の通りです。

格安SIM 20GBプランの
月額料金(税込)
ahamo 2,970円
LINEMO 2,728円
povo 2,700円
IIJmio 2,000円

上記を見てみると、他の格安SIMよりも500~1,000円ほど安いことがわかります。

もし通話機能が必要ない場合は、「SMS専用SIM」「データSIM」「データ専用eSIM」を選択しましょう。

「音声SIM」「音声eSIM」よりも低価格で利用できます。

【IIJmio】詳細はこちら

IIJmioの通話料・通話オプション

ギガプランにはかけ放題サービスが含まれていません。通常であれば、11円(税込)/30秒の通話料が発生します。

通話することが多い方は、以下のオプションに加入するとお得です。

  • 通話定額5分+(5分以内の通話が無料):500円(税込)
  • 通話定額10分+(10分以内の通話が無料):700円(税込)
  • かけ放題+(時間無制限で通話料が無料):1,400円(税込)

通話の利用が多い方は「かけ放題+」に加入するのがお得です。

【IIJmio】詳細はこちら

その他便利なオプション・機能

ここではIIJmioの便利なオプションや機能をいくつか紹介します。

データ容量シェア・プレゼント機能

IIJmioのギガプランには、データ容量が余った際に翌月繰り越し以外にシェアする「データ容量シェア」という仕組みがあります。

家族でIIJmioを契約すると、家族内でデータをシェアできるので無駄がありません。

IIJmio データ容量シェア 家族の場合 出典:IIJmio

また、スマホだけでなくタブレットやポケットWiFiなど、2回線以上を契約する場合もIIJmioでそろえるのもおすすめです。

端末ごとにギガプランを契約すると、余ったデータをシェアできるので、ギガを有効活用できます。

IIJmio データ容量シェア 2回線以上の場合 出典:IIJmio

余ったデータ容量をシェアせずに、翌月末までの繰り越しも可能です。シェアした場合も、有効期限内であれば繰り越されます。

※追加購入したデータ容量の繰り越しはできません。追加購入分の有効期限はチャージした当月末日です。

また、データ容量を家族間や契約している複数の端末で贈れる「データ容量プレゼント機能」もあります。

毎月のデータ容量はもちろん、別購入した追加データもプレゼントできます。

データ容量プレゼント機能 出典:IIJmio

ライフスタイルに合わせて様々な使い方ができるので、家族でIIJmioと契約する場合や、2回線以上契約する場合は、「データ容量シェア」「データ容量プレゼント機能」を大いに活用できるでしょう。

データ容量シェアとデータ容量プレゼントは、ギガプランのみ利用可能です。

以下の記事では、IIJmioでSIMを追加する方法を解説していますので、ぜひ参考にしてください。

【IIJmio】詳細はこちら

テザリング機能

キャリアによっては有料オプションなこともあるテザリングですが、IIJmioでは無料で利用できます。

テザリング機能を利用すると、スマホをポケットWiFiのように使用できるので、通信環境のない場所でもタブレット・パソコン・ゲーム機などのインターネット接続が可能です。

以下の記事では、IIJmioでテザリングする方法を紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

【IIJmio】詳細はこちら

高速通信ON/OFF・バースト転送

「IIJmioクーポンスイッチ」という専用アプリでは、低速・高速モードの切り替えや、始めの数秒間だけ高速通信ができる「バースト転送」機能が利用できます。

IIJmioクーポンスイッチ

IIJmioクーポンスイッチ

Internet Initiative Japan, Inc.無料posted withアプリーチ

低速モードでは速度が最大300kbpsになりますが、データ容量を消費しません

300Kbpsdであれば、SNSやWebサイトの閲覧やLINE等通話アプリでの通話・メッセージのやりとり、音楽ストリーミングサービスなどの利用には十分です。

とはいえ、通常よりもかなり遅い速度なのでSNSやWebサイトの閲覧時には読み込みが遅く、不便に感じることもあるでしょう。

その際に、「バースト転送」が活躍します。バースト転送でWebサイトを読み込み、低速モードで閲覧するなど、うまく活用すれば次第で不便さが解消できます。

【IIJmio】詳細はこちら

5Gオプション

「5Gオプション」では、5G対応エリアで超高速の通信が可能です。

5Gオプションの申し込みをするだけで、月額料金無料で利用できます。

SIMカードの交換は不要で、会員専用ページから簡単にオン・オフを切り替え可能です。

※データeSIMとタイプD(SMS SIM)は5Gに対応していません。また、機種は5G対応のものが必要です。

【IIJmio】詳細はこちら

IIJmioのメリット・デメリット

天秤

ここでは、IIJmioのメリットやデメリットを紹介します。以下にIIJmioのメリットやデメリットをまとめました。

メリット デメリット
IIJmio ・月額料金や通話料が安い
・機能が充実している
・端末を安く購入できる
・余ったギガをシェアできる
・中容量(5~15GB)のプランがある
・昼の通信速度が遅い
・3日間で366MBを超えると通信規制がかかる
・実店舗でのサポートが受けられない
・支払いはクレジットカードのみ

申し込みをする前に特徴を把握しておきましょう。以下からは、メリット・デメリットについて詳しく紹介します。

IIJmioのメリット

IIJmioのメリットは以下の通りです。

口コミの内容も踏まえ、各項目について詳しく解説します。

料金プラン・通話料が安い

IIJmioの最大のメリットは月額料金が安いことです。ギガプランで最も安いものを選べば月額440円(税込)で済みます。(※ドコモ回線・データeSIM)

ここで、月額料金を他の格安SIMとの比較を見ていきましょう。

格安SIM 月額料金(税込)
IIJmio(ギガプラン) 2GB:440円〜
5GB:660円〜
10GB:1,100円〜
15GB:1,430円〜
20GB:1,650円〜
楽天モバイル 3GB:1,078円
20GB:2,178円
無制限:3,278円
LINEMO 3GB:990円〜
20GB:2,728円
ワイモバイル 3GB:2,178円
15GB:3,278円
25GB:4,158円
mineo 1GB:880円~
5GB:1,265円~
10GB:1,705円~
20GB:1,925円~
UQモバイル 1GB:2,277円
4GB:2,365円
15GB:3,465円
20GB:3,278円

IIJmioは、音声SIM(eSIM)でも月額850円(税込)/2GBなので、2台持ちの方も固定費が抑えられます。

通話料は、30秒あたり11円(税込)です。よく通話する方は通話オプション(税込500~1,400円)の加入をおすすめします。

5分・10分・無制限と、無料になる時間によって価格が異なるので、自分に合ったオプションを選びましょう

【IIJmio】詳細はこちら

機能が充実している

IIJmioには、様々な機能が用意されています。

高速・低速の切り替えやバースト転送機能があるほか、翌月に余ったデータ容量が繰り越せるのも、IIJmioのメリットです。

バースト転送機能を利用すると、低速時でも読み込みが早くなります。その結果、快適にWebページやSNSを閲覧できます。

高速通信をオフにした状態でバースト転送機能をうまく活用すると、快適さを保ちながらデータ容量の節約が可能です。

端末を安く購入できる

端末割引キャンペーンによって、スマホが安く購入できるのもIIJmioの魅力でしょう。

端末割引セールが開催されているときに購入すると、安く端末を購入できます

とくに、他社からの乗り換えは割引率が高くてお得です。数万円の端末が月額数十円〜数百円で購入できます。

また、豊富なラインナップもIIJmioの魅力です。格安SIMの中でもIIJmioは品ぞろえがトップクラスで、人気機種だけでなくマイナーな機種も選べます。

気になっている機種をお得に購入できるのは、IIJmioの大きなメリットです。

【IIJmio】詳細はこちら

余ったギガをシェアできる

IIJmioでは月間データ容量を使い切れないとき、余ったギガをグループ内でシェアできます。

家族でIIJmioを契約してグループを作れば、データ容量がシェアできるので無駄なく使えるのも嬉しいポイントです。

家族内で使用回線(ドコモ・au)が異なる場合もシェアできます

こちらはギガプランのみの機能なので、家族で契約する場合はギガプランでそろえるのがおすすめです。

【IIJmio】詳細はこちら

中容量(5~15GB)のプランがある

「20GB以上もいらないけど、3GB以下だと少ない…」という方にとっては、中容量(5~15GB)のプランが選べるのもIIJmioのメリットです。

たとえば、LINEMOには3GBと20GBのプランがあります。しかし、5~15GBほどのデータ容量のプランはありません。

スマホの使用頻度によっては、使いにくいと感じる方もいるでしょう。データ容量が足りない場合や、逆に余ってしまうこともあるかもしれません。

IIJmioには5GB・10GB・15GBのプランがあります。プラン変更には料金がかからず、月単位で変更が可能です。

【IIJmio】詳細はこちら

IIJmioのデメリット

IIJmioには、以下のようなデメリットもあります。

デメリットは人によって致命的なこともありますが、気にならないという人もいるはずです。IIJmioの契約を検討している方は、デメリットしっかり確認した上で自分に合った格安SIMか見極めましょう。

昼の通信速度が遅い

評判・口コミでもあったように、IIJmioユーザーの中には速度が遅いと感じている方もいます。とくに、昼の時間帯に通信速度が落ちる傾向にあるようです。

夕方
下り平均速度:15.04Mbps
上り平均速度:9.03Mbps
平均Ping値:90.48ms
下り平均速度:37.69Mbps
上り平均速度:8.29Mbps
平均Ping値:59.87ms

引用:みんなのネット回線速度

※上記は、2024年1月直近3ヵ月に計測された通信速度の平均値を計算したものです。通信速度は場所・時間帯・通信環境によって変動するため、あくまでも目安として考えてください。

夕方になると大幅に速度が速くなりますが、昼にスマホを使う方は注意が必要です。昼にデータ消費の多い作業をしない方は、さほどデメリットには感じないでしょう。

3日間で366MBを超えると通信規制がかかる

IIJmioでは、低速通信時のデータ使用量が3日間で366MBを超えると通信規制がかかります

月間データ容量を超えた場合は、速度制限により最大300kbpsになります。

通信規制の場合、それ以上に遅くなってしまうため「使い物にならない」と感じる方もいるでしょう。

速度が戻るのは、3日間のデータ使用量が366MB以下になった日の翌日です。WiFi環境がない場所で使うことが多い方は、データ容量を節約するために使い方を工夫しましょう

データ容量が残っている場合、高速通信に切り替えればすぐに速度が上がります。

実店舗でのサポートが受けられない

IIJmioは実店舗を展開していないので、オンラインでしかサポートを受けられません

申し込みは、IIJmioの取り扱いのある家電量販店でも行っているので、申し込みに関する相談はできるでしょう。

しかし、契約後のサポートはオンラインになるので注意が必要です。

店舗スタッフに直接相談できないので、自分で調べながら設定することになるため、慣れていない方は迷うことがあるかもしれません。

不安な場合は、実店舗があるキャリアを選ぶと安心です。

支払いはクレジットカードのみ

IIJmioの支払い方法はクレジットカードのみです。口座振替やデビットカードでの支払いはできません

クレジットカードを持っていない方はクレジットカードを作るか、別の格安SIMを検討する必要があります。

クレジットカード以外で支払いができる格安SIMは、LINEMO・UQモバイル・ワイモバイル・ahamoなどです。

口座振替を希望する方は、他の格安SIMも検討してみてください。

【IIJmio】詳細はこちら

IIJmioのキャンペーン

IIJmioでは、スマホの割引セールや月額料金割引など、常時様々なキャンペーンを展開しています。

  • 他社からの乗り換えで人気スマホ大幅値引き
  • ギガプランへの申し込みで初期費用が410円(税込)~
  • 通話定額オプションが最大6ヵ月間410円(税込)割引

IIJmioは、端末の種類が豊富だけでなく、端末の値引きサービスが充実しています。乗り換えと同時に機種変更を検討している方はキャンペーン情報をチェックしましょう。

スマホだけでなく、タブレットやPCをお得に購入できるキャンペーンも実施しているので、気になる方はチェックしてください。

また、IIJmioの最新キャンペーンは、IIJmioのキャンペーン情報!の記事でも紹介されています。利用開始までの流れも解説されているので参考にしてください。

IIJmioに乗り換える方法・手順

パソコンとスマホ

IIJmioの評価を知った上で、乗り換えようと思っている方は方法や手順を知っておきましょう。以下の流れを参考に手続きしてみてください。

  1. 使用するスマホを用意する
  2. MNP予約番号を取得する
  3. 申し込みに必要なものを準備する
  4. 公式サイトで申し込む
  5. 開通手続き(初期設定)する

1.使用するスマホを用意する

IIJmioで使用するスマホを用意する方法は、以下の2つです。

手持ちのスマホをそのまま使う

手持ちのスマホをそのまま使う場合、電話帳や写真、アプリなどのデータ移行が必要ありません。ただし、SIMロックがかかっている端末は解除が必要です。

2021年10月1日以降に発売されたスマホはSIMフリーです。それ以前にキャリアで購入したスマホを使いたい場合は、必要に応じてSIMフリーの状態にしておきましょう

対応機種は、IIJmio公式サイトの「動作確認端末 一覧」でチェックできます。

以下の記事では、自分でSIMロックを解除する方法を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

IIJmioで端末をセット購入する

端末を買い替えたい場合は、IIJmioで端末を購入・契約する方法がおすすめです。IIJmioでは端末セットで契約するとお得になるキャンペーンが開催されています。

さらに、事前に使用可能かどうか確認する必要がありません。人気のスマホもお得に購入できるので、ぜひ端末セットで申し込んでみてください。

2.MNP予約番号を取得する

MNP予約番号は、電話番号そのままで他社から乗り換えるために必要な番号です。現在、契約している携帯会社でMNP予約番号を取得し、IIJmioを申し込みます。

MNP予約番号の有効期限は、取得日を含めて15日間です。余裕を持って手続きを進めましょう。

契約しているキャリアの公式サイトや店舗のほか、電話窓口でも取得が可能です。

ドコモ・au・ソフトバンクのMNP予約番号の取得方法は、以下でチェックできます。

3.申し込みに必要なものを準備する

申し込みに必要なものは、以下の通りです。

  • 本人確認書類
  • 契約者名義のクレジットカード
  • キャリアメール以外のメールアドレス
  • インターネット接続環境
  • MNP予約番号 ※他社乗り換えの場合

本人確認書類としては、運転免許証やマイナンバーカードなどが使えます。顔写真付きの本人確認書類を用意しましょう。

また、IIJmioではキャリアメールが使えません。申し込みをするには、GmailやiCloudなどキャリアメール以外のものを用意する必要があります。

契約後の設定や開通作業は、インターネットに接続する必要があるので、事前に環境を整えておきましょう。

他社から乗り換える場合は、MNP予約番号の取得も忘れないようにしてください。取得に時間がかかることもあるので、余裕を持って申し込みましょう

4.公式サイトで申し込む

必要なものがそろったら、IIJmio公式サイトから申し込み手続きをします。以下の手順を参考に進めてみてください。

  1. 申し込みページにアクセス
  2. IIJmio 公式サイト
  3. 事前支払い状況の選択
  4. 事前支払い状況 選択画面
  5. SIM・プラン・端末を選択
  6. SIM・プラン・端末 選択画面1 SIM・プラン・端末 選択画面2 SIM・プラン・端末 選択画面3
  7. 契約者情報を入力
  8. 契約者情報 入力画面1
  9. 「次へ」を選択
  10. 契約者情報 入力画面2

5.端末・SIMカード到着、開通手続き(初期設定)する

SIMカードで申し込んだ方は、SIMカードの到着を待ちましょう。申し込み内容に不備がない場合は本人確認完了後、最短3~4日程度で商品が届きます

手元に届いたら開通手続き(初期設定)をします。以下で詳しく説明するので、参考にしてみてください。

  1. 音声通話の開通手続きをする
  2. SIMカードを端末に挿入する
  3. APN設定する

1.音声通話の開通手続きをする

音声通話の開通手続きは、MNP転入で音声SIMを契約した場合のみ行います。新規で電話番号を取得した場合は対応不要です。

手続きはSIMカードを挿入する前に行いましょう。MNP予約番号の有効期限が切れる前日までに手続きが必要です。

SIMカードに同梱されている案内に記載されている「IIJmioオンデマンド開通センター」へ電話をかけましょう。

2.SIMカードを端末に挿入する

音声通話の開通手続きが完了したら、SIMカードを台紙から取り外し、IIJmioで使用するスマホに挿入します。取り外す際は、SIMカードのサイズに注意が必要です。

端末ごとに対応しているSIMカードのサイズが決まっているので、必ず確認してから取り外しましょう。

取り外しや装着をするときは、IC部分に直接触れないよう、手袋を着けるのがおすすめです。

3.APN設定する

APN設定の手順は端末の種類によって異なります。

AndroidスマホのAPN設定

  1. 「設定」>「ネットワークとインターネット」を選択
  2. 「SIM」を選択
  3. 「アクセスポイント名」を選択
  4. 「IIJmio」を選択
  5. 右上「+」>「新しいAPN」を選択し、APN設定情報を入力
  6. 右上メニュー「保存」>「IIJmio」を選択
  7. 設定完了

iPhoneのAPN設定

  1. WiFiに接続
  2. 「My IIJmio」アプリをダウンロード
  3. アプリから「APN構成プロファイルダウンロード」を選択
  4. ダウンロードの「許可」>「閉じる」選択
  5. 「設定」>「一般」>「VPN と デバイス管理」を選択
  6. 「ダウンロード済みプロファイル」内の「(Cellular) IIJmioモバイルサービス」を選択
  7. 「インストール」を選択
  8. パスコードを入力
  9. 「次へ」>「インストール」>「完了」を選択
  10. 「構成プロファイル」内に「(Cellular) IIJmioモバイルサービス」が表示されていれば設定完了

APNの設定情報は以下の通りです。

  • APN:iijmio.jp
  • ユーザ名:mio@iij
  • パスワード:iij
  • 認証タイプ:PAPまたはCHAP

上記の設定で接続できない場合は追加で以下の設定を行います。

  • MVNOの種類:SPN
  • MVNO値:
    タイプD→NTT DOCOMO
    タイプA→KDDI

以下の記事では、IIJmioで機種変更・APN設定する手順を詳しく解説しています。設定する際の参考にしてください。

【IIJmio】詳細はこちら

IIJmioに関するよくある質問

IIJmioに関するよくある質問と回答をまとめました。

「みおふぉん」って何?

「みおふぉん」はIIJmioの音声通話機能付きSIMです。3GBを月額1,760円(税込)で利用可能でした。

現在は申し込みが停止予定となっており、ギガプランへの移行が推奨されています。

また、みおふぉんでは「みおふぉんダイアル」という専用アプリを利用できました。電話番号の前に「0037-691」をつけて発信すると、通話料金が安くなるサービスです。

通常は30秒ごとに22円(税込)かかりますが、30秒ごとに11円(税込)になります。

このサービスは、2023年3月31日に提供が終了しました。2023年4月1日からはアプリの利用が不要となり、OS標準の電話アプリで11円(税込)/30秒の通話が可能です。

IIJmioの運営はどこの会社?どこの回線が使える?

IIJmioは「IIJ」(インターネットイニシアティブジャパン)が運営しています。「IIJ」は大手のインターネット会社です。

IIJmio独自の回線を持っておらず、ドコモまたはauの回線を使います。契約時に回線の種類が選べるので、自分に合ったものを選びましょう。

回線の種類で月額料金が変わることはありません。

どのようなときに速度制限がかかる?

IIJmioでは、以下の2つの状況に陥った際に速度が制限されます。

  • 月間のデータ容量を超えたとき
  • 低速通信時に3日間の通信量が366MBを超えたとき

容量超過後の通信速度は最大300kbpsです。通信速度制限は翌月1日に解除されます

すぐに高速通信を利用したい場合は、データ容量をチャージする必要があります。1GBあたり220円(税込)でチャージが可能です。

低速時に3日間の通信量が366MBを超えた場合は、通信規制がかかります。通信規制時の最大速度は公開されていませんが、最大300kbpsよりも低速になる可能性があります。

プラン変更のやり方は?

IIJmioの料金プランは、公式サイトの会員専用ページから無料で変更できます。

会員専用ページでログインし、「SIMサービスご契約の方」>「ギガプランへのプラン変更」という手順です。プラン変更の予約画面で希望プランを選択しましょう。

プラン変更 予約画面

ちょっとした隙間時間でプラン変更できますが、反映されるのは申し込み日の翌月1日です。また、毎月末日0時以降はプラン変更予約ができないので注意しましょう。

「ファミリーシェアプラン」の契約は可能?

「ファミリーシェアプラン」は、複数のSIMカードで容量を分け合える便利なプランです。標準で3枚までのSIMカードを無料で追加できます。

また、12GB/月の高速データ通信容量をシェアできるという特徴があります。しかし、現在は廃止され「ギガプラン」へ移行となりました。

現在、「ファミリーシェアプラン」の申し込みはできません。

【IIJmio】詳細はこちら

IIJmioの評判・口コミまとめ

スマホを手に持つ様子
この記事でわかったこと
  • IIJmioは月額料金や端末価格が安くてお得
  • 家族でデータをシェアできる
  • 中容量(5~15GB)のプランを選べる
  • 昼間の通信速度が遅い
  • 3日間で366MBを超えると通信規制がかかる

IIJmioは、データeSIMであれば月額440円(税込)、音声SIMは月額850円(税込)から利用できます。格安SIMの中でも安い料金設定です。

さらに、他社から乗り換える際に端末セットで申し込むと、スマホもお得な価格で購入できます。

余ったデータ容量はグループ内でシェアでき、翌月に繰り越せる点も魅力的です。

5~15GBの中容量プランもあるので、20GB以上も必要ないと感じている方は、中容量プランを選びましょう。

一方、通信速度や電波状況に関しては、悪い口コミも見られました。

3日間で366MBを超えると通信規制がかかり、使いにくいという口コミもあります。昼の通信速度について不満を持っている方もいるようです。

メリット・デメリットを正確に把握して、IIJmioの契約を検討しましょう。

【IIJmio】詳細はこちら

以下の記事では、格安SIMおすすめ比較ランキングを紹介しています。本記事をあわせてぜひチェックしてみてください。

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード