ワイモバイル

【2022年】IIJmioの口コミ・評判は悪い?評判からわかるメリットやデメリットを解説!

格安SIM「IIJmio」の評判は悪いのか、料金や速度の満足度に関する口コミをまとめました。タイプAとタイプDどっちが良いのか、速度は遅いのか、乗り換え前に知りたい評判を解説します。キャンペーンを使ってお得に乗り換えたい方も必見です。
ワイモバイル 【2022年】IIJmioの口コミ・評判は悪い?評判からわかるメリットやデメリットを解説!

格安SIMサービスを比較するとき、候補の1つにあがるのが「IIJmio」です。

IIJmioは料金プランもわかりやすいので、初めて格安SIMを検討する人でも使いやすいと評判のサービスです。

この記事では、IIJmioの料金や速度に関する実際の評判・口コミをまとめました。IIJmioに乗り換えようか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

IIJmioの評判・口コミを解説【速度編】

実際にIIJmioを利用した人の口コミを紹介します。ここでは通信速度に関するロコミを紹介します。

速度について

田舎でも速い

格安SIMサービスは、回線はドコモやauのものを借りて利用しています。そのため、田舎でも圏外にならず普通に使えるのが魅力です。地域に応じて繋がりやすい方を選ぶこともできます。

昼休みに使えない

昼になると目立って遅くなるという声が多くあります。特に人の多い都市部では、利用者が多い昼間に重くなる傾向にあるようです。

「格安SIMだから、少しぐらい遅い時間があるのはしかたない」と考える人もいるかもしれません。

しかし、自分の使いたいタイミングで読み込みが遅いと、想像以上に使い勝手の悪さを感じる可能性があるでしょう。

こちらの記事でIIJmioの通信速度について詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

低速モードについて

通信速度を切替できるのが特徴のIIJmioですが、バースト機能があることにより、低速モードでもある程度の通信速度は確保できるようです。

SNSなどテキストを中心に見るのなら不満は感じにくいことに加え、内容によっては動画の視聴も問題なく行えるようです。

ロコミでは、Dプランの方がAプランよりも速度が速く、差が大きいとの意見が多く見られます。

また、Dプランは他社のプランと違って、高速通信の容量制限がありません。そのため、通信制限になる心配をせず、契約したデータ量を目一杯使えるというメリットがあります。

一方Aプランは、高速通信・低速通信どちらかに関わらず、3日間で6GBを超えると制限がかかる場合があることに注意しましょう。

DプランとAプランでは同じIIJmioのプランでも明確な違いがあるため、自分に最適なプランはどちらなのか、自分の使い方などを踏まえて検討した上で選ぶようにしましょう。

【IIJmio】詳細はこちら

IIJmioの評判・口コミを解説【料金プラン編】

次に、料金プランに関する評価について見てみましょう。料金に関しては次のような口コミが見られました。

料金について

料金の安さに満足している口コミが多くあります。キャリアだと5,000円は当たり前になってしまうので、2,000円で十分に使えるのは格安SIMサービスならではの魅力です。

また、IIJmioは毎月キャンペーンを実施しているため、通常よりも安く契約できることもあります。

eSIMについて

キャリアと格安SIMサービスを1つのスマホで使いわけられる、eSIMのプランを選択した人からも、速度に関して満足の声が上がっています。

キャリア通信も同時に使えるために速度の比較をしやすいプランですが、格安SIMだからと不満は抱えずに済みそうです。

IIJmioのeSIMプランの料金や対応機種を解説した記事を参考にしてください。

従量制プランについて

1GB528円(税込)で2GB770円(税込)、それ以降は1GBごとに220円(税込)ずつ増えていく仕組みです。

音声通話機能付きSIMの場合は、月額基本料金にプラス770円(税込)なので1,298円(税込)から利用できます。

従量制プランに対応しているのはau回線のみとなっており、ドコモ回線では利用できないため注意してください。

【IIJmio】詳細はこちら

ケータイプランについて

ほとんどの格安SIM会社が「データ通信だけ」のプランを用意していますが、データ通信が一切付属していない「音声通話だけ」のプランはなかなかありません。

電話はあまり使わないけど電話番号がないのは困るという人や、スマホとガラケーの2台持ちをしていて、ガラケーを音声通話専用にして月額料金を下げたい人などに向いています。

ケータイプランは月額1,012円(税込)のみと、料金設定もとてもシンプルでわかりやすいのも魅力です。

ファミリーシェアプランについて

家族や2台以上の端末を利用する方は、ファミリーシェアプランの契約で通常より安く利用できていることがロコミからわかります。

ファミリーシェアプランでは、定額で12GBのデータ量をシェアでき、IIJmio専用の電話アプリで通話料が半額以上お得に利用できます。

一方で、 NTTドコモが新プランとして打ち出した「ahamo(アハモ)」と比較した意見も見られます。

今後の大手キャリアの新プランの発表や料金プランの値下げも気になるところです。

通話プランについて

IIJmioでは2021年に通話オプションが一新し、かけ放題オプションが新たに登場しました。また2021年9月にはアプリ経由なしでの通話料半額サービスがスタート。価格も安く使い勝手も良い、通話オプションの豊富さが評判を集めています。

IIJmioでは、以下の3種類の通話オプションを用意しています。

通話プラン

  • みおふぉんダイアル通話定額5分+:500円(税込)
  • みおふぉんダイアル通話定額10分+:700円(税込)
  • みおふぉんダイアルかけ放題+:1,400円(税込)

3種類の通話オプションがあるため、自分に合った通話オプションを選択できます。かけ放題プランでも1,400円と、他社と比べても利用しやすい料金設定になっています。

口コミや評判を見ても、通話料オプションの安さからIIJmioに乗り換えるという人が多く見られました。

【IIJmio】詳細はこちら

IIJmioの評判・口コミを解説【その他】

その他サービスについてのロコミを紹介します。

ギガ繰り越しについて

プランで契約した高速データ容量を当月内に使い切らず残った場合は、その残った高速データ容量を翌月に繰り越しできます。

IIJmioは毎月プランを変更できるため、高速データ容量を繰り越した場合は、その繰り越した容量に応じて翌月のプランをデータ容量が少量のものに変更して、利用料金を節約することが可能です。

毎月、使用したデータ容量を確認して、それに応じてプランを変更するのは面倒くさく感じるかもしれません。

しかし、上手にやり繰りすればかなりのコストダウンが可能なため、ぜひ高速データ通信の繰り越しを利用して上手にやり繰りしましょう。

通話品質について

格安SIMに切り替えても通話に関しては、大手キャリアから借りた回線をそのまま使うので、通話品質に変わりはなさそうです。

サポートについて

オンラインチャットで気軽に問い合わせできる

IIJmioでは公式ホームページにオンラインチャットを設置しているため、わからないことがあればすぐにスタッフに問い合わせできます。

レスポンスの早さもあって対応がよいとの声が多く、初めての人でも気軽に利用できるでしょう。オンラインチャットの利用可能時間は9時~19時までで、年中無休です。

サポートへ連絡しても話が進まない

クリティカルな回答が素早く返ってきたという口コミがある一方、いくら聞いても要領を得ず解決しないという口コミもあります。

サポートももちろん1人だけではないようなので、当たり外れがあると考えてもよいでしょう。

取扱いしているスマホの種類について

IIJmioのスマホ・タブレット取扱数は40種類以上と豊富です。

iPhone(中古端末)もあるので幅広いラインナップから選べます。

【IIJmio】詳細はこちら

IIJmio評判からわかるメリット・デメリット

口コミや評判からIIJmioの特徴や品質についてある程度理解することできたと思います。

ここからは、評判からわかるメリットやデメリットについてまとめてい来ます。

IIJmioのメリット

まず、口コミや評判からわかるIIJmiのメリットについて紹介していきます。口コミや評判からわかったメリットは以下の通りです。

IIJmioのメリット

  • 田舎でも速い
  • 低速モードがある程度速い
  • 料金が安い
  • 残ったデータ容量を翌月に引き継げる
  • 取扱端末が多い

口コミや評判からは以上のようなメリットが多く見られました。なかでも速度と料金に関しての口コミが多く、満足のできる内容のようです。

また、ファミリープランや、通話プランなどプランごとに満足との声が多く見られました。IIJmioは料金に関してメリットの多い、非常にコスパの良いサービスだといえます。

速度に関しても評判はよく、低速モードに切り替えたとしても、バーストモードを併用することによって、動画も視聴できるという声も見受けられました。

多少のストレスはあれど、データ消費無しで動画を視聴できる点は大きなメリットだといえるでしょう。

【IIJmio】詳細はこちら

IIJmioのデメリット

次に、口コミや評判からわかるIIJmioのデメリットについて紹介していきます。口コミや評判からわかったメリットは以下の通りです。

IIJmioのデメリット

  • 昼休みに使えない
  • 低速モードにすると、高画質の動画が見られない
  • Aプランの場合3日に6GB以上使うと制限がかかる
  • チャットサポートにムラがある

もっとも多く見受けられた悪い評判は、「昼間に通信速度が遅くなる」という声です。多くの人がスマホを使う時間帯である昼間の時間帯に、通信速度が遅くなることがあるようで、これは大きなデメリットといえるでしょう。

また、IIJmioのチャットサポートサービスにも悪い評判が見受けられました。「チャットサービスが迅速でわかりやすい」という声も見られましたが、反対に「チャットサービスのレベルが低い」というような声も見受けられました。

対面でのサポートがほとんどない格安SIMにおいて、チャットでのサポートに悪い評判が見受けられたのはデメリットだといえるでしょう。

他にも3日以内に6G以上使うと速度制限がかかるなど、速度やサポート面にデメリットがあるといえます。

【結論】IIJmioの評判は良いの?悪いの?

ここまで、IIJmioの特徴やメリット・デメリットを紹介してきました。以下にIIJmioの特徴のまとめを紹介します。

IIJmioはこんな人に好評

評判から、IIJmioは次のような人におすすめだといえます。

IIJmioはこんな人に好評

  • 少ないギガをやりくりしたい人
  • 通信量を分け合って使いたい人
  • 自分にあった容量を選びたい人

以下では、これらを解説していきます。

少ないギガをやりくりしたい人に好評

普段データをあまり使わない人は、以下の方法を活用することで少ないデータプランでも十分使えます。

  • 高速/低速通信の切り替え
  • データ容量の繰り越し

IIJmioクーポンスイッチアプリ(みおぽん)を使うと、高速通信・低速通信を手動で切り替えられます。

おすすめは、動画などデータ量の多い通信をするときだけON、低速通信で十分なSNSや軽いWebサイトの閲覧のときにはOFFに切り替える方法です。データ通信の使い分けをすることで、ムダなデータ容量の消費が抑えられ、スマホ料金をお得に使えます。

また、余ったデータ容量は、翌月に繰り越せ流転が魅力です。

一度繰り越したデータ通信量は翌々月までは繰り越せないため、余った分だけ全て繰り越されるわけではありません。繰り越せなかった残量は消滅してしまうため、なるべく1ヵ月でちょうど使い切れるプランにしておくと無駄なく使えます。

【IIJmio】詳細はこちら

通信量を分け合って使いたい人に好評

IIJmioは、通信量を分け合って使いたい人におすすめだといえます。IIJmioには、データ容量シェアというサービスが有り、これを活用するとデータ容量をシェアすることが出できます。

同一のmioIDで契約しているグループでなければシェアができない点に注意が必要です。具体的な使用例は下記の通りです。

IIJmioデータ容量シェア

  • 家族間でデータシェア
  • 複数機能でデータシェア
  • シェアグループを作ってシェア

家族など同一mioID間での容量シェアはもちろん、音声やSMSなど異なるSIM機能間でシェアができる点が特徴です。家族や機能間でのシェアをしたい人にはおすすめだといえます。

自分に合った容量を選択したい人に好評

IIJmioは、自分に合った容量を選択したい人におすすめです。IIJmioのギガプランは、2GB、4GB、8GB、15GB、20GBとデータ容量が細かく分けられています。

そのため、データ容量の選択肢が広く、より自分に合ったデータ容量を選択できるのです。

ここにある容量で問題がない人は、選択肢も広くおすすめだといえます。

【IIJmio】詳細はこちら

評判からIIJmioがおすすめできない人

ここまで、IIJmioがおすすめな人を解説してきました。ここからは、IIJmioがおすすめとはいえない人の特徴を解説していきます。

お昼時によくスマホを使う人

IIJmioは、お昼にスマホをよく使う人にはおすすめだといえません。評判や口コミにも合った通り、お昼時になると急激に通信速度が遅くなる傾向があります。

朝や夜間にも通信速度が遅くなることがあるようです。そのため、お昼時にスマホをストレスなく使いたい人や、通信速度を重視する人にはおすすめとはいえないでしょう。

キャリアメールを引き続き無料で利用したい人

キャリアメールをそのまま使い続けたい人にもおすすめできません。大手キャリアでメールアドレスを持っている人は、IIJmioと契約すると現在のメールアドレスは使えなくなります。

キャリアのメールアドレスを引き継ぐ方法もありますが、月間に約300円ほどの利用料金が必要です。引き継がないにしても、新しいメールアドレスを友人や家族に周知する手間や時間もかかります。

そのため、キャリアメールを引き続き無料で利用したい人にはおすすめとはいえません。

店舗で手厚いサポートを受けたい人

IIJmioは、店舗で手厚いサービスを受けたい人にはおすすめできません。IIJmioのサポートは、主に以下の2つです。

IIJmioのサポート

  • 電話でサポートを受ける
  • Webフォームでサポートを受ける

問い合わせやサポートを受けたい場合は、上記の通り会員ホームページからチャットやメールで問い合わせるか、電話でIIJのサポートセンターに連絡するかの2つの方法が主流です。

大手キャリアのように、店舗での手厚いサービスを受けたいという人にはおすすめできないといえるでしょう。

IIJmioの申込み方法

ここまで、IIJmioの評判やメリット、デメリットについて紹介してきました。ここからは、IIJmioの申込み手順や必要なものを紹介していきます。

手順1.必要なものを用意する

IIJmioの申込みに必要なものは以下の通りです。

IIJmioの申込みに必要なもの

  • 本人確認書類
  • クレジットカード
  • MNP予約番号(他社から乗り換える場合のみ)
  • メールアドレス

IIJmioに契約する際に必要なものは上記の通りです。

IIJmioの支払い方法はクレジットカードのみで、デビットカードや口座振替ができません。そのため、申込み時にクレジットカードが必要な点に注意が必要です。

メールアドレスに関しても注意が必要です。キャリアメールに関しては、解約後月額料金を支払わない限り持ち運びできません。

そのため、キャリアメールではなくGmailやYahoo!メールなどのフリーメールを活用しましょう。

また、本人確認書類として使用できるものは以下の通りです。確認してみてください。

本人確認書類として使用できるもの

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • 日本国パスポート
  • 被保険者証
  • 特別永住者証明書
  • 在留カードまたは外国人登録証明書
  • 住民記帳台帳カード
  • 運転経歴証明書
  • 身体障がい者手帳
  • 精神障がい者保健福祉手帳
  • 療育手帳
  • 外務省の発行する「身分証明票」

手順2.公式サイトから申し込む

申込みに必要なものが揃ったら、いよいよ申込みです。申込みの手順は以下の通りです。

IIJmio申込み手順

  1. mio会員に登録
  2. 希望のスマホ・SIMを選択
  3. 希望の回線タイプとSIM期間機能を選択
  4. 基本登録情報を入力する
  5. クレジットカード情報を入力する
  6. 申込み完了

上記の手順に沿って申込みをすれば、IIJmioのスマホを利用できるようになります。ぜひ試してみてください。

手順3.初期設定をする

IIJmioが手元に届いたら、必要に応じて初期設定を行いましょう。新規契約でスマホをセットで購入した人は、初期設定は不要です。

MNP乗り換えの場合、以下の2つの設定をしましょう。

初期設定

  • 開通設定:窓口に電話
  • APN設定:SIM単体契約の場合

IIJmioの申込み手順は以上で完了です。ぜひ参考にしてみてください。

【IIJmio】詳細はこちら

「IIJmioに乗り換えたい!」と思った方は、IIJmioの最新キャンペーンを使ってお得に乗り換えましょう。

公開日時 : 2022年06月07日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード