楽天モバイルでiPhoneを安く購入する方法【2019年最新】機種変更・乗り換え完全版

【2019年最新】楽天モバイルでiPhoneを安く購入する方法や、楽天モバイルのiPhoneに機種変更・乗り換えする方法をご紹介します。楽天モバイルで販売されているiPhoneや、iPhoneを使う時の料金プランも解説。格安SIMでiPhoneに機種変更したい方必見。
BIGLOBEmobile20190724_desc 楽天モバイルでiPhoneを安く購入する方法【2019年最新】機種変更・乗り換え完全版

以前は格安SIMだとiPhoneが買えないというデメリットがありましたが、今ではiPhoneを販売する格安SIMも増えてきました。

楽天モバイルは2017年9月にiPhoneの販売を開始し、その利便性を高めています。

2019年10月現在、楽天モバイルはiPhoneの販売を終了しています。ただし、他社でiPhone端末を購入し乗り入れた場合や、Apple社からiPhone端末自体を別途購入すれば使用することができます。

今回は楽天モバイルでiPhoneを機種変更する際に気をつけたいことを紹介していきます。楽天モバイルでiPhoneを安く利用したい方はぜひ参考にしてください。

楽天モバイルはどんな格安SIM?

まずは個人向けの格安SIMシェア1位を誇る楽天モバイルが、どんな特徴があるのか見ていきましょう。

楽天ポイントのプレゼントがある

楽天といえばECマーケットである「楽天市場」。通販で買い物にする際に利用している人も多いことでしょう。

そして楽天市場といえば楽天ポイント。お金の代わりに商品を購入できるため、キャンペーンなどを使ってマメに溜めている人も少なくありません。

そんな楽天市場ユーザーに嬉しいのが、楽天モバイルの利用料金を楽天カードで支払った時にもらえる楽天ポイントです。

楽天モバイルでは利用料100円につき1ポイントが還元されますが、それに加え楽天カードでの支払いなら使った料金の1%のポイントが付与されるので、2倍ポイントが貯まります。

楽天カードは入会するだけでもポイントがプレゼントされるので、楽天モバイルを使おうと考えている人は必ず楽天カードでの支払いにしましょう。ちなみに楽天モバイルの支払いにも楽天ポイントが使えます。

2000円の年会費がかかる楽天ゴールドならポイントが5倍溜まるので、普段から楽天を使ってポイントを貯めている人は実質無料で楽天モバイルを使うことも可能です。

他の格安SIMにはできない大きな魅力の一つと言えるでしょう。

BIGLOBEmobile20190724_incontent

通常時の通信スピードは問題なく使える

格安SIMを選ぶ際に重要なのが通信スピードです。せっかく携帯代を抑えられても、通信スピードが遅くなって、ストレスになっては本末転倒ですね。

楽天モバイルは多少通信速度にバラつきがあるものの、普通に使っていて困ることはないでしょう。ただし、動画再生時など特定のアプリを使う時には通信速度が制限されるという情報もあるので気を付けましょう。

公式ページでは記載されていませんが、アプリによって通信速度が変わるという結果が多くあるため、スマホで動画よく見る方などは注意した方がいいかもしれません。

日本全国に楽天ショップを持ち即日開通も可能

格安SIMの中には店舗を持たず、オンライン上だけでサービスを展開しているブランドも多いですが、楽天モバイルは独自の店舗も多く展開しています。

在庫の状況にもよりますが、即日開通に対応してくれる場合もあります。楽天モバイルの店舗だけでなく、大手の量販店とも提携しているので、日本全国ほとんどの地域で申し込みが可能です。

また店舗だけでなく、オンライン上でも問い合わせに対応してくれます。AIチャットと有人オペレーターを組み合わせた窓口で待ち時間が少なく、確実に回答をもらうことができます。

オンラインの窓口と店舗が用意されているので、分からないことやトラブルがあった際も安心して相談できるでしょう。

iPhoneを含め20機種以上の端末がある

格安SIMではセットで買える端末が限られている場合もありますが、楽天ではiPhoneを含む20機種以上の端末の中から選べます。

SIMと端末のセット販売では初心者でも安心できる端末保証もつけることもできます。比較的新しい端末も取り扱っているので、気になる端末が出たら機種変更するのも楽しみの一つですね。

【月額1,480円~】楽天モバイルで機種変更する

料金の支払い方法が選べる

一般的な格安SIMではクレジットカードでの支払いが基本で、それ以外での支払いができない場合も多いです。そのため、クレジットカードを持っていないがために、格安SIMの利用を諦めた人もいるのではないでしょうか。

その点、楽天モバイルではクレジットカード以外にも、キャリアのように口座振替やポイントでの支払いも可能です。楽天カードでの支払いがおすすめですが、クレジットカードを持っていない人でも諦める必要がありません。

楽天でんわアプリで通話量が半額

格安SIMの通話料金というのは30秒20円が相場。キャリアもあまり変わりませんが、キャリアはかけ放題などのサービスがあります。

格安SIMでは完全かけ放題がない代わりに、通話料を抑えるアプリを開発しているブランドも少なくありません。楽天モバイルは「楽天でんわ」という通話アプリによって、通話料を半額にしてくれます。

電話帳に入っている連絡先から自動で連絡先を同期してくれるので、わざわざ入力しなおす手間もなく便利です。

5分かけ放題サービスがある

格安SIMにはかけ放題がないといいましたが、限定的なかけ放題を用意している格安SIMはあります。楽天モバイルでは月額850円で5分かけ放題のサービスを用意しています。

短いように感じる方もいるかもしれませんが、平均的な通話時間2~3分程度なので、ほとんどの通話は5分もあればこと足りるでしょう。短い電話をする機会の多い方はぜひ活用しましょう。

わからない時はリモート操作で教えてくれる

格安SIMはキャリアに比べて、初期設定がややこしいです。スマホに詳しい人であれば、難なくこなせますが、初期設定の時点でつまずく人も少なくありません。

そんな人のためにあるのが楽天モバイルの「あんしんリモートサポート」というオプションサービスです。

月額500円でわからないことをチャットやリモート操作で解決してくれます。不安な人はとりあえずつけておいて、慣れてきたら外すようにするだけでスムーズに格安SIMを使い始められます。

【月額1,480円~】楽天モバイルはこちら

iPhoneで楽天モバイルを使う3つの方法

楽天モバイルでiPhoneを使用できるケースは主に3つあります。それぞれどんなメリット。デメリットがあるのか見てみましょう。

楽天モバイルでiPhoneとSIMを一緒に買う

まずはSIMも端末も同時に楽天モバイルから購入するパターンです。iPhoneとSIMが同時に届くので、SIMを端末に挿して初期設定をすれば利用できます。

楽天モバイルで扱っているiPhoneは、現在「iPhone SE」となります。楽天モバイルでiPhoneを買う際には「海外販売モデル」か「メーカー認定整備済みiPhone」のどちらかになります。

2019年10月現在、楽天モバイルはiPhoneの販売を終了しています。ただし、他社でiPhone端末を購入し乗り入れた場合や、Apple社からiPhone端末自体を別途購入すれば使用することができます。

どちらも日本国内で販売されているiPhoneとは、最初からインストールされているアプリや仕様が異なる場合があります。

機種によって国内販売されている端末を扱っている格安SIMもありますが、楽天モバイルを持ってしても新品の純正iPhoneを取り扱うのは難しいようです。

メーカー認定整備済みiPhoneとは、一度使われているもののAppleの品質基準を満たしている端末になります。

言ってしまえば中古品のため、少し値段が落ちます。Appleの1年間のハードウェア保証の対象になりますが、楽天モバイルではさらに長期の保証も用意してくれています。

月額500円の「つながる端末保証by楽天モバイル」に加入しておけば、不具合があった場合も修理費を出してくれるため安心できますね。

楽天モバイルSIMを買ってiPhoneを別で用意する

次のパターンはSIMだけを楽天モバイルで購入して、大手キャリアで購入したiPhoneをそのまま使うパターンです。

最新機種の便利さと、格安SIMの安さどちらのメリットも得られます。大手キャリアのSIMを使っているのに比べて2年間の利用料が半額になる場合もあります。

元々大手キャリアのiPhoneを使っていて、楽天モバイルに代える場合には一作業必要な場合もあります。楽天モバイルはドコモの回線を使っているため、ドコモで買った端末であればSIMを差し替えて初期設定をするだけで済みます。

しかし、auとソフトバンクの場合は購入から100日経ってからSIMロック解除を行わなければなりません。

大手キャリアで購入したiPhoneには他のキャリアのSIMを使われないようにSIMロックという設定をしているのです。このSIMロックの設定を外すのがSIMロック解除です。

iPhone6以前の端末ではSIMロック解除ができないため、古い端末をご利用の場合はドコモ端末しか使えないということになります。

大手キャリアを通さず、SIMフリーのiPhoneをメーカーであるappleから直接買うこともできます。実店舗でもオンラインストアでもどちらでも購入できるので自分に合った方法で買うといいでしょう。

しかし、大手キャリアはiPhoneと自分たちの契約をセットで売ることで端末代金を大幅に下げて販売しています。Appleから直接買うとその割引がなくなるため端末代金を見れば、キャリアで買うよりも高くなってしまうのです。

楽天モバイルで月々の料金を下げても端末代金を考えるとさほどお得にならない場合もあるので、購入前にしっかりシミュレーションしましょう。

楽天モバイル利用中にiPhoneに機種変更する

最後に紹介するのは既に楽天モバイルを活用していて、Android端末からiPhoneに機種変更するパターンです。楽天モバイルでiPhoneのみを購入することもできます。

ただし、SIMカードのサイズがnanoSIM以外の場合には、サイズ交換(1枚3,000円)が必要なので、いま使っているSIMのサイズを確認しましょう。

【月額1,480円~】楽天モバイルはこちら

楽天モバイルで格安iPhoneを使おう

キャリアに比べ、楽天モバイルなら半額以下でiPhoneを使うことも可能です。

その分キャリアはかけ放題が料金に含まれるのですが、もしあまり電話をしないようであれば、楽天モバイルを使った方がずっと安く済みます。

また普段から通話をする人でも月額850円の5分かけ放題をつければ、電話をしながら安くiPhoneが使えます。

最新のiPhoneではありませんが、安くiPhoneを使いたいという方は、楽天モバイルを検討してみてはいかがでしょうか。

【月額1,480円~】楽天モバイルはこちら

こちらの記事では、楽天モバイルと一緒に契約したいおすすめのポケットwifiをご紹介しています。

Y!mobile1,080円~

公開日時 : 2019年08月05日

鈴木光平 ― ライター
鈴木光平 ― ライター

フリーのライター、趣味は料理とダンス。たまに公園で踊ってます。見かけたら声かけてください。喜びます。結婚してからは料理男子。妻の美容と健康のために頑張ったらハワイでモテる身体に近づけてしまいました。

関連キーワード