UQモバイル

[2022年]ワイモバイルおすすめ機種ランキング|おすすめのガラケーも紹介

ワイモバイルの最新おすすめ機種を紹介。ワイモバイルでは、iPhone・Androidの人気機種を取り揃えています。2021年2月からはiPhone 12/12 miniも登場!本記事で紹介しているキャンペーンを利用すると、お得にスマホを購入できるので、ワイモバイルのスマホを検討している方は必見です。
UQモバイル [2022年]ワイモバイルおすすめ機種ランキング|おすすめのガラケーも紹介

ワイモバイルへの乗り換えや、ワイモバイルで機種変更を考えている方もいると思いますが、最近はどんな端末が人気なのか気になりますよね。

1、2年は使う端末になるので、少しでも自分に合った端末を選びたいと思うでしょう。

今回はワイモバイルで新しく発売された端末とおすすめの端末を紹介していきます。2021年2月からiPhone 12とiPhone 12 miniも発売開始なので、この機会にワイモバイルのスマホをチェックしてみてください。

ワイモバイルおすすめ機種ランキング

ワイモバイルで機種変更できる、おすすめiPhone・Androidスマホを集めました。キャンペーンを使って、ワイモバイルでお得にスマホを買い替えましょう。

ワイモバイルおすすめ機種まとめ

ワイモバイルのおすすめ機種ランキングの前に、まずは条件別におすすめ機種をまとめておきます。

  • ハイスペック→iPhone 12 / iPhone 12 mini
  • コスパ→iPhone SE(第2世代)
  • android→Xperia 10 III
  • 価格重視→AQUOS sense4 basic
  • ガラケー→DIGNO ケータイ3

それぞれの機種の詳細については、ランキング内で紹介しているので、ぜひご覧ください。

【ワイモバイル】詳細はこちら

1位:iPhone 12 / iPhone 12 mini

出典:Apple

ワイモバイルは、5Gサービスの提供に伴い、5G対応スマホ「iPhone 12」と「iPhone 12 mini」の販売を2021年2月下旬より開始しました。

また、5G対応のワイモバイル新料金プラン「シンプルS/M/L」も2021年2月18日より提供開始しており、この機会にワイモバイルでiPhone 12/12 miniを検討してみましょう。

【ワイモバイル】iPhone 12/12 mini詳細はこちら

機種名 iPhone 12 iPhone 12 mini
価格(税込)(※) 64GB:110,880円
128GB:116,640円
256GB:131,040円
64GB:96,480円
128GB:102,960円
256GB:116,640円
本体サイズ 146.7mm×71.5mm×7.4mm 131.5mm×64.2mm×7.4mmm
画面サイズ 6.1インチ 5.4インチ
重さ 162g 133g
CPU A14 Bionicチップ A14 Bionicチップ
メモリ 4GB 4GB
ストレージ 64GB/128GB/256GB 64GB/128GB/256GB
バッテリー 2,815mAh 2,227mAh
アウトカメラ 1,200万画素+1,200万画素 1,200万画素+1,200万画素
インカメラ 1,200万画素 1,200万画素
カラー ブラック/ホワイト/(PRODUCT)RED/グリーン/ブルー ブラック/ホワイト/(PRODUCT)RED/グリーン/ブルー

(※)オンラインショップで購入すると18,000円割引で購入できます

iPhone 12/12 miniは、Apple初の5G通信対応モデルです。スマホの中でも最速の高性能チップ「A14 Bionic」を搭載しているため、アプリやゲームなどもスムーズに動作します。

前モデルのiPhone 11シリーズよりカメラの性能も向上し、ナイトモードやスマートHDR3による明るさ調整などがより精密になりました。

デザインはiPhone 4/5、あるいはiPad Proのような角ばった仕様になっており、カラーも充実しています。iPhone 12 miniは、手に馴染みやすい小型スマホなので、片手操作がしやすいことも特徴の1つです。

【ワイモバイル】iPhone 12/12 mini詳細はこちら

iPhone 12の口コミ

iPhone 12の口コミでは、カメラ機能に満足している口コミが多く見られます。

カメラ機能に特化したスマホは数多くありますが、iPhone 12も候補として挙げられそうです。

ワイモバイルでiPhone 12/12 miniに機種変更する

2位:iPhone SE(第2世代)

出典:ワイモバイル
  • 高スペックなのにiPhone史上最安価格
  • 手になじみやすい4.7インチのコンパクトサイズ

iPhone SE(第2世代)は、購入しやすい価格設定でありながら高性能なプロセッサーを搭載していることが大きな特徴です。

iPhone X以降廃止されていたホームボタンが再び搭載され、片手で操作しやすいコンパクトなサイズも魅力的なモデルです。

【ワイモバイル】iPhone SE(第2世代)詳細はこちら

機種名 iPhone SE(第2世代)
価格 64GB:63,360円(税込)
128GB:70,488円(税込)
本体サイズ 138.4×67.3×7.3mm
画面サイズ 4.7インチ
重さ 148g
CPU A 13 Bionicチップ
メモリ 3GB
バッテリー 約1,821mAh
アウトカメラ 1,200万画素
インカメラ 700万画素
ストレージ 64GB/128GB/256GB
カラー ブラック/ホワイト/(PRODUCT)RED

スマホの中で最速のチップを搭載

出典:ワイモバイル

iPhone SE(第2世代)は、5万円以下のモデルにも関わらずハイエンドモデルであるiPhone 11 Proと同じチップであるA13 Bionicを搭載しています。

処理速度が速いため、サクサクとした操作性を実現し、ヘビーな3Dゲームもストレスなくプレイできます。

充実したカメラ性能

出典:ワイモバイル

高性能チップにより、ポートレートモードを始めとしたカメラの性能も充実しています。

デュアルレンズやトリプルレンズを採用するモデルが増えている中、iPhone SE(第2世代)のカメラレンズは1つです。しかし、性能が劣っているわけではありません。

被写体を認識して、明るさや肌のトーンなどを自然に調節してくれるので、難しい設定をしなくても美しい写真を撮影できます。ポートレートモードは、背景のぼかしの強弱を写真を撮影した後でも調整可能です。

また、4Kビデオを撮影できるため、細部まで鮮明な動画撮影ができます。

【ワイモバイル】iPhone SE(第2世代)詳細はこちら

3位:Xperia 10 III

出典:Xperia 10 III

Xperia 10 IIIは、Xperia 1 IIIの廉価モデルに当たるミドルレンジスマホです。キャリアは、ドコモ、auからの販売がありますが、サブキャリア、格安SIM事業者の中での取り扱いがあるのは、執筆時点ではワイモバイルのみです。毎月のスマホ台を安く運用していきたい方はワイモバイルでの購入を検討しましょう。

機種名 Xperia 10 III
価格 54,000円(税込)
端末割引適用で
36,000円
本体サイズ 約154mm×約68mm×約8.3mm
画面サイズ 約6.0インチ
重さ 約169g
CPU Qualcomm Snapdragon 690 5G Mobile Platform
メモリ 6GB
ストレージ 128GB
バッテリー 4,500mAh
アウトカメラ 約1,200万画素+約800万画素+約800万画素
インカメラ 約800万画素
カラー ブラック/ホワイト/ブルー/ピンク

21:9のシネマワイドディスプレイはHDRの有機ELに対応。縦長の高機密なディスプレイはマルチウィンドウに設定できますので、映像体験とウェブ検索などの日常使いが両刀楽しめるモデルです。

カメラは、超広角、広角、望遠の3眼レンズを搭載。プレミアムおまかせオートで、撮影シーンを自動で判別し誰でも簡単に綺麗に写真撮影が行えるとのこと。

オーディオはハイレゾ対応、ソニー独自の技術「DSEE Ultimate」によりワイヤレスでもハイレゾ相当の再生が可能な他、3.5mmオーディオジャックを搭載していますので有線再生も可能。

音、映像、カメラの体験をよりエコノミーな価格で心ゆくまで楽しみたい方におすすめの一台です。

【ワイモバイル】Xperia 10 III詳細はこちら

4位:AQUOS sense4 basic

出典:ワイモバイル

「AQUOS sense4 basic」は、AQUOS史上最大容量のバッテリーを搭載し、長時間の電池持ちを実現したモデルです。ワイモバイルでは、2020年11月19日より販売されています。

機種名 AQUOS sense4 basic
価格 39,600円(税込)
本体サイズ 約148mm×約71mm×約8.9mm
画面サイズ 約5.8インチ
重さ 約176g
CPU Qualcomm Snapdragon 720G
メモリ 3GB
ストレージ 64GB
バッテリー 4,570mAh
アウトカメラ 約1,200万画素+約800万画素
インカメラ 約800万画素
カラー ライトカッパー/シルバー/ブラック

AQUOS sense4 basicの最大の特徴は、4,570mAhの大容量バッテリーです。外出時や旅行先でも、充電を気にすることなく利用できます。

さらに、充電をコントロールする機能「インテリジェントチャージ」も備わっているため、使い始めてから1年経っても電池寿命が90%以上とバッテリーの劣化を抑えることが可能です。

その他にも、省電力に対応したIGZOディスプレイや、処理性能が向上した高性能チップを搭載。デュアルカメラは、様々なシーンでプロのような写真が撮影できます。

もちろん、おサイフケータイ・防水・防塵など基本的な機能も備わっているので、あらゆる場面で活躍する1台になるでしょう。

【ワイモバイル】AQUOS sense4 basic詳細はこちら

5位:Redmi 9T

Redmi 9T 出典:ワイモバイル
  • 2万円台で3眼カメラを搭載
  • 側面の指紋認証で楽々ロック解除

Redmi Note 9Tは、価格と性能のバランスがとれたコスパスマホといえます。

低価格帯スマホはおサイフケータイ非搭載もある中、おサイフケータイ・顔認証・指紋認証全てに対応しているんです。

加えてトリプルカメラも搭載しており、ミドルレンジスマホにも負けない性能を誇ります。安くて性能の良いスマホが欲しいなら、Redmi Note 9Tに決まりです!

機種名 Redmi Note 9T
プロセッサ(CPU) Mediatek Dimensity 800U
メモリ(RAM) 4GB
ストレージ(ROM) 64GB
バッテリー容量 5000mAh
アウトカメラ トリプルカメラ
アウトカメラ 内訳 標準:4800万画素 マクロ:200万画素 深度:200万画素
インカメラ 1300万画素
おサイフケータイ
顔認証
指紋認証
画面サイズ 6.53インチ

【ワイモバイル】Redmi 9Tに機種変更する

6位:OPPO Reno5 A

OPPO Reno5 A 出典:ワイモバイル

OPPO Reno5 Aのスペックから、この機種はミドルハイ、つまりハイエンド寄りのミドルスペックスマホ、と見ることができます。

もちろん5G回線にも対応しています。数年先でも現役モデルとして十分通用するでしょう。

iPhone 12シリーズのようなハイエンドモデルには劣りますが、画面の動きの速いゲームなどをやり込まない限りは、動きに不満を感じることはあまりないでしょう。

機種名 OPPO Reno5 A
本体サイズ 約H162×W74.6×D8.2mm
画面サイズ 約6.5インチ
重さ 約182g
CPU Qualcomm Snapdragon 765G
RAM/ROM RAM:6GB
ROM:128GB
バッテリー 約4,000mAh
アウトカメラ メイン:約6,400万画素
超広角:約800万画素
モノクロ:約200万画素
マクロ:約200万画素
インカメラ 約1,600万画素
主な機能 指紋認証/顔認証
おサイフケータイ
防水防塵IP68
デュアルSIM(nanoSIM・eSIM)/5G対応
※ワイモバイル版はnanoSIMのみのシングルSIM
カラー シルバーブラック
アイスブルー

【ワイモバイル】OPPO Reno5 Aに機種変更する

OPPO Reno5 Aの口コミ

OPPO Reno5 Aはカメラ機能が魅力という口コミが見られます。

10万円以上するハイエンドモデルのスマホには劣るものの、ミドルスペックのスマホでカメラにこだわりたい方にはおすすめの機種です。

【ワイモバイル】OPPO Reno5 Aに機種変更する

7位:Libero 5G

Libero 5G 出典:ワイモバイル

Libero 5Gは5G対応の高性能プロセッサ搭載しており、大容量コンテンツもすぐにダウンロードできます。

さらに約6.5インチの大画面なので、動画視聴を十分に楽しみたい方におすすめの端末です。

機種名 Libero 5G
価格(税込) 25,920円
本体サイズ 約77×166×9.2mm
画面サイズ 約6.5インチ
重さ 約201.7g
CPU Snapdragon™ 690 5G(オクタコア)2.0GHz+1.7GHz
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
バッテリー 3,900mAh
アウトカメラ 約1,600万画素
インカメラ 約800万画素
カラー ブルー/ホワイト/レッド

【ワイモバイル】Libero 5Gに機種変更する

8位:Android One S8

Android One S8 出典:ワイモバイル

Android One S8は画面サイズが6.26インチでフルHD+の高精細大画面が魅力の機種です。画面が大きいため画面分割でふたつのアプリを同時に表示させることも可能です。

またバッテリー容量は4,100mAhのため、長時間スマホを利用したい方におすすめの機種です。

機種名 Android One S8
価格 25,920円
本体サイズ 約76×162×8.7mm
画面サイズ 6.26インチ
重さ 約169g
CPU MT6768(オクタコア)2.0GHz / 1.7GHz
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
バッテリー 4,100mAh
アウトカメラ 約1,600万画素
インカメラ 約800万画素
カラー ホワイト/ペールブルー/ブラック

【ワイモバイル】Android One S8に機種変更する

9位:Android One S7

出典:ワイモバイル

「Android One S7」は「Android One S6」と同じく「Android One」シリーズの最新スマホ。4000mAhのバッテリーと高性能ディスプレイが売りのスマホです。

機種名 Android One S7
価格 29,304円(税込)
本体サイズ 70mm×147mm×8.9mm
画面サイズ 5.5インチ
重さ 約167g
CPU SDM630
RAM/ROM RAM3GB/ROM32GB
バッテリー 4000mAh
アウトカメラ 約1,200万画素
インカメラ 約800万画素
カラー ライトカッパー・シルバー・ブラック

画面サイズは5.5インチ。シャープが量産化に成功した半導体「IGZO」を使用したディスプレイは通常の液晶モニタと比較し伝達速度が早く、かつ解像度が高くなります。

高品質なディスプレイと1週間持つというバッテリー。そんなAndroid One S7を一度検討してみてはいかがでしょうか。

【ワイモバイル】Android One S7詳細はこちら

10位:Xperia 8

ついにワイモバイルでもXperiaの取り扱いが開始しました!

Xperia 8は、2019年冬モデルで発売されたハイスペックスマホ、「Xperia 5」と同じ細長いボディが特徴となっています。

細長いボディを活かした快適な映画鑑賞や、PCのようにデュアルディスプレイとして使えるのが大きな魅力です。

機種名 Xperia 8
価格 39,600円(税込)
本体サイズ 158mm×69mm×8.1mm
画面サイズ 6.0インチ
重さ 約170g
CPU Qualcomm Snapdragon 630
RAM/ROM RAM4GB/ROM64GB
バッテリー 2,760mAh
アウトカメラ デュアルカメラ(広角+望遠)
約1,200万画素
約800万画素
インカメラ 約800万画素
カラー ブラック・ホワイト・オレンジ・ブルー

【ワイモバイル】Xperia 8詳細はこちら

感動的な視聴体験!「スマホ=映画館」になる!?

ぱっと見でわかる通り、Xperia 8は21:9という縦長のアスペクト比が特徴です。

21:9というのは、映画館のスクリーンの比率を再現しているそう。そのため、スマホで動画視聴や映画鑑賞をする際、画面上下に黒帯が入りません。

出典:ワイモバイル

黒帯が入らないということは、画面いっぱいに映像を楽しめるということです。Xperia 8なら、映画館さながらの大迫力で快適に動画視聴ができます。

大きなディスプレイに加え、カメラ性能も向上しています。アウトカメラは1200万画素の広角レンズと800万画素の望遠レンズの2種類を搭載。

また、「ポートレートセルフィー」機能も使用可能に。撮影後に露出の調整(背景のぼかし)や肌、目の大きさを加工できるようになっています。

マルチウィンドウで”ながら操作”できる

出典:ワイモバイル

さらに、縦長画面を活かした”ながら操作”ができるのも魅力。

画面を2つに分けて別々の作業ができるので、以下のような使い方ができます。

  • ショッピングアプリ+ショッピングアプリ:2つのショッピングアプリで価格比較
  • 資料+メール:資料を確認しながらメールに返信
  • 地図アプリ+メッセージアプリ:場所を確認しながら会話
  • ニュースサイト+辞書アプリ:英語の記事を読みながら知らない単語を調べる

タブレットやPCのデュアルディスプレイのように、1つのスマホで2つの作業を同時に行うことができます。面倒だったアプリを交互に開く作業が一切不要なため、それだけでかなりありがたいですよね。

加えて、マルチウィンドウが使えるスマホはほとんどないので、最も便利なスマホといっても過言ではないでしょう。

【ワイモバイル】Xperia 8詳細はこちら

11位:Android One X5(LG)

出典:ワイモバイル

最近話題になっている「Android One」シリーズ。同じシリーズなのに違うメーカーが手がけていたりと、他のシリーズとはやや異なるシリーズもあります。

ご存知の通り、AndroidはiPhoneとは違い様々なメーカーがスマホを製造し、自社の端末に合わせてOSをカスタマイズさせています。

そのため新しいOSが誕生しても、メーカーによってカスタマイズが必要だったため、アップデートにタイムラグが生じていました。Googleは様々なメーカーと協力し、最新のOSを利用できるスマホを開発したのがAndroid Oneです。

18ヶ月間は最新OSのアップデートが保障されており、Android標準のシンプルで使いやすいインターフェースが使われています。そのため、メーカーが違っても使用感が似ているのです。

これまで手に入れやすい低価格帯が主流だったAndroid Oneですが、初めてハイスペックな機種として登場したのがAndroid One X5です。

例えばカメラは基本的なスペックが高い上に、AIカメラが搭載されています。被写体を判別した上で9つの撮影モードから自動で最適な撮影モードを選んでくれる機能となります。

自分で撮影モードを選んで切り替えるのが面倒だという人も、ベストな状態で撮影をすることができます。そしてCPUという、スマホの処理能力を決める部分には「Snapdragon 835」が使われています。

最後の数値の値が大きいほど新しく性能もいいのですが、Android One X5はAndroid Oneシリーズで、最初に800番代を搭載したスマホとなります。

通常であれば10万円台のスマホに搭載されるCPUですが、それに匹敵する性能を持っていることになります。決して安いスマホではありませんが、その性能を考えればコスパが良い端末だといえるでしょう。

【ワイモバイル】Android One X5詳細はこちら

12位:かんたんスマホ2

かんたんスマホ2 出典:ワイモバイル

かんたんスマホ2は、スマホをはじめて持つ方や、シニア向けの機種です。

操作が簡単なのはもちろん、困ったときのサポートも充実しており、はじめてスマホを持つ方でも安心して利用できるのでおすすめです。

機種名 かんたんスマホ2
価格(税込) 31,680円
本体サイズ 約71×159×8.9mm
画面サイズ 約5.6インチ
重さ 約151g
CPU MT6761(4core)2.0GHz
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
バッテリー 3,300mAh
アウトカメラ 約1,300万画素
インカメラ 約500万画素
カラー シルバー/レッド/ネイビー

【ワイモバイル】かんたんスマホ2詳細はこちら

\初回限定3ヶ月無料!/

13位:DIGNO ケータイ3

DIGNO® ケータイ3 出典:ワイモバイル

DIGNO ケータイ3は、ワイモバイルから販売されているガラケーです。

1週間超えの電池持ちや耐久性が高い点がおすすめのガラケーです。

機種名 DIGNO® ケータイ3
価格(税込) 28,800円
本体サイズ 約51×112×17.9mm
画面サイズ 3.4インチ
重さ 約131g
CPU MSM8909(クアッドコア)1.1GHz
メモリ 1GB
ストレージ 8GB
バッテリー 1,700mAh
カメラ 800万画素
カラー シルバー/ピンク

【ワイモバイル】DIGNO ケータイ3の詳細はこちら

ワイモバイルの料金プラン

ワイモバイル 出典:ワイモバイル
プラン名 シンプルS シンプルM シンプルL
データ通信容量 3GB 15GB 25GB
月額料金(税込) 2,178円 3,278円 4,158円
割引後
月額料金(税込)(※)
990円 2,090円 2,970円
速度制限時の
通信速度
最大300Kbps 最大1Mbps 最大1Mbps

※家族割引サービス適用時

ワイモバイルの料金プランは、月の通信量が3GB・15GB・25GBの3つに分かれています。

最安のシンプルSプランでは、月額1,000円以下のため、月々のスマホ料金を抑えたい方におすすめのプランです。

【ワイモバイル】詳細はこちら

ワイモバイル最新キャンペーン情報

ワイモバイルで実施中の最新キャンペーンをご紹介します。

詳しくは、ワイモバイルのキャッシュバックキャンペーンをご覧ください。

最大10,000円相当のPayPayボーナス

出典:ワイモバイル

現在、ワイモバイルを契約するとPayPayボーナスがもらえるキャンペーンを開催中です。

こちらのキャンペーンは、Yahoo!JAPAN IDでログインして申し込み前にエントリーする必要があります。

  • 期間:2021年6月1日~
  • 特典:PayPayボーナス最大3,000円相当プレゼント

特典の適用は、新規・乗り換え(MNP)番号移行でシンプルS/M/Lに申し込む方が対象です。

なお、もらえる特典額はプランによって異なりシンプルSが500円相当シンプルM/Lが3,000円相当となっています。

特典を受け取るまでの流れは、以下を参考にしてください。

  1. Yahoo!JAPAN IDでログインしてキャンペーンページからエントリーする
  2. 店舗またはWebからシンプルS/M/Lを契約する
  3. 申し込み日までの翌月までにエントリーしたYahoo!JAPAN IDでワイモバイルサービスの初期登録を完了する

ワイモバイルのシンプルS/M/Lを申し込む前にエントリーする場合は、特典対象外となるので注意しましょう。

PayPayボーナスの付与時期は、申込日の翌々月末を予定しています。

またこちらの特典に加えて、「SIMご契約特典」または「スマホご契約特典」を併用できます

「SIMご契約特典」はSIMのみを契約する場合に適用されて、それぞれの特典額は以下の通りです。

SIMご契約特典

プラン 契約方法 PayPayボーナス
特典額
シンプルS 乗り換え 3,000円相当
シンプルM 新規・乗り換え 5,000円相当
7,000円相当
(※2021年11月28日まで増額中)
シンプルL 新規・乗り換え 7,000円相当

「スマホご契約特典」は、スマホとセットで申し込む場合にPayPayボーナスがもらえる特典です。

シンプルS/M/Lを新規・乗り換えで申し込むと、最大7,000円相当のPayPayボーナスが付与されます。

キャンペーンを組み合わせると、最大10,000円相当のPayPayボーナスがもらえます。

いずれも日にちや曜日に関係なく毎日もらえるチャンスがあるので、ぜひこの機会にワイモバイルを検討してみましょう。

【ワイモバイル】詳細はこちら

端末割引キャンペーン

出典:ワイモバイル

ワイモバイルでは、人気のスマホが最大21,600円割引になるお得なキャンペーンを実施しています。

割引対象端末 割引適用後
販売価格(税込)
OPPO Reno5 A 31,680円
9,800円
Libero 5G Ⅱ 21,960円
1円
AQUOS sense4 basic 21,960円
1円
Android One S8 25,920円
4,320円
かんたんスマホ2 25,920円
4,320円
Xperia 10 II 46,800円
25,200円

対象端末の中には、割引が適用されることで1円で購入できるものがあります。

その他のスマホもお得な価格で購入できるので、この機会を見逃さないようにしましょう。

さらに、ワイモバイルのオンラインショップで端末を購入すると、事務手数料が無料なので店舗で購入するよりもお得です。

なお、割引対象のスマホは変動する可能性があります。最新情報が気になる方は、ワイモバイルの公式サイトを確認してください。

【ワイモバイル】詳細はこちら

データ増量無料キャンペーン2

出典:ワイモバイル

はじめてデータ増量オプションを申し込むと、月額料550円(税込)が1年間無料になるキャンペーンです。

つまり、1年間通常よりも多いデータ容量を使えることになります。増量後のデータ容量は以下の通りとなっています。

  • シンプルS:3GB→5GB(+2GB)
  • シンプルM:15GB→20GB(+5GB)
  • シンプルL:25GB→30GB(+5GB)

シンプルSなら2GB増量、シンプルM・Lなら5GBも多く使えます。

契約後もプラン変更は可能なので、最初は思う存分使えるシンプルMやLがおすすめです。

【ワイモバイル】詳細はこちら

下取りプログラム

出典:ワイモバイル

ワイモバイルに新規加入・MNP・機種変更・契約変更をした方を対象に、それまで利用していた端末を下取りして、対象機種に応じて特典が付与されるプログラムです。

特典はPayPayボーナスと購入機種代金値引きのどちらかを選択できます。

特典の金額は機種によって異なるので、ワイモバイルの公式サイトから確認してください。

なお、電源が入らない場合や、初期化されていない、各種ロックが解除されていない端末は下取りの対象外となるので注意しましょう。

【ワイモバイル】詳細はこちら

ワイモバイルの機種変更方法

ワイモバイルの機種変更はオンラインでの契約がおすすめです。

オンラインだと、契約事務手数料の3,300円(税込)が無料になったり、最短翌日発送ですぐに届くといったメリットが複数あります。

詳しい機種変更手順や必要なものについては、ワイモバイルの機種変更手順を解説した記事があるので、ぜひご覧ください。

ワイモバイルでおすすめ機種を購入しょう

ワイモバイルのおすすめ機種に加え、料金プランやお得なキャンペーンを紹介しました。

最後におすすめ機種をまとめるとこちらの通りです。

  • ハイスペック→iPhone 12 / iPhone 12 mini
  • コスパ→iPhone SE(第2世代)
  • android→Xperia 10 III
  • 価格重視→AQUOS sense4 basic
  • ガラケー→DIGNO ケータイ3

この記事を参考に、特にワイモバイルの機種変更をしましょう。

【ワイモバイル】詳細はこちら

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2022年01月06日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!