法人契約できる格安SIMおすすめ7社|法人向けメリット・注意点・料金プラン

法人契約ができる格安SIMにはどんなものがあるのでしょうか。回線数が多くなる法人契約をするとなると、月間利用料の総額も高額になるので、格安SIMを選ぶ会社が増えています。この記事では法人契約ができる格安SIMのおすすめについて解説します。
BIGLOBEmobile20190724_desc 法人契約できる格安SIMおすすめ7社|法人向けメリット・注意点・料金プラン

社員に対して、業務用の携帯電話やスマホを支給している会社はたくさんあります。仕事でもプライベート用のスマホを用意している会社も多いものですが、やはり情報漏えいなどのセキュリティ面での不安は拭えません。

携帯電話やスマホを法人契約するとなると、契約回線数はかなりの数に上る会社も多いです。信頼と実績のある大手キャリアを使うのもいいものですが、できるだけ経費を節約するために、格安SIMへの切り替えを検討している法人も増えてきています。

この記事では、法人向け格安SIMの特徴や注意点を説明した上で、ぜひおすすめしたい法人向け格安SIMを紹介します。

法人契約できる格安SIMおすすめ7社

ここから、法人契約ができる格安SIMのおすすめをご紹介します。同じ格安SIMと言っても、それぞれの会社でサービス内容や料金体系がかなり違ってきます。大手キャリアと比べた時に、どのくらいの経費削減ができるのか検討してみましょう。

【PR】mineo

出典:mineo

mineoは、関西電力グループのケイ・オプティコムが提供している格安SIMの会社です。小規模なベンチャーも多い中で、親会社が大手の会社なので信頼がおける会社といえるでしょう。

au、docomo、ソフトバンク、それぞれの回線に対応しているので、SIMロックを解除しなくても端末をそのまま使い続けられるという点で選ぶ人が増えています。

法人向けプランの場合には、データ通信だけならば500MBで月額700円から、現在使っている携帯電話番号がそのまま使える音声通話付きプランが月額1310円と、格安な料金で使えます。

法人向けプランは、必要な状況に応じて回線の種類や料金プランに柔軟に対応してもらえます。M2MやloTに対応したプランもあるので、興味があるならぜひ一度問い合わせてみるといいでしょう。

mineoで法人向けプランを契約する

月額基本料金6か月800円割引キャンペーン

mineoでは現在、対象プランに加入または変更すると、利用開始翌月から6か月間月額基本料金が800円割引されるキャンペーンを実施しています。

  • 期間:2020年9月1日(火)~2020年11月30日(月)
  • 適用条件:デュアルタイプの3GB以上のコースに新規申し込みする/契約を変更する

さらに、パケット放題の月額料金が最大7か月80円割引されるキャンペーンを併用することも可能です。パケット放題とは、月額料金350円でネットや動画、SNSなどのどんなサービスでも最大500kbpsで使い放題になるサービスです。

2つのキャンペーンを利用してデュアルタイプの3GBコースとパケット放題を契約すると、月額料金が通常1,860円~のところ6か月間980円~です。

格安SIMの中でも人気の高いmineoのお得なキャンペーンなので、ぜひチェックしてみてください。

mineoのお申込みはこちら

敬老の日にスマホ新生活!親孝行キャンペーン

出典:mineo

期間内に、mineoのデュアルタイプで60歳以上の方が新規申し込みをすると、電子マネーギフト3,000円分がプレゼントされるキャンペーンです。

電子マネーギフトはEJOICAセレクトギフトで、Amazonギフト券やnanaco、WAONポイントなど様々な電子マネーに交換できます。

  • 期間:2020年9月1日(火)~2020年10月31日(土)
  • 適用条件1:mineoのデュアルタイプに新規申し込みをする
  • 適用条件2:申し込み受付完了時点で年齢が満60歳以上の方

感謝の気持ちを伝える敬老の日のギフトとしても、ぴったりのキャンペーンです。

mineoのお申込みはこちら

OPPO製スマートフォン購入で電子マネーギフトプレゼントキャンペーン

出典:mineo

mineoで取り扱っている対象のOPPO製スマートフォンを購入すると、「EJOICAセレクトギフト」2,000円分がプレゼントされるキャンペーンです。

EJOICAセレクトギフトは、Amazonギフト券や楽天Edyなど様々な電子マネーと交換できる電子マネーギフトです。

  • 期間:2020年8月21日(金)~2020年9月30日(水)
  • 対象端末:OPPO Reno3 A/OPPO A5 2020

対象端末である「OPPO Reno3 A」と「OPPO A5 2020」はiPhone格安SIM通信で実機レビューをしていますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

mineoのお申込みはこちら

紹介アンバサダー制度

出典:mineo

「紹介アンバサダー制度」は、mineoを紹介した人も紹介された人もお得な紹介キャンペーンです。

mineoを紹介した人には最大3,500円分、紹介された人は音声通話SIMであれば、一律1,000円分の電子マネーギフトがもらえます。

電子マネーギフトは様々な商品券と交換できるギフト券で、交換できる商品券は下記のようなものがあります。

  • Amazonギフト券
  • モバイルSuica
  • nanaco
  • WAONポイント
  • 楽天Edy
  • Google Play ギフトコード
  • App Store & iTunes コード
  • 出光キャッシュプリカ
  • カエトクカード
  • HMV Gift Card
  • Vプリカ発行コード
  • NET CASH
  • リンベル イーギフト

特典を受けるためには、紹介する人がmineoのマイページにログインした後、「あなたの紹介URL」をコピーし、メールやLINEで友達に送ります。

URLを受け取った方は、そのURLからmineoの音声通話SIMに申し込むことで、ギフトがもらえます。

mineoに申し込みをしている途中で、ブラウザの戻るボタンを押さないよう気をつけましょう。前のボタンに戻ってしまうと、特典が受けられなくなります。

データ通信SIMでは適用されないのでこちらも注意が必要です。mineoの通話音声SIMを申し込む場合は、mineoユーザーを探してでも利用したいキャンペーンです。

mineoのお申込みはこちら

ワイモバイル

出典:ワイモバイル

Yahoo!の格安SIMとして良く知られているワイモバイルにも、法人向けのプランがあります。

ワイモバイルの法人向けプランでは、1回線当たり1,980円~で通話もデータ通信もたっぷりと使えるプランが用意されています。さらに、法人向けの割引プランもいくつも用意されています。

1回線当たりのお得な料金プランと割引サービスを組み合わせることで、会社の経費を大幅に軽減することが可能です。

法人契約割引

出典:ワイモバイル
  • 2019年10月1日~

スマホを2回線以上契約すると、全回線が毎月700円割引になるキャンペーンです。法人契約は複数台契約することが一般的なので、ほとんどの場合で割引を受けることができます。

  • プランS:2,680円→1,980円
  • プランM:3,680円→2,980円
  • プランR:4,680円→3,980円

ワイモバイルで法人向けプランを契約する

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル法人

BIGLOBEモバイルの法人契約には、嬉しい4つの特徴があります。

  • 導入前のお試しOK
  • 最短2営業日で発送
  • 毎月の請求書を郵送
  • 管理者画面で一元管理

会社で格安SIMを契約するのが初めてという場合は、導入前にお試しすることができます。機器との接続を確認したり通信速度を試してみたりと、事前に不安な点をつぶすことが可能です。

さらに急ぎで携帯が必要な場合にも、最短2営業日で発送と圧倒的に速いです。もちろん送料無料で、申し込みから3~10日程度で端末を揃えることができます。

社員の使用状況をチェックしたい時は、管理者画面で通信量を確認することが可能です。紛失時の一時停止も管理者画面から申請できます。

BIGLOBEモバイルで法人向けプランを契約する

UQモバイル

UQモバイルの法人向けプランは、個人向けと同じ料金プランとなっています。

  • プランS(3GB):1,980円
  • プランR(10GB):2,980円

3つの料金体系で選びやすいのが魅力です。人気のiPhoneや最新Androidも取り扱っており、幅広い端末の中から契約機種を選ぶことができます。

UQモバイルで法人向けプランを契約する

U-mobile

出典:U-mobile

LTE使い放題のプランが、データ通信のみのプランなら月額2,480円、音声通話付プランなら2,730円から使えるということで、大容量のデータ通信を行う人から注目されているU-mobile

iPhoneやiPadもそのまま使えるということで、Appleユーザーから大きな支持を集めています。

こちらも法人契約を結ぶことができます。法人契約の相談をしたい場合には、直接カスタマーセンター(0120-992-449)まで電話をしてみましょう。法人契約についての旨をオペレーターに伝えたら、折り返し法人担当者から連絡が入ります。

U-mobileで法人向けプランを契約する

リペアSIM

リペアSIMはdocomoとソフトバンクから、端末を変えずに乗り換えることが可能な格安SIMです。iPhoneであればどこのキャリアであってもSIMロック解除なしで乗り換えが可能だということで、特にiPhoneユーザからの乗り換えが多くなっています。

こちらの格安SIMでも法人契約が可能です。基本料金は個人向けのプランに則ったものになりますが、請求書払いにも対応してもらうことができます。法人プランで音声通話付SIMを申し込む上では、会社の登記事項証明書の写しと、契約担当者の免許証などの本人確認書類が必要です。

リペアSIMで法人向けプランを契約する

楽天モバイル

出典:楽天モバイル

楽天モバイルは通話SIMは月額1,250円から、データ通信SIMであれば月額525円から使えるということで、こちらも料金を節約したい人に人気がある格安SIMです。料金の支払いに楽天ポイントを使うことができて、利用料金で楽天ポイントを貯めることもできるのも、楽天ユーザーに支持されています。

楽天モバイルにも法人向けプランがあります。楽天モバイルの法人向けプランの大きな特徴は、1回線当たり月額850円の利用料金をプラスすれば、5分間の通話をかけ放題できることです。業務用電話の9割程度が5分以内の短い電話ということを考えれば、電話連絡の多い会社の通話量削減には最適ではないでしょうか。

楽天モバイルの法人契約に興味がある場合には、法人専用の相談窓口(0800-080-8000)に電話をしましょう。

楽天モバイルで法人向けプランを契約する
楽天モバイル

法人向けの格安SIMって何?

法人向けの格安SIMというのはどういうものなのでしょうか。

現在日本国内では格安SIMを提供する会社が100社以上に上っています。その多くが個人向けで販売していますが、中には法人専門で格安SIMサービスを提供しているところもあります。

また、個人向けと並行して、法人向けのプランも提供している格安SIMサービスもあります。法人向けの格安SIMの場合には、SIMカードのみの提供のことが多いので、契約をする際には端末は別に用意しなくてはいけません。

しかし、会社によっては端末も格安で同時に購入することができるプランもあるので、色々と比較検討してみる価値はあるでしょう。

法人向け格安SIMのメリット

法人向けプランで格安SIMを利用することには、大きなメリットもあります。

小規模事業所などは個人向けプランを使っているところもありますが、回線数に問題がなければ法人契約にした方が大きなメリットを得ることができます。法人契約には一体どんなメリットがあるのか、ここから見ていきましょう。

利用料金を節約できる

個人向けプランと法人向けプランの両方を提供している格安SIMの会社の場合、利用料金は法人向けプランの方が料金が安くなることが多いのが一般的です。

その理由は、法人向けプランであれば、個人向けでは考えられないほどの回線数を契約することができることが多いからです。場合によっては、一度に数十回線から数百回線の契約が成立するということもあります。

1回線当たりの月額料金を割引しても、格安SIMの会社としては利益の総額が大きくなることから、法人向けプランを安く設定していることが多いのです。

法人向けキャンペーンがある

格安SIMを法人として契約することで、法人向け専用のキャンペーンを受けることができることがあります。格安SIMを提供している会社としては、法人向けの契約というのは回線数が非常に多く、利益率が高い契約となります。

また、一度契約できたら個人向けと違って解約されにくいことから、法人向け専用の割引などをキャンペーンで展開していることがよくあります。

使える端末の選択肢が多い

格安SIMは基本的にSIMカードだけの契約になります。大手キャリアと違い、端末は自分で用意しなくてはいけません。これは裏を返せば、自分で好きな端末を選ぶことができるということにもなります。

他の格安SIMの会社から乗り換える場合でも、SIMフリー端末や、SIMロックを解除されている端末であれば自由に使うことができます。端末ごとに使えるSIMカードのサイズが違いますが、どこの格安SIMでもサイズは3種類すべてから選ぶことができます。SIMカードのサイズさえ違えなければOKです。

法人で従業員に端末を支給する場合には、スマホだけではなく、通話専用のガラケーであったり、仕事を処理するためのタブレットやモバイルPCであったりします。料金プランも通話プランも、データ専用プランも選ぶことができるので、必要なニーズに合わせたプランで契約することが可能です。

支払い方法で口座引き落としが選択可能

格安SIMのほとんどが、個人契約ではクレジットカード払いしか選ぶことができません。格安SIMの会社というのは小規模ベンチャーが多いため、支払いを確実にしてもらうためにそのようにしています。

しかし、法人というのは個人契約者よりも信用度が高いために、口座引き落としに対応してもらえることもあります。また、同じ名義の法人であれば、複数の契約をしていても支払いを一本化することも可能なので、会計処理の手間を減らすことも可能です。

海外で便利に使える

SIMロックされている大手キャリアの端末を使っている場合には、海外出張の際には特別に海外で使えるプランを購入するか、海外専用のポケットWiFiをレンタルするしかありません。

しかし、格安SIMの場合には端末はSIMフリーなので、SIMカードだけを差し替えれば、使い慣れた同じ端末を海外でも使うことができます。

大手キャリアの海外プランの場合には、対応していない国があったり、ポケットWiFiも使える国が限られていることもあります。SIMフリー端末でその国で使えるSIMカードを使うことができれば、通信環境も安定して、安心して通話もインターネットも利用することができます。

法人向け格安SIMのデメリット・注意点

法人向けの格安SIMには、様々なメリットがありますが、反面、料金が安い分だけ利用しずらい面もあります。こちらでは、格安SIMを使う場合のデメリットや注意点をお伝えします。

通信速度が遅くなることがある

格安SIMの利用料金が安い理由は、自分でネットワークを構築していないためです。大手キャリアのネットワークを借りて、大手キャリアの利用者が使っていない余っているデータ通信容量の部分を借りているので、料金が安くなります。

そのために、原則として通信や通話は大手キャリアに契約している人が優先されます。格安SIMの接続は後回しにされる傾向があり、通話の回線が混雑してつながりにくく音声品質が悪くなったり、データ通信の速度が低下することが頻繁にあります。

無料通話とキャリアメールが使えない

大手キャリアでは普通にサービスとして提供されているのが、無料通話サービスとキャリアメールです。大手キャリアを解約して格安SIMと契約する場合には、これらのサービスは利用することができなくなります。

格安SIMの会社の中には、5分間とか10分間とか短い通話に限って、一定の月額料金を支払うことで無料通話をすることができるサービスもあります。しかし、基本料金の中に組み込まれていないので、割高になることもあります。

また、キャリアメールを業務用メールにしている場合には、メールアドレスを変更する必要があります。電話料金の節約をして、全社員で統一した連絡方法にするために、LINEやスカイプを導入するところもあります。

法人契約で格安SIMをお得に使おう

この記事では法人向けの格安SIMについて詳しく解説してきました。ホームページなどに料金はありますが、法人の大型契約ということであれば、個別に割引の相談に乗ってもらえる可能性もあります。

どのような形でSIMカードが必要なのか、会社の都合に合わせたプランも相談に乗ってもらえることと思います。

ぜひ色々なところから見積もりを取ってみて、会社の経費削減に役立ててください。

【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2020年01月29日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード