UQモバイル

[2021年]格安SIM18社の速度・料金ランキング!通話・データ別おすすめを比較して紹介

格安SIM選びに迷っている方に向けて、速度、料金、最新キャンペーン情報を基に比較し、おすすめの格安SIMをご紹介します。音声通話SIMとデータ専用SIMに分けて、おすすめの格安SIMを詳細に解説しました。格安SIM選びを失敗したくない方は必見です。料金プランは新しいものに対応しています。
UQモバイル [2021年]格安SIM18社の速度・料金ランキング!通話・データ別おすすめを比較して紹介

格安SIMに変えたいけどどの事業者がおすすめなのかわからない、比較して検討したい方に向けて格安SIMを最大18社を比較しました。

「データSIM」と「通話SIM」ごとに月額料金を比較しており、それぞれおすすめの格安SIMを解説しています。

実際の速度も比較しているので、安くて速い格安SIMを契約したい方はぜひ参考にしてください。

格安SIMの選び方・比較ポイント

まずは、格安SIMを比較する際のポイントから解説していきます。自分に合った格安SIMと料金プランを見つけるための選び方も見ていきましょう。

  • ポイント1.音声通話は必要?
  • ポイント2.月間何GB必要?
  • ポイント3.通信速度を比較
  • ポイント4.月額料金を比較
  • ポイント5.回線の種類を比較

ポイント1.音声通話は必要?

格安SIMには、大きく分けて3つのSIMタイプがあります。

  • 音声通話SIM
    :電話番号を使った通話ができる
  • データ通信専用SIM(SMS付)
    :通話はできないが、SMSは使える
  • データ通信専用SIM(SMSなし)
    :通話できず、SMSも使えない

「音声通話SIM」は、電話番号を使った通話とデータ通信が使えるSIMのタイプです。データ通信とは、「インターネットが使えること」と考えるとわかりやすいでしょう。

音声通話SIMは電話番号を使ったSMS(ショートメッセージ)も利用でき、格安SIMの中では最も使える機能の多いSIMタイプです。

一方「データ通信専用SIM」は、電話番号を使った通話ができないデータ通信専用SIMです。電話番号を入力して発信する電話は使えませんが、「LINE通話」のようなインターネット回線を使った通話アプリは利用できます。

データ通信専用SIMの中で、さらにSMS付とSMSなしの2種類に分かれます。これはSMSが使えるかどうかの違いです。

メルカリやLINE等の一部アプリでは、SMS認証が必須となっています。そのため、普段はLINE通話で足りる方もSMS機能はつけておいた方が便利です。

格安SIM事業者によって名前は少し違いますが、この3つのどれかと考えて問題ありません。格安SIM業者や料金プランを比較する時は、音声通話やSMS機能が必要かどうか考えてみましょう。

ポイント2.月間何GB必要?

1GBでできること

ドコモ・au・ソフトバンクといった大手キャリアと比べ、格安SIMは料金プランが豊富です。そのため、格安SIMを比較する際は月間何GB必要なのかを決めておく必要があります。

とはいえ、自分が毎月どのくらいギガを消費しているのかわからない方も多いでしょう。スマホの使い方別に、必要なギガ数をまとめました。

  • 1~3GB
    :インターネットの利用は最低限
     or自宅にWiFiがある
  • 4~7GB
    :毎日ある程度インターネットを使う
  • 7GB以上
    :動画閲覧やアプリゲームをする

多くの格安SIM事業者では、3GB・6GB・10GBといった最低3つ以上の料金プランを用意していることが多いです。そのため、上記3つの内のどれに該当するかわかれば、大体近いデータ容量を選ぶだけになります。

詳しいギガ数を知りたい方は、今契約しているキャリア・格安SIMのマイページから使用量が調べられるはずです。格安SIM契約前に、自分が毎月何GB使用しているか確認することをおすすめします。

ポイント3.通信速度を比較

最重要といっても過言ではないのが、格安SIMの通信速度です。せっかく格安SIMに乗り換えても、速度が遅くて使い物にならなかったら意味がありません。

格安SIMの中でも通信速度が速い・通信環境が安定していると言われているのが、サブブランドの「UQモバイル」「ワイモバイル」です。

サブブランドとは、大手キャリアのもう1つのブランドという意味です。UQモバイルはau、ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドとなっています。

この2社はキャリアと格安SIMの中間のような位置づけで、格安SIMの中でもキャリア並みの通信速度が期待できます。他の格安SIMと比べると若干料金は高めですが、スマホ代を節約しながら快適にネットを使いたい方におすすめです。

その他格安SIMに関しては、契約前に実際の口コミや評判を調べてみるのも良いでしょう。もちろん、全ての口コミが真実とは限りませんが、どのような口コミが多いのか調べてみるだけでも価値はあります。

ポイント4.月額料金を比較

通信速度と同じくらい大切なのが、格安SIM各社の月額料金です。大手キャリアから格安SIMに乗り換える理由の大半は、月々のスマホ代を安いしたいからだと思います。

月額料金を比較する際のポイントは、契約期間の総額を比較することです。格安SIMによっては、最初の数ヶ月間キャンペーンで料金が安くなるところもあります。

そのため、1ヶ月の料金の安さを比較するだけでなく、1年~2年間トータルでいくらかかるのかを比べることが大切です。最低契約期間の有無もあるので、併せて確認すると良いです。

こちらの記事では格安SIMのキャッシュバック・キャンペーンを紹介しているのでぜひご覧ください。

ポイント5.回線の種類を比較

格安SIMは、大手キャリアの回線を借りて通信サービスを提供しています。借りている通信回線は1社とは限らず、ドコモとau2社から回線を借りていることもあります。

そのため、同じ格安SIMでも「ドコモ回線」と「au回線」2つのプランがあるのです。今使っているスマホをそのまま使うのであれば、同じキャリア回線を選ぶのがおすすめです。

もちろん、端末を買い替えたりスマホのSIMロックを解除したりすれば、違う回線でも使えます。ですが、特に回線のこだわりがない場合は同じキャリア回線がある格安SIMを選んだ方が安全です。

データ通信専用SIMのおすすめ比較

データを多く利用する方におすすめの格安SIMをご紹介します。

速度や料金など判断する材料がたくさんあるので、比較しながら自分にあった格安SIMを見つけてくださいね。

通信速度の比較表

キャリア回線を借りている格安SIMは、時間帯や事業者によって通信速度が異なります。

契約後に速度の遅さに後悔しないためにも、通信速度を事前に確認しましょう。

以下の条件のもと7社の速度を測定しましたので、格安SIM選びの参考にしてください。

測定条件

  • 測定した格安SIMの種類と数:7社11個
  • 測定日時:2021年2月18日(木)0時~24時
  • 測定場所:東京都千代田区(東京駅近郊)
  • 測定方法:データ通信速度を計測するアプリケーションを独自で構築し、全て同一端末で15分おきに自動計測。

スピードテストアプリに対する不正なブーストなどを避け、公平中立な計測を心がけています。

表の数値は、7時~9時を朝、11時~13時を昼、17時~19時を夕方、21時~23時を夜とし、測定結果の平均値を元にしています。

下り速度のみの計測です。

格安SIM 朝(Mbps) 昼(Mbps) 夕方(Mbps) 夜(Mbps)
BIGLOBEモバイル au回線 10.7 10.3 8.5 11.0
イオンモバイル タイプ1
(ドコモ回線)
11.6 6.7 9.5 10.6
タイプ2
(ドコモ回線)
10.3 7.7 5.0 8.2
IIJmio ドコモ回線 11.8 9.3 11.7 12.6
au回線 10.4 11.9 11.9 13.1
mineo au回線 5.6 7.8 5.2 11.1
ソフトバンク回線 5.5 4.3 4.3 6.9
LINEモバイル ソフトバンク回線 7.9 5.9 7.3 9.4
QTモバイル ドコモ回線 12.6 7.8 11.2 13.0
au回線 7.6 6.7 6.8 12.1
ワイモバイル
(音声プランと同様)
ソフトバンク回線 7.7 7.0 8.5 9.6

2021年2月18日(木)の結果は、朝の時間帯はQTモバイルのドコモ回線、昼と夕方と夜の時間帯はIIJmioのau回線が最も速い数値となりました。

時間帯やエリアによっても速度は変わるので、データの1つとして参考にしてくださいね。

参考:SIMCHANGE : スピードチェッカー

データ量ごとの月額料金比較表

続いて人気格安SIM18社のデータSIMの月額料金を比較しました。

格安SIMの名前をタップすると詳しい説明箇所を見られます。

データ容量ごとのおすすめ格安SIM

以下の料金一覧表では調査した18社のうち、容量ごとに安い料金のものを赤く表示しています。

すべて税込表記です。

格安SIM 1GB 2GB 3GB 4GB 5GB 6GB 7GB 10GB 大容量
BIGLOBEモバイル 990円 1,595円 2,970円
(12GB)
7,425円
(30GB)
UQモバイル 1,628円 2,728円
(15GB)
3,238円
(25GB)
DTI SIM 660円 924円 1,342円 2,310円 2,420円
(1.4GB/日)
エキサイトモバイル 737円 847円 990円 1,287円 2,475円
(9GB)
4,378円
(20GB)
イオンモバイル 528円 858円 1,078円 1,628円 2,618円
(12GB)
3,608円
(20GB)
IIJmio 990円 1,672円
(8GB)
2,816円
(14GB)
nuroモバイル
(ドコモ回線)
770円 1,650円 2,970円
(13GB)
mineo 880円 1,265円 1,705円 1,925円
(20GB)
QTモバイル 880円 990円 1,705円 2,805円 4,620円
(20GB)
b-mobile 528円 935円 1,595円 2,409円 3,608円
(15GB)
ワイモバイル
(音声プランと同様)
2,178円 3,278円
(15GB)
4,158円
(25GB)
LIBMO 1,738円 2,398円 3,278円 5,148円
(20GB)
OCNモバイルONE 968円 1,518円 2,508円 4,180円
(20GB)
H.I.S.モバイル 770円 1,320円 2,310円 5,775円
(30GB)
トーンモバイル 1,650円
(機種代金別途)
リペアSIM 550円 990円 1,738円 2,178円 2,728円 4,378円
(20GB)
y.u mobile 990円
J:COM MOBILE 1,078円 1,628円 2,178円 2,728円
(20GB)

データ専用SIMは音声通話がついていないこともあり、高いプランでも2,000~3,000円で契約できるプランが多いです。電話はLINE通話で事足りる方は、データ専用SIMの方が月額料金を安く抑えられるのでおすすめです。

【PR】UQモバイル|ダントツ速度が速い

UQモバイル 出典:UQモバイル
  • 通信速度が速くて料金が安い
  • auスマホがそのまま使える
  • 格安SIMには珍しいかけ放題がある

CMで有名なUQモバイルは、auのサブブランドという位置づけです。そのため格安SIMでありながら、auとほぼ同等の通信速度でインターネットが使えます

「格安SIMに乗り換えて速度が遅くなったらどうしよう」と悩んでいる方も、UQモバイルなら今まで通り快適にネットが使えるはずです。

通信速度が速いだけでなく、au回線を使っているためauスマホがそのままUQモバイルでも使えます。SIMロック解除手続きや新たに端末を購入する必要がないので、月々のスマホ代だけ安くしたい方にぴったりです。

【UQモバイル】詳細はこちら

UQモバイルの口コミや評判をまとめた記事もありますので、あわせてお読みください。

UQモバイルの月額料金プラン

プラン名 くりこしプランS くりこしプランM くりこしプランL
データ容量 3GB 15GB 25GB
料金(税込) 1,628円 2,728円 3,828円
速度制限時
or
節約モード時
最大300kbps 最大1Mbps 最大1Mbps

UQモバイルの料金プランは、音声通話SIMが3種類、データ専用SIMが2種類です。音声通話SIMはくりこしプランS/M/L、データSIMはデータ高速プラン・データ無制限プランから選べます。

くりこしプランS/M/Lは、2021年2月から開始した新料金プランです。

余ったデータを翌月にくりこすことができるので、月によって使用量が変わる人には特におすすめです。

「節約モード」使用時またはデータ容量を超えたときの通信速度は、くりこしプランSが最大300kbps、くりこしプランM/Lが最大1Mbpsです。

300kbpsはネット閲覧が問題なくできるレベル、1MbpsはYouTubeの標準画質が視聴できるレベルと思ってください。節約モードを使えば、少ないデータ容量でもネットを十分に使えます。

データ無制限プランは、最大500kbpsでギガ使い放題のプランです。速度制限があるとはいえ、2,178円(税込)で使い放題は格安といえます。

月額1,078円(税込)の「データ高速プラン」は、月3GBまで使え、3GBを超えた分は200kbpsに速度制限がかかります。

【UQモバイル】詳細はこちら

最大10,000円キャッシュバック

UQモバイル キャッシュバック 出典:UQモバイル

UQモバイルを申し込むと、なんと最大10,000円の現金キャッシュバックがもらえます。

  • 実施期間:2021年4月1日~
  • 条件:au以外からの乗り換え(MNP)でくりこしプランを契約する
  • 特典:最大10,000円のキャッシュバック

契約内容によってキャッシュバックの金額が変わります。キャッシュバック金額は以下のとおりです。

SIMのみの契約でも適用されます。

キャッシュバック金額

  • 新規契約(新規携帯番号でUQモバイルを契約)
    →3,000円
  • 新規契約+UQ学割を3か月目までに適用
    →くりこしプランS:6,000円
    →くりこしプランM/L:10,000円
  • 乗り換え(MNP)契約
    →くりこしプランS:6,000円
    →くりこしプランM/L:10,000円

キャッシュバックの適用条件・申込み手順はいたって簡単。UQモバイルオンラインショップでSIMのみを購入すると同時に、くりこしプラン(S/M/L)を契約するだけです。

なお、auからの乗り換え(MNP)で申し込む場合は適用されないので注意しましょう。キャッシュバック受け取りまでの流れは、以下を参考にしてください。

  1. UQモバイルオンラインショップでSIMのみの購入とくりこしプラン(S/M/L)の契約を同時に行う
  2. 契約から4か月目に登録したメールアドレスに口座情報入力ページのURLが届く
  3. 入力した口座にてキャッシュバックを受け取る

申込み時の登録メールアドレス宛に、キャッシュバック案内のメールが届くので、内容にしたがって受け取り口座を登録しましょう。口座情報入力後の翌営業日に、キャッシュバックが振り込まれます。

UQモバイルに乗り換えたい方は、ぜひ今回のキャッシュバックキャンペーンを活用してください!

【UQモバイル】詳細はこちら

スマホやiPhoneの最新情報をいち早くお知らせ!
LINE友だち追加

DTI SIM|小容量で安さを求めるならここ

出典:DTI SIM
  • 少量ギガがよい方にぴったり
  • データSIM/データSMSSIM/音声通話SIMの3つから選べる

DTI SIMはドコモ回線を使用した格安SIMで、株式会社ドリーム・トレイン・インターネットが運営しています。

音声プラン・データプラン共に業界最安クラスの料金で提供しており、料金面に力を入れている格安SIMであると言えます。

通常のプラン以外にもYouTubeやtwitterの閲覧がカウントフリーになるプランなどユニークなプランを用意しており、使い方に合わせて最適なプランを選ぶことができます。

【DTI SIM】詳細はこちら

DTI SIMの料金プラン

かけ放題の対象となる音声通話付きプランのデータ容量と月額を次の表にまとめました。すべて税込価格です。

データ通信容量 月額基本料(税込)
1GB 1,320円
3GB 1,639円
5GB 2,112円
10GB 3,080円

【DTI SIM】詳細はこちら

IIJmio|iPhone 12/12 miniも取り扱いあり

出典:IIJmio
  • 端末の種類が圧倒的に多い
  • iPhone 12/12miniも取り扱いあり
  • 専用アプリからの発信で通話料半額

IIJmioの大きな特徴は、他の格安SIM・大手キャリアに比べて取扱い端末数が圧倒的に多い点です。

iPhoneはもちろん、SIMフリーAndroidやガラケー、iPadやAndroidタブレットも取り扱っています。加えて、競合格安SIMが取り扱っていない新しいiPhoneモデルがあるのも強みです。

IIJmioは中古端末や未使用品を取り扱うことにより、iPhone 12やiPhone SE(第2世代)といった比較的新しいiPhoneも購入できます

中古といってもかなり状態の良い新品同様品なので、安くiPhoneを購入したい方にもおすすめです。

【IIJmio】詳細はこちら

IIJmioの月額料金プラン

IIJmioの月額料金プランは、「音声通話SIM」「データ通信SIM(SMS付)」「データ通信SIM(SMSなし)」「eSIM」の4種類です。

IIJmioの料金プランは以下の表の通りです。

データ
容量
音声SIM
(税込)
SMS専用SIM
(税込)
データ専用SIM
(税込)
eSIM
(税込)
2GB 858円 825円 748円 440円
4GB 1,078円 1,045円 968円 660円
8GB 1,518円 1,485円 1,408円 1,100円
15GB 1,848円 1,815円 1,738円 1,430円
20GB 2,068円 2,035円 1,958円 1,650円

データ容量は2GB・4GB・8GB・15GB・20GBの5つから選択できます

最安料金は858円(税込)~ですが、インターネット回線のIIJmioひかりとセット契約すると月額198円(税込)~契約可能です。

小容量プランから中容量プランまで揃っているので、多くのユーザーが利用しやすい格安SIMとなっています。

【IIJmio】詳細はこちら

使った分だけ支払いできる従量制プラン

出典:IIJmio

IIJmioの料金プランに、使った分だけ1GB単位で支払いができる従量制プランが新登場しました。

LINEやメールの利用が中心でデータ通信をあまり使わない方や、モバイル通信は自宅での利用が多いという方におすすめのプランです。従量制プランは、タイプA(au回線)のみ選択できます。

SMS機能付きSIMなら1GB528円(税込)から利用可能で、毎月データ通信容量の上限を設定できます。また上限を超えそうなときは、会員ページから上限値の変更をすると即日反映されます。

最大20GBまで使用できて、従量制プラン内でデータシェアもできます。3枚までSIMカードを利用できるため、家族でシェアしたり複数の端末で使いたい方にもおすすめです。

従量制プランの月額基本料金はこちらです。

バンドルクーポン SMS機能付きSIM(税込) 音声通話機能付きSIM(税込)
~1GB 528円 1,298円
~2GB 770円 1,540円
~3GB 990円 1,760円
~4GB 1,210円 1,980円
~5GB 1,410円 2,200円
~20GB 4,730円 5,500円

1GBを超える場合は、1GBごとに220円ずつかかります。

高速通信が使えるバンドルクーポンの適用はオン/オフ可能です。非適用時は、通信速度が低下したり通信制限にかかりやすくなるので注意しましょう。

【IIJmio】詳細はこちら

スマホ大特価セール

出典:IIJmio
  • 2021年4月1日~2021年5月31日

MNP乗り換えで人気端末が安価で購入できるスマホの特価セールも実施中!対象端末は以下となります。すべて税込価格です。

  • HUAWEI nova lite 3+:110円(一括払い) 5円(24回払い)
  • Xiaomi Redmi 9T:110円(一括払い) 5円(24回払い)
  • OPPO A5 2020:110円(一括払い)5円(24回払い)
  • moto e7 power:110円(一括払い)5円(24回払い)
  • iPhone 8(64GB)[未使用品]:10,978円(一括払い) 500円(24回払い)
  • iPhone SE(第2世代)[未使用品]:32,780円(一括払い) 1,375円(24回払い)
  • iPhone 11(64GB)[未使用品]:60,500円(一括払い) 2,522円(24回払い)
  • iPhone 11(128GB)[未使用品]:66,000円(一括払い) 2,750円(24回払い)
  • iPhone 12(64GB)[未使用品]:82,500円(一括払い) 3,465円(24回払い)
  • iPhone 12 mini(64GB)[未使用品]:73,700円(一括払い) 3,074円(24回払い)
  • Xperia 8 Lite:8,580円(一括払い) 357円(24回払い)
  • Xperia 10 Ⅱ:21,780円(一括払い) 935円(24回払い)
  • AQUOS sense4:21,780円(一括払い) 913円(24回払い)
  • AQUOS sense4 plus:32,780円(一括払い) 1,367円(24回払い)
  • OPPO Reno A:6,578円(一括払い) 280円(24回払い)
  • OPPO Reno3 A:13,200円(一括払い) 550円(24回払い)

なお端末在庫がなくなり次第の終了となります。音声通話機能付きSIMをMNP転入で、上記対象端末をセットで申し込んだ場合特典が適用されます。

Xiaomi Redmi 9Tのみ従量制プランとセットで申し込みが不可能なためご注意ください。

【IIJmio】詳細はこちら

nuroモバイル|330円から使える格安スマホサービス

出典:nuroモバイル
  • ドコモ・au・ソフトバンクのトリプルキャリア対応
  • 月額330円(税込)でお試しできる
  • リーズナブルな料金プラン

nuroモバイルは2016年10月1日から新たにスタートした格安SIMです。

Xperiaの製造・販売元はソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社となり、子会社のソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供しています。

nuroモバイルはドコモ・au・ソフトバンクそれぞれの回線を使用できます。そのため、乗り換えがしやすく、使用している端末を使ってSIMカードのみの契約も可能です。

豊富なプランを提供している点がnuroモバイルの大きな特徴であり、月額330円(税込)から利用できます。キャリアごとに細かく料金プランがわかれています。

また、nuroモバイルでは月額料金の割引キャンペーンが実施されており、こちらを適用することでより安価での利用が可能です。詳しくは、公式サイトをチェックしてみてください。

【nuroモバイル】詳細はこちら

料金プラン

nuroモバイルは、音声通話付き SIM・データ通信+SNS SIM・データ通信専用 SIMの3種類のSIMタイプを用意しています。データ容量は3GB・5GB・8GBです。月額料金は以下の表を参考にしてください。

プラン名 VSプラン VMプラン VLプラン
データ容量 3GB 5GB 8GB
音声通話付きSIM 792円(税込) 990円(税込) 1,485円(税込)
データ通信
+
SIM
792円(税込) 990円(税込) 1,485円(税込)
データ通信 627円(税込) 825円(税込) 1,320円(税込)

上記のプラン以外にも、データ容量200MBで330円(税込)~の「お試しプラン」や、データ容量無制限で月額3,828円(税込)の「データ使い放題プラン」も選択可能です。

データ容量を気にせずスマホを使いたい方も、4,000円以下で契約できるのでお得な料金プランと言えるでしょう。

格安SIMの通信速度やnuroモバイルの使い心地が気になる方は、まずはお試しプランから利用してみてはいかがでしょうか。

【nuroモバイル】詳細はこちら

mineo|ドコモ・au・ソフトバンク対応

mineo 出典:mineo
  • 格安SIMのサービス満足度2年連続1位
  • ドコモ・au・ソフトバンクのトリプルキャリア対応
  • mineoユーザー同士で余ったギガを共有できる

mineoは、サービス満足度2年連続1位(※1)の人気格安SIMです。数多くの格安SIM会社がある中、2年連続獲得の実績は並大抵のことではありません。

mineoの特徴は、mineoユーザー同士のコミュニティ活動や助け合いが活発な点です。例えばコミュニティサイト「マイネ王」では、Q&Aフォームや掲示板で情報交換し、mineoユーザー同士が問題解決をしています。

さらに、mineoユーザー同士が余ったパケットを「フリータンク」にシェアし、ギガが足りないユーザーを助ける活動もあります。フリータンクは、サービス開始から1度もパケットが枯渇したことがないそうです。

それくらい、ユーザー同士の助け合い精神が活発な格安SIMとなっています。

【mineo】詳細はこちら

※1:MMD研究所は「2019年9月格安SIMサービスの利用動向調査」「2018年9月格安SIMサービスの利用動向調査」参照

mineoの月額料金プラン

mineoは、2021年2月1日より料金プランを変更しました。

新料金プランは、音声SIMの「デュアルプラン」とデータ通信専用の「シングルプラン」の2つで、以前よりもわかりやすくなっています。

au・ドコモ・ソフトバンク回線ごとの料金差もなくなり、どの回線を選んでも同じ料金です。

デュアルタイプ(音声SIM)の月額料金

データ容量
(税込)
デュアルタイプ
(音声通話+データ通信)
シングルタイプ
(データ通信のみ)
1GB 1,298円 880円
5GB 1,518円 1,265円
10GB 1,958円 1,705円
20GB 2,178円 1,925円

mineoでは、データ容量を使い切った後も最大200kbpsで通信可能です。

一般的な速度制限が最大128kbpsなので、他社携帯会社よりも通信制限がゆるいことがわかります。

最大200kbpsあればサイトの閲覧、LINE通話などもできるので、ストレスなく普通に使えます。

スマホ代を安くしたいけど料金も抑えたい方は、mineoへの乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか?

【mineo】詳細はこちら

月額料金割引キャンペーン

出典:mineo
  • 期間:2021年2月1日~2021年5月31日
  • 特典:翌月から3か月間月額料金から1,080円割引
  • 条件1:デュアルタイプかつ5GB以上のコースを新たに申し込む
  • 条件2:mineo通信サービス利用開始後に、デュアルタイプ10GB以上のコースに契約変更の申し込みをする
  • 条件3:すでにシングルタイプを利用中の方で、デュアルタイプ10GB以上のコース契約変更の申し込みをする

2021年2月1日より、mineoの料金プランが新しくなりました。新料金プラン「マイピタ」の提供開始に伴い、月額基本料金から3か月間1,080円割引されるキャンペーンを実施しています。

上記の条件いずれかに該当する方が対象で、mineoに新規申し込みをする方もすでにmineoを利用している方も適用されます。デュアルタイプを契約することが条件となるため、シングルタイプは割引対象外です。

なお、新規契約の場合は5GB以上のコース、mineoユーザーの方は10GB以上のコースが割引の対象となっています。割引適用後の月額料金は、以下を参考にしてください。

基本データ容量 月額料金 キャンペーン適用後料金
(3か月間)
1GB 1,298円(税込) 1,298円(税込)
5GB 1,518円(税込) 新規契約:330円(税込)
mineoユーザー:1,518円(税込)
10GB 1,958円(税込) 770円(税込)
20GB 2,178円(税込) 990円(税込)

mineoの新料金プラン「マイピタ」は、旧プランよりもお得で利用しやすい料金設定になったので、スマホの料金を安く抑えたい方におすすめです。現在の月額料金を見直して、mineoに申し込んでみましょう。

【mineo】詳細はこちら

イオンモバイル|30種類の料金プラン

出典:イオンモバイル
  • 30種類の料金プラン
  • 家族と使えるシェア音声プランあり

イオンモバイルは、30種類という豊富な料金プランがある格安SIMです。

200MBから50GBまでかなり細かく分かれているので、自分にぴったりのデータ容量を選ぶことができます。

さらに、通常の音声プラン・データプランに加え、「シェア音声プラン」があるのも1つの特徴です。

シェア音声プランとは、1つのプランでSIMカードを最大5枚まで持てるプランのことです。

家族で格安SIMを契約する場合や1人で複数端末を持っている場合など、1枚づつ契約するよりも安く済みます

【イオンモバイル】詳細はこちら

イオンモバイルの料金プラン

イオンモバイルは、音声プラン・シェア音声プラン・データプランの3つのSIMタイプを提供しています。選択できる容量は500MB~50GBまでと幅広く、ライトユーザーからヘビーユーザーまで利用できます。

(税込) 音声プラン シェア音声プラン データプラン
500MB 1,023円 - -
1GB 1,078円 - 528円
2GB 1,188円 - 748円
3GB 1,298円 - 858円
4GB 1,408円 1,738円 968円
5GB 1,518円 1,848円 1,078円
6GB 1,628円 1,958円 1,188円
7GB 1,738円 2,068円 1,298円
8GB 1,848円 2,178円 1,408円
9GB 1,958円 2,288円 1,518円
10GB 2,068円 2,398円 1,628円
12GB 2,178円 2,508円 1,738円
14GB 2,288円 1,618円 1,848円
20GB 2,398円 2,728円 1,958円
30GB 4,378円 4,708円 3,938円
40GB 5,478円 5,080円 5,038円
50GB 6,578円 6,908円 6,138円

計17種類のプランがありますが、どれを契約するか迷ってしまう方も安心です。毎月何度でも無料で容量変更できるので、足りないときは少し容量の多いプランに変更したり、余ってしまうときは少ないプランに変えられます。

また、余ったデータ容量は翌月に繰り越して使用することも可能なので無駄がありません。自分にぴったりのプランを契約できることが、イオンモバイルの魅力の1つです。

【イオンモバイル】詳細はこちら

電話メインの音声通話SIMのおすすめ比較

続いては電話をよく使う方向けの音声通話SIMを比較し、おすすめを紹介します。

データ量ごとの月額料金比較表

続いて人気格安音声通話SIM14社の月額料金を比較しました。

格安SIMの名前をタップすると詳しい説明箇所を見られます。

データ容量ごとのおすすめ格安SIM

以下の料金プラン表では、データ量ごとに安い料金を赤く表示しています。

価格はすべて税込表記です。

格安SIM 1GB 2GB 3GB 4GB 5GB 6GB 7GB 10GB 大容量
BIGLOBEモバイル 1,276円 1,760円 2,365円 3,740円
(12GB)
5,720円
(20GB)
DTI SIM 1,320円 1,639円 2,112円 3,080円
エキサイトモバイル 2,530円 2,915円 3,135円 3,795円 4,268円
(15GB)
イオンモバイル 1,408円 1,518円 1,738円 2,178円 3,278円
(12GB)
4,378円
(20GB)
IIJmio 528円 990円 1,672円(8GB) 2,816円(14GB)
nuroモバイル
(ドコモ回線)
1,540円 2,420円 3,740円(13GB)
mineo 1,298円 1,518円 1,958円 2,178円
(20GB)
QTモバイル 1,595円 1,705円 2,475円 3,575円 5,390円
(20GB)
b-mobile 1,089円 1,309円 1,529円 1,749円 1,969円 2,189円 2,409円 3,069円 5,269円
(20GB)
LIBMO 1,738円 2,398円 3,278円 5,148円
(20GB)
7,238円
(30GB)
OCNモバイルONE 1,298円 1,628円 2,178円 3,168円 4,840円
(20GB)
6,578円
(30GB)
H.I.S.モバイル 1,562円 2,112円 3,102円 4,092円
(15GB)
6,567円
(30GB)
リペアSIM 1,408円 1,958円 2,398円 3,058円 3,828円 5,478円
(20GB)
y.u mobile 1,859円

音声通話SIMでは、b-mobileが比較的安いことがわかります。最安プランではIIJmioの月額528円のため、最低限のデータ容量で安く契約したい方におすすめです。

大容量プランで見るとmineoやH.I.Sモバイルが安くなっています。

表にはありませんが、ワイモバイルやUQモバイルは、通話オプションが比較的安いので、大容量のデータSIMに音声通話オプションを付けると、お得になります。

b-mobile|1GB単位で契約できる

出典:b-mobile
  • 1GB月額1,089円(税込)
  • 15GBのプランで月額4,169円(税込)
  • 使いすぎないようにデータ最大限限定を設定できる

使った分だけ月額料金を支払うジャストフィット格安SIMを提供しているのが、b-mobileです。

一般的な格安SIMは3GBや6GBプランといった大雑把な分け方ですが、b-mobileは1GB単位で契約できます。そのため、少ないギガ数で通信料金をやりくりしたい方にぴったりです。

ギガが足りない場合は1GB220円(税込)で追加できるので、大手キャリアと比べて格安料金でギガが使えます。また料金設定が細かいだけでなく、5分通話かけ放題が月額550円(税込)で使える点も魅力です。

【b-mobile】詳細はこちら

b-mobileの月額料金プラン

  • 合理的かけほプラン(音声通話SIM)
  • 990ジャストフィットSIM(音声通話SIM)
  • 190 Pad SIM(データSIM)

b-mobileの料金プランは、上記の3種類です。音声通話SIMが2種類、データSIMが1種類となっています。

「合理的かけほプラン」は、2020年6月30日にスタートした新料金プランです。

データ容量3GB+通話かけ放題がついて月額2,728円(税込)という驚きの価格設定となっています。

通話かけ放題を用意していない格安SIMも多いので、データ容量を節約しながら安く通話できるのは嬉しいですね。

この価格は、同じ条件で大手キャリアと比べて月額3,300〜5,500円も安いんです。

出典:b-mobile

さらにb-mobileなら、3GBを超えた分のデータ容量追加料金も安いです。

ドコモ・au・ソフトバンクが1GB1,100円(税込)なのに対し、b-mobileはたったの220円(税込)で追加できます

3GBだと足りないという方も、使う量に合わせて気軽にギガの追加が可能です。最大30GBまで1GB単位でギガの追加ができます。

【b-mobile】詳細はこちら

990ジャストフィットSIM(音声通話SIM)

月額料金プラン ドコモ回線(税込) ソフトバンク回線(税込)
~1GB 1,089円 1,089円
~3GB 1,419円 1,859円
~6GB 1,969円 2,629円
~10GB 2,849円 3,509円
~15GB 3,949円 4,829円

かけ放題をつけるほど通話しない方は、「990ジャストフィットSIM」を選びましょう。

「990ジャストフィットSIM」は、ドコモ回線・ソフトバンク回線のいずれも1GBまでの利用なら1,089円(税込)で抑えることができるので、ライトユーザーにおすすめです。

また、990ジャストフィットSIMは従量課金制となっていますが、データ利用量の上限設定をすることができるので、使い過ぎてしまう心配はありません。

【b-mobile】詳細はこちら

190 Pad SIM(データSIM)

データ通信のみ(税込) SMS付きSIM(税込)
回線種別 ドコモ、ソフトバンク ドコモ
~100MB 209円 352円
~1GB 528円 671円
~3GB 935円 1078円
~6GB 1,595円 1,738円
~10GB 2,409円 2,784円
~15GB 3,608円 3,751円

b-mobileでデータSIMもしくはSMS付きデータSIMを契約する場合には「190 Pad SIM」を選びましょう。

一般的に、データSIMは2台目以降の格安SIMとして契約されることが多いです。

190 Pad SIMは、データ使用量が100MB未満の場合は、たったの209円(税込)しかかかりません。

1GB使っても528円(税込)、3GBまで使っても935円(税込)とかなり低価格なので、サブ機の運用として頻繁に使わないという方にかなりおすすめです。

【b-mobile】詳細はこちら

OCNモバイルONE|端末セールが業界最安級

出典:OCNモバイルONE
  • 端末セールは格安SIM最安級
  • 光とセットなら月1,100円未満で持てる

信頼度抜群のNTTグループによるOCNモバイルONEです。

OCNモバイルONEは、格安SIM業界最安級ともいえる端末セールが魅力です。不定期で開催されるキャンペーンなので、セール期間中はぜひ端末セットで購入しましょう。

月額料金は月々1,298円(税込)〜ですが、OCN光とセットで契約すると1,078円(税込)〜契約可能です。

光回線とセット割引がある格安SIMは多くないので、通信料金を節約したい方におすすめできます。

料金が安いだけでなく、通信速度の速さも安定しています。

大手キャリアから初めて格安SIMに乗り換える方や、速度の速い格安SIMに乗り換えたい方は、OCNモバイルONEを検討してみてはいかがでしょうか?

【OCNモバイルONE】詳細はこちら

OCNモバイルONEの料金プラン

OCNモバイルONEはサポート体制が整っていて、レスポンスが良いという評判もあり、料金が安いからサポート面が悪いという心配は無用と言えるでしょう。料金プランは以下をご確認ください。

データ容量 音声SIM
(税込)
SMS専用
SIM(税込)
データ専用
SIM(税込)
1GB 770円 - -
3GB 990円 990円 858円
6GB 1,320円 1,320円 1,188円
10GB 1,760円 1,760円 1,628円

【OCNモバイルONE】詳細はこちら

【7月第1弾】スマホセール

出典:OCNモバイルONE
  • 期間:2021年6月30日11:00~2021年7月16日11:00
  • 特典:人気のスマホが端末価格1円(税込)から購入可能
  • 条件:SIMと併せて端末を購入する

OCNモバイルONEでは期間限定でスマホのセールを開催しています。

安いものは1円(税込)から購入できるチャンス。この機会を逃さないようにしましょう。販売端末と価格は以下のとおりです。

機種名 価格(税込)
iPhone 12 64GB:98,219円
128GB:103,994円
256GB:116,699円
iPhone 12 mini 64GB:85,514円
256GB:103,994円
iPhone 11 Pro Max 64GB:128,590円
256GB:146,190円
512GB:169,290円
iPhone 11 Pro 64GB:114,290円
512GB:157,190円
iPhone 11 64GB:72,809円
128GB:78,584円
256GB:74,800円
iPhone XR 64GB:51,900円
128GB:57,400円
iPhone SE(第2世代) 64GB:50,633円
128GB:56,292円
中古iPhone 1円~
Redmi 9T 1円
AQUOS sense4 plus 19,400円
OPPO A73 1円
moto g PRO 7,700円
Xperia 10 Ⅱ 19,600円
OPPO Reno3 A 9,300円
moto g plus 4,700円
OPPO A54 5G 11,800円
ROG phone 5 85,675円
moto g100 41,508円
Redmi Note 10 Pro 25,558円
AQUOS sense5G 35,849円
AQUOS sense4 25,685円
ZenFone 7 Pro 87,890円
ZenFone 7 74,800円
Mi Note 10 Lite 28,440円
OPPO A5 2020 16,501円
OPPO Reno A 16,501円

先着順ですので、早めにお申し込みください。

【OCNモバイルONE公式】詳細はこちら

完全かけ放題月額1,000円キャンペーン

出典:OCNモバイルONE
  • 期間:2021年2月1日~終了日未定
  • 特典:エントリーの翌月から12か月間「OCNでんわ 完全かけ放題オプション」が月額1,100円(税込)
  • 適用条件1:OCNモバイルONEの音声対応SIMを利用すること
  • 適用条件2:gooポイントサイトからキャンペーン申し込み期間中にエントリーする

OCNモバイルONEでは、国内通話完全かけ放題オプションの月額利用料が、最大12か月間1,100円(税込)になるキャンペーンを実施しています。かけ放題オプションは、通常月額1,430円(税込)なので、330円(税込)の割引です。

また、OCNモバイルONEの音声対応SIMに新規申し込みをした方は、申し込み完了月のかけ放題オプションの月額料金が無料です。

OCNモバイルONEの新コースとかけ放題オプションは、最低利用期間がないため、オプションが不要になったら好きなタイミングで解約できます。

なお、こちらのキャンペーンは、gooポイント会員登録(無料)の上、キャンペーンエントリーが必要です。エントリーした月にgooポイントを退会すると、割引の対象外となるので注意しましょう。

【OCNモバイルONE公式】詳細はこちら

\初回限定3ヶ月無料!/

HISモバイル|海外でも使えるSIM

出典:H.I.S.モバイル
  • 国内外問わずに通信可能
  • 違約金・解約手数料が一切なし
  • 貼るだけで使える海外SIM

大手旅行会社のH.I.Sが主要株主となって運営している「H.I.S.モバイル」。

ドコモ回線とソフトバンク回線の格安SIMを提供しています。

データ通信専用SIMが月100MBから10GBまで、音声通話SIMが月500MBから20GBバイトまで幅広く設定されており、オプションと組み合わせることで自分に合ったプランを設定することができます。

また、海外でも使用でき、WiFiレンタルよりもお得になる「変なSIM」「変なSIMプリペイド」も取り扱っています。

出典:HISモバイル

2020年8月27日より、新料金プラン「格安かけ放題プラン」が開始されました。

「格安かけ放題プラン」は、何分かけても通話が無料のプランなので、電話を使うことが多い方や長電話になって通話料金が増えてしまうという方におすすめです。

基本料金が3GBで2,728円(税込)、以降は1GBごとに275円(税込)で利用でき、ドコモ回線を利用しています。データ量の上限は、3GBから30GBまで1GB単位で設定できるため、月によって使った分だけの支払いが可能です。

通話がかけ放題になるだけでなく、データ通信の利用量を自分で決められるお得な格安通話かけ放題プランです。

【H.I.S.モバイル】詳細はこちら

ビタッ!プランの料金一覧【音声通話付き】

音声通話・SMS・データ通信の機能が、月額900円から使えるプランです。月額基本料金はデータ使用量に応じて決まります。

月額基本料金 ドコモ回線 ソフトバンク回線
100MBまで 990円 1,078円
2GBまで 1,562円
5GBまで 2,112円
10GBまで 3,102円
15GBまで 4,092円
30GBまで 6,567円

短い通話を頻繁にするという方は、月額935円(税込)で「10分かけ放題定額オプション」を追加することもできます。

ビタッ!プランの料金一覧【データ通信専用】

通話やSMSを使わずにデータ通信のみ使いたいという方は、月額198円(税込)から利用可能です。こちらもデータ使用量に応じて月額基本料金が決まります。

月額基本料金 ドコモ回線 ソフトバンク回線
100MBまで 198円
2GBまで 770円
5GBまで 1,320円
10GBまで 2,310円
15GBまで 3,300円
30GBまで 5,775円

ドコモ回線の場合は、SMSを月額154円(税込)で契約時に限り追加できます。契約以降の変更はできないので注意してください。

【H.I.S.モバイル】詳細はこちら

ワイモバイル|長時間の通話もかけ放題

ワイモバイル 出典:ワイモバイル
  • 通信速度が速くて安定している
  • 店舗が多くてサポートが手厚い
  • iPhone 12/12 miniが購入できる

ワイモバイルはソフトバンクの子会社のため、キャリアと格安SIMの中間「サブキャリア」という立ち位置となっています。

そのためワイモバイルは、通信速度・料金・サポート全てのバランスが良いおすすめ格安SIMです。

格安SIMの中でもワイモバイルは通信速度が速く、通信回線が安定している特徴があります。大手キャリアから格安SIMに乗り換えて速度が不安な方も、ワイモバイルなら速度の心配は必要ないでしょう。

また、ワイモバイルは全国に店舗がある点も1つの魅力です。格安SIMの多くは実店舗を持っていませんが、ワイモバイルは全国に800以上の店舗があります。

ワイモバイル契約後万が一トラブルがあっても、店舗に行って直接相談することが可能です。初めての格安SIM契約は何かと不安なので、店舗があるのは心強いですね。

格安SIMのプロバイダの中でもiPhone 12/12 miniを販売している数少ないプロバイダがワイモバイルです。

端末割引がある時期は、Apple公式やキャリアよりも安く手に入れることが可能です。

最新のiPhoneを安く使いたい方はぜひワイモバイルを契約しましょう。

【ワイモバイル】詳細はこちら

ワイモバイルの月額料金プラン

ワイモバイルは、大手キャリアのソフトバンクが運営しているという安心感・速度の安定感がありながら、格安SIM各社とほぼ同じ価格帯でスマホを使うことができます。

ワイモバイルの月額料金は以下の表の通りです。

プラン名 シンプルS シンプルM シンプルL
データ通信容量 3GB 15GB 25GB
月額料金(税込) 2,178円 3,278円 4,158円
割引後
月額料金(税込)(※)
990円 2,090円 2,970円
速度制限時の
通信速度
最大300Kbps 最大1Mbps 最大1Mbps

※家族割引サービス適用時

※「光回線とのセット割(おうち割 光セット(A):SoftBank 光・Air加入)」または「家族割引サービス(2回線目以降)」の割引価格

最安プランは、シンプルSのです。

データ容量は、3GB・15GB・25GBの3つです。料金プランがシンプルで、ライト・ミドル・ヘビーユーザーごとに選べるのでわかりやすいですね。

加えて契約から1年間は、「データ増量無料キャンペーン2」でギガが増量されます。

通常「データ増量オプション」は、550円(税込)で契約ギガ数を増やせるオプションプランです。毎月のギガ数が足りない方は、+550円(税込)で1GB~3GB分のギガを追加することができます。

  • シンプルS:3GB→4GB
  • シンプルM:15GB→18GB
  • シンプルL:25GB→28GB

料金プランが一新されたことに加え、ワイモバイルは契約期間の縛りと契約解除料を撤廃しました。つまり、いつワイモバイルを解約・乗り換えしても違約金がかからなくなったのです。

大手キャリアからワイモバイルに乗り換えて万が一微妙だった場合も、違約金0円で解約・乗り換えすることができます。初めて格安SIMを使う方にも、通信速度の速い格安SIMに乗り換えたい方にもおすすめの格安SIMといえるでしょう。

【ワイモバイル】詳細はこちら

キャリア回線別おすすめ格安SIM

キャリアの回線を借りている格安SIM各社ですが、それぞれのキャリア回線ごとにおすすめの格安SIMがあります。

上記では紹介できなかった格安SIMをプランの豊富さや海外でも使える、などの観点からご紹介します。

ドコモ回線のおすすめ格安SIM

ドコモ回線を借りている格安SIMは多くあります。

ドコモ回線を利用している主な格安SIM

  • mineo
  • IIJmio
  • OCNモバイルONE
  • LIBMO
  • b-mobile
  • DTI SIM
  • HISモバイル
  • イオンモバイル
  • NifMo
  • QTモバイル
  • など…

BIGLOBEモバイル|動画や音楽が見放題

BIGLOBEモバイル 出典:BIGLOBEモバイル
  • 料金が安い+キャンペーンが豊富
  • 動画/SNS使い放題サービスがある
  • 「シェアSIM」でデータ容量を分け合える

BIGLOBEモバイルは、動画やSNSが使い放題の「エンタメフリー・オプション」が人気の格安SIMです。

エンタメフリー・オプションとは、対象SNSをいくら使ってもギガが消費されず、使い放題になるオプションとなっています。対象は全21サービスかなり多く、以下のサービスもカウントフリーで使い放題です。

  • YouTube
  • U-NEXT
  • Apple Music
  • Spotify
  • dマガジン
  • 楽天マガジン

エンタメフリー・オプションは、音声通話SIMの場合は月額528円(税込)、データSIMの場合は月額1,078円(税込)です。

動画視聴やSNS利用でデータ容量を消費している方にとって、数百円で使い放題になるのは非常に嬉しいですよね。大手キャリアにはない、格安SIMならではのサービスといえます。

エンタメフリー・オプションに加え、キャンペーンが豊富な点もBIGLOBEモバイルの魅力です。毎月何かしらのキャンペーンを開催しており、時期によってはキャッシュバックキャンペーンもあります

月額料金割引や端末割引も頻繁に行われているので、乗り換え費用を安く済ませたいユーザーにも優しい格安SIMです。

【BIGLOBEモバイル】詳細はこちら

BIGLOBEモバイルの月額料金プラン

BIGLOBEモバイルは、月額料金がかなり安い格安SIMです。音声通話SIMを契約した場合、プラン開始月はどのプランを契約しても、0円で利用できます。

BIGLOBEモバイルのSIMのカードタイプは、タイプA(au 4G LTE回線)、タイプD(NTTドコモ回線)から選ぶことができます。

BIGLOBEモバイルの月額料金は以下の表の通りです。

(税込) 音声SIM データSIM
- SMSあり SMSなし
1GB 1,078円 - -
3GB 1,320円 1,122円 990円
6GB 1,870円 1,727円 1,595円
12GB 3,740円 3,102円 2,970円
20GB 5,720円 5,082円 4,950円
30GB 8,195円 7,557円 7,425円

BIGLOBEモバイルは月額料金が安い上、通話料金が安い点も大きな特徴です。大手キャリアも格安SIMも、通話料金は通常30秒で22円(税込)かかります。

ところがBIGLOBEモバイルは、専用アプリの「BIGLOBEでんわ」から発信すると、半額の30秒9.9円(税込)になるのです。さらに、4種類の通話オプションもあるので、仕事柄電話をよくかける方や家族で電話する方にもおすすめできます。

【BIGLOBEモバイル】詳細はこちら

こちらの記事ではBIGLOBEモバイルの評判を解説しているのでぜひご覧ください。

au回線のおすすめ格安SIM

au回線のおすすめ格安SIMをご紹介します。

au回線を借りている主な格安SIMは以下のとおりです。

au回線を利用している主な格安SIM

  • UQモバイル
  • IIJmio
  • BIGLOBEモバイル
  • 楽天モバイル(パートナー回線)
  • nuroモバイル
  • DTI SIM
  • イオンモバイル
  • など…

格安SIMは種類がとても多いですが、意外と一つの格安SIMの中で選べる料金プランは1つ~3つと少ないです。

ちょうどよいデータ容量が見つからない方におすすめの格安SIMをご紹介します。

J:COMモバイル|端末セットがお得

出典:J:COMモバイル
  • 1GBはずっと月額1,078円(税込)から
  • 速度制限後も最大1Mbps

J:COMモバイルとは、ケーブルテレビなどのサービスで有名なJ:COMが提供している格安SIMです。

月間データ容量1GB・5GB・10GB・20GBプランから選択できます。さらに、端末セットなら端末代金がお得になるキャンペーンを実施中です。

また、月間データ容量超過後の速度制限時でも、速度が最大1Mbpsと速いことが特徴の1つとして挙げられます。さらに、データ容量が余ったときは、翌月に繰り越して無駄なく利用することが可能です。

26歳以下が対象の学割キャンペーンも実施しているので、月額料金を抑えたい方や、人気のスマホを安く手に入れたい方におすすめです。

J:COMモバイルの月額基本料金

J:COMモバイルは、4つのデータ容量から選択できます。

J:COMモバイルの月額基本料金(税抜)は、以下の通りです。

月額料金
(税込)
制限時の速度
1GB 1,078円 最大200kbps
5GB 1,628円 最大200kbps
10GB 2,178円 最大1Mbps
20GB 2,728円 最大1Mbps

【J:COMモバイル】詳細はこちら

ソフトバンク回線のおすすめ格安SIM

au回線のおすすめ格安SIMをご紹介します。

au回線を借りている主な格安SIMは以下のとおりです。

ソフトバンク回線を利用している主な格安SIM

  • ワイモバイル
  • mineo
  • b-mobile
  • HISモバイル
  • nuroモバイル
  • QTモバイル
  • など…

3キャリアの中では最も借りられている数が少ないです。

QTモバイル|余ったデータが繰り越せる

出典:QTモバイル
  • 余ったデータが繰り越せる
  • 格安SIMには珍しい無制限かけ放題がある
  • 1年目は3GBで月1,089円(税込)~契約可能

QTモバイルは、BBIQ等のインターネット回線を提供しているQTnetの格安SIMです。

格安SIMには珍しい「時間無制限のかけ放題プラン」があるため、大手キャリアから乗り換える方にもおすすめできます。

かけ放題がない場合、10分の通話で990円(税込)、30分の通話で2,970円(税込)もかかってしまうので、よく通話をする方はかけ放題がある格安SIMを選んだ方が断然お得です。

また、使いきれなかったデータ容量を翌月に繰り越しできるのも大きな特徴となっています。データ容量の繰り越しができれば、少ないギガ数でもうまくやりくりできるためさらなる節約が可能です。

【QTモバイル】詳細はこちら

QTモバイルの月額料金プラン

QTモバイルの料金は、以下3段階でプランを選んでいきます。

  • SIMカード
    :「データ+通話コース」・「データコース」
  • 回線
    :ドコモ・au・ソフトバンク
  • データ容量
    :1GB・2GB・3GB・6GB・10GB・20GB・30GB

ドコモ・auの方が月額料金が安く、ソフトバンクは若干料金が高めになっています。

ドコモ回線
(税込)
データ+通話
コース
データコース
2GB 1,100円 770円
3GB 1,540円 990円
6GB 1,760円 1,430円
10GB 1,980円 1,650円
20GB 2,200円 1,870円
30GB 3,300円 2,970円

au回線
(税込)
データ+通話
コース
データコース
1GB 1,595円 880円
3GB 1,705円 990円
6GB 2,475円 1,705円
10GB 3,575円 2,805円
20GB 5,390円 4,620円
30GB 7,590円 6,820円

ソフトバンク回線
(税込)
データ+通話
コース
データコース
1GB 1,870円 880円
3GB 1,980円 990円
6GB 2,750円 1,705円
10GB 3,850円 2,805円
20GB 5,610円 4,620円
30GB 7,810円 6,820円

au・ソフトバンク回線を選択する場合、利用開始月から6か月目までは月額料金が割引されます。

人気の3GBプランは月額たったの1,089円(税込)~で利用できるため、格安SIMでとにかく料金を節約したい方にぴったりです。

【QTモバイル】詳細はこちら

格安SIMをお得に契約しよう!

人気格安SIMの料金や評判を比較し、おすすめ格安SIMを厳選紹介しました。

キャンペーンや割引を使えば、格安SIMをさらに安くお得に契約することができます。キャンペーンは毎月更新されるので、契約前にキャッシュバック・キャンペーンが実施されていないか確認してみましょう!

本記事を参考にして、ぜひ大手キャリアから格安SIMに乗り換えてくださいね。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2021年02月26日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!