格安SIM20社を徹底比較| 料金・速度・キャンペーンを紹介!一番のおすすめは?

格安SIMは50種類以上あり、速度・料金には大きな差はありません。当サイト限定キャンペーンキャッシュバックも紹介しているので、格安SIMを契約しようと思っているけどどこを契約しようか悩んでいる方はぜひ参考にしてください。
BIGLOBEmobile20190724_desc 格安SIM20社を徹底比較| 料金・速度・キャンペーンを紹介!一番のおすすめは?

月々のスマホ代の高さから、格安SIMへの乗り換えを検討している方が増えています。

ですが格安SIM会社は数多くあるため、どうやって選べばいいかわからない方も多いでしょう。

そこで本記事は、主要格安SIMの月額料金や通信速度を比較します。合わせて、ドコモ・au・ソフトバンクから格安SIMへの乗り換え手順もまとめました。

格安SIMで月額料金を安くしたい方や、安心して乗り換えできるおすすめ格安SIMを知りたい方必見です。

この記事で解決しなかった方はこちら

格安SIMの選び方・比較ポイント

まずは、格安SIMを比較する際のポイントから解説していきます。自分に合った格安SIMと料金プランを見つけるための、選び方も見ていきましょう。

  • ポイント1.音声通話は必要?
  • ポイント2.月間何GB必要?
  • ポイント3.通信速度を比較
  • ポイント4.月額料金を比較
  • ポイント5.回線の種類を比較

ポイント1.音声通話は必要?

格安SIMには、大きく分けて3つのSIMタイプがあります。

  • 音声通話SIM
    :電話番号を使った通話ができる
  • データ通信専用SIM(SMS付)
    :通話はできないが、SMSは使える
  • データ通信専用SIM(SMSなし)
    :通話できず、SMSも使えない

「音声通話SIM」は、電話番号を使った通話とデータ通信が使えるSIMのタイプです。データ通信というのは、「インターネットが使えること」と考えるとわかりやすいでしょう。

音声通話SIMは電話番号を使ったSMS(ショートメッセージ)も利用でき、格安SIMの中では最も使える機能の多いSIMタイプとなっています。

一方の「データ通信専用SIM」は、電話番号を使った通話ができないデータ通信専用SIMです。電話番号を入力して発信する電話は使えませんが、「LINE通話」のようなインターネット回線を使っている通話アプリは利用できます。

データ通信専用SIMの中で、さらにSMS付とSMSなしの2種類に分かれます。これは、SMSが使えるかどうかの違いです。

メルカリやLINE等の一部アプリでは、SMS認証が必須となっています。そのため、普段はLINE通話で足りる方もSMS機能はつけておいた方が後々便利です。

格安SIM事業者によって名前は少し違いますが、この3つの内のどれかと考えて問題ありません。格安SIM業者や料金プランを比較する時は、音声通話やSMS機能が必要かどうか考えてみましょう。

ポイント2.月間何GB必要?

ドコモ・au・ソフトバンクといった大手キャリアと比べ、格安SIMは料金プランが豊富です。そのため、格安SIMを比較する際は月間何GB必要なのかを決めておく必要があります。

とはいえ、自分が毎月どのくらいギガを消費しているのかわからない方も多いでしょう。スマホの使い方別に、必要なギガ数がざっくりまとめました。

  • 1~3GB
    :インターネットの利用は最低限
     or自宅にWiFiがある
  • 4~7GB
    :毎日ある程度インターネットを使う
  • 7GB以上
    :動画閲覧やアプリゲームをする

多くの格安SIM事業者では、3GB・6GB・10GBといった最低3つ以上の料金プランを用意していることが多いです。そのため、上記3つの内のどれに該当するかわかれば、大体近いデータ容量を選ぶだけでよくなります。

詳しいギガ数を知りたい方は、今契約しているキャリア・格安SIMのマイページからギガ使用量が調べられるはずです。格安SIM契約前に、自分が毎月何GB使用しているか確認することをおすすめします。

ポイント3.通信速度を比較

最重要といっても過言ではないのが、格安SIMの通信速度です。せっかく格安SIMに乗り換えても、速度が遅くて使い物にならなかったら意味がありません。

格安SIMの中でも通信速度が速い・通信環境が安定していると言われているのが、サブブランドの「UQモバイル」「ワイモバイル」です。

サブブランドとは、大手キャリアのもう1つのブランドという意味です。UQモバイルはau、ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドとなっています。

この2社はキャリアと格安SIMの中間のような位置づけで、格安SIMの中でもキャリア並みの通信速度が期待できます。他の格安SIMと比べると若干料金は高めではありますが、スマホ代を節約しながら快適にネットを使いたい方におすすめです。

その他格安SIMに関しては、契約前に実際の口コミや評判を調べてみるのも良いでしょう。もちろん、全ての口コミが真実とは限りませんが、どのような口コミが多いのか調べてみるだけでも価値はあります。

ポイント4.月額料金を比較

通信速度と同じくらい大切なのが、格安SIM各社の月額料金です。大手キャリアから格安SIMに乗り換える理由の大半は、月々のスマホ代を安いしたいからでしょう。

月額料金を比較する際のポイントは、契約期間の総額を比較することです。格安SIMによっては、最初の数ヶ月間キャンペーンで料金が安くなるところも多々あります。

そのため、1ヶ月の料金の安さを比較するだけでなく、1年~2年間トータルでいくらかかるのかを比べることが大切です。最低契約期間があるところもないところもあるので、それも併せて確認すると良いです。

ポイント5.回線の種類を比較

格安SIMは、大手キャリアの回線を借りて通信サービスを提供しています。借りている通信回線は1社とは限らず、ドコモとau2社から回線を借りていることもあります。

そのため、同じ格安SIMでも「ドコモ回線」と「au回線」2つのプランがあるのです。今使っているスマホをそのまま使うのであれば、同じキャリア回線を選ぶのがおすすめです。

もちろん、端末を買い替えたりスマホのSIMロックを解除したりすれば、違う回線でも使えます。ですが、特に回線のこだわりがない場合は同じキャリア回線がある格安SIMを選んだ方が安全です。

楽天モバイル

おすすめ格安SIM11社を徹底比較

おすすめ格安SIM10社の最安プランを比較表にまとめました。

速度やサービスを検討してから使いたい場合データSIMの最安プランを契約して試してみると月1,000円以内と安価にお試しが可能です。

【PR】BIGLOBEモバイル|動画や音楽が見放題

出典:BIGLOBEモバイル
  • 料金が安い+キャンペーンが豊富
  • 動画/SNS使い放題サービスがある
  • 「シェアSIM」でデータ容量を分け合える

BIGLOBEモバイルは、動画やSNSが使い放題の「エンタメフリー・オプション」が人気の格安SIMです。

エンタメフリー・オプションとは、対象SNSをいくら使ってもギガが消費されず、使い放題になるオプションとなっています。対象は全21サービスかなり多く、以下のサービスもカウントフリーで使い放題です。

  • YouTube
  • U-NEXT
  • Apple Music
  • Spotify
  • dマガジン
  • 楽天マガジン

エンタメフリー・オプションは、音声通話SIMの場合は月額480円、データSIMの場合は月額980円です。

動画視聴やSNS利用でデータ容量を消費している方にとって、数百円で使い放題になるのは非常に嬉しいですよね。大手キャリアにはない、格安SIMならではのサービスといえます。

エンタメフリー・オプションに加え、キャンペーンが豊富な点もBIGLOBEモバイルの魅力です。毎月何かしらのキャンペーンを開催しており、時期によってはキャッシュバックキャンペーンもあります

月額料金割引や端末割引も頻繁に行われているので、乗り換え費用を安く済ませたいユーザーにも優しい格安SIMです。

【限定特典あり】BIGLOBEモバイルを契約する

BIGLOBEモバイルの月額料金プラン

BIGLOBEモバイルは、月額料金がかなり安い格安SIMです。音声通話SIMを契約した場合、プラン開始月はどのプランを契約しても、0円で利用できます。

BIGLOBEモバイルのSIMのカードタイプは、タイプA(au 4G LTE回線)、タイプD(NTTドコモ回線)から選ぶことができます。

BIGLOBEモバイルの月額料金は以下の表の通りです。

※表をスライドすることですべての料金プランを見ることができます。

料金プラン 音声通話SIM
タイプA/タイプD
データSIM
タイプD
SMS機能付きデータSIM
タイプA/タイプD
サービス開始月 サービス開始翌月
(1ヶ月目~6ヶ月目まで)
7ヶ月目以降~ サービス開始翌月~ サービス開始翌月~
3ギガプラン 初月無料
初期費用実質0円
プラン料金0円
0円 1,600円 900円 1,020円
6ギガプラン 550円 2,150円 1,450円 1,570円
12ギガプラン 1,800円 3,400円 2,700円 2,820円
20ギガプラン 3,600円 5,200円 4,500円 4,620円
30ギガプラン 5,850円 7,450円 6,750円 6,870円

BIGLOBEモバイルは月額料金が安い上、通話料金が安い点も大きな特徴です。大手キャリアも格安SIMも、通話料金は通常30秒で20円かかります。

ところがBIGLOBEモバイルは、専用アプリの「BIGLOBEでんわ」から発信すると、半額の30秒9円になるのです。さらに、4種類の通話オプションもあるので、仕事柄電話をよくかける方や家族で電話する方にもおすすめできます。

【限定特典あり】BIGLOBEモバイルを契約する

音声通話SIM特典|3ギガプランが半年間月額400円!

出典:BIGLOBEモバイル
  • 2020年7月1日 〜 2020年8月31日(以降も継続して実施することがあります。)

BIGLOBEモバイルの音声通話SIM特典はWEB申し込み限定のキャンペーン。音声通話SIMの3GB以上のプランが初月+6ヶ月間1,200円の割引が受けられます。

3GBプランであれば月額料金がなんと400円に!その他の料金プランの割引額も確認してみましょう。

プラン 通常月額料金
→割引月額料金
3ギガ 1,600円
→400円
6ギガ 2,150円
→950円
12ギガ 3,400円
→2,200円
20ギガ 5,200円
→4,000円
30ギガ 7,450円
→6,250円

さらに、上記割引に加えてエンタメフリー・オプションが最大6ヵ月無料に!ぜひこの機会にBIGLOBEモバイルを申し込んでください。

【BIGLOBEモバイル】最新キャンペーンはこちら

月額料金値引き特典|6か月間月額500円~!

出典:BIGLOBEモバイル
  • 2020年9月1日 〜 2020年11月3日

特典期間中にBIGLOBEモバイルの音声通話SIMを申し込むと、6か月間月額900円割引になるキャンペーンです。

新規申し込みの方なら、プラン申し込み手数料とSIMカード準備料が割引されて、初期費用が無料になります。

このキャンペーンが適用された月額基本料金を確認してみましょう。

プラン 1~6か月目(初月無料) 7か月目以降
1ギガ 500円 1,400円
3ギガ 700円 1,600円
6ギガ 1,250円 2,150円
12ギガ 2,500円 3,400円
20ギガ 4,300円 5,200円
30ギガ 6,550円 7,450円

さらに、上記割引に加えてエンタメフリー・オプションとセキュリティセット・プレミアムが最大6ヵ月無料に!ぜひこの機会にBIGLOBEモバイルを申し込んでください。

【BIGLOBEモバイル】最新キャンペーンはこちら

初期費用無料特典|3000円が0円に!

BIGLOBEモバイルの音声通話SIMを新規契約すると、プラン申込手数料3,000円(税抜)とSIMカード手数料394円(税抜)が発生します。

しかし、期間中に音声通話SIMのみを新規契約した場合、初期費用3,394円(税抜)が無料になる特典を受けられます。

  • 期間:2020年9月1日~2020年11月3日

こちらは音声通話SIMのみを契約した場合に適用されるため、端末とセットで契約した場合は適用されません。端末とセットで契約する際には「端末セット特典」が適用されます。

【BIGLOBEモバイル】最新キャンペーンはこちら

【当サイト限定】1,500Gポイントもらえる!

出典:BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル契約を検討している方に朗報です!

当サイト経由でBIGLOBEモバイルを申し込むと、今なら最大1,500Gポイントもらえます!

  • 開催期間:2020年9月1日~2020年11月3日
  • 対象条件:SIMのみで新規契約
  • 適用条件:当サイト経由かつクーポンコード【DGC】を入力

対象は、SIMカードのみで新規契約した方です。

Gポイントは1ポイント1円として月額料金に利用できるので、実質1500円割引になります。

Gポイントをもらうには、当サイト経由でBIGLOBEモバイルに申込み、クーポンコード【DGC】を入力するだけ!

ぜひこのお得な機会にBIGLOBEモバイルに申し込みましょう。

【BIGLOBEモバイル】最新キャンペーンはこちら

端末セット特典|ポイント還元で実質0円~!

出典:BIGLOBEモバイル
  • 2020年9月15日 〜 2020年11月3日(以降も継続して実施することがあります。)

本キャンペーンは対象の端末と音声通話SIMの申し込みで最大20,000円相当のポイントが還元されるもの。先述した「音声通話SIM特典」との併用も可能となっています。

対象端末の中には、端末代が20,000円以下のものもあるので、キャンペーン適用で実質0円での購入が可能です。

キャンペーンの割引対象になる料金プランは音声通話SIMの3ギガ以上のプラン。データSIMは対象外となるので注意してください。

また、ポイントはGポイントでの支払いとなります。ポイントを受け取るためにはGポイントの会員登録・BIGLOBEIDとの紐づけが必要になるのでこちらも注意しましょう。

それでは、割引対象となるスマホは以下の通り。

  • Redmi Note 9S
  • OPPO Reno3 A
  • Mi Note 10 Lite
  • OPPO A5 2020
  • AQUOS sense3 SH-M12
  • moto g8
  • moto g8 plus
  • HUAWEi nova lite 3+
  • HUAWEi nova 5T
  • ZenFone Max Pro(M2)(ZB631KL)(6GB)
  • AQUOS sense3 plus

iPhone格安SIM通信でもレビューを行ったOPPO Reno3 Aなどの人気端末がお得にゲットできます!

【BIGLOBEモバイル】最新キャンペーンはこちら

ワイモバイル|長時間の通話もかけ放題

出典:ワイモバイル
  • 通信速度が速くて安定している
  • 店舗が多くてサポートが手厚い
  • 10分通話かけ放題が無料でついている

ワイモバイルはソフトバンクの子会社のため、キャリアと格安SIMの中間「サブキャリア」という立ち位置となっています。

そのためワイモバイルは、通信速度・料金・サポート全てのバランスが良いおすすめ格安SIMです。

格安SIMの中でもワイモバイルは通信速度が速く、通信回線が安定している特徴があります。大手キャリアから格安SIMに乗り換えて速度が不安な方も、ワイモバイルなら速度の心配は必要ないでしょう。

また、ワイモバイルは全国に店舗がある点も1つの魅力です。格安SIMの多くは実店舗を持っていませんが、ワイモバイルは全国に800以上の店舗があります。

ワイモバイル契約後万が一トラブルがあっても、店舗に行って直接相談することが可能です。初めての格安SIM契約は何かと不安なので、店舗があるのは心強いですね。

ワイモバイルの月額料金プラン

ワイモバイルは、大手キャリアのソフトバンクが運営しているという安心感・速度の安定感がありながら、格安SIM各社とほぼ同じ価格帯でスマホを使うことができます。

ワイモバイルの月額料金は以下の表の通りです。

※表をスライドするとすべて見ることができます。

プラン S(3GB) M(9GB) R(13GB)
月額料金 2,680円 3,680円 4,680円
新規割適用時 1,480円 2,480円 3,480円

最安プランは、スマホプランSの2,680円です。契約から半年間は、「新規割」で全料金プランが700円つづ安くなっています。

月額料金が安くなったことに加え、今まで通り全ての基本プランに「10分以内の通話かけ放題」が無料でついています。通話オプションがない格安SIMも多い中、10分かけ放題が基本料金に組み込まれているのはありがたいですね。

データ容量は、3GB・9GB・13GBの3つです。料金プランがシンプルで、ライト・ミドル・ヘビーユーザーごとに選べるのでわかりやすいですね。

加えて契約から1年間は、「データ増量無料キャンペーン2」でギガが増量されます。

通常「データ増量オプション」は、500円で契約ギガ数を増やせるオプションプランです。毎月のギガ数が足りない方は、+500円で1GB~3GB分のギガを追加することができます。

    • スマホプランS:3GB→4GB
    • スマホプランM:9GB→12GB
    • スマホプランR:14GB→17GB

料金プランが一新されたことに加え、ワイモバイルは契約期間の縛りと契約解除料を撤廃しました。つまり、いつワイモバイルを解約・乗り換えしても違約金がかからなくなったのです。

大手キャリアからワイモバイルに乗り換えて万が一微妙だった場合も、違約金0円で解約・乗り換えすることができます。初めて格安SIMを使う方にも、通信速度の速い格安SIMに乗り換えたい方にもおすすめの格安SIMといえるでしょう。

ワイモバイルのキャンペーンはこちら

ワイモバイルの料金プラン一覧や、プラン変更方法を解説した記事もご覧ください。

データ増量無料キャンペーン2

出典:ワイモバイル

新規契約や乗り換え(MNP)、契約変更でスマホベーシックプランを契約すると、データ増量オプション料が1年間無料になるキャンペーンです。

つまり、1年間通常よりも多いデータ容量を使うことができるということです。増量後のデータ容量は以下の通りとなっています。

  • スマホプランS:3GB→4GB(+1GB)
  • スマホプランM:9GB→12GB(+3GB)
  • スマホプランR:14GB→17GB(+3GB)

スマホプランSなら1GB増量、スマホプランM・Rなら3GBも多く使えます。契約後もプラン変更は可能なので、最初は思う存分使えるプランMやプランRがおすすめです。

【ワイモバイル】最新キャンペーンはこちら

家族割引サービス

出典:ワイモバイル

家族でワイモバイルを契約すると、2回線目(2人目)以降が500円/月ずつお得になるキャンペーンです。

最大9回線まで割引が適用されるので、最大で毎月合計5,000円お得になります。家族でなくても、1人で複数回線申し込む場合も適用されます。

さらに離れて暮らす家族や、同居中の恋人も適用されるので、家族割引サービスの範囲はかなり広いです。家族で同じ携帯会社を使っている場合は、全員でワイモバイルに乗り換えるとお得ですね。

※おうち割とは併用できないのでご注意ください。

【ワイモバイル】最新キャンペーンはこちら

UQモバイル|ダントツ速度が速い

出典:UQモバイル
  • 通信速度が速くて料金が安い
  • auスマホがそのまま使える
  • 格安SIMには珍しいかけ放題がある

CMで有名なUQモバイルは、auのサブブランドという位置づけです。そのため格安SIMでありながら、auとほぼ同等の通信速度でインターネットが使えます

「格安SIMに乗り換えて速度が遅くなったらどうしよう」と悩んでいる方も、UQモバイルなら今まで通り快適にネットが使えるはずです。

通信速度が速いだけでなく、au回線を使っているためauスマホがそのままUQモバイルでも使えます。SIMロック解除手続きや新たに端末を購入する必要がないので、月々のスマホ代だけ安くしたい方にぴったりです。

【キャッシュバックあり】UQモバイルの料金プランを見てみる

UQモバイルの月額料金プラン

プラン名 データ容量 月額料金
音声通話SIM スマホプランS 3GB 1,980円 家族割適用で1,480円
スマホプランR 10GB 2,980円 家族割適用で2,480円
データ無制限プラン 無制限 1,980円
データSIM データ高速プラン 3GB 980円

UQモバイルの料金プランは、音声通話SIMが3種類、データ専用SIMが1種類です。

音声通話SIMは、スマホプランS・スマホプランR・データ無制限プランの3種類から選べます。

スマホプランS・スマホプランRは、2020年6月から開始した新料金プランです。速度が遅くなる代わりに、いくら使ってもデータが消費されない「節約モード」が特徴となっています。

「節約モード」使用時の通信速度は、スマホプランSが最大300kbps、スマホプランRが最大1Mbpsです。300kbpsはネット閲覧が問題なくできるレベル、1MbpsはYouTubeの標準画質が視聴できるレベルと思ってください。

節約モードを使えば、少ないデータ容量でもネットを十分に使えそうですね。

データ無制限プランは、最大500kbpsでギガ使い放題のプランです。速度制限があるとはいえ、1,980円で使い放題は格安といえます。

通話ができないデータ専用SIMは、月額980円の「データ高速プラン」1種類です。月3GBまで使え、3GBを超えた分は200kbpsに速度制限がかかります。

【限定キャンペーンあり】UQモバイルの契約はこちら

UQモバイルのキャンペーン情報

UQモバイルの契約を考えている方にビッグニュースです!

当サイト経由でUQモバイルを申し込むと、なんと最大10,000円の現金キャッシュバック!今だけ期間限定のお得なキャンペーンです。

  • 乗り換え(MNP)で契約:10,000円
  • 新規契約:3,000円
    【適用条件】
  • 当サイトから申し込むこと
  • スマホプラン(S/R)のいずれかで契約すること

キャッシュバックの適用条件・申込み手順はいたって簡単。「当サイトから指定プランを申し込む」「キャッシュバック連絡時まで契約継続する」だけです。

申し込みは、こちらからUQモバイルのページにとび、画面にしたがって必要事項を入力してください。

申込み時の登録メールアドレス宛に、キャッシュバック案内のメールが届くので、内容にしたがって受け取り口座を登録しましょう。契約月の翌々月に連絡がきます。

UQモバイルに乗り換えたい方は、ぜひ今回のキャッシュバックキャンペーンを活用してください!

【限定キャッシュバックあり】UQモバイルを契約する

UQ家族割

UQ家族割とは、家族で2人目以降の月額料金が永年割引されるキャンペーンです。スマホプランS・Rがそれぞれ500円/月割引されるので、最安で1,480円/月~使うことができます。

出典:UQモバイル

UQ家族割の嬉しいところは、割引がずっと続く点です。2人目も3人目も、ずっと月額1,480円~で使えます。家族で同じ携帯会社を契約している場合は、家族全員でUQモバイルに乗り換えるのがおすすめです。

家族での加入が難しい場合は、UQモバイルとポケットWiFiをセット契約する方法もおすすめです。

業界最安級である「カシモWiMAX」とUQモバイルを契約すると、「ギガMAX月割」でスマホ料金が毎月500円割引されます。

UQモバイルだけだとギガが足りない方も、スマホ代を節約しながらネットが使い放題になるんです。ぜひチェックしてみてくださいね。

【業界最安級】カシモWiMAXの料金プランはこちら

OPPO Reno3 A発売キャンペーン

出典:UQモバイル
  • 購入期間:2020年6月25日~2020年8月30日
  • 応募期間:2020年7月1日~2020年8月30日

UQ mobileでOPPO Reno3 Aを購入し、ウェブから応募するとau PAY残高へ3,000円キャッシュバックされるキャンペーンです。

2020年6月25日に発売されたOPPOの新機種Reno3 Aを購入する方にお得なキャンペーンとなっています。

OPPO Reno3 Aは高コスパスマホでおすすめの機種なので、この機会にぜひチェックしてみてください。

【限定キャッシュバックあり】UQモバイルを契約する

y.u mobile|永久不滅ギガで無駄なく使える

yumobile 出典:y.u mobile

「y.u mobile」は、大手通信サービス株式会社U-NEXTが「U-mobile」の後進サービスとして提供している格安SIMです。

y.uモバイルの月額料金プランは、とにかくシンプルでわかりやすいので、格安SIM入門者にもおすすめです。

また、対象のプランを契約すると、動画配信サービス「U-NEXT」を無料で利用できる特典もあります。

家族でデータ通信、映画やドラマもシェアして楽しみたいという方は、ぜひチェックしてください。

【y.u mobile】最新キャンペーンはこちら

y.u mobileの料金プラン

料金プラン SIMタイプ 料金 ギガ数
シングルプラン データSIM 900円 3GB
データSIM(SMS付き) 1120円
音声通話SIM 1690円
シェアプラン 音声通話SIM 5990円 20GB

y.u mobileの料金プランは、「シングルプラン3GB」「シェアプラン20GB」の2種類から選ぶことができます。

シングルプランは、毎月3GBのデータ量を利用することができます。データSIMと音声通話SIMでそれぞれ料金が異なります。

音声通話SIM・データSIMともに、最低利用期間や違約金はなく、テザリングの月額基本料も0円です。

シェアプランは、毎月20GBのデータ量を利用することができます。データSIMと音声通話SIMでそれぞれ料金が異なります。

シングルプラン同様に、音声通話SIM・データSIMともに、最低利用期間や違約金はなく、テザリングの月額基本料も0円です。

シェアプランは、シェアプラン1件につき最大4回線で毎月20GBのデータ量を、追加SIMを契約することでシェアが可能です。

そして、シェアプラン最大の特徴は、動画配信サービス「U-NEXT」の月額プラン(月額1,990円)が無料で利用できることです。

【y.u mobile】最新キャンペーンはこちら

y.u mobileのキャンペーン

y.u mobileでは、iPhone格安SIM通信限定キャンペーンを実施中です!

当サイト経由の申し込みで、なんと22,500円の高額キャッシュバックをもらうことができます!

シングルプランに22,500円のキャッシュバックを補填すれば、実質1年間無料で利用することができます。

どの格安SIMを契約したらいいのかわからないという方は、この機会にぜひチェックしてください。

【y.u mobile】最新キャンペーンはこちら

楽天モバイル|1年無料でギガ使い放題

出典:楽天モバイル
  • 2980円で完全データ使い放題
  • 国内通話かけ放題

2020年4月8日、楽天モバイルはキャリア(MNO)サービスを開始しました。サービス開始に伴い、格安SIM(MVNO)時の料金プランは新規受付を停止し、MNOの料金プランのみとなります。

MNO化した楽天モバイルの特徴は、なんといっても月額2,980円で完全データ使い放題という格安料金プランです。

大手キャリアの大容量プランは7,000円前後しますが、楽天モバイルなら半額以下の月額2,980円で契約できます。データ容量無制限のプラン自体珍しいことに加え、格安料金で使える点は大きな魅力ですよね。

さらに楽天モバイルでは、国内通話かけ放題も2,980円の料金プランに含まれています。楽天モバイル同士の通話だけでなく、他社携帯にかける際の通話も無料になるので、通話料金がかなり節約できるはずです。

【楽天モバイル】最新キャンペーンはこちら

楽天モバイルの月額料金プラン

出典:楽天モバイル

楽天モバイルの料金プランは、データ無制限の「Rakuten UN-LIMIT」のみとなっています。

Rakuten UN-LIMITは、楽天基地局に接続している時のデータ通信量が無制限になる料金プランです。自宅が楽天基地局圏内であれば、YouTubeの動画もSNSも通信制限を気にせずに楽しめます。

楽天基地局以外の「パートナー基地局」に接続した際は、月間2GBまで使えます。2GBを超過した場合は、大手キャリアと同じく最大128kbpsの通信制限がかかる仕組みです。

今のところ楽天基地局が開設されているのは都心部のみですが、徐々に増えていく見込みとなっています。

【楽天モバイル】最新キャンペーンはこちら

Rakuten UN-LIMITプラン料金1年間無料キャンペーン

  • [Web]2020年3月3日16:00~終了日未定
    [店舗(楽天モバイルショップ)]2020年3月4日開店~終了日未定

Rakuten UN-LIMITお申し込みキャンペーンでは、新規契約・他社MNP・楽天モバイルからのプラン変更で、月2,980円の利用料金が1年間無料になります。

単純計算で、月額プラン料金2,980円×12ヵ月で35,760円お得になるチャンスです。申し込みが300万名に達し次第終了ということで、見逃さないようにしましょう。

楽天モバイルのお申し込みはこちら

対象製品+プランセット購入で最大20,000ポイント

出典:YouTube
  • 2020年5月1日(金)0:00~終了日未定

楽天モバイル契約時に対象端末を購入すると、最大20,000円相当のポイントがもらえます

対象製品は人気のAQUOSやGalaxyなど、かなり幅広い端末から選べます。乗り換えと同時に機種変更を考えている方も多いので、ありがたいキャンペーンですね。

キャンペーンの対象機種と還元ポイントは、以下の通りです。

対象機種 還元ポイント
AQUOS sense3 lite、OPPO A5 2020 20,000ポイント
Galaxy A7、Xperia Ace、Galaxy S10 1,5000ポイント
Galaxy Note10+、AQUOS sense3 plus、arrows RX、HUAAWEI nova 5T、OPPO Renoa 128GB 10,000ポイント

【楽天モバイル】最新キャンペーンはこちら

オンライン申し込みで3,000ポイント

出典:楽天モバイル
  • [Web]2020年7月10日(金)9:00~終了日未定

こちらはオンライン申し込み限定のキャンペーンです。

オンラインでRakuten UN-LIMITに申し込み+Rakuten Linkアプリを利用すると、楽天ポイントを3,000ポイント分がもらえます。

楽天ポイントはRakuten UN-LIMITの月額料金の支払いに利用できるため、利用料1ヵ月分実質的に無料になります。

【楽天モバイル】最新キャンペーンはこちら

事務手数料3,300円を全額ポイント還元

出典:楽天モバイル
  • Web:2020年7月10日(金)9:00〜終了日未定
  • ショップ:2020年7月10日(金)開店〜終了日未定

申し込み時の事務手数料3,300円が、全額ポイント還元されるキャンペーンです。

専用アプリ「Rakuten Link」の利用登録とSMS認証が完了すると、事務手数料相当の楽天ポイントが3,300ポイント付与されます。

  1. Rakuten UN-LIMITを申し込む
  2. 製品・SIM受け取り~開通
  3. 楽天モバイル開通完了
  4. Rakuten Linkを利用
  5. 3,300ポイントプレゼント

【楽天モバイル】最新キャンペーンはこちら

LINEモバイル|SNSヘビーユーザーなら即決

出典:LINEモバイル
  • 全プラン無料でLINE使い放題
  • 最安600円/月~という破格の料金
  • LINEの年齢認証・ID検索可能

LINEモバイルは、全プランでLINEが使い放題になる珍しい料金プランが特徴です。

2020年2月19日に新料金プランを発表し、業界最安級の月額600円~契約することができます。全料金プランにLINE使い放題がついている他、「Twitter」「Instagram」「FaceBook」等が使い放題になるオプションもあります。

スマホはほとんどSNSを使っている方にとって、この価格で使い放題になるのはとてもありがたいですよね。

また、LINEモバイルはLINEの年齢認証ができるため、ID検索が可能な点も魅力です。多くの格安SIMではLINEの年齢認証ができないので、IDを検索して友達を追加することができません。

ですが、LINEモバイルは年齢認証ができるため、大手キャリアと同じようにLINEを使うことができるのです。

【LINEモバイル】料金プラン詳細はこちら

出典:LINEMUSIC

SNS使い放題オプションの中には、音楽聴き放題サービス「LINE MUSIC」も入っています。

先述した通り、LINEモバイルの場合はLINE MUSICに使われた通信がカウントされないプランも存在し、非常にお得となっています。

インストール・登録は無料なので、LINEモバイルにどんな楽曲が入っているのか確認してみましょう!

LINE MUSICを無料インストールする!

LINEモバイルの月額料金プラン

2020年2月19日から開始された、LINEモバイルの新料金プランです。「データSIM(SMSなし)」がなくなり、「データSIM(SMS付き)」と「音声通話SIM」の2つになりました。

LINEモバイルの料金プランは以下の表の通りです。

SIMタイプ データ容量 月額基本料金
データSIM(SMS付き) 500MB 600円
3GB 980円
6GB 1,700円
12GB 2,700円
音声通話SIM 500MB 1,100円
3GB 1,480円
6GB 2,200円
12GB 3,200円
データ容量も選択肢が増え、それぞれ500MB・3GB・6GB・12GBの4つから選べます。最安プランの「データSIM(SMS付き)」500MBは、なんと月額600円で契約できます!

最初の数ヶ月間だけ安い格安SIMもありますが、LINEモバイルはずっと料金が変わりません。割引キャンペーンなしでこの価格と考えると、本当に安いです。

新料金プランからは、カウントフリーがオプションから選べるようになりました。

カウントフリーとは、対象サービスを使った時のデータ使用量がカウントされず、使い放題になる機能です。オプションは、以下3つの中から選べます。

  • LINEデータフリー:月額+0円
  • SNSデータフリー:月額+200円
  • SNS音楽データフリー:月額+480円

全料金プランにおいて、LINEは無料で使い放題です。SNSデータフリーはLINE+2つの対象SNS、SNS音楽データフリーはLINE+4つの対象SNSがカウントフリーになります。

Twitterやインスタグラムの閲覧でギガが足りなくなっていた方も、LINEモバイルなら少ないデータ容量で足りるはずです。月額料金を安くしたい方は、一度LINEモバイルを使ってみてはいかがでしょうか?

【LINEモバイル】料金プラン詳細はこちら

https://www.kashi-mo.com/media/25067/

月額基本利用料3ヶ月500円キャンペーン

出典:LINEモバイル
  • 2020/8/26(水)〜 終了日未定

LINEモバイルでは、2020年8月26日からベーシックプラン(音声通話SIMを3GB以上)を契約すると月額基本利用料から3ヶ月間980円割引されるキャンペーンを実施しています。

データSIM(SMS付き)やベーシックプラン500MBはキャンペーン対象外のためご注意ください。また、初月の月額基本利用料は日割り計算となります。

ベーシックプランに加えて月額0円で利用できるLINEデータフリーオプションを選んだ場合、キャンペーン適用時の料金は以下のようになります。

データ容量 初月 2~4ヶ月目 5ヶ月目以降
3GB 初月の月額基本料金は 日割り計算 500円 1,480円
6GB 1,220円 2,200円
12GB 2,220円 3,200円

※すべて税抜価格です。

月額280円のSNSデータフリーオプションと、月額480円のSNS音楽データフリーオプションを選んだ場合でも、月額基本利用料から3ヶ月間980円割引されます。

【LINEモバイル】最新キャンペーンはこちら

格安スマホぽっきりSALE

出典:LINEモバイル
  • 2020/8/26(水)~11/4(水)

格安スマホぽっきりSALEは、スマホとセットでLINEモバイルを契約すると月額500円からスマホが購入できるキャンペーンです。

対象のスマホは以下の4種類です。

  • HUAWEI nova lite 3
  • OPPO A5 2020
  • OPPO Reno3 A
  • HUAWEI nova 5T

LINEモバイルを新規契約する場合の端末本体料金はこちらです。

端末 一括払い 分割払い(24回)
HUAWEI nova lite 3 12,000円 500円
OPPO A5 2020 通常26,800円
→16,800円
700円
OPPO Reno3 A 通常36,800円
→24,000円
1,000円
HUAWEI nova 5T 通常54,500円
→40,800円
1,700円

※すべて税抜価格です。

分割払いの場合は、分割手数料/月が発生します。また、LINEモバイルをすでに利用している方で対象の端末に機種変更する際は、一括購入のみ可能です。

こちらのキャンペーンを利用すると、「月額基本利用料3ヶ月500円キャンペーン」が自動適用されます。

【LINEモバイル】最新キャンペーンはこちら

LINEスタンプ プレミアム 最大2ヶ月分ポイントバックキャンペーン

出典:LINEモバイル
  • 2020/8/26(水) 〜 2020/10/31(土)

LINEの人気スタンプが使い放題になる「LINEスタンプ プレミアム」の月額利用料金最大2ヶ月分がLINEポイントにてポイントバックされるキャンペーンです。

「LINEスタンプ プレミアム」は、300万種類以上のクリエイターズスタンプを月額240円から使い放題になるサービスです。

現在、新規加入すると1ヶ月無料になるキャンペーンを実施しているため、無料体験期間と併せて実質最大3ヶ月無料になります。

「LINEスタンプ プレミアム」のプランは、月間プラン・年間プラン・学割プランの3種類があり、プランに応じてポイントバックされます。

キャンペーンの適用条件はこちらです。

  • 【9/30まで】LINEスタンプ プレミアムを購入する/購入している
  • 【9/30まで】LINEモバイルのベーシックプラン(データ容量3GB以上)を利用開始する
  • 【10/31まで】エントリーフォームに入力(エントリーフォーム送信日:2020/9/8・10/8)

申し込みが完了すると、2020年12月下旬に特典のLINEポイントが付与されます。

【LINEモバイル】最新キャンペーンはこちら

mineo|ドコモ・au・ソフトバンク対応

出典:mineo
  • 格安SIMのサービス満足度2年連続1位
  • ドコモ・au・ソフトバンクのトリプルキャリア対応
  • mineoユーザー同士で余ったギガを共有できる

mineoは、サービス満足度2年連続1位(※1)の人気格安SIMです。数多くの格安SIM会社がある中、2年連続獲得の実績は並大抵のことではありません。

mineoの特徴は、mineoユーザー同士のコミュニティ活動や助け合いが活発な点です。例えばコミュニティサイト「マイネ王」では、Q&Aフォームや掲示板で情報交換し、mineoユーザー同士が問題解決をしています。

さらに、mineoユーザー同士が余ったパケットを「フリータンク」にシェアし、ギガが足りないユーザーを助ける活動もあります。フリータンクは、サービス開始から1度もパケットが枯渇したことがないそうです。

それくらい、ユーザー同士の助け合い精神が活発な格安SIMとなっています。

【mineo】最新キャンペーンはこちら

※1:MMD研究所は「2019年9月格安SIMサービスの利用動向調査」「2018年9月格安SIMサービスの利用動向調査」参照

mineoの月額料金プラン

mineoは、「au回線のAプラン」「ドコモ回線のDプラン」「ソフトバンク回線のSプラン」の3つのプランから選ぶことができます。

各回線プランで用意されているデータ容量は同じですが、月額料金が異なります。

mineoのプランは、最大30GBまで6種類のデータ容量から選択できます。

mineoの料金プランは種類が多いので、以下の料金表の見方を参考にしてください。

mineoのプランの見方

  • デュアルタイプ:音声通話SIM
  • シングルタイプ:データSIM
  • Dプラン:ドコモ回線を使用したプラン
  • Aプラン:au回線を使用したプラン
  • Sプラン:ソフトバンク回線を使用したプラン

また、mineoには通常コースとは別に「エココース」というプランがあります。

エココースとは、回線が混雑する時間帯(※)にはあまり通信をしないという方や、多少通信速度が遅くても問題ないという方におすすめです。

速度制限中(最大速度200kbps)でも、メールやチャットなどのテキストデータのやりとりは問題なく使うことができます。

※速度制限の対象となる時間帯:平日7:30〜8:30、12:00〜13:00、18:00〜19:00

mineoのエココースは、基本月額料金から最大450円割引されます。

以下の表では、各回線のシングルタイプ・デュアルタイプの通常金額とエココースでの月額料金をまとめています。

※表をスライドするとすべて見ることができます。

月額料金プラン(Dタイプ) 通常価格 エココース 通常価格からの割引額
3GB シングルタイプ 900円 850円 -50円
デュアルタイプ 1,600円 1,550円
6GB シングルタイプ 1,580円 1,480円 -100円
デュアルタイプ 2,280円 2,180円
10GB シングルタイプ 2,520円 2,370円 -150円
デュアルタイプ 3,220円 3,070円
20GB シングルタイプ 3,980円 3,680円 -300円
デュアルタイプ 4,680円 4,380円
30GB シングルタイプ 5,900円 5,450円 -450円
デュアルタイプ 6,600円 6,150円

月額料金プラン(Aタイプ) 通常価格 エココース 通常価格からの割引額
3GB シングルタイプ 900円 850円 -50円
デュアルタイプ 1,510円 1,460円
6GB シングルタイプ 1,580円 1,480円 -100円
デュアルタイプ 2,190円 2,090円
10GB シングルタイプ 2,520円 2,370円 -150円
デュアルタイプ 3,130円 2,980円
20GB シングルタイプ 3,980円 3,680円 -300円
デュアルタイプ 4,590円 4,290円
30GB シングルタイプ 5,900円 5,450円 -450円
デュアルタイプ 6,510円 6,060円

月額料金プラン(Sタイプ) 通常価格 エココース 通常価格からの割引額
3GB シングルタイプ 900円 940円 -50円
デュアルタイプ 1,950円 1,900円
6GB シングルタイプ 1,670円 1,570円 -100円
デュアルタイプ 2,630円 2,530円
10GB シングルタイプ 2,610円 2,460円 -150円
デュアルタイプ 3,570円 3,420円
20GB シングルタイプ 4,070円 3,770円 -300円
デュアルタイプ 5,030円 4,730円
30GB シングルタイプ 5,990円 5,540円 -450円
デュアルタイプ 6,950円 6,500円

mineoは豊富な料金プラン、オプションを用意しているので自分に合った料金プランを契約しましょう。

【mineo】料金プラン詳細はこちら

月額基本料金6か月800円割引キャンペーン

mineoでは現在、対象プランに加入または変更すると、利用開始翌月から6か月間月額基本料金が800円割引されるキャンペーンを実施しています。

  • 期間:2020年9月1日(火)~2020年11月30日(月)
  • 適用条件:デュアルタイプの3GB以上のコースに新規申し込みする/契約を変更する

さらに、パケット放題の月額料金が最大7か月80円割引されるキャンペーンを併用することも可能です。パケット放題とは、月額料金350円でネットや動画、SNSなどのどんなサービスでも最大500kbpsで使い放題になるサービスです。

2つのキャンペーンを利用してデュアルタイプの3GBコースとパケット放題を契約すると、月額料金が通常1,860円~のところ6か月間980円~です。

格安SIMの中でも人気の高いmineoのお得なキャンペーンなので、ぜひチェックしてみてください。

mineoのお申込みはこちら

敬老の日にスマホ新生活!親孝行キャンペーン

出典:mineo

期間内に、mineoのデュアルタイプで60歳以上の方が新規申し込みをすると、電子マネーギフト3,000円分がプレゼントされるキャンペーンです。

電子マネーギフトはEJOICAセレクトギフトで、Amazonギフト券やnanaco、WAONポイントなど様々な電子マネーに交換できます。

  • 期間:2020年9月1日(火)~2020年10月31日(土)
  • 適用条件1:mineoのデュアルタイプに新規申し込みをする
  • 適用条件2:申し込み受付完了時点で年齢が満60歳以上の方

感謝の気持ちを伝える敬老の日のギフトとしても、ぴったりのキャンペーンです。

mineoのお申込みはこちら

OPPO製スマートフォン購入で電子マネーギフトプレゼントキャンペーン

出典:mineo

mineoで取り扱っている対象のOPPO製スマートフォンを購入すると、「EJOICAセレクトギフト」2,000円分がプレゼントされるキャンペーンです。

EJOICAセレクトギフトは、Amazonギフト券や楽天Edyなど様々な電子マネーと交換できる電子マネーギフトです。

  • 期間:2020年8月21日(金)~2020年9月30日(水)
  • 対象端末:OPPO Reno3 A/OPPO A5 2020

対象端末である「OPPO Reno3 A」と「OPPO A5 2020」はiPhone格安SIM通信で実機レビューをしていますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

mineoのお申込みはこちら

紹介アンバサダー制度

出典:mineo

「紹介アンバサダー制度」は、mineoを紹介した人も紹介された人もお得な紹介キャンペーンです。

mineoを紹介した人には最大3,500円分、紹介された人は音声通話SIMであれば、一律1,000円分の電子マネーギフトがもらえます。

電子マネーギフトは様々な商品券と交換できるギフト券で、交換できる商品券は下記のようなものがあります。

  • Amazonギフト券
  • モバイルSuica
  • nanaco
  • WAONポイント
  • 楽天Edy
  • Google Play ギフトコード
  • App Store & iTunes コード
  • 出光キャッシュプリカ
  • カエトクカード
  • HMV Gift Card
  • Vプリカ発行コード
  • NET CASH
  • リンベル イーギフト

特典を受けるためには、紹介する人がmineoのマイページにログインした後、「あなたの紹介URL」をコピーし、メールやLINEで友達に送ります。

URLを受け取った方は、そのURLからmineoの音声通話SIMに申し込むことで、ギフトがもらえます。

mineoに申し込みをしている途中で、ブラウザの戻るボタンを押さないよう気をつけましょう。前のボタンに戻ってしまうと、特典が受けられなくなります。

データ通信SIMでは適用されないのでこちらも注意が必要です。mineoの通話音声SIMを申し込む場合は、mineoユーザーを探してでも利用したいキャンペーンです。

mineoのお申込みはこちら

IIJmio|iPhone XS/XRも取り扱いあり

出典:IIJmio
  • 端末の種類が圧倒的に多い
  • iPhone XS/XRも取り扱いあり
  • 専用アプリからの発信で通話料半額

IIjmioの大きな特徴は、他の格安SIM・大手キャリアに比べて取扱い端末数が圧倒的に多い点です。

iPhoneはもちろん、SIMフリーAndroidやガラケー、iPadやAndroidタブレットも取り扱っています。加えて、競合格安SIMが取り扱っていない新しいiPhoneモデルがあるのも強みです。

格安SIMで購入できる新品iPhoneは、現在iPhone 7が最も新しいです。ですが、IIJmioは中古端末を取り扱うことにより、iPhone XSやiPhone XRといった比較的新しいiPhoneも購入できます

中古といってもかなり状態の良い新品同様品なので、安くiPhoneを購入したい方にもおすすめです。

【IIJmio】最新キャンペーンはこちら

IIJmioの月額料金プラン

IIJmioの月額料金プランは、「音声通話SIM」「データ通信SIM(SMS付)」「データ通信SIM(SMSなし)」の3種類です。

IIJmioの料金プランは以下の表の通りです。

ネットワーク回線 料金プラン名 データ容量 月額料金
音声通話SIM データ通信SIM
SMSあり SMSなし
ドコモ回線(タイプD) ミニマムスタートプラン 3GB/月 1,600円 1,040円 900円
ライトスタートプラン 6GB/月 2,220円 1,660円 1,520円
ファミリーシェアプラン 12GB/月 3,260円 2,700円 2,560円
au回線(タイプA) ミニマムスタートプラン 3GB/月 1,600円 900円
ライトスタートプラン 6GB/月 2,220円 1,520円
ファミリーシェアプラン 12GB/月 3,260円 2,560円

データ容量もシンプルな3GB・6GB・12GBの3つで、ライト・ミドル・ヘビーユーザーごとに分かれています。

最安料金は1,600円~ですが、インターネット回線のIIJmioひかりとセット契約すると月額1,000円~契約可能です。

月12GBでも足りない方は、月額プランに追加して使える「大容量オプション」があります。大容量オプションは、「20GBで+3,100円」と「30GBで+5,000円」の2種類です。

使った分だけ支払いできる従量制プラン

出典:IIJmio

IIJmioの料金プランに、使った分だけ1GB単位で支払いができる従量制プランが新登場しました。

LINEやメールの利用が中心でデータ通信をあまり使わない方や、モバイル通信は自宅での利用が多いという方におすすめのプランです。従量制プランは、タイプA(au回線)のみ選択できます。

SMS機能付きSIMなら1GB480円から利用可能で、毎月データ通信容量の上限を設定できます。また上限を超えそうなときは、会員ページから上限値の変更をすると即日反映されます。

最大20GBまで使用できて、従量制プラン内でデータシェアもできます。3枚までSIMカードを利用できるため、家族でシェアしたり複数の端末で使いたい方にもおすすめです。

従量制プランの月額基本料金はこちらです。

バンドルクーポン SMS機能付きSIM 音声通話機能付きSIM
~1GB 480円 1,180円
~2GB 700円 1,400円
~3GB 900円 1,600円
~4GB 1,100円 1,800円
~5GB 1,300円 2,000円
~20GB 4,300円 5,000円

※すべて税抜価格です。

1GBを超える場合は、1GBごとに200円ずつかかります。

高速通信が使えるバンドルクーポンの適用はオン/オフ可能です。非適用時は、通信速度が低下したり通信制限にかかりやすくなるので注意しましょう。

【限定キャッシュバックあり】IIJmioを契約する!

秋のコミコミキャンペーン【はじめての誰とでも通話定額10分割引】

出典:IIJmio
  • 期間:2020年9月1日~9月30日

現在実施されている秋のコミコミキャンペーンは、「みおふぉんダイアル通話定額10分」(通常月額料金830円)を申し込むと音声通話SIMの月額基本料金が6か月間700円割引通話定額オプションが7か月間無料になるキャンペーンです。

データ通信容量12GBのファミリーシェアプランは、音声・SMS・データSIM問わず月額料金が6か月間1,280円割引になります。通常定額セットの割引と合わせると、6GBのライトスタートプラン(1,520円)よりも安くなるのでお得です。

使った分だけ1GB単位で支払いができる従量制プランも対象となっているので、1GB480円から利用可能です。

さらに、最大15,000円のキャッシュバックも行っているので、見逃さないようにチェックしましょう。

【IIJmio】最新キャンペーンはこちら

秋のコミコミキャンペーン【MNPキャッシュバック特典】

出典:IIJmio

対象期間中にIIJmioモバイルサービスの音声通話機能付きSIMをMNP乗り換えで申し込むと、1回線ごとに3,000円キャッシュバックされるキャンペーンも実施されています。

  • 期間:2020年9月1日~9月30日

こちらは、MNP転入のみ対象のため、「新しい番号を取得」としての新規申し込みは対象外となります。

キャンペーン対象プランとキャッシュバックの上限額は以下の通りです。

  • ミニマムスタートプラン:最大6,000円(2回線まで)
  • ライトスタートプラン:最大6,000円(2回線まで)
  • ファミリーシェアプラン:最大15,000円(5回線まで)

2020年8月より開始された従量制プランは対象外となっていますので、注意してください。

【IIJmio】最新キャンペーンはこちら

秋のコミコミキャンペーン【スマホ特価セール】

出典:IIJmio
  • 期間:2020年9月1日~9月30日

MNP乗り換えで人気端末が安価で購入できるスマホの特価セールも実施中!対象端末は以下となります。

  • AQUOS sense2:2,980円(一括支払い) 125円(24回払い)
  • Xperia Ace:17,800円(一括支払い) 754円(24回払い)
  • iPhone 8:23,500円(一括支払い) 992円(24回払い)

なお端末在庫がなくなり次第の終了となります。あわせて、音声SIMとセットで申し込むと最大5,000円分のギフト券(選べるe-GIFT)を受け取ることができるプレゼントキャンペーンも開催中です。

【IIJmio】最新キャンペーンはこちら

J:COMモバイル|手厚いサポート体制

出典:J:COMモバイル

J:COMモバイルは、映像配信サービスで有名な株式会社ジュピターテレコムが提供する格安SIMです。

J:COMモバイルの最大の特徴として、J:COMが提供するアプリのデータ通信料がゼロになることが挙げられます。

    【対象アプリ】
  • J:COM ミュージック
  • J:COM オンデマンド
  • J:COM ブックス

上記サービスの中でも、J:COMミュージックとJ:COMブックスは月額500円かかるところ、初月は無料で利用可能

様々な動画が楽しめるJ:COMオンデマンドは、J:COM TVに加入していれば一部コンテンツは無料で楽しむことができます。

また、他社スマホからの乗り換えでQUOカードを最大10,000円分がもらえる乗り換えキャンペーンも実施中!キャンペーンの終了時期は未定なので、お早めの契約をおすすめします。

J:COMモバイルのお申込みはこちら

QTモバイル|余ったデータが繰り越せる

出典:QTモバイル
  • 余ったデータが繰り越せる
  • 格安SIMには珍しい無制限かけ放題がある
  • 1年目は3GBで月990円~契約可能

QTモバイルは、BBIQ等のインターネット回線を提供しているQTnetの格安SIMです。

格安SIMには珍しい「時間無制限のかけ放題プラン」があるため、大手キャリアから乗り換える方にもおすすめできます。

かけ放題がない場合、10分の通話で900円、30分の通話で2,700円もかかってしまうので、よく通話をする方はかけ放題がある格安SIMを選んだ方が断然お得です。

また、使いきれなかったデータ容量を翌月に繰り越しできるのも大きな特徴となっています。データ容量の繰り越しができれば、少ないギガ数でもうまくやりくりできるためさらなる節約が可能です。

【QTモバイル】キャンペーン情報はこちら

QTモバイルの月額料金プラン

QTモバイルの料金は、以下3段階でプランを選んでいきます。

  • SIMカード
    :「データ+通話コース」・「データ(SMS付き)コース」
  • 回線
    :ドコモ・au・ソフトバンク
  • データ容量
    :1GB・3GB・6GB・10GB・20GB・30GB

ドコモ・auの方が月額料金が安く、ソフトバンクは若干料金が高めになっています。

出典:QTモバイル 出典:QTモバイル

1年目は全容量の料金が安くなっており、通常よりも560円/月安いです。

人気の3GBプランは月額たったの990円で利用できるため、格安SIMでとにかく料金を節約したい方にぴったりです。

【QTモバイル】キャンペーン情報はこちら

[h4_QTモバイル]

b-mobile|1GB単位で契約できる

出典:b-mobile
  • 1GB月額990円
  • 15GBのプランで月額3,590円
  • 使いすぎないようにデータ最大限限定を設定できる

使った分だけ月額料金を支払うジャストフィット格安SIMを提供しているのが、b-mobileです。

一般的な格安SIMは3GBや6GBプランといった大雑把な分け方ですが、b-mobileは1GB単位で契約できます。そのため、少ないギガ数で通信料金をやりくりしたい方にぴったりです。

ギガが足りない場合は1GB200円で追加できるので、大手キャリアと比べて格安料金でギガが使えます。また料金設定が細かいだけでなく、5分通話かけ放題が月額500円で使える点も魅力です。

【b-mobile】お申込みはこちら

b-mobileの月額料金プラン

  • 合理的かけほプラン(音声通話SIM)
  • 990ジャストフィットSIM(音声通話SIM)
  • 190 Pad SIM(データSIM)

b-mobileの料金プランは、上記の3種類です。音声通話SIMが2種類、データSIMが1種類となっています。

出典:b-mobile

「合理的かけほプラン」は、2020年6月30日にスタートした新料金プランです。

データ容量3GB+通話かけ放題がついて月額2,480円という驚きの価格設定となっています。

通話かけ放題を用意していない格安SIMも多いので、データ容量を節約しながら安く通話できるのは嬉しいですね。

この価格は、同じ条件で大手キャリアと比べて月額3,000〜5,000円も安いんです。

出典:b-mobile

さらにb-mobileなら、3GBを超えた分のデータ容量追加料金も安いです。

ドコモ・au・ソフトバンクが1GB1,000円なのに対し、b-mobileはたったの250円で追加できます

3GBだと足りないという方も、使う量に合わせて気軽にギガの追加が可能です。最大30GBまで1GB単位でギガの追加ができます。

【b-mobile】お申込みはこちら

▼990ジャストフィットSIM(音声通話SIM)

月額料金プラン ドコモ回線 ソフトバンク回線
~1GB 990円 990円
~3GB 1,290円 1,690円
~6GB 1,790円 2,390円
~10GB 2,590円 3,190円
~15GB 3,590円 4,390円

かけ放題をつけるほど通話しない方は、「990ジャストフィットSIM」を選びましょう。

「990ジャストフィットSIM」は、ドコモ回線・ソフトバンク回線のいずれも1GBまでの利用なら990円で抑えることができるので、ライトユーザーにおすすめです。

また、990ジャストフィットSIMは従量課金制となっていますが、データ利用量の上限設定をすることができるので、使い過ぎてしまう心配はありません。

【b-mobile】お申込みはこちら

▼190 Pad SIM(データSIM)

データ通信のみ SMS付きSIM
回線種別 ドコモ、ソフトバンク ドコモ
~100MB 190円 320円
~1GB 480円 610円
~3GB 850円 980円
~6GB 1,450円 1,580円
~10GB 2,190円 2,320円
~15GB 3,280円 3,410円

b-mobileでデータSIMもしくはSMS付きデータSIMを契約する場合には「190 Pad SIM」を選びましょう。

一般的に、データSIMは2台目以降の格安SIMとして契約されることが多いです。

190 Pad SIMは、データ使用量が100MB未満の場合は、たったの190円しかかかりません。

1GB使っても490円、3GBまで使っても850円とかなり低価格なので、サブ機の運用として頻繁に使わないという方にかなりおすすめです。

【b-mobile】お申込みはこちら

格安SIM20社の月額料金比較

人気格安SIM20社の月額料金を、音声通話SIM・データSIMに分けて比較しました。

音声通話SIMの料金比較

音声通話SIM
格安SIM 1GB 2GB 3GB 4GB 5GB 6GB 7GB 10GB 大容量
【PR】UQモバイル 1,680円
DTI SIM 1,200円 1,480円 1,920円 2,800円

エキサイトモバイル

1,370円 1,470円 1,600円 1,870円 2,950円
(9GB)
6,680円
(30GB)
イオンモバイル 1,280円 1,380円 1,580円 1,980円 3,280円
(12GB)
4,680円
(20GB)
IIJmio 1,600円 2,220円 3,260円
nuro mobile 1,400円 1,600円 1,800円 2,000円 2,200円 2,400円 3,000円
mineo 1,500円 1,600円 2,280円 3,220円 4,680円
(20GB)
BIGLOBEモバイル 1,400円 1,600円 2,150円 3,400円
(12GB)
5,200円
(20GB)
楽天モバイル 2,980円
(無制限)
LINEモバイル 1,100円
(500MB)
1,480円 2,200円 2,700円
(12GB)
QTモバイル 1,450円 1,550円 2,250円 3,250円 4,900円
(20GB)
b-mobile 990円 1,490円 1,990円 2,490円 2,990円 3,490円 3,990円 5,490円 10GB以降350円/1GB
ワイモバイル 2,680円 3,680円
(9GB)
4,680円
(14GB)

LIBMO

580円 980円 1,580円 2,380円 5,980円
(20GB)
5,980円
(30GB)
OCNモバイルONE 1,600円 1,800円 2,150円 3,000円 4,850円
(20GB)
6,750円
(30GB)

H.I.S.モバイル

1,300円 1,900円 2,800円 4,500円
(20GB)
8,000円
(50GB)
トーンモバイル 1,500円
(無制限)
リペアSIM 1,280円 1,780円 2,180円 2,780円 3,480円 4,980円
(20GB)
U-mobile 1,580円 1,980円 2,880円
(25GB)

音声通話SIMでは、LIBMOが比較的安いことがわかります。最安プランでは月額580円のため、最低限のデータ容量で安く契約したい方におすすめです。

大容量プランで見ると、トーンモバイルが1,500円でギガ使い放題という破格の料金プランであることがわかります。通信速度の制限はありますが、音声通話付きで1,500円というのはかなり安いでしょう。

同じくデータ使い放題の楽天モバイルも2,980円と格安料金です。楽天モバイルは国内通話料無料がついてこの価格なので、普段から通話が多い方におすすめです。

データSIMの料金比較

データSIM
格安SIM 500MB 1GB 2GB 3GB 4GB 5GB 6GB 7GB 10GB 大容量
【PR】UQモバイル 1,980円 2,980円
DTI SIM 600円 840円 1,220円 2,100円 2,200円
(1.4GB/日)

エキサイトモバイル

630円 660円 770円 880円 1,150円 1,450円 1,600円 1,900 円 2,380 円
イオンモバイル 480円 780円 980円 1,480円 2,680円
(12GB)
8,480円
(50GB)
IIJmio 900円 1,520円 2,560円
(12GB)
nuro mobile 700円 1,500円 2,700円
(13GB)
mineo 700円 900円 1,580円 2,520円 5,900円
(30GB)
BIGLOBEモバイル 900円 1,450円 2,700円
(12GB)
6,750円
(30GB)
楽天モバイル 1,450円 2,980円
(無制限)
LINEモバイル 600円 980円 1,700円 3,200円
(12GB)
QTモバイル 700円 800円 800円(使用開始12ヶ月まで) 2,400円 6,000円
(30GB)
b-mobile 480円 850円 1,450円 2,190円 3,280円
ワイモバイル
(音声プランと同様)
2,680円 3,680円
(9GB)
4,680円
(14GB)

LIBMO

880円 1,480円 2,280円 5,880円
(30GB)
OCNモバイルONE 1,100円 1,450円 2,300円 6,050円
(30GB)

H.I.S.モバイル

540円 890円 1,240円 1,590円 1,940円 2,290円 2,640円 3,690円
トーンモバイル 1,000円
(機種代金別途)
リペアSIM 500円 900円 1,580円 1,980円 2,480円 3,980円
U-mobile 680円 790円 900円 1,480円

データ専用SIMは、各社似たような料金設定でした。500MBではLINEモバイルのLINE使い放題プランが最安600円となっています。

データ専用SIMは音声通話がついていないこともあり、高いプランでも2,000~3,000円で契約できるプランが多いです。電話はLINE通話で事足りる方は、データ専用SIMの方が月額料金を安く抑えられるのでおすすめです。

格安SIMへの乗り換え(MNP)手順

ドコモ・au・ソフトバンクから格安SIMへMNP乗り換えする方法・手順をまとめました。

更新月を確認して解約金を抑える

格安SIMに乗り換える前に、現在契約中のキャリアの契約更新月を確認しましょう。

新料金プラン発表以前から大手キャリアを契約していた方は、契約更新月以外に解約・乗り換えをすると違約金9,500円がかかります。

2019年10月に大手キャリアの違約金が1,000円に引き下げられましたが、これは新料金プランに加入した方が対象です。新料金プラン発表以前からキャリアを契約していた方は対象外なので、注意してください。

MNP予約番号を取得する

乗り換え先の格安SIMでも同じ電話番号を使いたい場合は、「MNP予約番号」の発行が必要です。

MNP予約番号は、電話番号を変えずに乗り換えるために必要な番号となっています。乗り換え前の携帯会社でMNP予約番号を発行してもらい、乗り換え先にその番号を伝えるだけで大丈夫です。

ドコモ・au・ソフトバンクでのMNP予約番号発行方法は、以下の通りです。MNP予約番号を使っての乗り換えには、手数料3,000円がかかります。

au

  • 一般電話/携帯電話共通:0077-75470へ電話

ドコモ

  • 携帯からの場合:151へ電話
  • 一般電話からの場合:0120-800-000へ電話

ソフトバンク

  • 携帯電話からの場合: *5533へ電話
  • 一般電話からの場合: 0800-100-5533へ電話

SIMロックの解除方法

キャリアで契約した端末を格安SIMでも使うには、「SIMロックの解除」が必要です。SIMロックとは、特定キャリアでしか使えないようにかけられている鍵のことを言います。

SIMロックの解除は、端末を購入したキャリアでしか行なえません。手順を確認し、SIMロックを解除して格安SIMで使いましょう。

SIMロック解除条件を確認する

SIMロックが解除できる条件は以下の通りです。

  • 各種ロックがかかっていないこと
  • 2015年5月以降の発売機種:機種購入日から101日目以降(※)

※端末代金を一括払いで購入した場合は、機種購入日から100日以内であってもSIMロック解除可能です。

以前まで、中古で購入した端末や解約から一定日数経った端末はSIMロック解除ができませんでした。しかし、SIMロックの解除条件がゆるくなり、比較的誰でもSIMロック解除ができるようになっています。

SIMロック解除手順

2015年5月以降に発売された機種の場合、SIMロック解除はネット・店舗どちらでも手続き可能です。一方2015年5月よりも前に発売された機種は、店舗のみSIMロック解除ができます。

店舗手続きの場合SIMロック解除手数料3,000円がかかりますが、インターネット上での手続きは無料です。店舗での待ち時間も発生しないため、インターネット上での手続きをおすすめします。

SIMロック解除方法は、ドコモ・au・ソフトバンクどこでも大体同じです。

  1. マイページからSIMロック解除申請を行う(午前9時~午後9時まで)
  2. 解除申請完了後、自分でSIMロック解除設定を行う

マイページとは、キャリアそれぞれが用意している「My SoftBank」「My docomo」「My au」のことです。IDとパスワードを入力してログインし、SIMロックの解除申請を行います。

申請後のSIMロック解除設定方法については、各機種の公式HPで確認しましょう。参考までに、ソフトバンクでの解除設定方法がこちらです。

格安SIMのよくある質問

ここからは、格安SIMのよくある質問・疑問点に回答していきます。

MNOとMVNOの違いは何?

  • MNO(移動体通信事業者)
    :大手キャリア
  • MVNO(仮想移動体通信事業者)
    :格安SIM

簡単にまとめると、MNOが大手キャリア、MVNOが格安SIMです。

MNOは「Mobile Network Operator”(移動体通信事業者)」、MNVOは「Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)」の略称です。MNOとMVNOの大きな違いは、自社の通信回線を持っているか持っていないかとなっています。

MNOであるドコモ・au・ソフトバンクは、自社の通信回線を持っています。一方MVNOと呼ばれる格安SIM事業者は、自社の通信回線を持っていません。

ではどうやって格安SIMがサービスを展開しているのかというと、大手キャリアの通信回線の一部を借りているのです。

格安SIMの料金プランに「ドコモ回線」「au回線」「ソフトバンク回線」とあるのは、どの通信回線を使っているかを表しています。大手キャリアと同じ通信回線を使っているため、繋がるエリアはキャリア・格安SIM共に同じです。

なお、これまで格安SIMだった楽天モバイルも2020年4月からMNOに参入予定となっています。MNOになるということはつまり、楽天モバイル独自の通信回線を設けてキャリアの仲間入りするということです。

そもそも格安SIMとは?という人向けの解説動画です。

格安SIMの平均月額料金はどれくらい?

月々の平均月額料金を調査した研究(※)では、大手キャリアは平均7,433円、格安SIMは平均2,067円という結果が残っています。

月々5,000円ほど安くなるということは、年間で6万円の節約です。携帯は数年間、数十年間使い続けるものなので、生涯節約できる金額は数百万円になるでしょう。

MMD研究所「2016年スマートフォンの利用料金に関する調査」

格安SIMはなぜ安い料金プランを提供できるの?

格安SIMは、au・ドコモ・ソフトバンクといった、大手キャリアの通信回線を借りています。そのため、自前の通信基地局を運用するよりは遥かに安くサービス提供が可能なのです。

加えて、多くの格安SIMは実店舗を持たずにインターネット上で販売を行っています。それゆえ店舗の維持費や人件費がかからず、大手キャリアと比較して格安の料金で契約できるのです。

格安SIMのメリットは何?

  • 月額料金が安い
  • 料金プランが豊富
  • 料金プランがシンプル
  • 2年縛りがない

月額料金が安い

格安SIM最大のメリットは、月々のスマホ代が安くなる点です。大手キャリアと比較して年間6万円も安くなることを考えると、生涯節約できる金額は計り知れません。

料金プランが豊富

大手キャリアと比べ、料金プランが豊富な点も魅力の1つです。例えばドコモやソフトバンクは2つしか料金プランがありませんが、格安SIMには3~10前後の料金プランがあります。

そのため、必要以上にデータ容量が多くて高いプランを契約する必要がなく、自分の必要なデータ容量に応じてプランを選ぶことが可能です。

料金プランがシンプル

格安SIMは料金プランが豊富な点に加え、料金体系がシンプルです。

大手キャリアは家族割引や光回線のセット割引を含んだ金額で書かれており、最終的にいくら払うのかわかりにくくなっています。

一方格安SIMは、割引なしで毎月いくらかかるのかが書かれています。そのため他社との料金比較もしやすく、料金プランが選びやすいのです。

2年縛りがない

携帯といえば2年縛りが一般的でしたが、契約期間の縛りがないのも格安SIMの特徴です。

ドコモ・au・ソフトバンクには2年縛りとそうでないプランとが選べますが、格安SIMにはそもそも契約期間の縛りがないプランがあります。

契約期間の縛りがないということは、いつ解約や乗り換えをしても違約金が発生しないということです。万が一通信速度が遅い場合も、違約金を気にせず他社に乗り換えできるのは格安SIMのメリットといえます。

格安SIMのデメリットは?

  • 通信速度が比較的遅い
  • 通話料金が高い
  • サポートが弱い
  • キャリアメールが使えない
  • 購入できる端末が限られている(→スマホおすすめに誘導)
  • 口座振替できない格安SIMが多い
  • LINEのID検索が使えない

通信速度が比較的遅い

大手キャリアと比べると、格安SIMの通信速度は遅い傾向にあります。

格安SIMは、ドコモ・au・ソフトバンクといった大手キャリアから通信回線を借りてサービスを提供しています。イメージとしては、大手キャリアという大きな道路(通信回線)の一部を格安SIMが借りている状態です。

そのため、道路を通る車(ユーザー)が増えれば回線は混雑し、通信速度は遅くなります。ユーザーが増えるごとに格安SIMも通信回線を増強していますが、費用の兼ね合いですぐに増強できないため、通信速度が遅いタイミングは出てきます。

その分大手キャリアよりも価格が安いため、格安SIMを選ぶ際は速度と料金のバランスがとれたサービスを選ぶことが大切です。

通話料金が高い

格安SIMの多くは、通話かけ放題のサービスがありません。そのため、普段から電話をよくかける方はキャリアよりも月額料金が高くなってしまう場合があります。

もちろん一部格安SIMでは、かけ放題オプションや通話料が半額になるサービスもあります。電話をよく使う方は、かけ放題オプションがある格安SIMを選んだ方が良いでしょう。

サポートが弱い

大手キャリアと違って格安SIMは実店舗を持たないサービスが大半です。そのため、何か困った時に店舗で直接聞くといったサポートはキャリアには及びません。

ですが、オンラインのチャットサポートで空き時間に質問したり、契約前に相談することは可能です。ワイモバイルやUQモバイルのように店舗がある格安SIMもあるので、店舗があるかどうかも一度確認すると良いかもしれません。

キャリアメールが使えない

当たり前ですが、大手キャリアから格安SIMに乗り換えた後はキャリアメールが使えなくなります。

元々キャリアメールで様々なサービスに登録している場合は、変更が手間になるかもしれません。ですが、これは大手キャリア同士や格安SIM同士で乗り換えた場合にも起こりうることです。

そのため、乗り換えに関係なく使い続けられる「Gメール」や「ヤフーメール」といったフリーメールに変更することをおすすめします。

購入できる端末が限られている

大手キャリアに比べ、格安SIMは取り扱い端末が少ない傾向にあります。特に最新iPhoneは大手キャリアでしか取り扱いがなく、格安SIMは型落ちiPhoneや中古iPhoneの取り扱いとなっています。

iPhoneの最新機種はキャリアと比較して弱いですが、AndroidやSIMフリースマホは格安SIMの方が豊富です。おすすめAndroidスマホのスペックや機能を比較した記事もぜひ参考にしてください。

口座振替できない格安SIMが多い

格安SIMの契約は基本的にクレジットカードとなっており、口座振替ができない会社が多いです。そのため、クレジットカードを持っていない方は口座振替ができる格安SIMの中から選ぶ必要があります。

まだ数は多くありませんが、口座振替で契約できる格安SIMも増えてきています。口座振替ができるおすすめ格安SIMを解説した記事もご覧ください。

LINEのID検索が使えない

大手キャリアでは当たり前だったLINEのID検索ですが、格安SIMでは使うことができません。これは、格安SIMではLINEのID検索に必要な年齢認証ができないためです。

格安SIMの中でID検索ができるのは、LINEモバイルです。LINEモバイルは年齢認証ができる上、LINE使用時のデータ容量が消費されません。LINEで友達追加する頻度が高い方は、LINEモバイルを利用した方が便利です。

LINEモバイルのお申込みはこちら

格安SIMをお得に契約しよう!

人気格安SIMの料金や評判を比較し、おすすめ格安SIMを厳選紹介しました。

キャンペーンや割引を使えば、格安SIMをさらに安くお得に契約することができます。キャンペーンは毎月更新されるので、ぜひ契約前にキャンペーンが実施されていないか確認してみましょう!

本記事を参考にして、ぜひ大手キャリアから格安SIMに乗り換えてくださいね。

毎月安い料金でiPhoneを使いたいなら、ぜひこちらの記事をご参考にしてください。

  【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2020年08月20日

菅野 辰則 ― ライター
菅野 辰則 ― ライター

最新ガジェット、家電、デバイスが大好物。秋葉原、ネットショップでコスパの高い中古端末に目を光らせている。iPhone・iPadを格安SIMとWiMAXで利用中。趣味はダンス、週4日のトレーニングを欠かさない。