ポケットWiFi10社の速度比較!実測値が速いのは?遅い時の対処法も[2022年12月]

ポケットWiFiを快適に利用するために最も重要なのは「通信速度」です。ポケットWiFiの実測値や制限時の速度を比較して、実際の速度が速いおすすめのポケットWiFiを紹介します。WiFiの速度が遅くなる原因や対処法も解説。「速いポケットWiFiが知りたい」という方はぜひチェックしてください。
【公式】カシモWiMAX ポケットWiFi10社の速度比較!実測値が速いのは?遅い時の対処法も[2022年12月]

「一番速いポケットWiFiを知りたい」「速くて安い高コスパのポケットWiFiがいい」という方も多いのではないでしょうか。

WiFiが遅かったり繋がらなかったりすると、ストレスが溜まるだけではなく不利益が生じることもあります。

そこで本記事では、ポケットWiFiを契約する際に気になる通信速度を比較します。

速度を比較する上で知っておきたい基礎知識や速度が遅くなる原因・遅い時の対処法も解説していますので、ぜひ参考にしてください。

【結論】実測値の速度が速い「WiMAX」がおすすめ

出典:カシモWiMAX

今回、速度が速いポケットWiFi10社を比較したところ、実測値(実際の平均速度)が1番速かったのはWiMAXでした。

独自のWiMAX回線だけではなく、auの4G/5G回線も利用できるため、幅広いエリアで高速通信できるのが魅力です。

本家のUQ WiMAXのほか複数のプロバイダがサービスを提供しており、同じ回線を利用しています。

同じ回線を利用していても、使っている機種によって速度が変わることがあります。速度重視で決めたい方は実測値が速い機種を選びましょう。

中でも、最も速い速度が出ているのは、カシモWiMAXの「Speed Wi-Fi HOME 5G L11」という機種です。

Speed Wi-Fi HOME 5G L11の速度

  • 下り平均速度:118.42Mbps
  • 上り平均速度:43.09Mbps
  • 平均Ping値:43.25ms

※「みんなのネット回線速度」から直近3ヶ月の平均速度を参照

速度が速いWiFiは料金が高いものが多いですが、カシモWiMAXならデータ実質無制限で業界最安級の料金で利用できる点も魅力です。

さらに現在、期間限定・当サイト経由限定でAmazonギフト券10,000円が必ずもらえます!

受け取りは、開通月の3ヶ月後までに届くギフトコードを入力するだけです。

【カシモWiMAX公式】詳細はこちら

(税込) カシモWiMAX
縛りなしプラン
月額料金 4,378円
端末代(36回) 605円/月
端末分割払い
サポート(36回)
-605円/月
合計 4,378円

ポケットWiFiの「速度」に関する基礎知識

まずは、ポケットWiFiの速度を比較する上で知っておくべき基本知識を見ていきましょう。

速度の単位や比較するべき値について簡単に解説します。「Mbpsとかmsってなに?」「理論値と実測値の違いは?」という方は参考にしてください。

通信速度を表す単位「Mbps」とは?

「Mbps」はメガビーピーエスと読み、1秒間に送受信可能なデータ量を表す単位です。数値が大きいほど、通信速度が速くなります。

「Mbps」のほかにも「Gbps」や「Kbps」などの通信速度を表す数値としてよく出てくるため、簡単に解説します。

速度の単位/1秒あたり8bps(1バイト)
1Kbps 1,000bps 1,024バイト
1Mbps 1,000kbps 約100万バイト
1Gbps 1,000Mbps 約10億バイト

通信速度を表す基本単位はbpsで、Kbpsはbpsの約1,000倍の単位、MbpsはKbpsの約1,000倍の単位です。

単位の大きさは Kbps < Mbps < Gbps の順で、数値が大きい程たくさんのデータをやりとりが可能です。

point!
  • 1Mbpsよりも10Mbpsの方が速い
  • 1Kbpsよりも1Gbpsの方が通信速度が速い

「上り速度」「下り速度」とは?

回線速度

  • 上り速度とは:データを送信する速度(アップロード)
  • 下り速度とは:データを受信する速度(ダウンロード)
通信方式 用途
上り速度 動画のアップロード
SNSの投稿
メールの送信など
下り速度 動画視聴
SNS・ウェブサイトの閲覧
メール受信など

ポケットWiFiの速度を比較する上で、よく目にするのが「下り速度」「上り速度」です。

上り速度は、自分のスマホやパソコンからネットワーク上でデータを送る速度のことをいいます。メールや画像を送信する際には上り速度が影響します。

下り速度は、手持ちのスマホやパソコンでネットワーク上のデータを受け取る際の速度です。アプリや画像のダウンロードを思い浮かべるとわかりやすいでしょう。

そのほかにも、Webサイトの閲覧や動画の視聴する際にも影響します。

下り速度が遅いWiFiを選んでしまうと、動画が再生できなかったり、SNSの画像が見れないなどのデメリットがあります。

point!
  • 一般的にネットを利用する際は、「上り速度」よりも「下り速度」のほうが重要

なお、回線速度はbpsの単位で表され、数値が大きいほどたくさんのデータを送受信できます。用途別に必要な通信速度は以下の通りです。

速度 メール
メッセージ
LINE通話
IP電話
QRコード決済 音楽ストリーミング テキストサイト
Twitter
画像サイト
Instagram
動画視聴
(標準画質)
動画視聴
(高画質)
ビデオ通話 オンラインゲーム
200
Kbps
× × × × ×
1Mbps × × ×
3Mbps ×
20
Mbps
30
Mbps

1Mbpsあれば多少遅いと感じることはあっても動画やSNSを利用できます。オンラインゲームを利用する場合は最低でも20Mbpsは必要でしょう。

なお、数値は実測値の場合のものです。実測値については、次の項目で詳しく解説します。

比較するのは「理論値」ではなく「実測値」

ポケットWiFi 光回線
理論値
(最大通信速度)
220Mbps~1Gbps 1~2Gbps
実測値
(実効通信速度)
1Mbps~40Mbps 10Mbps~200Mbps
  • 理論値:最良の条件が整った際に発揮できる理論上の最大値のこと
  • 実測値:通信速度を実際に測定した値のこと

WiFiを選ぶ際に重視すべきは、「理論値」である最大通信速度ではなく「実測値」です。

公式サイトの端末情報などに記載されている最大通信速度は必ずその速度で通信できると保証されているわけではありません。

理論値が速いほど実測値も速くなりやすいですが、環境によっては理論値が劣る回線のほうが実測値が速いということもあります。

そのため、利用する環境などによる影響を含めて実際に測定された「実測値」で比較する必要があります。

反応速度を表す単位「ms(ping値)」とは?

用途 快適に利用できる
目安の数値
Webサイト
SNS閲覧
50ms未満
動画視聴
音楽再生
30ms未満
オンラインゲーム 20ms未満

通信にかかる時間を表すPing値の単位「ms」は、数値が小さいほど反応速度が速いです。送信〜受信するまでのタイムラグに影響します。

point!
  • 50msよりも10msの方が速い

オンラインゲームや生配信などを楽しみたい人には重要な数値で20ms未満であれば快適に利用できるでしょう。ただし、ポケットWiFiには20msのものがほとんどありません。

Ping値が低いWiFiがいい方は、通信環境が安定している光回線の契約をおすすめします。

ポケットWiFiの速度を測定する方法

実際にポケットWiFiの速度を測定したり、比較したりするには、どうすればいいのでしょうか。

また、「実測値は実際に契約して調べないとわからないのでは?」と思う方もいるかもしれません。

速度の測定や比較は、無料サービスを使って簡単にできます。

ここからは、速度を測定する方法と速度を比較する方法を紹介します。

スピードテストができるサイトを利用する

スピードテストが利用できるサービスは、「スピードテスト」などの単語で検索すると出てきます。

Googleで検索すると、検索結果に「インターネット速度テスト」が表示され、すぐに速度テストを実行できます。

複数のサイトで調べたい方は、下記のスピードチェックツールを活用してください。

WiFiスピードチェックツール
\Amazonギフト券が必ずもらえる!/
【公式】カシモWiMAX

速度比較ができるサイトを参考にする

WiFiのスピードチェックツールは、速度を測定できるだけではなく、集まったデータを参考にすることができます。

例えば、「みんなのネット回線速度」では、実際のユーザーの通信速度レポートが確認可能です。

回線やプロバイダ、利用している地域や時間帯など条件が異なるさまざまなデータから、速度を比較できます。

自分の利用する環境にあった条件で絞ってレポートをチェックしたり、ランキング機能を参考にしましょう。

通信速度が速いポケットWiFi10社比較

ここでは、通信速度が速いポケットWiFi10社をランキング形式でまとめました。

実質月額料金と合わせて、実際の上り・下り平均速度やPing値、速度制限時の最大速度を比較しています。

順位 サービス名 実質月額料金 下り平均速度 上り平均速度 平均Ping値 速度制限時の最大速度
1位 WiMAX
(カシモWiMAX)
無制限:4,296円 118.42Mbps 43.09Mbps 43.25ms 制限なし
(WiMAX +5G)
2位 ワイモバイル 7GB:4,065.6円
無制限:4,818円
65.02Mbps 16.24Mbps 39.76ms 128kbps
1Mbps
3位 ドコモ 30GB:8,415円 55.51Mbps 53.52Mbps 37.09ms 1Mbps
4位 ソフトバンク 3GB:990円
50GB:5,280円
49.39Mbps 14.35Mbps 43.48ms 128Kbps
5位 AiR-WiFi 100GB:3,278円 27.1Mbps 14.14Mbps 53.7ms 128kbps
6位 どこよりもWiFi 100GB:3,058円 23.04Mbps 16.03Mbps 44.2ms 1Gbps
7位 Rakuten WiFi Pocket 無制限:3,278円 22.01Mbps 19.64Mbps 58.04ms 制限なし
(楽天回線)
8位 ChatWiFi 200GB:4,690円 20.37Mbps 10.61Mbps 35.0ms 128kbps
9位 THE WiFi 100GB:3,403円 18.29Mbps 10.43Mbps 57.41ms 128kbps
10位 ZEUS WiFi 100GB:3,263円 17.91Mbps 12.05Mbps 43.55ms 128kbps

※実質月額料金は、36ヶ月間利用した場合の総額を1ヶ月あたりに換算した場合の料金です。

ポケットWiFiを利用する上で、特に重要なのはネットの読み込み速度に影響する下り速度です。ここからは、下り速度が速いTOP5を紹介しますので、詳しく見ていきましょう。

第1位:WiMAX

  • 下り平均速度が圧倒的に速い
  • 速さと安さを兼ね備えた無制限WiFi
  • 複数のプロバイダからお得なものを選べる

実測値が速くておすすめのポケットWiFiランキング1位はWiMAXです。

WiMAXは速度が速いことで評判のWiFiで、平均速度を比較すると実際の他社と比べて速い速度が出ています。

月額料金がドコモやワイモバイルなどのキャリアのポケットWiFiに比べて安い上、データ実質無制限で利用可能です。

なお、WiMAXはUQ WiMAXの回線を利用しているサービスで、複数のプロバイダから販売されています。

通信品質や端末は全て同じですが、料金やキャンペーンがそれぞれ異なりますので、WiMAX各社の情報を比較しましょう。

サービス名 実質月額
料金(税込)
キャンペーン キャンペーン
適用条件
契約期間 端末代金
(税込)
カシモWiMAX 4,296円 10,000円
ギフト券
縛りなし 実質0円
UQ WiMAX 4,660円 最大5,938円
キャッシュバック
縛りなし 5,940円〜
GMOとくとくBB
WiMAX
4,261円 最大23,000円
キャッシュバック
× 2年 21,780円(605円×36回払い)
Broad WiMAX 4,995円 なし 縛りなし
2年
21,780円
ヨドバシWiMAX 4,476円 10,000円
ヨドバシカメラ商品券
× なし 0円
もっと見る
サービス名 実質月額
料金(税込)
キャンペーン キャンペーン
適用条件
契約期間 端末代金
(税込)
J:COM WiMAX 4,736円 なし なし 10,780円
Vision WiMAX 4,935円 5,000円
キャッシュバック
× 縛りなし 21,780円
DIS mobile WiMAX 5,041円 なし 3年 21,780円
BIGLOBE WiMAX 4,849円 なし 1年 21,912円
KT WiMAX 5,081円 なし なし 21,780円
YAMADA air mobile 5,081円 なし なし 21,780円
BIC WiMAX 5,081円 10,000円分
ポイント還元
なし 21,780円
エディオンネット 5,081円 なし 縛りなし 21,780円
So-net WiMAX 5,555円 なし 3年 21,780円
※5Gプランなし
DTI WiMAX

一番おすすめはカシモWiMAX

出典:カシモWiMAX

カシモWiMAXの平均速度

  • 下り平均速度:118.42Mbps
  • 上り平均速度:43.09Mbps
  • 平均Ping値:43.25ms
  • 制限時の速度:制限なし(WiMAX +5Gの場合)

※「Speed Wi-Fi 5G X11」の速度

数あるWiMAXプロバイダの中で、実際にかかる費用やキャッシュバックなどを総合評価するとカシモWiMAXがおすすめです。

カシモWiMAXは、初月1,408円(税込)から利用でき、2ヶ月目以降は4,378円(税込)から値上がりしません。

データ容量無制限プランのみのワンプランで、容量を気にせずインターネットを利用できます。もちろん、契約期間の縛りもありません。

端末代金の分割払いサポートやAmazonギフト10,000円キャッシュバックなどでお得に利用できます。

【カシモWiMAX公式】詳細はこちら

(税込) カシモWiMAX
縛りなしプラン
月額料金 4,378円
端末代(36回) 605円/月
端末分割払い
サポート(36回)
-605円/月
合計 4,378円
キャンペーン内容を見る

Amazonギフト券10,000円プレゼント

Amazonギフト券10,000円が必ずもらえる!

当サイトからカシモWiMAXを契約した方限定で、Amazonギフト券10,000円をもれなくプレゼント!

ギフト券がもらえるのは、緑の「キャンペーン対象ページ」から申し込んだ方が対象です。

申し込み後2〜3日以内に端末が発送され、開通月の3ヶ月後までにギフトコードを記載したメールが届きます。

ギフトコードをAmazonのページに入力すれば受け取り完了です。キャンペーンを活用して、ぜひカシモWiMAXをお得に契約してくださいね!

【Amazonギフト券10,000円】
がもらえる

注意事項

  • 当サイトからカシモWiMAX申込みフォームで直接申込み・契約された方のみ対象
  • 別サイトを経由して申込み・契約された場合は無効
  • 初期契約解除をされた場合・当月中に解約をされた場合は対象外となります
  • 他キャンペーンとの併用はできません

第2位:ワイモバイル

ワイモバイル ポケットWiFi 出典:ワイモバイル

ワイモバイルの平均速度

  • 下り平均速度:65.02Mbps
  • 上り平均速度:16.24Mbps
  • 平均Ping値:39.76ms
  • 制限時の速度:128kbps(オプション加入時1Mbps)

実測値が速いポケットWiFiランキング2位は、ワイモバイルのポケットWiFiです。

ワイモバイルは、高速データ通信容量7GBまでのプランを用意しています。7GBプランで月のデータ通信量が7GBを超えた場合、最大通信速度が送受信ともに128kbpsに制限されます。

0.5GBごとに550円の追加料金がかかりますが、通常の速度に戻すことも可能です。

「月7GBでは足りない」という方は、アドバンスオプションに加入すれば、高速データの通信容量が制限なしで利用できます。

ただし、混雑回避など通信品質確保のための3日間で約10GB以上利用時には速度制限がかかりますので、ご注意ください。

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

料金プラン 7GBプラン アドバンスオプション
月額料金
(税込)
4,065.6円 4,818円
データ容量 月間7GBまで 3日で10GBまで
制限時の
最大速度
128kbps 1Mbps

第3位:ドコモ

出典:ドコモ

ドコモの平均速度

  • 下り平均速度:55.51Mbps
  • 上り平均速度:53.52Mbps
  • 平均Ping値:37.09ms
  • 制限時の速度:1Mbps

実測値が速いポケットWiFiランキング3位は、ドコモのポケットWiFiです。

ドコモのポケットWiFiは下り速度は他のWiFiに劣るものの、上り速度は53.52Mbpsと圧倒的な速度がでていました。

また、Ping値は37.09msで、オンラインゲームなどをする際にも比較的ラグが発生しにくいです。上り速度とPing値を重視する方は、ドコモのポケットWiFiを選びましょう。

ドコモのポケットWiFiは、スマホのプランとセットで利用するため、月額料金がWiMAXの約2倍近くします。

  • スマホプラン:「ギガホ プレミア(60GB)」7,205円(税込)
  • WiFiプラン:「+5Gデータプラス」1,100円(税込)
  • 月額料金合計:8,415円(税込)

なお、「ギガホ プレミアプラン」は月60GBまで利用できますが、WiFi利用は30GBまでなのでご注意ください。30GBの上限超過後は通信速度が送受信最大1Mbpsとなります。

【ドコモ公式】詳細はこちら

料金プラン ドコモ
月額料金
(税込)
ギガホ プレミア:7,205円
+5Gデータプラス:1,100円
合計:8,415円
データ容量 月間60GBまで
(WiFi利用は30GBまで)
制限時の
最大速度
1Mbps

第4位:ソフトバンク

出典:ソフトバンク

ソフトバンクの平均速度

  • 下り平均速度:49.39Mbps
  • 上り平均速度:14.35Mbps
  • 平均Ping値:43.48ms
  • 制限時の速度:128kbps

実測値が速いポケットWiFiランキング4位は、ソフトバンクのポケットWiFiです。

ソフトバンクのポケットWiFiはデータ容量3GBと50GBから選択できます。

低容量プランの3GBなら格安料金で利用できるので、「速度の速さは必要だけど、大容量は必要ない」という方におすすめです。

3GBは通常月額1,408円(税込)ですが、契約の翌月から3ヶ月間の基本料が無料になります。さらに、その後も「5年おトク割」で5年間の基本料が月990円(税込)とお得です。

また、時間制ギガ無制限オプションで1時間110円〜24時間550円で利用できるので、使い方にあわせて調整できます。

料金プラン ソフトバンク
データ通信専用プラン
月額料金
(税込)
3GB:1,408円→990円
50GB:5,280円
データ容量 月間3GBまで
月間50GBまで
制限時の
最大速度
128Kbps

【ソフトバンク公式】詳細はこちら

第5位:AiR-WiFi

AiR-WiFi

AiR-WiFiの平均速度

  • 下り平均速度:27.1Mbps
  • 上り平均速度:14.14Mbps
  • 平均Ping値:53.7ms
  • 制限時の速度:128kbps

実測値が速いポケットWiFiランキング5位は、 AiR-WiFiのポケットWiFiです。

AiR-WiFiの下り平均速度は今まで紹介したポケットWiFiに劣りますが、動画やSNSを楽しむ程度なら問題ない速度です。

1ヶ月間のお試し期間が設けられているので、「実際に使ってみて判断したい」という方にもよいでしょう。

AiR-WiFiの端末はクラウドWiFiなので、ドコモ・ソフトバンク・auの回線から最適な回線に自動でつながります。さらに、国内だけではなく、海外でも利用できるのがクラウドWiFiの特徴です。

契約は1年契約の自動更新ですので、期間外の解約には違約金が発生しますが、オプション追加で縛りなしに変更できます。

【AiR-WiFi】詳細はこちら

サービス名 AiR-WiFi
月額料金
(税込)
3,278円〜
データ容量 100GB
通信制限時
の速度
128kbps
契約期間 1年自動更新
(縛りなしオプションあり)
違約金
(税込)
2,970円
\Amazonギフト券が必ずもらえる!/
【公式】カシモWiMAX

ポケットWiFiが遅くなる原因・遅い時の対処法

ネットを使っていると、いきなり速度が遅くなるというトラブルに見舞われたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

いざというときに備えて、原因や対処法を知っておきましょう。ここからは、ポケットWiFiの速度が遅くなる原因や遅くなってしまった時の対処法を紹介します。

ポケットWiFiの速度が遅くなる原因

  • WiFiルーターの不具合や回線の通信障害
  • 周囲に電波がさえぎる障害物がある
  • 通信速度が制限されている

ポケットWiFiが遅くなってしまうのには、上記のような原因が考えられます。

それぞれの原因を詳しく見ていきましょう。

WiFiルーターの不具合や回線の障害

WiFiルーター本体は精密機器なので、端末に静電気が溜まったりすることで不具合を起こすことがあります。

また、暑すぎたり寒すぎたりするとうまく動作しないこともあるため、真夏や真冬に利用する場合は気温による影響を疑いましょう。

なお、WiFiルーターに本体に問題がなくても、回線自体が通信障害を起こしていて繋がらないという可能性も考えられます。

周囲に電波がさえぎる障害物がある

WiFiルーターは無線でインターネット通信を行うため、物理的な障害物による影響を受けます。

木造住宅などであれば電波が届くかもしれませんが、コンクリートの壁に囲まれた部屋や地下では電波が届かない可能性が高いです。

また、電子レンジやテレビなどの家電製品による影響も考えられます。電化製品はWiFiと近い周波数を発しており、近くに置くとお互いの電波を打ち消しあってしまいます。

通信速度が制限されている

速度制限があるWiFiを利用している場合、容量を超過して通信速度に制限がかけられている可能性があります。「突然速度が遅くなった」と思ったら速度制限を疑ってください。

通信速度の制限は、追加料金の支払いで通常速度に戻せる場合と月末まで速度が戻らない場合があります。

速度制限の条件は利用しているサービスによって異なりますので、事前に把握しておきましょう。

ポケットWiFiの速度が遅いときの対処法

  • 再起動を試す
  • 置き場所を変える・中継機を検討
  • プランを見直す

いざポケットWiFiが遅くなってしまったら、どうすればいいのかを簡単にまとめました。

ここからは、原因を見つけた後の対処法を見ていきましょう。

再起動を試す

ポケットWiFiの長時間利用による熱暴走や複数端末の同時接続による電波障害などで、不具合が生じることがあります。

このような場合は、一度再起動すればWiFiルーターの不調が改善するかもしれません。

再起動をすることで不具合が起きたチャンネルの修正や熱の放出、アクセスログの消去などの効果が得られます。

置き場所を変える・中継機を検討

障害物による干渉でWiFiが遅い・繋がらないなら、置き場所を変えたり中継機を使うなどの方法を試してください。

WiFiと接続する端末の距離を物理的に近づけたり、電波が入りやすい窓際や高い位置に置くことで改善できる場合があります。

コンセントの位置や間取りの都合で置き場所を変えられない場合は、中継機の利用を検討しましょう。

契約内容・プランを見直す

「毎月のように通信制限がかかっている」という方は、プランの変更や利用するサービスを見直しましょう

通信制限にかかったときに、追加料金の支払いで通常速度に戻ればまだいいですが、基本的には月末まで低速が続くことが多いです。

度々速度制限に悩まされるようであれば、大容量プランへの変更や無制限プランがあるWiFiに乗り換えましょう。

データをたくさん利用する人は、通信速度が速くて月の容量制限がないWiMAXがおすすめです。

【カシモWiMAX公式】詳細はこちら

速度だけで選ぶのはNG!ポケットWIFiの比較ポイント

ポケットWiFiは通信速度が重要ですが、速度だけで選ぶのはNGです。

複数のサービスを比較する際には、以下の5つのポイントを総合的に比較して検討しましょう。

  • 回線の対応エリア
  • データ容量
  • 実質料金
  • 契約期間
  • 端末のスペック

回線の対応エリア

せっかくデータ無制限のポケットWiFiを契約しても、生活圏がエリア外では使えず意味がありません。

ポケットWiFiを選ぶ際には、まず回線の対応エリアをチェックしましょう。

回線エリアは、各サービスの公式サイトから最新の情報を確認できます。

データ容量

ポケットWiFiはサービスによって複数のデータ容量から選ぶことができたり、データ無制限で利用できたりするものがあります。

基本的に低容量プランは料金が安く、無制限プランは料金が高いです。

「できれば安い方がいいけど、月にどれくらい使うかわからない」という方は、以下の表を参考にしてください。

利用内容 利用通信量 20GBの目安
インターネット閲覧
(Yahooトップページ)
約0.4MB/回 約46,948回
メール
(300文字程度)
約0.005MB/通 約400万通
音楽DL
(5分間程度)
約4MB/曲 約400曲
Zoom
(ビデオ通話)
約0.6GB/1時間 約32時間
Youtube
(480Pで視聴)
約0.45GB/1時間 約40時間
NetFlix
(スタンダード 高画質)
約1.2GB/1時間 約16.5時間
Amazon prime video
(スタンダード 高画質)
約0.6GB/1時間 約33時間

なお、最近ではデータ無制限で月額料金が安いWiFiが増えてきています。データを気にせず利用したい人は無制限プランがあるWiFiを選びましょう。

実質料金

ポケットWiFiを選ぶ際に月額料金だけを見て判断しているという方も多いのではないでしょうか。

ポケットWiFiを利用するには、基本的に以下のような料金がかかります。

  • 月額料金
  • 事務手数料
  • 端末代金

事務手数料がかかる場合は3,300円(税込)のサービスが多いですが、端末代金は無料のものから数万円するものまであります。

さらに、キャンペーンを行なっているサービスも複数あるため、料金の割引やキャッシュバックなどが受けられることも多いです。

中には最初の数ヶ月間は格安でも、割引が終了すると割高になってしまうサービスもあります。そのため、実際に使用する期間の総額でかかる実質料金での比較が必要です。

\Amazonギフト券が必ずもらえる!/
【公式】カシモWiMAX

契約期間

ポケットWiFiを契約する際には、2年間や3年間の契約期間が設けられている場合があります。

契約期間の縛りがある場合は、期間外の解約には違約金がかかってしまうため、利用する期間が決まっている場合は注意が必要です。

最近では、「縛りなしプラン」や「縛りなしオプション」もありますので、実際に使う期間にあったものを選びましょう。

端末のスペック

WiFiルーターは、機種ごとにスペックが異なり、速度やバッテリーの持ち、持ち運びやすさなどが異なります。

端末情報に記載されている最大通信速度はあくまでも理論値であって、その速度が常に出るというわけではありません。

最大速度が速い機種の方が実測値も速い場合が多いですが、必ずしもそうなるとは限らないので、その他のスペックも比較しましょう。

ポケットWiFiの速度に関するよくある質問

ポケットWiFiの速度について、よくある質問をまとめました。

ポケットWiFiの平均速度や速度を上げるための方法などもありますので、気になる方はぜひチェックしてください。

一番速度が速いポケットWiFiは?

今回の調査で一番実測値が速かったポケットWiFiは、カシモWiMAXです。

カシモWiMAXは下り平均速度が118.42Mbpsと他社のWiFiよりもかなり速い数値が出ていました。

なお、アップロードの速度を表す上り速度とPing値だけでみれば、ドコモのポケットWiFiが速いです。

ポケットWiFiの平均速度はどのくらい?

ポケットWiFiの平均速度は大体30〜50Mbpsと言われています。この速度はあくまでも平均値で、必ずsompその実測値が出るわけではありません。

ポケットWiFiは使う環境によって通信状態がかわるため、時間帯によってもバラツキがあります。

朝は50Mbps以上でも、昼や夕方の混雑する時間帯は平均以下になることもあります。

地域差もありますので、メインで利用する時間帯や地域でどれくらいの速度がでているかを比較サイトなどを利用して確認しましょう。

速度が速い無制限のポケットWiFiはある?

基本的にデータ容量の上限がない無制限WiFiの中で、速度が速いのは下り速度71.54MbpsのカシモWiMAXです。

楽天のポケットWiFiも無制限で利用できるものの、実測値の下り速度が22.01Mbpsと大きく劣ります。

ワイモバイルやドコモも速度は速いですが、容量の上限や3日で10GBまでの制限があるため、無制限では利用できません。

ポケットWiFiの速度を上げる方法はある?

ポケットWiFiが遅く感じるときに、速度を上げる方法は以下の方の5つです。

  • 1.ポケットWiFiの本体を再起動する
  • 2.周波数帯を切り替える
  • 3.障害物がない場所に移動する
  • 4.端末の距離を近づける
  • 5.「ハイスピードプラスエリアモード」に切り替える(WiMAX限定)

WiFi端末の不調や障害物による影響で速度が遅くなっている場合は、上記の方法で速度が速くなる場合があります。

しかし、昼・夜間の混雑時間帯に遅いという場合は回線自体の問題なので時間を置いてから利用するしかありません。

また、データ容量の超過による速度制限がかかっている場合は、追加料金の支払いによって制限を解除できる場合があります。

\工事不要ですぐ使える!/
【公式】カシモWiMAX

ポケットWiFiの速度まとめ

今回は、ポケットWiFiの通信速度を比較する方法や実測値が速いおすすめのポケットWiFiなどを紹介しました。

ポケットWiFiを選ぶ上で重要な5つの比較ポイントで紹介した内容から総合的に判断してくださいね。

いざという時に備えて、ポケットWiFiが遅くなってしまった場合の対処法も覚えておきましょう。

公開日時 : 2022年12月01日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード