メッシュWi-Fiとは?メリットデメリット・中継機との違い|おすすめのメッシュWi-Fi5選

最近Wi-Fiルーターに「メッシュWi-Fi」というものが登場しました。メッシュWi-Fiとはどのような技術なのでしょうか、メッシュWi-Fiを導入するとネット環境が改善するのはどんな人か、おすすめのメッシュWi-Fiについて解説します。
【公式】カシモWiMAX メッシュWi-Fiとは?メリットデメリット・中継機との違い|おすすめのメッシュWi-Fi5選

WiFiのルーターを買い替えようと考えている人なら、「メッシュWiFi」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

その仕組みや自分の環境に合うかがわからないと、購入するのに躊躇してしまうのではないでしょうか。

今回はメッシュWiFiがどのような技術なのか、従来のWiFiとの違いをわかりやすく解説します。

さらに、メッシュWiFiのメリットとデメリットや、導入したほうがよい人はどのような人か、おすすめのメッシュWiFiなどについても紹介します。

メッシュWi-Fiとは?

メッシュWiFiとは、最近商品が増えてきたWiFiの新しいネットワークです。

メッシュWiFiとはどのような仕組みなのか、今までのWiFiとどのような違いがあるのかについて解説します。

網目状にWiFiを張り巡らせたネットワーク

メッシュWiFiの「メッシュ」は「網の目」という意味があります。言葉通りに解釈すると、網目状のWiFiネットワークということです。

もともとは、駅や空港、カフェやコンビニなど公共のエリアで、インターネットのネットワークを繋いで提供するために用いられていた技術です。

最近では家庭用のWiFi技術としても使われるようになり、この技術を使った商品数も増えています。

メッシュWiFiはモデムとLANケーブルでつながったメッシュWiFiルーターと、メッシュWiFiサテライトと呼ばれる小型の端末で構成されています。

ルーターとサテライトは専用の無線バンドで通信していて、サテライトはルーターの分身のような役割を担っています。

この仕組みにより、複数あるサテライトが電波を分散して、網目のように家の隅々まで電波を届けることが可能です。

メッシュWiFiのサテライトは基本のセットに追加していくことができるので、自分の家の広さや間取りなどを考えて後から増設できます。

従来のWiFiとの違い

通常のWiFiは、インターネット回線をつなぐモデムがあり、そのモデムはWiFiルーター(無線LANルーター)と繋がっています。

つまり、無線LANでインターネットを繋ぐためのアクセスポイントが1か所しかない状態です。

したがって、スマホやタブレット、プリンターや家電などのWiFi対応の端末は、すべてWiFiルーターに直接繋がります。

そのためルーターに負荷がかかり、デバイスの距離が離れていると電波の届きにくい状態になったり、複数のデバイスを接続してネットを使用すると、通信速度の低下や通信が途中で途切れたりするなどの現象が起こります。

その点、メッシュWiFiは、サテライト1つ1つがルーターと同じような動きをするので、アクセスポイントが増えます。

スマホやタブレット、PCなどの端末は、WiFiルーター本体かサテライトのどちらか電波が強く安定している方と接続できるようになります。

それによって、メッシュWiFiを使うと家の中で電波の強弱の差がなくなり、常に安定した通信が可能になるというわけです。 

メッシュWiFiシステムについて「WiFiをメッシュネットワークで!仕組みやおすすめを紹介」で詳しく解説していますのでぜひご覧ください。

メッシュWi-Fiのメリット・デメリット

メッシュWiFiのメリットは、設定が簡単であることや、広い範囲で安定した通信ができること、自分の使用状況に合わせてカスタマイズできることが挙げられます。

メッシュWiFiには、メリットだけではなくデメリットもあります。導入前にしっかり確認しておきましょう。

メッシュWiFiのメリット

メッシュWiFiを使うことで得られるメリットを挙げてみます。

設定が簡単

メッシュWiFiは、スマホで設定できるものが多いので複雑な操作は必要ありません。スマホを使えるのであれば誰でも設定できる手軽さがメリットです。

家のどこにサテライトを置いたらよいかの判断も、専用アプリをスマホにダウンロードして、設置したい場所に移動すれば設置可否を判定できます。

その場所にサテライトを持っていけば、後はアプリが自動で設定してくれて便利な商品もあるので、家電設定に苦手意識がある人でも楽に利用できます。

広い範囲で安定した通信ができる

広い範囲で安定した通信ができるということも、メッシュWiFiの大きなメリットです。

サテライトひとつひとつがルーターと同じような働きをするので、家中に電波が途切れずに広がります。

デバイスは一番近くの強い電波がどこから出ているかを自動に判断して接続します。

メッシュWiFiはサテライトとルーターがアクセスポイントになるので、それぞれのデバイスからの通信がひとつのルーターに集中せず、安定した通信が可能です

サテライトを増やしてカスタマイズできる

家の環境に合わせてサテライトを増設してカスタマイズできることも、今までのWiFiルーターではできなかったことです。

ルーター本体から離れた場所にもサテライトを設置できるので、家中の電波が届きにくかった場所に増設することで、快適なネット環境を作ることが可能です。

例えば、バスルームでもネットを利用したいなら、脱衣所などにサテライトを設置することができますし、1階に本体があっても2階の部屋にサテライトを置くことで、どの部屋でも安定した通信ができるようになります。

メッシュWiFiのデメリット

メッシュWiFiを使うときのデメリットも事前に確認しておけば、導入してから後悔したということを避けられます。

複数の製品を混合で利用できない

基本的に、メッシュWiFiのネットワークを構成するのは、同一製品である必要があります。メーカーが違うと接続ができないため、サテライトを増設する場合は、同型のものを追加するしかありません。

他の規格でも接続可能な商品が販売されてきていますが、まだ対応機種の数は多くないので実用的ではないのが現状です。

購入時には、デザインや性能など含めて長期間利用できるか検討しましょう。 

値段が高い

メッシュWiFiのデメリットの一つは「値段が高い」ことです。

新しい技術なので対応している製品の数もそれほど多くなく、価格も今までのWiFiルーターと比較すると高くなってしまいます。

サテライトを増設できますが、数を増やせばそれだけコストがかかるので、増設は計画的に行うことをお勧めします。

この先メッシュWiFiが普及し、取り扱うメーカーが増えていけば、価格がが下がることも期待できますが、今すぐ利用したい場合はある程度の投資が必要です。

中継機との違い

通信範囲を広げるのなら、WiFiルーターの中継器と同じなのではないかと思う人がいるかもしれません。しかし、メッシュWiFiは中継器とは少し違います。

中継器は、親機のWiFiルーターの電波の届く範囲を広げるための機器です。中継器自体はアクセスポイントにはならないので、ルーターに負荷が集中します。

また、自動で回線の切り替えを行うこともできませんので、回線を切り換えたいときには自分で設定の変更が必要です。

一方、メッシュWiFiは、本体のルーターとサテライトそれぞれがアクセスポイントとしての働きをするので、複数のデバイスを接続しても負荷が分散されます。

さらに、最もよい状態の電波やサテライトルーターと自動に接続ができるので、通信速度が落ちません。

これらのことを考えると、メッシュWiFiは中継器よりも安定した通信接続を維持することが可能といえます。

メッシュWi-Fiはどういう人におすすめ?

これまでのメッシュWiFiについての情報から、メッシュWiFiに変更すれば快適なネット環境が手に入るのなら、すぐにでも導入を検討したいと感じるかもしれません。

しかし、家の環境によってメッシュWiFiをおすすめしたい人と、おすすめできない人がいます。ご自身がどちらの環境にあるかチェックしてみてください。

このような環境の人におすすめ

  • WiFiを使うデバイスの数が多い
  • 既存のルーターでは通信が途切れる
  • 家が広く複数の部屋がある
  • 寝室や浴室などでもWiFiを使いたい
  • 利用者が多い

スマホやタブレット、PCにWiFi通信を使う家電が複数あるなど、WiFiを使うデバイスが多い人はメッシュWiFiを使うと通信状態が安定します。

また、今まで使っていたWiFiルーターだと通信が途切れてしまうという人や、家が広く複数の部屋がある、浴室や寝室など今までWiFiの電波が繋がりにくかったという場合にも、メッシュWiFiを使うとアクセスポイントが増えルーターへの負荷が軽減されるのでおすすめです。

他にも、家族が多くそれぞれがデバイスを持っている場合や、シェアハウスなどで利用者が多い場合にも、メッシュWiFiにすると通信環境が改善され、ストレスなくネットを楽しめるようになるのでおすすめです。

おすすめできない環境の人

  • ワンルームに住んでいる
  • 接続するデバイスが限られている
  • ネットを使う場所が決まっている
  • 通信の安定より速度重視
  • 詳細な設定(VPNを利用したい等)が必要

メッシュWiFiにしてもそれほどメリットがないなど、おすすめできない環境もあります。

ワンルームに住んでいる人や、使うデバイスがスマホ1台とPCだけというようなデバイスの数が少ない人は、通信する範囲が限られていて遮るものが少なくルーターにかかる負荷が少ないので、メッシュWiFiに替えてもあまり変化を感じられないでしょう。

また、ネットを使う場所は自分の部屋のみという場合には、その部屋にWiFiルーターを置いておけばよいのでメッシュWiFiを使う必要がないといえます。

さらに、通信の安定より速度が大事という人もメッシュWiFiはおすすめではありません。

メッシュWiFiは本体とサテライトをセットで使うことを前提に作られているので、それぞれが発する電波は比較的弱めになっているからです。

通常のWiFiルーターの方が電波の強さやCPU性能が高いので、通信速度が欲しいなら現状ではメッシュWiFiは使わない方がよいでしょう。

メッシュWiFiは、設定を自動で行ってくれるので簡単ですが、その分細かな設定をすることができません。

ネットワークをVPNで利用したいなど、詳細な設定が必要な場合にもメッシュWiFiはおすすめではありません。

おすすめのメッシュWiFi5選

ここではおすすめのメッシュWiFi5つを紹介します。

 

本体価格(基本セット)

サテライト1個の価格 特徴
Buffalo connect オープン価格 12,000円
  • トライバンドで大容量の安定した通信ができる
  • スマホで設定や稼働状況が確認可能
  • 最大10台まで増設可能
Google Nest Wifi 29,000円 16,500円
  • ひとつひとつがスマートスピーカー
  • 複数で4K動画の同時ストリーミング可能
  • 最大5台まで増設可能
Elecom e-Meshスターターキット 17,740円 9,620円
  • アプリ不要で設置できる
  • イーサネットコンバーターとして利用可能
  • 2台までが推奨台数
Netgear Orbi 34,142円 12,929円
  • サテライトに有線ポート4つ
  • ドイツのレッドドットデザイン賞受賞
  • 最大3台まで増設可能
Linksys Velop 49,480円 19,780円
  • ネットワークの自己修復機能あり
  • 同時に8台のアップロードとダウンロードが可能
  • 最大増設可能台数120台

Buffalo connect

出典:buffalo

バッファロー独自のアルゴリズムを使って通信経路のパターンを複数シミュレートし、一番効果的なネットワークを構築できるメッシュWiFiです。

親機には、大容量通信でも安定する5GHz(W56)、5GHz(W652/W53)、2.4GHzのトライバンドが搭載されています。

鉄筋コンクリート3階の住居で、1階に親機、2階と3階にサテライトを置いた状態で、どの部屋でも4K動画を安定した状態で楽しむことができる速度を維持できます。

スターターキットは、親機とサテライト2台のセットです。約120㎡、4LDKの間取まで対応できます。サテライトは1台12,000円で追加でき、最大10台まで増設可能です。

設定や操作はスマホにダウンロードしたアプリで行い、通信状態やそれぞれの稼働状況などもチェックすることができます。

Google Nest Wifi

出典:Googleストア

最大の特徴は、拡張ポイント(サテライト)ひとつひとつがGoogleアシスタント搭載のスマートスピーカーになっているという、GoogleのメッシュWiFiです。検索や音楽の再生など声をかけるだけで楽々と操作できます。

親機と拡張ポイントを1台ずつ各部屋に設置すれば、最大で200台のデバイスの接続が可能です。また、複数のデバイスで4K動画のストリーミング再生を楽しむことができます。

ルーターと拡張ポイント1台でカバーできるのは最大約210㎡です。価格は親機と拡張ポイント1台で29,000円、拡張ポイント1台16,500円で追加できます。拡張ポイントは5台まで増設可能です。

Elecom e-Meshスターターキット

出典:elecom

ルーターから離れた場所でも、スマート家電やIoT機器の接続がしやすいメッシュWiFiです。

従来機器と比較して2倍の速さで通信が可能になり、4Kテレビも無線通信で快適に視聴できます。

スターターキットは、親機とサテライトがペアリング済みの状態になっているので、アプリも不要で電源を入れるだけでWiFi自動接続される手軽さです。

サテライトを追加したときも、親機とサテライトの「WPSボタン」を押すだけで設定できます。

サテライトには有線LANのポートが4つあり、イーサネットコンバーターとして利用も可能です。テレビやレコーダー、ゲーム機などをサテライトに繋げるだけでWiFi化することもできます。

スターターキットはルーター(親機)と中継器(サテライト)1台で17,740円、追加の中継器は9,620円です。メッシュWiFiのスターターキットの中でも低価格に抑えられています。

1台の親機に対して推奨されているサテライトは2台です。親機とサテライト1台で、4LDKの間取りまでをカバーできます。

Netgear Orbi

出典:netgear

ドイツ、エッセンのDesign Zentrum Nordrhein Westfalen(ノルトライン=ヴェストファーレンデザインセンター)が主催する、国際的なプロダクトデザイン賞「レッドドットデザイン賞」を受賞したスタイリッシュなデザインのメッシュWiFiです。

Orbi独自のトライバンドメッシュWiFi技術によって、大容量かつ高速の通信ができ、複数のデバイスを接続しても通信が途切れることがありません。

また、有線ポートが4つついているので、有線無線どちらにも対応できるため、デスク回りなどでも重宝します。

スマホにダウンロードしたアプリで最適な設置場所を探すことや、自動で設定することができます。また、稼働状態やセキュリティの管理もアプリで簡単に確認できるので便利です。

ルーター1台とサテライト1台で約350㎡をカバーすることが可能です。サテライト1台で約100㎡の範囲を拡張できます。

価格は、本体のルーター1台とサテライト1台で34,143円、追加サテライトは1台12,929円で、最大3台のサテライトが追加可能です。

Linksys Velop

出典:Linksys

高速通信で、接続が途切れずに快適なネット環境を実現するモジュラー式メッシュWiFiです。

構成されたネットワークは自己修復ができるので、1台の電源が抜けてしまったとしても、WiFiを途切れさせることなく接続を維持します。

サテライトそれぞれに2.4GHz、5Ghz2つのトライバンドのアンテナが備わっているので、大容量の通信にもしっかり対応します。

1台で185㎡をカバーできるので、家のサイズに応じて増設し、それぞれのスペースで快適なネット通信が実現できます

MU-MIMO (マルチユーザー多入力/多出力) テクノロジーにより、同時8台以上のデバイスでアップロードとダウンロードが可能です。

設定やセキュリティの管理は、アプリを使って行います。ペアレンタルコントロールもできるので、子供たちのインターネット利用状況を親が制限して使いすぎを防ぐことも簡単です。

トライバンド(ルーター)とデュアルバンド(サテライト)2台で49,480円、デュアルバンド1台19,780円で購入できます。最大接続台数は120台なので、オフィスなどでも利用可能です。

メッシュWiFiを導入して快適なネット環境をつくろう

メッシュWiFiは、今までのWiFi技術の弱点であった、ルーターから離れた場所によっては電波が弱くなることや、複数のデバイスを接続すると通信が途切れるということを克服できるシステムです。

WiFi中継器と違い、サテライトそれぞれがアクセスポイントになるので、家のどこにいても強い電波の受け渡しができ、安定した通信が可能になります。

環境によってはメッシュWiFiを導入することでネット通信が改善されたり、反対に必要がない場合もあります。

新しWiFi技術のメッシュWiFiを上手に取り入れて、快適なネット環境を手に入れましょう。

次世代のWi-Fi規格であるWi-Fi6について、「「Wi-Fi 6」とは?|Wi-Fi 6対応のスマホ・ルーターを紹介」で解説していますのであわせてご覧ください。

光回線/Wi-Fi お申し込み電話相談を受け付け中!

iPhone格安SIM通信では光回線や、Wi-Fiなどインターネットの利用開始やお切替えを検討中のお客様に電話相談を受け付けております。

ソフトバンクの正規代理店DRMの専門オペレータがお客様のご要望に合わせて、ソフトバンク光やソフトバンクAirをご案内させていただきます。

今すぐ無料相談!
SoftBank 光
SoftBank Air
【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2020年05月15日

菅野 辰則 ― ライター
菅野 辰則 ― ライター

最新ガジェット、家電、デバイスが大好物。秋葉原、ネットショップでコスパの高い中古端末に目を光らせている。iPhone・iPadを格安SIMとWiMAXで利用中。趣味はダンス、週4日のトレーニングを欠かさない。

関連キーワード