WiFiの契約方法とおすすめを紹介!安いのはどこ?キャンペーンがお得なプロバイダも

ポケットWiFiと光回線、ホームルーターの違いからそれぞれおすすめのサービスと料金など、WiFiを契約する際に必要な知識を全てまとめました。 WiFiを契約したいけれど、わからないことだらけでなかなか契約できないという方はこれさえ見れば解決です。
【公式】カシモWiMAX WiFiの契約方法とおすすめを紹介!安いのはどこ?キャンペーンがお得なプロバイダも

自宅にWiFiがあれば有線ケーブルがない場所でもインターネットができ、ポケットWiFiがあれば外出中も高速インターネット環境を作れます。

ところが、「自宅にWiFiを導入する方法がわからない」「どこと契約すればお得になるかわからない」という声は意外と多いようです。

この記事ではWiFiの契約を検討している人に向けて、WiFiの種類ごとの契約方法やお得な契約方法を解説します。

WiFiを利用するためには2つの契約が必要!

自宅でWiFiを使ってインターネットサービスなどを楽しみたい場合、以下のステップで準備をしなければなりません。

WiFiを利用するまでの流れ

  1. インターネット回線を契約する
  2. プロバイダを契約する

各ステップについて、詳しく解説します。

1.インターネット回線を契約する

インターネットサービスの提供を受けるために、インターネット回線を契約する必要があります。

インターネット回線には、主に以下のパターンがあります。

インターネット回線の主なパターン

  • 光回線(FTTH)
  • ポケットWiFi
  • ホームルーター(置くだけWiFi)
  • ケーブルテレビ(CATV)
  • 電話回線(ADSL/ISDN)

上記の中で、電話回線を使用して利用するケースは少なくなりました。

2.プロバイダを契約する

光回線やポケットWiFiを利用する場合、そのままではインターネット回線を利用できません。

プロバイダと呼ばれる、回線をインターネットと繋げる役割を担っている接続事業者と契約する必要があります。

例えば、光回線の主流であるフレッツ光と契約した場合、別途プロバイダと契約して光回線をインターネットと接続する必要があります。

なお、インターネット回線とプロバイダが一体化された光回線が存在し、またケーブルテレビの場合は基本的にプロバイダを選ぶ必要はありません。

WiFiを契約して使用する方法は3種類!それぞれの料金・特徴もご紹介

WiFiを使用するには2つのパターンがあります。2つとも同じインターネット回線のように見えますが、中身はまったくの別物です。

どのように違うのかを説明します。

外出先でも使うならポケットWiFi

携帯電話やポケットWiFiは基地局が発信している電波を利用しています。基地局があるのは、基本的に鉄塔やビルの屋上、山の中などです。

ドコモ、KDDI、ソフトバンクなどの大手キャリアが主に設置しています。

無線を使っているため、ロスも大きいものの月額料金の相場は3,500~4,500円と比較的安価です。

以下の記事ではおすすめポケットWiFiの料金や速度、条件別に紹介 しています。ポケットWiFi選びで迷っている方はぜひ参考にしてください。

ポケットWiFiの料金相場

ポケットWiFiを利用する場合、月額費用を負担しなければなりません。利用する会社によって料金相場が異なりますが、平均的な月額料金としては4,000円台前半の場合が多いです。

3,000円台であれば安め、4,000円代前半は一般的、4,500円以上かかるものはと言えます。なお、料金相場を考える場合には、実質月額料金に注目してください。

実質月額料金とは、3年間の利用料金の総額と端末代金を合計して36ヶ月で割ったものです。実質月額料金を算出することで、各社でかかる費用を公平に比較できます。

特徴1.外出先でも使える

ポケットWiFiの特徴の1つは持ち運びが可能なことです。電波を利用し、物理的なケーブルを必要としないため外出先でもWiFi通信を利用できます。

長時間の外出にも耐えられる、大容量の電池を搭載したルーターも増えてきました。

特徴2.開通工事が不要

上記と関連して、ポケットWiFiは開通工事が不要です。そのため、ポケットWiFiが手元に届いた日から、インターネットを楽しめます。

工事ができないアパートやマンションにお住まいの方でも気軽にWiFiが使えるためおすすめです。

特徴3.短期間で使いすぎると速度制限がかかる

ポケットWiFiには速度制限があります。無制限をうたっているものでも、短期間で大量のデータ消費をしたり回線が混雑したりしている場合は速度制限がかかってしまうことがあるのです。

ただし、実際には日常生活の中でそれほど大量の通信をするケースはほぼないでしょう。

ポケットWiFiはこんな人におすすめ

ポケットWiFiは次のような人に向いています。

ポケットWiFiがおすすめな人

  • 引越しが多い人
  • 出張など外出先での利用が多い人
  • 一人暮らしをしている人

回線工事不要で持ち運びできるポケットWiFiは、身軽さを重視する人にぴったりです。

\Amazonギフト券が必ずもらえる!/
【公式】カシモWiMAX

自宅で高速回線を使うなら光回線

光回線は、光ファイバーケーブルを使って通信しています。

光ファイバーのケーブルに使われているのは、石英ガラスやメタクリル樹脂です。電気信号を光に変えて、情報を伝達しています。

ポケットWiFiと異なり、電磁波の影響を受けない光ファイバーは大容量のデータを遠く離れた場所まで運べるのが特徴です。

光回線は物理的につながっているので、通信は高速で安定しています。

どれだけ使っても通信帯域を圧迫することがないため、速度制限がかかりませんが物理的なケーブルが必要となるので使える場所には制限が生まれます。

月額料金の相場も3,500~6,000円とポケットWiFiに比べると高額です。

光回線の料金相場

光回線の場合、戸建てプランと集合住宅プランが用意されています。戸建てプランとは、一戸建てで使用できる光回線サービスとなります。

近くの電柱などから、光回線を引く工事を行った上でサービスが利用可能です。相場は、戸建てで4,000円〜6,000円程度となり、別途工事費用がかかります。

集合住宅プランとは、マンションやアパート等の集合住宅で利用できる光回線サービスです。既にマンションやアパート等に光回線が引き込まれており、各部屋まで引き込んで利用します。

料金は3,000円〜5,000円程度と戸建てプランより安い場合が多いですが、他の世帯と回線をシェアするため速度遅延が発生する場合がある点には注意が必要です。

戸建てプランとマンションプランでは、別途プロバイダ月額利用料として550円〜1,330円程度が必要となります。

特徴1.高速通信が可能

先ほども説明したように、光回線は物理的に回線を屋内に引き込んでいるので、安定した高速通信でネットが使えます。

特に、オンラインゲームやライブ配信など短時間で大量のデータ消費をするサービスをよく利用する方は光回線がおすすめです。

特徴2.通信容量は無制限

安定した回線品質が魅力の光回線には、データ容量の制限がありません。WiFiで複数の機器でシェアしても、十分な速度を維持できます。

最近は、テレビや冷蔵庫など家電の中にもインターネット接続できるものが登場しています。

スマホやタブレットなどの通信端末だけでなく、家電で好きなだけWiFiが使えるのは大きな魅力となるでしょう。

特徴3.光回線はスマホとセット契約がお得

光回線は、安定した高速通信をデータ容量を気にせず楽しみたい人におすすめです。しかし、ポケットWiFiに比べて月額料金が割高に感じられる人もいるでしょう。

ここからは、光回線をお得に契約する方法を説明します。

auの場合
フルコミット

auではネット+電話とauスマホをセットで契約すると、毎月のauスマホ利用料金が永年割引になるスマートバリューという割引があります。そのためauのスマホを利用している場合はauひかりがおすすめです。

しかし、次の地域はauひかりに対応していません。

  • 静岡
  • 愛知
  • 岐阜
  • 三重
  • 大阪
  • 京都
  • 和歌山
  • 奈良
  • 滋賀
  • 兵庫
  • 沖縄

上記地域にお住まいの方は、auスマートバリューに対応しているビッグローブ光がおすすめです。

ビッグローブ光は、auスマホの利用料金が割引になるだけでなく、「高額キャッシュバック」か「大幅な月額料金割引」のどちらかの特典を選べます。

さらに工事費0円、無線ルーターも1年間0円と、初期費用を抑えて利用できます。

【auひかり】詳細はこちら

ソフトバンクの場合
出典:ソフトバンク光

ソフトバンクユーザーは、ソフトバンク光との契約でスマホ代が割引になる、おうち割 光セットがあります。また、ソフトバンクが提携しているNURO光でも、スマホとのセット割が受けられます。

ただしNURO光は対応していない地域もありますので、お住まいの地域が対応しているかどうか確認してみましょう。

【ソフトバンク光】詳細はこちら

ドコモの場合
出典:ドコモ光 代理店 株式会社ネットナビ

ドコモからは「ドコモ光セット割」が提供されています。ドコモ光セット割は、ドコモのスマホユーザーがとドコモ光とセットで契約すると、スマホの料金が割引になるプランです。

スマホの契約プランが「ギガホ」「ギガライト」なら、家族全員のスマホ代が永年最大1,000円安くなります。離れた家族も全員割引になるので、上手に使えば通信費を大幅にカットできるでしょう。

【ドコモ光公式】詳細はこちら

光回線はこんな人におすすめ

光回線がおすすめなのは、次のように複数人でインターネットを使う環境の人です。

  • 自宅に家族で住んでいる人
  • オフィスでの利用が多い人

工事不要で手軽に利用するならホームルーター

光回線のように有線を引き込めない事情がある場合や、面倒な設定が不要ですぐにWiFi環境を整えたい場合、ホームルーターがおすすめです。

ホームルーターとは、本体をコンセントに接続すれば、すぐにインターネットが使えるようになる機器です。

回線工事が不要で、手軽にインターネットを楽しめます。

以下の記事では、おすすめのホームルーターとお得に申し込む方法について解説していますので、ぜひ参考にしてください。

ホームルーターの料金相場

ホームルーターの場合、光回線と違って開通工事が不要で、端末が届いた日からすぐに利用可能です。また、家庭内で使用することを想定している機器であるため、ポケットWiFiよりも利用できる容量が多く高速通信も可能となっています。

ホームルーターの月額料金の平均額は、3,000円~4,000円前後です。光回線よりも安く、リーズナブルな費用で利用できる点も、ホームルーターの魅力です。

ただし、ホームルーター本体の購入またはレンタルが必要となり、購入の場合は40,000円程度の費用がかかります。多くの会社では、本体費用のキャッシュバックキャンペーンなどを提供しており、実質無料で利用できる場合もあります。

特徴1.工事不要ですぐ使用可能

ホームルーターの最大のメリットは、工事不要ですぐに使用できる点にあります。光回線の場合、戸建てに引き込むためには業者に依頼して工事してもらう必要があります。

工事するためには費用がかかり、また業者の都合もありすぐに工事してもらえる確証はありません。よって、開通までに1ヶ月以上かかるケースもしばしば見られます。

その点で、ホームルーターの場合は本体が到着してコンセントを挿し、簡単な設定をおこなうだけですぐに利用できる点が魅力的です。

特徴2.設定が簡単

ホームルーターの場合、利用開始までの設定がとても簡単で、機器の設定が苦手な方でもすぐに利用できます。

基本的に、電源を入れればそのまま使用できる設定となっており、細かな設定は不要です。

PCやスマートフォンでインターネットを楽しむ場合も、接続したいデバイスのW-Fi設定をオンにして、WiFi設定画面で「ホームルーターのネットワーク」を選択します。そして、接続用のパスワードを入力すれば接続可能です。

特徴3.光回線より月額料金が安い

ホームルーターは、料金的に光回線よりも安い点も見逃せません。光回線と比較して、おおよそ1,000円程度リーズナブルな費用でインターネットを楽しめます。

本体費用の負担は必要ですが、工事不要で利用できる点を考えれば、導入までのトータル費用としてもホームルーターはお得感があります。

実際の使用感としても、ホームルーターは5Gタイプもあるため高速通信が可能です。

光回線よりも安定感に劣るデメリットはありますが、コストパフォーマンスの高さは評価できます。

ホームルーターはこんな人におすすめ

ホームルーターは、以下のような人におすすめです。

ホームルーターがおすすめな人

  • 工事不要ですぐに使いたい人
  • 賃貸物件に住んでいて光回線の工事ができない人
  • 自宅でWiFiを手軽に利用したい人
  • 最高速度を重視したい人
  • 引っ越しなどで頻繁に住居が変わる人

ホームルーターは、家庭内で使用することに特化したWiFiサービスです。家族全員でインターネットを楽しみたい人や、すぐにインターネットを楽しみたい人におすすめできます。

光回線WiFiの契約方法

続いて光回線の契約方法を解説します。

光回線の事業者は多く、NTT東日本やNTT西日本のフレッツ光回線を利用する、光コラボレーションと呼ばれるものを合わせると、500以上の事業者がいると言われています。

あまりにも数が多すぎて、どこの光回線プランがよいか十分に検討するのはとても難しいでしょう。

しかし、次のポイントで検討すれば契約すべき事業者を絞り込めます。

光回線 選び方のポイント
  • 適用エリア
  • 速度が速い光回線か
  • キャンペーンの有無
  • 価格

この中では「速度の速い光回線か」が分かりにくいと感じられるのではないでしょうか。

実は光回線の中にも速いものとそうではないものがあります。各事業者が表示している通信速度は、理論値です。実際に高速通信を保証しているわけではありません。

速度を重視するなら、独自回線を使っていてIPv6高速ハイブリッドが利用できる業者を選択しましょう。

日本でトップのシェアを誇るのは、NTTのフレッツ光です。NTT光の回線を利用している事業者のサービスは、回線が混雑しやすい傾向にあります。

特にアクセスが集中する夜間は混雑し、通信速度が低下します。

時間帯に関係なくインターネットをしたい人は、au光やNURO光などのNTTフレッツ光回線以外の独自回線の事業者、またはケーブルテレビを選ぶようにするとよいでしょう。

光回線の申込窓口は、インターネット、店頭、電話の3つありますが、お得に契約したい人には、キャッシュバックキャンペーンを適用できるインターネットからの申し込みがおすすめです。

またおすすめ光回線を比較記事では光回線の料金や速度別で比較し、紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

WiMAXの契約方法

ポケットWiFiも数多くの事業者がサービスを提供していますが、今回はWiMAXの契約方法を説明します。

UQ WiMAXの公式サイトで契約する

UQ WiMAX
(税込) UQ WiMAX
データ容量 実質無制限
月額料金 1ヶ月目~24ヶ月目 4,268円
25ヶ月目~ 4,950円
端末情報 機種代金 5,940円~11,088円
※オンラインショップ限定価格
下り最大速度 2.2Gbps

WiMAXのサービス提供者であるUQ WiMAXは、データ容量、速度制限、月額料金、高速通信の面でバランスの取れているプロバイダです。

多くの事業者がWiMAXサービスを取り扱う中で、サポート面ではUQWiMAXが手厚いと評判です。

UQWiMAXを申込むには次の2つの方法があります。

  • UQ WiMAXの公式サイトから申し込む
  • UQ WiMAXの店舗に行く

近くにUQスポットやUQ WiMAXのお店がある人は、直接端末を購入することができます。

気になることがあれば店員さんと対面で話せるので、申し込みも簡単です。資料やネットを見るだけでは気付かなかったオプションサービスや疑問についても質問できます。

店舗で申し込んだUQ WiMAXは申し込みから最短30分で手続きが完了します。買った商品は即日で持ち帰りでき、即日使えます。

ただし、オンライン限定のキャンペーンや割引などを行っている場合があるので注意が必要です。少しでもお得に使うならUQ WiMAXの公式サイトから申し込みましょう。

【UQ WiMAX公式】詳細はこちら

\Amazonギフト券が必ずもらえる!/
【公式】カシモWiMAX

家電量販店で契約する

UQWiMAXは、ヨドバシカメラやヤマダ電機、ビックカメラなどの家電量販店での契約も可能です。

申し込んだ当日に受取できるのはメリットですが、キャッシュバック金額が高くなかったり、オプション加入が必須であったりするなど、あまりお得とは言えません。

ただし、設定などの分からないことをその場で店員に直接確認したい人や、どうしても契約したその日にすぐ使いたい人は、家電量販店での契約が向いています。

ここで、WiMAXを店舗で契約するときに知っておきたい次のポイントを解説します。

口座振替に対応していない

WiMAXを店舗で申し込むときは、クレジットカードのみの対応です。

オンラインで申し込む場合は口座振替の支払い方法を選択できますが、手数料として月々220円(税込)の支払いが発生することを覚えておきましょう。

契約後に手続きした店舗でサポートを受けられないことがある

UQ WiMAXを家電量販店で契約すると、契約後に何かトラブルがあっても、契約した店舗でサポートを受けられない場合があります。

家電量販店で契約をしても、WiMAXのサービスそのものは家電量販店が提供するものではないからです。

別途問い合わせ先が設定されていたり、auショップに行くことを提案されるでしょう。

故障や解約対応は受け付けてくれない

契約した家電量販店によって対応は異なりますが、多くの場合auショップやWiMAXサービスを提供している会社へ自ら連絡することになります。

店舗で契約してもサポートを受けられないことが多いため、総合的に考えても家電量販店でWiMAXの契約をするのはメリットとなりにくいでしょう。

プロバイダ経由で契約する

なるべくお得にWiMAXを契約したい人におすすめなのが、プロバイダ経由で契約する方法です。実店舗や家電量販店と異なり、プロバイダはインターネット上での集客に特化しています。

そのため人件費や店舗などの固定費を低く抑え、削減した費用をそのまま購入者にキャッシュバックできる仕組みとなっています。

プロバイダごとに割引やキャッシュバックなどのキャンペーンを実施しているため、一番お得に契約できる方法です。

カシモWiMAX

カシモWiMAX 出典:カシモWiMAX
(税込) カシモWiMAX
縛りなしプラン
月額料金 4,378円
端末代(36回) 605円/月
端末分割払い
サポート(36回)
-605円/月
合計 4,378円

カシモWiMAXは、シンプルで分かりやすい料金体系が特徴で、初月の月額料金は1,408円(税込)、1ヶ月目以降は4,378円(税込)のままずっと変わりません。

また、3年間の利用継続で21,780円(税込)の端末代が実質0円になるため長期利用を検討している人にはピッタリです。

更に今なら、当サイト経由でカシモWiMAXへの申し込むとAmazonギフト券10,000円分が必ずもらえます!

キャッシュバックキャンペーンを利用したい方は以下のボタンから申し込んでください。

【業界最安級】カシモWiMAXに申し込む

GMOとくとくBB WiMAX

GMO WiMAX
(税込) GMOとくとくBB
WiMAX
1〜2ヶ月目 1,474円
(初月は日割り計算)
3〜35ヶ月目 3,784円
36ヶ月目〜 4,444円
機種代金 21,780円

GMOとくとくBB WiMAXは大幅な割引キャンペーンや高額キャッシュバックが魅力なプロバイダです。

1ヶ月目~3ヶ月目までは月額1,474円(税込)から利用でき、最大49,000円のキャッシュバックを受け取れます。

ただし、キャッシュバックを受け取るには口座登録の手続きなどが必要です。

口座登録の案内メールを受信してから1ヶ月に連絡をしないと受け取りができなくなってしまいますので注意しましょう。

必要な手続きを済ませれば申し込みから約1年後にキャッシュバックを受け取ることができます。

【GMOとくとくBB WiMAX】詳細はこちら

BIGLOBE WiMAX

BIGLOBE WiMAX
(税込) BIGLOBE WiMAX
データ容量 実質無制限
月額料金 初月 0円
1ヶ月目 1,166円
2ヶ月目~24ヶ月目 3,355円
25ヵ月目~ 4,928円
端末情報 機種代金 913円×24回
(21,912円)
下り最大速度 2.7Gbps

BIGLOBE WiMAXは、「24ヶ月間お得が続く」ことをアピールポイントとしているプロバイダです。

初月無料、1ヶ月目は月額1,166円(税込)、2~24ヶ月目以降は3,355円(税込)で利用でき、月額料金は業界最安級です。

ただし端末費用として21,912円(税込)がかかり、月々913円(税込)の24回分割払いが発生しますので覚えておきましょう。

また、BIGLOBE WiMAXはUQ WiMAXと同じ口座振替が利用できるWiMAXです。クレジットカードの登録をしたくないという方はぜひ検討してみてください。

口座振替の場合、端末代は一括払いとなります。

【BIGLOBE WiMAX公式】詳細はこちら

WiMAXをプロバイダ経由で契約する場合の流れ

最後に、WiMAXをプロバイダ経由で契約する場合の流れを説明します。

どのプロバイダを選んでも基本的な流れは同じと考えて問題ありません。

公式サイト上の申込フォームに入力する

まずは公式サイトにアクセスし、フォームに沿って契約内容や個人情報を入力していきます。

申込みボタンを押して、申し込みが完了するとメールで通知されます。

\Amazonギフト券が必ずもらえる!/
【公式】カシモWiMAX

WiMAXのルーターが届く

最短で即日発送してくれます。さらに自宅にポケットWiFiのルーターが届いたら、すぐにインターネットが使えます。

なおキャッシュバックキャンペーンを受け取るには、契約後に受け取り手続きが必要です。キャッシュバックの振り込み時期は、契約後、一定の時間が経ってからです。

たとえば、GMOとくとくBBWiMAXのキャッシュバックが振り込まれる時期は、12カ月後です。キャッシュバック申請を忘れるとキャッシュバックは受けられません。

契約から11ヵ月目には、指定口座確認の案内がメールで届きますので、忘れないように振込先の登録をしましょう。

WiMAXでWiFiを契約時の注意点

WiMAXの契約で失敗しないポイントは次の3つです。

自分に合ったプランを決める

WiMAXでは、1ヵ月のデータ通信料の上限が7GBの通常プランと、データが使い放題のギガ放題のどちらかを選べます。

WiMAXのギガ放題プランの特徴は、1ヵ月に使える通信料が無制限なので、安心してインターネットを利用できることです。

ギガ放題プランなら、月額1,105円(税込)のLTEオプション料が無料で使えるプロバイダもあります。

LTEオプションの「ハイスピードプラスエリアモード」に切り替えれば、auの4GLTE通信も使えます。

WiMAX回線が圏外のエリアでも、LTE回線の電波が使えるのでインターネットがつながらなくなる心配がありません。

WiMAX機種を選ぶ

WiMAXは機種によって、最大通信速度やインターネットのつながりやすさが異なります。おすすめの機種は、ポケットWiFiなら「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」、ホームルーターなら「HOME 5G L12」です。

ただし注意が必要なのが、選ぶ機種によってキャッシュバック額が変わるプロバイダがあるということです。

型落ち機種を選べば高額のキャッシュバックを受けられるケースもあるものの、5Gに対応していないことがあります。速度やつながりやすさを優先したい方は5Gに対応している新しい機種を選びましょう。

より詳しく知りたい方はWIMAXルーター機種を比較した記事があるのでそちらをご覧ください。

お得なプロバイダから申し込む

WiMAXのプロバイダの中には、WiMAXの端末を無料で提供しているところがあります。端末代金が無料のプロバイダは次の通りです。

  • カシモWiMAX
  • Broad WiMAX
  • ヨドバシ WiMAX

端末代金無料といっても、実際には端末代金が分割で月額料金とあわせて請求されたり、初期費用に組み込まれているケースがほとんどです。

ただし、そのようなケースでも、最新機種が手に入り、なおかつ分割で支払うことで初期費用を抑えられるのは嬉しいポイントではないでしょうか。

注意点としては、端末代金無料をうたうプロバイダでは、短期間の解約をすると端末代金が請求されたり、違約金が発生したりするケースがあることです。

それでは、プロバイダを1つずつみていきましょう。

\工事不要ですぐ使える!/
【公式】カシモWiMAX

自分にとってお得なWiFiを契約しよう

この記事で分かったこと

  • WiFiを契約して利用する方法は3つ
  • 「WiMAX」の契約方法
  • WiMAXでWiFiを契約時の注意点

WiFiには固定回線の光通信と、ポケットWiFiルーター、ホームルーターの3種類があります。それぞれに一長一短がありますので、特徴をよく理解して目的に合ったものを選びましょう。

契約するWiFiの種類を決めたら、この記事を参考にお得に契約できるプロバイダを探してみてはいかがでしょうか。

公開日時 : 2022年09月26日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード