Androidおすすめ

デュアルSIMとは?メリット・使い方・おすすめ対応スマホを解説!

「デュアルSIM」とは何なのか、意味やメリット、eSIMとの違いや使い方について解説しています。よく聞くようになったけれど言葉の意味や使い方がわからない人、デュアルSIMに対応する、おすすめスマホや格安SIMを探している人はぜひ参考にしてください。
新作iPhone 13情報と予約方法 デュアルSIMとは?メリット・使い方・おすすめ対応スマホを解説!

スマホの2台持ちをしている、2台持ちを検討している人におすすめの機能が「デュアルSIM」です。デュアルSIMなら1台の端末で2枚のSIMカードを使い分けることができます。

ただし、デュアルSIMを使用するにはデュアルSIM対応のスマホが必要です。

この記事ではデュアルSIMにはどのようなメリットがあるのか、実際の活用方法、おすすめのデュアルSIM対応スマホを紹介します。

デュアルSIMとは?eSIMとの違い

デュアルSIMとは、1台のスマホに対して2枚のSIMカードを挿せる機能のことです。

普通のスマホは、1台あたり1枚しかSIMカードを挿せません。2回線使用しようとすると、複数契約する必要があります。

しかし、デュアルSIMなら1台で2回線使用できるので、スマホを2台持ちをする必要がありません。

eSIMとの違い

デュアルSIMとよく混同されやすい機能に「eSIM」があります。しかし、両者はまったく異なるものです。

eSIMはいわゆる「組み込み型SIM」のことを指します。

普通のスマホは、物理的なSIMカードをスマホ本体に差し込んで使います。しかし、eSIMはあらかじめスマホにSIMカードの機能が内蔵されているのです。

回線の契約データはeSIM内に電子的に記録されます。契約を変更するときはSIMカードを入れ替える代わりに、eSIMのデータを上書きします。

また、スマホによっては物理的なSIMカードのスロットとeSIM両方を備えていて、それぞれのSIMに登録された回線を同時に使えるという、デュアルSIMと同等の使い方ができる機種もあります。

デュアルSIMは4つの種類がある

デュアルSIMには4種類あり、それぞれ細かい機能が異なります。

デュアルSIMの種類

  • DSSS
  • DSDS
  • DSDV
  • DSDA

どれを選んでも2回線利用できることには変わりませんが、使い勝手は異なります。デュアルSIMの種類についても確認しておきましょう。

DSSS

DSSSは「デュアルSIMシングルスタンバイ」の略称です。

2回線をその都度切り換えて使います。例えばauとドコモのSIMカードを使っている場合、au回線を有効にしている間は、ドコモ回線では電話や通信ができません。

逆に、ドコモ回線に切り換えた後はauの回線が使えなくなります。常にどちらか片方のみが有効になります。

DSDS

DSDSは、「デュアルSIMデュアルスタンバイ」の略称です。DSSSと違い、DSDSでは2回線を同時に利用できます

それぞれの回線で同時に待ち受け可能で、どちらに着信があってもすぐに受けられます。

片方のSIMで通話をしている場合は、もう片方のSIMではデータ通信ができません。ただし、片方のSIMでデータ通信を行っているときに、もう片方のSIMで着信は受けられます。

また、同時に使用する場合はどちらかのSIMが4G、もう片方のSIMは3Gになります。

DSDV

DSDVは、「デュアルSIMデュアルVoLTE」の略称です。基本的な機能はDSDSと変わりません。

しかし、DSDSと違って、DSDVではどちらも4Gで通信ができます。

DSDA

DSDAは、「デュアルSIMデュアルアクティブ」の略称です。DSDAは4種類の中ではとくに優れており、それぞれの欠点を克服しています。

2回線を同時に利用でき、片方で通話をしている間、もう片方でデータ通信が可能です。また、両方の通信で同時に4Gを使用できます。

ただし、今のところDSDAに対応している機種は少ないです。

デュアルSIMの選び方

デュアルSIM対応のスマホを選ぶときに、どのような基準で選んだらよいのか、ポイントを解説します。

同時に待ち受けできるか

まずチェックしておきたいのが、DSSS以外にも対応しているかどうかです。DSSSは唯一、2回線の同時待ち受けに対応しておらず、デュアルSIMのメリットが薄れてしまいます。

国内の機種はDSSSに対応しているものが多いので、DSDSDSDV、あるいはDSDAに対応した機種を探しましょう。

常にどちらか片方の回線のみしか使わないのであれば、DSSSでも問題ないでしょう。

LTEに対応しているか

国内版の端末であれば基本的に問題ありません。しかし海外製のスマホだと4G LTEでの通信に対応しておらず、速度が出ないことがあります。

また、iOS14.5以降5GでのデュアルSIMに対応しています。これからデュアルSIM対応スマホを購入するなら、iPhone 12シリーズがおすすめです。

iPhone 12シリーズなど新作iPhoneの価格やスペックについて詳しく知りたい方は下記記事をご覧ください。

SIMの規格が合っているか

デュアルSIMではSIMカードを2枚挿すため、現在使っているSIMカードのサイズに対応したスマホを購入しましょう。

SIMカードのサイズは「nanoSIM」「microSIM」「標準SIM」の3つがあります。切り離し方次第でどのサイズにもなるマルチSIMもありますが、既に切り離してしまった後だと大きいサイズには変更できません。

万が一、違うサイズを購入してしまった場合、手数料を払えばキャリアショップで別のサイズのSIMカードに交換できます。

\初回限定3ヶ月無料!/

バッテリーが十分か

デュアルSIMは2回線を同時に使うことから、普通のスマホより電力消費が激しくなります。

とくに動画視聴のように重めの通信がメインの場合は、バッテリー容量が多いスマホを購入するか、外付けバッテリーを用意しておくと便利でしょう。

デュアルSIMの使い方・活用方法

実際のデュアルの使い方や便利な活用方法を紹介します。

キャリアと格安SIMを切り換えて利用料金を節約する

一般的な使い方として、キャリアと格安SIMの2回線を1台で管理する方法があります。

例えば、キャリアでは通話を主体にした最低限のプランを選び、格安SIMではデータ通信をするようにすれば、トータルでの利用料金が安くなります。

そのような方法を実現するためにデータSIMのみ契約したいのであれば、おすすめの格安SIMはどこなのかまとめた下記記事を確認してください。

料金や速度を徹底比較しているので、見逃して後悔しないように注意してください。

友だち追加でお得なキャンペーン情報をゲット!
LINE友だち追加

2つの電話番号を1台で管理する

SIMカードを2枚契約すると電話番号も2つ使用できます。仕事用プライベート用の番号にわける場合も、1つのスマホで管理できるのが魅力です。

また、仕事用の番号を2つ持っている場合も、DSSS以外なら同時に待ち受けできます。

国内用と海外用で切り換える

海外出張の多い人であれば、デュアルSIMを活用して国内用のSIMと海外用のSIMを使いわけがおすすめです。

普段は国内で使えるキャリアのSIMを使い、海外に出たら海外用のプリペイドSIMに切り換えて使用します。

また、プリペイドSIMはeSIMに対応しているケースもあるので、海外での使用が多いならeSIMを備えたスマホも適しています。

混雑や利用状況に応じて使いわける

緊急時や回線混雑時の保険として、デュアルSIMを活用する例もあります。例えば、auで障害が起きた場合でも、ドコモに切り換えれば使用可能です。

また、データ容量の上限に達して通信速度に制限がかかってしまった場合にも、もう片方のSIMに切り替えることで速度制限を気にせず使用できます。

\話題のスマホをすぐ予約!/
iPhone格安SIM通信アンケート

デュアルSIMがおすすめな人、不向きな人

これまでの解説をふまえて、デュアルSIMをおすすめできる人と、不向きな人について見ていきましょう。

デュアルSIMがおすすめな人

デュアルSIMは2台持ちをしている人におすすめです。デュアルSIMなら、充電やアドレス登録などの手間が一度で済み、端末内のデータも複数の端末に分散しません。

また、通話専用とデータ通信、それぞれ料金が安いプランを契約して使いわけることで、携帯代の節約も可能です。

デュアルSIMをおすすめしない人

そもそもSIMカードを2枚持つ必要のない人にはデュアルSIMはおすすめしません。また、物理的に2台の端末が必要な人も、デュアルSIMには向いていないでしょう。

例えば「片方のスマホで通話しながら、もう片方でネット検索をする」などの同時作業が多い場合は、2台持ちにした方が便利な面もあります。

デュアルSIM対応おすすめスマホ

実際にデュアルSIMに対応したスマホの中から、格安SIMでプラン契約時にセット購入できる端末を紹介します。

※こちらで紹介した商品やサービス及び価格は、編集部が独自に調査したものです。時期によっては販売が終了している可能性があるので必ずオンラインショップで確認ください。

ワイモバイル UQモバイル OCNモバイルONE BIGLOBEモバイル
iPhone SE(第2世代) 64GB:57,600円(税込)
128GB:64,080円(税込)
※1

64GB:39,600円(税込)
128GB:51,480円(税込)

64GB:48,070円(税込)
128GB:53,460円(税込)
256GB:65,670円(税込)

64GB:50,820円(税込)
128GB:56,496円(税込)
※2

OPPO Reno3 A 26,640円(税込)
※1
25,719円(税込) 34,056円(税込)
※2
AQUOS sense4 Plus 35,849円(税込) 47,520円(税込)
Redmi Note 9S 16,501円(税込)

※1:契約内容に応じて割引適用 ※2:ポイントキャッシュバック実施中

ワイモバイル

ワイモバイル 出典:ワイモバイル

ワイモバイルではiPhone SE(第2世代)とOPPO Reno3 Aの端末がセット購入できます。

iPhone SE(第2世代)は64GBが57,600円(税込)、128GBが64,080円(税込)で発売されており、そこから契約するプランに応じて最大18,000円の割引が適用されます。

OPPO Reno3 Aは26,640円(税込)で、新規契約または他社からの乗り換え(ソフトバンクを除く)で端末割引が適用されます。

※割引内容は予告なく変更される可能性があるため、必ず公式ページで確認するようにしてください。

【ワイモバイル】詳細はこちら

UQモバイル

出典:UQモバイル

UQモバイルではiPhone SE(第2世代)がセット購入できます。

iPhone SE(第2世代)64GBが39,600円(税込)、128GBが51,480円(税込)で販売しており、契約プランや契約方法による料金の変動や割引はありません。

【UQモバイル公式】詳細はこちら

OCNモバイルONE

出典:OCNモバイルONE

OCNモバイルONEでは、iPhone SE(第2世代)、OPPO Reno3 A、AQUOS sense4 Plus、Redmi Note 9Sの4端末を取り扱っています。

機種によって、他社からの乗り換えで13,000円割引、OCNでんわ 完全かけ放題のオプション同時加入で2,000円割引が適用されます。

【OCNモバイルONE】詳細はこちら

\初回限定3ヶ月無料!/

BIGLOBEモバイル

出典:BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルではiPhone SE(第2世代)とOPPO Reno3 Aのセット購入が可能です。

iPhone SE(第2世代)は64GBが50,820円(税込)、128GBが56,496円(税込)です。支払期間25ヶ月・実質年率0%で購入ができ、20,000円相当ポイント還元を実施しています。

OPPO Reno3 Aは34,056円(税込)で24回払い、1,419円(税込)で購入できます。また、音声通話SIMとセット契約で20,000円相当ポイント還元を実施中です。

AQUOS sense4 Plusは47,520円(税込)で24回払い、1,980円(税込)で購入できます。こちらも、音声通話SIMとセット契約で20,000円相当ポイント還元を実施中です。

【BIGLOBEモバイル】詳細はこちら

デュアルSIM対応端末

デュアルSIM対応端末の特徴を紹介していきます。

※端末は商品により仕様が異なるため、購入元の注意書きをよくお読みになってお使いください。

iPhone SE(第2世代)

iPhoneの人気機種「iPhone SE(第2世代)」もデュアルSIMに対応しています。

DSDSなので、2回線を同時に待ち受けできます。eSIM物理SIMカード1枚の構成なので、eSIM対応海外プリペイドSIMを使いたい人にもおすすめです。

iPhone SE(第2世代)は、画面4.7インチで片手でも操作しやすいでしょう。画面サイズからすると本体サイズはやや大きめですが、ポケットにも収まるサイズ感です。

iPhone11と同じA13 Bionicチップを使用しており、軽快な動作を期待できます。

OPPO Reno3 A

「Reno3 A」は、中国のスマホメーカーOPPOが発売するスマホです。DSDVに対応しており、nanoSIM2枚、もしくは片方をmicroSDにして使用できます。

OPPOのスマホはコスパのよさと低価格で定評があります。防水機能や「おサイフケータイ」、有機ELディスプレイなどを備えているのが魅力です。

また、デザインも美しく、チープな印象はありません。安いスマホを探しているならおすすめの1台といえます。

AQUOS sense4 Plus

国内メーカーのデュアルSIMスマホを探しているなら、シャープ製の「AQUOS sense4 Plus」がおすすめです。

DSDV対応なので、両方4Gでの通信ができ使い勝手もよいでしょう。nanoSIM2枚構成で、排他式のスロットはMicroSDXCにも対応しています。

AQUOS sense4 Plusはスマホというよりはファブレットに分類され、約6.7インチの大画面を備えているのが魅力です。通話はややしづらいサイズ感ですが、インターネットや動画視聴などの用途にはぴったりでしょう。

また、メモリも8GBと余裕があり、リフレッシュレート90Hz、タッチサンプリングレート120Hzの性能を持っています。大画面とあわせてゲーム用途にもぴったりの1台です。

Redmi Note 9S

「Redmi Note 9S」は、中国メーカーシャオミの手がけるスマホです。DSDVに対応で、nanoSIM2枚が使えます。

かなりの低価格帯ですが、カメラといいCPUといい、全体的に高機能なことでも知られている機種です。

とくに背面カメラはクアッドカメラ構成で、この価格帯では破格の性能といえます。

デュアルSIM対応スマホとしては、バッテリーが5,020mAhとかなり余裕のある作りになっているのも魅力の1台です。バッテリーの節電・管理機能も付属しています。

デュアルSIMに関するQ&A

デュアルSIMに関するよくある質問について解説します。

デュアルSIMを使うとMicroSDは使えない?

デュアルSIM対応の機種には、SIMカードのスロットをMicroSDカードと共有している、排他式と呼ばれるものも多くあります。

排他式の場合はSIMカードを2枚挿せると記載があっても、片方のスロットにSIMカード、もう片方のスロットにMicroSDを挿すと、もうそれ以上SIMカードは挿せません

MicroSDを使わずともよい程度に、内部ストレージに余裕のある機種を購入するのがよいでしょう。あるいは、SIMカード2枚に加えて、MicroSDも挿せるトリプルスロット対応の機種を購入するのもおすすめです。

LINEアカウントは2つ持てる?

LINEアカウントの開設には1アカウントにつき1つの電話番号が必要です。2回線あれば電話番号も2つ契約できます。

データ通信のみの格安SIM契約であっても電話番号は発行されるので、LINEアカウントを2つ取得すること自体は可能です。

ただし、アプリ自体が普通はスマホ1台に1つまでしか入らない仕様のため、2つのLINEアカウントを同時に使いたいのであれば、「ツインアプリ」に対応した機種を使用する必要があります。

例えば、HUAWEIやASUS、OPPOなどSIMフリースマホの中でもデュアルSIMかつ「ツインアプリ」に対応している機種です。

ツインアプリはTwitterやFacebookなどのSNSを2アカウントで使うのに特化した機能で、LINEも対応しています。

また、サムスン電子が開発する「Galaxy」シリーズのスマホにも、「デュアルメッセンジャー」という機能が標準で備わっており、こちらも2アカウントを管理できます。

なお、iPhoneシリーズはこのようなアプリや機能がないため、LINEアカウントを2つ同時に管理することはできません。

iPhoneでデュアルSIMを使う方法は?

iPhoneシリーズは「iPhone XS」以降、国内販売されているすべての機種でeSIMとnanoSIMのデュアルSIMに対応しています。

なお、iPhoneシリーズには海外版もあります。国内販売されていない海外版の機種を購入すると、デュアルSIMには対応していても技適マークがないため、国内での使用が法律上できないケースもあります。

iPhoneを購入するなら必ず国内で購入しましょう。

また、iPhoneでデュアルSIMを使う場合は、片方はeSIMになります。eSIM対応の新型iPhone SE(第2世代)の使い方を知りたい方は、下記記事も参考にしてみてください。

デュアルSIMがあれば2つの回線を1台で使える

デュアルSIM対応機種なら1台のスマホに2枚のSIMカードを挿して使えます。

2台持ちする必要がなくなるのはもちろん、国内用と海外用のように回線を切り換えて使用したり、2つの電話番号で同時に待ち受けしたりできるのがメリットです。

デュアルSIMには「DSSS」「DSDS」「DSDV」「DSDA」の4種類があります。ただし、DSSSは同時に2回線を利用できず、あくまで切り換えて使うタイプです。

DSDSやDSDVなら、選択肢も多くおすすめです。デュアルSIM対応スマホでも、機種によってどのタイプかが異なるので、購入前にしっかり確認しておきましょう。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2018年07月26日

鈴木光平 ― ライター
鈴木光平 ― ライター

フリーのライター、趣味は料理とダンス。たまに公園で踊ってます。見かけたら声かけてください。喜びます。結婚してからは料理男子。妻の美容と健康のために頑張ったらハワイでモテる身体に近づけてしまいました。