Androidおすすめ

SIMカードの入れ替え方法について|注意点から使用方法も解説

他社の乗り換えの際には、機種変更を伴わず、SIMカードの入れ替えにより、同じ端末を使って契約先だけを変更するという方法があります。全体の流れや事前準備、注意点まで把握して、お得なSIMカードの入れ替えにチャレンジしましょう。
新作iPhone先行予約方法 SIMカードの入れ替え方法について|注意点から使用方法も解説

スマホの契約先を乗り換える際には、端末を変更せず、SIMカードの入れ替えのみで対応することが可能です。そしてSIMカードのみの乗り換えなら、今まで使用していた端末がそのまま使えてコストが削減できます。

しかし、自分でSIMカードを入れ替えるのは難しいというイメージを持ち、なかなかチャレンジできない人もいるのではないでしょうか。手順さえ知っていればそれほど難しくはないため、やり方を知ってSIMカード入れ替えに挑戦しましょう。

入れ替え方法については、以下の動画でも解説しています。

iPhone 端末をお持ちの方

Android 端末をお持ちの方

目次

SIMカードの入れ替え前に知っておきたい基礎知識

SIMカードの入れ替えを行うには、まずは基本的な知識を身につけることが大切です。SIMカードそのものについて、入れ替え作業について最低限理解していないと、スムーズに進められないことも多いです。反対に基本さえ知っているなら、誰でも簡単に手続きを進めることができます。

SIMカードにはサイズの違いがある

SIMカードには3つの種類があり、サイズの大きいほうから順に「標準SIM」「microSIM」「nanoSIM」と言われています。端末ごとに使用されているSIMのサイズは異なり、入れ替え時には大きさを合わせなければならないことは覚えておきましょう。

サイズに違いはあるものの、ここ数年の機種なら「nanoSIM」を使用していることが多いです。少し古いものだと「microSIM」を使っている場合もありますが、「標準SIM」まで使用しているものはほとんどないでしょう。

もちろん、新しいからといって、必ずしも小型の「nanoSIM」とは限らないため、大きさは事前にチェックが必要です。

BIGLOBEmobile20190724_incontent

SIMカードの入れ替えができるのはSIMフリーの端末のみ

サイズが合っているならどの端末でもSIMカードの入れ替えができるわけではなく、入れ替えによって利用が可能なのは、SIMフリー端末に限られます。そもそもキャリアから提供されている端末には、SIMロックがかけられており、そのキャリア、及び同じ通信回線を使用している事業者でしか利用できない仕組みです。

同じ回線同士のSIMカードなら、ロック解除なしでも入れ替えが可能ですが、他社回線を利用するなら、必ず解除しなければなりません。SIMロックがかかっている端末でも解除は可能なため、解除して使う、あるいは最初からSIMフリー端末を購入し、入れ替えをするのが一般的な方法です。

SIMカードには固有番号が記録されている

そもそもSIMカードとは何かですが、これは簡単に言えば契約者の電話番号やキャリアとの契約内容が記録されたICチップです。これを端末に差し込み、読み取ることで契約者を識別して、通信回線サービスの提供を行っています。

SIMカードを見たことがないという人もいると思いますが、契約先から提供されるスマホには、SIMカードが初期搭載されています。キャリアや事業者が提供する通信回線が使える状態にあるなら、SIMカードは挿入されているはずです。

SIMカードを入れ替えてもデータが消えることはない

SIMカードはあくまで回線利用者を識別するための、窓口のような存在で、これを入れ替えたからといって、データが消えるわけではありません。SIMカードを入れ替え、他社回線に乗り換えたからといって、端末内に保存されたデータには影響しないためです。

ただし、他社回線に移ったことで、データ自体が影響を受けるケースはあり、一部サービスが利用できなかったり、他社回線では使用できなくなるデータがあります。これはSIMカード入れ替えが原因ではなく、単に乗り換えをしたことが原因のため、機種変更を伴う乗り換えでも、起こりえることです。

SIMカード入れ替えによる問題はないものの、他社乗り換えによって上記のようなトラブルが発生する可能性があることは念頭に入れておきましょう。

SIMカードのサイズは変更を申し込める

入れ替えで使用するなら、SIMカードはサイズを合わせなければなりませんが、契約先に依頼してサイズ変更してもらうことも可能です。それぞれ手数料はかかるものの、サイズ違いで使えないということはないため安心しましょう。

またサイズ変更をするなら、変換アダプタを使う方法や、SIMカッターを使う方法もあります。

SIMカードが小さく、端末に合わせてサイズアップしたいなら、変換アダプタが利用できます。反対にSIMカードが大きく、端末に合わせてサイズダウンするなら、SIMカッターでの対応が可能です。

ただし、それぞれ動作の不具合の原因になる場合もあるため、安全に入れ替えたいなら、契約先に依頼してサイズ変更してもらうと安心です。

SIMカードを入れ替えても電話番号が引き継げる

SIMカードには、契約情報だけではなく、電話番号も記録されているため、カードを入れ替えると、番号も変わると思う人は多いでしょう。単に入れ替えるだけなら番号は変わりますが、入れ替え前にMNP予約番号を発行して乗り換えるなら、SIMカードを変えても番号はそのまま使えます。

MNP予約番号の発行は、ショップやネット、カスタマーサービスへの電話でできるため、入れ替え前に事前に発行しておきましょう。予約番号は発行後15日以内に使用しないと失効するため、期限には注意が必要です。

SIMカードを入れ替える時の事前準備

入れ替えをスムーズに完了させるには、事前準備を念入りに行わなければなりません。SIMカードをスムーズに入れ替えるだけではなく、入れ替え後の使用に問題をきたさないためにも、事前準備は大切です。失敗の可能性を限りなくゼロに近づけるためにも、リスクは徹底的に排除しましょう。

SIMロックを解除する

SIMカードの入れ替えをするには、まずはロック解除をしなければなりません。ロック解除の方法は、キャリアごとに違いますが、基本的にはショップに持ち込むか、キャリアのWebサイトから行うかです。大手キャリアだと、docomoの場合のみ、電話での解除にも対応しています。

どの方法でも問題はありませんが、ショップ持ち込みの場合は、手数料が税別3,000円かかります。その他の方法なら無料のため、自分でできるならネットか電話の利用がおすすめです。SIMロック解除をするには、条件があり、これもキャリアごとに違うため注意しなければなりません。

基本的にはSIMロック解除対象機種であり、購入から100日以上経過している、さらに料金の未払いがないなどが条件です。一括購入していて、長期的な端末代金の割引を受けていないなら、即日解除も可能なため、これも覚えておきましょう。

またショップでの対応のみとなりますが、キャリアを解約した後でも、一定期間内ならロック解除が可能です。auとdocomoは100日以内、SoftBankは90日以内と有効期限が違います。

キャリアメール以外のメールアドレスを発行しておく

大手キャリア同士の移行なら、キャリアメールは使えるため問題ありませんが、大手から格安SIMへ乗り換える場合は注意が必要です。格安SIMではキャリア独自のメールサービスを提供していない場合が多いため、メールを利用するには自身でアドレスを発行しておかなければなりません。

フリーのアドレスでも使用できるため、信用度の高いGoogleやYahoo!で作っておくとよいでしょう。もちろん、大手キャリア同士の移行でもキャリア以外のアドレスを持っているといざという時に使用できるので、どちらにしても事前にアドレスを発行しておくのがおすすめです。

SIMトレイの位置を確認する

SIMカードは端末内部に差し込まれていますが、どこにあるかは機種によって違います。端末側面にある場合や背面にある場合と、場所はそれぞれのため、これも事前確認が必要です。

ネットで調べれば、各端末のSIMトレイの位置は確認できるでしょう。また、分からない場合は契約先のショップに持ち込み、チェックしてもらうのがおすすめです。

端末の電源を切る

準備が整った時点でSIMカードの入れ替えとなりますが、作業時は必ず電源を切らなければなりません。電源が入った状態でSIMカードを入れ替えると、端末が不具合を起こす可能性が高いです。場合によっては入れ替え後のSIMカードを上手く認識できなかったり、端末内部のデータが破損、消失したりもするためです。

失敗の原因にもなりやすいため、電源は必ずオフにし、本体に負担をかけないよう入れ替え作業を行いましょう。

SIMカードの入れ替え時に必要なもの

SIMカード入れ替えの際には、事前準備の一環で用意しなければならないものもあります。アイテムが正しく揃っていないと、スムーズな入れ替えができないため注意しましょう。また、絶対に全てが必要とは限らず、ケースによっては一部省略できる場合もあります。

SIMを取り出すためのツール

SIMカードは通常使用時に外れることがないよう、トレイの中にしっかり収められています。取り出すにはトレイの横にある小さな穴を押す必要があり、この穴に入れるツールを用意しなければなりません。iPhoneの場合はSIM取り出し用のツールが本体に付属されているため、これを利用しましょう。

ツールがない場合はネットで買うか、クリップや安全ピンといった、先の尖ったものでも代用可能です。つまようじだと難しいため、代用するならクリップがおすすめでしょう。また、差し込みが必要なのは本体側面にトレイがある場合で、背面にSIMカードがある場合は、差し込みは不要です。

新しいSIMカード

SIMカードは取り出すだけでは意味がなく、新しいものに入れ変えなければなりません。新しいSIMカードは、大手キャリアや格安SIMから購入しましょう。大手キャリアの場合は、ショップで購入も可能ですが、格安SIMは直営店を持っていない場合がほとんどのため、ネットでの注文が基本です。

ネットで注文し、自宅に配送、あるいはコンビニで受け取りも可能なため、便利な方法を選びましょう。新しいSIMカードが来ていないのに古いSIMカードを取り出すと、端末の使用に制限が出てしまうため、入れ替えはSIMカードが揃ってから行わなければなりません。

SIMフリーの携帯電話端末

現在契約中の端末のSIMロックを解除し、使用する方法もありますが、そうではなく、最初からSIMフリー端末を購入するのもひとつの手です。SIMフリー端末はネットでの購入が多く、新品のものも多数あります。また、中古品も数多く販売されており、より安く購入したいならこれを狙っても良いでしょう。

ただし、中古品は使用感があるものがほとんどで、品質が悪い場合もあることは理解しておかなければなりません。出品者やサイトそのものの信用性を考慮し、少しでもリスクがありそうと判断したなら、別のサイトを利用するのがおすすめです。

iPhoneのSIMカードを入れ替える時の流れ

iPhone 端末をお持ちの方

SIMカード入れ替えの流れは、機種によって若干異なります。iPhoneシリーズの場合は、どのように入れ替えるのか、全体の手順を知っておくと、よりスムーズに交換できるでしょう。モデルの新旧によって端末の変更点は多いですが、SIMカードの入れ替え方法はどれも共通しています。

SIMトレイの穴にツールを差し込む

iPhoneの場合、SIMトレイは端末の側面についています。側面に小さな穴があるため、そこにツールを差し込みましょう。端末に付属しているツールなら、特に問題なく差し込めるでしょうが、代用品を使う場合は注意が必要です。

トレイを出すには、ぐっと奥まで差し込む必要があるため、なかなか出てこない場合は、少し力を入れて差し込みましょう。

SIMカードを取り出す

穴にツールを差し込むと、トレイが出てくるため、それを引き出し、SIMカードを取り外します。トレイやSIMカードは繊細なため、ここでは力を加え過ぎないよう注意しましょう。

SIMカードはつまんで取っても良いですが、壊してしまいそうなら、端末をひっくり返して落とすという方法もあります。この場合は、落ちた衝撃でSIMカードが傷まないよう、柔らかい場所で行うとよいでしょう。

新しいSIMカードをセットする

取り出した後は、新しいSIMカードをトレイに乗せ、差し込んで終了です。トレイに乗せる際には位置がずれないよう注意し、裏表も間違えないよう注意しましょう。取り外し時に、SIMカードがどちらを向いているか確認しておくと、間違いは少ないです。

トレイを戻す際は、飛び出して来ないよう、ぐっと押し込むことが大切です。押し込みが緩いとトレイが開き、SIMカードが紛失する可能性もあるため注意しましょう。

AndroidのSIMカードを入れ替える時の流れ

Android 端末をお持ちの方

Android端末の場合、iPhoneとは入れ替えの流れが若干異なります。また、Android同士でも、機種によってやり方が違う場合もあるため、その点にも注目しましょう。基本的な端末やSIMカードの扱い方は同じため、破損させないためにも丁寧に扱うことを心がける必要があります。

指でカバーを外す

Android端末も側面にSIMカードのスロットがある場合が多いですが、iPhoneと違って、指で簡単にカバーが外せます。上手く外せない場合は、爪やピンを使って、引っかくようにすると外れやすいです。カバーを外すとSIMカードのスロットが出てくるため、まずはここまで進めましょう。

カードスロットを取り出す

カバーを開けた後は、スロットからSIMカードを引き抜かなければなりません。引き抜く際は慎重に行うことが大切で、力を込め過ぎてSIMカードに傷をつけないよう注意しましょう。取り出したSIMカードは、紛失や破損しないよう、安全な場所に移しておくことが大切です。

カードスロットを挿入する

取り出し後は新しいSIMカードを、スロットに挿入します。この時向きには注意が必要で、裏表を間違えないようにしなければなりません。向きを間違えると上手く挿入できず、破損の原因になるため注意が必要です。また、挿入時にずれがあると、真っすぐ入らず、上手く認識できない場合もあります。

向きがあっているか、ずれがないかを確認し、丁寧に差し込みましょう。挿入後はカバーが簡単に外れないよう、きちんと閉めることが大切です。

カードスロットが背面にある場合はカバーを外す

Android端末は、機種によってトレイが背面にあるものもあります。側面にSIMカードの取り出し口が見つからないなら、背面のカバーを外して確認しましょう。背面の場合は、カバーの中にSIMカード挿入部分があり、トレイをスライドさせ、取り外さなければなりません。

スライド時は慎重に行い、SIMカードの向きやずれがないかもチェックして入れましょう。最後まで差し込み、背面カバーを閉めて作業は完了です。

うまくいかない時はサポート店へ

スマホの修理店のなかには、SIMカード関連の相談・サポートサービスを提供している会社もあります。

SIMカードの入れ替えは失敗すれば修理代などで損をしてしまう可能性も。分からないまま進めてしまうよりも、しっかりサポート店を利用した方が良いでしょう。

特におすすめのお店、総務省の登録修理業者であるiCracked(アイクラックト)の「iTechサポート」を紹介します。

安心安全のサポート店、iCracked

スマホのお悩みをiCrackedが解決します!
  • SIMカードの入れ替え方法がよく分からない。
  • データのバックアップを行いたいが、どうすればよいか分からない。
  • 機種変更をしたのでLINEアカウントやトークの引き継ぎをしたい。

このような相談に関して、iCracked(アイクラックト)の「iTechサポート」ではサポート料金1回税抜3,000円(時間目安:約30分)で引き受けてくれます。

サポートしてくれる内容はスマホ・SNSアプリの初期設定からLINEやトークの引き継ぎ、機種変更時のデータ移行・バックアップまでさまざま。

また、iCrackedはiPhone修理でも高い評判を得ています。液晶やボタンなどに不調が出ている時もiTechサポートでチェックしてもらいましょう。

iCrackedで初期設定を行う!

SIMカードを入れ替える時の注意点

手順さえ守っているなら、SIMカードの入れ替えは難しくありませんが、一部注意点があることは覚えておきましょう。SIMカードは非常に繊細な部品で、特に慎重に扱わなければなりません。

また、作業の仕方次第でも、入れ替えに失敗する可能性はあるため、注意点を正しく把握してから入れ替え作業をすることが大切です。

SIMカードは直接手で触っても大丈夫?

SIMカードの表面には、金色の部分があり、これがIC部分で非常に重要なものです。IC部分が少しでも傷ついたり、汚れたりすると、端末で上手く認識できない、あるいはデータが破損してしまう恐れがあります。SIMカードを扱う際には、必ず側面を持つようにし、IC部分には触れないようにしましょう。

指紋が付いただけでも不具合を起こす可能性があり、それを拭こうとして傷つけてしまうこともあります。とにかく触らないに越したことはないため、必要な時以外はSIMカードを出さないのもポイントです。

SIMカードが小さくてなかなか取り出せない場合は?

SIMカードは非常に小さく、もろい部品です。そのため、少しでも力を加えると破損する可能性があるため、扱いには細心の注意を払わなければなりません。取り出しや挿入の際に力を込めると、SIMカードが割れて使えなくなるといったケースもあります。

破損すると元には戻せず、新しいものを買い直さなければなりません。また、仮に使えたとしても、使っているうちに不具合が出てしまうこともあるため、傷をつけないよう優しく扱うことが大切です。

SIMカードを差し替える環境は大事?

もっとも小さい「nanoSIM」サイズだと、非常に小さく、出しっぱなしにしているとなくしてしまうことも多いです。入れ替え作業中に席を外したり、別のことに気をとられていたりすると、SIMカードを紛失するケースは多いため注意しなければなりません。

紛失を防ぐには、途中で作業を中断しないこと、綺麗に整頓された場所で作業するといった工夫が必要です。周りに物が溢れていると、紛れ込んで紛失しやすいため、特に注意しなければなりません。

キャリアのメールアドレスは引継ぎできる?

SIMカードの入れ替えは、使用している端末はそのままでも、手続きとしては他社乗り換えです。そのため、入れ替えが完了し、使用を開始した時点で契約先が変更となり、これまで使っていたキャリアのメール、及びサービスは使えなくなります。

キャリアのメールを引き継ぎたいなら、事前にバックアップするか、どこでも使えるフリーメールにデータを移しておきましょう。また、キャリアのクラウドデータ保存を使っている場合は、さらに注意が必要で、入れ替えが完了した時点でクラウドに保存しているものは全て消失します。

必要なデータは端末内に戻すか、キャリア契約に関係しない、パソコンやUSBメモリといった、別の端末に移しておきましょう。通常の他社乗り換えをする時と、同じ準備をしておくと、問題なく入れ替え作業を終えられます。

機種変更をする場合にすべきことは?

SIMカードの入れ替えに伴い、機種変更もする場合は、LINEの引き継ぎ設定をしなければなりません。機種変更なしでSIMカードの入れ替えのみならそのまま使用できますが、機種を変えるとデータは全て消えてしまうため注意が必要です。

基本的な設定はLINEから行いますが、トーク履歴は引き継ぎができないため、別途バックアップが必要です。トーク履歴のバックアップは、機種変更後でも利用できる場所に保存しておき、アプリから設定をして、引き継ぎを行いましょう。

SIMカッターを使ってサイズ変更をする場合の注意点は?

大きいSIMカードをサイズダウンするには、SIMカッターを使う方法がありますが、これは全て自己責任で行わなければなりません。SIMカードは触れて少し汚れただけでも不具合を起こすことがある繊細なものため、カットで少しでも傷がつくと、途端に使えなくなります。

SIMカッターで失敗しても、SIMカードの販売元は保証をしてくれないため、確実性を求めたいなら、手数料を払ってサイズ変更してもらったほうが良いでしょう。

入れ替えたSIMカードを使用するには

SIMカードは入れ替えが完了して終わりではなく、その後端末で初期設定をしなければなりません。設定まで完了して入れ替え作業は終わるため、最後まで気を抜かないようにしましょう。

使用開始の方法はAndroidとiPhoneで異なり、SIMカードが認証されない場合の対処法もあるため、それも含めて知っておくことが大切です。

Androidの場合

Android端末は、起動後設定アプリを開き、「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」へと進みます。さらに「新しいAPN」をタップすると、以下の情報の入力が求められます。

  • アクセスポイント名
  • 認証ID
  • パスワード
  • 認証方式

これらはSIMカード付属のマニュアルに記載されているため、それを確認しましょう。情報を間違いなく入力すると、初期設定は完了で、通信が可能となります。

iPhoneの場合


iPhoneの場合は、まずWiFiに接続して、契約先の事業者のホームページから「ANPプロファイル」をインストールします。インストール後は、設定アプリから「モバイルデータ通信」→「LTE回線を使用」に進み、オンにすると初期設定は終了です。

Androidのように手動で切り替える必要はありませんが、WiFi環境が必要なため、入れ替えをする場所には注意しましょう。

SIMカードが認証されない場合

SIMカードを挿入したはずなのに上手く認識しない場合は、一度端末を再起動してみましょう。再起動でも直らないなら、もう一度手順を遡って、SIMカードを差し直す必要があります。

差し込みの際に接触が悪く、不具合が起きることも多いです。それでも直らないならSIMカードに傷をつけないよう、IC部分を拭き取り、何度か再起動してみましょう。

何をやっても認証しない場合は契約先に問い合わせが必要ですが、場合によっては入れ替えの工程で破損させてしまい、使えなくなっている可能性もあります。その場合は新しいものに買い替えとなります。

SIMカードを自分で簡単に交換してみよう

SIMカードを入れ替えて他社乗り換えと聞くと「難しい」「専門的な知識が必要」とイメージする人は多いでしょう。しかし、実際の作業は非常に簡単で、基本的な知識さえあれば、誰でもすぐに行えます。

またSIMカードは繊細な部品のため、慎重に扱う必要はありますが、注意点に気をつけて扱えば難しいものではありません。入れ替えで他社乗り換えを行い、スマホをさらにお得に使いましょう。

また、おすすめの格安SIMはこちらの記事で紹介していますので、ぜひご確認ください。

  Y!mobile1,080円~

公開日時 : 2020年03月12日

おっきー ― ライター
おっきー ― ライター

物心ついた頃からiPhoneがあるスマホネイティブ世代。SNSから最新情報を取得するのが日課。趣味はダンス。

関連キーワード