Androidおすすめ

au下取りプログラムを徹底解説!アップグレードプログラムとどちらがお得?

au下取りプログラムの特徴と適用条件、下取りプログラムの利用手順を徹底解説。下取りプログラムとアップグレードプログラムを比較し、どちらがお得かについてもまとめています。auの下取りプログラムを検討中の方は参考にしてみてください。
docomo au下取りプログラムを徹底解説!アップグレードプログラムとどちらがお得?

auで機種変更するなら、下取りプログラムはぜひ活用したいところです。

下取りプログラムを利用して今使っている機種を下取りに出すことで、よりお得に新しい機種を購入できます。

ただし、下取りプログラムには条件や注意点もあります。

また、auで機種を購入する際に下取りプログラムとアップグレードプログラムのどちらを選ぶべきなのか悩む方もいるでしょう。

そこで本記事では、au下取りプログラムの特徴と条件、アップグレードプログラムとの違いなどについて解説します。

\新キャンペーン続々登場!/
docomo

auの下取りプログラムの特徴

まずは、auの下取りプログラムの特徴について見ていきます。

手持ちの端末を下取りに出して機種代金を安くできる

auの下取りプログラムは、手持ちの端末がプログラム対象機種であれば、auに下取りに出して引き取ってもらうことで新しく購入する機種の割引を受けられるサービスです。

割引額は下取りに出す機種ごとに異なります。また、同じ機種でも外観や故障などの度合いによっても違ってくるので、後ほど解説します。

iPhoneの下取り価格が特に高い

auで販売されている多くの機種が下取りプログラムの対象ですが、せっかくなら下取り額が高い機種の方がいいと考える方もいるでしょう。

結論からお伝えすると、auの下取りプログラムではiPhoneの下取り価格が特に高く設定されています。

一例として、同じ価格帯のiPhone 12 Pro 256GBとXperia 1 II SOG01の下取り額を比較します。

販売価格(税込) 下取り額(税込)
iPhone 12 Pro 256GB 129,785円 55,550円
Xperia 1 II SOG01 133,600円 33,000円

価格では4,000円弱安いiPhone 12 Proが、Xperia 1 II SOG01より22,000円以上高く下取りに出せます。

下取りプログラムを利用した際の割引額をできるだけ大きくしたい場合は、iPhoneがおすすめです。

MNP(乗り換え)・機種変更のどちらでも利用可能

下取りプログラムは機種変更はもちろん、MNP転入(他社からの乗り換え)でも利用できます。

下取り額は、他社のスマホであってもauで取り扱いのある機種なら基本的に同じです。

そのため、iPhoneは全モデルで全く同じ下取り額が設定されています。

Androidスマホは、auとau以外で型番が当然異なりますが、同じ機種であれば同じ下取り額です。

例えば、auのXperia1 II SOG01とXperia 1 II SO-51Aは下取り額がどちらとも33,000円(税込)となります。

他社からauに乗り換える場合も、対象機種であれば下取りプログラムを積極的に活用しましょう。

Pontaポイントかauポイントで還元

下取りプログラムは、下取り額を新しく購入する機種の割引に使えるのは前述の通りですが、直接割引されるわけではありません。

個人の場合はPontaポイント、法人の場合はauポイントが一度下取り額相当分付与された後に、そのポイントを機種代金の支払いに充てるという流れです。

そのため、下取りに出す方法によっては機種代金の割引として使えないこともあります。

ですが、Pontaポイントはau PAY残高にチャージしてコンビニなどで現金の代わりとしても使えるため、キャッシュバックのようなものです。

法人に付与されるauポイントも次回の機種変更時の機種代金に充当可能のため、今回の機種代金に使えなくても損はしません。

Pontaポイント・auポイントともに、有効活用できる使い道があるのは嬉しいですね。

店頭・auオンラインショップどちらでも下取りできる

auの下取りプログラムは、店頭だけでなくauオンラインショップでも利用できます。

店頭の場合は、その場で下取りと後日来店して下取り、もしくは郵送で下取りから選択可能です。

auオンラインショップではauショップ店頭で端末の購入と同時に下取りに出せません。

そのため、後日店頭に機種を持って下取りに出すか、郵送での下取りとなります。

\新キャンペーン続々登場!/

下取りプログラムとアップグレードプログラムの比較

auには、下取りプログラムと似たプログラムとしてアップグレードプログラムがあります。

アップグレードプログラムには複数の種類がありますが、基本的には機種を分割で購入し、次回の機種変更時に下取りに出すと残りの分割金の支払いが免除されるシステムです。

そのため、今使っている機種がアップグレードプログラムに加入している場合、下取りプログラムとどちらを利用すべきかわからない方もいるかもしれません。

結論としては、機種変更するタイミングによりどちらのプログラムを利用すべきかが決まりますが、そのタイミングは機種ごとに異なります。

そこで、ここではiPhone 11 128GBを例に下取りプログラムとアップグレードプログラムEXを比較し、それぞれがお得なタイミングを解説します。

機種は違っていても考え方は同じなので、以下の内容を参考にしてどちらにすべきか決めましょう。

iPhone 11 128GBの販売価格と、次回機種変更してiPhone 11をauに返却する月ごとのアップグレードプログラムEXの支払い免除される残価、下取りプログラムの下取り額は以下の通りです。

販売価格(税込) アップグレードプログラムEX利用時の支払い免除される残価(税込) 下取りプログラム利用時の下取り額(税込)
~25ヵ月目 94,608円 47,304円 26,950円
26ヵ月目 45,333円
27ヵ月目 43,362円
28ヵ月目 41,391円
29ヵ月目 39,420円
30ヵ月目 37,449円
31ヵ月目 35,478円
32ヵ月目 33,507円
33ヵ月目 31,536円
34ヵ月目 29,565円
35ヵ月目 27,594円
36ヵ月目 25,623円
37ヵ月目 23,652円
38ヵ月目 21,681円
39ヵ月目 19,710円
40ヵ月目 17,739円
41ヵ月目 15,768円
42ヵ月目 13,797円
43ヵ月目 11,826円
44ヵ月目 9,855円
45ヵ月目 7,884円
46ヵ月目 5,913円
47ヵ月目 3,942円
48ヵ月目 1,971円
49ヵ月目 0円

アップグレードプログラムEXは機種代金を48回の分割払いで支払い、機種変更して元の機種を下取りに出した後の分割金の支払いが免除されます。

そのため、機種変更するタイミングが遅くなるほど免除される額が減っていきます。

一方、下取りプログラムはいつ返却しても下取り額は26,950円(税込)です。

この条件で、下取りプログラムとアップグレードプログラムEXがそれぞれお得になるタイミングを見ていきます。

下取りプログラムがお得な場合

下取りプログラムがお得になるのは、iPhone 11を購入して36ヵ月目以降に機種変更し、下取りに出す場合です。

36ヵ月目になると、アップグレードプログラムEXの分割金の免除額が25,623円(税込)で、下取りプログラムの下取り額の26,950円(税込)よりも少なくなります。

iPhone 11 128GBを同条件で購入している場合は、購入して36ヵ月以上経っていれば下取りプログラムの利用が最適です。

アップグレードプログラムがお得な場合

アップグレードプログラムがお得なのは、35ヵ月目までにiPhone 11を下取りに出して機種変更する場合です。

35ヵ月目までは、アップグレードプログラムEXを利用した場合の分割金の免除額が下取りプログラムの下取り額26,954円(税込)よりも大きいため、アップグレードプログラムEXを利用した方がお得になります。

まとめると、下取りプログラムの下取り額とアップグレードプログラムで免除される分割金を機種変更する予定の月の時点で比較し、その額が大きい方のプログラムを選べばお得に機種変更が可能です。

下取り額はこちらから、アップグレードプログラムの支払い残額の確認はこちらから確認しましょう。

併用はできない

下取りプログラムとアップグレードプログラムを併用できれば、実質負担額をかなり少なく済ませることができます。

ですが、残念ながらこれら2つのプログラムは併用できません。

下取りプログラムの下取り額とアップグレードプログラムの免除される分割金を確認し、お得な方を選びましょう。

au下取りプログラムの適用条件

auの下取りプログラムを適用するには以下の条件があるため、それぞれ見ていきます。

  • プログラム対象機種であること
  • 故障や水濡れがなく正常に動作すること
  • 当日下取りでない場合は期限内に下取りに出すこと

また、下取り価格が大幅に下がる原因となる画面割れについても詳しく解説するので、ぜひ目を通しておいてください。

1.プログラム対象機種であること

大前提として、auの下取りプログラムが適用されるには、その機種がプログラム対象機種である必要があります。

対象機種は、機種変更とMNPそれぞれで指定されているので、以下のリンクから確認しておきましょう。

2.故障や水濡れがなく正常に動作すること

auの下取りプログラムを利用して通常品として満額の下取り額で下取りしてもらうには、故障や水濡れがなく正常に動作する必要があります。

以下に挙げるような下取り機種は、そもそも下取り自体してもらえないので注意しましょう。

  1. 電源が入らない
  2. 充電行っても充電ランプが点灯しない
  3. 暗証番号ロック解除とオールリセットが実施されていない
  4. 水濡れシールに水濡れ反応がある
  5. 製造番号が確認できない、改造などメーカーの保証外となるような状態
  6. 【MNP】契約者が下取り対象機種の所有権を持っていない
  7. 【MNP】不正契約や不正取得端末利用制限など、ネットワーク利用制限がかかっている

特に注意が必要なのは、3の暗証番号ロック解除とオールリセットです。

下取り機種を郵送で下取りに出す場合、ロック解除やリセットもすべて自分で行わなければいけません。

仮にこれらの処置を忘れてauに送ったとしても下取りしてもらえず端末が返却されてくるので、必ず確認してから下取りに出しましょう。

なお、6と7は他社からauへの乗り換えで下取りプログラムを利用する際に満たしておく必要がある条件です。

他社で普通に契約して普通に利用していればこれらの下取り不可条件に該当することはないので、特に気にする必要はないでしょう。

3.当日下取りでない場合は期限内に下取りに出すこと

機種を購入する当日に下取りに出さない場合は、auが指定する期限内に下取りを完了させる必要があります。

auの下取りプログラムの下取り方法には、以下の選択肢があります。

  • 当日店頭で下取り
  • 後日店頭で下取り
  • 後日郵送で下取り

店頭で機種変更の当日に下取りに出す場合は期限を気にする必要はありません。

一方、後日店頭や郵送で下取りに出す場合は、下取りに出す期限が以下の通り決められています。

  • 後日店頭で下取り:機種変更翌月末まで
  • 郵送下取り:回収キットが到着後10日以内

後日店頭で下取りする場合は、購入した月の翌月末までに元の機種を下取りに出しましょう。

後日郵送で下取りに出す場合は、購入から1週間程度で回収キットが届きます。

そして回収キット到着後10日以内に、回収キットに同封されている返送用レターパックに下取り対象機種を入れて発送することが、郵送による下取りプログラム適用の必須条件です。

auの下取りプログラムを利用したものの返却期限が過ぎたら、いかなる理由があろうと下取りはしてもらえません。

特に郵送での下取りは、auへの送付が回収キット到着から10日過ぎて郵送期限切れにならないように早めに送りましょう。

4.画面割れの場合下取り価格が大幅に下がる

auの下取りプログラムでは、画面割れがあっても下取りには出せるものの下取り額が大幅に下がります。

例えば、iPhone 11 128GBの場合は通常の下取り額が26,950円(税込)に対して、画面割れの場合は7,700円(税込)まで減額されます。

また、下取り額の減額となるのは画面割れだけでなく、破損も対象です。

画面割れと破損の基準

画面割れと破損の基準は以下の通りです。

症状
表面 ・画面上に割れがあるもの ・指の腹をあて、引っ掛かりがあるキズ ・筐体に欠けがあるもの(基盤が見えていても対象) ・画面下に黒いシミ(影)が出ている ・液晶が浮いており発光が外へ漏れている ・画面上にバーコードのような不具合が出ている
裏面 ・背面、側面に明確な溝、割れ、欠けがあるもの ・背面、側面に擦り傷があるもの ・リアカバーが無いまたは欠けている ・リアカバーが純正では無い ・バッテリーが純正品ではない ・カメラレンズに擦り傷・ヒビ・破損がある

画面割れの基準は「画面上に割れがあるもの」と記載されているため、ディスプレイが少しでも割れていれば破損品と判断され下取り額も減額されます。

破損の基準もそこそこ厳しく、表面では指の腹を当てて引っかかりがあるだけで破損品の診断です。

また、裏面についても背面や側面に擦り傷があれば通常品として下取りしてもらえません。

このように、auの下取りプログラムは通常品として下取りしてもらうための条件が厳しいと思っておいた方がいいです。

画面割れや破損ありなら修理後に下取りに出そう

下取り予定の機種が上記の画面割れと破損の条件に当てはまる場合は、そのまま下取りに出しても破損品と判断され、下取り価格がかなり減額されてしまいます。

そこでおすすめしたいのが、先に修理して下取りに出す方法です。

特にこの方法は、通常品と破損品の下取り額の差が大きい機種で有効です。

例として、iPhone 12 Pro Maxの512GBの通常品・破損品の下取り額とAppleCare+に加入している場合の修理代金を見てみましょう。

通常品の下取り額(税込) 破損品の下取り額(税込) AppleCare+加入時の修理代金
画面のみ/背面ガラスのみの損傷(税込) その他すべての損傷(税込)
iPhone 12 Pro Max 512GB 64,350円 19,250円 3,700円 12,900円

通常品の下取り額は64,350円(税込)なのに対し、破損品は45,100円も減額され19,250円(税込)でしか下取りしてもらえません。

そこで、AppleCare+に加入している場合は先に修理します。

画面のみや背面ガラスのみの損傷であればたったの3,700円(税込)で修理でき、通常品として下取りしてもらえます。

実質の下取り額は64,350円(税込)から修理代金の3,700円(税込)を引いた60,650円(税込)ですが、それでも破損品として19,250円(税込)で下取りされるよりも40,000円以上お得です。

また、画面や背面ガラスの損傷以外の損傷でも修理代金は12,900円(税込)で実質の下取り額は51,450円(税込)のため、そのまま破損品として下取りに出すよりもはるかにメリットがあります。

auの下取りプログラムは、下取りに出した後に破損品として判断され下取り額が少なかったからといってキャンセルはできません。

通常品と破損品の下取り額の差額が大きい機種を下取りに出す予定で、破損品として判断される可能性が少しでもあるようなら先に修理を済ませてから下取りに出しましょう。

au下取りプログラムのポイントについて

auの下取りプログラムは個人はPontaポイントが、法人はauポイントが付与されますが、ポイントの付与タイミングがわからずに不安に感じる方もいると思います。

そこで、下取りプログラムのポイントについて詳しく解説します。

下取りポイントはいつ付与される?

下取りポイントの付与タイミングは、下取りの出し方によって異なります。

ポイント付与タイミング 機種代金の割引への適用
店頭での機種購入と同時に下取り 機種変更当日
店頭で機種を購入し後日店頭で下取り 店頭で下取りに出した日 ×
店頭で機種を購入し後日郵送で下取り 下取り機種がau下取り郵送受付センターに到着後2週間程度 ×
オンラインショップで機種を購入し後日店頭で下取り 店頭で下取りに出した日 ×
オンラインショップで機種を購入し後日郵送で下取り 下取り機種がau下取り郵送受付センターに到着後2週間程度 ×

店頭で機種を購入してその場で下取りに出す場合は、当日にポイントが付与され機種代金から割引されます。

店頭やオンラインショップで機種を購入して後日店頭で下取りに出す場合、機種を購入する日にはポイントが付与されないため機種代金の割引には使えません。

auショップに来店して下取りに出した日に、ポイントが付与されます。

店頭・オンラインショップに関係なく、後日郵送で下取りに出す場合のポイント付与タイミングは、下取り機種がau下取り郵送受付センターに到着後2週間程度です。

郵送下取りも機種購入当日にポイント付与されないため、機種代金の割引には利用できません。

機種代金の割引に使いたい場合は、店頭で機種を購入するのと同時に下取りに出しましょう。

ポイントが反映されない・付与が遅い場合の原因と対策

まれに、郵送で下取りに出して2週間以上経っているものの、ポイントが反映されなかったり付与が遅いこともあります。

原因は、下取りの申し込み件数が多くau下取り郵送受付センターの査定が追いついていないためです。

この現象は、新型iPhoneが発売されるタイミングでよく起こります。

新型iPhoneが発売されると多くのユーザーが一斉に購入するため、下取りの申し込みも急増しセンターの査定が遅れます。

査定されなければ付与ポイントが決まらないため、ポイントも付与されないということです。

査定されないことによりポイントが付与されないのは、査定が終わるのを待つしかありません。

ポイント付与遅れを防ぐ対策としては、iPhoneなど人気機種の発売日付近に下取りに出さないことが挙げられます。

すでに下取りに出しているもののポイントがなかなか反映しない場合は、au電話機回収センターに下取り査定やポイント付与の進捗状況について問い合わせましょう。

au電話機回収センター

  • 電話番号:0120-944-523

au下取りプログラムの利用手順

最後に、auの下取りプログラムについての以下の利用手順を解説します。

  • auショップ店頭で下取りする方法
  • 郵送で下取りする方法
  • 下取りをキャンセルする方法

準備:データのバックアップと初期化を行う

下取りするに当たり、まずはデータのバックアップと初期化が必要です。

初期化されていない機種を下取りに出しても下取り自体してもらえないため、忘れずに初期化しておきましょう。

なお、初期化するとデータの復元はできず、全て完全に消去されます。

下取りに出すということは、端末を完全に手放すということです。手放しても問題ない状態にしてから、下取りに出しましょう。

バックアップ方法は機種によって異なりますが、iPhoneならiTunesまたはiCloudを使った方法がおすすめです。

以下の記事では、データのバックアップ方法を含むiPhoneの初期設定の手順を解説しています。新しい機種を購入する前に、こちらの記事を参考にしながらバックアップを行ってください。

Androidの場合は、バックアップ専用アプリやSDカードを利用する方法がおすすめです。こちらの記事では、AndroidからAndroidへデータ移行する方法を解説しています。

写真や電話帳などのバックアップは上記の方法で完了しますが、LINEやゲームのデータはアプリごとにバックアップを取る必要があります。

新しい機種でも利用したいアプリがあれば、必ずバックアップを取っておきましょう。

auショップ店頭で下取りする方法

店頭下取りは、機種購入と同時の下取りと後日下取りの2パターンあります。

auショップ店頭で機種を購入するのと同時に下取りする場合は、ショップスタッフに前の機種を渡すだけです。

店頭やauオンラインショップで機種を購入して後日下取りに出す場合は、機種を購入した月の翌月末までに以下のものを持参する必要があります。

  • 下取りに出す機種
  • 運転免許証などの本人確認書類
  • 【店頭で機種購入の場合】機種変更(端末増設)申込書(お客様控え)
  • 【auオンラインショップで機種購入の場合】発送案内メールもしくは注文履歴詳細画面

店頭での後日下取りは、店頭で機種を購入した場合はお客様控えが、auオンラインショップで機種を購入した場合は発送案内メールまたは注文履歴詳細画面のいずれかが、本人確認書類に加えて必要です。

なお、店頭下取りは手続き開始までに待ち時間がかかります。スムーズに手続きを済ませたい場合は、来店予約をしてから来店しましょう。

auショップの来店予約はこちらから。

郵送で下取りする方法

郵送で下取りする方法は、機種の購入方法が店頭かオンラインショップかで若干異なります。

手順が異なるのは、下取り希望の申告方法です。

機種を店頭で購入する場合は、購入時に郵送で下取りに出したい旨をスタッフに伝えます。

auオンラインショップで機種を購入する場合は、注文の際に下取り希望欄で「郵送でのお手続き」を選択するだけです。

その後の流れは店頭・auオンラインショップ共通で、機種を購入してから1週間程度で届く回収キットに旧機種を入れて返送します。

なお、オンラインで本人確認が完結する「撮影による本人確認(eKYC)」で本人確認をしなかった場合を除き、回収キットは契約者本人が本人確認書類を提示の上受け取らなければいけません。

代理人が受け取ることはできない点には注意しましょう。

auによる下取りの査定が終わったらPontaポイントが付与され、SMS(Cメール)でお知らせが届きます。

一方、下取り対象ではない機種の場合や、故障・水濡れ反応などにより下取りができなかった場合は、郵送で手元に戻ってきます。

下取りをキャンセルする方法

後日店頭もしくは郵送での下取りプログラムの利用を申告したものの、やはりキャンセルしたくなることもあるかもしれません。

下取りのキャンセルは、au電話機回収センター(0120-944-523)に連絡しましょう。

キャンセルに費用はかかりません。また、郵送での下取りを希望し回収キットが届いている場合は廃棄しても問題ありません。

なお、下取りのキャンセルをするとキャンセルを取り消して再度下取りを申し込むことはできないので、キャンセルする場合は慎重に検討することをおすすめします。

また、店頭で端末を下取りに出した後や、au下取り郵送受付センターに端末を送った後に下取りをキャンセルすることはできません。

キャンセルできるのは、下取りプログラム利用希望の申告(端末を下取りに出す前の段階)である点はおさえておきましょう。

auの下取りプログラムを活用してお得に機種変更しよう

auの下取りプログラムが最適な人

  • 新しい機種を購入したら前の機種を手元に置いておく必要はない
  • アップグレードプログラムで免除される金額よりも下取り価格の方が高い

auの下取りプログラムは、新しい機種を購入したら前の機種が必要ない方には最適なプログラムです。

また、アップグレードプログラムを適用しているものの、3年以上など長期間使っていて、アップグレードプログラムで免除される金額よりも下取り価格の方が高い方にもおすすめです。

なお、auの下取りプログラムの下取り査定は厳しめで、擦り傷があるだけで破損品とみなされてしまいます。

破損品と査定された後に修理したり、破損品の査定後に下取りをキャンセルすることはできません。

破損していない通常品として査定されるか不安な傷や破損がある場合は、先に修理してから下取りに出しましょう。

公開日時 : 2021年11月16日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード