Androidおすすめ

auからドコモに乗り換え|MNP予約番号の取得方法・料金・手順・キャンペーン

auからドコモ乗り換えの、MNP予約番号の取得方法・料金・手順・キャンペーンをまとめました。auからドコモに乗り換え(MNP)るために必要なものや、乗り換えの準備方法を解説。auからドコモに乗り換えてキャッシュバックやキャンペーン割引が欲しい方も必見。
Yahoo!モバイル20190717 auからドコモに乗り換え|MNP予約番号の取得方法・料金・手順・キャンペーン

auユーザーの中には月々の料金を下げるために、ドコモへの乗り換えを検討している人もいるでしょう。

しかし、ドコモに乗り換えて本当に安くなるのか、心配な方もいるのではないでしょうか。

本記事ではauとドコモの料金プランを比較して、ドコモにお得に乗り換えるためのキャンペーンなどを紹介していきます。

乗り換える時の買い替え機種が決まっていない方は、おすすめAndroidスマホや人気機種を比較解説した記事もご覧ください。

auからドコモに乗り換える方法・手順

実際にドコモに乗り換えるための手順を紹介していきます。

au乗り換え(MNP)に必要なもの

まずは、auのMNPに必要なものから確認していきましょう。

手続きに必要になるのは「本人確認書類」と「支払いに使うキャッシュカードもしくはクレジットカード」となります。手続きをスムーズに進めるためにも事前に用意しておきたいですね。

手順1.auでMNP予約番号を発行する

MNPとは、電話番号を変えずに他社に乗り換えることです。MNP予約番号とは、電話番号そのままで乗り換えるために必要な番号となっています。

auからドコモに乗り換えるには、まずauでMNP予約番号を発行します。MNP予約番号は、電話・店頭・WEBどこからでも発行可能です。

おすすめは、手間も時間もかからない電話での発行になります。午前9:00~午後8:00の間に「0077-75470」に電話をかけましょう。

通話中に引き留めをくらいますが、「家族がみんなドコモで」など、それらしい理由をつければ大丈夫です。

MNPの予約番号は無料で発行できますが、発行してから15日間しか利用できないため気をつけましょう。ちなみにガラケーに限り、EZWeb上から予約番号を発行することも可能です。

手順2.MNP予約番号でドコモに乗り換える

MNP予約番号が準備できたら、ドコモで乗り換え(転入)手続きを行います。店頭でもオンラインショップでも手続きできますが、乗り換えなら断然ドコモオンラインショップがおすすめです。

ドコモオンラインショップなら5分程度で手続きできる上、限定キャンペーン等で店頭よりも安くスマホを購入できる可能性があります。

オンラインショップで乗り換える場合は、機種を選んで「お手続き方法」を「のりかえ(MNP)」を選択します。

後は、画面の案内に従って名前や住所、料金プランを選んでいくだけです。ドコモで審査完了後、端末が届いたら乗り換え完了となります。

ドコモオンラインショップでお得に乗り換え

auからドコモ乗り換え時の注意点

auからドコモに乗り換える時に気を付けたい、注意点をまとめました。乗り換え時の費用を安くする方法もあるので、ぜひ参考にしてください。

auからドコモ乗り換えにかかる費用

乗り換えには回避できない費用も発生します。auではMNPの手数料3,000円、ドコモでは新規手数料3,000円で合計6,000円です。

au側のMNP手数料は予約番号を発行した時でなく、ドコモでの契約手続きが完了した時点で発生します。予約番号の再発行にはお金がかからないので、安心してください。

ドコモオンラインショップでお得に乗り換え

auからドコモに乗り換えるべきタイミング

手数料に関しては回避できませんが、安くできる費用もあります。auで2年契約をしている方は、更新月以外で解約してしまうと解約金10,260円が発生します。

更新月は2年以上経てばいいわけではなく、25ヶ月目を過ぎてしまうと、また2年契約が自動で更新されてしまいます。ドコモ側のキャンペーンで解除料金に相当するものがなかければ、更新月以外での乗り換えは控えましょう。

また、乗り換え手続きをするなら月末がおすすめです。スマホ代の2重支払いを防ぐためです。auは月の途中で解約してもスマホ代が日割り計算されないのです。一方で、ドコモは新規契約月の料金は日割り計算となります。

もし月のはじめ1日に乗り換え手続きをした場合は、2社ともから1ヶ月分の請求がきてしまいます。そうならないためにも、乗り換え手続きは月末に行いましょう。

ドコモオンラインショップでお得に乗り換え

乗り換えで使いたいドコモのキャンペーン

出典:ドコモ

乗り換え時はキャンペーンを賢く使えるかで数万円の差が出る場合もあります。キャンペーンを紹介していくので参考にしてください。

ギガホ割

出典:ドコモ
  • 2019年5月22日(水)~

ドコモの新料金プラン「ギガホ」を契約すると、最大6ヶ月間1000円/月割引されるキャンペーンです。

ドコモの新料金の1つである「ギガホ」は、30GBまでギガが使い放題の人気プランとなっています。

ギガホは通常6,980円/月ですが、ギガホ割を使うと月々5,980円で使うことができます。この価格は、ギガライトで5GB以上使った場合と同じ価格です。

つまり、ギガホ割を適用すると5GB分の月額料金で30GB使うことができるということです。さらに家族でドコモを使うと、「ファミリー割引」で最大1,000円の割引が受けられます。

ギガホ割とファミリー割引を使えば、30GBが4,980円/月で使えるのでかなりお得です。ドコモに乗り換える際は、ギガホにプラン変更してみてはいかがでしょうか。

ドコモオンラインショップでお得に乗り換え

スマホのりかえサポート

ドコモ光 もしくはdカード GOLDに入会し、他社の解約証明書を提出すると10,260円相当のdポイントが進呈されます。

10,260円相当となれば解約金に匹敵するため、更新月以外のタイミングで乗り換えをしても損になりません。もちろん更新月に乗り換えをすれば、そのままお得にdポイントがもらえます。

ドコモオンラインショップでお得に乗り換え

下取りプログラム

「下取りプログラム」は、ドコモに乗り換え時に使っている端末を下取りしてもらうことで、端末購入代金からその分割引が受けられます

最大で79,800円もの割引が受けられるので、ぜひ活用したいですね。画面割品もしっかり査定してもらえるので、画面がわれていても諦めずに下取り査定してもらいましょう。

ドコモオンラインショップでお得に乗り換え

スマホおかえしプログラム

  • 2019年6月1日(土)~

スマホおかえしプログラムは、36回払いの分割払いで購入された対象機種を将来的に返却した場合、その翌々月以降の分割支払金の支払をしなくてもOKになるプログラムです。

支払いが不要になる分割支払金は最大で12回分。36回払いで購入するはずの機種代金を、実質24回分で買えてしまうということですね。

支払いのイメージは以下の画像をご覧ください。

ドコモオンラインショップでお得に乗り換え

はじめてスマホ割

出典:ドコモ
  • 2019年5月22日(水)~

はじめてスマホ割は、ガラケーからスマホに機種変更・乗り換えする方を対象としたキャンペーンです。月額1,000円割引が最大12ヶ月間も続くので、スマホデビューで料金が心配な方にぴったりのキャンペーンとなっています。

ギガホ・ギガライトどちらも割引対象ですが、ギガライトなら月額980円~という破格の値段で運用可能です。機種変更と乗り換えの場合で適用条件が異なるため、詳しい条件はドコモ公式HPで確認しましょう。

ドコモオンラインショップでお得に乗り換え

auとドコモはどっちがお得?

乗り換えを検討している人が一番気にするのが、乗り換えをして本当に安くなるのかということ。まずは、auとドコモの料金プランを見ていきましょう。

auの料金プラン

auの料金プランは、音声通話とデータ通信が1つにまとまっています。現在契約可能なau料金プランは以下の通りです。

  • 新auピタットプランN
  • auフラットプラン7プラスN
  • auフラットプラン20N
  • auフラットプラン25 NetflixパックN
  • auデータMAXプランPro
  • auデータMAXプラン Netflixパック

合計6つの料金プランがあります。2年契約した場合の月額料金と、それぞれの詳しいプラン内容を見ていきましょう。

新auピタットプランN

  • 月額料金:2,980円~5,980円
  • 使った分だけ支払うプラン
月額料金
~1GB 2,980円
~4GB 4,480円
~7GB 5,980円

「新auピタットプランN」は、ギガを使った分だけ支払うプランです。料金は3段階に分かれており、2,980円~5,980円の間で変動します。

「家族割プラス」や「auスマートバリュー」といった割引を併用すると、最も安い場合で1,980円~4,480円で使うことも可能です。

auフラットプラン7プラスN

  • 7GB定額:5,650円

「auフラットプラン7プラス」は、データ容量7GBで月々5,650円の定額プランです。前述の「新auピタットプランN」で7GB使うと5,980円なので、こちらの方が330円/月安いです。

わずかな金額差のように思えますが、2年契約で考えると総額7,920円も安くなります。4GB以上使う方であれば、「auプラットプラン7プラス」がおすすめです。

auフラットプラン20N

  • 20GB定額:6,000円

「auフラットプラン20N」は、データ容量20GBで月々6,000円の定額プランです。前述の「auフラットプラン7プラスN」では7GBで定額5,650円でしたが、こちらは20GBで定額6,000円となっています。

月々たった350円の違いで+13GBも使えるので、ギガ単位で考えるとかなりお得です。7GB前後で通信制限にかかっている方なら、定額20GBにした方がわずかな価格で思う存分ネットを楽しめます。

auフラットプラン25 NetflixパックN

  • 25GB定額:7,150円
  • 「Netflix(ベーシックプラン)」と「auビデオパス」が無料で使える

「auフラットプラン25 NetflixパックN」は、25GBで7,150円/月の定額プランです。名前を見てわかる通り「Netflix」の利用料金が含まれており、「Netflix(ベーシックプラン)」と「auビデオパス」が無料で使えます。

別々に契約するとベーシックプランが800円/月、auビデオパスが562円/月かかるので、通常1,362円/月かかります。映画やドラマの見放題サービスを契約しているなら、「auフラットプラン25 NetflixパックN」でまとめて契約した方が安くなりますね。

auデータMAXプランPro

  • データ無制限:8,980円
  • データ容量使い放題
  • テザリング等は月間20GB以上使うと速度制限

「データMAX」という名前の通り、ギガ使い放題のプランです。ドコモ・ソフトバンクにはデータ容量無制限のプランがないので、auだけの料金プランとなっています。

ただし、使い放題といっても注意点があります。テザリング等で別の端末でギガを使う場合は、月間20GB以上使うと通信制限がかかってしまいます。基本的には契約端末のみ、使い放題と覚えておきましょう。

auデータMAXプラン Netflixパック

  • データ無制限:7,880円
  • データ容量使い放題/無制限
  • テザリング等は月間2GB以上使うと速度制限
  • 「Netflix(ベーシックプラン)」と「auビデオパス」が無料で使える

前述の「auデータMAXプランPro」に「Netflix(ベーシックプラン)」と「auビデオパス」が付いたプランです。月額料金だけで見ると「auデータMAXプランPro」よりも安いのですが、これには理由があります。

テザリング等で別の端末からデータ容量を使う場合は、月間2GB以上使うと通信制限がかかる仕組みになっています。「auデータMAXプランPro」は20GBまでなので、上限が低く設定されている分安くなっているのです。

auの通話料金

家族間通話は無料となっており、通話オプションに加入しなければ30秒の通話ごとに20円がかかるシステムになっています。

家族以外とよく電話するという方は、5分以内の通話が無料になる「通話定額ライト」や国内通話が完全に無料になる「通話定額」などのオプションに加入するべきでしょう。

多種多様なプランが存在し、自分のスマホ使用スタイルに合った料金プランが見つかりやすいのですが、「料金体系がよくわからない」「家族割やauスマートパスで割引できなければ大して安くない」といった評判も出ているようです。

ドコモの料金プラン

出典:ドコモ

ドコモの料金もauの料金プランと同じく、音声通話・データ通信が1つにまとまっています。料金プランの種類は以下の2つです。

  • ギガホ:6,980円
  • ギガライト:2,980~5,980円

ギガホは最大利用データ量30GBで月々6,980円。半年間は「ギガホ割」で月額1,000円割引されるので、月々5,980円までお得になります。

auと比べると、「auデータMAXプラン」はデータ容量の上限がない代わりに月額の料金は8,980円とかなり高額です。

ギガホは割引なしで月々6,980円となっているので、ドコモの方が2,000円お得という結果に。7GBのデータ容量では少ないけど何十ギガも使わない方は、ドコモのギガホがおすすめとなっています。

一方ギガライトは、新auピタットプランと同様使ったデータ量によって段階的に料金が変動するプランです。新auピタットプランと比較してギガライトが優れているのは、料金の変動段階(=STEP)がより細かく分かれていること。

新auピタットプランが「~1GB」「~4GB」「~7GB」の3つの段階に対し、ギガライトは「~1GB」「~3GB」「~5GB」「~7GB」の4つの段階に分かれています。

例えば月のデータ使用料が3GBだった場合、新auピタットプランであれば4,480円かかるところ、ギガライトであれば3,980円。ドコモの方が約1,000円ほどお得となります。

ドコモの方が、より自分が使った分に応じた料金を支払えるようなシステムになっています。通話プランに関しては、auと同じく家族間通話は無料となっています。

通話料金も30秒20円、通話オプションも国内通話無料の「かけ放題オプション」と5分以内の国内通話が無料になる「5分通話無料オプション」が選択できます。

ドコモオンラインショップでお得に乗り換え

【結論】安く使いたいならドコモがお得

ドコモとauの料金プランを見てきましたが、2社の料金設定は非常に似ています。auはバラエティ豊かな料金プランを用意している一方、ドコモは「ギガホ」と「ギガライト」の2種類のみ。

ただし、料金面やコストパフォーマンス面を見るのであればドコモの料金プランの方が優秀であるといえます。

Netflixなどのオプションに惹かれるのであればauの料金プランの方が良いかもしれませんが、特にこだわりがないのであればドコモに乗り換えるのがお得といえるでしょう。

ドコモオンラインショップでお得に乗り換え

ドコモ乗り換えは断然オンラインショップがお得

ドコモとの契約は店舗とオンラインショップで行えますが、断然オンラインショップがお得です。ドコモオンラインショップでのメリットを紹介していくので参考にしてください。

いつでもどこでも手続き可能

店舗で契約するとなれば、店舗が開いている時間にわざわざ行かなければなりません。仕事が忙しい人にとっては、仕事終わりに時間を作って向かうのは大変ですし、休日に時間を作るのも面倒です。

オンラインショップであれば24時間手続きが可能なので、仕事終わりの遅い時間でもゆっくり手続きを行うことができます。

ドコモオンラインショップでお得に乗り換え

待ち時間がない

大きい店舗になればなるほど、混雑が予想されるため、待ち時間も長くなります。

特に休日は人が多いので、数時間待たされることも珍しくありません。せっかくの休日をドコモショップで過ごすのは避けたいですね。オンラインショップであれば待ち時間も発生しないため、スムーズな手続きが可能です。

ドコモオンラインショップでお得に乗り換え

オンラインショップ限定の特典がある

乗り換えの際にオンラインショップで端末を購入するだけで、割引が受けられるキャンペーンがあります。

常に行っているものもあれば期間限定で行っているものあるので、乗り換えの際にキャンペーンが利用できないか確認してみましょう。

ドコモオンラインショップでお得に乗り換え

在庫が豊富

乗り換えの際に人気機種を希望だと、店舗によっては在庫がない場合もあります。スマホは一度契約すれば最低でも1,2年は使うので妥協はしたくないもの。

オンラインショップはドコモが直接運営しているため、在庫が豊富にあります。お目当ての端末もすぐに手に入るでしょう。

ドコモオンラインショップでお得に乗り換え

auからドコモに乗り換えて携帯料金を節約しよう!

いかがでしょうか。

auとドコモの料金プランの比較や、店舗・オンラインショップでの乗り換えのメリット・デメリットをご紹介しました。

乗り換えの際は、契約期間や契約するタイミングによっても料金が大きく変わってきます。

しっかりと自分の契約プランや契約期間を確認してから乗り換えをしましょう。この秋はau・ドコモでお得に乗り換えてくださね。

ドコモオンラインショップでお得に乗り換え

Y!mobile1,080円~

公開日時 : 2020年02月07日

鈴木光平 ― ライター
鈴木光平 ― ライター

フリーのライター、趣味は料理とダンス。たまに公園で踊ってます。見かけたら声かけてください。喜びます。結婚してからは料理男子。妻の美容と健康のために頑張ったらハワイでモテる身体に近づけてしまいました。