Androidおすすめ

家族のスマホ代を安くしよう|大手キャリアから格安スマホまで

SIMロックの解除が認められて以降、格安スマホが数多く登場しています。また、家族が全員同じキャリアだと月々の料金がお得になる家族割引を設けています。ここでは、大手キャリアから格安スマホまで、月々の料金を安くする方法を解説していきます。
新型ihone12噂 家族のスマホ代を安くしよう|大手キャリアから格安スマホまで
docomo・au・ソフトバンクの大手三大キャリアは、長い期間多くのユーザーから支持されています。

しかし、SIMロックの解除が認められて以降、格安スマホが数多く登場しています。

また、大手キャリアや格安スマホでは、家族が全員同じキャリアだと月々の料金がお得になる家族割引を設けています。

本記事では、大手キャリアから格安スマホまで、月々の料金を安くする方法を解説していきます。

大手キャリアでスマホ代を安くする方法

大手三大キャリアのdocomo・au・ソフトバンクは、格安スマホが登場してもなお人気が高く、多くのユーザーに支持されています。

これら大手三大キャリアは、格安スマホよりも月々の料金が高めですが、以下のような方法で少しでも料金を抑えることができます。

無駄なオプションや有料アプリを削除する

大手三大キャリアのスマホを利用しており、月々の料金を少しでも抑えたい場合は、まずは契約内容を見直すことからスタートします。

具体的には、加入中のオプションを確認し、利用していないオプションは全て解約すると良いでしょう。オプションごとに月々数百円単位と安い料金設定となっていますが、1年分にまとめると1万円近くの節約が実現できることもあります。

自宅はWiFi環境にあるか

近年は、スマホでも簡単にインターネットに接続でき、利用する機会が増えた人も多いのではないでしょうか。

ただ、近年の料金プランでは、月々に利用できる通信量によって料金に差がある場合がほとんどで、通信量に制限がある料金プランでは速度制限がかかるケースもあります。

このような状況を受けて大手三大キャリアでは、自宅からスマホでインターネットに接続する場合、WiFiの利用を推奨しています。

自宅のWiFiが繋がるということは、スマホでインターネットを利用する時に、自宅のインターネット「フレッツ光」などを介して通信することになります。

従って、WiFiを利用することで、自宅でインターネットを使用する通信量に関しては、各料金プランで設定されている通信量が加算されなくなるということになります。

そのため、自宅における通信量の使用分は料金プランとは関係なくなるため、より安い料金プランに変更できます。

家族のスマホと自宅のネットを統一する

大手三大キャリアでは、スマホと自宅のインターネットのキャリアを統一することで、月々の料金がお得になるプランを設けています。

例えば、docomoで統一する場合、家族全員がdocomoのスマホにしてシェアパックを利用すると、家族の誰かが使わなかった無料通話分などが、他の家族に補填されるなど家族全員で無料通話分や通信量をシェアできるのでお得です。

また、自宅のインターネットに関しては、「ドコモ光」に乗り換えてスマホとセットで契約すると、「ドコモ光セット割」などのお得な料金プランを利用できて月々の料金を抑えることができます。

家族割引を使う

大手三大キャリアでは、家族で契約することで、家族間の通話が無料になるなどのお得な割引プランを設けています。

docomoの家族割引

docomoでは、家族で契約した場合に家族間の国内通話が無料になる「ファミリー割引」などのお得な割引サービスを設けています。

このサービスでは、基本料金が25%割引になる「ファミリー割引」に加えて、基本料金が50%割引になる「ファミ割MAX」という大幅割引も実現できます。

さらに、家族間の国内通話が無料になるだけでなく、家族間の国内メールも無料になり、離れて住む家族でも加入できるので安心です。

ただし、かけ放題などの基本プランで契約している場合は、基本料金の割引対象とはならないので注意が必要です。

auの家族割引

auでは、家族で契約した場合に家族間のSMSが無料になる「家族割」などのお得なサービスを設けています。全回線の基本料金が25%割引され、年間割引と併用することで最大50%の割引にも繋がるお得なサービスです。

また、家族間の国内通話に関しては30%割引が適用され、「家族割」と同時に「2年契約」を併用することで、家族間の国内通話が24時間無料になるサービスもあります。

ソフトバンクの家族割引

「家族データシェア」というサービスでは、家族で複数回線を契約した場合に月々500円で親回線のデータ定額サービスを子回線とシェアできます。

この他に「おうち割光セット」は、ソフトバンクのスマホと指定の固定通信サービスを利用して「おうち割」に申し込むと、利用料金から2年間毎月最大2,000円割引されるというお得なサービスとなっています。3年目以降も毎月最大1,008円の割引が適用されます。

家族でMVNOのスマホを購入する

2015年5月以降に発売されたスマホに関しては、SIMロックが解除されているため、ユーザーの選択肢が豊富になりました。

このような状況を受けて、近年では他社の通信回線を利用した格安スマホが数多く登場しています。

なぜMVNOは安いのか

MVNOとは、「Mobile Virtual Network Operator」の頭文字で、自社で通信回線を持たず、大手三大キャリアの通信回線をレンタルして通信サービスを提供する事業者のことをいいます。

近年では、「格安SIM」や「SIMロック解除」という言葉が浸透するに連れてMVNOも増加しており、年々増加傾向にあります。

なぜ大手三大キャリアに比べてMVNOが格安であるかという理由としては、通信環境を整える莫大な初期投資や高額な維持費が生じないことが挙げられます。

さらに、大手三大キャリアと異なりMVNOは、実店舗が少なく主にインターネット上での申し込みであるため、その分店舗の家賃や人件費もかからないことも、格安を実現できる理由の1つとして挙げられます。

なお、MVNOによる月々の料金の相場は1,600~2,500円となっており、端末代金は別となっています。

MVNOのメリット

MVNOは、CMや広告などの影響もあり、徐々に広まりつつあります。また、大手三大キャリアに比べて月々の料金が安い以外にも、以下のようなメリットがあります。

自分に合ったプランにできる

MVNOでは、自分に合ったオプションを付けることができ、オプションの数が少ないほど安くなるという特徴があります。

また、大手三大キャリアと異なり、ほとんどインターネットを利用しない人を対象にした500MBや1GBなどの低容量プランも多いという特徴があります。

大手キャリアより契約に縛られない

ほとんどのMVNOでは、大手三大キャリアと異なり、1年程度利用すればその後の解約や他社へ乗り換えによる違約金は発生しないことが特徴として挙げられます。

また、更新月もないので、1年経過すればいつでも他社へ変えることができることも特徴として挙げられます。

電話番号はそのままで使える

MVNOでは、MNP(ナンバーポータビリティ)によって電話番号を変えることなく乗り換えができることが特徴です。ただし、他社からの転入や転出時には手数料は生じます。

また、MNPをキャリアに依頼してからの期間が15日間かかり、乗り換え先によってはこの猶予期間に5~10日ほどの余裕がないと受け付けてくれない場合があるので注意が必要です。

MVNOのデメリット

MVNOは、大手三大キャリアのように数年間の契約年数に縛られることなく、1年程度の利用で自由に解約や乗り換えができるなどのメリットがありますが、MVNOのキャリア自体が持っているアドレスがなく、今まで使っていた携帯キャリアのメールアドレスも使用できなくなることがデメリットです。

また、MVNOは3GBが主流であるため、使えるデータ容量が少なめなことに加え、通信速度も業者に絞られていることからやや遅いというデメリットもあります。

スマホ代が節約できるMVNOの選び方

MVNOは、大手三大キャリアよりも月々の料金が安いことが最大の特徴ですが、通信速度がやや遅いなどのデメリットもあります。

それではMVNOのキャリアを選ぶ場合、どのような点を意識して選べば良いのでしょうか。

音声通話プランかデータ専用プランで選ぶ

MVNOを選ぶ場合、通話が必要かどうかで音声通話プランかデータ専用プランに使い分けると良いでしょう。

例えば、MVNOをメインのスマホとして使いたい場合は、使い勝手の変わらない「音声通話プラン」を選ぶことで、2回線目のスマホやタブレットだけでなく、通話をアプリの利用で通話料を節約する場合には「データ通信専用プラン」を選ぶと使いやすくなります。

料金は月々のデータ通信量で決まる

多くのMVNOでは、月々の料金はデータ通信量によって決まります。そのため、特定の通信料が決められており、通信量に応じた月々の料金が設定されています。

そのため、自分が月々に使用するGBを予測しながら決めることをおすすめします。

なお、MVNOは大手三大キャリアと異なり、500MBや1GBなどの低容量から使い放題まで幅広い選択肢があります。

通信速度は速いか

MVNOの不満の原因には、通信速度が遅いことが最も多いのが現状です。

しかし、通信速度はMVNOによって異なり、ほとんど同じような月額料金で契約しているにも関わらず、選んだキャリアによってネット環境に違いが発生しています。

例えば、あるMVNOユーザーは快適なネット環境で、別のMVNOユーザーは通信速度が遅くてストレスを感じながら利用しているという現象が起きています。

ネット環境の良さは通信速度が影響するため、MVNOを選ぶ上では通信速度を比較すべきだと言えるでしょう。

家族でスマホ代を安くするのならMVNOに切り替えよう

これまでに大手三大キャリアを使用していた場合、通信速度の遅さなどからMVNOへの切り替えるのを躊躇いがちです。

しかし、MVNOのキャリアによっては通信速度のストレスもなく、月々の料金も抑えることができます。

そのため、月々に使用する通信量や通信速度などを考慮して、自分にあったMVNOを選んで月々のスマホ料金を抑えましょう。

ほかにも、家族で契約するとお得になる契約方法を紹介しているので、ぜひ合わせてご覧ください。

また、子どもにiPhoneを契約することを検討しているが、少しでも安く利用したいと考えている方は、子どもにおすすめのiPhone格安機種からお得な契約方法をまとめましたので、ぜひご参考にしてください。

【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2019年01月02日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!