ワイモバイルの速度は遅い?繋がらない時の対処法・改善方法

ワイモバイルが遅い・繋がらない時の対処法をご紹介します。ワイモバイルの回線にスマホが接続できない時は、今回紹介する改善方法を試してみてください。通信速度が遅くなる主な原因も4つまとめています。また、ワイモバイルの通信速度は遅いのかということを善悪両方の口コミをまとめて比較しています。
BIGLOBEmobile20190724_desc ワイモバイルの速度は遅い?繋がらない時の対処法・改善方法

ソフトバンクのサブブランドとしてサービス力に定評のあるワイモバイル。CMで見かけることも増え、格安SIMのキャリアとして台頭してきています。

ワイモバイルの回線速度については、満足している方もいれば、遅いと思う方もいるようです。

口コミでは、ソフトバンクと大差ないという声があったり、とても遅いという声があったりと、様々な声が聞かれます。

今回は、ワイモバイルがどんな格安SIMなのかということと、回線が遅くなったり、繋がりにくくなったりしたときの対処法をご紹介します。

ワイモバイルってどんな会社?

出典:ワイモバイル

最初に、簡単にワイモバイルがどんな格安SIMなのかについて説明します。

ワイモバイル(Ymobile)は、SoftBankのサブブランドとして格安SIMを提供しているキャリアです。

他の格安SIMキャリアと違うところは、Y!mobile自体はWILLCOMとEMOBILEが前身であり、その独自回線も持っているというところです。

より高品質な通信やサービスを利用したい方や最新機種を追い求めたい方はソフトバンクを、あまり通信品質やサービスにこだわらず、とにかく安く使いたい、という方はYmobileを利用することが多いようです。

ワイモバイルは遅い?口コミをチェック

まずはワイモバイルに関する利用者の声を見てみましょう。

BIGLOBEmobile20190724_incontent

ワイモバイルの悪い口コミ

まず、ワイモバイル回線が悪いという口コミをまとめました。

参考:価格.com

ワイモバイルが遅いという口コミを見ての感想

口コミを見ていると、フリーズしてしまう時があったり、スムーズな時と遅い時があり、速度にばらつきがあるという意見がありました。

やはり安いからというのもありますがどうしても格安SIMである以上、維持費が2倍はかかってくる大手キャリアの通信品質とは当然差が出てきてしまうのは仕方ないことなのかもしれません。

ただ、通信速度が遅くても、料金で選んだので問題はないという方もいるようです。

ワイモバイルの良い口コミ

次に、ワイモバイル回線が良いという口コミをまとめました。

ワイモバイルの良い口コミを見ての感想

口コミを見てみると、特に問題なく使えている方もいました。

中には、ソフトバンクの回線と大差ないという方もいました。また、回線は普通だけど、かなり安いので満足しているという方も多かったです。

料金が以前の半額以下に下がったという方もいました。

ワイモバイルのお申込みはこちら

ワイモバイルが遅くなる原因は?

では、ワイモバイルが遅くなってしまう原因にはどのようなものがあるのでしょうか。今回は、主な原因を4つご紹介します。

1.ソフトバンク(回線元)の通信障害

2018年の12月、ソフトバンクの長時間に渡る通信障害で大きな影響が出たことが記憶に新しいですよね。

筆者もソフトバンクを使っていますが、オフィス内ではWiFiをつないでいるので大丈夫なものの、外に出れば4Gにしても電源入れ直してもずっと圏外、いつも使っているスマホでの支払いができずに困ったものです。

やはり口コミを検索しても「大元がソフトバンクだから迷っている」「また通信障害なんか起こされたら困る」という意見が多く見受けられました。

格安SIMを利用する場合は回線元のキャリアがどこなのかを考えて契約する必要があります。

ただ、通信障害はどこのキャリアであろうと起こる可能性は必ずあるので、一概にどこのキャリアは通信障害を起こさないからよい、起こすから悪い、とは言えません。

ここは通信を使う以上、ある程度仕方のないことなのかもしれません。

ちなみにLINEモバイルはソフトバンクかdocomoを選ぶことができるのですが、docomoを選択する人が多いようです。

2.APN設定ができていない

格安SIMをSIMフリー機で使う場合はAPN(Accuses Point Name)設定が必要になります。それがきちんと行われていないと、通信をすることができなかったりします。

ワイモバイルで購入した機種であれば必要ありませんが、以前使っていた機種をSIMフリー機にして使う場合などには必要になってくる設定です。

APN設定はiPhoneとAndroid機で方法が違いますので、両方のやり方を解説します。

iPhone・AndroidのAPN設定方法

ご利用のiPhoneをWiFiまたはモバイルデータ通信でインターネットに接続し、APN設定用の構成プロファイルをダウンロードしてください。

ダウンロードはこちらから行うことができます。

構成プロファイルをダウンロードし、画面の指示にしたがうと、自動的にAPNが設定されます。もしそれでも繋がらない…という場合は通信の設定を見直してみましょう。

    【iPhoneでの設定方法】
  1. iPhone本体の設定をタップ→モバイル通信→モバイルデータ通信をオンにします
  2. その後通信のオプションを開き、「4Gをオンにする」をタップ
  3. 音声通話とデータを使用する場合は「音声通話とデータ」をタップし、データ通信のみの契約の場合は「データ通信のみ」をタップしてください。
    【Androidでの設定方法】
  1. 「設定」画面で、「その他の設定」を選択する。※こちらは機種によって”その他”の部分が変わります。その機種での本体設定画面を開いてください。
  2. 「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント設定」をタップ
  3. メニュー→「新しいAPN」を選択
  4. 以下の通りに入力する
    【APN設定】
    名前:Y!mobile APN ※
    APN:plus.acs.jp
    ユーザー名:ym
    パスワード:ym
    MCC:440
    MNC:20
    認証タイプ:CHAP
    【MMS設定】
    MMSC:http://mms-s
    MMSプロキシ:andmms.plusacs.ne.jp
    MMSポート:8080
    APNタイプ:default,mms,supl,hipri
  5. 保存をタップ→新しいAPNを選択すれば使えるようになります。

※名前に関しては任意の名前を設定することが可能です。

3.デュアルSIM設定ができてない

最近発売されたスマートフォンの大半はSIMカードを複数枚挿すことができる「デュアルSIM」に対応しています。

利用する場合、スマートフォンのSIMスロット番号にSIMカードを差し込んだ後、そのSIMカードのAPN設定を行う必要があります。APN設定に関しては上記の方法を行ってみてくださいね。

また、機種によってはですがデュアルスタンバイができず、片方のSIMを使っている間はもう1つが使えない、ということもあります。

例えば音声通話は別のキャリア、データ通信のみワイモバイル、などの使い方をしている方にはぜひチェックしていただきたいポイントです。きちんと切り替えの設定ができていないと使えない場合があります。

設定がうまくできない時はサポート店を利用

スマホの修理店のなかには、格安SIMの設定を行ってくれるサービスを提供している会社もあります。

ワイモバイルの設定がうまくいかない・分からなくなってしまった時はサポート店を利用しましょう。

特におすすめなのは、総務省の登録修理業者であるiCracked(アイクラックト)の「iTechサポート」を紹介します。

スマホのお悩みをiCrackedが解決します!
  • APN設定のやり方が分からない。
  • データのバックアップを行いたいが、どうすればよいか分からない。
  • 機種変更をしたのでLINEアカウントやトークの引き継ぎをしたい。

このような相談に関して、iCracked(アイクラックト)の「iTechサポート」ではサポート料金1回税抜3,000円(時間目安:約30分)で引き受けてくれます。

サポートしてくれる内容はスマホ・SNSアプリの初期設定からLINEやトークの引き継ぎ、機種変更時のデータ移行・バックアップまでさまざま。

また、iCrackedはiPhone修理でも高い評判を得ています。液晶やボタンなどに不調が出ている時もiTechサポートでチェックしてもらいましょう。

iCrackedで初期設定を行う!

4.スマホとSIMの周波数(バンド)の相性が悪い

いろいろな周波数に対応しているiPhoneは特に問題はありませんが、格安のスマートフォンでは、基本的に扱える周波数は多くないので、注意が必要です。

日本製は日本のキャリア各社の周波数に合わせてくれていますが、海外製ですと世界規格に合わせて売るため、周波数に対応しておらずに使えない場合があります。

ワイモバイル以外で購入した端末を使う場合は、対応周波数をチェックしてから使うようにしてください。とはいえ格安SIMである以上はある程度遅いのは仕方ないことも。

口コミと共に紹介してきましたが、やはり大手キャリアと値段が違う以上、格安SIMだとお昼時や通勤時間帯、都内で混雑しているところなどはやはり繋がりづらくなったり遅くなることが多いです。

また、SNSやネットでの検索をメインで使う場合はいいかもしれませんが、やはりYoutubeやHuluなどの動画サイトを利用する場合は通信が遅くなったり低画質になってしまうなどで格安SIMは向かない傾向にあります。

自身のスマホの使用用途に沿って、大手キャリアを利用するか格安SIMを選択することが大切です。

ワイモバイルのお申込みはこちら

ワイモバイルの料金

最後にワイモバイルの料金プランをご紹介します。

ワイモバイルでは、「スマホプランS」・「スマホプランM」・「スマホプランL」といった3つのプランを提供しています。契約は基本的に2年更新です。

それぞれのプランでデータ容量に違いがあるものの、10分以内の国内通話が無料になる点は、どのプランでも共通です。表にしてまとめるとこのようになります。

プラン名 容量 1年目料金 2年目料金
スマホプランS 2GB 1980円 2980円
スマホプランM 6GB 2980円 3980円
スマホプランL 14GB 3980円 4980円

その他の格安SIMキャリアよりは少し高い印象がありますが、それでもサービスの充実度を考えたらワイモバイルは優秀といえるでしょう。

また、自宅のネット回線を「SoftBank Air」もしくは「SoftBank光」で申し込むと、さらなる割引も受けられます。

ワイモバイルのお申込みはこちら

さらに詳しい内容は以下の記事でもまとめていますので、ぜひ確認してみてください。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

今回はワイモバイルが遅い、繋がりにくい原因や対処法などについてご紹介しました。遅い・繋がらないという時はぜひ参考にしてみてくださいね。

またワイモバイルは格安SIMキャリアの中でも優秀と言われており、他の格安SIMはダメだったけどワイモバイルは速くて使いやすい!と言われるほど。

ご興味がある方はぜひ、契約を検討してみてくださいね。

ワイモバイルのお申込みはこちら

Y!mobile1,080円~

公開日時 : 2019年08月14日

Remi ― ライター
Remi ― ライター

関連キーワード