ワイモバイル

イオンモバイル評判から見たおすすめできる人|メリット・デメリットとあわせて解説

日本国内では数多くの格安スマホが販売されていますが、その中の1つ、イオンモバイルは大手小売店のイオンが手掛けている注目の格安スマホです。今回はイオンモバイルの特徴だけでなくプランや料金の概要・申し込み方法や手順などにういても紹介します。
ワイモバイル イオンモバイル評判から見たおすすめできる人|メリット・デメリットとあわせて解説

近年、多くの会社から販売されている格安スマホですが、その中でも人気が高いのがイオンモバイルです。

今回は、大手小売店のイオンが販売しているイオンモバイルについて取り上げ、イオンモバイルの特徴や、提供しているプランや料金、使用したことがある人の評判などについて解説します。

また、イオンモバイルはどういった人に向いているのかや、イオンモバイルのメリット・デメリットなどについてもみていきます。

格安スマホの購入・契約を検討している人は、他社のプランと比較する際の参考にしてみましょう。

イオンモバイルの特徴

ここでは、イオンモバイルの格安スマホの特徴と料金システムについて解説します。他社の格安スマホと比較する際には、契約の内容と月額料金などの費用面を比べることが多いと思います。

検討中の人はぜひ下記のイオンモバイルの概要について目を通してみましょう。

全国の店舗で手軽に申し込めるイオンモバイルの格安スマホ

イオンモバイルは、イオンリテール株式会社(イオングループの中核会社)が格安SIM事業としてサービス提供を開始した格安SIM会社です。

全国に多数あるショッピングセンターのイオンに実店舗を構え、足を運びやすくスタッフに気軽に相談できることで人気があります。

イオンモバイルの主な特徴には、次のようなものがあります。

  • 格安スマホ業界最安値水準の月額料金
  • 料金プランが豊富にあり自分に合ったタイプを選びやすい
  • スマホ端末の数と種類がとても多い
  • 全国のイオンやゲオ店舗(一部地域)で申し込みが可能
  • ドコモ回線とau回線の2種類から選べる
  • スマホの無料貸し出しサービスあり
  • イオンモバイル端末のみも購入できる

イオンモバイル・格安スマホの料金プランは3つ

イオンモバイルの格安スマホのプランと料金体系は大きく分けると、「データプラン」「音声プラン」「シェア音声プラン」の3つです。ここでは、3つのそれぞれの内容について説明していきます。

(税込) 音声プラン シェア音声プラン データプラン
500MB 803円 - -
1GB 858円 1,188円 528円
2GB 968円 1,298円 748円
3GB 1,078円 1,408円 858円
4GB 1,188円 1,518円 968円
5GB 1,298円 1,628円 1,078円
6GB 1,408円 1,738円 1,188円
7GB 1,518円 1,848円 1,298円
8GB 1,628円 1,958円 1,408円
9GB 1,738円 2,068円 1,518円
10GB 1,848円 2,178円 1,628円
20GB 1,958円 2,288円 1,738円
30GB 3,058円 3,388円 2,838円
40GB 4,158円 4,488円 3,938円
50GB 5,258円 5,588 円 5,038円

データプラン

イオンモバイルのデータプランはデータ通信機能のみのSIMカードプランです。

データプランの種類は次のように1GB~50GBまでで、月額は528円(税込)~6,138円(税込)です。契約後の最低利用期間はありません。

音声プラン

イオンモバイルの音声プランの種類は次のように500MB~50GBまでで、月額は1,023円(税込)~6,578円(税込)です。データ容量を使いきれなかったときは、1ヵ月間は繰り越しできます。

通話は専用アプリを使用しますが、1秒ずつ料金がカウントされるもの・国内通話が10分以内何度でもかけ放題になる「イオンでんわ10分かけ放題」・国内どこでも電話かけ放題の「050かけ放題」があります。

シェア音声プラン

イオンモバイルのシェア音声プランは、基本の音声通話機能付きのSIMを1回線契約します。必要に応じて、データSIMカードを最大4枚まで追加できるプランです。

シェア音声プランはデータ量が4GB~50GBまでで、月額は1,738円(税込)~6,908円(税込)です。契約後の最低利用期間はありません。

通話は音声プランと同様に、専用アプリを使用しておこないます。

1秒ずつ料金がカウントされるもの・国内通話が10分以内何度でもかけ放題になる「イオンでんわ10分かけ放題」・国内どこでも電話かけ放題の「050かけ放題」があります。

その他にかかる費用

イオンモバイルのスマホは月額料金以外にも、契約時の初期費用や変更時、解約時などにかかるその他の費用があります。以下の一覧表を参考にしてみてください。

  内容 金額(税込)
登録事務手数料 新規契約のときのみかかる 3,300円
SIMカード再発行料 紛失などでSIMカード再発行するときの費用 3,300円
SIMカード変更料 プランを変更するときの費用 3,300円
ユニバーサルサービス料   2.2円 / 月
データSIMのSMS機能料 1枚ごとの料金 154円 / 月
MNP転出料 2021年4月1日以降 0円

なお、プランを変更するときにはいくつかの注意点があります。データプランの容量を変更するときには、公式ホームページのマイページから無料でおこなえます。

しかし、データプランから音声プランへの変更やその逆などのように違うプラン間での変更は、一度解約してから再度新規申し込みの手続きをすることになります。そして、SIMカード発行手数料もかかります。

プランの変更はいずれの場合も、毎月、月末の最終日はプラン変更ができないので注意しましょう。

イオンモバイルのお申込みはこちら

イオンモバイルについての評判

家電やスマホなどを買い替えるときや、新規購入するときには必ず口コミや評判をみる、という人も多いのではないでしょうか。

ここでは、イオンモバイルの速度・料金・サービスの評判について紹介します。

Webで申し込み・イオンモバイル窓口で対面で契約する予定のある場合は、ぜひ参考にしてください。

イオンモバイルの速度についての評判

ここではイオンモバイルの通信速度の速さについての感想や評判についてみていきましょう。

【データ量】
6GBもあればかなり不自由なくやっていけると思います。価格対データ量としては非常に満足です。普段はtwitterやweb、メール確認程度ですがちょっとした動画を見ることもあります。他社と比較して結構料金体系が小刻みでリーズナブルなので、自分の使い方に合わせたプランが見つけやすいです。

【インターネットの速度・つながりやすさ】
田舎ではほぼストレスフリーです。都市部、京都駅構内では少しもたつきましたがストレスを感じるほどではありませんでした。

【手続き・設定の簡単さ】
MNPによる開通まで1時間もかからなかったのは驚き。これはオペレータの方の手際によるところも大きいですが、事前にwebで重要事項説明をきちんと読んでおけば手続きを簡素化できる取組をやっているので、ありがたかったです。APN設定のところはちょっと手こずりましたがなんとかうまくできました。iPhoneは簡単ですが、アンドロイドは少し手入力が必要で、デフォルトで入っているイオンの設定を鵜呑みにしないほうがいいです。細かいところで変更点が反映できていないモデルもあります。私はそうでした。

【サポート】
店頭でのサポートはやはり安心感があります。webはどの会社でもほとんど同じですかね。AIチャットみたいなのを利用することは出来ます。

【総評】
ワイモバイルからの乗り換えでしたがそれでも大幅にコストダウンが図れました。複数回線を検討している方にはイオンモバイルは非常に魅力的だと思います。

引用:https://kakaku.com/mobile_data/sim/report/?si_companycd=67

【データ量】
自分に合ったギガ数を選べる。
普段、WiFiにつないでいるので、LINEや調べものをするなら、1GBもあれば充分。

【インターネットの速度・つながりやすさ】
au回線が遅いという口コミがあったため、docomo回線を選択。
特別速いとは思わないが、遅いとも思わない。
特に問題なし。

【手続き・設定の簡単さ】
プランがシンプルで分かりやすいし、ショップで、変なオプションをすすめられたりしないので、良いと思う。
手続きも、早かった。

【サポート】
サポートセンターに繋がるのが速い。
ひたすら保留メロディが流れる大手キャリアとは全然違う。
また、大手キャリアのショップは対応が遅い上に、店員の態度も悪いが、イオンモバイルはすぐに対応してくれ、店員の対応も良い。

【総評】
月額は約1/4になり、ショップの対応も雲泥の差で、イオンモバイルの方が良い。
もっと早くに乗りかえれば良かったと、少し後悔。

引用:https://kakaku.com/mobile_data/sim/report/?si_companycd=67

イオンモバイルを使ったことがある人の意見として、インターネット速度が速い・遅いという両方の意見がみられます。全体としてみると、速度にはほぼ満足・格安の値段なので満足という声が多くなっています。

また、ドコモ回線とau回線を比較すると、auを使ったときの方が遅かったという感想もありました。

イオンモバイルの料金についての評判

ここでは、イオンモバイルの格安スマホの各プランの料金についての感想や評判をみていきます。

【データ量】
自宅、勤務先にWIFI環境があり、私には1か月500MBで十分です。

【インターネットの速度・つながりやすさ】
繋がりやすいが、昼間jは速度が0.5Mと遅くなります。

【手続き・設定の簡単さ】
イオン店舗で購入しました。

【サポート】
特に困ったことなくサポートに連絡したことなし。

【総評】
1か月で1000円ちょっとは安い。昼間は他の格安SIMは遅いので仕方なし。

引用:https://kakaku.com/mobile_data/sim/report/?si_companycd=67

【データ量】
今はキャンペーン期間中で6Gのプランを選びましたが3カ月後は0.5Gか1Gプランに変えようと思います。
1Gプランは他社でもよくありますが0.5Gプランはイオンモバイルにしかないので月額料金を抑えられる。

【インターネットの速度・つながりやすさ】
日中は1~5Gbpsほど
深夜は15G前後です。
日中でも遅くて困ったことはありません。

【手続き・設定の簡単さ】
店舗で身分証とクレジットカードの提示とプラン選択、プランの説明だけで済んだ。

【サポート】
サポートセンターに一度電話したことがあるけど親切だしフリーダイヤルなのも良い。

【総評】
イオンのデータ専用SIMから音声SIMへ変えました。
データ専用から音声SIMに変えてもデータ容量を減らしたプランに変えれば料金は双方であまり変わらないので、トータルで結構安い維持費で済む。

引用:https://kakaku.com/mobile_data/sim/report/?si_companycd=67

【データ量】
6GBもあればかなり不自由なくやっていけると思います。価格対データ量としては非常に満足です。普段はtwitterやweb、メール確認程度ですがちょっとした動画を見ることもあります。他社と比較して結構料金体系が小刻みでリーズナブルなので、自分の使い方に合わせたプランが見つけやすいです。

【インターネットの速度・つながりやすさ】
田舎ではほぼストレスフリーです。都市部、京都駅構内では少しもたつきましたがストレスを感じるほどではありませんでした。

【手続き・設定の簡単さ】
MNPによる開通まで1時間もかからなかったのは驚き。これはオペレータの方の手際によるところも大きいですが、事前にwebで重要事項説明をきちんと読んでおけば手続きを簡素化できる取組をやっているので、ありがたかったです。APN設定のところはちょっと手こずりましたがなんとかうまくできました。iPhoneは簡単ですが、アンドロイドは少し手入力が必要で、デフォルトで入っているイオンの設定を鵜呑みにしないほうがいいです。細かいところで変更点が反映できていないモデルもあります。私はそうでした。

【サポート】
店頭でのサポートはやはり安心感があります。webはどの会社でもほとんど同じですかね。AIチャットみたいなのを利用することは出来ます。

【総評】
ワイモバイルからの乗り換えでしたがそれでも大幅にコストダウンが図れました。複数回線を検討している方にはイオンモバイルは非常に魅力的だと思います。

引用:https://kakaku.com/mobile_data/sim/report/?si_companycd=67

料金についての口コミで多かったのが、大手キャリアのスマホを使っていたときと比べると月々の料金がかなり安くなったというものです。

また、他社の格安スマホと比較すると、プランが細かくわかれていて良心的だと思うという声や、外出が少なく自宅で使うことが多い場合は特に料金が安くなる、という意見もありました。

イオンモバイルのサービスについての評判

ここでは、イオンモバイルのサービス内容についてもの感想や評判についてみていきましょう。

【データ量】
アマゾン等の通販サイト、ヤフオク、ライン、メール(契約量を使い切っても、メール程度は大丈夫)、数台のスマホでデーターシェアプランが選べる事でしょうか。

【インターネットの速度・つながりやすさ】
通信速度は速いとは言えませんし、何時でも繋がるとも言えないですが、過疎地でも使える事が私には大事です。

【通話】
都心では繋がりはネットは出来ない事も有りますが、まあ通話は殆ど大丈夫なようです。私の場合、地方、特に新潟県の過疎地に行く事が多くて、其処ではauとソフトバンクは全くダメで、ドコモの電波しか繋がらなくてドコモ系回線が使える会社を選びました。イオンモバイルは10分まで定額が有る事と、シェアプランも有るし、お試しの制度が有ってスマホを1週間程貸して貰える為、実際に新潟の現地へ行って使える事を確認出来たので契約しました。

【手続き・設定の簡単さ】
イオンモバイルの場合はイオンに行けば、平日なら疑問点等、教えてくれるし自分で設定出来なくても対応もして貰えるので私的には安心できます。

【サポート】
土日を避ければイオンに行けば不明点等、教えてくれます。対応には満足しています。お願いすれば設定もやってもらえました。

【総評】
サポートも良いし、結構全国的に店舗が有るので、不安は無いです。料金もキャリアを使っていた時よりは遥かに安いし、少し繋がりは悪い事はありますが、其処の処が気にならなければ良いのではないでしょうか。
あとは使える端末がもっと増える事を望みます。

引用:https://kakaku.com/mobile_data/sim/report/?si_companycd=67

【データ量】
4Gのプランですが今のところ十分です。足りなければ、プランを変更するだけなので問題なしです。

【インターネットの速度・つながりやすさ】
屋外でのネットブラウジングは速いとは言えませんが問題ありません。
ios12betaでは、4G通信が出来ないのが残念です。

【通話】
10分以内850円の使用中です。050で1500円でかけホーダイも考慮中です。
音質は良いと思います。
繋がりにくい事はないですね~。

【手続き・設定の簡単さ】
速くて分かりやすいです。
窓口の方も、とても親切な対応でした。

【サポート】
アプリの使い方などチャットで素早く、説明していただきました。

【総評】
通話SIMとデータSIMの3枚、プランです。
iPhoneとiPadに挿して使っています。
とても使いやすくてオススメです。
キャンペーンでSIM発行手数料が1円なので
今のうちに契約されるとお得です。

引用:https://kakaku.com/mobile_data/sim/report/?si_companycd=67

【データ量】
自宅、勤務先にWIFI環境あり自分には十分です。

【インターネットの速度・つながりやすさ】
昼は0.5M前後と遅いが、それ以外はまずまずの速度です。

【手続き・設定の簡単さ】
近所のイオンで契約出来、店員さんがシムを設定してくれました。

【サポート】
特に問題なく相談したことないですが、店舗が近くにあるという安心感はあります。

【総評】
昼間のスピードが遅いのは格安共通のことなので、安さ、店舗ありでお勧めです。

引用:https://kakaku.com/mobile_data/sim/report/?si_companycd=67

格安スマホは一般的に、コスト削減のためにサポートに力を入れていない場合が多いものです。

イオンモバイルのサポートに関しての口コミで多かったのが、イオンの中にある実店舗やWebでも困ったときに相談できるので安心というものです。

また、サポートセンターに電話をしたときに繋がりやすかった・オペレーターの対応も速く丁寧だったという感想もありました。

イオンモバイルのお申込みはこちら

イオンモバイルの評判からわかるメリット・デメリット

ここではイオンモバイルを使用したことのある人たちの評判を元に、メリットとデメリットについてそれぞれ5つずつ取り上げ説明していきます。

契約・購入する前にぜひ押さえておきたいポイントとなりますので、ぜひチェックしておきましょう。

イオンモバイル・格安スマホのメリットは5つ

イオンモバイルの格安スマホのメリットには次のようなものがあります。

  1. 料金プランが豊富で月額料金が業界最安水準
  2. 最低利用期間や途中解約金がない
  3. 自分で高速と低速通信の切り替えができる
  4. 全国のイオン店舗での店頭受付が可能
  5. 取り扱い端末が豊富で価格帯は10,000円からあり、幅広い

多くの格安スマホ会社を同じように、最低利用期間がなく気軽にスタートできる点が魅力といえるでしょう。

イオンモバイル・格安スマホのデメリットは4つ

イオンモバイルの格安スマホを使う際に知っておきたいデメリットは次の通りです。

  1. 解約がWebではできず店頭が電話でおこなう
  2. 開通タイミングは指示された日付で自由に選べない
  3. シェア音声プランは契約名義が同一のときのみ契約できる
  4. 未成年者は契約できない

上記の他にも、Webでの解約ができない点も考慮しておきたいところです。

イオンモバイルのお申込みはこちら

イオンモバイルがおすすめの人とは

イオンモバイルの特徴やメリット・デメリットを知った上で、ここではどのような人に向いているかどうかについて紹介していきます。

主に「コスパがよい格安スマホを希望する人」「格安スマホが初めての人」「スマホの選択肢が多い方がよい人」「今のプランを変更したい人」の4つに当てはまる人におすすめします。

コスパがよい格安スマホを使いたい人

イオンモバイルのSIMカードは、ドコモの回線とau回線の2つから選べます。従来はドコモ回線のみの対応でしたが、2018年3月からau回線も使用可能になり契約時に選べるようになりました。

今までキャリアのドコモ・auのスマホを使っていた人は、そのまま端末を変えずに使うことが可能です。また、イオンモバイルはコスパがよいスマホとしても人気があります。

1GBで月額が1,078円(税込)、専用の通話アプリを使うと通話が半額になるので、かなりお得感があります。

はじめて格安スマホを契約する人

イオンモバイルは、はじめてスマホを使う人や格安スマホを使う人にもおすすめできます。

全国にあるショッピングセンターのイオンの中に実店舗があり、専門のスタッフに相談をしながら最適なプランを選んで申し込みができます。

また、初期設定など初心者が苦手で大変な操作についても、スタッフに相談や設定をお願いすることが可能です。

購入後に対面式やWebでのアフターフォローを希望している人も、気軽に店舗やWebで相談できます。

多数の端末からスマホを選びたい人

イオンモバイルで購入できるスマホやタブレットなどの端末は、とても種類が多いという特徴があります。

日本製のものだけでなく海外製のものも販売していて、端末価格は10,000円台から90,000円台まであり大変幅広くなっています。

購入は一括払い以外に、月々の分割払いも可能です。格安SIMを使うときに、多数の種類の端末から選びたいという人には、イオンモバイルはピッタリだといえるでしょう。

プラン変更を考えている人

格安スマホを使いたいと考えている人の多くは、より自分のデータ使用量に合ったプランを選びたいと思っているものです。

最初に契約したプランのデータ量が多すぎて使いきれずに毎月残ってしまったり、思ったよりも毎月のデータ量がかさむなどのケースがあります。

このような場合、途中でプラン変更が簡単にできるととても便利です。イオンモバイルは、月額料金プランで3タイプ、計29種類のプランから選べて後から変更もできます。

たとえば、ドコモ回線を選択した場合、「低速時の通信制限のあり・なしで分かれるタイプ1」と「タイプ2」のどちらかを選択すると、自分の使用度に合わせたプランにカスタマイズしてスマホを使うことができて便利です。

イオンモバイルのお申込みはこちら

イオンモバイルへの申し込み方法と流れ

イオンモバイルの契約をして端末も購入するための方法について紹介していきます。申し込み方法は全国のイオンの店舗にある窓口で申し込む方法・公式サイトから申し込む方法の2つがあります。

イオン店舗で申し込む

イオンモバイルの実店舗での申し込みは、店舗によりスマホの「即日お渡し店舗」または「後日お渡し店舗」に分かれています。ここではそれぞれの申し込みの流れについて説明します。

イオンの即日お渡し店舗で申込み

  1. 近くの「即日お渡し店舗」に出向き、購入する端末を選ぶ
  2. プランやオプションなどを申込用紙に記入し、本人確認書類(原本)を提示する
  3. その場で商品が渡され、使い方や設定などの説明がある
  4. 契約が完了

イオンの後日お渡し店舗での申し込み

  1. 近くの「後日お渡し店舗」に出向き、自分が購入する端末を選ぶ
  2. 商品パッケージ同梱の申込書に必要事項を記入する
  3. 本人確認書類のコピーと申込書を同封し郵送する
  4. 申込書を投函すると通常で5日~10日後には端末が届く
  5. 初期設定は完了しているため到着後すぐに使える

なお、後日に配送する形の店舗では、SIMタイプ1(NTTドコモ回線)のみ契約可能です。

また、MNP転入する場合は、開通完了してから商品が手元に届くまでの間は古い方のスマホは利用できないので、注意しましょう。

Webから申し込む

イオンモバイルの公式サイトからWebで申し込みするときの流れは次の通りです。

  1. 申し込みで必要な本人確認書類とメールアドレスを手元に準備しておく
  2. 公式サイトのメニュー「新規お申込み」ページから「Webで申込む」を選択する
  3. 購入方法・回線・SIMの種類・端末の種類(端末を購入する場合のみ)を選び「この内容で申込む」ボタンを押下する
  4. イオンスクエアにログインもしくは新規会員登録をした後、端末を購入する
  5. プライバシーポリシー確認し、料金プラン・SIMタイプ・オプションなど選ぶ
  6. 本人確認書類をインターネットでアップロードし、回線契約をする
  7. 契約が完了すると通常で3日~7日後に自宅に端末が届く

イオンモバイルのお申込みはこちら

イオンモバイルの格安スマホは総合的な評価が高い 

今ではすっかりとおなじみとなった格安スマホですが、イオンモバイルの格安スマホは手頃な価格の端末から、高スペックの端末まで豊富なラインナップがあることで人気があります。

実際にイオンモバイルを使ったことがある人の口コミや感想をみてみると、通信速度やアフターサービスについてもほぼ満足しているという内容が多く、総合的にみて評価が高いスマホということがわかります。

また、イオンモバイルは全国的に店舗があるイオングループの店舗の中に窓口があるという点も、評価の高さにつながっています。引っ越しをしても移転先にも実店舗があるという点で心強いと考える人も多くいます。

もし、新たに格安スマホを購入したいと考えているならば、価格・プランの豊富さ・サービスの速さと内容・コスパのよさなどで評価が高いイオンモバイルをぜひ選んでみてはいかがでしょうか。

他の格安SIMを見て検討されたい方に向けて、LINEモバイルの評判や口コミをまとめていますので、あわせてお読みくださいね。

公開日時 : 2020年12月06日

菅野 辰則 ― ライター
菅野 辰則 ― ライター

最新ガジェット、家電、デバイスが大好物。秋葉原、ネットショップでコスパの高い中古端末に目を光らせている。iPhone・iPadを格安SIMとWiMAXで利用中。趣味はダンス、週4日のトレーニングを欠かさない。