Androidおすすめ

ドコモ「ファミリー割引」の割引内容・適用条件まとめ|家族割引で最安運用する方法

ドコモではファミリー割引という特典があり、これを適用させることで、家族回線内でお得な割引が受けられます。割引の適用条件は決められているため、細かく知っておくことが大切です。ここでは、割引の基本内容やメリット・注意点まで紹介します。
新型ihone12噂 ドコモ「ファミリー割引」の割引内容・適用条件まとめ|家族割引で最安運用する方法

スマホをドコモで契約しており、家族もドコモを利用しているなら、ファミリー割引を使うのがおすすめです。ファミリー割引を使うことで、家族回線内でよりお得に利用でき、親回線・子回線それぞれにメリットがあります。

ただし、ファミリー割引の適用には条件があり、一部割引対象外となるケースもあるため注意しなければなりません。今回は、ファミリー割引の内容やメリット、注意点について解説していきます。

ドコモファミリー割引の内容

何がファミリー割引の対象でどの程度安くなるかを知っておくと、よりお得さがわかりやすいでしょう。

1.家族内の国内通話無料

特定のプランに加入している場合は、家族間での通話が無料となります。対象となるプランは以下の通りです。

  • ギガホ
  • ギガライト
  • ケータイプラン
  • キッズケータイプラン
  • カケホーダイプラン
  • シンプルプラン
  • キッズケータイプラス
  • ファミ割MAX50
  • 新いちねん割引
  • ハーティ割引
  • タイプXiにねん

ファミリー割引と上記の料金プランを組み合わせることが、無料通話の条件です。加入するプランは、割引プランと重ね掛けすることで、より基本の料金自体も割引になる場合があってさらにお得でしょう。

ドコモのファミリー割引詳細はこちら

2.基本使用料が月々25%割引

ドコモのファミリー割引では、FOMAの基本使用料が月々25%割引となります。ベーシックプランなら最安で1,500円/月、バリュープランなら最安で700円/月から利用可能です。

基本使用料が最大で3,650円/月も安くなるため、FOMAユーザーはぜひとも活用したい割引となっています。

対象の料金プランは、FOMAの「ベーシックプラン」と「バリュープラン」です。以下の料金プランは割引対象外なので、注意してください。

割引対象外

  • Xiのプラン
  • FOMAの「カケホーダイプラン」「データプラン」「デバイスプラス」

さらに、対象となるベーシックプランやバリュープランでも、ファミリーワイド以上のプランだと、別途以下のプランのいずれかにも加入しておかなければなりません。

  • (新)いちねん割引
  • ひとりでも割50
  • ハーティ割引
  • ファミ割MAX50

条件は細かく決まっているものの、基本使用料が固定で割引されるのは嬉しいポイントでしょう。また、割引を適用した後も、最初からついてくる無料通信がなくならないため、損なく利用できます。

ドコモのファミリー割引詳細はこちら

3.シェアパックに加入できる

家族で利用する場合は、個人では加入できないシェアパックへの加入が可能です。これは月間データ使用量をグループ内でシェアするもので、子回線は月額500円で加入できます。

例えば10GBのプランに加入した場合、父1GB、母1GB、子8GBといった、変則的な使い方も可能です。

それぞれのデータ使用量を把握し、上限を超えないパックに加入することで、お互いに必要な分のデータ通信ができ、かつ全体の料金も安くなるでしょう。

シェアパックは、ファミリー割引適用内ならグループを作って加入できますが、1回線で1グループのみとなっているため注意が必要です。

それぞれ回線が重ならないなら家族全体で複数のグループを作り、それぞれで通信量のシェアは可能です。

ドコモのファミリー割引詳細はこちら

4.家族内のiモードメールが無料

家族内通話だけではなく、家族内のiモードメールも無料で利用できます。iモード同士での利用という条件はありますが、無料で利用できるため、わざわざ別のメールアプリを使う必要もないでしょう。

送受信ともに基本的には無料ですが、センター問い合わせで受信した場合に限り、一部料金が発生することもあります。

センター問い合わせが必要なケースはそれほど多くないため、基本的にはiモードでのやり取りは無料と考えて良いでしょう。

ドコモのファミリー割引詳細はこちら

ドコモファミリー割引の適用対象

家族でお得にファミリー割引を利用するなら、まずは特典の基本的な情報を知っておくことが大切です。

ファミリー割引を適用することで何が変わるのか、また適用条件がどのようなものなのかを知っておかなければなりません。基本情報を正しく知って、自身の使用環境で適用可能かをチェックしておきましょう。

三親等以内の親族が対象

ファミリー割引という名称の通り、適用対象は親族に限られます。友人・知人の回線と組んで適用はできないため注意しましょう。

また、適用範囲となるのは親回線となる契約者から三親等以内です。これは法律で定められた親等とは若干異なる部分があるため、事前に確認しておかなければなりません。

家族間で適用する分には、特に問題はないでしょう。適用範囲が三親等以内と広いため、全員が住居を同一にしている必要はなく、支払いもそれぞれ別で行えます。

ただし、親回線の請求書には、子回線全ての電話番号が記載されることは覚えておきましょう。これは子回線に間違ったものが含まれていないかを確認するためであり、請求金額までは表示されるわけではありません。

詳細な請求書については、回線ごとの確認となり、家族間でも見られる心配はないため安心しましょう。

ドコモのファミリー割引詳細はこちら

対象の料金プラン

ファミリー割引は、FOMAとXiの全ての料金プランが適用対象となります。そのため、基本的にはどちらか一方を使用していて、親族間で回線を組めるなら、ファミリー割引は適用できます。

また、適用対象となる料金プラン以外で、別の料金プランに加入している場合、内容によってはさらにお得な割引が受けられることもあります。

加入している料金プランによって、お得度は大きく変わるため、単に回線を組むだけではなく、プラン詳細までチェックしておくことが大切です。

ドコモのファミリー割引詳細はこちら

2年継続ならファミ割MAX50

それぞれの回線で手続きが必要ですが、2年以上の継続契約なら「ファミ割MAX50」という特典が適用されます。

これは申し込んだその日から、基本使用料が半額になるもので、ファミリー割引でも特にお得な特典と言えるでしょう。

対象はFOMAであり、適用させたい回線ごとに手続きをしなければなりませんが、複数回線で適用することを考えると、全体でかなりのコストダウンが図れます。

即日適用も他の割引とは違った特徴のため、適用対象であるなら、少しでも早く使うのがおすすめでしょう。

ドコモのファミリー割引詳細はこちら

ドコモファミリー割引の注意点

家族間でグループを作り、割引を適用させることでお得に使えることは確かですが、一部注意点があることも忘れてはいけません。

ファミリー割引は割引特典のため、絶対にお得になるとイメージされがちですが、条件次第ではそれほどお得にならない場合もあります。意外と知らない注意点は全部で4つあるため、これらも把握して、上手に割引を利用しましょう。

グループは最大20回線まで

三親等以内の親族なら、回線を組んで割引を適用できますが、1つのグループは最大20回線までとなっているため注意が必要です。

家族が多く、これを超える場合は、また別の人が親回線となり、新たに家族グループを作らなければなりません。

実際の親族だったとしても、所属している家族グループが違うと、通話割引やiモードメールの無料は適用されないため注意が必要です。また、グループ最大20人ではなく、20回線までであることも重要なポイントです。

例えばひとりがスマホとガラケー、タブレットを持っており、それら全てにファミリー割引を適用すると、この時点で3回線と数えられます。

いわば端末の数が20個以内と言えるため、ひとりが複数台契約している場合は、想定している全員がグループ内に収まるか、チェックしておかなければなりません。

無料通話は国内通話のみ

通話料金が30%割引、あるいは条件によっては無料になるのは大きな魅力ですが、これは国内での通話に限られているため注意しなければなりません。

たとえ家族間であっても、海外への電話は通常通りの料金が発生します。海外への通話は、通常以上に料金が高いため、割引が適用されると思って長時間通話をしないよう注意しなければなりません。

関係確認がある

離れた家族でも、三親等以内なら家族回線を組むことは可能ですが、回線を組む際に関係確認をされます。

これは親回線と姓が違い、別住所の場合に確認されます。確認は電話確認か同意書の提出となるため、どちらかで関係性を証明できるよう準備しておきましょう。

本人の同意とドコモによる確認が必要なため、無断で子回線に入れることはできません。子回線を組んでしまうと、自身が親回線になれず、契約内容にも縛りが出てしまう可能性があるため、回線を組む際には本人とよく相談することが大切です。

ドコモのファミリー割引詳細はこちら

ドコモファミリー割引をお得に使おう!

ドコモを家族でお得に使うなら、ファミリー割引がおすすめですが、大部分のメリットはガラケーを使用する際に現れます。

スマホでもメリットがないわけではありませんが、それほど大きくはないため、適用するなら細部の条件までチェックすることが大切です。

よりお得に使うなら、ファミリー割引と、その他プランを併用するのがおすすめです。その他プランとの関係性や割引内容を正しく把握し、ファミリー割引を賢く使いましょう。

ドコモのスマホを契約するならオンラインショップが便利です。キャンペーンも行っているため、ぜひ確認してみてください。

ドコモのファミリー割引詳細はこちら

【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2019年11月04日

おっきー ― ライター
おっきー ― ライター

物心ついた頃からiPhoneがあるスマホネイティブ世代。SNSから最新情報を取得するのが日課。趣味はダンス。