Androidおすすめ

新料金ahamo povo LINEMOの違いを比較!対応機種・サービスからわかったおすすめはこれ

ドコモ・au・ソフトバンクの新ブランドahamo・povo・LINEMOを徹底比較!料金・対応機種・サポートを比較し、結論どれがおすすめかまとめました。ドコモ・au・ソフトバンクから新料金プランへ乗り換えたい方必見です。
UQモバイル 新料金ahamo povo LINEMOの違いを比較!対応機種・サービスからわかったおすすめはこれ

3キャリアから新プランが発表されました。

それぞれのプランを比較して、どのプランを契約するか決めていきましょう。

料金はもちろん、対応機種や通話などのオプションなど細々とした部分に違いがあるので、詳しく解説しました。

ahamo・povo・LINEMOを徹底比較!

3つのサービスを料金、対応機種、申し込みやすさ、通信速度、海外利用、サポートの6つの面で比較します。

各キャリア新サービスと、サブブランド2つの開始時期と先行エントリーの有無は表のとおりです。

先行エントリー 利用開始時期
ドコモ
ahamo
実施中 3月26日(金)
au
povo
実施中 3月23日(火)
ソフトバンク
LINEMO
実施中 3月17日(水)
UQモバイル
くりこしプランS/M/L
なし 2月1日(月)
ワイモバイル
シンプルS/M/L
なし 2月18日(木)

先行エントリーはいずれも開始前日までとなっています。

料金プランを比較

基本月額料金を比較すると以下のような結果となりました。

月額利用料金 無料通話オプション
ahamo 2,970円(税込) 5分間通話かけ放題:無料
povo 2,728円(税込)
LINEMO 2,728円(税込) なし
(LINE通話はデータカウントフリー)
UQモバイル
くりこしプランS/M/L
3GB:1,628円(税込)
15GB:2,728円(税込)
25GB:3,828円(税込)
ワイモバイル
シンプルS/M/L
3GB:2,178円(税込)
15GB:3,278円(税込)
25GB:4,158円(税込)

最も安いのはpovoとLINEMOで月額2,728円(税込)です。

ahamoは月額2,970円(税込)と242円(税込)差があります。ahamoには5分通話かけ放題がついているので、242円(税込)で国内通話5分が無料になると考えてください。

UQモバイルやワイモバイルでは15GBのプランまたは25GBのプランのみです。15GBで契約して、20GB使おうと5GBのデータを追加すると割高になってしまいます。

通話料金を比較

月額基本料金とは別でかかる通話料金を比較します。

通話料金(税込)
ahamo ・5分間通話かけ放題:無料
・通話かけ放題:1,100円/月
povo ・5分間通話かけ放題:550円/月
・通話かけ放題:1,650円/月
LINEMO ・5分間通話かけ放題:550円/月
・通話かけ放題:1,650円/月
LINE通話かけ放題
UQモバイル
くりこしプランS/M/L
・60分/月の通話定額:550円/月
・10分間通話かけ放題:770円/月
・通話かけ放題:1,870円/月
ワイモバイル
シンプルS/M/L
・10分/回の国内通話かけ放題:770円
・24時間国内通話かけ放題:1,870円

電話番号を使った通話をする方は、毎月どれくらいの頻度で何分電話するかによってオプションに入るかどうかを決めましょう。

ahamoは5分の国内通話が無料です。povoとLINEMOの月額料金と242円の差があるため、5分間の通話かけ放題を付けたい場合はahamoが最もお得です。

家族・学生割引を比較

適用可能な割引
ahamo なし
ただし、家族回線としてカウントされる
povo なし
ただし、2021年夏までの契約で家族回線カウントOK
LINEMO なし
UQモバイル
くりこしプランS/M/L
UQ学割
ワイモバイル
シンプルS/M/L
家族割引サービス
または
おうち割光セット

ahamoのみ、ドコモと同じ「ファミリー割引」に加入できます。ahamoの月額料金は割引されませんが、家族が「ギガホプラン」や「ギガライトプラン」を契約していると家族のスマホ代が安くなります。

これはahamoのみで、povoやLINEMOにはない特長です。

家族全員でahamoやpovo、LINEMOに乗り換える場合は、割引サービスによる割引がないのでご注意ください。

その他オプションの料金比較

データ追加にかかる料金と独自の有料オプションを比較・解説します。

データ追加料金(税込)
ahamo 1GB 550円
povo 1GB 550円
24時間データ使い放題 220円
LINEMO 1GB 550円
UQモバイル
くりこしプランS/M/L
100MB 220円
500MB 550円
ワイモバイル
シンプルS/M/L
500MB 550円

3つそれぞれ1GBの追加に550円(税込)かかります。

auは24時間限定でデータ使い放題になるオプションを220円で提供予定です。1日だけ速度制限から逃れたい場合に有効です。

  • 料金の安さなら→ahamo・povo
  • よく電話するなら→ahamo
  • LINE通話を使うなら→LINEMO
  • 家族割引を使うなら→ahamo

対応機種を比較

ahamo、povo、LINEMOで使えるスマホは以下の表のとおりです。

申し込みと同時に専用サイトで購入できるスマホもあわせてご紹介します。

対応機種 販売機種
ahamo iPhone 21機種
Android 72機種
iPhone 11(64/128/25GB)
Xperia 1 Ⅱ
Galaxy S20 5G
povo iPhone 21機種
Android 168機種
(SIMフリー端末含む)
未発表
LINEMO iPhone 19機種
Android 11機種
未発表

対応機種が最も多いのはpovoです。Androidスマホの対応機種がずば抜けて多く、168機種に対応しています。

一方対応機種が最も少ないのはLINEMOで、Androidスマホは11機種しか対応していません。

販売端末が発表されているのはahamoのみで、6月以降ahamoで販売予定です。

ahamo・povo・LINEMOどのサービスも端末販売開始まで少し期間があるので、乗り換え前に端末を購入しておくのがおすすめです。

ahamoならドコモ、povoならau、LINEMOならソフトバンクやLINEMOで端末を購入しておきましょう。

こちらの記事では、ahamo・povo・LINEMOの対応機種一覧とおすすめスマホを解説しています。

  • 対応機種の多さなら→ahamo
\初回限定3ヶ月無料!/

申し込みやすさ・かかる費用を比較

ahamo、povo、LINEMOすべて専用のサイトからのみ申し込みを受け付けています。

各キャリアのオンラインショップや店頭では申し込みできません。乗り換え時に必要な共通のものは以下のとおりです。

  • 本人確認書類
  • 支払いに関する書類(クレジットカードまたは銀行口座のわかるもの)
  • メールアドレス(※)
  • MNP予約番号(他社からの乗り換えの場合)
  • カメラ付き端末

(※)他社からの乗り換えの場合はキャリアメールは使用不可です。

以下、MNP転出料金無料化の各社の対応です。

MNP転出料無料化
ahamo 4月1日から
povo 4月1日から
LINEMO 3月17日から

  • 申し込みやすさ・かかる費用なら→3社とも同じ

通信速度・制限比較

通信速度制限がかかったときの速度を比較します。

3つのサービスはすべて格安SIMのように回線を借りるのではなく、ドコモならドコモの回線を使った通信となるため、安定した速度で利用できます。

速度制限時
通信速度
ドコモ
ahamo
最大1Mbps
au
povo
最大1Mbps
ソフトバンク
LINEMO
最大1Mbps

20GBを超えると通信速度が制限され、最大1Mbpsに変更されます。この点は3プラン内では差がありません。

キャリアにおける速度制限時の通信速度は128kbpsと発表されており、ahamoやpovo、LINEMOの通信制限時の速度の方が速いです。

一般の料金プランと使う回線は変わらないので、安定した通信を使えます。

  • 通信速度・制限時の速度なら→3社とも同じ
スマホ最新料金プラン情報を配信中!
LINE友だち追加

海外利用を比較

海外でSIMカードを入れ替えることなく、そのままキャリア回線でネット通信ができる「国際データローミング」の機能がついているのかを比較します。

海外利用について
ahamo 国際データローミング可能
povo 未発表
LINEMO 国際データローミング可能

ahamoとLINEMOは公式サイトにて「海外ローミング無料で使用可能」の旨が記載してありますが、両者には違いがあります。

ahamoは1ヵ月あたり14日まで追加料金なしで使えるのに対し、LINEMOは通信料金がかかります。

LINEMOは海外ローミングのオプションが無料というだけで、通信する際は別途通信料金がかかると覚えておきましょう。

もし海外でもSIMカードを差し替えることなく利用したい場合は、海外82ヵ国で使えるahamoがおすすめです。

  • 海外でも使いたいなら→ahamo

サポート内容を比較

3つのサービスのサポート対応はオンライン上で行われます。

店舗や電話でのサポートは対応しておらず、ショップに行っても申し込みはできません。

店舗窓口でのサポートがないと不安な方は、3つのサービスの利用をおすすめしません。

  • サポート内容なら→3社とも同じ
\初回限定3ヶ月無料!/
iPhone格安SIM通信アンケート

その他の特徴

キャリアメール テザリング eSIM キャンペーン
ドコモ
ahamo
× 追加料金なしで利用可能 未発表
au
povo
× 追加料金なしで利用可能 対応予定
ソフトバンク
LINEMO
× 追加料金なしで利用可能 対応予定

キャリアメールはどのサービスも使えないため、フリーメールを使うことになります。

テザリングは追加料金なしで利用可能。eSIMはpovoとLINEMOは対応すると発表がありました。

先行エントリーによるキャンペーンをご紹介します。

ahamoのキャンペーン

出典:ドコモ

ahamoのサービス開始は、2021年3月26日です。ドコモでは現在、dポイントがもらえる先行エントリーを受け付けています。

こちらの先行エントリーキャンペーンは2021年2月でエントリー数が100万件に達したと発表されました。

  • エントリー期間:現在~2021年3月25日
  • 契約対象期間:2021年3月26日~2021年5月31日
  • 特典:dポイント(期間・用途限定)3,000ポイントプレゼント

この特典を受け取るためには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 先行エントリー期間中にキャンペーンサイトにて必要事項を記入の上、先行エントリーする
  • 契約対象期間中にahamoを契約する
  • ahamo契約後、契約対象期間中に先行エントリー時に記入した携帯電話番号のSMSまたはメールアドレスに届くキャンペーンサイトにて、必要事項を記入の上dポイント獲得の手続きをする

進呈されるdポイントは、ドコモの端末購入やdマーケット、ローソン等での買い物など様々な用途に利用可能です。利用用途が一部限定されますのでご注意ください。

また、有効期限は進呈から6か月経過後となり、以降は失効して利用できなくなります。

本キャンペーンは、サービス提供開始日の前日までにエントリーする必要があります。ahamoの利用を検討している方は、早めにエントリーしましょう。

以下の記事では、ドコモの家族割引「ファミリー割引」を徹底解説しているので、参考にしてみてください。

ahamoの申し込みはこちら

povoのキャンペーン

povoキャンペーン 出典:povo
  • エントリー期間:2021年2月1日~サービス開始前日
  • 対象契約期間:~2021年5月31日
  • 特典:au PAY残高3,000円をプレゼント

povoの先行エントリー特典はau PAY残高3,000円プレゼントです。

期間中にpovoのエントリーページから必要事項を記入し、事前申し込みしてください。申し込み後、2021年5月31日までにpovoを契約することが条件です。

受け取り方法は事前申し込みページで登録した番号またはメールアドレス宛に連絡されます。

povoの申し込みはこちら

LINEMOのキャンペーン

LINEMO 出典:LINEMO
  • エントリー期間:2021年1月27日~2021年3月16日
  • 対象契約期間:2021年3月17日~2021年5月31日まで
  • 特典:PayPayボーナス3,000円相当プレゼント

LINEMOは、現在先行エントリーキャンペーンを実施しています。PayPayボーナス3,000円相当がもらえるお得なキャンペーンなので、LINEMOの契約を検討している方はエントリーしてみましょう。

特典を受け取るためには、2021年3月16日までに先行エントリーをして、2021年5月31日までにLINEMOを契約する必要があります。

LINEMOの申し込みはこちら

【結論】ahamo povo LINEMOはどれがおすすめ?

3キャリアの新プランahamo povo LINEMOが合っている人は2つの項目に当てはまる方です。

  • 毎月19~22GBデータを使っている
  • 時間や場所よって通信速度が変わると生活に支障が出る

今のスマホ代を安くしたい場合は、まず毎月の使用データ量を確認してください。

もし19~22GBも使っていない方または23GB以上使っている方は、格安SIMや別のキャリアの料金プランが合っています。

また、常に安定した通信環境が必要な方はahamo、povo、LINEMOの契約を考えるべきです。

ahamoがおすすめな人

  • 現在ドコモを契約している
  • 海外でもスマホを使いたい人
  • 携帯電話番号で通話を頻繁にする人

海外ローミングを追加料金なしで利用できること、5分以内の国内通話が無料であることはpovoとLINEMOにはないahamoの特長です。

詳しくは、ahamoのメリット・デメリットを解説した記事をご覧ください。

【ahamo公式】サービス詳細はこちら

povoがおすすめな人

  • au回線を使いたい人
  • 一時的にたくさんの通信量が必要になることがある人
  • 最も安い料金で利用したい人

ahamoと違い通話料金がどんな場合でも22円(税込)/30秒なので、LINE通話などで問題ない方はpovoがおすすめです。

auからpovo乗り換えを検討している方は、povoのメリット・デメリットや評判を解説した記事をご覧ください。

【povo公式】サービス詳細はこちら

LINEMOがおすすめな人

  • ソフトバンク回線を使いたい人
  • LINEをたくさん使う人
  • 最も安い料金で利用したい人

LINEMOはLINE通話とLINEトークがデータ消費としてカウントされないため、毎日たくさんLINEを使う方におすすめです。

LINEが使い放題になるだけでなく、LINEスタンプが無料で使えるといったメリットもあります。

ソフトバンクやワイモバイルから乗り換えたい方は、事前にLINEMOのメリット・デメリットを解説した記事もご一読ください。

【LINEMO公式】サービス詳細はこちら

ahamo povo LINEMOをキャリア内で比較

3つの新しい料金プランを契約すべきか、それとも元あったプランを契約すべきかを明確にしましょう。

料金をそれぞれ比較します。

\初回限定3ヶ月無料!/

ahamoとドコモプランを比較

ahamo ギガホプレミア ギガライト2
基本料金(税込) 20GBで2,970円 60GBで7,205円
~3GBの月は5,555円
~1GBで3,465円
~3GBで4,565円
~5GBで5,665円
~7GBで6,765円
1GBあたりの料金 148.5円 120.0円
~3GBの月は1,851.6円
~1GBで3,465円~
~3GBで1,521.6円~
~5GBで1,133.0円~
~7GBで966.4円~
割引額 割引なし ドコモ光セット割:-1,100円
dカードお支払割:-187円
家族割引(3人以上):-1,100円
ドコモ光セット割:-550円または-1,100円
dカードお支払割:-187円
家族割引(3人以上):-1,100円

通話オプションの金額は入れていません。

ドコモ光を契約していない場合や、一人で契約する場合はahamoの方がおすすめです。

ドコモオンラインショップではahamoの契約ができないため、ドコモオンラインショップで販売されている端末に乗り換えたい場合は、契約前に端末を購入しておきましょう。

以下の記事では、ahamo対応端末・使えない機種一覧を紹介しているので、参考にしてみてください。

povoとUQモバイルとauプランを比較

povo 使い放題MAX4G ピタットプラン 4G LTE UQモバイル
くりこしプラン
基本料金(税込) 20GBで2,728円 データ無制限で7,238円
~3GBの月は5,588円
~1GBで3,465円
1~4GBで5,115円
4~7GBで6,765円
~3GBで1,628円
~15GBで2,728円
~25GBで3,828円
1GBあたりの料金 136.4円
~3GBの月は1,862.7円
~1GBで3,465円~
1~4GBで1,278.8円~
4~7GBで966.4円~
~3GBで542.7円~
~15GBで181.9円
~25GBで153.1円
割引額 割引なし 家族割プラス(3人以上):-1,100円
auスマートバリュー:-1,100円
au PAYカードお支払い割:-110円
家族割プラス(3人以上):-1,100円
auスマートバリュー:なしまたは-1,100円
au PAYカードお支払い割:-110円
UQ学割:-638円または-1,100円

通話オプションの金額は入れていません。

auおすすめのプラン

  • auスマートバリューに加入していない、一人で契約する:povo
  • 家族3人以上で全員25GB以上使う:使い放題MAX
  • 家族3人以上で全員1GB未満しか使わない人:ピタットプラン

auスマートバリューに加入していない場合や、一人で契約する方はpovoがおすすめです。

少量しか使わない場合はUQモバイルの利用も視野に入れましょう。速度は劣りますが、サポート面はpovoよりも優れています。

au新料金プランを徹底比較した記事もありますので、気になる方はぜひご覧ください。

LINEMOとワイモバイルとソフトバンクプランを比較

LINEMO メリハリ無制限 ミニフィットプラン ワイモバイル
シンプルプラン
基本料金(税込) 20GBで2,728円 データ無制限で9,328円
~2GBの月は7,678円
0~1GBで4,378円
~2GBで6,578円
~5GBで8,228円
~3GBで2,178円
~15GBで3,278円
~25GBで4,158円
1GBあたりの料金 136.4.5円
~2GBの月は3,839.0円~
0~1GBで4,378.0円~
~2GBで3,289.0~円
~5GBで1645.6円
~3GBで726.0円~
~15GBで218.5円~
~25GBで166.3円~
割引額 割引なし おうち割光セット:-1,100円
半年おトク割:-1,100円
5G1年間おトクキャンペーン:-1,100円
みんな家族割+(4人以上):-2,200円
おうち割光セット:-1,100円
半年おトク割:-1,100円
家族割引またはおうち光割セット(A):-1,188円
ワイモバ学割:なしまたは-1,100円

通話オプションの金額は入れていません。

ソフトバンクの割引の多くは期間が限定されているため、最初の半年間は安くてもそこから値段が上がるので注意してください。

通信速度の安定度は劣りますが、少量しか使わない場合はワイモバイルの契約を視野に入れましょう。

まとめ

3キャリアの新しい料金プランは、普段から20GB利用する方にぴったりのプランです。

少量しか使っていないけど、キャリアを契約している方は、新料金プランまたは格安SIMへ移行すると毎月の通信費が安くなります。

もう一つのキャリア楽天モバイルも新たに料金プランがスタートします。

楽天モバイル新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」を他社比較していますので、あわせてお読みください。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2021年03月14日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!