[2019年]Wi-Fiタブレットおすすめ7選|安いAndroid・Windowsモデルを厳選

【2019年最新】Wi-Fiモデルのおすすめタブレット7台を厳選ご紹介します。安くて使いやすいコスパ最強タブレットや、タブレットPCとして使える人気モデルをまとめました。iOS・Android・WindowsのおすすめWI-Fiタブレットが知りたい方必見です。
【公式】カシモWiMAX [2019年]Wi-Fiタブレットおすすめ7選|安いAndroid・Windowsモデルを厳選

スマホよりも大きな画面であるタブレットを、ノートパソコンの代わりとして導入を考えている人も多いのではないでしょうか。

しかしタブレット端末は、Wi-Fi専用の機種と、ネット通信がどこでもできるSIMフリーの機種の2つがあります。どちらのほうがいいのかも、悩みがちなポイントです。

そこでこの記事では、Wi-Fiモデルのタブレットにどんなメリットがあるのか、スマートフォンとは一味違うWi-Fiモデルのタブレットの魅力や選ぶポイントを解説していきます。

人気のあるおすすめタブレットも解説しますので、Wi-Fiモデルのタブレットを考えている方は参考にしつつ、自分に合うタブレットを見つけていきましょう。

Wi-Fiタブレットのメリット

まず知りたいのが、導入することで得られるメリットです。大きく分けて、4つのメリットが存在します。

SIMフリーモデルより安い

家電量販店で購入できる、どこでもネット通信が可能のSIMフリーの機種と、Wi-Fiがある場所でのみネット通信が可能のWi-Fi専用タブレットの最大の違いが、費用面です。

SIMフリーに比べると、Wi-Fiモデルのタブレットは初期費用も維持費も安いという特徴があります。

SIMフリー機種の場合は、スマートフォンをもう1つ契約するようなものなので、初期費用で3,000円が必要となり、さらに通信事業者との回線契約が必要になります。

そのため、月々の契約料金もかかるようになり、どこでもネット通信が使える分、費用がかさんでしまいます。その点Wi-Fi専用機は初期費用がかからず、月々の料金もかかりません。

Wi-Fiがなければネット通信はできませんが、例えばネット通信はWi-Fiが使える場所だけにすれば、端末の代金しか費用が掛からない場合もあります。

セルラーモデルより安い

スマートフォンと同じように回線を持ち、タブレット単体で場所を問わずにネットへ接続できるタブレット端末を、セルラーモデルといいます。

このセルラーモデルと比べると、Wi-Fi専用機の端末代金は約1万円ほど安いモデルがほとんどで、初期費用をぐっと抑えることができます。

初期費用をできるだけ抑えたい、ネット環境を利用しないタブレットの使い方がメインになる、という人にとっては嬉しいメリットです。

テザリングでいつでもネットが使える

基本的に、Wi-Fi専用タブレットはWi-Fiがなければインターネットへ接続することはできません。

しかしスマートフォンから電波を飛ばすテザリング機能を活用すれば、タブレットをインターネットに繋ぐことができます

また近年はスマートフォンなどのモバイル回線を、Wi-Fiに変換するモバイルWi-Fiもあります。こちらはモバイル回線を使用する分だけ通信料金こそかかりますが、場所を選ばずにWi-Fiを利用することができます。

スマホのキャリア移動に制限がない

スマートフォンの場合は、携帯会社を乗り換える場合でも「MNP(Mobile Number Portability)」を活用することで、電話番号を変更することなく利用ができます。

ですがセルラーモデルのタブレット端末を購入していた場合、スマートフォンと通信料を共同利用するデータシェアをしているため、乗り換えが難しくなってしまいます。

その点、スマートフォンと同じネット通信を必要としないWi-Fi専用タブレットは、スマートフォンとの連動性を持たせたとしても、スマートフォンを自由にキャリア移動させることができます。

Wi-Fiタブレットを選び方・ポイント

どのような使い方をするのかを決めておくと、数あるWi-Fi専用タブレットの中から、自分に使いやすいものを見つけやすくなります。選ぶときに特に注目したい、4つのポイントを解説します。

パソコンに近い機能性

Wi-Fi専用タブレットは軽くて持ち運びもしやすく、ノートパソコンよりも場所を取らないというメリットがあります。

そのため、外出時にパソコンと同じように使いたい場合は、自分が持つパソコンに近い機能性を持つWi-Fi専用タブレットを選ぶことがポイントになります。

現在、タブレットに搭載されるOSは「iOS」「Android」「Windows」の3つのうちどれかです。

特にWindowsのosをパソコンで使用しているという人は、タブレットも同じくWindowsのものを選ぶことで、よりパソコンに近い使い方ができます。

また普段、Macを利用している人は、Apple社の販売するタブレットであるiPadを選ぶのもいいでしょう。Androidの場合は、数々の特徴を持つタブレットが販売されており、選択肢が非常に豊富なのが魅力です。

どのOSにするか迷った場合は、自分の持っているスマートフォンと同じOSのものを選ぶのがおすすめです。自分がiPhoneを利用していれば、同じ「Apple ID」を設定することで初期設定やアプリの同期を簡単にすることができます。

Android、Windowsの場合も、同じGoogleアカウントを設定するなどして、同期を簡単にできます。

付属機能の充実度

ここでいう付属機能とは、タブレットとしての基本性能以外の、そのタブレットだからこそ持つ機能のことを指します。

特に付属機能が豊富とされるのが、OSがAndroidのタブレットです。たとえば防水機能や高品質なスピーカーなど、豊富な機能がついています。

自分がどのような場所でタブレットを使いたいのか考えていくと、防水機能があったほうが良い人もいるでしょう。映画よりじっくり見るために使いたい場合は、高品質なスピーカーがあればさらに映画を楽しめます。

画面の明るさを自動調節してくれる機能や、ブルーライトをカットしてくれる機能のある機種もあるので、より快適に動画を利用したい人にもおすすめです。

デザイン性の高さ

OSの中でもデザイン性が高いのはiOSの端末で、Apple社ならではのスマートでスタイリッシュなデザインは、使い勝手も良く人気があります。

またiOSはアプリの品質が高く、高機能であることも人気の理由の1つです。せっかく手にもって使うものなので、デザイン性が高いアイテムを選びたいですよね。

ただし注意したいのは、アプリや機能が高性能になると、価格も全体的に高価になるというところです。

デザイン性や好きなカラーを選べる、というような点は重視しないという人なら、デザイン性そのものを比較対象から外してしまうのも選び方の1つの方法です。

使いやすいモニターのサイズ

選び方のポイントとして、OS、付属機能に次いで注目してほしいのがモニターのサイズです。どのような用途で使うのかによって、使いやすいモニターのサイズが異なるためです。

タブレット自体を携帯するのであれば、7~8インチがおすすめです。画面こそ小さいものの、スマートフォンに比べれば2倍近い大きさがあります。

それでいてカバンにもすっぽりと入り、通勤や通学中の電車の中でも邪魔になりません。またサイズに見合った価格になるので、初期費用を抑えることにもつながります。

それなりの画面のサイズを確保したいゲームや読書には、スタンダードサイズの10インチがぴったりです。基本性能がそろっているだけでなく、ノートパソコンよりも小さく軽く、持ち運びにも便利です。

家の中でリラックスしているときに使う場合や、レシピをキッチンで見る時などに、特に重宝します。

もしタブレットに専用のキーパッドを接続して、ノートパソコンのような使い方がしたいのであれば12インチ以上を選ぶようにしましょう。サイズが大きい分、画面が見やすいだけでなく、機能性も十分確保できます。

どのくらいの処理能力が必要かは、求める機能によって異なるので、自分がどこでどのように使うか、しっかり検討することが必要です。

Wi-Fiタブレットおすすめ7選

Wi-Fiタブレットの中から、安い・使いやすいおすすめモデルを厳選してご紹介していきます。

Apple iPad Pro|12.9/11インチ

F発売日:2018年11月7日

タブレットといえば「iPad」という方も多いのではないでしょうか。

iPad Proは、iPadの中で最もハイスペックなモデルです。タブレットながらFace ID(顔認証)に対応しており、最大1TBというPC並の大容量ストレージを備えています。

加えて、iPadシリーズで唯一Apple Pencil(第2世代)に対応している点も魅力です。iPad ProとApple Pencilを使って絵を描くイラストレーターの方もおり、性能には定評があります。

PCの代わりとして仕事や趣味でしっかり使いたい方、大画面のタブレットがほしいという方におすすめです。

Apple iPad Air|10.5インチ

発売日:2019年3月28日

iPad Airは、2019年3月に発売されたiPadの現行最新モデルです。

iPadシリーズの中ではスタンダードなモデルとされていますが、指紋認証対応やストレージ容量等、ハイスペックなタブレットに分類されます。

Apple Pencil(第1世代)とSmart Keyboardに対応しており、拡張性も申し分ありません。iPad Airにササッとメモをとったり、仕事で使う際にキーボードをつけたりと、自分好みの使い方ができます。

スペック・サイズ・価格全てにおいてバランスがとれた理想のタブレットといえるでしょう。

Apple iPad mini|7.9インチ

発売日:2019年3月28日

iPad Air同様、現在発売されているiPadの中で最新の機種です。

機能面はほとんどiPad Airと変わりませんが、7.9インチの小ぶりなサイズとわずか308gの軽量さが特徴となっています。

外出先での使用をメインに考えている場合、タブレットの重さは死活問題です。平均的な重さのタブレットでも、長時間持つと手が疲れてしまうので、軽量であるに越したことはありません。

通勤・通学中にタブレットでの使用を考えているなら、サイズ・重さがちょうどいいiPad miniがおすすめです。

Surface Pro 6|12.3インチ

発売日:2018年10月16日

画面サイズは12.3インチと大きく、メインのPCとして使いたい人におすすめです。

ノートパソコンに搭載されているアプリに対応しており、高い色彩表現性を可能にしています。Microsoft Officeが付属しているので、仕事での使用に困らないのもポイントです。

OSは「Windows 10 Pro」で、CPUは「Core i5」と、タブレットよりパソコンに近い性能をもっています。軽めのノートパソコンや高性能タブレットを探している方にぴったりです。

イラストやデジタル画を描くのに使いたいという場合には、別売りの「Surface ペン」もあわせて活用すると、より自然な書き心地が味わえます。

Surface Go|10インチ

発売日:2018年8月28日

Surface Goは、Surfaceシリーズの廉価モデルとして発売されました。高性能PCという位置づけのSurface Proに対し、価格と機能を両立させたコスパモデルとなっています。

持ち運びしやすい10インチサイズと、自立するキックスタンドつきなのが嬉しいですね。

個人的には、タイピングしやすいキーボードと感度良好なSurfaceペンがSurfaceならではの魅力だと思います。これ1台あればPCいらずなので、価格的にもかなりお得です。

HUAWEI MediaPad T5|10.1インチ

発売日:2018年9月21日

上記でご紹介したモデルよりかなり安いですが、デュアルスピーカー搭載等、性能にこだわったモデルとなっています。

16:10の絶妙なアスペクト比は、映画鑑賞やサイト閲覧がしやすいように設計されています。また、MirroSDを使えば、最大256GBまでメモリの拡張が可能です。

ブルーライトカットやキッズモード等も使えるので、お子さん用として家に置いていくのもいいかもしれませんね。

NEC LAVIE TAB E|10.1インチ

発売日:2018年11月28日

持ち運びをしたいという人にとって便利な、7インチのコンパクトサイズです。

こちらもどの位置からでも見やすいIPS液晶が採用されており、ソファで2人で並んでみる時にも便利です。駆動時間はWeb閲覧なら10時間、動画視聴なら最大8時間と長時間の使用が可能です。

メモリは2GB で、内部ストレージは約16GBですが、microSDとmicroSDHCメモリーカードに対応しているので、容量を増やしたいときには気軽に使用できます。

OSはAndroidなので、Googleアカウントなどを活用すれば、Androidのスマートフォンとのアプリ同期は簡単に完了できるのもポイントです。

Wi-Fiタブレットと使いたいおすすめWi-Fi

Wi-Fiタブレットを使うには、インターネットと接続する必要があります。

自宅にまだインターネット環境が整っていない方には、WiMAXの契約がおすすめです。光回線を引くという選択肢もありますが、以下の点でWiMAXの方が優れています。

    【WiMAXをおすすめする3つの理由】
  • 光回線よりWiMAXの方が安い
  • WiMAXなら工事不要ですぐネットが使える
  • WiMAXなら外出先でもネットが使える

まず第一に、光回線よりもWiMAXの方が料金が安いです。

光回線の料金相場が大体月4,000円~5,000円前後なのに対し、WiMAXは月2,000円~3,000円前後で使うことができます。光回線もWiMAXも最低2年からの契約が多いため、2年で48,000円、3年で72,000円もの差が出るということです。

さらに、WiMAXなら開通工事をする必要がなく、端末が届いたその日から利用できます。工事費用がない上立会いも不要なので、安く早くネットを使いたいならWiMAXです。

モバイルルーターなら持ち運びもできるため、家でも外でもネットが使い放題なのも嬉しいですね。

外でも使うなら「カシモWiMAX」

出典:カシモWiMAX

WiMAXの中でも特に人気なのが、カシモWiMAXです。

人気の理由は、月額1,380円~という業界最安級の料金設定。1,000円台という格安料金で、思う存分ネットを楽しむことができます。

加えて、最新端末のW06やHOME L02が無料で使えるのも選ばれているポイントです。光回線等は別途ルーター料金がかかってくるので、そういった点でもWiMAXはお得といえます。

業界最安級のカシモWiMAXの料金プランや特徴については、こちらの記事をご覧ください。

【業界最安級】カシモWiMAXを契約する!

家だけで使うなら「ソフトバンクエアー」

ソフトバンクエアー

持ち運びにはポケットWi-Fiが便利ですが、自宅での使用がメインならSoftBank Airがおすすめです。

ソフトバンクエアーは、コンセントに挿すだけでWi-Fi環境が整うホームルーターです。光回線並みの安定した通信速度でありながら、工事不要ですぐネットに接続できます。

最大32台まで同時接続できるので、タブレット・PC・スマホ等、複数端末をつないでも大丈夫です。

光回線の工事や設定が面倒な方、転勤等で引っ越す機会が多い方は、ソフトバンクエアーをはじめてみてはいかがでしょうか。

ソフトバンクエアーのお申込みはこちら

Wi-Fiモデルのタブレットの活用方法

あると便利そうだけど、タブレットの活用方法がいまいち思いつかない、という人向けに、便利な使い方をいくつか挙げてみました。

タブレットを使うからこそのメリットを合わせて解説していきます。

漫画や雑誌などの電子書籍を読む

勉強や読書を趣味としている人も、多いのではないでしょうか。紙の本だとありがちなのが、カバンに入れて持ち歩くと重くてかさばり、大切な本に折り目がついたり、水に濡れて汚れてしまうということです。

その点タブレットは、ダウンロードさえしておけば、オフラインでも書籍を読むことができます。

またカバンに入れてもかさばらず、拡大表示もできて便利です。またWi-Fiさえあれば、いつでも分からない単語や、気になった出来事をピックアップして検索し、より深く知ることができます。

電子書籍は紙の書籍より値段がお得なのも特徴です。何冊も買い込んだり、古本屋で見つからなくて迷うより、電子書籍を活用した方が省スペースできるだけでなく、数十冊分もの情報量を1つの端末で持ち運べます。

料理に使うレシピを見る

料理サイトのレシピを表示させることで、毎日の料理に役立てることができます。

スマートフォンだと細かくて見れなかった部分や、動画が再生できなかったレシピなども、きちんと見ることができるのがポイントです。

このときタブレットを立てかけることのできる、専用のスタンドがあると便利です。動画を見る時もハンズフリーになれるので、専用のスタンドは1つあると重宝します。

ネットゲームをする

最近では、スマートフォンでも画像が綺麗で、細かなところまで描写されたゲームが数多く出ています。

しかしスマートフォンでは小さくてやりにくいゲームも、中には存在します。その点、タブレット端末なら大きく見やすい画面でゲームをプレイすることができます。

大きく見やすい画面なので、小さなお子さんや高年齢層にとっても重宝します。さらにWi-Fiを利用した通信なので、ゲームをすることに伴う通信料を気にする必要もないのがポイントです。

外出時の仕事用PCとして使う

持ち運びが楽なため、外出用のPCとして使うという方法もあります。タブレット用のキーボードも販売されているので、組み合わせることで作業効率をさらにアップできます。

自宅で作業する場合も、デスクトップパソコンに比べると場所を選ばずに使えるので、気分転換をしながら仕事を進めることができます。

外出時にネット環境が必要な場合は、カフェや駅などフリーWi-Fiが使える場所で使用すればOKです。ちょっとした調べもので済みそうなら、スマートフォンを検索端末として使うのもいいでしょう。

ただし、そうしたフリーWi-Fiの場合は、ネット環境として速度や安定性に欠ける場合もあります。通信環境を常に整えた状態で仕事をしたいときは、避けた方が無難です。

Wi-Fiモデルのタブレットを安く手に入れるなら中古もおすすめ

スマホと同様タブレットも毎年、毎シーズン、新しいモデルが次々と発表されています。

趣味や娯楽のためにタブレットを使いたいけど、できるだけ費用を抑えたいという方には中古のWi-Fiモデルのタブレットもおすすめです。

中古スマホやタブレットをメインに扱う『イオシス』は、東京、大阪、名古屋に店舗もある人気サービスの1つですが、実はネットからもタブレットの購入が可能です。

新品ではありませんが、未使用品から商品の状態別に各中古タブレットを販売しています。支払い方法もクレジットカードや銀行振り込み、代引き手数料はもちろん、郵便振込やAmazon Payにも対応しています。

タブレットの総在庫数は3,020台とかなり豊富で、人気のiPadはもちろん、AndroidやWindowsタブレットも取り扱いがあります。

イオシスの中古タブレットを見る

タブレットを使ってネットを気軽に楽しもう

パソコンに比べると直感的に使えるタブレットは、幅広い世代にも扱いやすく、ネットを気軽に楽しめるアイテムといえます。

動画もスマートフォンより大きな画面で見れるので、映画をお風呂で見たい、という願いもかなえられるのが魅力です。

Wi-Fi専用タブレットは、Wi-Fiがある場所でしか通信できないというデメリットこそありますが、工夫することでそれを補うことができます。

自分がどのようにタブレットを使いたいかよく検討して、ネットを今より気軽に楽しめるように環境を整えていきましょう。

【業界最安級】カシモWiMAXを契約する!

光回線/Wi-Fi お申し込み電話相談を受け付け中!

iPhone格安SIM通信では光回線や、Wi-Fiなどインターネットの利用開始やお切替えを検討中のお客様に電話相談を受け付けております。

ソフトバンクの正規代理店DRMの専門オペレータがお客様のご要望に合わせて、ソフトバンク光やソフトバンクAirをご案内させていただきます。

11月30日までの期間中にソフトバンク光・ソフトバンクAirをお申し込みいただくと2,000円相当のWEBギフ券をプレゼントいたします!※フォームでのお申込みでメールアドレスを入力頂き12月末までに開通が確認できた場合

 ソフトバンク光の相談はこちら! 

工事不要でかんたん接続のホームルーター型Wi-Fi

 ソフトバンクエアーの相談はこちら! 

【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2019年08月09日

おっきー ― ライター
おっきー ― ライター

物心ついた頃からiPhoneがあるスマホネイティブ世代。SNSから最新情報を取得するのが日課。趣味はダンス。

関連キーワード