【2022年10月】Androidスマホのおすすめランキング!安い機種はどれ?キャリアとSIMフリーの違いは?

おすすめのAndroidスマホを価格帯別にランキング形式で紹介していきます。また、ゲームアプリやカメラに最適なスマホなど、目的・用途別のおすすめ機種も解説。どのスマホにすべきか迷っている方は、ぜひ参考にしてください。
docomo 【2022年10月】Androidスマホのおすすめランキング!安い機種はどれ?キャリアとSIMフリーの違いは?

選ぶ楽しみがあるスマホですが、様々な機種の中から自分に合ったものを見つけるのは大変です。好きなシリーズを使い続けている方はすぐに決まるかもしれませんが、他のシリーズに替えたいと思う人は悩むでしょう。

そこで今回は、キャリア・格安SIMのおすすめスマホをランキング形式でご紹介します。価格別・条件別にまとめたので、スマホ選びで悩んでいる方は必見です。

\新キャンペーン続々登場!/
UQ

【2022年9月】今月のおすすめAndroidスマホ「AQUOS wish 2」

機種変更したいけど、どのスマホがいいのかわからないという方向けに、編集部が厳選したおすすめの1台を紹介します。

2022年9月のおすすめAndroidスマホは、「AQUOS wish 2」です。

キャンペーンを利用すれば、約5,500円から購入できるという価格の安さはもちろんのこと、日常使いとして十分なスペックを持っています。

「AQUOS wish」のマイナーチェンジモデルとなっており、CPUが大幅に向上したほか、OSもAndroid 12になるなどより使い心地が格段に良くなりました。

とにかく安く高性能なスマホを買いたいという方から、スマホを長く使い続けたいという方まで、満足できる1台です。

Androidスマホおすすめランキング|3万円以下

3万円以下のおすすめAndroidスマホはこちらです。端末名をタップすると、端末の詳細にジャンプします。

おすすめ
スマホ
AQUOS wish 2 arrows We Redmi Note 10T






販売価格※
(税込)
5,500円~ 4,180円~ 5,760円~
画面サイズ 約5.7インチ 約5.7インチ 約6.5インチ
重さ 約162g 約172g 約198g
CPU Snapdragon 695 Snapdragon 480 Snapdragon 480 5G
RAM/ROM 4GB/64GB 4GB/64GB 4GB/64GB
バッテリー 3,730mAh 4,000mAh 5,000mAh
アウト
カメラ
約1,300万画素
約800万画素
約1,310万画素
約190万画素
約5,000万画素
約200万画素
カラー ブルー
コーラル
チャコール
ホワイト
ネイビー
ホワイト
パープル
アジュールブラック
ナイトタイムブルー
レイクブルー

※キャンペーン適用時の販売価格です。

1位:AQUOS wish 2

  • コンパクトで片手持ちしやすい
  • デザインがかわいい
  • バッテリーの持ちがよい
  • Snapdragon 695 5Gで動作が快適

第1位は、AQUOS wish 2です。

AQUOS wish 2は、AQUOS wishのマイナーチェンジモデルで、CPUはSnapdragon 695 5Gを搭載しています。上位モデルのAQUOS Sense6と比較しても、性能に大きな差はありません。

AQUOS wish 2は、5.7インチのコンパクトなディスプレイで片手持ちしやすく、デザインがかわいいのが特徴です。

また、バッテリー容量は3,730mAhと決して大容量ではないものの、省電力な設計のため電池の持ちも良好です。

コンパクトで普段使いに不便しない格安なスマホを探している方に、AQUOS wish 2はおすすめです。

スペックはこちら
機種名 AQUOS wish 2
販売価格(税込) 5,500円~
画面サイズ 約5.7インチ
本体サイズ
(高さ×幅×厚さ)
約147mm×約71mm×約8.9mm
重さ 約162g
CPU Snapdragon 695 5G
RAM 4GB
ROM 64GB
バッテリー 3,730mAh
アウトカメラ 約1,300万画素
インカメラ 約800万画素
防水/防塵 IPX5・IPX7/IP8X
おサイフケータイ
生体認証 指紋
カラー ホワイト
ブルー
チャコール
コーラル
販売価格はこちら

AQUOS wish 2は、ドコモ・ワイモバイルで購入できます。

販売価格※
(税込み)
一括払い 分割払い
ドコモ 5,500円~ 229円×24回
ワイモバイル 5040円~ 210円×24回

※キャンペーン適用時の販売価格です。

ドコモでもワイモバイルでも乗り換えキャンペーンを実施しており、22,000円(税込)の端末を割引で購入できます。

ワイモバイルでは、こちらのキャンペーンを利用すると定価22,80円(税込)のAQUOS wish 2が5,040円(税込)~に割引されます。割引額は契約方法によって異なるので、詳しくは各社オンラインショップをチェックしてみてください。

2位:arrows We

  • アルコール除菌や泡ハンドソープで洗える
  • MIL規格23項目準拠で衝撃に強い

第2位は、arrows Weです。

arrows Weは富士通のエントリーモデルで、CPUはSnapdragon 480 5Gを搭載しています。arrows Weの特徴は、アルコール除菌や泡ハンドソープでの洗浄に対応している点です。

また、MIL規格23項目に準拠しており、衝撃に対する強さも証明されています。スマホを常にきれいな状態に保ちたい方や頑丈なスマホがほしい方に、arrows Weはおすすめです。

arrows Weの詳細はこちら
UQモバイル
公式サイト
au
公式サイト
スペックはこちら
機種名 arrows We
販売価格(税込) 4,180円~
画面サイズ 約5.7インチ
本体サイズ
(高さ×幅×厚さ)
約147mm×約71mm×約9.4mm
重さ 約172g
CPU Snapdragon 480
RAM 4GB
ROM 64GB
バッテリー 4,000mAh
アウトカメラ 広角:約1,310万画素
マクロ:約190万画素
インカメラ 約500万画素
防水/防塵 IPX5・IPX8/IP6X
おサイフケータイ
生体認証 指紋
カラー ネイビー
ホワイト
パープル
販売価格はこちら

arrows Weは、UQモバイル・au・ドコモ・ソフトバンクなどで販売しています。中でもお得に購入できるのは、UQモバイルauです。

販売価格※
(税込)
一括払い 分割払い
UQモバイル 4,180円~ 174円~×23回
(初回のみ178円)
au 4,180円~ 174円~×23回
(初回のみ178円)
ドコモ 22,000円 916円~×24回
ソフトバンク 5,760円~

※キャンペーン適用時の販売価格です。

UQモバイルとauでは、オンラインショップから対象端末を購入すると22,000円(税込)割引になるお得なキャンペーンを実施中です。

arrows Weが4,000円台で購入できるチャンスなので、ぜひこの機会にチェックしてみてください。

arrows Weの詳細はこちら
UQモバイル
公式サイト
au
公式サイト

3位:Redmi Note 10T

  • 最大5,000万画素の高画質カメラ
  • AI機能でプロ並みの撮影を可能に
  • 大容量バッテリー

第3位は、Redmi Note 10Tです。

Redmi Note 10Tは、コスパの良さで知られるXiaomi製です。

特に最大5,000万画素のカメラは低価格とは思えない、ハイクオリティ。自動で最適なピクセルレベルに調整してくれるAI機能が搭載され、誰でも簡単に撮影ができます。

また、バッテリー容量は5,000mAhで充電の心配をすることなく過ごせます。

値段もクオリティも妥協したくない人に、Redmi Note 10Tはおすすめです。

Redmi Note 10Tの詳細はこちら
ソフトバンク
公式サイト
IIJmio
公式サイト
スペックはこちら
機種名 Redmi Note 10T
販売価格(税込) 5,760円~
画面サイズ 約6.5インチ
本体サイズ
(高さ×幅×厚さ)
約163mm×約76mm×約9mm
重さ 約198g
CPU Qualcomm Snapdragon 480 5G
RAM 4GB
ROM 64GB
バッテリー 5,000mAh
アウトカメラ 約5,000万画素
約200万画素
インカメラ 約800万画素
防水/防塵 IPX5・IPX8/IP6X
おサイフケータイ
生体認証 指紋/顔
カラー アジュールブラック
ナイトタイムブルー
レイクブルー
販売価格はこちら

Redmi Note 10Tは、ソフトバンクIIJmioで販売しています。どちらもキャンペーンを利用すると1万円以下で購入できるので、スマホを安く購入したいという方におすすめです。

販売価格※
(税込)
一括払い 分割払い
ソフトバンク 5,760円~
IIJmio 9,980円~ 416円~×24回

※キャンペーン適用時の販売価格です。

よりお得に購入したい場合は、ソフトバンクでオンライン限定のWeb割を利用しましょう。他社からの乗り換えでRedmi Note 10Tを購入すると、21,600円(税込)割引されるので、ぜひチェックしてみてください。

Redmi Note 10Tの詳細はこちら
ソフトバンク
公式サイト
IIJmio
公式サイト

Androidスマホおすすめランキング|3万円~8万円

次に、端末価格が3万円~8万円のおすすめスマホを紹介します。

おすすめ
スマホ
Xperia 10 IV Galaxy A53 5G AQUOS sense6s






販売価格※
(税込)
未定
(予約受付中)
37,835円~ 18,470円~
画面サイズ 約6インチ 約6.5インチ 約6.1インチ
重さ 約161g 約189g 約156g
CPU Snapdragon 695 5G Exynos 1280 Snapdragon 695 5G
RAM/ROM 6GB/128GB 6GB/128GB 4GB/64GB
バッテリー 5,000mAh 5,000mAh 4,570mAh
アウト
カメラ
約1,200万画素
約800万画素
約800万画素
約6,400万画素
約1,200万画素
約500万画素
約500万画素
約4,800万画素
約800万画素
約800万画素
カラー ブラック
ホワイト
ミント
ラベンダー
オーサムブルー
オーサムブラック
オーサムホワイト
ライトカッパー
シルバー
ブラック

※キャンペーン適用時の販売価格です。

1位:Xperia 10 IV

  • 大容量バッテリーと軽さを両立
  • スリムなデザイン
  • 有機ELディスプレイ搭載で没入感のあるディスプレイ

第1位は、Xperia 10 IVです。

Xperia 10 IVは、2022年7月8日に発表されたばかりの新機種となっています。

最大の魅力は大容量バッテリーと軽さを両立している点です。5,000mAhのバッテリーを搭載していますが、重量はなんと約161gという軽さ。

スリムなデザインなので、持ち歩きにピッタリのスマホです。

有機ELディスプレイによって、前機種に比べて映像のコントラスト表現が向上しました。

スリムでバッテリーが大容量のスマホが欲しい方に、Xperia 10 IVはおすすめです。

Xperia 10 IVの詳細はこちら
UQモバイル
公式サイト
au
公式サイト
スペックはこちら
機種名 Xperia 10 IV
販売価格(税込) 未定
(予約受付中)
画面サイズ 約6インチ
本体サイズ
(高さ×幅×厚さ)
約153mm×約67mm×約8.3mm
重さ 約161g
CPU Qualcomm Snapdragon 695 5G
RAM 6GB
ROM 128GB
バッテリー 5,000mAh
アウトカメラ 広角:約1,200万画素
超広角:約800万画素
望遠:約800万画素
インカメラ 約800万画素
防水/防塵 IPX5・IPX8/IP6X
おサイフケータイ
生体認証 指紋
カラー ブラック
ホワイト
ミント
ラベンダー
販売価格はこちら

Xperia 10 IVは、UQモバイル・au・ドコモ・ソフトバンクなどで2022年7月上旬以降発売開始予定です。一部では、現在予約を受け付けています。

販売価格
(税込)
一括払い 分割払い
UQモバイル 未定
(予約受付中)
未定
(予約受付中)
au 未定
(予約受付中)
未定
(予約受付中)
ドコモ 64,152円~ 2,673円×24回
ソフトバンク 未定 未定

Xperia 10 IVをいち早く手に入れたい場合は、早めに予約しておくことをおすすめします。

Xperia 10 IVの詳細はこちら
UQモバイル
公式サイト
au
公式サイト

2位:Galaxy A53 5G

  • 4眼カメラ搭載の高コスパスマホ
  • 5,000mAhの大容量バッテリーで外出先でも安心
  • 臨場感たっぷり!高音質なステレオスピーカー

第2位は、Galaxy A53 5Gです。

Galaxyシリーズのミドルレンジモデルとして登場した「Galaxy A53 5G」は、価格も性能も妥協したくないというコスパ重視の方におすすめです。

5万円台で買えるスマホですが、最大約6,400万画素の高性能な4眼カメラや5,000mAhの大容量バッテリーを搭載しています。性能に関しても申し分ないので、スマホをヘビーに使いたい方でも満足の1台です。

さらに、子どものスマホ利用時にも安心の専用ホーム「Galaxy Kids」を搭載。一時的に子どもがスマホを利用する際でも、電話の誤発信などを防ぎます。

Galaxy A53 5Gの詳細はこちら
UQモバイル
公式サイト
au
公式サイト
スペックはこちら
機種名 Galaxy A53 5G
販売価格(税込) 37,835円~
画面サイズ 約6.5インチ
本体サイズ
(高さ×幅×厚さ)
約159.6mm×約74.8mm×約8.1mm
重さ 約189g
CPU Exynos 1280
RAM 6GB
ROM 128GB
バッテリー 5,000mAh
アウトカメラ 広角:約6,400万画素
超広角:約1,200万画素
マクロ:約500万画素
深度測位:約500万画素
インカメラ 約3,200万画素
防水/防塵 IPX5・IPX8/IP6X
おサイフケータイ
生体認証 顔・指紋
カラー オーサムブルー
オーサムホワイト
オーサムブラック
販売価格はこちら

Galaxy A53 5Gは、UQモバイル・au・ドコモなどで販売しています。中でもお得に購入できるのは、UQモバイルauです。

販売価格※
(税込)
一括払い 分割払い
UQモバイル 37,835円~ 1,576円~×23回
(初回のみ1,587円)
au 37,835円~ 1,576円~×23回
(初回のみ1,587円)
ドコモ 59,400円 2,475円~×24回

※キャンペーン適用時の販売価格です。

UQモバイルとauでは、オンラインショップから対象端末を購入すると22,000円(税込)割引になるお得なキャンペーンを実施中です。

Galaxy A53 5Gを他社よりも安く購入できるチャンスなので、ぜひこの機会にチェックしてみてください。

Galaxy A53 5Gの詳細はこちら
UQモバイル
公式サイト
au
公式サイト
\半年間実質0円!/
LINEMO

3位:AQUOS sense6s

  • 10億色に対応した鮮やかなディスプレイ
  • バッテリーの劣化を抑えるインテリジェントチャージ搭載
  • 暗い場所に強くなったトリプルカメラ

第3位は、AQUOS sense6sです。

AQUOS sense6sは、AQUOSシリーズの人気モデル「AQUOS sense6」と見た目はまったく同じですが、CPU性能が約12%・GPU性能が約50%向上しています。

10億色を表現するIGZO OLEDを搭載しているため、日常使いとしてはもちろん、動画やゲームを手軽に楽しみたい方にもおすすめです。

価格も約4万円とお手頃なので、迷ったらAQUOS sense6sを検討してみてはいかがでしょうか。

AQUOS sense6sの詳細はこちら
UQモバイル
公式サイト
au
公式サイト
スペックはこちら
機種名 AQUOS sense6s
販売価格(税込) 18,470円~
画面サイズ 約6.1インチ
本体サイズ
(高さ×幅×厚さ)
約152mm×約70mm×約7.9mm
重さ 約156g
CPU Snapdragon 695 5G
RAM 4GB
ROM 64GB
バッテリー 4,570mAh
アウトカメラ 広角:約800万画素
標準:約4,800万画素
望遠:約800万画素
インカメラ 約800万画素
防水/防塵 IPX5・IPX8/IP6X
おサイフケータイ
生体認証 顔・指紋
カラー ライトカッパー
シルバー
ブラック
販売価格はこちら

AQUOS sense6sは、UQモバイルauなどで販売しています。どちらもキャンペーンを利用すると1万円台で購入できるので、スマホを安く購入したいという方におすすめです。

販売価格
(税込)
一括払い 分割払い
UQモバイル 18,470円~ 769円×23回
(初回のみ783円)
au 18,470円~ 769円×23回
(初回のみ783円)

コスパを重視する方は、UQモバイルまたはauでAQUOS sense6sの購入を検討してみてください。

AQUOS sense6sの詳細はこちら
UQモバイル
公式サイト
au
公式サイト

Androidスマホおすすめランキング|8万円以上

最後に、端末価格が8万円以上の機種を紹介します。

おすすめ
スマホ
Galaxy S22 Xperia 1 IV Google Pixel 6






販売価格
(税込)
122,012円~ 190,872円~ 82,695円~
画面サイズ 約6.1インチ 6.5インチ 約6.4インチ
重さ 約168g 187g 約207g
CPU Snapdragon 8 Gen 1 Snapdragon 8 Gen 1 Google Tensor
RAM/ROM 8GB/256GB 12GB/256GB 8GB/128GB
バッテリー 3,700mAh 5,000mAh 4,614mAh
アウト
カメラ
約5,000万画素
約1,200万画素
約1,000万画素
約1,220万画素
約1,220万画素
約1,200万画素
約5,000万画素
約1,200万画素
カラー ファントムホワイト
ファントムブラック
ピンクゴールド
ブラック
アイスホワイト
パープル
ストーミーブラック
ソータシーフォーム
カインダコラル

1位:Galaxy S22

  • コンパクトながらハイスペック
  • カメラは最大5000万画像で光学3倍ズームに対応

第1位は、Galaxy S22です。

Galaxy S22は、片手で持てるコンパクトサイズながら、ハイスペックのAndroidスマホです。CPUは最新のSnapdragon 8 Gen1で、性能は向上しつつバッテリーの持ちが改善しています。

リフレッシュレートは120Hzに対応で、画面の表示は非常に滑らかです。また、屋外など明るい場所でも画面が明るく、さらに見やすくなりました。

カメラは最大5000万画素にアップし、光学3倍ズームでの撮影が可能です。Androidでコンパクト・高性能なスマホが希望の方に、Galaxy S22はおすめです。

Galaxy S22の詳細はこちら
ドコモ
公式サイト
au
公式サイト
スペックはこちら
機種名 Galaxy S22
販売価格(税込) 103,030円~
画面サイズ 約6.1インチ
本体サイズ
(高さ×幅×厚さ)
約146mm×約71mm×約7.6mm
重さ 約168g
CPU Snapdragon 8 Gen 1
RAM 8GB
ROM 256GB
バッテリー 3,700mAh
アウトカメラ 広角:約5,000万画素
超広角:約1,200万画素
望遠:約1,000万画素
インカメラ 約1,000万画素
防水/防塵 IPX5・IPX8/IP6X
おサイフケータイ
生体認証 顔・指紋
カラー ファントムホワイト
ファントムブラック
ピンクゴールド
販売価格はこちら

Galaxy S22は、auドコモなどで販売しています。高価なスマホですが、キャンペーンを利用するとお得に購入できます。

販売価格※
(税込)
一括払い 分割払い
au 103,030円~ 4,292円×23回
(初回のみ4,314円)
ドコモ 122,012円~ 5,083円×24回

※キャンペーン適用時の販売価格です。

よりお得に購入したい場合は、auの割引キャンペーンを利用しましょう。乗り換えで購入すると22,000円(税込)割引されるので、Galaxy S22を安く手に入れられます。

Galaxy S22の詳細はこちら
ドコモ
公式サイト
au
公式サイト

2位:Xperia 1 IV

  • クリエイターの可能性を広げるハイレベルモデル
  • 本格的な光学ズームに対応
  • ソニーの技術が集結したサウンド

第2位は、Xperia 1 IVです。

Xperia 1 IVは、2022年6月3日に発売されたソニーの新機種。

テクノロジーでクリエイターの可能性を広げるというコンセプトの通り、これ1台で創作活動が可能になります。

本格的な光学ズームにより、きれいなままディティールまで撮影が可能になりました。

ヘッドホンやスピーカーなどの視聴環境に問わず、ソニーの技術が集結したサウンドを楽しめます。

クリエイティブに使えるスマホが欲しい人に、Xperia 1 IVはおすすめです。

Xperia 1 IVの詳細はこちら
au
公式サイト
スペックはこちら
機種名 Xperia 1 IV
販売価格(税込) 190,872円~
画面サイズ 6.5インチ
本体サイズ
(高さ×幅×厚さ)
165mm×71mm×9.7mm
重さ 187g
CPU Qualcomm Snapdragon 8 Gen 1
RAM 12GB
ROM 256GB
バッテリー 5,000mAh
アウトカメラ 広角:約1,220万画素
超広角:約1,220万画素
望遠:約1,200万画素
インカメラ 約1,200万画素
防水/防塵 IPX5・IPX8/IP6X
生体認証 指紋
カラー ブラック
アイスホワイト
パープル
販売価格はこちら

Xperia 1 IVは、auソフトバンクドコモなどで販売しています。高価なスマホですが、キャンペーン等を利用するとお得に購入できます。

販売価格※
(税込)
一括払い 分割払い
au 170,930円~ 7,122円×23回
(初回のみ7,124円)
ソフトバンク 177,840円~ 7,419円×24回
ドコモ 190,872円~ 7,953円×24回

※キャンペーン適用時の販売価格です。

よりお得に購入したい場合は、auの割引キャンペーンを利用しましょう。乗り換えで購入すると22,000円(税込)割引されるので、Xperia 1 IVを安く購入したい方におすすめです。

Xperia 1 IVの詳細はこちら
au
公式サイト

3位:Google Pixel 6

  • Google独自のCPU「Google Tensor」によりスムーズな動作
  • 5000万画素の高性能なデュアルカメラ
  • 価格が安い

第3位は、Google Pixel 6です。

Pixel 6には、Googleが自社で開発したCPU「Google Tensor」が採用されています。Pixelスマホに最適化されたCPUなので、動作は非常にスムーズです。

カメラも、5,000万画素のデュアルカメラを搭載するなど、高性能になりました。センサーサイズは1/1.3インチに大型化し、きれいなボケ味のある写真の撮影が可能です。

また、写真だけでなく動画撮影時の手ぶれ補正も強化されているので、きれいな動画が撮れます。

Pixel 6の最大のメリットは、価格が安い点です。他のフラッグシップスマホの価格は10万円超えなのに対し、Pixel 6は8万円台で購入できます。

コスパの高いハイスペックスマホを希望する方に、Pixel 6はおすすめです。

Google Pixel 6の詳細はこちら
au
公式サイト
スペックはこちら
機種名 Xperia 1 IV
販売価格(税込) 190,872円~
画面サイズ 6.5インチ
本体サイズ
(高さ×幅×厚さ)
165mm×71mm×9.7mm
重さ 187g
CPU Qualcomm Snapdragon 8 Gen 1
RAM 12GB
ROM 256GB
バッテリー 5,000mAh
アウトカメラ 広角:約1,220万画素
超広角:約1,220万画素
望遠:約1,200万画素
インカメラ 約1,200万画素
防水/防塵 IPX5・IPX8/IP6X
生体認証 指紋
カラー ブラック
アイスホワイト
パープル
販売価格はこちら

Google Pixel 6は、auソフトバンクなどで販売しています。高価なスマホですが、キャンペーン等を利用するとお得に購入できます。

販売価格※
(税込)
一括払い 分割払い
au 60,695円~ 2,528円×23回
(初回のみ2,551円)
ソフトバンク 64,080円~ 2,670円×24回

※キャンペーン適用時の販売価格です。

よりお得に購入したい場合は、auの割引キャンペーンがおすすめです。乗り換えで購入すると22,000円(税込)割引されるので、Google Pixel 6を安く購入できます。

Google Pixel 6の詳細はこちら
au
公式サイト

【用途別】Androidスマホのおすすめはこれ!

ここからは用途別におすすめ機種をご紹介します。価格ではなく、用途に適したスマホを選びたい方はこちらを参考にしてください。

ゲームアプリを楽しみたいなら「Galaxy S22 Ultra」

  • Sペン内蔵の新デザイン
  • Galaxy史上最速のチップでスムーズな操作性を実現
  • 120Hz対応のリフレッシュレートでなめらかなスクロール

ゲームアプリを快適に楽しみたいなら、Galaxy S22 Ultraがおすすめです。

Galaxy S22 Ultraは、Galaxy Sシリーズ史上初のSペンが本体に内蔵できる新デザインを採用しています。スマホへのメモはもちろん、スケッチやペンを使っての操作も簡単です。

さらに、Galaxy史上最速のチップ「4nmチップ」の搭載により、ゲームプレイにおいてスムーズな操作性と圧倒的な画力を実現しています。

また、120Hz対応のリフレッシュレートを搭載していることも魅力的なポイント。画面の表示内容に合わせて表示が最適化され、なめらかにスクロールできます。

Galaxy S22 Ultraの詳細はこちら
ドコモ
公式サイト
機種名 Galaxy S22 Ultra
販売価格(税込) 178,244円~
画面サイズ 6.6インチ
本体サイズ
(高さ×幅×厚さ)
約77mm×約163mm×約8.9mm
重さ 約229g
CPU Qualcomm Snapdragon 8 Gen 1
RAM 12GB
ROM 256GB
アウトカメラ 約4,720万画素
約190万画素
望遠:約1,200万画素
インカメラ 約1,260万画素
防水/防塵 IPX5・IPX8/IP6X
生体認証 指紋/顔
カラー ブラック
シルバー

カメラ性能にこだわるなら「AQUOS R7」

  • 新開発のセンサー搭載
  • AF速度や焦点の向上
  • カメラアプリ等のUI改善

カメラ性能にこだわりたいならAQUOS R7がおすすめです。

AQUOS R7は、2022年7月15に発売されたばかりの新機種です。

前モデルでも話題になった1インチセンサーカメラは、今機種のために改良が加えられ新たに開発されました。

ユーザーの声に答えて、オートフォーカス速度や焦点が大幅に改善されました。

また、カメラアプリ等のUIが改善され、さらに使い勝手のよいものになっています。

AQUOS R7の詳細はこちら
ドコモ
公式サイト
機種名 AQUOS R7
販売価格(税込) 114,840円(税込)~
画面サイズ 6.6インチ
本体サイズ
(高さ×幅×厚さ)
約161mm×約77mm×約9.3mm
重さ 約208g
CPU Qualcomm Snapdragon 8 Gen 1
RAM 12GB
ROM 256GB
アウトカメラ 約4,720万画素
約190万画素
望遠:約1,200万画素
インカメラ 約1,260万画素
防水/防塵 IPX5・IPX8/IP6X
生体認証 指紋/顔
カラー ブラック
シルバー

安いスマホが欲しいなら「OPPO A73」

  • 1万円台から購入できる格安スマホ
  • あらゆるシーンで活躍する4眼カメラ
  • レザーの質感を目指した高級感のあるデザイン

とにかく安いスマホが欲しいなら、OPPO A73がおすすめです。

OPPO A73の販売価格は、なんと1万円台。しかし、安いからと言って性能が劣っているわけではありません。

eSIM対応・超広角レンズを含む4眼カメラ・急速充電対応バッテリーなど、魅力的な機能を多数搭載しています。さらに、約6.4インチの有機ELディスプレイを搭載しているので、動画視聴を楽しみたい方にもおすすめです。

本体デザインはレザーの質感を採用しているため、1万円台とは思えない高級感のあるスマホとなっています。

OPPO A73の詳細はこちら
楽天モバイル
公式サイト
機種名 OPPO A73
販売価格(税込) 15,001円~
画面サイズ 約6.44インチ
本体サイズ
(高さ×幅×厚さ)
約159.8mm×約72.9mm×約7.45mm
重さ 約162g
CPU Qualcomm Snapdragon 8 Gen 1
RAM 4GB
ROM 64GB
アウトカメラ メイン:約1,600万画素
超広角:約800万画素
モノクロ:約200万画素
ポートレート:約200万画素
インカメラ 約1,600万画素
防水/防塵
生体認証 指紋/顔
カラー ネービーブルー
ダイナミックオレンジ

シニア向けのスマホなら「かんたんスマホ2+」

  • 電話・メールはボタン操作で安心
  • よく使う連絡先をホーム画面に登録できる
  • 押し間違いを防ぐ大きな文字

シニア向けのスマホを探しているなら、かんたんスマホ2+がおすすめです。

かんたんスマホ2+には、ケータイと同じ感覚で使えるボタンが搭載されています。電話に出るときやメールを確認するときはボタンで操作できるので、スマホの操作に慣れていない方でも安心です。

また、よく電話・メールをする相手の連絡先を4件までホームボタンに登録できます。ワンタップですぐに連絡ができるので、誰でも使いやすいスマホです。

その他にも、無料電話相談や迷惑電話対策機能など、スマホを安心して使える便利な機能を多数搭載しています。ご家族にスマホをプレゼントしたい方や初めてスマホを使うシニアの方は、ぜひチェックしてみてください。

かんたんスマホ2+の詳細はこちら
ワイモバイル
公式サイト
機種名 かんたんスマホ2+
販売価格(税込) 36,720円
画面サイズ 約5.6インチ
本体サイズ
(高さ×幅×厚さ)
約159mm×約71mm×約8.9mm
重さ 約151g
CPU MT6761
RAM 3GB
ROM 32GB
アウトカメラ 約1,300万画素
インカメラ 約500万画素
防水/防塵 IP5・IPX8/IP6X
生体認証
カラー ホワイト
ローズ
ブルー

コンパクトなスマホが欲しいなら「Rakuten Hand 5G」

  • 片手操作しやすいコンパクト&スリムなボディ
  • 多彩な機能を搭載する高品質なカメラ
  • 楽天モバイルならではの便利なオリジナル機能

コンパクトなスマホが欲しいなら、Rakuten Hand 5Gがおすすめです。

Rakuten Hand 5Gは楽天モバイルのオリジナルスマホで、スリムかつコンパクトなボディを採用しています。小さな手にもすっぽりと収まるデザインなので、スマホを片手で操作したい方にぴったりです。

また、楽天モバイルならではのオリジナル機能を搭載していることも嬉しいポイント。カメラを起動して商品のバーコードを読み取ると、楽天市場での最安値がすぐにわかります。

コンパクトなスマホですが、便利な機能を多数搭載しているので日常使いしやすい1台です。

Rakuten Hand 5Gの詳細はこちら
楽天モバイル
公式サイト
機種名 Rakuten Hand 5G
販売価格(税込) 29,900円
画面サイズ 約5.1インチ
本体サイズ
(高さ×幅×厚さ)
約138mmx約63mmx約9.5mm
重さ 約134g
CPU Snapdragon 480
RAM 4GB
ROM 128GB
アウトカメラ 約6,400万画
約200万画素
インカメラ 約1,600万画素
防水/防塵 IPX8/IP6X
生体認証 顔・指紋
カラー ホワイト
ブラック
クリムゾンレッド

【2022年最新】おすすめiPhone3選

AndroidスマホとiPhoneどちらにするか悩んでいるという方向けに、最新のおすすめiPhoneを3シリーズ紹介します。いずれも高性能なモデルなので、スマホをヘビーに使いたい方におすすめです。

おすすめiPhone

  • コスパ重視なら → iPhone SE(第3世代)
  • ハイスペックな最新iPhoneを使いたいなら → iPhone 13シリーズ
  • 高性能iPhoneを安く購入したいなら → iPhone 11

iPhone SE(第3世代)

  • 4.7インチのコンパクトボディで高性能
  • Touch ID採用でマスクをしながら利用可能

iPhone SE(第3世代)は、本体サイズこそ第2世代とまったく同じでコンパクトなままですが、スペックは向上しています。

CPUはiPhone 13と同じA15 Bionicを搭載し、動作は非常に滑らかです。また、ストレージも最大で256GBを選べるようになりました。

iPhone SE(第3世代)の前面には、Touch IDを内蔵したホームボタンが搭載されています。Touch IDに指紋を登録しておけば、ホームボタンに触れるだけで画面ロックの解除などが可能です。

マスクをしたままで、iPhoneのすべての操作ができるのは便利だと感じる場面は多いでしょう。

とにかくコンパクトで高性能な、指紋認証もできるスマホがほしい方に、iPhone SE(第3世代)はおすすめです。

機種名 iPhone SE(第3世代)
販売価格(税込) 57,800円~
画面サイズ 4.7インチ
本体サイズ
(高さ×幅×厚さ)
138.4mm×67.3mm×7.3mm
重さ 144g
CPU A15 Bionicチップ
ROM 64GB
128GB
256GB
アウトカメラ 12MP(広角)
インカメラ 7MP
防水/防塵 IP67等級
生体認証 指紋
カラー (PRODUCT)RED
スターライト
ミッドナイト

iPhone 13シリーズ

  • iPhone 13/mini/Pro/Maxの4モデル展開
  • iPhone史上最速のA15 Bionicチップ搭載
  • ゲームアプリも快適に楽しめるハイスペックモデル

iPhone 13シリーズは、2021年に登場したiPhoneの最新モデルです。iPhone 13/mini/Pro/Maxの4モデル展開で、いずれもiPhone史上最速のチップを搭載しています。

高性能であることはもちろん、Proモデルは一眼レフ並みに美しい写真を撮影できるトリプルカメラを搭載しています。カメラ性能にとことんこだわりたい方や、とにかくハイスペックなスマホが欲しいという方におすすめです。

やや高価なスマホですが、各キャリアや一部の格安SIMでは、iPhoneをお得に購入できる端末購入サポートを実施しています。条件によっては最新iPhoneを半額程度で購入できるので、ぜひチェックしてみてください。

機種名 iPhone 13 iPhone 13 mini iPhone 13 Pro iPhone 13 Pro Max
販売価格(税込) 96,470円~ 78,400円~ 122,800円~ 134,800円~
画面サイズ 6.1インチ 5.4インチ 6.1インチ 6.7インチ
本体サイズ
(高さ×幅×厚さ)
146.7mm×71.5mm×7.65mm 131.5mm×64.2mm×7.65mm 146.7mm×71.5mm×7.65mm 160.8mm×78.1mm×7.65mm
重さ 173g 140g 203g 238g
CPU A15 Bionicチップ A15 Bionicチップ A15 Bionicチップ A15 Bionicチップ
ROM 128GB
256GB
512GB
128GB
256GB
512GB
128GB
256GB
512GB
1TB
128GB
256GB
512GB
1TB
アウトカメラ デュアル12MP(広角・超広角) デュアル12MP(広角・超広角) Pro 12MP(望遠・広角・超広角) Pro 12MP(望遠・広角・超広角)
インカメラ 12MP 12MP 12MP 12MP
防水/防塵 IP68等級 IP68等級 IP68等級 IP68等級
生体認証
カラー (PRODUCT)RED
スターライト
ミッドナイト
ブルー
ピンク
グリーン
(PRODUCT)RED
スターライト
ミッドナイト
ブルー
ピンク
グリーン
シエラブルー
グラファイト
ゴールド
シルバー
アルパイングリーン
シエラブルー
グラファイト
ゴールド
シルバー
アルパイングリーン

iPhone 11

  • 高性能&低価格なiPhoneが欲しい方におすすめ
  • 手にフィットする丸みを帯びたデザイン

iPhone 11は2019年に発売された機種なので型落ちモデルではありますが、高性能なチップを搭載しています。そのため、数年先まで現役で十分使えるモデルです。

型落ちモデルなので最新モデルに比べると販売している場所は少ないですが、IIJmioでは中古の美品をお得な価格で販売しています。

安くて低価格なiPhoneが欲しい方は、ぜひこの機会にチェックしてみてください。

iPhone 11の詳細はこちら
IIJmio
公式サイト
機種名 iPhone 11
販売価格(税込) 50,800円~
画面サイズ 6.1インチ
本体サイズ
(高さ×幅×厚さ)
150.9mm×75.7mm×8.3mm
重さ 194g
CPU A13 Bionicチップ
ROM 64GB
128GB
256GB
アウトカメラ デュアル12MP(超広角・広角)
インカメラ 12MP
防水/防塵 IP68等級
生体認証
カラー ブラック
グリーン
イエロー
パープル
(PRODUCT)RED
ホワイト

Androidスマホを安く使うなら格安SIMがおすすめ

購入したAndroidスマホを安く使うなら、月額料金が安い格安SIMへの乗り換えがおすすめです。キャリアのスマホ代が高いと感じている方は、機種変更のタイミングで見直してみてはいかがでしょうか。

ここでは、スマホの取り扱い数が多く、お得な端末割引キャンペーンを実施しているおすすめの格安SIMを3社紹介します。

格安SIM IIJmio UQモバイル ワイモバイル



月額料金※1
(税込)
850円~ 990円~ 990円~
データ容量 2GB~20GB 3GB~25GB 3GB~25GB
使用回線 ドコモ
au
au ソフトバンク
取り扱い端末数※2 36端末 17端末 19端末
端末割引
キャンペーン
※2
最安1,980円~
スマホ大特価セール
オンラインショップでの購入で
最大22,000円割引
人気スマホが
最大36,000円割引
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

※1 音声通話付きSIMの月額料金です。

※2 2022年7月13日時点の情報です。

大手キャリアを利用している場合、格安SIMに乗り換えると3,000~5,000円ほど安くなる場合があります。契約中のプランによっては、1万円以上お得になることも!

スマホを安く利用したい方は、ぜひこの機会におすすめの格安SIMをチェックしてみてください。

IIJmio|取り扱い端末が豊富

  • 取り扱い端末数:36端末
  • 人気スマホが最安1,980円~!スマホ大特価セール
  • ライフスタイルに合わせて選べる格安プラン

「IIJmio」は、格安SIMの中でも取り扱い端末数が多いため、乗り換えと同時に機種変更をしたい方におすすめです。

2022年7月時点の取り扱い端末数は36端末で、コスパ抜群の格安スマホから最新のAndroidスマホまでお得に購入できます。

また、今なら人気スマホが最安1,980円(税込)から購入できるお得なスマホ大特価セールを実施中!スマホをとにかく安く手に入れたいという方は、ぜひチェックしてみてください。

IIJmioの料金プランは、データ容量2GB・4GB・8GB・15GB・20GBから選べます。どの容量も他社と比較してお得な料金設定なので、この機会にスマホ代を見直してみましょう。

▼サービス内容について詳しく知りたい方は、IIJmioの口コミ・評判からわかったメリット・デメリットを解説している以下の記事をあわせてご一読ください。

UQモバイル|初めての格安SIMにおすすめ

  • 取り扱い端末数:17端末
  • オンラインショップから端末購入で最大22,000円(税込)割引
  • 手厚いサポートで格安SIM初心者におすすめ

「UQモバイル」は、auのサブブランドとして運営している格安SIMです。全国に店舗があり、気軽に店舗スタッフに相談ができるので、格安SIMを初めて利用する方に適しています。

また、現在UQモバイルでは、対象端末が最大22,000円(税込)割引になるキャンペーンを実施中!キャンペーンは、オンラインショップで対象機種の購入と同時にくりこしプラン+5Gに加入することが条件です。

また、増量オプションIIに加入することで、さらに割引が増額されます。なお、割引金額は対象端末・契約方法によって異なるので、詳しくは公式サイトをチェックしてみてください。

他にも、最大10,000円相当のau PAY残高が還元されるキャンペーンや、ネットとのセット割引を実施しているので、スマホをお得に使いたい方は必見です。

▼サービス内容について詳しく知りたい方は、UQモバイルの評判からわかったメリット・デメリットをまとめている以下の記事を参考にしてください。

ワイモバイル|家族割引サービスがお得

  • 取り扱い端末数:19端末
  • 人気のスマホが最大36,000円(税込)割引
  • 家族で乗り換えたい人におすすめ

「ワイモバイル」は、ソフトバンクのサブブランドです。ソフトバンクの高品質な通信回線を利用しているため、通信速度が安定しています。

また、2回線目以降に適用される「家族割引サービス」や、ネットとスマホのセット割引「おうち割光セット(A)」など、割引サービスがお得です。

さらに、最大36,000円(税込)割引される端末セールを利用して、人気のスマホをお得に購入できます。AQUOS wishやかんたんスマホ2+なども対象なので、ぜひチェックしてみてください。

▼サービス内容について知りたい方は、ワイモバイルの口コミ・評判から見るメリット・デメリットを解説している以下の記事をあわせてご一読ください。

Androidスマホに関するよくある質問

最後に、Androidスマホに関するよくある質問をまとめました。疑問手がある場合は、ぜひこちらを参考にしてください。

Androidスマホの選び方を知りたい

Androidスマホを選ぶ際は、以下のポイントに注目してみましょう。

  • ゲーム・動画を楽しむなら
    →画面サイズで選ぶ
  • 高性能なスマホが欲しいなら
    →プロセッサ・メモリで選ぶ
  • 手軽に綺麗な写真を撮りたいなら
    →カメラ性能で選ぶ
  • 安心してスマホを使いたいなら
    →防水・おサイフケータイなど搭載機能で選ぶ

用途に合わせた選び方を参考にしながら、お気に入りの1台を見つけましょう。

キャリアスマホとSIMフリースマホの違いは?

スマホには、「キャリアスマホ」と「SIMフリースマホ」と大きく分けて2種類があります。キャリアスマホはドコモ・au・ソフトバンクなどで販売しているスマホのことで、SIMロックがかかっています。

SIMロック解除手続きを行わないと、他社のSIMカードを挿しても利用できないことが特徴です。

一方SIMフリースマホはSIMロックがかかっていないので、好きなSIMカードを挿して利用できます。海外のSIMカードなども利用できるので、出張や旅行の際に役立ちます。

買ってはいけないスマホの特徴は?

スマホを買ってから後悔しないために、以下のポイントを抑えておきましょう。

  • バッテリー容量が小さすぎないか
  • 処理能力が低くないか
  • 不具合が多くないか

これらはスマホの詳細を調べていると出てくる情報なので、購入する前に確認することをおすすめします。

設定が簡単なAndroidスマホはある?

かんたんスマホ2+など、シニア・スマホ初心者向けのスマホは設定がわかりやすいことが特徴です。また、設定方法がわからない場合でも気軽に相談できる窓口が用意されています。

他にも、arrows Weは使い方ブックが同梱されているので、初めてスマホを使う方でも安心です。

おすすめのAndroidスマホまとめ

【2022年9月】おすすめのAndroidスマホはこれ!

  • 3万円以下のエントリーモデルなら「AQUOS wish 2
  • 3万円~8万円のミドルレンジモデルなら「Xperia 10 IV
  • 8万円以上のハイスペックモデルなら「Galaxy S22

今回は、おすすめのAndroidスマホを価格帯・用途別に紹介しました。様々なスマホがあり迷ってしまう方は、予算・利用用途に合わせてスマホを選びましょう。

ぜひ、本記事を参考にしながら自分にぴったりのお気に入りの1台を見つけてください。

Androidスマホを安く使いたいなら、格安SIMがおすすめです。以下の記事では、おすすめ格安SIMの比較ランキングを紹介しているので、こちらもあわせてご一読ください。

公開日時 : 2022年10月03日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!