「Wi-Fi 6」とは?|Wi-Fi 6対応のスマホ・ルーターを紹介

「Wi-Fi 6」「5G」の登場で、2020年は通信が高速化する年です。とくに自宅での通信を快適にするなら、Wi-Fi 6に注目しましょう。今回は、Wi-Fi 6とは何か、導入する際のポイント、現在販売中または販売予定の機器まで紹介します。
【公式】カシモWiMAX 「Wi-Fi 6」とは?|Wi-Fi 6対応のスマホ・ルーターを紹介

これまでWiFiにはバージョン名が示されてはきませんでしたが、新たに登場するWiFi規格は「WiFi 6」と称されるようになります。

従来規格と比べて高速化し、同時接続台数も増えるなど、メリット満載です。

今回は、WiFi 6の概要と使用方法を解説します。その上で、対応スマホ・対応ルーターを紹介しますので、通信を高速化したい方、自宅の家電にIoTを取り入れたい方は要チェックです。

WiFi 6とは

まずは、これまでのWiFiとの違いを中心に、WiFi 6の概要を解説します。下表は、大きな違いをまとめたものです。

  WiFi 4 WiFi 5 WiFi 6
IEEEの規格名 IEEE802.11n IEEE802.11ac IEEE802.11ax
周波数帯 2.4GHz/5GHz 5GHz 2.4GHz/5GHz
最大通信速度(理論値) 300Mbps 6.9Gbps 9.6Gbps
最大接続台数(MU-MIMO使用時) 1(MU-MIMOではない) 4 8

正式な規格名は「IEEE 802.11ax」

WiFi 6は通称で、正式な規格名は「IEEE 802.11ax」です。IEEE(アイトリプルイー)は規格の一つであり、なおかつ、WiFi等の電子通信規格を標準化している、米国電子学会の名前でもあります。

一方、「WiFi」をいう名前は、一般に受け入れられやすいように付けた呼称です。WiFi Allianceという団体が権利を持っています。

「WiFi」にはこれまで、バージョンを示す数字が付けられてはいませんでしたが、今回は「6」が付きました。この数字の意味は、単純に6代目にあたるからです。

それにともない、4代目と5代目も「WiFi 4」「WiFi 5」という新呼称が付けられました。ただし、1~3代目については新呼称がないため「WiFi 2」などは存在しません。

通信が高速化する

これまでのWiFiと比べ、WiFi 6の通信速度は高速化します。その理由の1つが「ワイドバンド」です。WiFi 5の通信帯域は80MHzチャネルでしたが、WiFi 6では160MHzチャネルに拡大されます。

例えると、1車線の道路が2車線に拡張するようなものです。このワイドバンドにより、データ伝送のトップスピードが大きく向上します。

さらに、WiFi 6では160MHzチャネルだけでなく、「1024QAM」とも組み合わせが可能になりました。1024QAMは、周波数の利用効率を高めるもので、同じ帯域幅のデータ伝送量を増大させます。

これらの技術の向上によって、WiFi 6では理論上、最大通信速度9.6Gbpsでデータ伝送が可能です。あくまで理論値ではありますが、実際にデータ転送した場合も、好条件化であれば1Gbps以上を期待できます。

多数同時接続が可能になる

「直交周波数分割多元接続(OFDMA)」の採用で、同時接続可能台数が増えるのもWiFi 6の特徴です。

WiFi 5では同時通信といっても、1通信で1端末ずつに通信を届けていましたが、WiFi 6では文字通り、1通信で複数端末に届けることが可能となりました。

同時通信時間あたりの通信効率が向上し、最大同時接続台数は、従来の倍となる8台となっています。

デバイスのバッテリー消費を抑えられる

デバイスのバッテリー商品を抑える、「TWT(Target Wake Time)」技術の導入もWiFi 6の大きなメリットです。

デバイスへの通信タイミングを調整し、信号待ちの必要がない場合に、デバイスの通信機能をスリープ状態へ移行させることでバッテリーを長持ちさせます。ただし、デバイス側のTWT対応が必要です。

5Gの弱点を補完する存在

WiFi 6の登場は、次世代通信システム「5G」とも関わりがあります。5Gは高速ですが、電波の直進性が高いため、障害物の多い屋内での使用を得意とはしていません。

既に開始されている5Gのサービスも、現時点ではスポット的で、なおかつオープンな場所に限られています。その点、WiFi 6は固定回線につないで使用するのがメインで、屋内での通信向きです。

屋外は5G、屋内はWiFi 6のように使い分けることで、両方の普及が急速に進むと考えられています。

WiFi6を使うには

ではここで、WiFi 6を導入するにはどうすればよいかを解説します。ルーターを購入する以外にも、快適な利用には重要なポイントがあります。

2020年半ばからスタートの見込み

IEEE 802.11ax(WiFi6)標準の公式発表はされており、既に対応ルーター等の販売は始まっています。ただし、修正案が最終承認を待っている状態です。本格的な切り替えは2020年半ばが見込まれています。

WiFi6対応機器が必要

「WiFi 6」を使うならWiFi 6対応機器が必要です。スマホやルーターなど、既に販売されている商品も含め、各社でWiFi 6対応製品の商品化が進んでいます。

10Gbps対応のネットワーク機器導入がおすすめ

せっかくWiFi 6対応ルーターを購入しても、1Gbpsのネットワーク機器(ONU・ゲートゥエイ)では、WiFi6のメリットを活かし切れません。10Gbps対応のネットワーク機器を導入することをおすすめします。

WiFi6に切り替わっても従来機種で通信はできる

WiFiは下位互換可能なため、WiFi 6以前まで対応の機種でも、今まで通り通信はできます。ただし、WiFi 6が使えるわけではないため、通信速度や同時接続台数なども従来のままです。

WiFi6対応のスマホ

WiFi 6対応のスマホを紹介します。

Apple|iPhone 11・11 Pro・11 Pro Max

  iPhone 11 iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro Max
カラー パープル・イエロー・グリーン・ブラック・ホワイト・(プロダクト)レッド ゴールド・スペースグレイ・シルバー・ミッドナイトグリーン ゴールド・スペースグレイ・シルバー・ミッドナイトグリーン
サイズ 150.9×75.7×8.3mm 144.0×71.4×8.1mm 158.0×77.8×8.1mm
重量 194g 188g 226g
容量 64/128/256GB 64/256/512GB 64/256/512GB
ディスプレイ
  • Liquid Retina HDディスプレイ
  • IPSテクノロジー搭載6.1インチ(対角) オール スクリーンLCD Multi‑Touch ディスプレイ
  • Super Retina XDR ディスプレイ
  • 5.8インチ(対角) オールスクリーンOLED  Multi-Touch ディスプレイ
  • HDRディスプレイ
  • Super Retina XDR ディスプレイ
  • 6.5インチ(対角) オールスクリーンOLED  Multi-Touch ディスプレイ
  • HDRディスプレイ
内蔵メモリ
バッテリー 10時間のビデオストリーミングと17時間のビデオ再生 11時間のビデオストリーミングと18時間のビデオ再生 12時間のビデオストリーミングと20時間のビデオ再生
カメラ デュアル12MPカメラ(超広角、広角) トリプル12MPカメラ(超広角、広角、望遠) トリプル12MPカメラ(超広角、広角、望遠)
その他機能・性能 防水防塵(IP68)・空間オーディオ・Dolby Atmos・ワイヤレス充電・高速充電機能 防水防塵(IP68)・空間オーディオ・Dolby Atmos・ワイヤレス充電・高速充電機能 防水防塵(IP68)・空間オーディオ・Dolby Atmos・ワイヤレス充電・高速充電機能

3種類ともに、パワフル・高速・電力効率を向上させた、A13 Bionicチップを採用しています。拡張ダイナミックレンジによる、60fpsの4Kビデオ撮影も可能な処理能力の高さです。

チップは共通ですが、カラー・サイズ・重量・バッテリー・カメラと、選択できる容量が異なっています。

LG|V60 ThinQ 5G

カラー ザ ブラック・クラッシーホワイト
サイズ 170×78×9.2mm
重量 218g
容量 128GB
ディスプレイ 6.8インチ Full HD+/有機EL
内蔵メモリ RAM 8GB/ROM 128GB
バッテリー 5000mAh
カメラ
  • アウトカメラ:約6400万画素・約1300万画素・ToFカメラ
  • インカメラ:約1000万画素
その他機能・性能 防水防塵(IPX5/8・IP6X)・ワイヤレス充電

WiFi 6のみならず、5Gにも対応しています。デュアルスクリーンで、1画面ずつ異なるコンテンツを開けるのが特徴です。一方を取り外して、1画面として使うこともできます。

OPPO|Find X2 Pro

カラー ブラック(セラミック)・オレンジ(ヴィーガンレザー)
サイズ 165.2×74.4×8.8mm(ブラック)/165.2×74.4×9.5mm(オレンジ)
重量 217g(ブラック)/200g(オレンジ)
容量 512GB 
ディスプレイ
  • 120Hz ウルトラビジョンスクリーン
  • 6.7インチ
内蔵メモリ RAM 12GB/ROM 512GB
バッテリー 4,260mAh
カメラ
  • アウトカメラ:約4800万画素 ウルトラビジョンカメラシステム
  • インカメラ:約3200万画素
その他機能・性能 防水防塵(IP68)

こちらも5G対応です。ブラックとオレンジで機能に違いはありませんが、素材が異なっているため、サイズと重量に差があります。

サムスン|Galaxy S10/S10+・Galaxy S20/S20+5G

  Galaxy S10 Galaxy S10+ Galaxy S20 Galaxy S20+
カラー プリズムホワイト・プリズムブラック・プリズムブルー プリズムホワイト・プリズムブラック コスミック グレー・クラウド ブルー・クラウド ホワイト コスミック グレー・クラウド ブルー
サイズ 149.9×70.4×7.8mm 158×74×7.8mm 152×69×7.9mm 162×74×7.8mm
重量 157g 175g 163g 186g
容量 128GB 128GB 128GB 128GB
ディスプレイ

6.1インチ/Dynamic AMOLED(有機EL)Quad HD+(1,440×3,040)

6.4インチ/Dynamic AMOLED(有機EL)Quad HD+(1,440×3,040)

Dynamic AMOLED 2X 3200 x 1440 (Quad HD+) Dynamic AMOLED 2X 3200 x 1440 (Quad HD+)
内蔵メモリ RAM 8GB/ROM 128GB RAM 8GB/ROM 128GB RAM 12GB/ROM 128GB RAM 12GB/ROM 128GB
バッテリー 3,300mAh(122時間) 4,000mAh(142時間) 4,000mAh 4,500mAh
カメラ
  • アウトカメラ:約1,200万画素望遠・約1,200万画素広角・約1,600万画素超広角
  • インカメラ:約1,000万画素セルフィーカメラ
  • アウトカメラ:約1,200万画素望遠・1,200万画素広角・1,600万画素超広角
  • インカメラ:約1,000万画素セルフィーカメラ・約800万画素深度カメラ
  • アウトカメラ:12MP超広角・ 12MP広角・64MP望遠
  • インカメラ:10MP セルフィーカメラ
  • アウトカメラ:12MP超広角・ 12MP広角・64MP望遠
  • インカメラ:10MP セルフィーカメラ
その他機能・性能 防水防塵(IPX5/IPX8, IP6X) 防水防塵(IPX5/IPX8, IP6X)

Galaxyは、最新機種・前機種ともにWiFi 6対応です。ただし、5Gにも対応しているのはGalaxy S20/S20+5Gとなっています。

シャープ|AQUOS R5G

カラー ブラックレイ・オーロラホワイト
サイズ 162×75×8.9mm
重量 189g
容量 256GB
ディスプレイ 6.5インチ Quad HD+/Pro IGZO TFT
内蔵メモリ RAM 12GB/ROM 256GB
バッテリー 3730mAh
カメラ
  • アウトカメラ:約1220万画素・約4800万画素・約1220万画素・ToFカメラ
  • インカメラ:約1640万画素
その他機能・性能 防水防塵(IPX5/8 IP6X)・ワンセグ フルセグ

テレビを視聴するなら、ワンセグ・フルセグに対応している、こちらの機種がおすすめです。5Gにも対応しています。

ソニー|Xperia 1 II

カラー ブラック・ホワイト・パープル
サイズ 166×72×7.9mm
重量 181g
容量 128GB
ディスプレイ 6.5インチ 4K /有機EL X1 for mobile
内蔵メモリ RAM 8GB/ROM 128GB
バッテリー 4000mAh
カメラ
  • アウトカメラ:約1220万画素・約1220万画素・約1220万画素・ToFカメラ
  • インカメラ:約800万画素
その他機能・性能 防水防塵(IPX5/8 IP6X)・ワンセグ フルセグ・ワイヤレス充電

こちらの機種も、ワンセグ・フルセグを搭載しており、ハイレゾワイヤレス対応で高音質です。5Gも利用できます。

富士通コネクテッドテクノロジーズ|arrows 5G

カラー ネイビーブラック・チタニウムシルバー
サイズ 未定
重量 未定
容量 128GB
ディスプレイ 6.7インチ Quad HD+/有機EL
内蔵メモリ RAM 8GB/ROM 128GB
バッテリー 4070mAh
カメラ
  • アウトカメラ:約4800万画素・約1630万画素・約800万画素
  • インカメラ:約3200万画素
その他機能・性能

2020年6月下旬以降発売予定の新機種で、5Gに対応しています。

WiFi 6対応のおすすめルーター

続いて、屋内の固定回線に接続する、WiFi 6対応ルーターを紹介します。

バッファロー|WXR-5950AX12

価格 オープン価格
無線LAN規格 IEEE 802.11ax・IEEE 802.11ac・IEEE 802.11a・IEEE 802.11n・IEEE 802.11g・IEEE 802.11b
アンテナ数 4本(8×8外付けデュアルスタックダイポールアンテナ)
WiFi 6最大通信速度(2.4GHz/5GHz) 1,147Mbps/4,803Mbps
ビームフォーミングの有無 有(8×8ビームフォーミング)
有線LAN対応
  • LANポート:最大10Gbps×1・最大1Gbps×3
  • INTERNETポート:最大10Gbps×1
その他機能 回線自動判別切替機能・干渉波自動回避機能・キッズタイマー+・i-フィルター・無線引っ越し機能

家庭用商品としては、世界初のWiFi CERTIFIED 6取得モデルです。8×8外付け「デュアルスタックダイポールアンテナ」が、80MHzと160MHz双方のパフォーマンスを最大化します。

従来規格のWiFi 5のWiFi機器モデルよりも高速化しており、実測スループット(好条件化の実測値)では、約3.7Gbpsに到達した、バッファロー史上最速WiFiルーターです。

TP-Link|Archer AX10/AX11000

無線LAN規格 IEEE 802.11ax・IEEE 802.11ac・IEEE 802.11a・IEEE 802.11n・IEEE 802.11g・IEEE 802.11b IEEE 802.11ax・IEEE 802.11ac・IEEE 802.11a・IEEE 802.11n・IEEE 802.11g・IEEE 802.11b
アンテナ数 4本  8本(ハイパフォーマンス外部アンテナ)
WiFi 6最大通信速度(2.4GHz/5GHz) -/1.5Gbps 1,148Mbps/4,804Mbps
ビームフォーミングの有無
有線LAN対応
  • 1000/100/10 Mbps WAN ポート × 1
  • 1000/100/10 Mbps LAN ポート × 4
  • 1G/100M/10M LAN ポート×8
  • 2.5G/1G/100M WAN ポート×1
その他機能 保護者による制限・ゲストネットワーク ゲームアクセラレーター・ゲーム統計・ゲームプロテクター・ゲーム用帯域設定

「AX10」は10Gbpsのネットワークには対応していませんが、WiFi 6には対応しています。WiFi 6対応のルーターの中では、比較的お手頃価格な価格帯です。

一方の「AX11000」は高速で、ゲーム向けのハイスペックモデルといえます。

NEC|Aterm WX6000HP

無線LAN規格 Draft IEEE802.11ax・IEEE802.11ac・IEEE802.11n・IEEE802.11a・IEEE802.11g・IEEE802.11b
アンテナ数 内蔵アンテナ(2.4GHz:送信4×受信4・5GHz:送信8×受信8)
WiFi 6最大通信速度(2.4GHz/5GHz) 1,147Mbps/4,804Mbps
ビームフォーミングの有無
有線LAN対応
  • LANポート:最大1Gbps×4
  • WANポート:最大10Gbps×1
その他機能 こども安心ネットタイマー・自動バージョンアップ・省電力型イーサネット機能

実効スループット4,040Mbpsとい高速なルーターです。10Gbpsのネットワークにも対応しています。

ASUS|RT-AX88U

無線LAN規格 IEEE 802.11ax・IEEE 802.11ac・ IEEE 802.11n・IEEE 802.11a・IEEE 802.11g・IEEE 802.11b
アンテナ数 4本
WiFi 6最大通信速度(2.4GHz/5GHz) 1,148 Mbps/4804 Mbps
ビームフォーミングの有無 有(AiRadarビームフォーミング)
有線LAN対応
  • LANポート×8
  • WANポート×1
その他機能 USB3.0ポート×1・メッシュWiFiシステム機能「AiMesh」・タイムラグを減らす「wtfast®」

WiFi 6使用時の最大速度が極めて速く、ゲーム好きな方におすすめのルーターです。独自に開発したゲーマー・プライベート・ネットワークで、最適な通信経路を確保してくれます。

NETGEAR|Nighthawk AX8

無線LAN規格 IEEE 802.11ax(802.11a/b/g/n/ac WiFiとの下位互換あり)
アンテナ数 4本(ウイング内蔵)
WiFi 6最大通信速度(2.4GHz/5GHz) 1,147 Mbps/4,804 Mbps
ビームフォーミングの有無
有線LAN対応
  • LANポート×5
  • インターネットポート×1
その他機能 USB 3.0ポート×2・壁掛け可・自動ファームウェアアップデート

圧迫感のないデザインで、壁掛けができる点が特徴的な商品です。また、専用モバイルアプリがあり、セットアップ・WiFi設定・デバイス管理・速度テストなどを操作できます。

WiFi6で高速・快適な通信を

2020年は、WiFi 6の本格始動・5Gの登場で、通信の高速化が期待される年です。5Gが全国で利用できるまでには、まだ数年を要しますが、WiFi 6の展開はもうすぐという段階に迫っています。

下位互換もあるため、すべての機器を買い換える必要はありません。これを機に、ルーターと高速化したいデバイスの導入を検討してみましょう。

無線LANルーターの選び方やおすすめの紹介を「おすすめの無線LANルーターや選ぶときのポイントを徹底解説」で解説していますのであわせてご覧ください。

光回線/Wi-Fi お申し込み電話相談を受け付け中!

iPhone格安SIM通信では光回線や、Wi-Fiなどインターネットの利用開始やお切替えを検討中のお客様に電話相談を受け付けております。

ソフトバンクの正規代理店DRMの専門オペレータがお客様のご要望に合わせて、ソフトバンク光やソフトバンクAirをご案内させていただきます。

今すぐ無料相談!
SoftBank 光
SoftBank Air
【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2020年05月14日

菅野 辰則 ― ライター
菅野 辰則 ― ライター

最新ガジェット、家電、デバイスが大好物。秋葉原、ネットショップでコスパの高い中古端末に目を光らせている。iPhone・iPadを格安SIMとWiMAXで利用中。趣味はダンス、週4日のトレーニングを欠かさない。

関連キーワード