【2019年最新】タブレットおすすめ16選|人気モデルを比較してまとめました

2019年最新おすすめ人気タブレットを紹介します。数あるタブレットの中から自分に合う商品を選ぶには、価格帯や画面サイズ・OSはもちろん、自分の使用目的に合ったスペックなど、あらゆる観点から検討するのが一番のポイントです。
新作iPhone先行予約方法 【2019年最新】タブレットおすすめ16選|人気モデルを比較してまとめました

「タブレットの購入を考えている」、また「現在タブレットを使っているけど、2台目を検討している」など、パソコンやスマホに並び、使い勝手の良さからタブレットを使用する人も増えてきました。

ただ、その種類の多さから、目移りして一体どのタブレットを選んでよいか、迷っている人も多いのではないでしょうか。

自分と相性の良いタブレットを選ぶには、いくつかの重要なポイントがあります。

ここでは用途別に見る、最新おすすめタブレットの紹介はもちろん、タブレット選びの基本や選ぶ際のポイントなどもあわせて紹介します。

目次

タブレット選びの基本

タブレットを選ぶ際どんな点に注意すれば、自分に合ったタブレットと巡り合えるのでしょうか。事前にある程度絞っておくと選びやすくなります。

まずOSを考える

現在市場に出回っているタブレットには、「iOS」「Android」「Windows」の3つのうち、どれかが搭載されています。「iOS」はアップルのiPadシリーズに搭載されているOSで、アプリの質・数ともに充実しているのが特徴です。

Google社の「Android」は、多くのメーカーが製品を出しており、お手頃価格のモデルも多いので、価格を重視する人は選択肢に入れるとよいでしょう。

マイクロソフト社のWindowsは、パソコンと同じOSのため、普段パソコンを使い慣れている人に馴染みやすいOSと言えます。iOSやAndroidに比べるとアプリは少なめですが、パソコン用アプリである「Office」を、使えるというメリットはあります。

モニター画面の大きさ

モニター画面の大きさも、タブレットの使い勝手に大きく影響します。サイズの大きさは、7~8型の「小型モデル」、10型前後の「スタンダードモデル」、12型以上の「大画面モデル」と、大きく3つに分けられます。

7~8型の「小型モデル」は、字が小さいというデメリットはありますが、コンパクトで持ち運びが簡単なため、通勤・通学中の移動中に使用するのに便利です。

10型前後の「スタンダードモデル」は、画面の見やすさ・基本性能ともにバランスが取れており、家の中での利用はもちろん、携帯性にも優れています。

12型以上の「大画面モデル」は、画面が見やすくて高性能な点が魅力ですが、他のモデルと比べると携帯性はやや落ちます。ただ、ノートPCがわりにオフィスや自宅で使うことが多いなら、このサイズも候補に入れるとよいでしょう。

解像度

モニター画面の大きさでも見やすさは変わりますが、同じサイズでも「解像度(ドット)」の数値が大きいほど、画像が鮮明で見やすく、快適にタブレットを使用することができます。

使用目的が、SNSやネットの閲覧がメインならWXGA(1200×800)で十分ですが、デジタル一眼レフの、高画質な写真などをタブレットで楽しみたい場合は、フルHG(1920×1080)が望ましいです。 

また、ワードでの文書作成やパワーポイントを使用をするなど、パソコン並みにタブレットを使用したいなら、解像度はWUXGA(1920×1200)以上を選びましょう。

LTE対応かWi-Fi対応か

LTE対応かWi-Fi対応かの確認も、タブレット選びのポイントのひとつです。LTE対応であれば、SIMを挿入することで、場所を選ばすインターネットが楽しめます。

大手キャリアからも発売されていますが、業者を選ばないSIMフリーモデルなら格安SIMカードが使えるため、通信機能付きのタブレットを月額500円程で使用することができてお得です。

また、Wi-Fi対応のタブレットは、自宅の中での利用が多い人におすすめします。

モバイルルーターを一緒に持ち運ぶことを前提にしていれば、外出用としても使用可能ですが、Wi-Fi環境がある場所に限られることを念頭に置きましょう。その分、使用料がかからないというメリットがあります。

タブレットを選ぶときのポイント

値段や使用目的、その目的に似合ったスペックが搭載されているかなど、タブレット選びには、いくつかの大切なポイントがあります。

使用目的に合った機能・スペックを選ぶ

機能やスペックが自分の使用目的に合っているかも重要なポイントです。

画像や動画を保存することが多い人は、内部容量が大きくSDカードに対応しているもの、カメラ機能を重視したい場合は、それに付随する機能が充実しているタブレットを選択するとよいでしょう。

また、動画視聴や音楽を楽しみたい人は、3Dサウンドなどのオーディオ機能が充実しているものを選択するなど、用途に合ったタブレットを選ぶのがコツです。

また、仕事とプライベートでは必要なスペックが異なる点も考慮に入れておきましょう。

タブレットの値段

気になるタブレットの値段ですが、一般的なタブレットの場合、安いものでも30,000円以上が基本です。

格安タイプになると5,000円~20,000円程度のものが多く、一般的なタブレットと格安タブレットの価格差は、20,000円以上の差額が出ることもあります。

一概には言えませんが、一般的なタブレットに比べると低価格な格安タブレットは、全体的に性能は低い傾向にあり、トラブル時の対応も十分とは言えません。ただし、動画や電子辞書の観覧程度なら問題ないです。

ある程度高い機能を求めるなら、一般的なタブレットを選択した方が安心です。値段に差があるのには理由があるので、後ほど後悔しないためには、安さだけで選ばず利用シーンや目的も一緒に考慮しましょう。

使用目的で選ぶ

動画や音楽、ビジネスなど、使用目的によって必要な容量やスペックは異なります。目的別のおすすめスペックをみていきましょう。

主に仕事で使いたい

タブレットの魅力のひとつに、コンパクトで持ち運びに優れている点が挙げられます。通勤や出張など、荷物もかさばらない上、officeを入れればWordやExcelの資料も作ることができるので仕事でも重宝します。

ただ、タブレットと違い、キーボードを打っている感覚がないためか、中には作業効率が上がらないという人もいるようです。

また、タブレットは、パソコンに比べるとストレージ容量が少ないので、データ量が大きいものは処理しきれないことも考慮に入れておく必要があります。

ビジネスで使うなら、PowerPointの資料も確認でき、作業効率が上がるWindowsがおすすめですが、普段Macを使用しているならiOSが使いやすいでしょう。ただし、iPadの場合、メモリ容量の記載がないため注意が必要です。


音楽や動画を楽しみたい

タブレットに音楽動画をダウンロードしておくだけで、いつでもどこでも場所を選ばず、お気に入りの音楽や動画を楽しむことができます。

掃除や料理をしている時、ちょっとした隙間時間、さらにはドライブ中の車の中で、タブレットから流れる音楽を楽しむ人は多いようです。

動画や音楽をダウンロードしなくても、YouTubeなどの動画サイトは、いつでも気軽に見ることができ、暇つぶしにももってこいです。

16GB以上はあくまで最低限であって、もっと多くの音楽・動画視聴を考えているなら、大きい容量の選択を検討しましょう。


電子書籍を読みたい

タブレットなら、数百冊分の本のデータを持ち歩くことができ、いつでも場所を選ぶことなく好きな本を読むことが可能です。また、一冊当たりの値段も紙の書籍より安い点も魅力といってよいでしょう。

また電子書籍の場合、拡大表示ができるため、「本の文字は小さくて読みずらい」という人にもおすすめです。

電子書籍で小説などを読む場合は、ストレージ16GB以上、メモリ2GB以上のタブレットを検討するとよいでしょう。画像データで表示される雑誌や漫画も楽しみたいという場合は、ストレージ32GB以上が望ましいです。


子どものおもちゃに

タブレットは、小さな子供をあやすときに使われる場合も多く、好奇心の強い子供は大人より早くタブレットの操作を覚えてしまいます。近頃は、子供がひとりで好きなサイトや、お気に入りの動画を見ることも珍しくはありません。

そのため、タブレットを選ぶ際は、子供に悪影響を及ぼす刺激の強い映像やサイトなど、インターネットの制限をかけられるものを選ぶと安心です。中には使用時間が制限できるタイプもあります。

また、知育機能がついているタブレットは、学習もできるのでおすすめです。ただ、子供用のタブレットは機種が限定され、容量の記載がない場合も多いので注意が必要です。


とにかく安いタブレットを考えるなら

安さを追求するなら、「Wi-Fiモデル」を選ぶとよいでしょう。

LTEモデルの場合は、初期費用3,000円とキャリアを加えた、月額契約料金がかかりますが、Wi-Fiモデルなら、初期費用や月額料金を払う必要はありません。

また、持ち運びできる「ポケットWi-Fi」を併用すれば、外出先でも気軽にインターネットにつなげることができます。

Wi-Fiモデルを利用する場合、「インターネット回線」をどれだけ安くできるかどうかが、毎月の費用を抑えるポイントになるので、ここで確認していきましょう。

タブレットに最適な安いインターネット回線とは

タブレットを使う目的はさまざまですが、データ量の多い動画の視聴に利用する人も多く、スマホに比べると通信料は高めと感じる人が多いようです。

また、持ち運びも便利なことから、ビジネスでの利用や旅行先でナビとして使ったり、外出先で動画を楽しんだりと、タブレットは外出先で利用する機会も多いはずです。

タブレットに最適な安い「インターネット回線」を選択することで、月々の支払いを安く抑えることができます。

タブレットを安く利用するためのインターネット回線の条件として、

  • 通信制限がなく無制限に使用可能
  • 月額料金が安い
  • 外出先でも利用できる

この3つが挙げられます。

自宅に固定される光回線は、外出先では使うことはできません。また、通信制限があるポケットWi-Fiの場合、月額費用が高い傾向にあります。しかし、「WiMAX」のように、上記3つの条件を満たすインターネット回線もあるので、上手く利用したいものです。

また、無線ルーターを使用する「WiMAX」は、無制限で使えるギガ放題プランがあって、光回線やポケットWi-Fiと比べても、月額費用を安くおさえることができます。

加えて、ポケットWi-Fiよりも通信速度が速いので、快適なインターネット環境が整う点も魅力のひとつでしょう。

WiMAXはどのプロバイダで契約すると良い?

「WiMAX」は、使用場所を選ばない、工事不要のモバイルインターネット通信サービスです。そのWiMAXを提供するプロバイダは、現在約30社ほどあるため、一体どこを選択すればよいのか迷う人もいるかもしれません。

WiMAXが使用する回線は、UQコミュニケーションズだけなので、どこのプロバイダも、WiMAXの性能は同じです。

そのため、各社の月額費用はもちろん、各プロバイダの特典や、お得なキャンペーンなどを、十分比較検討することが、費用を安くおさえるポイントになります。

数多いプロバイダの中でも、業界最安級の月額料金で人気なのが『カシモWiMAX』です。

無制限のギガ放題プランでも1,380円から契約できるうえ、WiMAX端末によっては、契約初月が無料になるプランもあってお得です。

【業界最安級】カシモWiMAXを契約する!

不動の人気でおすすめのAppleのiPad

世界中に多くのファンを持つAppleですが、そのAppleのタブレットといえば「iPad」でしょう。さまざまな機種が登場していますが、その中でも、人気のおすすめモデル2種の特徴を紹介します。

iPad Wi-Fi 32GB 2018年モデル(第6世代)

ストレージ32GBで、SIMカードスロットは搭載されていないWi-Fiタイプです。

Apple Pencilに対応した、9.7型のRetinaディスプレイを搭載しており、A10 Fusionチップや高性能カメラとセンサーは、さまざまなシーンでの使用を可能にしてくれます。

タブレットの中では平均的な価格ですが、グラフィックや動作には問題なく、「コスパがよい」「処理速度が速くストレスがない」など、口コミでの評価も上々で、満足度は高いようです。

Apple iPad Pro 12.9インチ Wi-Fi 256GB

オールスクリーンの洗練されたデザインが印象的なこのタブレットは、ProMotionテクノロジーにより、操作性が向上したといわれる商品です。

色の正確さは業界トップクラスで、これまでより、限りなく現実に近い、美しい映像が楽しめます。そのため、臨場感あふれる映像や、ゲームを存分に楽しむことができるでしょう。

Appleのチップ「A12XBionic」は、毎秒5兆の演算処理が可能で、ノートパソコンより高速処理に優れている点が特徴です。また、これまでにない薄さと軽さで、今まで以上に持ち運びが簡単な上、バッテリーの持続時間は最大10時間なので、出先でも安心して使えます。 

さらに、美しい写真や4Kビデを撮影することもできる、「12MPカメラ」と「TrneDepthカメラ」も搭載されているので、映像や写真撮影が趣味という人も満足できるでしょう。

家でも仕事でも活躍する2in1タブレットのおすすめ

2in1タブレットは、液晶画面にキーボードを取り付けたり外したりして、タブレットとしてもパソコンとしても使用できる利便性の高さが最大の魅力です。目的によって使い分けができるので、男女を問わず人気があります。

Microsoft Surface Pro 6 

Windowsタブレットの定番モデルで、自宅で動画や電子書籍を楽しむときはタブレット、仕事にはノートパソコンといった、シーンに合わせた使い分けができます。見やすい角度に調節できる「キックスタンド」も備えているので、どんな場面でも快適に使用できる点も魅力です。

また、第 8 世代インテル® Core™ i5-8250U クアッドコアを搭載しており、グラフィック性能も従来より向上しています。加えて、2736×1824という超高解像度なので、表示品質も申し分ありません。

手書き入力ができる「Surfaceペン」(別売)は、傾き検知機能や、4096段階の筆圧感知機能を搭載しています。また、LTE対応でSIMフリータイプのため、格安SIMと組み合わせることで、通信費をおさえることも可能です。

Lenovo 2in1 ideaPad Miix 520

モダンなデザインが目を引く、この2in1タブレットは、インテル® Core™ プロセッサーと高速なSSD搭載しており、パワーとスピードに優れています。キーボード装着時は約1.26kgと、超軽量ボディで携帯しやすい点も魅力です。

また、Office Mobileも搭載されているため、外出先でも、仕事に便利なWordやExcelの資料の閲覧、編集が可能です。また、バッテリーの駆動時間も最大7.4時間なので、外出先でも慌てず、余裕をもって作業できる点も見逃せません。 

高音質のステレオスピーカーも搭載されているので、遊びや仕事など、あらゆるシーンで活躍してくれることでしょう。 

また、「Active Pen」を併用することで、タブレットをデジタルキャンバスにすることができ、SNSへの投稿などの操作も可能になります。

520

HP ENVY x2 12-g000TU スタンダードモデル

こちらは4G LTE 通信モジュール搭載のSIMフリータブレットです。 LTEの高速通信に対応しているためフリーWiFiスポットを探す手間もありません。

持ち運びに便利なコンパクトサイズなので、外出先で利用する機会の多い人におすすめです。

瞬時に起動してディスプレーがONになる「コネクテッド・モダンスタンバイ」も特徴で、最新情報にすぐアクセスできる点も魅力といえるでしょう。

また、17時間という長時間バッテリ駆動のため、充電を気にせずいつでもどこでもインターネットを楽しむことができます。

エンタメに強いおすすめのタブレット

映画や動画など映像を見たり、音楽を聴いたり、本を読むのが好きな人必見の、エンタメに強いおすすめタブレットを紹介します。画面の大きさや、画質・音質など、目的に合った機能が備わっているかを確認するのがポイントです。

Huawei 10.1インチ MediaPad M3 Lite 10

地デジチューナーと、独自のサラウンドシステム「SWS 3.0」、さらに4基のスピーカーを搭載した、エンタメに強い10.1インチの液晶搭載タブレットです。

Wi-Fiモデルは防水対応で(LTEモデルは防水非対応)、バッテリーは6660mAhの大容量のため、臨場感あふれる高音質をお風呂でも楽しむこともできます。

また、ホーム画面のタップやスワイプ、長押しなどの基本操作や、スピーディーなロック解除を実現する、高感度の指紋認証センサーを搭載している点も魅力です。

エイスース ZenPad 10 Wi-Fi Z301M-WH16

明るさに応じ、自動コントラスト調整が可能な独自技術「VisualMaster」を採用した、10.1型タブレットです。また、ASUS Tru2Lifeテクノロジーという高度な解像技術により、撮影した写真を美しい状態で見ることもできます。

デュアルフロントスピーカーを搭載で、ヘッドホンを使用すると、最大で7.1chの臨場感あふれるバーチャルサラウンドが体感できるので、映画鑑賞も、これまでより、さらに楽しいものになるでしょう。

Wi-Fi対応モデルなので、自宅にWi-Fi環境が整っていれば通信費を安くおさえながらインターネットを使用できます。

Huawei docomo dtab Compact d-02k

カバンやジャケットの内ポケットにも収まる、持ち運びに便利な、ダブルレンズカメラを搭載した8型コンパクトタブレットです。

背景をぼかすなどの写真撮影も可能で、焦点やぼかしを画面で確認しながら調節する機能も充実しています。初心者でも簡単に撮影を楽しめます。

また、ドコモ通信機器を使っているため、LTEネットワークが安定しており高速通信にも対応しています。加えて、ドコモの「安心パック」は、遠隔サポートやタブレットの修理、セキュリティ対策など、手厚いサポートも見逃せません。

dキッズ・キッズモードも搭載しているので、レンタルコントロールで時間制限をかけることも可能です。

コスパが良過ぎる1万円以下のタブレットおすすめ

ハイスペックなタブレットを求める人がいる一方で、使う用途がストレスなく行えるなら、安いタブレットでも十分という人もいるでしょう。値段の安いタブレットを選ぶ際は、価格と同時に仕様の確認もしっかり行うことが大切です。

SSA 7 タブレット PC Android

4コアCPUと長時間駆動を実現する2500mAh充電式バッテリー採用で、コスパの良さが魅力のタブレットです。

視野角度が広いワイドIPS液晶を搭載しており、どこから見ても見栄えが変わらず、178度の視野角で家族と一緒にインターネットを楽しめる点も見逃せません。また、フロントカメラとリアカメラを搭載しているので、自撮写真も撮影できます。

また、32GBまでのmicroSDカード対応なので、写真や動画ファイルなど、たっぷり保存することも可能です。

Teclast P80H Android タブレット 8インチ

1万円以下ですが、どの位置から見ても見栄えが変わらないIPS 液晶を搭載しているため、ディスプレイ解像度が低くても色の変化はほとんど見られません。画面は8インチと大きく、アプリの操作も快適です。

Wi-Fiデュアルバンドに対応しており、高速通信 なことに加えクアッドコア仕様なので、動きがハードなゲームなどでも快適な動作が可能です。

YUNTAB(JP)7インチタブレット E706

動画や読書などを快適に楽しめる、処理スピードの速い「クアッドコア」搭載で、持ち運びに便利な7インチのコンパクトタブレットです。

Bluetoothが搭載されており、ワイヤレスでタブレットにキーボード、マウスなどを接続することができるので快適なモバイル環境が整います。

 お手頃価格ですが、Android 4.4システムに対応しているアプリには、FasebookやSkype、Google Playストアの他にも数多くあって、便利に使用することができます。

子どもに安心なおすすめキッズタブレット

今やタブレットは、大人だけのものではありません。学校の授業でタブレットを使用するなど、子どもにも普及しています。ただ、子供用のタブレットを選ぶ際は、使用制限をかけられるものや破損に強いものなど、ちょっと違った視点が必要です。

YUNTAB 7インチ 子ども用タブレット

知的アプリや図書、ゲームなど、子ども向けのコンテンツが豊富な「iWawa」が内蔵されており、子どもたちが楽しみながら、学んだり遊んだりできる点が魅力です。

使用する際は、「保護者モード」と「子どもモード」に分かれているため、パスワードを入力しない限り、子どもは、保護者モードを使うことはできない仕様になっています。

安全な素材で作られたシリコン製のキッズカバーは、軽量で子供でも持ちやすく、誤って落とした場合でも、衝撃からタブレットを守ってくれるので安心です。

Beneve 7インチタブレットタブレット子ども向け

遊んで学べる子ども向けアプリが、約50個無料で楽しめる「iWawa」内蔵の、7インチ子ども向けタブレットです。iwawaにより、タブレットの使用制限を管理することもできます。

また、落下の衝撃から守る、柔らかいシリコン製タブレットカバーは、無害な素材でできているので安心です。

最大で32GB microSDメモリーカード追加可能なので、写真や音楽なども十分保存でき、色は青とピンクがあります。

読む聴く観るがこれ1台で!Fireタブレット

「Fireタブレット」は、大手通販サイトAmazonが提供しているタブレット端末です。お手頃価格で、読む・聴く・観るが1台で楽しめる点が魅力のシリーズです。Amazonプライム会員なら、さらに音楽や動画をお得に楽しむことができます。

Fire HD 10 タブレット Newモデル 32GB

迫力の10.1インチHDディスプレーで、IPSフィルターと偏光フィルターにより、どの角度から見ても美しい画像が楽しめる点が魅力です。

また、Dolbyオーディオステレオスピーカーも搭載しているので、映画やドラマ、音楽を存分に楽しみたいという人におすすめです。

Fireタブレットシリーズでは最大容量の、32・64GBで、Kindle本やマンガ・ゲームなども容量を気にせず楽しめます。また、バッテリーは最大10時間使用可能なため、外出先でもバッテリーを気にすることなく読む・聞く・見るが楽しめます。

Fire HD 8 タブレット (Newモデル) 32GB

こちらも、Fire HD 10タブレット同様、高解像の8インチHDディスプレイと、Dolbyオーディオのステレオスピーカーを搭載しています。

Amazon Fire HD 10タブレットの、バッテリー駆動時間が最大10時間なのに対し、こちらは最大12時間のバッテリー駆動で、長時間、映像や音楽などのコンテンツを楽しめるのが魅力です。

低価格ですが、iPad Mini 4の2倍優れた耐久性で、高性能でありながら、コストパフォーマンスの高さも見逃せません。

Fire 7 タブレット (Newモデル) 16GB

Fireタブレットシリーズの中で、もっとも軽くて薄い、持ち運びに便利なコンパクトサイズの、7インチタブレットです。他のモデルより、バッテリー駆動時間が最大7時間と短いとはいえ、外出先で映画や動画、ゲームなどを楽しむには十分と言えるでしょう。

また、別売りのmicroSDカードを使用することでストレージを256GBまで拡張できるため、容量を気にすることなくあらゆるコンテンツを楽しめます。

撮影した写真は無料で容量無制限にクラウド保存が可能です。

あると便利な人気のタブレットスタンドのおすすめ

タブレットを長時間、手で持って使用するのは意外と疲れるものです。特に動画を楽しむときはどこかに固定して置いておきたいですよね。

このようなときには「タブレットスタンド」があると便利です。

AKEIE タブレット スタンド 改善版 スマホ & タブレット スタンド or ホルダー

1代目よりアームの前半部分を細くしたことで、好きな角度や位置への調整がしやすくなりました。

また、折れやすかった土台の厚さを2倍にし耐久性もアップしています。リングねじより回りやすい新しいデザインを採用したことで、ホルダーの動きもよりスムーズになりました。

ただ対応サイズは、4インチ~10.5インチまでと限りがあるので、それ以上のサイズのタブレットを使用している人は使えません。

Lomicall Lomicall iPad スタンド

机の上など安定した場所に置いて使用する、iPadスタンドです。最大270°調整可能のため、自分の見やすい角度に調整でき、ユーザーに最高の視野角を与えてくれます。

約4~13インチに対応しており、スマホや大画面のタブレットも置くことができます。購入日から45日間は、マネーバック保証期間があるので安心です。

Donha Donha スマホ & タブレット スタンド ホルダー

挟んで固定するタイプのスタンドホルダーで、固定できる場所があればどこでも設置でき、使用する場所を選びません。

自由自在に曲げることができ、360度好みのポジションに調整が可能なので、勉強や料理をしながら、また、ソファーで寝そべった状態でも、両手を使わずタブレットを楽しめます。

大画面のタブレットには使用できませんが、3.5~10.5インチまでのスマホやタブレットなら使用可能です。

便利に使えるタブレットアプリのおすすめ

タブレットを手に入れたら、興味のある使いたいアプリをダウンロードして、内容をカスタマイズしましょう。ここでは、タブレットにダウンロードしておくと便利なアプリをいくつかご紹介します。

最速検索できるChrome

Googleが公開しているWebブラウザの「Chrome」は、起動が速く、高速なブラウジングが最大の特徴です。複数のタブを同時に開くなど、普段からWebサイトをよく閲覧する人におすすめといえます。

Chrome利用者なら、タブレットはもちろん、スマホやパソコンなどの端末とも同期することができるため、いつでも自分の知りたい情報を引き出すことができて便利です。

また、ダウンロードしておけば、後で見たいと思ったページでも、オンラインですぐに見ることができるので活用する価値はありそうです。

無料通話もメールもできるLINE

利用者の多い、言わずと知れた「LINE」ですが、タブレットにもインストールすることが可能です。

グループ同士で連絡を取りあったり、無料通話することもできるので多くの人に重宝されています。

ただ、AmazonのFireタブレットで使用する場合は、事前にGoogle Playをインストールして、playストアからLINEをダウンロードする必要があるので覚えておきましょう。

LINE
無料
(2019.08.01時点)
posted with ポチレバ

写真投稿のInstagram

世界に10億人のユーザーを持つ「Instagram」は、写真や動画を撮って見たり、加工して気軽に投稿できる無料のサービスです。

現在では一般の人に限らず、多くの企業や有名人もこぞって利用する大人気ツールとなりました。また、投稿した写真に評価したり評価される楽しみも、人気の理由となっているようです。

「インスタ映え」という言葉も流行するなど、洗練された写真に加工できる点も魅力です。大画面のタブレットなら、加工もしやすく気軽に写真を楽しむことができるでしょう。

Instagram
無料
(2019.08.01時点)
posted with ポチレバ

高画質高音質通話のSkype

「Skype」は音声通話やチャット、ビデオ通話(テレビ電話)を、Skypeアプリ利用者の間で利用することができる、無料通話アプリです。

その他にも、複数人での会話が可能な会議通話や、ファイル送信など、プライベートだけではなく、ビジネスのシーンでも世界中で多く利用されています。

電話からの発信受信ができる、有料機能も付いており、Skype利用者以外の人とも通話することができるので利用するのもよいでしょう。

電子書籍が読めるKindle

「Kindle」とはAmazonが提供する電子書籍販売や、コンテンツ配信などを行う各種サービスのことです。

タブレットは持ちやすく電子書籍を読むのにちょうどよいサイズ感で、活字を読むことが好きな人に向いています。Kindleはそんな読書好きにおすすめのアプリといえるでしょう。

また本は中身を見てからでないと不安で購入できないという人も多いと思いますが、お試しで数ページ読むことができる書籍や、無料の電子書籍も多く揃っているので安心です。

Kindle
無料
(2019.08.01時点)
posted with ポチレバ

主婦の味方クックパッド

月間約5500万人が利用している「クックパッド」は、日本最大の料理レシピ検索サービスサイトです。また、自分のレシピを投稿することもできる人気のサイトでもあります。

食材から料理を検索できるので、「今晩のおかず何にしよう」と迷っている人でも、冷蔵庫にある食材から、作りたいレシピを見つけることができて便利です。

タブレットは持ち運びが簡単で、台所でも、そばに置いてレシピを見ながら料理することができます。クックパッドを活用することで、料理のレパートリーも増えるので、料理が苦手な人にもおすすめのアプリです。

タブレットのウイルス対策について

大切な個人情報やデータを守るためにもタブレットのウィルス対策は大切です。ウィルス対策は、OSによって異なるため、まず、自分のタブレットのOSを確認してから、ウィルス対策を行っていきましょう。

iPadはアップデートがウイルス対策になる

Apple社が提供しているiPadは、一般的にウイルスに感染するリスクが低いとされています。

iPadのソフトウェアはApple社が厳重に管理しているApp Storeから購入することになっており、厳しい審査を通ったアプリだけが公開されるためウィルスに感染しにくいといわれているのです。

審査の過程で怪しいアプリは省かれるので不具合が生じにくい上、iOS自体がウィルスを作りにくい仕様になっていることも理由です。

そんなウィルスに強いiPadであっても、まったく例外がない訳ではありません。感染しないためには、セキュリティ向上が目的でもある「アップデート」を忘れずに行うのが一番です。

常にシステムを最新の状態にしておくことが、iPadのウイルス感染の予防対策につながります。

Androidタブレットはアプリとリンクに注意

Andoroidの場合iPadよりもアプリの開発や提供の自由度が高く、選択肢が多い点は評価されています。しかしその分、不正なアプリが公開される可能性も高いと言われています。ウイルス対策に関しては、iPadより脆弱という傾向があるので注意しましょう。

Androidタブレットをウィルスに感染させないためには、セキュリティアプリをインストールするのが一番です。

その際、セキュリティの機能を果たさないものや、逆に脅威を与える偽ソフトに注意しましょう。迷ったら、有名で信頼のおけるセキュリティソフトを選ぶのが無難かもしれません。

また、詐欺メールにも注意が必要です。メールを開いたり添付ファイルをダウンロードすると、そこからウイルスが侵入してしまうケースもあります。怪しいメールはくれぐれも開かないようにしましょう。

加えて、「あなたのパソコンはウイルスに侵されています」など、不安をあおるリンクにも注意が必要です。ひとたび触るとウイルスに侵入される可能性があるので、心配な場合は業者や購入店に相談するようにしましょう。

windowsタブレットもウイルス対策は必要

タブレットは、ノートパソコンやデスクトップと比較すると、処理能力が低いのが一般的です。そのため、重いセキュリティソフトを入れると、フリーズが頻繁に起きて動作が遅くなるケースも少なくありません。

仕事で使用されることも多いwindowsタブレットですが、動作の軽さを優先してウィルス対策をしない人もいるようです。

しかし、大切なデータを守るためにもウィルス対策は必要であり、事前にセキュリティソフトを入れておくことをおすすめします。

おすすめの無料セキュリティアプリ

世の中には、さまざまなセキュリティアプリが存在します。中には、ウィルス対策のためにダウンロードしたにもかかわらず、逆にウィルスに感染するなど、悪質なものもあるので十分気を付けましょう。

ここでは、無料で使用できる安心なセキュリティソフトを紹介します。

高い性能のAvira Antivirus Security

ドイツのセキュリティソフトメーカーの「Avira Antivirus Security」は、ウイルス検知能力の高さと、速い動作で評価を得ている、ウィルスの検知に特化した、無料のセキュリティソフトです。

セキュリティ評価機関であるAV-TESTが2018年に行った評価テストではウィルス検知率は99.95%以上と、有料製品と比べても遜色ない結果が出ています。

自動のウイルススキャンや、トロイの木馬に代表される、さまざまなマルウェア対処のための更新も随時行っています。

Avira Mobile Security
Avira Mobile Security
posted withアプリーチ

Wi-Fiセキュリティ対策ができるソフト

Wi-Fi(無線LAN)は便利な反面、ネットワークがオープンなため、第三者から不正にアクセスされる危険性も秘めています。

そのため、「Wi-Fiセキュリティ対策」をすることで、不正アクセスの防止やインターネットのただ乗り等を、防ぐことが可能です。

自分の大切なデータや、クレジットカード情報などの個人情報が外部に漏れないためにも、安全ではないWi-Fiの検知をしてくれるセキュリティソフトに入っておくと安心です。

OpenVPN Connect
OpenVPN Connect
posted withアプリーチ

プロのウィルス対策ウィルスクリーナー

危険なウィルスやマルウェアなどの、さまざまな脅威から守ってくれる「ウィルスクリーナー」は、常に最新のウイルス対策を、大切なタブレットにほどこしてくれます。

また万が一悪意のある危険なウェブサイトに触れた場合でも、アクセスをブロックして警告を出してくれるので、安心してネットを楽しむことができます。

マカフィー モバイル セキュリティ
マカフィー モバイル セキュリティ
posted withアプリーチ

タブレットで仕事も遊びも充実させよう

「動画や音楽を楽しみたい」「ビジネスに使用したい」など、タブレットの用途はさまざまですが、選ぶ際は、まず自分の使用目的を明確にするのがポイントです。

そうすることで、購入した後「画面が小さくて動画が楽しめない」「容量が足りなかった」など、後悔することがなくなります。

また、タブレットに最適な安い「インターネット回線」や、お得なキャンペーンを実施している「プロバイダ」選びも、月々の支払いをより少なくするためのポイントといえるでしょう。

スマホより画面が大きく見やすい上、パソコンより持ち運びに便利なタブレットですが、生活に潤いを与えてくれるタイプを吟味して選び、仕事や遊びに活用してより毎日を充実させましょう。

【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2019年10月31日

おっきー ― ライター
おっきー ― ライター

物心ついた頃からiPhoneがあるスマホネイティブ世代。SNSから最新情報を取得するのが日課。趣味はダンス。

関連キーワード