[2021年]タブレットおすすめランキング!インチ別・子供・ゲーム向け

最新タブレットおすすめランキング!安くてコスパの良いモデルからゲーム向けまで、インチ別におすすめタブレットを厳選紹介します。Apple、レノボ、NEC、Amazonなど、有名メーカーの人気タブレットをまとめました。
ワイモバイル新プラン [2021年]タブレットおすすめランキング!インチ別・子供・ゲーム向け

「タブレットの購入を考えている」「タブレットを使っていて2台目を検討している」など、パソコンやスマホに並び、使い勝手の良さからタブレットを使用する人も増えてきました。

種類の多さから、どのタブレットを選んでよいか迷っている人も多いのではないでしょうか。

自分と相性のよいタブレットを選ぶには、いくつかの重要なポイントがあります。本記事では用途別に見る、最新おすすめタブレットをご紹介します。

\初回限定3ヶ月無料!/

タブレットを購入する前に!まずは種類を知ろう

一口に「タブレット」と言っても、様々な性能や機能が搭載された、多くの製品が各メーカーから販売されています。

OSや通信方法の違いなどによって使い心地も異なるので、スマホを選ぶ際はまずタブレットの種類を決めましょう。

OSの違いで3種類

OS 特徴
iOS ・アプリの質が高く種類が豊富
・セキュリティーレベルが高い
・動作が軽く直感的な操作が可能
Android ・端末の種類が多く比較的安価
・SDカードの取り付けが可能
Windows ・Office使用可能
・micro SDカード対応

現在市場に出回っているタブレットには、「iOS」「Android」「Windows」の3つのうち、どれかが搭載されています。「iOS」はアップルのiPadシリーズに搭載されているOSで、アプリの質・数ともに充実しているのが特徴です。

Google社の「Android」は、多くのメーカーが製品を出しており、お手頃価格のモデルも多いので、価格を重視する人は選択肢に入れるとよいでしょう。

AmazonのFireタブレットを見ると、「Fire OS」と記載されていますが、これはAndroidをベースとするOSです。ただし、Androidで使えるGoogleのアプリやサービスは利用できないので注意しましょう。

マイクロソフト社のWindowsは、パソコンと同じOSのため、普段パソコンを使い慣れている人に馴染みやすいOSと言えます。

iOSやAndroidに比べるとアプリは少なめですが、パソコン用アプリである「Office」を、使えるというメリットがあります。

通信方法の違いで2種類

LTE対応かWiFi対応かの確認も、タブレット選びのポイントのひとつです。LTE対応であれば、SIMを挿入することで場所を選ばすインターネットが楽しめます。

大手キャリアからも発売されていますが、業者を選ばないSIMフリーモデルなら格安SIMのSIMカードが使えるため、月額500円程で使用可能です。

また、WiFi対応のタブレットは、自宅の中での利用が多い人におすすめします。モバイルルーターを一緒に持ち運ぶことを前提にしていれば、外出用としても使用可能ですが、WiFi環境がある場所に限られることを念頭に置きましょう。

その分LTE対応モデルよりも安く、手に入れやすいことが特徴です。

▼以下の記事では、おすすめのWiFiタブレットを紹介しています。自宅でタブレットを利用したい方は、こちらもあわせてご一読ください。

タブレットの選び方・比較ポイント

値段や使用目的、その目的に似合ったスペックが搭載されているかなど、タブレット選びには、いくつかの大切なポイントがあります。

ここでは、タブレットを選ぶ際に注目したいポイントを解説します。

選び方1.タブレットの処理性能

まずは、タブレットの使用目的に合わせてCPUを見ていきましょう。CPUは、タブレットの頭脳ともいわれ、処理性能に直接影響する重要な部分です。

タブレットのCPUは、コア数とクロック周波数(GHz)で表しています。アプリや軽いゲームなどを日常的に楽しみたい方は、コア数が4コア以上でクロック周波数が1.8GHz以上の端末がおすすめです。

ヘビーな3Dゲームや、クリエイティブな作業をすることが多い方は、8コア以上・2.3GHz以上の端末であれば快適に利用できます。

コア数は、2コアの場合デュアルコア、4コアはクアッドコア、8コアはオクタコアと表記されることが多いので、端末のスペック表を確認してみてください。

選び方2.画面のサイズ・インチ数

モニター画面の大きさも、タブレットの使い勝手に大きく影響します。サイズの大きさは、7~8型の「小型モデル」、10型前後の「スタンダードモデル」、12型以上の「大画面モデル」と、大きく3つに分けられます。

7~8型の「小型モデル」は、字が小さいというデメリットはありますが、コンパクトで持ち運びが簡単なため、通勤・通学中の移動中に使用するのに便利です。

10型前後の「スタンダードモデル」は、画面の見やすさ・基本性能ともにバランスが取れており、家の中での利用はもちろん、携帯性にも優れています。

12型以上の「大画面モデル」は、画面が見やすくて高性能な点が魅力ですが、他のモデルと比べると携帯性はやや落ちます。ただ、ノートPCがわりにオフィスや自宅で使うことが多いなら、このサイズも候補に入れるとよいでしょう。

選び方3.データの保存容量

タブレットに搭載されている「メモリ」とは、作業中のデータを一時的に保管しておく場所のことです。CPUと同じく処理性能に影響し、容量が大きいほど効率が上がります。

タブレットには、2GB~8GB程度のメモリが搭載されていることが多く、使用目的に応じた容量を選ぶことが重要です。

例えば、複数のアプリを同時に操作したい場合や3Dゲームをプレイしたい場合は4GB以上、自宅で動画視聴やアプリを楽しみたい場合は2~3GB程度で十分と言えます。

ただし、Windowsを搭載したタブレットの場合は、8GBあると作業がスムーズです。iOSを搭載したiPadはメモリを選択できませんが、マルチタスクを快適にこなせるメモリを搭載しています。

もう1つ注目したいポイントが、「ストレージ」です。ストレージは、タブレット本体に保存できるデータ容量のことを指します。

WebサイトやSNSの閲覧程度であれば16GB~32GB程度で足りますが、高画質な写真・動画や大容量データをダウンロードしたい方は64GB以上を選びましょう。

また、本体の容量不足が心配な場合は、ストレージ容量を拡張できるmicro SDカードを取り付けられる端末を選ぶことをおすすめします。

選び方4.価格

気になるタブレットの値段ですが、一般的なタブレットの場合、安いものでも30,000円以上が基本です。

格安タイプになると5,000円~20,000円程度のものが多く、一般的なタブレットと格安タブレットの価格差は、20,000円以上の差額が出ることもあります。

一概には言えませんが、一般的なタブレットに比べると低価格な格安タブレットは、全体的に性能は低い傾向にあり、トラブル時の対応も十分とは言えません。ただし、動画や電子辞書の観覧程度なら問題ないです。

ある程度高い機能を求めるなら、一般的なタブレットを選択した方が安心です。値段に差があるのには理由があるので、のちほど後悔しないためには、安さだけで選ばず利用シーンや目的も一緒に考慮しましょう

また、少しでも安さを追求するなら、「WiFiモデル」を選ぶとよいでしょう。LTEモデルの場合は、初期費用3,300円程度とキャリアを加えた、月額契約料金がかかりますが、WiFiモデルなら、初期費用や月額料金を払う必要はありません。

また、持ち運びできるポケットWiFiを併用すれば、外出先でも気軽にインターネットにつなげることがで可能です。WiFiモデルを利用する場合、「インターネット回線」をどれだけ安くできるかどうかが、毎月の費用を抑えるポイントになるので、ここで確認していきましょう。

インターネットも含めて探したい方は、安いインターネット回線を比較した以下の記事をご一読ください。

タブレットおすすめランキング|〜8インチ

タブレットを持ち運びたい方は、8インチ以下の小型モデルがおすすめです。

ここでは、それぞれの性能を踏まえて、8インチ以下のおすすめタブレットをランキング形式で紹介します。

スマホ最新料金プラン情報を配信中!
LINE友だち追加

1位:iPad mini(第5世代)

出典:ドコモ
  • 持ち運びに適した薄型軽量ボディ
  • A12 Bionicでクリエイティブな作業も快適
  • どんな場所でも自然な明るさのRetinaディスプレイ

8インチ以下の小型タブレット第1位は、「iPad mini(第5世代)」です。

持ち運びに適した7.9インチのコンパクトサイズとなっており、重さは約300g。小さいながらも性能や機能が充実しているので、どこでも快適に作業できます。

WiFiモデルはAppleストアやECサイトなど、セルラーモデルはドコモ・au・ソフトバンクで購入可能です。


端末名 iPad mini(第5世代)
販売価格(税込) ドコモ:67,320円~
au:66,960円~
ソフトバンク:66,720円~
本体サイズ 203.2mm×134.8mm×6.1mm
画面サイズ 7.9インチ
重さ WiFiモデル:300.5g
セルラーモデル:308.2g
OS iOS
メモリ※ 3GB
ストレージ 64GB / 256GB
通信方式 LTE / WiFi
カラー スペースグレイ/シルバー/ゴールド

※Apple公式から発表されていないため、推定値です。

A12 Bionicでクリエイティブな作業も快適

iPad mini(第5世代)は、Neural Engineを搭載したA12 Bionicチップを採用。Neural Engineとは、機械学習の処理に特化した機能のことを指し、処理速度や省電力などの向上に影響しています。

高性能チップの搭載により、簡単な動画編集や音楽制作、ゲームアプリなども快適に操作できます。また、ARの技術を使って家具の配置などを確認することも可能です。

さらに、iPad mini(第5世代)は「Apple Pencil」に対応しています。一緒に使用すれば、持ち運び可能なデジタルノートになるので、メモを残したい場面やイラストを描く際に便利です。

どんな場所でも自然な明るさのRetinaディスプレイ

iPad mini(第5世代)は、7.9インチのRetinaディスプレイを搭載しています。300万を超えるピクセルが詰め込まれたディスプレイとなっており、現実の世界に近い美しい映像を映し出します。

また、True Tone機能も備わっているので、環境に合わせてホワイトバランスを自動調整することが可能。日差しの強い屋外や寝る前の薄暗い部屋など、どんな場所でも自然な明るさを再現します。

単行本よりもひと回りほど大きいサイズなので、タブレットで手軽に読書を楽しみたい方にもぴったりです。


2位:Vastking SA8

  • 1万円台の高コスパタブレット
  • ブルーライトカット機能で目が疲れにくい
  • 4,000mAhのバッテリーで外出先でも安心

8インチ以下の小型タブレットおすすめ第2位は、「Vastking SA8」です。Android OSを搭載したVastking SA8は、Amazon等のECサイトにて1万円台で購入できます。

低価格帯のモデルですが、オクタコアプロセッサなので処理速度が速く、スムーズに動作することが特徴です。高負荷な3Dゲームは難しいですが、Webサイト・SNSの閲覧や動画視聴、画像編集などは問題なく行えます。

端末名 Vastking SA8
販売価格(税込) Amazon:15,299円~
画面サイズ 8インチ
重さ 354g
OS Android 10
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
通信方式 LTE

ブルーライトカット機能で目が疲れにくい

Vastking SA8は、8インチのフルHDディスプレイを搭載しています。解像度が高いため、高精細で美しい画質を実現しました。

また、独自技術のブルーライトカット機能が備わっており、長時間使用しても目が疲れにくい仕様です。

性能はハイスペックモデルに劣るものの、簡単な画像編集やイラスト制作などは可能なので、タブレットを日常的に使いたい方に適しています。

4,000mAhのバッテリーで外出先でも安心

Vastking SA8は、持ち運びに適したコンパクトサイズなので、外出先で使用する方も多いでしょう。その場合に気になるのが、タブレットのバッテリー持ちです。

Vastking SA8に搭載されているバッテリーは、4,000mAh。大容量なので長時間動作する上に、急速充電にも対応しているため、いつでも素早く充電できます。

\初回限定3ヶ月無料!/
iPhone格安SIM通信アンケート

3位:Lenovo Tab M8

  • スタイリッシュなメタルボディ
  • ドルビーオーディオ対応で臨場感のあるサウンド
  • キッズモードで子供用としてもぴったり

8インチ以下の小型おすすめタブレット第3位は、香港に本店を構えるLenovoから登場した「Lenovo Tab M8」です。本体いっぱいに広がる8インチのFHDディスプレイを搭載しているLenovo Tab M8。

高級感のある金属製の背面は、スリムでスタイリッシュな印象です。丸みを帯びたデザインなので、手にフィットして操作しやすいことも魅力の1つと言えます。

端末名 Lenovo Tab M8
販売価格(税込) Lenovo公式:26,294円~
画面サイズ 8インチ
重さ 305g
OS Android 9.0
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
通信方式 LTE / WiFi

ドルビーオーディオ対応で臨場感のあるサウンド

Lenovo Tab M8は、ドルビーオーディオ対応のサウンド機能を搭載。タブレットで、動画視聴や音楽鑑賞を楽しみたい方にぴったりの1台です。

また、オクタコアプロセッサを採用しているため、最新のモバイルゲームをプレイしたり、簡単な画像編集など、様々な作業を快適に行えます。

Lenovo Tab M8の販売価格は、26,294円(税込)。価格とスペックのバランスが取れた、コストパフォーマンスに優れたタブレットです。

キッズモードで子供用としてもぴったり

Lenovo Tab M8は、家族で使いたい方にもおすすめのタブレットです。その理由として、キッズモードを搭載していることが挙げられます。

Lenovo Tab M8のキッズモードは、タブレットの利用状況を分析してくれるので、教育とエンターテインメントのバランスを取ることが可能です。子供に適切な機能を使えるので、子供用のタブレットとしても利用できます。

また、ブルーライトカット機能を搭載しているため、目が疲れにくく子供の目を守ります。

4位:Fire HD 8

  • 1万円以下の格安タブレット
  • Amazonのサービスを利用する方におすすめ
  • 便利なアレクサ搭載

8インチ以下のおすすめ小型タブレット第4位は、Amazonの「Fire HD 8」です。8インチの小型モデルなので、持ち運びタブレットとしてもぴったり。

ストレージ容量32GBと64GBのモデルを用意しており、32GBモデルであれば9,980円(税込)で購入できます。2018年に発売された前モデルよりも大幅に性能が向上しているため、普段使いのタブレットとして検討してみてはいかがでしょうか。

端末名 Fire HD 8
販売価格(税込) 32GB:9,980円
64GB:11,980円
本体サイズ 202mm×137mm×9.7mm
画面サイズ 8インチ
重さ 355g
OS Fire OS
メモリ 2GB
ストレージ 32GB / 64GB
通信方式 WiFi
カラー ブラック/ブルー/ホワイト

Amazonのサービスを利用する方におすすめ

Fire HD 8は、AndroidベースのOS「Fire OS」を搭載したモデルです。基本的な操作はAndroidと変わりませんが、Googleのサービスやアプリは使えないので注意しましょう。

なお、代用できるサービスを提供しており、例えばアプリの入手はGooglePlayではなくAmazonストアから行えます。その他にも、Amazonのサービスが充実しているので、日頃から利用している方であれば十分なタブレットです。

搭載しているメモリは2GBで、ハイスペックモデルに比べると劣ってしまいますが、Webサイトの閲覧やAmazonプライムで配信されている動画や音楽などは快適に楽しめます

便利なアレクサ搭載

Fire HD 8には、AmazonのAIアシスタント機能「アレクサ」が搭載されています。アレクサに音声で話しかけることで、天気やニュースなど様々な情報を手軽に得られます。

また、音声通話やビデオ通話、アラームの設定からAmazonの買い物など様々な用途で活用できるので、日常の中でも便利な機能です。

さらに、Fire HD 8はAmazonのスマートディスプレイである「Echo Show」のように使用できる「Showモード」に対応しています。

これにより、アレクサへ話しかけた情報を、常時フルスクリーンで画面に表示することが可能です。持ち運びもできるスマートディスプレイとして汎用性が高い1台なので、この機会にぜひチェックしてみてください。

5位:HUAWEI MediaPad M5 lite

出典:mineo
  • ブルーライトカットモード搭載の高精細ディスプレイ
  • まるで映画館!迫力のある高音質スピーカー
  • 省電力技術搭載の大容量バッテリー

8インチ以下のおすすめ小型タブレット第5位は、スマホのメーカーとしても有名なHUAWEIから発売された「HUAWEI MediaPad M5 lite」です。

HUAWEI MediaPad M5 liteは、8インチの高精細ディスプレイを搭載。狭額縁デザインにより、画面いっぱいに美しく鮮やかな映像が広がります。

また、ブルーライトカットモードに対応しているため、目に優しく長時間使用しても疲れにくい使い心地を実現しました。

HUAWEI MediaPad M5 liteは、mineoとBIGLOBEモバイルで販売しており、価格は3万円以下。高画質なので、綺麗な映像を楽しみたい方におすすめです。

HUAWEI MediaPad M5 liteの詳細はこちら
mineo
公式サイト
BIGLOBEモバイル
公式サイト

端末名 HUAWEI MediaPad M5 lite
販売価格(税込) mineo:29,040円
BIGLOBEモバイル:29,568円
本体サイズ 約204.2mm×122.2mm×8.2mm
画面サイズ 約8インチ
重さ 約310g
OS Android 9.0 Pie
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
通信方式 LTE / WiFi
カラー スペースグレー

まるで映画館!迫力のある高音質スピーカー

HUAWEI MediaPad M5 liteは、60年以上の歴史をもつオーディオブランド「Harman Kardon」が施した音響チューニングを採用。より低音で歪みの少ない、高音質なサウンドをとなっています。

さらに、HUAWEI独自のサラウンド技術「HUAWEI Histen」と、デュアルスピーカー、デュアルパワーアンプを組み合わせることにより、臨場感あふれるサウンドを実現しました。

美しい映像だけでなく、迫力のあるサウンドを体験できるので、タブレットで手軽に映画を楽しみたい方におすすめです。

省電力技術搭載の大容量バッテリー

HUAWEI MediaPad M5 liteは、5,100mAhの大容量バッテリーを搭載しています。省電力技術を搭載したバッテリーなので、外出先でも充電を気にする必要がありません。

また、CPUには高性能な「HUAWEI Kirin 710」を採用しており、タブレット本体が効率よく動作します。アプリの利用やWebサイトの閲覧など日常的な操作はもちろん、ビジネスシーンでも役立つ1台です。

HUAWEI MediaPad M5 liteの詳細はこちら
mineo
公式サイト
BIGLOBEモバイル
公式サイト

タブレットおすすめランキング|8インチ〜

次に、8インチ以上のおすすめタブレットを紹介します。画面の見やすさや性能など、バランスが取れた端末を取り揃えているので、ぜひ参考にしてください。

1位:iPad Air4

出典:ドコモ
  • 豊富なカラーバリエーション
  • 最新チップA14 Bionicにより処理速度が向上
  • 没入感を体験できるフルディスプレイ

8インチ以上のおすすめタブレット第1位は、2020年発売の「iPad Air4」です。高性能な最新チップの搭載や、ディスプレイデザインの刷新など、前モデルであるiPad Air3から大きく進化したモデルとなっています。

画面サイズは10.9インチと大きいため、アプリや動画視聴などの日常的な操作からクリエイティブな作業など、幅広く活躍する1台です。

カラーは、シルバー・スペースグレイ・ローズゴールド・グリーン・スカイブルーの5色展開。パステルカラーなので、様々なシーンに馴染みやすく、自分好みのiPadを選択できます。


端末名 iPad Air4
販売価格(税込) ドコモ:86,328円
au:89,280円
ソフトバンク:84,960円
本体サイズ 247.6mm×178.5mm×6.1mm
画面サイズ 10.9インチ
重さ WiFiモデル:458g
セルラーモデル:460g
OS iOS
メモリ※ 4GB
ストレージ 64GB / 256GB
通信方式 LTE / WiFi
カラー シルバー/スペースグレイ/ローズゴールド/グリーン/スカイブルー

※Apple公式から発表されていないため、推定値です。

最新チップA14 Bionicにより処理速度が向上

iPad Air4には、Apple製の高性能チップ「A14 Bionic」を搭載しています。これは、iPhoneの最新モデルであるiPhone 12シリーズにも採用されたチップです。

前モデルのiPad Air3に搭載されていた「A12 Bionic」チップと比較すると、CPUが40%、GPUが30%高速化されました。大容量の写真・動画編集や音楽制作など、ヘビーな動作も快適にこなせる性能です。

ストレージ容量は、64GB・256GBから選択できます。仕事や趣味など様々なシーンで活躍するスペックで、iPad Proなどのハイスペックモデルに劣らない1台です。

没入感を体験できるフルディスプレイ

iPad Air4では、これまで本体前面に搭載されていたホームボタンが廃止され、指紋認証(Touch ID)は端末上部の電源ボタンに組み込まれました。

そのため、iPad Proのデザインに似た、ベゼルレスのフルスクリーンディスプレイを実現しています。電源をつけると同時に素早くロック解除できることが、iPad Air4の魅力の1つです。

もちろん、Apple Pencilに対応しているので、デジタルノートとしての役割も果たします。イラスト制作にも適しており、クリエイティブな作業を手軽にこなしたい方にもおすすめです。


2位:LAVIE Tab T1195

  • 11.5インチの有機ELディスプレイ
  • 大容量メモリ・ストレージであらゆる動作が快適
  • 顔認証対応の高性能Webカメラでロック解除もスムーズ

8インチ以上のおすすめタブレット第2位は、「LAVIE Tab T1195」です。本体いっぱいに広がる11.5インチの有機ELディスプレイは、コントラスト比に優れた映像を表現します。

HDR対応の動画やゲームを大画面で臨場感たっぷりに楽しめるので、タブレットで映画を楽しみたい方にもぴったりです。

端末名 LAVIE Tab T1195
販売価格(税込) 65,780円~
本体サイズ 264.3mm×171.4mm×5.8mm
画面サイズ 11.5インチ
重さ 約485g
OS Android 10
メモリ 6GB
ストレージ 128GB
通信方式 LTE / WiFi
カラー シルバー

大容量メモリ・ストレージであらゆる動作が快適

LAVIE Tab T1195は、8コアの高性能プロセッサに加えて6GBのメモリを搭載。これにより、高画質動画の視聴や、ヘビーなオンラインゲームなども快適です。

また、ストレージは128GBと大容量なので、大容量データの保存も安心して行えます。Webサイトの閲覧やアプリの利用から、画像・動画編集など、様々な用途で役立つタブレットです。

また、再生するコンテンツに合わせて最適なサウンドに調整できる「Dolby Atmos」に対応。まるで、その場にいるかのような臨場感のあるサウンドを手軽に楽しめます。

顔認証対応の高性能Webカメラでロック解除もスムーズ

LAVIE Tab T1195は、指紋認証だけでなく顔認証にも対応しています。パスワードを入力しなくても、本体のWebカメラに顔を向けるだけで、スムーズなロック解除が可能です。

また、タッチパッドを搭載した脱着式のキーボードや、4096段階の筆圧感知に対応したデジタルペンをオプション(別売)で用意しています。

スタンドカバー付きのキーボードを本体に装着すると、持ち運びしやすい軽量のノートパソコンとして使用できます。

3位:ALLDOCUBE iPlay40

  • LTE通信可能な2万円台の高コスパモデル
  • 高性能チップと8GBメモリで快適な操作性
  • 高音質なクワッドスピーカー搭載

8インチ以上のおすすめタブレット第3位は、「ALLDOCUBE iPlay40」です。Amazon等のECサイトにて2万円台で購入できる上にLTE通信可能なので、高コスパタブレットと言えます。

ワイドで美しいディスプレイは、解像度が高く、近くで見ても粗さが目立ちません。10.4インチと大画面ですが、スリムなので持ち運んで外出先でも使用したい方にもおすすめです。

端末名 ALLDOCUBE iPlay40
販売価格 2万円台
本体サイズ 248.1mm×157.86mm×8.2mm
画面サイズ 10.4インチ
重さ 475g
OS Android 10
メモリ 8GB
ストレージ 128GB
通信方式 LTE / WiFi

高性能チップと8GBメモリで快適な操作性

ALLDOCUBE iPlay40は、高性能なチップセットと8GBの大容量メモリを搭載しています。これにより、Webサイトの閲覧やSNSの利用だけでなく、動画編集やイラスト制作といったヘビーな作業も快適です。

スクロールなどもかくつくことなく、キビキビとした操作性を実現しています。2万円台の端末とは思えない、汎用性の高いタブレットです。

高音質なクワッドスピーカー搭載

ALLDOCUBE iPlay40は、本体に4つのスピーカーを内蔵。縦に置いても横に置いても、迫力のあるサウンドを楽しめます。

ドルビーアトモス対応のタブレットなどに比べると、ややチープな音質ですが、価格を考えると満足の仕上がり。クアッドスピーカーというだけで、臨場感あふれるサウンドを実現しました。

4位:Galaxy Tab A7

  • ドルビーアトモス対応の豊かなサウンド
  • 洗練されたスタイリッシュなデザイン
  • YouTube Premiumが2か月間無料

8インチ以上のおすすめタブレット第4位は、サムスン製の「Galaxy Tab A7」です。10.4インチのダイナミックな美しいディスプレイに加えて、ドルビーアトモス対応のオーディオを備えています。

これらを組み合わせることによって、劇場のように上質な映像体験を実現しました。タブレットで手軽に映画やドラマを楽しみたい方は、Galaxy Tab A7を手に取ってみてはいかがでしょうか。

端末名 Galaxy Tab A7
販売価格 2万円台~
本体サイズ 247.6mm×157.4mm×7.0mm
画面サイズ 10.4インチ
重さ 476g
OS Android
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
通信方式 LTE / WiFi
カラー ダークグレー/シルバー/ゴールド

洗練されたスタイリッシュなデザイン

Galaxy Tab A7の背面は、高級感のあるメタルボディを採用。カラーは、ダークグレー・シルバー・ゴールドの3色展開です。

また、10.4インチのワイドなディスプレイを搭載していながら、本体の厚さはなんと7.0mm。トートバッグなどにもすっぽりと収まるスタイリッシュなデザインとなっています。

YouTube Premiumが2か月間無料

Galaxy Tab A7を購入すると、YouTube Premiumが2か月間無料で利用できます。YouTube Premiumとは、広告を非表示にしたり動画のダウンロードなどの機能が使用できるYouTubeの月額制有料サービスです。

Galaxy Tab A7の迫力ある大画面で、YouTubeのコンテンツを無料で楽しめるので、日頃からYouTubeの動画を視聴している方に適しています。

5位:dTab Compact d-42A

出典:ドコモ
  • シニアから子供まで使える満足の1台
  • 充実した基本性能でオンライン会議や授業も快適

8インチ以上のおすすめタブレット第5位は、ドコモが販売する「dTab Compact d-42A」です。

カバンに入れて持ち運びしやすいコンパクトサイズで、手になじむ質感が特徴。動画も電子書籍も見やすい、ちょうどよいタブレットとなっています。

【ドコモ公式】dTab Compact d-42Aの詳細はこちら

端末名 dTab Compact d-42A
販売価格(税込) 35,640円
本体サイズ 198mm×122mm×8.3mm
画面サイズ 8.0インチ
重さ 約326g
OS Android 10
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
カラー ネイビー/ゴールド

シニアから子供まで使える満足の1台

dTab Compact d-42Aには、シニア向けの「シンプルメニュー」と子供にぴったりの「キッズモード」を搭載しています。

シンプルメニューは、アイコンや文字を大きくしたり、シンプルで使いやすいメニュー画面に変更できる機能です。シンプルメニューに設定すると、タブレット初心者のシニア世代も、アプリや機能を簡単に使いこなせます。

キッズモードは、子供の指紋や顔を登録することで、簡単に子供用のモードを起動できる機能です。Webサイトやアプリの利用制限をかけられるので、子供一人で使用するタブレットとして適しています。

タブレットを使用することが多いデジタルネイティブ世代だけでなく、子供からシニアまで使用できるタブレットなので、一家に一台検討してみてはいかがでしょうか。

充実した基本性能でオンライン会議や授業も快適

基本的な性能が充実しているdTab Compact d-42A。また、ドルビーアトモスやaptX対応による高音質により、あらゆるコンテンツを快適に楽しめます。

防水・防塵にも対応しているので、アウトドアシーンやキッチンなど、様々なシーンで活躍するタブレットです。

さらに、ノイズや歪みが少ない高性能マイクを搭載しており、オンラインでの会話もクリアで聞き取りやすい音声。付属の充電スタンドに本体を置けば、ハンズフリーで長時間使用できるため、オンライン会議や授業などにも活用できます。

【ドコモ公式】dTab Compact d-42Aの詳細はこちら

【目的別】おすすめタブレット

最後に、目的別のおすすめタブレットを紹介します。タブレットには、特定の機能・性能に特化したモデルがあるので、利用目的に応じて選びましょう。

子供におすすめのタブレット

  • 子供向けサービス「Amazon kids+」1年間無料
  • 2年間交換保証付き
  • 安心の見守り設定

子供用のタブレットとしておすすめしたいのは、「Fire HD 10キッズモデル」です。Amazonから登場したFire HD 10キッズモデルは、子供向けにデザインされたタブレットとなっています。

耐久性に優れた保護カバーが同梱されており、子供がうっかりタブレットを落としてしまっても安心。子供の手にフィットするデザインで、使いやすい仕上がりです。

また、万が一壊れてしまっても、2年間の限定保証がついているので、いつでも無償で交換可能。価格も2万円以下と手頃なので、子供用タブレットの購入を検討している方におすすめです。

端末名 Fire HD 10キッズモデル
販売価格(税込) 19,980円
本体サイズ 269mm×209mm×27mm
画面サイズ 10.1インチ
重さ 716g
OS Fire OS
メモリ 3GB
ストレージ 32GB

子供向けサービス「Amazon kids+」1年間無料

Fire HD 10キッズモデルの最大の魅力は、子供向けの知育コンテンツを楽しめる「Amazon kids+」の利用料が1年間無料になる点です。

Amazon kids+で利用できるコンテンツは、絵本・学習漫画・子供向けのアプリやゲーム・英語教材など様々。子供の成長に合わせて、Amazon kids+の専門チームが厳選したコンテンツが定期的に追加されます。

遊びから勉強まで網羅したサービスを1年間無料で好きなだけ楽しめるので、学習教材などで迷っている方にもおすすめです。

安心の見守り設定

Fire HD 10キッズモデルでは、ペアレンタルコントロール機能を使用して、保護者による利用時間の制限や、学習タイム機能、コンテンツの管理などが簡単に設定できます。

これにより、子供がタブレットを使いすぎたり、不適切なWebサイトにアクセスしないようにコントロールすることが可能です。

中でも注目したい機能が、勉強のゴールを設定したり、その日の学習結果を記録できる「学習タイム機能」。子供が勉強に集中できるように設定できるので、保護者の方も安心です。

ゲームプレイにおすすめのタブレット

  • ゲームプレイにとことんこだわった高性能タブレット
  • 様々なゲームに対応した専用コントローラー

タブレットでゲームプレイを楽しみたい方におすすめなのが、「NVIDIA SHIELD Tablet K1」です。高画質なディスプレイや低音がはっきりとしたスピーカーの搭載など、ゲームプレイに適したタブレットとなっています。

また、フラッグシップモデル並みの性能をもっているので、普段使いのタブレットとしてもぴったり。あらゆる操作が、サクサクと快適に動きます。

端末名 NVIDIA SHIELD Tablet K1
販売価格(税込) Amazon:38,160円~
本体サイズ 221mm×126mm×9.2mm
画面サイズ 8インチ
重さ 390g
OS Android
メモリ 2GB
ストレージ 16GB

ゲームプレイにとことんこだわった高性能タブレット

NVIDIA SHIELD Tablet K1は、ゲーミングタブレットととして性能にとことんこだわった1台です。高負荷な3Dゲームをプレイすることを想定し、通常のタブレットと比較して2倍程度、放熱設計に余裕を持たせています。

そのため、長時間タブレットを使用しても本体が熱くなりにくく、快適にゲームプレイを楽しめます。

また、バッテリー持ちも優れているので、タブレットを持ち運んで使用したい方も安心。ヘビーに使っても、1日中充電を心配する必要がありません。

様々なゲームに対応した専用コントローラー

NVIDIA SHIELD Tablet K1には、別売りのワイヤレスコントローラーが用意されています。

こちらは、十字ボタンと4つのボタン、4つのトリガーボタン、2本のアナログスティックを搭載しており、家庭用ゲーム機のコントローラーのような見た目です。

NVIDIA SHIELD Tablet K1に最適化した高機能なコントローラーで、使い勝手も家庭用ゲーム機のコントローラーと変わりません。

NVIDIA SHIELD Tablet K1でストレスなくゲームプレイを楽しみたい方は、ワイヤレスコントローラーの購入も検討してみましょう。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2021年06月11日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード