ソフトバンク端末|SIMロック解除方法を詳しく解説

ソフトバンク端末のSIMロックを解除する方法があることを知っていますか。ロックを解除することで、節約につながるなど、さまざまなメリットを実感できます。この記事では、そんなSIMロック解除の方法や手順、条件について解説していきます。
docomo予約 ソフトバンク端末|SIMロック解除方法を詳しく解説

SIMロックとは、他社でSIMカードを利用させなくする日本オリジナルの技術です。しかし、今ではこのSIMロックを解除して、SIMフリーの端末にすることができます。

そこで、SIMロックの基礎知識、解除を行う方法、他社携帯でソフトバンクのSIMカードを使うやり方、解約後にSIMロック解除する際の注意点、対象機種以外でSIMロック解除をする方法などを紹介してます。

ソフトバンクユーザーではなく、他のキャリアを使用しているユーザーも「できるだけスマホ料金を節約したい」「海外に行く時、いつもスマホの扱いに困っている」という人は、ぜひ参考にしてください。

SIMロックの基礎知識

SIMロックとは、SIMカードにかかっているロックのことです。しかしキャリアで契約したスマホのSIMロックを解除することが可能です。SIMロックの基本的な知識と併せて、SIMロック解除のメリット・デメリットについても紹介していきます。

SIMロックとは

SIMロックとは、SIMカードに対するロックのことです。ガラケーやスマホにはSIMカードがセットされ、そこにはID番号が記録されています。なぜ、ID番号が記録されているのかと言えば、加入者を特定し、サービスを提供できるからです。SIMは、写真や音楽などのデータを保存するものではありません。

SIMをさらに詳しく解説すると、「Subscriber(回線)」「Identity(識別)」「Module(モジュール)」の頭文字を取った言葉であり、昨今話題の格安SIMカードであれば、音声通話のSIMカードやデータ通信のSIMカードなどの種類があります。

日本のキャリアにおいては、別会社のSIMカードが使用できないようにロックされています。ソフトバンクで買ったiPhoneにauのSIMカードを入れても、通信や通話はできません。ソフトバンク購入のiPhoneは、ソフトバンクのSIMカードのみ使用可能です。

SIMロック解除は原則義務化されている

日本ではSIMロックが一般的ですが、海外では、規制のないSIMフリーが当たり前です。SIMフリーは、どんなスマホにも、各キャリアのSIMカードを差し込んで利用できる便利なものです。昨今話題の格安スマホと格安SIMであれば、携帯料金をかなり節約できるでしょう。

日本でも、新機種のSIMロック解除は義務化されています。しかしながら、2015年5月1日以降のモデルでなければ、基本的にSIMロック解除できません。

iPhoneであれば、2014年9月19日発売のiPhone 6 PlusはSIMロック解除できなく、2015年9月25日発売のiPhone 6sからSIMロック解除可能です。他のスマホ、あるいはタブレットも同様に、2015年5月1日以降のモデルが対象製品です。

SIMロック解除のメリット

SIMロック解除のメリットは、他社に乗り換える際に、携帯本体を買い替えるコストがかからないことです。SIMカードを別の端末に入れれば、利用できるためです。さまざまな通信業者がありますので、端末はそのままでそのほかの価格やサービス内容などで検討ができます。

SIMカードを現地で購入すれば、海外でも自分のスマホを使えます。レンタルする必要はなくなるわけです。また今まで使っていたスマホを売る場合、SIMロックが解除されている方が高値で売れるメリットもあります。

SIMロック解除のデメリット

SIMロック解除によって、デメリットらしいデメリットは生じません。しかしながら、他社への乗り換えにおいて、不具合が生じる可能性があります。例えば、アプリが正常に動作しないといったトラブルです。

またソフトバンクのSIMロック解除であれば、解除後ソフトバンクのサービスを受けられなくなる可能性があります。

ソフトバンク携帯でSIMロック解除を行う方法

ソフトバンク携帯でSIMロック解除を行う際、いくつか条件があります。また、解除方法も複数あります。これらについて理解を深め、SIMロック解除できる契約なのか、持っている機種は対応可能なのか、確認してみましょう。

SIMロック解除を行う条件

まずソフトバンク携帯の利用者本人でなければ、SIMロック解除はできません。それ以外に以下のような条件があります。SIMロック解除できる条件がそろっているか、確認しておきましょう。

端末の使用者が契約者本人であること

ソフトバンクの契約者本人以外は、SIMロック解除不可です。例えば、知人や友人から端末をもらった場合やオークションサイトで購入したものなどは、対象外ですので注意が必要です。

SIMロック解除対象商品である

SIMロック解除対象商品かつ2015年5月以降の発売機種でなければ、SIMロック解除できません。iPhoneであれば、2015年9月25日発売のiPhone 6sからiPhone XSは、対象商品です。2010年6月24日発売iPhone 4から、2014年9月19日発売のiPhone 6 Plusは対象外です。

Google Pixelは、Google Pixel 3、Google Pixel 3 XLであれば、問題ありません。iPadは、2015年9月19日発売のiPad mini 4であれば、解除可能です。iPad mini 3以前のモデルは、SIMロック解除機能を搭載していません。

ソフトバンクのスマートフォンであれば、Android One S5、HUAWEI Mate 20 Pro、AQUOS zero、Xperia XZ3、シンプルスマホ 4、Nexus 6P、ガラケーは、Simply B、AQUOS ケータイ2、かんたん携帯9などが対象商品です。タブレットはLenovo TAB4、MediaPad M3 Lite s、モバイルデータ通信は604HWなどです。

その他のスマホやタブレット、モバイルデータ通信なども、SIMロック解除対象商品なのかチェックしておきましょう。

参考:2015年5月以降の発売機種

購入してから100日以上のもの

商品を購入してから、100日以上経過していることも条件です。厳密には、購入日より101日目から手続き可能です。100日以内でSIMロック解除したい場合は、端末の一括購入であれば条件内となります。キャンペーンで購入した際は、対応不可のケースもありますので、注意しましょう。

通信制限等のロックがかかっていない

ネットワーク利用制限商品や端末をロックできる安心遠隔ロックなどのサービスを利用している場合も、手続きできません。しかし機能制限サービスを解除しておけば、SIMロック解除可能です。サービス解除方法を確認しておきましょう。

故障がない

端末が壊れている、あるいは水濡れしている場合、正しく操作できませんので、SIMロック解除ができません。故障修理は基本的には費用がかかりますので、金額によっては端末を買いなおしたほうがよい場合があります。

SIMロック解除の方法

SIMロック解除は、「My Softbank」にログインすれば手続きできます。もちろん、ソフトバンクショップの店頭でも受付可能です。こうした具体的なSIMロック解除の方法について解説していきましょう。

My Softbankで解除手続き

「My Softbank」での手続きには、SIMロック解除手数料がかかりません。また一部の機種は「My Softbank」での手続き不可ですので、手続きできない場合は店頭に持っていき、確認しましょう。

  • IMEI(製造番号)のメモ
  • 「My softbank」にログイン
  • 右上「メニュー」をクリック
  • 「契約・オプション管理」→「オプション」を選ぶ
  • 下部にある「SIMロック解除対象機種の手続き」を選ぶ
  • メモしたIMEI番号を入力
  • 「解除手続きする」を選ぶ
  • 手続き終了

これで手続きは完了します。「My Softbank」にログインできれば、スマホだけではなく、パソコンでも対応可能です。iPhone、iPadとその他のスマホ、ケータイでは多少解除方法が異なりますが、設定自体は難しくありません。不明点があった際は、ソフトバンクカスタマーサポートに問い合わせましょう。

iPhoneでSIMカードを取る時は、SIM取り出しツールを使用します。カードを端末に入れる際は、向きを間違えないようにし、小さいものですので、失くさないように注意しましょう。

店舗の窓口で手続きをする

「My Softbank」だけではなく、ソフトバンクショップでも手続き可能です。「My Softbank」の使い方に自信がない人は、店頭で受付しましょう。ショップスタッフが代わりに操作してくれます。しかしソフトバンクショップで手続きする場合、手数料として3,000円かかります。

ソフトバンクショップでは、スマホアドバイザーによるスマホの相談や、かんたん来店予約、修理取次サービス、店舗受け取りサービスなど、さまざまなサービスを提供しています。SIMロック解除以外にも相談したいことがある人は、来店することをおすすめします。

ソフトバンクショップでの手続きにデメリットがあるとすれば、状況次第では、待ち時間が長く、せっかくの休日を潰してしまうリスクがあることです。ネットに理解の深い人は、わざわざ来店する必要はありません。

参考:ソフトバンクショップでの手続き

2015年4月まで発売の対象機種について

一部機種は、2015年5月以降の発売機種ではなくても、SIMロック解除機能があります。この場合、SIMロック解除手数料として、3,000円かかります。受付はソフトバンクショップで行い、解除後、手数料の返金には対応していません。また、ロックのかけ直しもできません。 

参考:2015年4月までの製品

他社携帯でソフトバンクのSIMカードを使うには

他社携帯でソフトバンクのSIMカードを使うことも条件を満たせば可能です。条件は複数ありますが、知っておいても損はありません。SIMロック解除の方法と併せて、紹介していきます。

ソフトバンクのSIMカードを使う条件

ソフトバンクのSIMカードを使う条件について、それぞれの詳細を解説します。

SIMロック解除された製品

他社携帯でソフトバンクのSIMカードを使う場合は、その携帯がSIMロック解除されていなければ、利用できませんので、必ず事前にSIMロック解除しておきましょう。詳しい方法は、他社携帯会社に問い合わせ、適切な方法でSIMロック解除してください。

通信方式が同じである

他社の製品がソフトバンクと異なる通信方式の場合も、利用不可です。そのため、ソフトバンクだけではなく、ドコモやauの周波数などもチェックしておきましょう。機種別対応周波数も併せて確認することをおすすめします。

参考:機種別対応周波数一覧

非音声製品は不可

スマホの場合は、タブレットなどの非音声商品は対象に含まれません。非音声商品は不可と認識しておきましょう。SIMフリー端末の場合は、国内で使用しても問題ない端末なのか、技適マークを店頭でチェックされる時もあります。

SIMカードの大きさ

プライベート情報も登録できるソフトバンクのUSIMカードは、全サイズに対応しているマルチSIMです。SIMカードには、標準、micro、nanoといった3種類のサイズがあり、マルチサイズSIMであれば、それぞれの大きさに合わせて使用できます。

25mm×15mmの標準SIMは、今ではあまり使われていません。3G対応スマホなどで利用されています。15mm×12mmのmicroSIMは、iPhone4などです。12.3mm×8.8mmのnanoSIMは、昨今のスマホでよく使われているサイズです。SIMカードサイズを確認する際は、メーカーのホームぺージなどで探しましょう。

マルチUSIMカードは、基本的に流通量が多くありません。店舗に在庫がなければ、他社携帯をショップに持ち込んでも、契約できない可能性があります。

SIMロック解除の方法

SIMロック解除方法は、ソフトバンクの回線契約がある場合とない場合で、必要書類などが異なります。それぞれの手続き方法について細かく紹介します。

ソフトバンクの回線契約がある場合

ソフトバンクの回線契約がある人は、ソフトバンク店頭で受付可能です。そこで、機種変更や契約変更の手続きを進めます。USIMカードの在庫があるのか事前にチェックして、他社携帯を持っていきましょう。

事務手数料として、3,000円かかることは認識しておいてください。また、今利用しているサービスが使用不可になる可能性もありますので、注意が必要です。しかも、万が一使用できなくても、月額料金は発生します。

3Gケータイ、3Gスマートフォン、4Gスマートフォン、iPhone、iPadなどの音声通話やパケット通信の料金設定は、ソフトバンクで買った端末を利用する時と同じプランです。

また、パケット定額サービスに入っている人は、アクセスインターネットプラスを設定しましょう。設定していない場合、パケット定額にはならず、通信料が高くなってしまうリスクがあります。

参考:ソフトバンクの回線契約がある人

ソフトバンクの回線契約がない場合

ソフトバンクの回線契約がない人は、新規加入しなければなりません。他社の携帯だけではなく、運転免許証やマイナンバーカードなどの本人確認書類などをソフトバンクに持っていきましょう。

そして、事務手数料として3,000円請求されます。利用料金に合算されるのではなく、店頭で支払うケースもありますので、覚えておいてください。

他社携帯でソフトバンクのSIMカードを使う際、他社製品に関するアフターサービスは対応していません。取り扱い方法や故障などについての受付は、販売事業者に問い合せしましょう。

参考:ソフトバンクの回線契約がない人

解約後にSIMロックを解除する際の注意点

ソフトバンク解約後にSIMロック解除することも可能です。しかしながら、場所、期日に制限があり、手数料も発生するため、解約前にSIMロック解除した方が手間もお金もかかりません。このような解約後にSIMロック解除する際の注意点について、詳しくみていきましょう。

解約後のSIMロック解除には条件がある

ソフトバンクを解約した後、SIMロック解除するためには、90日以内という決まりがあり、受付場所もソフトバンクショップのみです。

決められた期間内に契約者本人が実行しなければならない

解約後のSIMロック解除は、解約してから90日以内でなければ受付不可です。また、契約者以外の手続きも認められません。決められた期間内に契約者本人が実行しなければならないため、忙しくてなかなか時間の取れない人は、注意が必要です。

受付はソフトバンクショップのみ

ソフトバンク解約後のSIMロック解除の条件として、ソフトバンクショップのみの受付という制限もあります。つまり、ネットでは受付不可です。さらに手数料3,000円も必要です。他社へのりかえた後のSIMロック解除も、同様にソフトバンクショップで対応する必要があり、費用が発生します。

対象機種以外でSIMロック解除をする方法

SIMロック解除できない機種を持っている人は、新しくSIMフリーのスマホを買う、もしくは、SIMロック解除アダプタを使用するといった方法で、対処できます。SIMフリーのスマホもSIMロック解除アダプタも安価ですので、やりやすい方法と言えます。

新しくSIMフリーのスマホを購入する

ソフトバンクでは、対象機種以外のスマホのSIMロック解除はできません。そのため思い切って、SIMフリースマホを買ってしまい、安いSIMに乗り換えることをおすすめします。

そうすれば、費用を抑えられるだけではなく、今まで使用していたスマホを売って元手を増やせます。SIMフリースマホは安いもので10,000円台から購入できるため、コスパに優れています。U-mobile、Y!mobile、b-mobile、QTmobile、nuromobileなどは、ソフトバンク回線の格安SIMです。

安いSIMは、料金体系がシンプルであったり、お得な通話プランなどもあります。さらに、2年縛りの契約における違約金などがない場合もあります。

このようなメリットの裏側には、キャリアメールが使用できない、通信速度が不安定といったデメリットがあることも認識しておきましょう。しかし安価なSIMは、電話やメールをあまり利用せず、Wi-Fiでネット通信している人であれば、使いやすいです。

格安スマホ、格安SIMは、至る所で入手可能です。Web通販サイトだけではなく、家電量販店などにもあります。申し込む際は、メールアドレスとクレジットカードを求められますので、本人確認書類を準備しておきましょう。また音声通話対応のSIMカードを入手したい人は、MNP予約番号の取得も必要です。

SIMロック解除アダプタを使う

スマホの機種やOS別に対応するSIMロック解除アダプタを利用すれば、対応機種ではなくても、SIMロック解除できます。しかしながら、100%ロック解除できるとは限りません。アップデートや再起動によって不具合が生じる可能性もあります。

さらに、使えないSIMロック解除アダプタも出回っており、ネット通販などで購入する際は、口コミなどをチェックして、偽物を選ばないようにしましょう。

上記のような点に注意し、SIMロック解除アダプタを使えば、SIMフリー化が低コストで、しかも簡単にできるメリットがあります。

SIMロック解除の条件に注意して快適なスマホ生活を

SIMロックとは、ソフトバンクで買ったiPhoneは、ソフトバンクのSIMカードのみ使用可能という日本のキャリアが設定した独自のルールです。しかしながら、SIMロックは条件を満たせば、解除することが可能です。

しかし、キャリアのサービスを受けられなくなることや、端末に不具合が生じる可能性もあるため、事前に確認しておきましょう。また他社携帯でソフトバンクのSIMカードを使うこともできますが、さまざまな条件がありますので注意が必要です。

SIMロック解除のメリットは、コストを抑えられたり、外国で端末を利用する際も便利になることです。解除に伴う注意点をおさえて、より快適なスマホ生活を実現させましょう。

docomo予約

公開日時 : 2019年04月21日

おっきー ― ライター
おっきー ― ライター

物心ついた頃からiPhoneがあるスマホネイティブ世代。SNSから最新情報を取得するのが日課。趣味はダンス。

関連キーワード