AppleCare+は必要?損しないために加入・修理料金や補償内容、おすすめ保険を解説します

Appleの「AppleCare+」の必要性について、メリット・デメリットを紹介しつつ検討しています。AppleCare+は故障時に格安で修理をしてもらえますが、そもそも故障・破損する可能性はあるのか、保証料金の元が取れるのか、はよく考える必要があります。
au20221102 AppleCare+は必要?損しないために加入・修理料金や補償内容、おすすめ保険を解説します

Appleの「AppleCare+」は、iPhoneを始めとするApple製品の有償の延長保証サービスです。

これからApple製品を買おうとしている人の中には「果たしてAppleCare+に加入すべきかどうか」と悩んでいる人も多いでしょう。

そこでこの記事では、AppleCare+のメリット・デメリットや必要性、AppleCare+についてよくある質問とその回答をまとめました。

併せてAppleCare+に代わる「モバイル保険」も紹介します。

AppleCare+の詳細が知りたい人、AppleCare+に入るべきか悩んでいる人はぜひ参考にしてください。

\お得にスマホを契約しよう!/

AppleCare+(アップルケア)のメリット・デメリット

AppleCare+のメリットとデメリットを挙げてみましょう。

AppleCare+はiPhone以外にも、iPadやMacBook、Air PodsやApple Watchなどにも適用されます。今回はiPhoneのAppleCare+を前提に話を進めます。

メリット

AppleCare+のメリットは3つです。

保証期間が延長される

iPhoneは、製品購入後から1年間の保証がついています。

これがAppleCare+に加入すると、保証期間が1年間から2年間に延長されます。安心して使える期間が2倍に伸びるのは心強いでしょう。

修理費用が安くなる

iPhoneの修理は比較的高額になりがちです。AppleCare+に加入していると、iPhoneが故障・破損した時に1年間に最大2まで格安料金で修理をしてくれます。この故障・破損は事故は過失でも修理可能です。

エクスプレス交換サービス

エクスプレス交換サービスとは、iPhoneの損傷や不具合の発生時に新品、もしくは新品同様のiPhoneにいち早く無料交換してもらえるサービスです。

損傷や不具合が発生した際は、専用のコールセンターに連絡するとすぐに宅配便で交換機が送られてきます。交換機と引き換えに故障機を送り返しましょう。

ただし、事故や過失による損傷がある場合は修理扱いとなり、12,900円(税込)がかかります。

また、故意による破損や壊滅的な損傷、不正改造による機能障害などがある場合は「交換機と交換」という扱いです。各機種ごとに定められた交換機価額が請求されます。

デメリット

Applecare+のデメリット2つです。

加入料金が高い

これはAppleCare+最大のデメリットでしょう。

AppleCare+の加入料金は機種によって異なります。

機種名 AppleCare+ AppleCare+ 盗難・紛失プラン
iPhone 12 Pro MAX 25,080円(税込) 27,280円(税込)
iPhone 12 Pro
iPhone 12 18,480円(税込) 20,680円(税込)
iPhone 12 mini
iPhone SE(第2世代) 9,680円(税込) 11,880円(税込)
iPhone 11 18,480円(税込) 20,680円(税込)
iPhone XR 18,480円(税込) 20,680円(税込)

「AppleCare+ 盗難・紛失プラン」は、通常のAppleCare+の保証に加えて、盗難や紛失による保証を受けられるものです。

加入料金は「一括払い」と「月払い」が選べます。月払いを選ぶと一括払いの料金を24ヵ月で分割して支払います。

購入から31日以上経つと入れない

AppleCare+は「iPhone購入時」もしくは「iPhoneの購入日から30日以内」でないと加入できません。

AppleCare+の加入について悩めるのは、iPhoneの購入から30日間です。

AppleCare+は本当に必要?

Applecare+は果たして本当に必要なのか、加入する必要があるのかを考えてみましょう。

Apple製品は頻繁に壊れる?

巷では「iPhoneは壊れやすい」という話をよく耳にします。SNSなどにアップされたiPhoneの画面が、バキバキに割れている画像を見たことがある人も多いでしょう。

しかし、「iPhoneがiPhone以外のスマホと比べて壊れやすい」という明確な根拠はありません。

iPhoneに壊れやすいというイメージがあるのは、単純にiPhoneユーザーが多いからそう感じるだけ、またiPhone 6もiPhone 12もすべて「iPhone」といわれるからとも考えられます。

iPhoneの耐衝撃性能はモデルチェンジの度に向上しているので、iPhoneを落下させた時の画面割れも昔に比べて起きにくくなっています。

そのため、「iPhoneは特別壊れやすいからAppleCare+に加入しなくては」という心配はあまり必要ないでしょう。

AppleCare+がある場合とない場合の修理料金比較

AppleCare+に加入していると1年間に最大2回まで格安料金で修理をしてくれます。

AppleCare+に加入している場合と、加入していない場合の修理料金の比較を紹介します。

よくスマホを故障・破損させてしまう人や、過去に高額な修理費用で困ったことのある人はAppleCare+の加入を検討しましょう。

画面の修理

機種名 AppleCare+加入時 通常の修理
iPhone 12 Pro MAX 3,700円(税込) 39,380円(税込)
iPhone 12 Pro 33,440円(税込)
iPhone 12 33,440円(税込)
iPhone 12 mini 27,280円(税込)
iPhone SE(第2世代) 15,950円(税込)
iPhone 11 Pro Max 39,380円(税込)
iPhone 11 Pro 33,440円(税込)
iPhone 11 23,980円(税込)
iPhone XS Max 39,380円(税込)
iPhone XS 33,440円(税込)
iPhone X 33,440円(税込)
iPhone XR 23,980円(税込)
iPhone 8 Plus 20,240円(税込)
iPhone 8 18,040円(税込)
iPhone 7 Plus 20,240円(税込)
iPhone 7 18,040円(税込)
iPhone 6s Plus 20,240円(税込)
iPhone 6s 18,040円(税込)
iPhone 6 Plus 18,040円(税込)
iPhone 6 15,950円(税込)
iPhone SE 15,950円(税込)
iPhone 5s 15,950円(税込)

画面の損傷による修理は、AppleCare+に加入していればどの機種でも一律3,700円(税込)で修理をしてもらえます。

Applecare+に加入していない場合の修理料金は機種によって異なります。

バッテリー劣化の改善

機種名 AppleCare+加入時 通常の修理
iPhone 12 Pro MAX 0円 8,140円(税込)
iPhone 12 Pro
iPhone 12
iPhone 12 mini
iPhone SE(第2世代) 5,940円(税込)
iPhone 11 Pro Max 8,140円(税込)
iPhone 11 Pro
iPhone 11
iPhone XS Max 8,140円(税込)
iPhone XS
iPhone X
iPhone XR
iPhone 8 Plus 5,940円(税込)
iPhone 8
iPhone 7 Plus 5,940円(税込)
iPhone 7
iPhone 6s Plus 5,940円(税込)
iPhone 6s
iPhone 6 Plus
iPhone 6
iPhone SE 5,940円(税込)
iPhone 5s 5,940円(税込)

iPhoneのバッテリーが劣化した場合は、Appleに修理に出せばバッテリーを新品交換してくれます。

AppleCare+に加入している場合、バッテリー交換は無料で行ってくれます。ただし、無料になるのはバッテリー容量が80%未満になった場合のみです。

AppleCare+に加入していない場合、バッテリーの摩耗率に関わらず5,940円(税込)もしくは8,140円(税込)の費用がかかります。

その他損傷の修理

「その他損傷の修理」とは、画面の損傷やバッテリーの劣化以外の修理のことを指します。

機種名 AppleCare+加入時 通常の修理(上限)
iPhone 12 Pro MAX 12,900円(税込) 71,280円(税込)
iPhone 12 Pro 65,780円(税込)
iPhone 12 52,580円(税込)
iPhone 12 mini 47,080円(税込)
iPhone SE(第2世代) 33,440円(税込)
iPhone 11 Pro Max 71,280円(税込)
iPhone 11 Pro 65,780円(税込)
iPhone 11 47,080円(税込)
iPhone XS Max 71,280円(税込)
iPhone XS 65,780円(税込)
iPhone X
iPhone XR 47,080円(税込)
iPhone 8 Plus 47,080円(税込)
iPhone 8 40,040円(税込)
iPhone 7 Plus 40,040円(税込)
iPhone 7 36,080円(税込)
iPhone 6s Plus 39,380円(税込)
iPhone 6s 35,970円(税込)
iPhone 6 Plus 39,380円(税込)
iPhone 6 35,970円(税込)
iPhone SE 33,440円(税込)
iPhone 5s 33,440円(税込)

AppleCare+に加入している場合は、一律12,900円(税込)で修理が可能です。

AppleCare+に加入していない場合は、上記の費用を上限とした修理費用がかかります。あくまでも上限なので、全ての修理でこの修理費用がかかるわけではありません。

入っておくとお得になるパターン

iPhoneに限らず、スマホの故障・破損で最も多いのは画面の損傷、つまり落下させたり何かをぶつけたりすることによって起きる画面割れです。

もしAppleCare+加入中に1度でも画面損傷を起こして修理に出せば、AppleCare+の元は取れます。

機種名 AppleCare+ AppleCare+加入者の画面修理費用 合計 通常の画面修理費用
iPhone 12 Pro MAX 25,080円(税込) 3,700円(税込) 28,780円(税込) 39,380円(税込)
iPhone 12 Pro 33,440円(税込)
iPhone 12 18,480円(税込) 22,180円(税込) 33,440円(税込)
iPhone 12 mini 27,280円(税込)
iPhone SE(第2世代) 9,680円(税込) 13,380円(税込) 15,950円(税込)
iPhone 11 18,480円(税込) 22,180円(税込) 23,980円(税込)
iPhone XR 18,480円(税込) 22,180円(税込) 23,980円(税込)

現在、Appleのオンラインショップで購入可能な機種を例にとりました。

「『AppleCare+の加入料金』+『AppleCare+加入者の画面修理費用』」の合計が、全ての機種でAppleCare+未加入者の画面修理費用よりも安くなっているのがわかります。

特にiPhone 12、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Maxはかなりお得でしょう。

バッテリー交換は元々の費用がそれほど高くありません。AppleCare+加入者は無料でバッテリー交換できますが、バッテリー交換だけではAppleCare+の加入料金の元は取れず、お得になるとは言えません。

その他の修理は、発生した故障や破損の本来の修理費用が「『AppleCare+の加入料金』+12,900円(税込)」を超えるかどうかによって変わってきます。超える場合はAppleCare+に入っているほうがお得です。

AppleCare+よりも負担の少ないモバイル保険

iPhoneユーザーにとって、AppleCare+はとても頼りになる心強い存在です。しかし、高額な加入料金がネックでしょう。

そこでここからは、AppleCare+よりも負担の少ない「モバイル保険」を紹介します。

モバイル保険の評判・口コミ、必要性やデメリットについては以下の記事をご一読ください。

サービス内容と料金

モバイル保険は、さくら少額短期保険株式会社が提供する少額短期保険商品です。

モバイル保険は、スマホやタブレット、ノートパソコンやモバイルルーターなどのあらゆるモバイル端末を、もしものトラブルから守るための保険です。

保険料は一律700円(非課税)です。1つの契約で3台までのモバイル端末が補償されます。

補償対象

  • 日本国内で販売されたメーカー純正の無線通信(WiFi、Bluetooth)が可能な端末
  • 登録時において破損などがなく全機能が正常に動作するもの

保険登録条件

  • 新規取得した日から1年未満
  • 新規取得した日から1年以上であってもメーカーまたは通信キャリアが提供する有償の補償サービスに加入しており、かつ当該サービスにより補償が受けられる状態

保険登録時において当保険責任開始後の加入継続は問いません。

つまり、購入から1年以上が経過したiPhoneの場合、AppleCare+に加入しているか、ドコモの「ケータイ補償サービス」などのキャリアの有償補償サービスに加入している必要があります。

購入から1年以上経過した場合、モバイル保険のメリットが小さくなってしまいます。AppleCare+の代わりにモバイル保険に入るのであれば、購入から1年以内がおすすめです。

補償内容は、不慮の事故による『故障』『外装破損』『損壊』『水濡れ』『盗難』です。これらのトラブルによって修理費用を負担した時・修理不能となった場合に保険金が支払われます。

保険金 修理可能な場合 修理不能・盗難の場合
主端末 最大100,000円 最大25,000円
副端末 最大30,000円
※2台合計額
最大7,500円
※2台合計額

申し込み方法

モバイル保険の申し込み受付はネットのみです。申し込みフォームに必要事項を入力するだけで簡単にできます。

申し込みの翌営業日には審査があり、審査に問題がなければすぐに契約成立のメールが送られてきて、手続きは完了です。

モバイル保険の申し込みに必要なもの

  • 登録するモバイル端末を正面から撮影した写真
  • 登録するモバイル端末を背面から撮影した写真
  • 購入証明書
  • クレジットカード
  • 登録する端末情報

購入証明書は、販売店から発行される購入日・端末情報・販売店名が記載されている領収書や保証書などです。購入から1年が経過しているモバイル端末は、メーカーやキャリアの提供する有償補償サービスに加入中であることを証明するものを提出してください。

登録する端末情報は、機種名・メーカー名・容量・シリアル番号/IMEI・購入日・購入金額です。

【モバイル保険】サービス詳細はこちら

AppleCare+に関するFAQ

AppleCare+についてよくある質問とその回答を紹介します。

2年過ぎたら保証はどうなるの?

AppleCare+の保証期間は2年ですが、 2年経過後は1ヵ月単位で延長可能です。

最初の2年間の保証料金を一括払いで支払っていた場合でも、延長後は月払いのプランになります。

壊れるのを未然に防ぐ方法はある?

iPhoneに限らず、スマホが破損で1番多いのは画面の破損です。

画面に保護シートを貼ったり、落下時の衝撃を吸収するような頑丈なスマホケースを装着すれば画面の破損は未然に防げるでしょう。

スマホケースでおすすめなのが、スマホアクセサリーの総合通販ブランド「Hamee」で販売されている「iFace」シリーズです。

iFaceは柔らかいTPU素材と硬いPC素材の二重構造で作られいます。落下時の衝撃をしっかりと吸収してくれるでしょう。

また、ケース側面が少しくびれているのでホールドしやすく、手に持っていてうっかり落としてしまうリスクが低下します。

さらにケース背面右下にストラップホールがついており、ストラップを手首にかけた上でiPhoneが持てます。

【iFace】の購入はこちら

必要に応じてAppleCare+に加入しよう

AppleCare+の保証料金は決して安くないので、果たして自分にとって本当に必要かはよく考える必要があります。

スマホをよく落としていつも画面を割ってしまうような人や、外で動き回る機会の多い人は「転ばぬ先の杖」的に加入しておくと安心できるでしょう。

自分の使い方や環境などを考えた上でAppleCare+に加入するかどうか判断してください。

公開日時 : 2021年07月17日

二階堂卓也 ― ライター
二階堂卓也 ― ライター

関連キーワード