• iPhone・iPad
  • 更新日:2023年06月15日

AppleCare+(アップルケア)は必要?入ってない場合の料金や解約方法を解説

AppleCare+(アップルケア)は必要?入ってない場合の料金や解約方法を解説

※当記事はPRを含みます。詳しくはこちら
※カシモWiMAXは株式会社マーケットエンタープライズの関連会社、株式会社MEモバイルが運営しています。

Apple製品を買う時に「AppleCare+」に加入するか悩む方も多いのではないでしょうか。

「AppleCare+」は、MacBookやiPad、iPhoneをはじめとするApple製品の保証を有償で延長できるサービスです。

この記事では、「AppleCare+(アップルケア)」は本当に必要なのか、メリット・デメリットと併せて紹介します。

AppleCare+についてよくある質問とその回答も必見です。「AppleCare+」に入るべきか入らなくてもいいのか、迷っている方はぜひ参考にしてください。

AppleCare+(アップルケア)とは

MacやMacBook、iPad、iPhoneなどApple製品には、製品購入後1年間の保証と90日間の無償テクニカルサポートがついています。

有料の保証オプションであるAppleCare+に加入すると、この保証とサポート期間の延長が可能です。

AppleCare+に加入するメリットは以下の通りです。

AppleCare+に加入するメリット
  • Apple認定技術者による2年間のサービスとサポート
  • テクニカルサポートへの優先アクセス
  • 過失や事故による損傷に対する修理などのサービス
  • バッテリーの修理保証

なお、1年間であればAppleCare+に加入しなくても保証を受けられます。

しかし、10万円を超える高額な商品が多いApple製品は、長く使う人も多く「1年だけでは不安」という方も多いはずです。

保証期間を超えてから故障してしまうと高額な修理費用がかかりますので、不安な方はAppleCare+に入っておきましょう。

AppleCare+の料金

AppleCare+の料金は、購入するデバイスによって異なります。

MacやMacBook、iPad、iPhoneなど、デバイスごとのAppleCare+の料金をまとめました。

上記から購入予定のデバイスを選んで料金を確認してみてください。

AppleCare+ for Macの料金

MacやMacBookを対象とする「AppleCare+ for Mac」の料金表は以下の通りです。

(税込) 1年間 3年間
MacBook Air(M1) 10,400円 27,800円
MacBook Air(M2) 11,800円 31,800円
13インチMacBook Pro 12,800円 34,800円
14インチMacBook Pro 14,400円 38,800円
16インチMacBook Pro 19,800円 53,800円
iMac 10,400円 27,800円
Mac mini 5,800円 15,400円
Mac Studio 10,400円 27,800円
Mac Pro 15,800円 42,800円

AppleCare+ for Macの特徴を見る

AppleCare+ for iPadの料金

iPadを対象とする「AppleCare+ for iPad」の料金表は以下の通りです。

(税込) 月払い 2年間
12.9インチiPad Pro 1,100円 21,800円
11インチiPad Pro 980円 19,400円
iPad Air(第5世代) 580円 11,800円
iPad
iPad mini
550円 10,800円

AppleCare+ for iPadの特徴を見る

AppleCare+ for iPhoneの料金

iPhoneを対象とする「AppleCare+ for iPhone」の料金表は以下の通りです。

なお、iPhoneに関しては盗難と紛失のサポートをしてくれる「AppleCare+ 盗難・紛失プラン」も提供しています。

(税込) AppleCare+ 盗難・紛失プラン
月払い 2年間 月払い 2年間
iPhone 14 Pro
iPhone 14 Pro Max
1,480円 29,800円 1,600円 31,800円
iPhone 14 Plus 1,350円 26,800円 1,450円 28,800円
iPhone 14
iPhone 13
iPhone 13 mini
iPhone 12
1,180円 23,400円 1,280円 25,400円
iPhone SE(第3世代) 580円 11,800円 700円 13,800円

AppleCare+ for iPhoneの特徴を見る

AppleCare+の特徴

AppleCare+の特徴も、購入するデバイスによって異なる場合があります。

MacやMacBook、iPad、iPhoneなど、デバイスごとの特徴をまとめました。

上記から購入予定のデバイスを選んで特徴を確認してみてください。

AppleCare+ for Macの特徴

MacやMacBookを対象とする「AppleCare+ for Mac」の特徴は以下の通りです。

ハードウェア製品保証対象

  • Mac本体
  • バッテリー
  • 電源アダプタなどの付属品
  • Apple純正メモリ(RAM)
  • Apple USB SuperDrive
  • 過失や事故による損傷に対する修理などのサービス

「AppleCare+ for Mac」に加入すると、上記の対象商品の修理・交換サービスをApple認定技術者から受けられます。

ただし、サービス内容によっては所定のサービス料金がかかりますので、ご注意ください。

(税込) サービス料
画面または外部筐体の損傷 12,900円/回
そのほかの損傷 37,100円/回

AppleCare+ for iPadの特徴

iPadを対象とする「AppleCare+ for iPad」の特徴は以下の通りです。

ハードウェア製品保証対象

  • iPad本体
  • バッテリー
  • Apple Pencil
  • Apple製iPad用キーボード
  • 付属のUSBケーブルと電源アダプタ
  • 過失や事故による損傷に対する修理などのサービス

「AppleCare+ for iPad」に加入すると、上記の対象商品の修理・交換サービスをApple認定技術者から受けられます。

ただし、サービス内容によっては所定のサービス料金がかかりますので、ご注意ください。

(税込) サービス料
iPad 4,400円/回
Apple Pencil
Apple製iPad用キーボード
3,700円/回

AppleCare+ for iPhoneの特徴

iPhoneを対象とする「AppleCare+ for iPhone」の特徴は以下の通りです。

ハードウェア製品保証対象

  • iPhone本体
  • バッテリー
  • 付属のUSB-C – Lightningケーブル

iPhoneの場合、「AppleCare+」と「AppleCare+ 盗難・紛失プラン」の2つがあります。盗難・紛失に備えたい場合のみ、「AppleCare+ 盗難・紛失プラン」に加入しましょう。

なお、どちらの保証サポートに加入しても、保証とサポートは同じように延長されます。

過失や事故での修理サービスは利用回数の制限がありませんが、盗難や紛失に対する保証は1年間に2回までの制限があります。

※「AppleCare+ 盗難・紛失プラン」の保証を受けるには、デバイス上で「探す」が有効になっている必要があります。

ただし、サービス内容によっては所定のサービス料金がかかりますので、ご注意ください。

(税込) サービス料
画面または背面ガラスの損傷 3,700円
過失や事故によるそのほかの損傷 12,900円
盗難または紛失 12,900円

AppleCare+(アップルケア)は必要か

「Applecare+」に加入しておけば、保証期間が伸びるため安心して利用できますが、費用がかかるため加入を迷う方も多いでしょう。

費用面と安心感のどちらを取るか、とても難しい問題ですよね。

ここでは、「Applecare+」は本当に必要なのか、加入しない場合と比較してみましょう。

AppleCare+加入・未加入時の修理料金比較

AppleCare+に加入していると1年間に最大2回までは格安料金で修理をしてくれます。

ここではiPhoneを例に、「AppleCare+」加入・未加入の場合、それぞれかかる修理料金を比較します。

よくスマホを故障・破損させてしまう人や、過去に高額な修理費用で困ったことのある人はAppleCare+の加入を検討しましょう。

修理料金は利用する端末ごとに異なります。購入予定・利用中の端末の修理料金がいくらになるのか確認してください。

画面の修理料金

(税込) 加入 未加入
iPhone 14 Pro Max 3,700円 56,800円
iPhone 14 Pro 3,700円 50,800円
iPhone 14 Plus 3,700円 50,800円
iPhone 14 3,700円 42,800円
iPhone 13 Pro Max 3,700円 50,800円
iPhone 13 Pro 3,700円 42,800円
iPhone 13 3,700円 42,800円
iPhone 13 mini 3,700円 34,800円
もっと見る
iPhone 12 Pro Max 3,700円 50,800円
iPhone 12 Pro 3,700円 42,800円
iPhone 12 3,700円 42,800円
iPhone 12 mini 3,700円 34,800円
iPhone 11 Pro Max 3,700円 50,800円
iPhone 11 Pro 3,700円 42,800円
iPhone 11 3,700円 28,800円
iPhone XS Max 3,700円 50,800円
iPhone XS 3,700円 42,800円
iPhone X 3,700円 42,800円
iPhone XR 3,700円 28,800円
iPhone 8 Plus 3,700円 24,400円
iPhone 8 3,700円 21,800円
iPhone 7 Plus 3,700円 24,400円
iPhone 7 3,700円 21,800円
iPhone 6s Plus 3,700円 24,400円
iPhone 6s 3,700円 21,800円
iPhone 6 3,700円 19,400円
iPhone SE(第3世代) 3,700円 19,400円
iPhone SE(第2世代) 3,700円 19,400円
iPhone SE 3,700円 19,400円
iPhone 5s 3,700円 19,400円

画面の損傷による修理は、AppleCare+に加入していればどの機種でも一律3,700円(税込)で修理をしてもらえます。

Applecare+に加入していない場合の修理料金は機種によって異なります。

バッテリーの交換料金

(税込) 加入 未加入
iPhone 14 Pro Max 0円 14,900円
iPhone 14 Pro 0円 14,900円
iPhone 14 Plus 0円 14,900円
iPhone 14 0円 14,900円
iPhone 13 Pro Max 0円 12,800円
iPhone 13 Pro 0円 12,800円
iPhone 13 0円 12,800円
iPhone 13 mini 0円 12,800円
もっと見る
iPhone 12 Pro Max 0円 12,800円
iPhone 12 Pro 0円 12,800円
iPhone 12 0円 12,800円
iPhone 12 mini 0円 12,800円
iPhone 11 Pro Max 0円 12,800円
iPhone 11 Pro 0円 12,800円
iPhone 11 0円 12,800円
iPhone XS Max 0円 12,800円
iPhone XS 0円 12,800円
iPhone X 0円 12,800円
iPhone XR 0円 12,800円
iPhone 8 Plus 0円 10,500円
iPhone 8 0円 10,500円
iPhone 7 Plus 0円 10,500円
iPhone 7 0円 10,500円
iPhone 6s Plus 0円 10,500円
iPhone 6s 0円 10,500円
iPhone 6 0円 10,500円
iPhone SE(第3世代) 0円 10,500円
iPhone SE(第2世代) 0円 10,500円
iPhone SE 0円 10,500円

iPhoneのバッテリーが劣化した場合は、Appleに修理に出せばバッテリーを新品交換してくれます。

AppleCare+に加入している場合、バッテリー交換は無料で行ってくれます。ただし、無料になるのはバッテリー容量が80%未満になった場合のみです。

AppleCare+に加入していない場合、バッテリーの状態に関わらず10,500円〜14,900円(税込)の費用がかかります。

背面ガラスの修理料金

(税込) 加入 未加入
iPhone 14 Pro Max 3,700円 82,800円
iPhone 14 Pro 3,700円 75,800円
iPhone 14 Plus 3,700円 29,800円
iPhone 14 3,700円 25,900円
iPhone 13 Pro Max 3,700円 75,800円
iPhone 13 Pro 3,700円 67,800円
iPhone 13 3,700円 53,800円
iPhone 13 mini 3,700円 44,800円
iPhone 12 Pro Max 3,700円 75,800円
iPhone 12 Pro 3,700円 67,800円
iPhone 12 3,700円 53,800円
iPhone 12 mini 3,700円 44,800円

AppleCare+に加入している場合は、一律3,700円(税込)で修理が可能です。

AppleCare+に加入していない場合は、上記の費用を上限とした修理費用がかかります。料金が一番安いのは最新機種のiPhone 14の25,900円です。

iPhone 12〜13シリーズは4万円を超える修理費用がかかります。場合によっては、買い換える方が安く済むかもしれません。

iPhoneを安く買う方法はこちらの記事で詳しく解説していますので、修理費が高い場合はこちらを参考にしてみてください。

その他損傷の修理料金

「その他損傷の修理」とは、画面の損傷やバッテリーの劣化以外の修理のことを指します。

(税込) 加入 未加入
iPhone 14 Pro Max 12,900円 107,800円
iPhone 14 Pro 12,900円 99,800円
iPhone 14 Plus 12,900円 92,400円
iPhone 14 12,900円 83,800円
iPhone 13 Pro Max 12,900円 92,400円
iPhone 13 Pro 12,900円 83,800円
iPhone 13 12,900円 68,800円
iPhone 13 mini 12,900円 59,400円
もっと見る
iPhone 12 Pro Max 12,900円 92,400円
iPhone 12 Pro 12,900円 83,800円
iPhone 12 12,900円 68,800円
iPhone 12 mini 12,900円 59,400円
iPhone 11 Pro Max 12,900円 92,400円
iPhone 11 Pro 12,900円 83,800円
iPhone 11 12,900円 59,400円
iPhone XS Max 12,900円 92,400円
iPhone XS 12,900円 83,800円
iPhone X 12,900円 83,800円
iPhone XR 12,900円 59,400円
iPhone 8 Plus 12,900円 59,400円
iPhone 8 12,900円 42,800円
iPhone 7 Plus 12,900円 48,200円
iPhone 7 12,900円 42,800円
iPhone 6s Plus 12,900円 46,800円
iPhone 6s 12,900円 42,800円
iPhone 6 12,900円 42,800円
iPhone SE(第3世代) 12,900円 44,000円
iPhone SE(第2世代) 12,900円 37,400円
iPhone SE 12,900円 37,400円
iPhone 5s 12,900円 37,400円

AppleCare+に加入している場合は、一律12,900円(税込)で修理が可能です。

AppleCare+に加入していない場合は、上記の費用を上限とした修理費用がかかります。あくまでも上限なので、全ての修理でこの修理費用がかかるわけではありません。

入っておくとお得になるパターン

iPhoneに限らず、スマホの故障・破損で最も多いのは画面の損傷、つまり落下させたり何かをぶつけたりすることによって起きる画面割れです。

もしAppleCare+加入中に1度でも画面損傷を起こして修理に出せば、AppleCare+の元は取れます。

機種名 AppleCare+ 加入者の修理費用 合計 通常の修理費用
iPhone 14 Pro MAX 29,800円 3,700円 33,500円 56,800円
iPhone 14 Pro 29,800円 3,700円 50,800円
iPhone 14 Plus 26,800円 3,700円 30,500円 50,800円
iPhone 14 23,400円 3,700円 27,100円 42,800円
iPhone 13 23,400円 3,700円 42,800円
iPhone 13 mini 23,400円 3,700円 34,800円
iPhone 12 23,400円 3,700円 42,800円
iPhone SE(第3世代) 11,800円 3,700円 15,500円 19,400円

現在、Appleのオンラインショップで購入可能な機種を例にしました。

「『AppleCare+の加入料金』+『AppleCare+加入者の画面修理費用』」の合計が、全ての機種でAppleCare+未加入者の画面修理費用よりも安いことがわかります。

AppleCare+加入者は無料でバッテリー交換できますが、バッテリー交換だけではAppleCare+の加入料金の元は取れません。

その他の修理は、修理費用が「『AppleCare+の加入料金』+12,900円(税込)」を超えるかどうかで変わります。超える場合はAppleCare+に入るほうがお得です。

AppleCare+(アップルケア)のメリット・デメリット

AppleCare+のメリットとデメリットを挙げてみましょう。

AppleCare+はiPhone以外にも、iPadやMacBook、Air PodsやApple Watchなどにも適用されます。今回はiPhoneのAppleCare+を前提に話を進めます。

AppleCare+のメリット

AppleCare+のメリットは3つです。

実際にAppleCare+を利用しているユーザーの口コミとあわせて紹介します。

  • 保証期間が延長される
  • 修理費用が安くなる
  • エクスプレス交換サービスですぐに交換できる

保証期間が延長される

iPhoneは、製品購入後から1年間の保証がついています。

AppleCare+に加入すると、保証期間が1年間から2年間に延長されます。安心して使える期間が2倍に伸びるのは心強いでしょう。

修理費用が安くなる

iPhoneの修理は比較的高額になりがちです。

AppleCare+に加入していると、iPhoneが故障・破損した時に1年間に最大2回まで格安料金で修理をしてくれます。

この故障・破損は事故・過失でも修理可能です。

エクスプレス交換サービスですぐに交換できる

エクスプレス交換サービスとは、iPhoneの損傷や不具合の発生時に新品、もしくは新品同様のiPhoneにいち早く無料交換してもらえるサービスです。

損傷や不具合が発生した際は、専用のコールセンターに連絡するとすぐに宅配便で交換機が送られてきます。交換機と引き換えに故障機を送り返しましょう。

ただし、事故や過失による損傷がある場合は修理扱いとなり、12,900円(税込)がかかります。

また、故意による破損や壊滅的な損傷、不正改造による機能障害などがある場合は「交換機と交換」という扱いです。各機種ごとに定められた交換機価額が請求されます。

AppleCare+のデメリット

Applecare+の主なデメリットはに2つです。

実際にAppleCare+を利用しているユーザーの口コミとあわせて紹介します。

  • 加入料金が高い
  • 購入から31日以上経つと入れない

加入料金が高い

AppleCare+は、万が一のときに修理費用を抑えられる点はメリットですが、料金が高いことは一番のデメリットと言えるでしょう。

AppleCare+に加入しなくても、1年間は保証が受けられるので、毎回新しい機種に乗り換えるような人であれば、必要ないかもしれません。

購入から31日以上経つと入れない

AppleCare+は「iPhone購入時」もしくは「iPhoneの購入日から30日以内」でないと加入できません。

AppleCare+の加入について悩める猶予は、iPhoneの購入から30日間です。

AppleCare+以外のおすすめ保険

iPhoneユーザーにとって、AppleCare+はとても頼りになる心強い存在です。しかし、高額な加入料金がネックといえます。

そこでここからは、AppleCare+よりも負担の少ない「モバイル保険」を紹介します。

モバイル保険のサービス内容と料金

  • 年間10万円まで補償
  • 1契約で3台まで加入できる
  • 2年以上保険に加入できる

モバイル保険は、さくら少額短期保険株式会社が提供する少額短期保険商品です。

モバイル保険は、スマホやタブレット、ノートパソコンやモバイルルーターなどのあらゆるモバイル端末を、もしものトラブルから守るための保険です。

保険料は一律700円(非課税)です。1つの契約で3台までのモバイル端末が補償されます。

補償対象

  • 日本国内で販売されたメーカー純正の無線通信(WiFi、Bluetooth)が可能な端末
  • 登録時において破損などがなく全機能が正常に動作するもの

保険登録条件

  • 新規取得した日から1年未満
  • 新規取得した日から1年以上であってもメーカーまたは通信キャリアが提供する有償の補償サービスに加入しており、かつ当該サービスにより補償が受けられる状態

保険登録時において当保険責任開始後の加入継続は問いません。

つまり、購入から1年以上が経過したiPhoneの場合、AppleCare+に加入しているか、ドコモの「ケータイ補償サービス」などのキャリアの有償補償サービスに加入している必要があります。

購入から1年以上経過した場合、モバイル保険のメリットが小さくなってしまいます。AppleCare+の代わりにモバイル保険に入るのであれば、購入から1年以内がおすすめです。

補償内容は、不慮の事故による『故障』『外装破損』『損壊』『水濡れ』『盗難』です。これらのトラブルによって修理費用を負担した時・修理不能となった場合に保険金が支払われます。

保険金 修理可能な場合 修理不能・盗難の場合
主端末 最大100,000円 最大25,000円
副端末 最大30,000円
※2台合計額
最大7,500円
※2台合計額

モバイル保険の申し込み方法

モバイル保険の申し込み受付はネットのみです。申し込みフォームに必要事項を入力するだけで簡単にできます。

申し込みの翌営業日には審査があり、審査に問題がなければすぐに契約成立のメールが送られてきて、手続きは完了です。

モバイル保険の申し込みに必要なもの

  • 登録するモバイル端末を正面から撮影した写真
  • 登録するモバイル端末を背面から撮影した写真
  • 購入証明書
  • クレジットカード
  • 登録する端末情報

購入証明書は、販売店から発行される購入日・端末情報・販売店名が記載されている領収書や保証書などです。

購入から1年が経過しているモバイル端末は、メーカーやキャリアの提供する有償補償サービスに加入中であることを証明するものを提出してください。

登録する端末情報は、機種名・メーカー名・容量・シリアル番号/IMEI・購入日・購入金額です。

【モバイル保険】サービス詳細はこちら

モバイル保険の評判・口コミ、必要性やデメリットについては以下の記事をご一読ください。

AppleCare+についてよくある質問

AppleCare+についてよくある質問とその回答を紹介します。AppleCare+に加入する予定の人や加入するか悩んでいる方はこちらを一読しておきましょう。

AppleCare+加入から2年経過後はどうなる?

AppleCare+の保証期間は2年ですが、 2年経過後は1ヵ月単位で延長可能です。

最初の2年間の保証料金を一括払いで支払っていた場合でも、延長後は月払いのプランになります。

AppleCare+は解約できる?

AppleCare+は、途中解約を受け付けています。デバイスの購入から30日以内に解約する場合は、基本的に全額返金対応です。

31日以降に解約する場合は、保証の残存期間の割合に基づいて按分計算された金額が返金されます。

どちらの場合も、AppleCare+のサービスを利用した場合はその対価が差し引かれるのでご注意ください。

AppleCare+月払いまたは年払いしている場合、デバイスのアカウント設定から解約できます

一括で支払い済みの場合は、Appleサポートに問い合わせてプランを解約してください。なお、問い合わせの前に下記を用意しておきましょう。

一括で支払い済みの場合に必要なもの

  • AppleCareの契約番号
  • プランの対象となっているデバイスのシリアル番号
  • 購入時のレシートの原本

AppleCare+はあとから加入できる?

「AppleCare+」は、デバイスの購入から30日以内であればあとからでも加入できます

iPhoneを購入したあとから「AppleCare+」を購入する方法は以下の通りです。

購入方法

  • iPhoneの設定から購入する
  • オンラインで購入する(シリアル番号の確認とリモート診断が必要)
  • 直営店のAppleストアで購入する(iPhoneの点検と購入証明書の掲示が必要)
  • 電話[0120-277-535]して購入(自身でリモート診断と購入証明書の提出が必要)

AppleCare+は必要かどうかのまとめ

AppleCare+の保証料金は決して安くないので、果たして自分にとって本当に必要かはよく考える必要があります。

スマホをよく落としていつも画面を割ってしまうような人や外で動き回る機会の多い人は加入しておくと安心できるでしょう。

なお、購入から31日を経過してから保険に入りたくなったら、月額700円で保証が受けられる「モバイル保険」を活用しましょう。

【モバイル保険】サービス詳細はこちら

二階堂卓也 ― ライター
二階堂卓也 ― ライター

関連キーワード