UQモバイルは海外でも使える?おすすめのレンタルWi-Fi3選

UQモバイルのスマホは、国際ローミング機能を使えば海外でも使用ができるのをご存知でしょうか。今回は、海外で使えるUQモバイルの機能や設定の仕方などを解説します。おすすめのレンタルWi-Fi3選も併せて紹介するので、参考にしてみて下さい。
BIGLOBEmobile20190724_desc UQモバイルは海外でも使える?おすすめのレンタルWi-Fi3選

UQモバイルを国内で利用している方の中には、海外へ訪れたときにそのまま同じ端末を使いたいという方も多いのではないでしょうか。

一部の機能に限られますが、実はUQモバイルで利用中の端末はそのまま海外でも使うことができます。

そこで今回は、海外で使える機能や料金などUQモバイル端末を海外で使うときに知っておきたい基礎知識をまとめました。

UQモバイルを利用していて、海外でも使いたいという方はぜひ参考にしてみてください。

また、海外でデータ通信を楽しみたいときにおすすめのレンタルWiFi情報もまとめて紹介します。

楽天モバイル

UQモバイルは海外でも利用可能

国内で利用中のUQモバイル端末は、一部の機能に限られますが、海外でも利用できます。

ここでは、海外で使えるUQモバイルの機能について見ていきましょう。

対応機種ならそのまま使える

まず、UQモバイルの機能を海外で使うには、国際ローミング機能に対応している端末である必要があります。

国際ローミング機能に対応していない端末であれば、プランは関係なく、海外での利用は一切できません。

そのため、端末の説明書やUQモバイルの公式ウェブサイトで、自分が海外で使いたいスマホが国際ローミング機能に対応しているのか確認しましょう。

音声通話とSMSが利用可能

UQモバイルの端末は、国際ローミング機能を使えば海外でも利用可能ですが、使える機能は音声通話とSMSに限られています。

アプリやインターネットの使用に必要なデータ通信は、端末の機種や契約プランは関係なく、一切利用できません。

そのため、UQモバイルの端末でデータ通信をしたい場合は、WiFiスポットやレンタルWiFiなどのWiFiを使えるサービスを利用する必要があります。

国際ローミング機能の設定の仕方

UQモバイルの端末では、国際ローミング機能を使うための事前申し込みは必要ありませんが、端末の設定を変える必要があります。

iOSとAndroidで設定の仕方が違うため、iPhoneとAndroidの両方の設定の仕方を見ていきましょう。

まず、iPhoneの国際ローミング機能の設定方法は以下の通りです。

  1. ホーム画面から「設定」アプリを開く
  2. 「キャリア」を選択する
  3. 「自動」をオフにする
  4. 接続するサービスを選択する
  5. 設定画面に戻る
  6. 「モバイルデータ通信」を選択する
  7. 「データローミング」をオンにする

続いて、Androidの国際ローミング機能の設定方法は以下の通りです。

  1. ホーム画面から「設定」アプリを開く
  2. 「無線とネットワーク」の「その他の設定」を選択する
  3. 「モバイルネットワーク」を選択する
  4. 「データローミング」をオンにする
  5. 「通信事業者」を選択する
  6. 利用可能なネットワークから接続するサービスを選んでタップする

使えるのは音声通話SIMのみ

UQモバイルでは、データ通信のみのSIMと音声通話とデータ通信の両方ができるSIMの、2種類のSIMカードを提供しています。

しかし、海外でも利用可能なのは、音声通話ができるSIMの1種類のみとなっています。

そのため、UQモバイルの端末を海外でも使えるプランは、音声通話対応SIMの「スマホプランS」「スマホプランM」「スマホプランL」、または、UQWiMAXとスマホの利用がセットになっている「ウルトラギガMAXプラン」のみです。

データ通信のみの「データ高速プラン」と「データ無制限プラン」は、そもそも音声通話に対応していないため、海外でも音声通話とSMSができません。

UQモバイルを海外で使うときの料金

UQモバイルの端末は、海外でも音声通話とSMSが使えますが、料金は国内で使うときと比べると違うのでしょうか。

ここでは、UQモバイルを海外で使うときの料金を見ていきましょう。

通話料金

UQモバイル端末を使って海外で通話をする場合、その料金は滞在する国によって異なります。

日本人旅行者が多いいくつかの国の通話料金を見てみましょう。

滞在先の国 滞在先での通話料金 滞在先から日本への通話料金 滞在先から日本以外への通話料金 滞在先で着信した場合の料金
アメリカ 120円/分 140円/分 210円/ 分 165円/分
イギリス 80円/分 180円/分 280円/分 110円/分
韓国 50円/分 125円/分 265円/分 70円/分

SMS料金

UQモバイル端末を使って海外でSMSを送る場合、文字数は1通70文字までと決められています。

海外でのSMSの送信料は通話料金とは異なり、滞在する国は関係なく、送信料は1通当たり100円です

なお、SMSを受信する際に料金はかかりません。

使いすぎに注意

海外でUQモバイルの端末を使う場合、国際ローミング機能を通して現地の電波サービスを利用するため、国内でスマホを使う場合よりも料金が高くなります。

通話料金とSMS料金のどちらも料金が高いため、日本に居るときと同じようにスマホを使ってしまうと、高額請求を受け取ってしまう可能性が高いです。

多額の請求が来て困ったとならないために、海外でUQモバイルの端末を使うときは、使いすぎないように使う頻度や時間の長さに気をつけましょう。

iPhone格安SIM通信アンケート

UQモバイルでデータ通信をするには

海外で使う場合、国際ローミング機能をオンにしても、UQモバイルの端末では通話とSMSしか使えないため、データ通信はできません。

しかし、どうしても海外でもデータ通信をしたいというUQモバイルユーザーもいるのではないでしょうか。

ここでは、UQモバイル端末でデータ通信をする方法を紹介します。

プラン関係なくデータ通信はできない

先ほど紹介したように、UQモバイル端末は、海外では音声通話とSMSしか利用できません。

UQモバイルで契約している端末は、SIMの種類やプランは関係なく、国際ローミング機能を使ってのデータ通信は一切できなくなっています。

そのため、データ通信をスマホでしたい場合は、他の方法でする必要がでてきます。

現地のWiFiスポットを利用

海外では誰でも使える無料のWiFiスポットが街中に溢れています。

そのため、UQモバイルの端末でデータ通信を使いたい場合は、現地のWiFiスポットを活用するのがおすすめです。

滞在先のホテルはもちろん、レストランや公共施設などに行くと、無料のWiFiスポットを使えるケースが多いです。

パスワードロックなどがかかっていなければ自由に使えるため、データ通信量や料金を気にせずデータ通信を楽しめます。

しかし、無料で使えるので便利ですが、誰でも使えてしまうため、セキュリティ面には注意が必要です。

個人情報を盗まれてしまう可能性もあるため、クレジットカードなどを使って支払いをする際には十分注意しましょう。

「街中の無料WiFiスポットはセキュリティ面が心配」という場合は、部屋でWiFiが自由に使えるホテルを選ぶのもおすすめです。

現地でプリペイドSIMを購入

移動中や外出先でデータ通信をしたいという場合は、現地でプリペイドSIMを購入する方法がおすすめです。

無料WiFiと違って、どこでもデータ通信ができるため、より便利な方法と言えるでしょう。

また、プリペイドなので、後々高額請求をされてしまうという心配もありません。

プリペイドSIMは、現地の空港やスーパー、コンビニエンスストアなど、割といろいろなところで購入できます。

しかし、SIMカードをスマホに挿入して使うので、SIMフリー端末である必要があります。渡航前に自分の端末がSIMフリー対応になっているのかを確認しましょう。

なお、UQモバイルで端末を購入した場合、購入から101日以降でないとSIMロック解除ができないため、購入から100日内だとプリペイドSIMを使えません。

プリペイドSIMを使う方法は、使っているスマホをそのまま使えるため便利ですが、現地の言葉が話せないと購入するのが少し難しいかもしれません。

日本からレンタルWiFiを持参

現地でプリペイドSIMを購入できるか不安だけれど、出先や移動中でも安定したデータ通信をしたいという方には、日本からレンタルWiFiを持参するのがおすすめです。

レンタルWiFiなら日本から契約して持っていけるため、現地の言葉が使えなくても困りません。

また、定額でデータ通信を使い放題のプランも多いため、安心してデータ通信を楽しめます。

海外旅行や出張向けのレンタルWiFiだけでなく、国内でサービスを提供しているレンタルWiFiの中には、日本で使っているレンタルWiFiをそのまま海外でも使えるものもあります。

レンタルWiFiユーザーの方は、自分が使っているルーターをそのまま海外でも使えるのか確認してみるのもよいでしょう。

海外で使えるおすすめのレンタルWiFi3選

UQモバイルの端末は海外ではデータ通信ができないため、インターネットやアプリを使いたい方は他の方法でデータ通信をする必要があります。

安定したデータ通信を外出先でも使いたいという方には、レンタルWiFiがおすすめです。

ここでは、数あるレンタルWiFiの中でも特におすすめの、「限界突破WiFi」「Yahoo!モバイル」「グローバルWiFi」を紹介します。

レンタルWiFiサービス名 海外利用向けプラン 料金 対応国 特徴
限界突破WiFi
  • 300MB/1日プラン
  • 1GB/1日プラン
  • 3GB/1日プラン
380円~(国内での基本料金3,500円に追加するシステム) 107カ国
  • 通常の基本料金に海外使用料を追加する形で、日本で使っている端末をそのまま海外でも使える
  • 1日380円からの定額プラン
  • 最大8台まで同時に接続可能
Yahoo!モバイル 海外データ定額プラン 海外データ定額284円/日+海外利用料90円/日(国内でのプラン料金3,696円に追加するシステム) 100カ国以上
  • 通常の基本料金に海外使用料を追加する形で、日本で使っている端末をそのまま海外でも使える
  • 頻繁に海外に行く人には非常にお得
  • 最大5台まで同時接続ができる
グローバルWiFi
  • 通常プラン
  • 大容量プラン
  • 超大容量プラン
  • 無制限プラン
  • 周遊プラン
  • 670円/日~(通常プラン)
  • 970円/日~(大容量プラン)
  • 1,170円/日~(超大容量プラン)
  • 1,870円/日~(無制限プラン)
  • 1,180円/日~(周遊プラン)
200カ国以上
  • 74カ国で無制限プラン対応
  • 使うデータ通信量に合わせてプランを選べる
  • 周遊プランもあるので、多数国に訪れる際に便利

限界突破WiFi

国内で使っているレンタルWiFiをそのまま海外でも使うことができるのが、「限界突破WiFi」です。

1つの端末で最大8台のデバイスまで同時接続することが可能なため、自分のスマホやタブレットはもちろん、友人や家族のスマホなどでも掃除にデータ通信を楽しめます。

海外利用向けのプランは300MB、1GB、3GBの3種類から選べるため、使用するデータ通信量に合わせてお得に使えるのも嬉しいポイントです。

定額プランなので、海外でのデータ通信をしすぎてしまい高額請求されるといったこともないため、安心して使えるのも大きなメリットといえるでしょう。

限界突破WiFiを契約する!

Yahoo!モバイルWiFi

海外での高速データ通信を7GBまで楽しめるのが、「Yahoo!モバイル」です。

日本で使っているデバイスをそのまま海外でも使うシステムのレンタルWiFiで、海外で使うためには、基本料金に追加で284円/月の海外データ定額と、90円/日の海外利用料を支払う必要があります。

海外での使用料金が月額にもともと含まれているプランのため、海外出張や旅行などで、海外に頻繁に行く人ほどお得にデータ通信を楽しめる形となっています。

最大で5台まで同時に接続することが可能なため、海外で複数の端末を使うことが多い方におすすめです。

Yahoo!WiFi

グローバルWiFi

1日に使うデータ通信量に合わせてプランが細かく分けられており、お得に海外でデータ通信を楽しめるのが、「グローバルWiFi」です。

海外利用目的でのレンタルWiFiを専門にしているサービスのため、複数カ国で使える周遊プランや無制限プランなど、お得なプランがたくさんあるのが特徴です。

長期出張や旅行のときに嬉しい、長期割のお得なプランもあるため、短期だけでなく長期で海外を訪れる方にもおすすめです。

対応国は74カ国と限られていますが、現地でのデータ通信が’使い放題の無制限プランもあるので、通信量を気にせずにたくさんデータ通信を利用したい方は要チェックです。

グローバルWiFiのお申し込みはこちら

通話とSMSなら海外でも使える

UQモバイルで契約しているスマホ端末は、音声通話とSMSに限られますが、国際ローミング機能を使って利用できます。

データ通信は国際ローミング機能を使っても利用できないため、無料WiFiスポットを使ったり、レンタルWiFiを利用する必要があることを覚えておきましょう。

UQモバイルの端末を海外で使いたい方や、日本からレンタルWiFiを借りて海外へ訪れようと考えている方は、ぜひ今回紹介した内容を参考にしてみてはいかがでしょうか。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2020年04月27日

菅野 辰則 ― ライター
菅野 辰則 ― ライター

最新ガジェット、家電、デバイスが大好物。秋葉原、ネットショップでコスパの高い中古端末に目を光らせている。iPhone・iPadを格安SIMとWiMAXで利用中。趣味はダンス、週4日のトレーニングを欠かさない。