SIMピンでSIMカードを取り出す方法【動画付解説】|代用品は?iPhone・Androidで手順を紹介

端末はそのままで、SIMカードを交換するにはSIMピンが不可欠です。ただ無くしやすいアイテムなので、手元にない方も多いでしょう。代用品でも取り出しができるので、ご安心ください。この記事ではSIMピンでSIMカードを取り出す方法やおすすめの代用品を紹介します。
BIGLOBEmobile20190724_desc SIMピンでSIMカードを取り出す方法【動画付解説】|代用品は?iPhone・Androidで手順を紹介

新しいSIMカードを入れ替えたい、端末はそのままで別会社に乗り換えたい、といった場合SIMカードの交換が必要になります。その際SIMピンで端末に入っているSIMカードを取り出さなければいけません。

ですが、SIMピンを無くしてしまった方も多いのではないでしょうか。小さい上に使うシーンも少ないので、SIMピンは紛失しがち。それでも代用品を使えば、SIMカードの取り出しは可能です。

今回は、SIMピンでSIMカードを取り出す方法から、SIMピンの代用品まで紹介します。

楽天モバイル

SIMカードを取り出す前に知ってほしいこと

SIMカードを取り出す前に、次の内容を知っておいて欲しいです。

  • SIMカードは全部で3種類ある
  • SIMカード端末の通信に必要な必須アイテム
  • 端末によってはSIMロックされていることも

SIMカードといっても種類・サイズはさまざま。端末によって対応しているSIMカードも違います。それを把握しておかないとSIMカードの交換ができないことも。そしてSIMカードがなければ通信できません。

加えて、端末によってはSIMロックが掛かっていることもあります。この場合SIMカードが対応していないと、SIMカードが認識されず、モバイル通信ができません。

次の項目では、各内容をもう少し掘り下げて解説するので、参考にしてください。

SIMカードは全部で3種類ある

SIMカードは次のような種類があります。

  • 標準SIM
  • microSIM
  • nanoSIM

これらの違いは大きさです。標準SIMが一番大きく、nanoSIMは最も小さいSIMカードとなっています。一時期は標準SIMが多く使われていましたが、次第にnanoSIMが増えていき今ではnanoSIMが主流です。それでも稀にmicroSIMが使われている端末もあります。

各SIMカードの特徴をもう少し掘り下げて解説します。

標準SIM

標準SIMとは最初に普及したSIMカードです。縦25mm、横15mmと非常に大きいのが特徴。初期のiPhoneやAndroidで使われていましたが、軽量化の流れで徐々に使われなくなりました。今では、標準SIMを使っている端末はほとんどありません。

microSIM

次に紹介するのはmicroSIMです。iPhone 4以降のスマホに多く用いられているSIMカードです。

大きさは縦15mm、横12mm。標準SIMよりもコンパクトで、たくさんのスマホで使われています。現在も一定の需要があるので、まだまだ使われている端末も多いです。

nanoSIM

nanoSIMは、現在主流で使われているSIMカードです。大きさは縦12.3mm、横8.8mmと、最もコンパクトなのが特徴。ほぼICチップと同じ大きさで、現在発売されているスマホでも多く用いられています。

SIMカード端末の通信に必要なアイテム

SIMカードが何に使われているのか、わからない方もいるでしょう。SIMカードは端末がモバイル通信を行うのに必要です。SIMカードがないと、通信不可になり、圏外のような状態になります。

仕組みはSIMカード内にID番号を登録して、通信会社がID番号を参照。そしてモバイル通信を提供する、という流れです。なので、SIMカードがないと、モバイル通信や通話はできません。

ですがWiFi回線の使用や通信を行わない操作は可能です。モバイル通信を行うなら、SIMカードの交換や通信会社との契約は必要なので覚えておきましょう。

端末によってはSIMロックされていることも

端末によってはSIMロックされていることがあります。SIMロックがかかったままだと、同じ系列のSIMカードしか受け付けてくれません。

例えばドコモで購入した端末の場合、同じドコモかドコモ系列の楽天モバイル、LINEモバイルなどのSIMカードでなければ使えません。

自由にSIMカードを利用するなら「SIMロック解除」が不可欠です。各会社で受け付けているので、SIMロックがある場合活用しましょう。ただし手数料3,000円がかかることもあるので要注意です。

SIMフリー端末ならSIMロックはいらない

SIMフリー端末ならSIMロック解除は必要ありません。SIMロックがかかるのは、あくまで大手キャリアで購入した端末です。同じiPhoneでも、Appleの公式サイトから購入した場合はSIMフリーとなります。

その他にも格安MVNOで購入した端末なども、SIMフリーであることがほとんど。SIMフリー端末なら、どの系列のSIMカードでも問題なく動作するので、ご安心ください。

【動画付】SIMピンの使い方|SIMトレイからSIMカードを取り出す手順

SIMピンの使い方は、以下の動画でも解説しています。

こちらがiPhoneの方、

そして、Androidの方はこちら。

次はSIMピンの使い方を紹介します。簡単な手順は次の通りです。

SIMピンを使う手順

  1. 端末のSIMカードの種類を把握
  2. SIMロックを解除する
  3. SIMカードとSIMピンを用意する
  4. 端末からSIMカードを取り出す

SIMピンでSIMカードを取り出す手順はこのようになっています。SIMカードを取り外すまでに、種類の把握やSIMロック解除などの工程も必要です。少しややこしく感じる方もいるかもしれません。

まず最初にSIMピンがどんなものなのかを説明したのちに各手順を詳しく解説するので、少しずつ理解しましょう。

SIMピンとは?

SIMピンは、スマートフォンからSIMカードを取り出す際に使用するピンのことです。スマートフォンはSIMカードを端末に挿入することで利用できるようになります。

SIMカードは端末に直接挿入しているわけではなく、専用のトレイに乗せて挿入する形になっており、このトレイを取り出すのにSIMピンが必要になります。

ちなみにトレイを利用することで、取り出す際にSIMカードを傷つけにくくなっています。日本でもおなじみのiPhoneもSIMカードを取り出す際にはSIMピンが必要になります。

スマートフォンにもよりますが、付属品として購入時についてくることもあります。また、その形状はクリップのように細長く、先端に細長い針のようなものがついています。

携帯電話会社を乗り換える際、機種も新しいものにするのであれば、SIMピンは特に必要ありません。しかし、機種をそのまま乗り換え先でも使用する場合はSIMカードの交換が必要になるため、SIMピンの利用は必須となります。

いわゆる格安SIMと呼ばれるサービスを提供している携帯電話会社を利用する場合、機種はそのままにしている人も少なくないかと思います。

このような場合はSIMピンがないとカードの交換ができないため、SIMピンをなくさないようにしなければいけません。

端末のSIMカードの種類を把握

先述したように、SIMカードは3種類存在します。中でも現在使われているのは「nanoSIM」と「microSIM」の2種類。

古い端末ではない限り、nanoSIMが使われているケースが多いです。ただ一応確認は怠らないようにしましょう。もしSIMカードの種類を間違えてしまうと、大きくて入らない、もしくは小さすぎることもあります。そうなると、もう一度注文し直すか自ら大きさを整えることに。

自分でカットする場合、リスクが大きく失敗したら再発注になります。このようなミスが起きないよう、事前に端末のSIMカードを把握しておきましょう。

iPhone格安SIM通信アンケート

SIMロックを解除する

SIMロック解除も必要であれば行いましょう。上記で解説したように、端末によってはSIMロックがかかっていることがあります。

例えばソフトバンク系列のSIMカードを使う場合、ドコモやauで購入した端末はSIMロックがかかっているので使えません。

どのSIMカードでも使えるようにするには、SIMロック解除が必要になります。SIMロック解除は各キャリアのホームページやショップで可能です。

ただし、ショップで頼む際は手数料3,000円がかかるので要注意。さらにSIMロック解除を行うには、端末購入日から101日経過しているのが条件にねっているケースもあります。費用や条件などを確認して、SIMロック解除を行いましょう。

SIMカードとSIMピンを用意する

SIMの確認やSIMロックの解除が終わったら、入れ替える予定のSIMカードとSIMピンを用意しましょう。まだSIMカードを準備していない方は、一度差し替えるSIMカードが本当にお得か確かめてみませんか?

こちらの格安SIM10社を比較した記事ではおすすめSIMの比較を行っているので、少しでも安くしたいなら要チェックです!

端末からSIMカードを取り出す

SIMカードとSIMピンが揃ったら、端末からSIMカードを取り出しましょう。まずは端末の電源を「オフ」にしてください。その後、端末側面に小さな穴があるので、そこにSIMピンを差し込み押せば、端末内のSIMカードが取り出せます。あとは新しいSIMカードと交換し、再びSIMカードを差し込んでください。

これで取り出しと交換は完了です。新しい通信会社と契約する場合、この手順を参考にSIMカードの入れ替えを行いましょう。

SIMピンをなくした時の代用品3選

SIMピンは小さい上に、使うシーンも限られています。なので、非常に無くしやすいです。インターネットや携帯ショップで数百円で購入することができますが面倒くさいですよね。SIMピンは次のようなアイテムでも代用できます。

  • クリップピン
  • シャープペンシル
  • プッシュピン

SIMピンの代用品として使えますが、一部デメリットもあります。次の項目では、各代用品の特徴や注意点などを説明するので、参考にしてください。

クリップピン

SIMピンの代用品として最適なのが、「クリップピン」です。大きさや強度もSIMピンに近いので、クリップピンがある方は積極的に使いましょう。

使う際はクリップピンの先端を伸ばして、側面にある穴に差し込めばOK。注意点として、ゴムカバーが付いているものをおすすめしません。

金属のクリップピンよりも太いため、穴に差し込めない可能性もあります。SIMピンとして使うなら、金属のクリップピンを選びましょう。

シャープペンシル

次におすすめなのがシャープペンシルです。特に先端がストレートになっているものを使いましょう。側面の穴にも入りやすいので、スムーズにSIMカードを取り出せます。

逆に先端がボールペンのようになっているシャープペンシルはおすすめしません。穴に入りづらく、SIMピンとしても使いづらいのがデメリット。

加えて芯が太いタイプも要注意です。なるべく芯が細くて、先端がストレートのシャープペンシルで代用しましょう。

プッシュピン

プッシュピンもSIMピンの代用品として利用できます。先端が細い上に、強度もあるのが特徴。特に細めのプッシュピンなら、問題なく利用可能です。

ただ先端が尖っているので、押し込む際にスマホを傷つけてしまうのがデメリットです。プッシュピンを使う際は、スマホを傷つけないよう丁寧に扱いましょう。

まとめ

機種変更や乗り換えなどで、SIMカードを取り出すことがあります。その際、SIMピンが必要ですが、なくしているなら新しくSIMピンを購入するか、代用品を使いましょう。

ただし代用品の中にはスマホが傷ついたり、大きさが合わなかったりする可能性もあるので要注意です。そしてSIMカードを入れ替える時は、SIMロックの解除やSIMカードの種類の確認も忘れないでください。

今回紹介したポイントを踏まえて、スムーズにSIMカードを取り出しましょう!

もしiPhoneへの機種変更を検討しているけど、どのiPhoneにしようか迷っているのであれば、iPhoneの選び方を徹底解説した記事を参考にしてください。

iPhoneは種類が多いので、色々な面から比較して自分にぴったりのiPhoneを見つけましょう。

AndroidからiPhoneへ機種変更をしようとしている方は、AndroidからiPhoneへの機種変更時の注意点やiPhoneの初期設定手順を紹介した記事もあるので、参考にしてください。

  iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2019年09月06日

がねりん ― ライター
がねりん ― ライター

フリーライター。真面目な解説からネタ記事など幅広く執筆しています。趣味はHIPHOPを聴くこと。ブログも不定期に更新しています。

関連キーワード