[2019最新]iPad種類の違いと選び方|iPad・Pro・Air・miniどれがおすすめか

[2019最新]iPad種類一覧やモデルごとの違い、iPad無印・Pro・Air・miniどれがおすすめかご紹介します。最新iPadの種類や世代、価格を比較し、スペック・特徴を解説します。最新iPadどれを買うべきか、おすすめか知りたい方も必見。
新作iPhone先行予約方法 [2019最新]iPad種類の違いと選び方|iPad・Pro・Air・miniどれがおすすめか

外出先でサブのPCとして使ったり、大画面でYouTubeやNetflixの動画を見たりするのに便利なiPad。

2019年現在、iPad Pro・iPad Air・iPad(無印)・iPad miniとたくさんの種類があるため、どのiPadを選べばいいか悩んでしまいますよね。

まず最初に、iPadの種類と選び方を簡単にまとめたものをご紹介します。

モデル こんな人におすすめ
iPad Pro ・PCとしてがっつり使いたい人
・動画編集や絵を描く等重めの作業をしたい人
・Face IDを使いたい人
iPad Air ・音楽/動画/アプリ等のダウンロードをたくさんする人
・PC/タブレット両方で使いたい人
iPad ・なるべく安いiPadが欲しい人
・スペックと価格のバランスがとれたiPadが欲しい人
iPad mini ・持ち運び用に軽いiPadが欲しい人
・ネットサーフィンや読書・動画視聴等をしたい人
・なるべく安いiPadが欲しい人

2019年最新iPadのモデルの見分け方や違いが知りたい方は、ぜひ記事を読み進めてみてください。

最新iPadを公式Webサイトから今すぐ購入!
docomo
公式サイトで購入
au
公式サイトで購入
SoftBank
公式サイトで購入

最新iPadの種類・世代一覧

2019年最新のiPadには、以下4つのモデルと5つのインチ数があります。モデルごとのスペックや機能、特徴についてまとめました。

    【最新iPad全種類】
  • iPad Pro 12.9インチ(第3世代)・11インチ
  • iPad Air 10.5インチ(第3世代)
  • iPad 10.2インチ(第7世代)
  • iPad mini 7.9インチ(第5世代)

iPad Pro 12.9インチ(第3世代)・11インチ

iPad Pro
インチ数 12.9インチ 11インチ
サイズ(高さ×幅×厚さ) 280×214×5cm 247×178×5cm
重量 ・631g(Wi-Fi)
・633g(Cellular)
・468g(Wi-Fi)
・468g(Cellular)
プロセッサ A12X Bionic
オーディオ 4スピーカー
Apple Pencil
Smart Keyboard
ストレージ ・64GB
・256GB
・512GB
・1TB
カラー ・シルバー ・スペースグレイ

まずご紹介するのは、iPadシリーズの中で最もハイスペックなiPad Proです。

iPad Proは2015年に発売されて常に人気を得ているシリーズ。プロユースにも耐えるハイスペックと機能の高さが魅力とされています。

最新のiPad Proは、2018年11月7日に発売された12.9インチと11インチの2種類です。12.9インチは第3世代、11インチはiPad Pro史上初めての発売となっています。

iPad Proの特徴やスペックを大まかにまとめたので、1つづつ見ていきましょう。

    【iPad Proの特徴】
  • A12X Bionicのプロセッサ搭載
  • Face ID対応の唯一のモデル
  • Apple Pencil(第2世代)対応の唯一のモデル
  • 512GB/1TBの大容量ストレージ搭載

A12X Bionicのプロセッサ搭載

出典:Apple

iPad Proの特徴は、なんといってもスペックの高さにあります。

搭載しているA12X Bionicプロセッサは、1つ前のiPad Proに搭載されたA10X プロセッサに比べて90%高速化しているそうです。

プロセッサの性能が上がったことで全体的な処理速度がアップし、よりハードな作業も可能になりました。iPad Proのプロセッサがあれば、3Dゲームや高画質動画の途中で止まってしまうこともないでしょう。

Face ID対応の唯一のモデル

出典:Apple

他のiPadにはない特徴として、Face IDに対応している点が挙げられます。

Face IDとは、登録した顔でロック画面の解除等ができる顔認証システムのことです。Touch IDに比べてセキュリティ面で優れている上、認証スピードが早くてかなり便利な機能になっています。

Apple Pencil(第2世代)対応の唯一のモデル

出典:Apple

Apple Pencil(第2世代)に対応しているのも、iPad Proならではの特徴です。第1世代対応のiPadはいくつかありますが、第2世代対応はiPad Proだけです。

Apple Pencil(第2世代)は、iPadに磁石でくっつけて充電できたり、インスタントメモを起動してすぐにiPadでメモを取ったりできます。

すぐにメモを取りたいときにとても便利なので、仕事での使用を考えている方にはおすすめの機能です。

512GB/1TBの大容量ストレージ搭載

512GB・1TBの大容量ストレージが選べるのもiPad Proだけです。

iPad Air(第3世代)・iPad mini(第5世代)の最大容量は256GBなので、ストレージ容量の多いモデルが欲しい人はiPad Proがいいでしょう。

ストレージは、音楽・動画・アプリのインストールやダウンロード、写真の保存等で容量を使います。後からストレージ容量を拡張することはできないので、長くiPadを使い続けたい方にもおすすめです。

iPad Air(第3世代)

iPad Air(第3世代)
インチ数 10.5インチ
サイズ(高さ×幅×厚さ) 250×174×60mm
重量 ・456g(Wi-Fi)
・464g(Cellular)
プロセッサ A12 Bionic
オーディオ 2スピーカー
Apple Pencil
Smart Keyboard
ストレージ ・64GB
・256GB
カラー ・シルバー
・スペースグレイ
・ゴールド

長らく新モデルが出ていませんでしたが、2019年3月にiPad Airの新モデルが発売されました。

iPad(無印)との違いがわかりづらいですが、最新のA12プロセッサを搭載している点や、Smart Keyboardに対応している点が特徴です。

Smart Keyboardとは、ペアリングなしでiPadに取り付けるだけでタイピングできるキーボードのこと。使わないときはiPadのカバーにもなるので、PCとしての使用もできるようになる優れものです。

    【iPad Airの特徴】
  • 複数のアプリが使える様はまさにPC
  • ゲームもアプリも飛ぶように速い処理性能
  • ARの世界で近未来感が楽しめる

複数のアプリが使える様はまさにPC

出典:Apple

iPad Airでは、PCのように複数のアプリを同時に動かして使うことができます。ネットを見ながら動画の編集をしたり、スプレッドシートを見ながらメールを打ったりと、かゆいところに手が届く仕様になっています。

できることの幅広さを考えると、ほとんどPCといってもいいくらいです。タッチパネルかつApple Pencilに対応しているため、PCより使い勝手が良いといっても過言ではありません。

ゲームもアプリも飛ぶように速い処理性能

出典:Apple

スマホやiPhoneで起動させると重たいアプリゲームも、iPad Airの処理性能なら快適に楽しむことができます。3Dゲームもリアルなエフェクトが再現できるので、スマホでプレイするよりもゲームの世界を存分に堪能することが可能です。

もちろん、アクション映画のような大迫力のシーンもタイムラグなく再生でき、ホラー映画のような暗いシーンも黒つぶれしません。iPad Airで鑑賞した方が画面サイズも映像の美しさも楽しめて一石二鳥です。ゲーマーと映画好きにはたまらないですね。

ARの世界で近未来感が楽しめる

出典:Apple

iPad Airでできることの1つに、AR(拡張現実)が挙げられます。このARが大活躍するのが、例えば「IKEA Place」というアプリです。

大手家具販売メーカーのIKEAが提供しているアプリですが、iPad Airでこのアプリを使うと購入前に家の中に家具を配置してサイズ確認ができます

買ってみたけど微妙にサイズが合わなかった、部屋のインテリアと合わなかったといった、家具購入時に起こりがちな失敗を未然に防いでくれます。

大きな買い物だけに、実際に置いてみたイメージを確認できるのはかなりありがたいでしょう。iPad Airなら、こうした大きな買い物の時にも活躍してくれます。

iPad Airの詳しいスペックについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

iPad(第7世代)

出典:ドコモ
iPad(第7世代)
インチ数 9.7インチ
サイズ(高さ×幅×厚さ) 250×174×7.5cm
重量 ・483g(Wi-Fi)
・493g(Cellular)
プロセッサ A10 Fusion
オーディオ ステレオスピーカー
Apple Pencil
Smart Keyboard
ストレージ ・32GB
・128GB
カラー ・シルバー
・スペースグレイ
・ゴールド

iPad Proほど高価なものは買いたくないけどiPadは欲しいという方におすすめなのが、スタンダードなiPad(無印)。

    【iPad(第7世代)の特徴】
  • 作業効率が最大限に高まる!複数アプリで同時作業
  • 描くのが楽しくなる!想像力をそのまま残せるiPad

作業効率が最大限に高まる!複数アプリで同時作業

出典:Apple

iPad(第7世代)では、複数のアプリを同時に使える機能が搭載されました。インターネットで調べ物をしながら記事を書いたり、本を読みながらメモを取ったりといった使い方も可能になっています。

iPhoneの小さな画面で調べながらiPadを見て…なんて手間が発生しないので、作業効率が最大限に高まります。iPad Proほどではないものの、スペック面も決して低くはありません。ネットサーフィンや動画鑑賞にうってつけのモデルですね。

描くのが楽しくなる!想像力をそのまま残せるiPad

出典:Apple

これまでApple Pencil非対応である点がデメリットとして挙げられていましたが、2018年にリリースしたモデルから対応しています。

思い浮かんだアイディアや、街中で見かけたおもしろい広告等、その時々にすぐさまiPadでメモや絵を残せるのが魅力です。Apple Pencilはスタイラスペンの中でも圧倒的にが筆圧感知いいので、紙に書く感覚でiPadに書き込むことができます。

PDFやスクリーンショットに注釈をつけたり、大切なところにマーカーを引いたり、仕事やプライベートでも大活躍してくれそうです。

iPad mini(第5世代)

iPad mini(第5世代)
インチ数 7.9インチ
サイズ(高さ×幅×厚さ) 203×134×6cm
重量 ・300g(Wi-Fi)
・308g(Cellular)
プロセッサ A12 Bionic
オーディオ 2スピーカー
Apple Pencil
Smart Keyboard
ストレージ ・64GB
・256GB
カラー ・シルバー
・スペースグレイ
・ゴールド

iPadシリーズの中で最も小さく、運びやすさやが特徴のiPad mini。

iPad miniなら片手で楽々持てますし、バックにもスポっと入るサイズ感です。とにかく軽量でコンパクトなiPadが欲しい方におすすめですね。

iPad miniの最新モデルは、2019年3月30日発売のiPad mini(第5世代)です。持ち運びに便利なスリムサイズですが、同時発売のiPad Air3と機能的にはほぼ変わりません。

iPad mini(第5世代)の特徴は以下の通りです。

    【iPad miniの特徴】
  • シリーズ最軽量の300gのボディ
  • ラミネーションディスプレイ/True Toneディスプレイ
  • Apple Pencil(第1世代)対応
iPad miniを公式Webサイトから今すぐ購入!
docomo
公式サイトで購入
au
公式サイトで購入
SoftBank
公式サイトで購入

シリーズ最軽量の300gのボディ

出典:Apple

iPad mini5の魅力は、なんといってもコンパクトで持ち運びしやすい点です。最も画面が大きいiPad Pro(12.9インチ)が633gに対し、iPad mini5が308gなので、約1/2の重さとなっています。

片手で操作したり持ち歩いたりすることを考えると、本体は軽いに越したことはありません。ちなみにiPhone 11 Pro Maxは226gなので、iPhone+80g程度の重さです。スマホ感覚で持ち歩けると考えると、かなり軽いですね。

目に優しい「True Tone」ディスプレイ

出典:Apple

他のiPadに比べて画面が小さいiPad miniですが、小さいからといって画質には妥協しません。

たった7.9インチのディスプレイの中に、300万を超えるピクセルが詰め込まれているので、より本物に近い色を再現してくれます。さらに、iPad mini5には「True Tone」という機能が搭載されています。

「True Tone」とは、環境に合わせてホワイトバランスを調整してくれる機能のことです。そのため、光の強い太陽光の下でも暗い室内でも、画像が自然に見やすくディスプレイに表示されます。

画面が見にくい、使いづらいと自然と使用頻度が下がってしまうので、ちょっとしたストレスを軽減してくれるiPad mini5はさすがの一言です。

Apple Pencil(第1世代)対応

出典:Apple

前作のiPad mini4から大きく変わった点の1つが、Apple Pencil(第1世代)に対応した点です。Apple Pencilとは、iPadで使うことができる純正スタイラスペンのことです。

Apple Pencilがあれば手書きのメモはもちろん、iPad mini5を使って絵を描くこともできます。iPadを使って絵を描いているプロのイラストレーターの方もいるくらいなので、描きやすさはお墨付きです。

iPad mini5があれば、ちょっとした待ち時間に絵を描きためることもできるでしょう。

iPad miniを公式Webサイトから今すぐ購入!
docomo
公式サイトで購入
au
公式サイトで購入
SoftBank
公式サイトで購入

詳しい説明については、こちらをご覧ください。

最新iPadおすすめの選び方

それでは、現行iPadの特徴や値段、スペックなどを機種別でご紹介します。

それぞれのスペック面・価格面を考慮し、自分にぴったりのiPadを選んでみましょう

iPad Proがおすすめな人

    【iPad Proがおすすめな人】
  • PCとしてがっつり使いたい人
  • 動画編集や絵を描く等重めの作業をしたい人
  • Face IDを使いたい人
    【iPad Pro 12.9インチの価格】
  • Wi-Fi 64GB:111,800円
  • Wi-Fi 256GB:128,800円
  • Wi-Fi 512GB:150,800円
  • Wi-Fi 1TB:194,800円→172,800円
  • Cellular 64GB:128,800円
  • Cellular 256GB:145,800円
  • Cellular 512GB:167,800円
  • Cellular 1TB:211,800円→189,800円
    【iPad Pro 11インチの価格】
  • Wi-Fi 64GB:89,800円
  • Wi-Fi 256GB:106,800円
  • Wi-Fi 512GB:128,800円
  • Wi-Fi 1TB:172,800円→150,800円
  • Cellular 64GB:106,800円
  • Cellular 256GB:123,800円
  • Cellular 512GB:145,800円
  • Cellular 1TB:189,800円→167,800円

※Apple公式の価格です。

文字通り、プロ仕様にまとまっているiPad Pro。最大12.9インチという大型ディスプレイをはじめ、至るところに最新技術が盛り込まれています。

iPad Proの販売価格は上記の通り。2019年の新型iPad(第7世代)発売と同時に一部モデルが値下げされました。他のiPadに比べると、大分強気の価格設定に感じられますが、スペックの高さを考慮とすると頷けるでしょう。

iPad Proに向いているのは、iPadを使って仕事をする機会がある人です。

普通のPCとして使えるレベルの処理性能を備えているので、仕事でヘビーに使いたい方や、メインのPCとして使いたい方に向いています。唯一Face IDに対応しているため、仕事関係の情報をしっかり守りたい方のセキュリティ保護もばっちりです。

また、性能が上がったApple Pencil(第2世代)を使うことができるので、iPadで絵を描くイラストレーターの方にもおすすめです。

一方、普段からPCを使う機会がない人や、動画を見たりアプリでゲームを楽しんだりしている人には、ややオーバースペックかもしれません。ビジネスユースならおすすめですが、プライベートユースならiPad Air・iPad(無印)・iPad Miniでも十分です。

ドコモでiPad Proを購入する

iPad Airがおすすめな人

    【iPad Proがおすすめな人】
  • 音楽/動画/アプリ等のダウンロードをたくさんする人
  • PC/タブレット両方で使いたい人
    【iPad(無印)の価格】
  • Wi-Fi 64GB:54,800円
  • Wi-Fi 256GB:71,800円
  • Cellular 64GB:69,800円
  • Cellular 256GB:86,800円

シリーズの中で中間のスペックに位置するのがiPad Air(第3世代)です。

メインPCとしてがっつり使うわけでなければ、PCとしてもタブレットとしても何不自由無いスペックを搭載しています。

iPad(無印)と迷っている方は、Smart Keyboardを使うかどうか、音楽や写真の保存をどの程度するかで決めてみてはいかがでしょうか。

iPad(無印)非対応のSmart Keyboardに対応しているため、外出先でPCとして使うのに便利です。また、256GBの容量まで選ぶことができるので、容量が足りなくなることはまずないでしょう。

最新iPadを公式Webサイトから今すぐ購入!
docomo
公式サイトで購入
au
公式サイトで購入
SoftBank
公式サイトで購入

iPad(無印)がおすすめな人

    【iPad(無印)がおすすめな人】
  • なるべく安いiPadが欲しい人
  • スペックと価格のバランスがとれたiPadが欲しい人
    【iPad(無印)の価格】
  • Wi-Fi 32GB:34,800円
  • Wi-Fi 128GB:44,800円
  • Cellular 32GB:49,800円
  • Cellular 128GB:59,800円

※Apple公式の価格です。

iPad(無印)の価格がこちら。iPad Proに比べるとかなり抑えられた価格設定です。10万円を超えてくるiPad Proに対し、1番高価なモデルでも6万円台と、リーズナブルさが何よりの魅力ですね。

iPad(無印)がおすすめなのは、現在持っているPCとは別でサブデバイスが欲しい方です。

普段イラストなどを描く仕事ではないものの、単純に絵を描くことを趣味としている方や、アプリなどのゲームを楽しい人にぴったりです。プライベートユース・娯楽目的のユーザーとマッチする機種といえます。

iPad AirとiPad(無印)のどちらかで悩む人が多いですが、仕事で使う機会や最新スペックにこだわりがないのであれば、iPad(無印)でも十分でしょう。比較的低予算でiPadを手に入れたい人は、ぜひスタンダードなiPadを検討してみてください。

ドコモでiPadを購入する

iPad miniがおすすめな人

    【iPad miniがおすすめな人】
  • 持ち運び用に軽いiPadが欲しい人
  • ネットサーフィンや読書・動画視聴等をしたい人
  • なるべく安いiPadが欲しい人
    【iPad(無印)の価格】
  • Wi-Fi 64GB:45,800円
  • Wi-Fi 256GB:62,800円
  • Cellular 64GB:60,800円
  • Cellular 256GB:77,800円

最後にご紹介するのはiPad miniです。発売当初から、コンパクトさとスペック面・機能面のバランスが長けていると評価されてきました。

待望のiPad mini5も発売され、今かなり注目を集めているiPadの1つです。

iPad miniに向いているのは、毎日タブレット端末を持ち歩きたいという人でしょう。通勤中に保存した動画を見たり、電子書籍アプリで本を読んだりしたい人におすすめです。

鞄に入れてもスペースを取らず片手で持てるので、機動性・利便性も抜群。持ち歩き前提かつ娯楽目的でiPadを使いたいなら、iPad miniが最もベストでしょう。

最新iPadを公式Webサイトから今すぐ購入!
docomo
公式サイトで購入
au
公式サイトで購入
SoftBank
公式サイトで購入

Wi-FiモデルとWi-Fi+Cellularどっちがいい?

iPadには、Wi-Fiが飛んでいるエリアのみインターネットを利用できる「Wi-Fiモデル」と、スマートフォンなどと同様に、Wi-Fiスポット以外でも通信できる「Wi-Fi + Cellularモデル」の2モデルが存在します。

どちらが優れているのか一概には言えませんが、出先でiPadを使う人ならWi-Fi+Cellularモデルがおすすめ。

一方、そこまで外にタブレットを持ち出さず料金を安く抑えたいなら、Wi-Fiモデルでもこと足りるでしょう。購入する機種を決めたら、どちらのモデルにするか一度検討してみてください。

第3の選択肢!iPad + WiMAX

出典:カシモWiMAX

非常に便利な反面、価格・料金が気になってくるWi-Fi + Cellularモデル。ランニングコストを含めて考えると、決して安いとはいえません。

それでも出先でiPadを使いたいなら、iPadはWi-Fiモデルを購入し、モバイルWi-FiルーターのWiMAXと組み合わせる選択肢があります。

プロバイダーによっては、iPadとWiMAXをセット販売しているので、こちらもチェックしておきましょう。併用するメリットは以下の通りです。

  • WiMAXで「使い放題プラン」にすれば速度制限に悩まされない
  • スマートフォンもWi-Fiが使えるので一石二鳥
  • 携帯キャリア側のデータ通信量を節約できる
  • 多くの場合、通信速度はWiMAXの方が優れている

これからWiMAXの契約を考えるのであれば、WiMAXプロバイダーの1つであるカシモWiMAXがおすすめです。プランによっては業界最安値級となる1,380円から利用でき、契約期間も2年と短かいです。

WiMAXのプロバイダー選びにおいては、通信速度や電波の強度が重要視されるものの、この点についても問題ありません。

大元の回線を利用しているため、通信速度が遅すぎるとと悩まされることもないでしょう。ぜひ一度、カシモWiMAXの公式ページを覗いてみてくださいね。

【業界最安級】カシモWiMAXを契約する

種類豊富なiPadからぴったりのモデルを!

iPadの種具体的な特徴や、種類による違いなどをご紹介しました。

iPadは種類によって使い勝手が異なるため、まずは店頭で触れることをおすすめします。

家電量販店などに足を運べば実機を触れますので、自分の用途に合った一台を探してみましょう。

【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2019年11月12日

ポメラニアン高橋 ― ライター
ポメラニアン高橋 ― ライター

ラーメンとロックをこよなく愛する洋犬ライター

関連キーワード