• iPhone・iPad

2021年新型iPad Pro発売日は5月21日!どっちを買うべきか悩んだ結論はこれ

2021年最新の新型iPad Proは、5月21日(金)に発売決定!新型iPad Proの価格・スペック・性能から、iPad Proは買うべきか、11インチと12.9インチどっちを買うべきか解説しました。新型iPad Pro購入を迷っている方必見です。
ワイモバイル新プラン 2021年新型iPad Pro発売日は5月21日!どっちを買うべきか悩んだ結論はこれ

日本時間2021年4月21日にAppleイベントが開催されました。今回のイベントで新型のiPad Proが発表されました。

本記事では、2021年新型iPad Proの発売日はいつか、どんなモデルなのかを紹介していきます。

iPadの購入を検討している方は、ぜひ新型の情報を確認してから購入を検討してみてください。

iPhone格安SIM通信では、Apple新製品発表イベントまとめをしています。 発表されたAppleの新製品が知りたい方は、こちらもあわせてご覧ください。

\初回限定3ヶ月無料!/

新型iPad Pro特徴まとめ

                                                                                                                                                                         
新型iPad Pro 12.9インチ新型iPad Pro 11インチ
発表日2021年4月21日午前2時~2021年4月21日午前2時~
予約開始日2021年4月30日2021年4月30日
発売日2021年5月21日2021年5月21日
容量・価格(税込)
※WiFiモデル
128GB:129,800円
256GB:141,800円
512GB:165,800円
1TB:213,800円
2TB:261,800円
128GB:94,800円
256GB:106,800円
512GB:130,800円
1TB:178,800円
2TB:226,800円
容量・価格(税込)
※Cellularモデル
128GB:147,800円
256GB:159,800円
512GB:183,800円
1TB:231,800円
2TB:279,800円
128GB:112,800円
256GB:124,800円
512GB:148,800円
1TB:196,800円
2TB:244,800円
サイズ12.9インチ11インチ
カラー2色
シルバー
スペースグレイ
2色
シルバー
スペースグレイ
ディスプレイLiquid Retina XDRディスプレイLiquid Retinaディスプレイ
プロセッサ(搭載チップ)M1チップM1チップ
通信方式(Cellularモデル)5G5G
カメラ12MP広角カメラ
10MP超広角カメラ
12MP広角カメラ
10MP超広角カメラ
フロントカメラ2倍の光学ズームアウト
センターフレーム
2倍の光学ズームアウト
センターフレーム
認証形式Face IDFace ID
コネクタThunderbolt
USB 4対応のUSB-Cコネクタ
Thunderbolt
USB 4対応のUSB-Cコネクタ
対応キーボードMagic Keyboard
Smart Keyboard Folio
Magic Keyboard
Smart Keyboard Folio
対応Apple PencilApple Pencil(第2世代)Apple Pencil(第2世代)

新型iPad Proも前世代同様12.9インチと11インチの2サイズでの展開です。

最も大きな変化としては、5G対応と12.9インチのLiquid Retina XDRディスプレイの搭載です。

Liquid Retina XDRディスプレイは、予想されていたミニLEDバックライトが組み込まれています。

どちらもこれまでのiPadにはない機能なので、実現すれば新型モデルに機種変更する1つのきっかけになるでしょう。

詳しい機能・スペック予想については、ぜひこのまま記事を読み進めてみてください。

12.9インチと11インチの違いについてはiPad Pro 12.9インチと11インチをサイズ・重さ・用途を比較し解説した記事をご覧ください。

最新iPadが購入できるのはこちら
docomo
公式サイト
SoftBank
公式サイト
au
公式サイト

新型iPad Proの発売日・価格

新型iPad Pro 12.9インチ・11インチのそれぞれの発表日・予約開始日・発売日・価格を紹介していきます。

発表日・予約開始日・発売日

出典:Apple
  • 発表日:2021年4月21日(水)午前2時〜
  • 予約開始日:2021年4月30日(金)午後9時〜
  • 発売日:2021年5月21日

Appleは日本時間の2021年4月21日午前2時からスペシャルイベント「Spring Loaded」を開催しました。イベントは従来同様オンライン配信されました。

「Spring Loaded」イベントの公式イメージでは、カラフルな色彩でリンゴが描かれ、Apple Pencilで描かれているようです。

予約開始日は、Apple・ドコモ・au・ソフトバンク全て4月30日(金)の午後9時〜を予定しています。キャリアでの予約方法については、こちらの記事で詳しく解説しています。

価格・ストレージ容量

                                                                                               
iPad Pro 12.9インチ
(税込)
128GB256GB512GB1TB2TB
Apple
WiFiモデル
129,800円141,800円165,800円213,800円261,800円
Apple
Cellularモデル
147,800円159,800円183,800円231,800円279,800円
ドコモ147,312円159,192円183,744円231,264円279,576円
ソフトバンク157,680円170,640円196,560円247,680円299,520円
au148,320円160,560円184,320円232,560円280,800円

                                                                                               
iPad Pro 11インチ
(税込)
128GB256GB512GB1TB2TB
Apple
WiFiモデル
94,800円106,800円130,800円178,800円226,800円
Apple
Cellularモデル
112,800円124,800円148,800円196,800円244,800円
ドコモ112,464円124,344円148,104円196,416円244,728円
ソフトバンク120,240円133,200円159,120円210,240円262,080円
au113,040円125,280円149,040円197,280円245,520円

新型iPad Proは、従来の128GB・256GB・512GB・1TBに加え新たに2TBが登場しました。

最新iPadが購入できるのはこちら
docomo
公式サイト
SoftBank
公式サイト
au
公式サイト

新型iPad Proのデザイン・カラー

続いて新型iPad Pro・iPad miniのデザインやカラーバリエーションを紹介します。

外観・デザイン

出典:Apple
  • 新型iPad Pro→角ばったデザイン

新型iPad Proは、従来のデザインが踏襲されました。

歴代iPadのデザインを見ると、iPad Proのみ角ばったデザイン、iPad(無印)・mini・Airは側面が丸みを帯びたデザインです。

ですが、2020年のiPad Air4はiPad Pro並に性能に上がったと同時に、角ばったデザインになりました。

このことから、今後ハイスペックなモデルは角ばったデザイン、ミドルレンジのモデルは丸みを帯びたデザインになると思われます。

カラー

出典:Apple
  • 新型iPad Pro
    →2色(シルバー・スペースグレイ)

外観デザイン同様、カラー展開も従来のiPad Proと同じになりました。

12.9インチiPad Proは、第3世代、第4世代とシルバー・スペースグレイの2色展開が続いています。

加えて、iPad ProはiPadシリーズで最も性能が高いモデルです。差別化と高級感という点から、2色展開を継続しているのでしょう。

最新iPadが購入できるのはこちら
docomo
公式サイト
SoftBank
公式サイト
au
公式サイト

新型iPad Proのスペック・機能

新型iPad Proのスペックや新機能をまとめました。

スマホ最新料金プラン情報を配信中!
LINE友だち追加

カメラ性能

出典:Apple

アウトカメラ

  • 変更点なし
    広角カメラ:1200万画素
    超広角カメラ:1000万画素
    LiDARスキャナ

インカメラ

  • 700万画素→1200万画素
  • センターフレーム対応

アウトカメラの構成は以前と変わらず、広角・超広角カメラ+LiDARスキャナのの2眼レンズとなりました。

前機種から変わった点としては、インカメラの「画質」と「センターフレーム機能」です。

まず、700万画素から1200万画素にインカメラの画質が向上しました。1200万画素は、アウトカメラの広角レンズと同じ画素数です。

インカメラの性能が向上したことで、FaceTimeやリモートのビデオ会議も行いやすくなります。さらに背景をぼかして被写体を際立たせるポートレートモードにも対応しているため、本格的な自撮り撮影も可能です。

次に進化した点は、センターフレーム機能が搭載されたです。

センターフレーム機能とは、被写体が見切れないよう画角を自動調整してくれる機能のことです。ビデオ通話中に被写体が動いても、画角を調整してカメラにおさめてくれます。

途中で誰かがカメラに入った場合も、そのタイミングで画角を拡大・縮小してくれるので心配ありません。

画面サイズ・インチ数

出典:Apple
  • 変更点なし
    12.9インチ
    11インチ

画面サイズ・インチ数共に変更点はありませんでした。前機種と同じく、12.9インチと11インチの2モデル展開です。

\初回限定3ヶ月無料!/
iPhone格安SIM通信アンケート

ディスプレイ

出典:Apple
  • Liquid Retinaディスプレイ
    →【12.9インチのみ】Liquid Retina XDRディスプレイ
  • LEDバックライト
    ミニLEDバックライト

新型iPad Proのディスプレイには、大きな2つの進化がありました。

1点目は、Liquid RetinaからLiquid Retina XDRディスプレイへの変更です。12.9インチのみの変更されました。

ディスプレイ変更によって変わったのは、画面の明るさ・美しさです。

100万:1という高いコントラスト比で、明るさと暗さがくっきりと表示されてメリハリのある画面になりました。見たままの色を画面で再現できるため、iPadを使った写真やビデオ編集が捗ります。

出典:Apple

2点目は、ミニLEDバックライトの搭載です。

新型iPadの薄型ボディと高い輝度(明るさ)を実現すべく、AppleはミニLEDバックライトを新たに開発しました。

従来のLEDのサイズをコンパクトにすることで、ディスプレイにたくさんLEDライトを埋め込めるようになります。光源が増えるほど画面も明るくなるので、従来のLEDライトよりもミニLEDの方が明るくなるという寸法です。

新型iPadではミニLDバックライトが1万個以上搭載されており、以前のiPadよりも格段に画面が明るく感じるはずです。

M1チップ搭載

出典:Apple
  • A12Z→M1チップ

今回の新型iPad Proの大きな変更点の1つが、プロセッサ・搭載チップの進化です。これは歴代iPadシリーズの中でも大きな変更点の1つといえます。

これまでのiPadシリーズはiPhoneと同じA〇〇チップでしたが、新型iPadではMacシリーズと同じM1チップが搭載されました。

M1チップは、最新のMacBookやiMacに搭載されているチップです。チップは端末の頭脳といえるものなので、パソコン並の処理性能を獲得したことになります。

具体的には処理速度が最大50%、グラフィック処理が最大40%高速化するとのこと。動画・画像の編集はもちろん、重いオンラインゲームもスムーズに動くでしょう。

5Gに対応

出典:Apple
  • 5Gに対応

新型iPad Proは、iPadシリーズ初の5G対応となりました!

Apple製品で初めて5Gに対応したのは、2020年秋発売のiPhone 12シリーズです。iPhone 12と同時期発表のiPad Air4・iPad(第8世代)は5G未対応でしたが、ようやくiPadも5G対応となります。

今後どの端末においても5G対応が主流になると思われるので、タブレットも買い換えるなら5G対応が狙い目です。

5G対応となったことで、ダウンロード・アップロードのスピードが格段に速くなると予想されます。さらにタブレットの中でもより多くの5G周波数帯をカバーしているため、より多くの場所で5Gが使える見込みです。

また、Wi-Fi 6にも対応しており、WiFi接続においても次世代規格に対応しています。

対応コネクタ

出典:Apple
  • USB-C
    Thunderbolt / USB 4ポート

新型iPadでは、対応コネクタがUSB-CからThunderboltに変更されました。

出典:Apple

USB-CとThunderboltは、見た目は同じ形状のコネクタです。実際、ThunderboltはUSB-Cの中の1つであり、扱える信号の種類が違うだけです。

扱える信号が違うことで、USB-Cよりもデータ転送時の最高速度が速くなっています。

対応アクセサリ

出典:Apple
  • 変更なし
    Apple Pencil(第2世代)
    Magic Keyboard
    Smart Keyboard Folio

新型iPad Proは、前機種と同じApple Pencil(第2世代)・Smart Keyboard Folio・Magic Keyboardの3つに対応しています。

新型Magic KeyboardやApple Pencil(第3世代)の噂もありましたが、発表はありませんでした。

対応アクセサリに変化はありませんでしたが、Magic Keyboardに新色ホワイトが登場しています。

ホワイトが登場したこで、新型iPad Proの本体カラーとキーボードの色を合わせられるようになっています。

生体認証・ロック解除方法

  • 変更なし

Touch ID(指紋認証)搭載と予想していましたが、変わらずFace ID(顔認証)のみとなりました。

2020年の新型iPad Air4では、初めてトップボタンに指紋認証センサーが搭載されました。

これによって指紋認証のためのホームボタンが不要になり、全画面ディスプレイで指紋認証が使えるようになったのです。

昨今はマスクをした状態でロック解除する場面が増えたため、顔認証よりも指紋認証の方が使いやすいという声もあります。

そのため新型iPad Proも指紋認証に対応するのではと予想されていましたが、従来通り顔認証となっています。

バッテリー容量

  • 新型iPad Pro 12.9インチ
    →9,500mAh前後
  • 新型iPad Pro 11インチ
    →7,500mAh前後

Appleは、iPhone・iPad共に正確なバッテリー容量を公開していません。

そのためあくまで目安ですが、歴代iPad Proシリーズから目安のバッテリー容量をまとめました。

モデル名 バッテリー容量予想
12.9インチiPad Pro(第4世代) 9,720mAh
11インチiPad Pro(第2世代) 7,538mAh
12.9インチiPad Pro(第3世代) 9,720mAh
11インチiPad Pro(第1世代) 7,812mAh
12.9インチiPad Pro(第2世代) 10,891mAh
12.9インチiPad Pro(第1世代) 10,307mAh

過去のモデルから推察すると、iPad Pro 12.9インチは9,500mAh前後、iPad Pro 11インチは7,500mAh前後になると思われます。

年々バッテリー容量が減っていますが、プロセッサが進化したことで少ないバッテリー容量でも充電持ちが良くなっています。

最新iPadが購入できるのはこちら
docomo
公式サイト
SoftBank
公式サイト
au
公式サイト

新型・旧型iPad Pro比較

iPad Proの新型・旧型の比較を12.9インチと11インチに分けてまとめました。

ポイント

  • 2TB登場
  • XDRディスプレイ搭載(12.9インチのみ)
  • M1チップ搭載により従来の2倍の処理速度
  • 5G対応
  • フロントカメラのセンターフレーム
  • USB4による充電・データ転送速度向上

iPhone格安SIM通信では、歴代iPadの全モデルを比較しています。 iPadの購入を検討している方は、こちらもあわせて参考にしてください。

iPad Pro12.9インチ第5世代・第4世代比較

                                                                                                                                 
新型(第5世代)旧型(第4世代)
容量・価格(税込)
※WiFiモデル
128GB:129,800円
256GB:141,800円
512GB:165,800円
1TB:213,800円
2TB:261,800円
128GB:115,280円
256GB:127,380円
512GB:151,580円
1TB:175,780円
容量・価格(税込)
※Cellularモデル
128GB:147,800円
256GB:159,800円
512GB:183,800円
1TB:231,800円
2TB:279,800円
128GB:133,980円
256GB:146,080円
512GB:170,280円
1TB:194,480円
カラーシルバー
スペースグレイ
シルバー
スペースグレイ
ディスプレイLiquid Retina XDRディスプレイLiquid Retinaディスプレイ
プロセッサ(搭載チップ)M1チップA12Z Bionic
通信方式(Cellularモデル)5G4G
カメラ12MP広角カメラ
10MP超広角カメラ
12MP広角カメラ
10MP超広角カメラ
フロントカメラ2倍の光学ズームアウト
センターフレーム
認証形式Face IDFace ID
コネクタThunderbolt
USB 4対応のUSB-Cコネクタ
USB-Cコネクタ
対応キーボードMagic Keyboard
Smart Keyboard Folio
Magic Keyboard
Smart Keyboard Folio
対応Apple PencilApple Pencil(第2世代)Apple Pencil(第2世代)

12.9インチのiPad Proは新しいディスプレイの搭載や5G対応など、かなり性能が向上されています。

今回からiPadに搭載されたM1チップは、Macで使われているチップです。すなわちPC並みの性能があると言えるでしょう。

iPhone格安SIM通信では、新型iPad ProとiPad Air4を比較しています。 新型iPad Proの購入を検討している方はこちらをご覧ください。

iPad Pro11インチ第3世代・第2世代比較

                                                                                                                                 
新型(第3世代)旧型(第2世代)
容量・価格(税込)
※WiFiモデル
128GB:94,800円
256GB:106,800円
512GB:130,800円
1TB:178,800円
2TB:226,800円
128GB:93,280円
256GB:105,380円
512GB:129,580円
1TB:153,780円
容量・価格(税込)
※Cellularモデル
128GB:112,800円
256GB:124,800円
512GB:148,800円
1TB:196,800円
2TB:244,800円
128GB:111,980円
256GB:124,080円
512GB:148,280円
1TB:172,480円
カラーシルバー
スペースグレイ
シルバー
スペースグレイ
ディスプレイLiquid RetinaディスプレイLiquid Retinaディスプレイ
プロセッサ(搭載チップ)M1チップA12Z Bionic
通信方式(Cellularモデル)5G4G
カメラ12MP広角カメラ
10MP超広角カメラ
12MP広角カメラ
10MP超広角カメラ
フロントカメラ2倍の光学ズームアウト
センターフレーム
認証形式Face IDFace ID
コネクタThunderbolt
USB 4対応のUSB-Cコネクタ
USB-Cコネクタ
対応キーボードMagic Keyboard
Smart Keyboard Folio
Magic Keyboard
Smart Keyboard Folio
対応Apple PencilApple Pencil(第2世代)Apple Pencil(第2世代)

11インチのiPadも12.9インチ同様性能が向上しています。

ディスプレイは従来のものが使用されていますが、搭載されているチップや5G対応など、12.9インチとほとんど同じ性能となっています。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2021年05月20日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード