• iPhone・iPad

[2022年]新型iPad Air 5(第5世代)の発売日・価格!買うべき?Proとの違い比較

2022年3月9日のAppleイベントにて発表された新型iPad Air 5についての最新情報をまとめました。発売日やデザイン、スペックの最新情報をお伝えします。新型iPad Air 5の購入を検討している方やApple製品が好きな方は必見です。
au20221102 [2022年]新型iPad Air 5(第5世代)の発売日・価格!買うべき?Proとの違い比較

2022年3月9日のAppleイベントで新型iPad Air 5が発表されました

今回は、新型iPad Air 5のデザイン・スペック・価格・発売日などの最新情報を紹介していきます。

新型iPad Air 5の購入を検討している方はもちろん、新しくiPadやタブレットを買い替えたい方も必見です。

\お得にスマホを契約しよう!/

【1分でわかる】新型iPad Air 5

出典:Apple公式

2022年3月に発売された新型iPad Air 5は、どこが変わったのでしょうか。

旧モデルiPad Air 4から大きくアップデートされた項目を赤字で表記しています。

【NEW】iPad Air 5 iPad Air 4
デザイン
チップ
(プロセッサ)
M1 A14 Bionic
画面サイズ 10.9インチ 10.9インチ
サイズ
(高さ×幅×厚さ)
247.6×178.5×6.1mm 247.6×178.5×6.1mm
重さ WiFi:461g
セルラー:462g
458g
ディスプレイ Liquid Retina
ディスプレイ
Liquid Retina
ディスプレイ
アウトカメラ 広角:1200万画素
f/1.8
広角:1200万画素
f/1.8
インカメラ 1,200万画素 f/2.4 700万画素 f/2.2
カラー スペースグレイ
スターライト
ピンク
パープル
ブルー
シルバー
スペースグレイ
ローズゴールド
グリーン
スカイブルー
コネクタ USB-C USB-C
ビデオ再生
最大時間
10時間 10時間
認証 指紋認証 指紋認証
5G対応 ×
Apple Pencil
(第2世代)
Magic
Keyboard
Smart
Keyboard Folio
ストレージ 64/256GB 64/256GB
WiFiモデル
Apple価格
(税込)
64GB:74,800円
256GB:92,800円
64GB:69,080円
256GB:85,580円
セルラーモデル
Apple価格
(税込)
64GB:92,800円
256GB:110,800円
64GB:87,780円
256GB:104,280円

iPad Air 4から大きく変わったのが、M1チップ搭載・5G対応・新色・フロントカメラの4つです。

特にM1チップはMacBook ProやMac miniに搭載されている最高峰のチップなので、iPad Air史上最高のパフォーマンスを発揮してくれます。

また、iPad Air 4では未対応だった5Gへの対応や、iPad mini6で登場したパープルも追加されました。

詳しい情報については本記事で紹介します。ぜひ最後までご覧ください。

  • 発表日:2022年3月9日(水)
  • 予約開始日:3月11日(金)午後10時~
  • 発売日:2022年3月18日(金)
  • 価格:74,800円(税込)〜
  • M1チップ搭載
  • 5G対応
  • 新色パープル登場
  • インカメラが1200万画素超広角レンズ

両機の違いは動画でも紹介しています。

新型iPad Air 5の発売日・価格

新型iPad Air 5は2022年3月9日のAppleイベントにて発表されました。発売日や価格、スペックなど最新情報を紹介していきます。

新型iPad Air 5の発売日・在庫状況

新型iPad Air 5の発売日・予約開始日は以下の通りです。

予約開始日 発売日
ドコモ 3月11日(金)
午後10時~
3月18日(金)
au 3月11日(金)
午後10時~
3月18日(金)
ソフトバンク 3月11日(金)
午後10時~
3月18日(金)
Apple 3月11日(金)
午後10時~
3月18日(金)

新型iPad Air 5の発売日は3月18日(金)で、予約開始日が3月11日(金)午後10時からとなっています。

ドコモ・au・ソフトバンクではまだ在庫状況がわからないため、参考までにAppleの在庫を表にまとめました。

Apple WiFi WiFi+Cellular
64GB 256GB 64GB 256GB
スペースグレイ 4/5〜4/12 4/5〜4/12 4/5〜4/12 4/5〜4/12
ピンク 4/5〜4/12 4/5〜4/12 4/5〜4/12 4/5〜4/12
パープル 4/5〜4/12 4/5〜4/12 4/5〜4/12 4/5〜4/12
ブルー 4/5〜4/12 3/31〜4/5 4/5〜4/12 4/5〜4/12
スターライト 4/5〜4/12 4/5〜4/12 4/5〜4/12 4/5〜4/12

一部モデルを除き、ほとんどのモデルで2週間以上の待ち時間が発生しています。

Appleに比べキャリア在庫の方が少ないことを考えると、ドコモ・au・ソフトバンクではさらに入手困難になっていると予想されます。

新型iPad Air 5の購入を考えている方は、早めに予約した方が良さそうです。

なお、同イベントで発表された新型iPhone SE3(第3世代)も同じスケジュールで発売予定です。

新型iPhone SE3(第3世代)の価格や新機能は、こちらの記事で詳しく解説しています。

新型iPad Air 5の価格・ストレージ容量

新型iPad Air 5のストレージ容量は、iPad Air 4と同じ64GB・256GBの2種類になりました。

ドコモ・au・ソフトバンク・Appleの価格は表の通りです。

(税込) 64GB 256GB
WiFi セルラー WiFi セルラー
ドコモ 120,560円 144,870円
au 115,200円 138,960円
ソフトバンク 84,800円 120,240円 106,800円 144,720円
Apple 92,800円 116,800円 116,800円 140,800円

WiFiモデルはWiFi環境がないとネットが使えないモデル、セルラーモデルはWiFi環境がなくてもネットが使えるモデルのことです。

価格を比べると、iPad単体で通信できるセルラーモデルの方が約2万円〜3万円高い価格設定になっています。

WiFiモデルを比較すると、ソフトバンクとAppleは同じ価格で74,800円(税込)〜92,800円(税込)です。ドコモ・auでは販売されていないため。WiFiモデルが欲しい方はソフトバンクかAppleで購入しましょう。

セルラーモデルを比較すると、Appleの価格が1番安いです。3キャリアの中では、auが最も安い結果となりました。

キャリアの場合、毎月のスマホ代とまとめて支払いできるので、月々の負担を減らしたい方にはauがおすすめです。

  • WiFiモデル
    →ソフトバンク・Appleがおすすめ
  • セルラーモデル
    →au・Appleがおすすめ

新型iPad Air 5に学割は使える?

あまり知られていませんが、Appleには学割があります。

対象のMacかiPadを購入すると、Appleギフトカードで数万円が還元されたり、AppleCare+が割引になったりします。

残念ながら、新型iPad Air 5は学割対象外となっていました。現在iPadで学割対象になっているのは、iPad Proです。

iPad Pro 11インチ(64GB/WiFiモデル)の場合、通常94,800円(税込)が学割価格で88,800円(税込)で購入できます。

6,000円引きで購入できる上、12,000円分がAppleギフトカードで還元されるためかなり安いです。

最新モデルは学割対象になりづらいため、iPad Air 5が学割対象になるのは新型iPad ProやiPad Air 6が発売された時と予想されます。

新型iPad Air 5のデザイン・カラー

次は、新型iPad Air 5のデザインやカラーバリエーションについての最新情報を紹介します。

デザイン|iPad Air 4がベース

新型iPad Air 5のデザインは、iPad Air 4のデザインを踏襲しました。

新型iPad Air 5と旧モデルのiPad Air 4を比較してみましょう。

▼新型iPad Air 5

出典:Apple公式

▼旧モデルiPad Air 4

出典:ドコモ公式

新型iPad Air 5は旧モデルiPad Air 4と同様に角張ったデザインとなりました。 ホームボタンもなくスタイリッシュなデザインです。

画面サイズも10.9インチと旧モデルと同じです。

【NEW】カラー|新色パープル追加

新型iPad Air 5は旧モデルのiPad Air 4とiPad mini 6のようなカラフルなラインナップになりました。

新型iPad Air 5のカラーバリエーションは画像の通りです。新色として、パープルが追加されました。

カラー名が若干変わっているものの、パープル以外の4色は旧モデルと同系色のラインナップとなっています。

iPad mini 6の4色にパープルが追加されたのが新型iPad Air 5のカラーバリエーションです。

また、参考までに旧モデルのカラーバリエーションも下記に紹介します。それぞれiPad Air 4は5色展開、iPad mini 6は4色展開となっています。

▼iPad Air 4

▼iPad mini 6

出典:Apple

新型iPad Air 5のスペック

ここまで新型iPad Air 5の価格やデザインについての最新紹介しました。次はカメラやCPUなどのスペックについての最新情報を紹介します。

【NEW】通信回線|5G対応に

出典:Apple

新型iPad Air 5のセルラーモデルは、iPad Airシリーズで初めて5Gに対応しました。

5G対応のため、旧モデルと比べて高速通信が可能となっています。新型iPad Air 5が5G対応になったことで、iPad(第9世代)を除く全てのiPadが5G対応となりました。

5G通信にはミリ波とSub-6という2つの通信方法があるのですが、iPad Air 5はSub-6対応、ミリ波非対応となっています。

ミリ波とは30GHzから300GHzの周波数帯のことで、通信速度が速く、送れる情報量が多い特徴を持っています。

2021年発売のiPad Proは、ミリ波・Sub-6両方対応です。現状ミリ波が使える5Gエリアはそこまで多くありませんが、先々のことを考えると次のiPad Air 6での対応が期待されます。

【NEW】プロセッサ|M1チップ搭載

出典:Apple

新型iPad Air 5はM1チップが搭載されています

M1チップとは2020年11月に正式発表されたチップで、MacBookシリーズにも搭載されています。iPadの中でM1チップを搭載しているのは、iPad Proと新型iPad Air 5のみです。

搭載チップ
iPad Pro
12.9/11インチ
M1
iPad Air 5 M1
iPad mini 6 A15 Bionic
iPad 9 A13 Bionic

M1チップ搭載でiPad全体の処理速度が速くなりました

iPad Air 4と比べて処理速度は最大60%、グラフィック性能は最大2倍も高速化します。

複数のアプリを同時に使う時、ゲームをプレイする時、アプリが落ちたりタイムラグが発生したりする心配がありません。

M1チップ搭載の新型iPad Air 5は、iPad Proシリーズより軽くて価格も安いです。

動画編集やイラスト作成、ゲームなど外でも高い処理性能が必要な方にぴったりなモデルでしょう。

【NEW】カメラ|センターフレームに対応

出典:Apple

新型iPad Air 5は、フロントカメラがセンターフレームに対応しました

センターフレームとは、ビデオ撮影やビデオ通話中にフレームから外れないよう画角を調整してくれる機能のことです。

加えて、他の人がフレームに出入りすると、そのタイミングに合わせて拡大・縮小してくれます。

ビデオ通話をしながら歩きまわったり、ホワイトボードを使って会議をしたり、様々な場面で活躍してくれる機能です。

センターフレームに対応するため、インカメラが700万画素から1200万画素の超広角レンズに進化しました。

背面のリアカメラは、iPad Air 4と同じ1200万画素の広角レンズです。

書類をスキャンしたり動画を撮影してそのまま編集したり、どんな使い方にも対応できるカメラ性能になっています。

画面・ディスプレイ|60Hz対応

新型iPad Air 5は約10.9インチです。これは、旧モデルのiPad Air 4やiPad Pro(第3世代)と同じサイズです。

新型iPad Air 5の重量は約461gで、iPad Pro(第3世代)と同程度の重量・サイズとなりました。

また、iPad Air 4と同じ60Hzのリフレッシュレートを引き継ぐ形となりました。

リフレッシュレートとは、1秒間に画面が描き変わる回数を表した数字です。数字が大きいほど画面がなめらかに動くため、特にゲームプレイに適しています。

iPad Proや一部のiPhoneは120Hzのリフレッシュレートに対応しているため、次回のiPad Air 6で対応する可能性も考えられます。

生体認証|トップボタンの指紋認証

新型iPad Air 5はトップボタン内蔵のTouch IDによる指紋認証です。

ホームボタンではなくトップボタン(電源ボタン)に内蔵されているため、旧モデルと同じく大画面でシンプルなデザインとなりました。

本体のロック解除やアプリへのサインイン、Apple Pay利用時など様々な場面で指紋認証が活躍します。

バッテリー容量|ビデオ再生最大10時間

新型iPad Air 5のバッテリー持ち時間は、iPad Air 4と同じです。

WiFiでのインターネット利用・ビデオ再生が最大10時間、携帯回線を使ったインターネット利用が最大9時間となっています。

ちなみに、このバッテリー持ち時間はiPad Proと全く同じです。1番バッテリーを消費するといわれるビデオ再生で最大10時間持つなら、家でも外で充電を気にせず使えますね。

なお、Appleでは詳細を公開していませんが、バッテリー容量はiPad Air 4と同じ7,667mAh前後と予想されます。

スピーカー|2スピーカーオーディオ

新型iPad Air 5は、iPad Air 4と同じ2スピーカーオーディオとなりました。

2スピーカーオーディオとは、文字通り横向きに2つのスピーカーが搭載されています。

iPad Proは上下左右2つづつの4スピーカーオーディオを搭載しているため、音の臨場感や厚みではiPad Proの方が上手です。

iPadで音楽を流して使いたい、動画編集や使いたいなら、4スピーカーのiPad Proの方がおすすめです。

対応コネクタ|USB-C対応

出典:Apple

新型iPad Air 5の対応コネクタはUSB-Cです。 旧モデルのiPad Air 4とiPad mini 6の対応コネクタもUSB-Cでした。

新型iPad Air 5は旧モデルiPad Air 4と比べて転送速度が最大2倍速くなっています。 大容量の動画などをより速く転送可能となりました。

USB-CのApple製品は、iPad Air 4とiPad mini 6以外にiPad Pro (12.9インチ)/(11インチ)やMacBook Pro/Airシリーズもあります。

徐々にUSB-C対応のApple製品が増えてきており、互換性があるコネクタです。

対応アクセサリ|Apple Pencil 2に対応

出典:Apple
  • Apple Pencil 2
  • Smart Keyboard
  • Magic Keyboard

新型iPad Air 5はApple Pencil(第2世代)に対応します。

Apple Pencil(第2世代)は、iPad Air 4やiPad mini 6、iPad Pro 12.9インチ/11インチに対応しているアクセサリです。

Apple Pencil(第2世代)は価格は15,950円(税込)で購入可能で、ダブルタップやツール切り替えが可能とスムーズに作業するにはうってつけです。

また、Magic KeyboardやSmart Keyboard Folioにももちろん対応しています。

Magic Keyboardとは、iPadの中で最も本格的なキーボードのことです。キーボードにトラックパットがついているため、ノートパソコンと同じように操作できます。

バックライトを搭載しているため暗い場所でも使える他、iPadの角度も細かく調整できます。

Smart Keyboard Folioは、軽くて持ち運びに適したキーボードです。2つの角度に調整でき、キーボードを使わない時はカバーとして使えます。

iPad Air 5はどちらにも対応しているため、キーボードを使う頻度や持ち運ぶかどうかで選んではいかがでしょうか。

iPad Air 5と一緒に使いたいおすすめケースは、こちらの記事でご紹介しています。

新型iPad Air 5とProはどこが違う?

「iPad Air 5とiPad Proとどこが違うの?」と、思った方も多いのではないでしょうか。

M1チップ搭載で性能も見た目も似ているiPad Air 5とiPad Proの違いをまとめました。

iPad Air 5 iPad Pro
画面サイズ 10.9インチ 11インチ
12.9インチ
リフレッシュ
レート
60Hz 120Hz
アウトカメラ 広角:1200万画素
f/1.8
広角:1200万画素
f/1.8
超広角:1000万画素
f/2.4
インカメラ 1200万画素 f/2.4 TrueDepthカメラ
1200万画素
カラー スペースグレイ
スターライト
ピンク
パープル
ブルー
シルバー
スペースグレイ
コネクタ USB-C Thunderbolt
USB 4対応の
USB-C
認証 指紋認証 顔認証
ストレージ 64GB
256GB
128GB
256GB
512GB
1TB
2TB
スピーカー 2スピーカー 4スピーカー

大きな違いは、カメラレンズの数・認証方法・ストレージ容量の3つです。

iPad Proは超広角・広角レンズのデュアルカメラ、iPad Air 5は広角レンズのシングルカメラとなっています。

レンズの数が多い分撮影の幅も広がりますが、iPadでカメラを使うかどうかで判断した方が良いでしょう。

認証方法については、iPad Air 5が指紋認証、iPad Proが顔認証です。顔認証の方がセキュリティ上は安全ですが、使いやすさで考えると指紋認証の方が便利です。

最後のストレージ容量は、iPad Proが64GB/256GBの2種類、iPad Proが128GB〜2TBまでとなっています。

普通に使う分には256GBあれば十分ですが、iPadで写真や動画を保存する方はiPad Proの方大容量で安心です。

両機の違いは動画でも紹介しています。

新型iPad Air 5は買い?どんな人におすすめ?

新型iPad Air 5がおすすめな人

  • iPadで絵を描いたりゲームをしたい
  • ノートパソコンとして使いたい
  • 初めてiPadを購入する・久々に買い換える

新型iPad Air 5がおすすめな人は上記の通りです。

現在販売中のiPad Pro・iPad mini6・iPad 9の中で、新型iPad Air 5は高性能なモデルです。

そのため、絵を描いたりゲームをしたり、ある程度の処理能力が必要な作業にはiPad 9は向きません。

また、画面の大きさという観点では、2インチほど小さいiPad mini 6では少し小さすぎます。加えて、iPad mini 6は対応キーボードの種類が少ないため、ノートパソコンとして使いたい方にもやや不向きです。

以上から、iPad ProかiPad Air 4のどちらを買うべきかなのですが、動画編集やグラフィック処理などが必要でない限りはiPad Air 5で十分です。

価格面でもiPad Air 5の方が手に取りやすいため、初めてiPadを購入する方や、久々に買い換える方にもおすすめできます。

画像出典:Apple公式

公開日時 : 2022年03月18日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード