【iPhone】Bluetoothアクセサリを接続する方法|接続できないときの対処法

キーボードやイヤホンなどiPhoneとBluetoothで接続する商品が増えています。Bluetooth接続は複雑な設定は必要なく、手順がわかると簡単に接続できます。今回はiPhoneとBluetoothで接続する方法を詳しく解説します。
楽天モバイル20220722 【iPhone】Bluetoothアクセサリを接続する方法|接続できないときの対処法

iPhone用アクセサリはBluetooth接続のものが最近では主流になっています。イヤホンやスピーカーなど無線なので煩わしさが軽減し、自由度が増すので様々なシチュエーションで利用されています。

当たり前のように耳にするですが、いざ使おうと思ったときに設定がうまく進まなくてイライラするいという経験をしたことはないでしょうか。

実は、接続の手順さえわかれば、ほとんどの機器は簡単に設定することができます。

今回はWiFiとBluetoothにはどのような違いがあるか、iPhoneでBluetooth接続する方法や、うまく接続できないときに確認すべきポイントを詳しく解説します。

\お得にスマホを契約しよう!/

WiFiとBluetoothの違いをおさらい

WiFiやBluetoothどちらも無線で接続をしますがどのような違いがあるでしょうか、詳しく解説します。

 WiFiとは

WiFiは「IEEE 802.11」の無線LAN規格を使っている通信規格です。「WiFi Alliance」という団体に認証された製品がWiFiブランドを名乗ることが許されています。

接続距離は50m~100mくらいを想定して作られています。通信速度はWiFi規格によって違いますが、54Mbps、300Mbps、6.9Gbpsと高速通信ができます。

WiFi通信は、ルーターを経由して複数の端末を接続することができます。その特性を生かして社内ネットワークの構築に用いられます。電波が届く場所であればどこでも利用ができます。

WiFiは通信速度が速いのですが、一方で電力の消費が激しいというデメリットもあります。WiFi通信を利用するデバイスはバッテリーの消耗がはやいです。

WiFiの周波数は2.4GHz、5GHz、60GHzを利用しています。

2.4Ghzの周波数は電子レンジやワイヤレススピーカーなど家電も同じ周波数を利用していることがあるので、電波干渉がおこりやすいといわれています。

WiFiを使ってコントロールを行う家電も身近になっていて、空気清浄機やエアコンなど外出先からスマホで操作できる商品があります。

家にいなくてもペットの様子などを見られて便利な「見守りカメラ」などもWiFiを利用して、遠隔操作可能です。

Bluetoothとは

Bluetoothは無線LAN規格「IEEE 802.15.1」を利用しています。こちらは複数の企業がかかわって作られており、国際基準なので各国のどんなメーカでも対応機種であれば接続可能です。

通信速度は最大で24Mbps、周波数は2.4Ghzを利用しているのでWiFiでも同じ2.4Ghzを同とき利用するときには電波干渉を起こす可能性があることを覚えておきましょう。

接続距離は10mほどを想定されているので、ネットワークを構築するためには利用されることはありません。

しかし、近距離での接続が得意で消費電力が少ないというメリットがあります。キーボードやマウスなどのPC周りの機器をワイヤレスにしてすっきりとした環境を整えるにはうってつけです。

Bluetoothは親機になるスマホやタブレットなどと、他の端末を「ペアリング」と呼ばれる接続をして利用します。イヤホン・ヘッドホン、キーボード、スピーカーやオーディオ機器などに利用されます。

最近では、IoT家電と呼ばれるものの中にもBluetoothを使ってコントロールができる商品が増えています。

例えばエアコンのリモコンや、LED電球とスピーカーが一体化したも便利な家電も登場しています。Bluetoothは接続距離が短いため、室内にいるときに利用できるものに用いられています。

iPhoneのBluetooth接続方法と解除方法

Bluetoothの接続を「ペアリング」と呼びます。この「ペアリング」はiPhoneとアクセサリ端末、どちら側も操作が必要です。

基本的にどんなアクセサリでもBluetoothで接続する方法は共通しているので、ここからはiPhoneのBluetooth接続方法と解除方法を詳しく説明します。

接続方法

まずは接続方法です。手順が前後してしまうと接続がスムーズに進まないので、焦らずに設定しましょう。

iPhoneのBluetoothをオンにする

iPhoneの「設定」を開き、「Bluetooth」の項目をタップします。

「Bluetooth」をオンの状態(ボタンがグリーンになっている)にします。ペアリングが終わるまでその状態を保っておきます。

Bluetoothアクセサリを検出しiPhoneに表示させる

次に、アクセサリ端末でiPhoneに検出してもらうための操作をします。

方法はアクセサリによって違いますが、所定のボタンを長押ししたり、Bluetooth接続のためのボタンを押下などで行います。

操作後、iPhoneの「Bluetooth」の画面に『自分のデバイス』という項目の下にアクセサリが表示されるのを待ちます。表示名はアクセサリの説明書に書かれているので確認してください。

 ペアリングする

表示されたアクセサリをタップしてペアリングを行います。

端末によってはPINコードやパスキーの入力が求められることがあります。その場合には指示に従って入力やボタン選択を行ってペアリングンを完了させてください。

ペアリングの解除方法

Bluetooth接続の解除をしたいときはペアリング解除を行います。

「設定」を開き、「Bluetooth」をタップします。解除したいアクセサリの表示名の右端にある青字[i]のマーク(情報ボタン)をタップします。

一時的に接続を解除したいとは、「接続解除」をタップして接続だけを解除します。

Bluetoothの画面に戻るとアクセサリ名の右に「未接続」と表示されます。再び利用したいときには、「未接続」の部分をタップするだけで接続できます。

iPhoneから登録を消したい場合には「このデバイスの登録を解除」と表示されている部分をタップします。画面を戻り「自分のデバイス」のリストからアクセサリ名の表示が消えているのを確認してください。

一度登録を解除したアクセサリを再び接続したい場合は、接続の手順を初めから行います。

Bluetooth接続できないときの確認ポイント

なかなかBluetooth接続ができない場合にはどうしたよいでしょうか、繋がらないときに確認すべきポイントを解説します。

アクセサリ端末との距離は離れすぎていないか

Bluetoothの接続できる距離は10m程度なので、iPhoneとアクセサリ端末の距離を確認します。

距離が近くても接続できていないなら、電波干渉の現になる可能性のある障害物を取り除いて接続を試してみましょう。

電源・充電の状態を確認

Bluetoothアクセサリの電源が入っているか確認します。

充電式の物は完全に充電された状態か、電源に接続された状態で使うものであれば確実にアダプターが電源にささっているかチェックしてください。

電源とUSB端子で接続するものもあります。しっかりと奥まで差し込まれている状態かどうかもう一度確認しましょう。

電池を入れて使用するアクセサリの場合は、電池が消耗していることも考えられるので新しいものと交換してみましょう。

ほかの端末とペアリングされていないか

アクセサリが利用したいiPhone以外の端末とペアリングされていないか確認します。

iPhoneは最大7台のアクセサリをBluetoothで接続することができますが、アクセサリ端末はほとんどの場合同時接続できる端末は1台です。

タブレットとiPhoneなど複数のデバイスで使用するアクセサリを接続するときには、接続を解除してからiPhoneとのペアリングを行います。

アプリのBluetooth利用がオンになっているか

アクセサリ中には、iPhoneにダウンロードしたアプリで操作を行うものもあります。

そのようなアクセサリを使うときには、Bluetoothが有効になっていないと接続ができません。一度設定を確認してみてください。

アプリでBluetoothが有効になっているか確認する方法

「設定」を開き、「プライバシー」をタップします。

次に「Bluetooth」をタップします。

ここではアプリの中で、Bluetoothを使用できるものが表示されます。右のボタンをタップしオン(色がグリーンに変わる)の状態になっているか確認してください。

一度ペアリングを解除して最初からやり直す

iPhoneにアクセサリ名が表示されていても、タップ後「接続」にならず「未接続」の表示の場合は、一度端末の登録を解除して初めからペアリング設定をやり直します。

前回接続できたとしても、再接続ができない状態になることもあるのでアクセサリの検出の部分から試してみましょう。

どうしても接続できないときの問い合わせ先

色々試してみても接続できない場合はどうしたらよいでしょうか。

「他のアクセサリはBluetooth接続ができるが、特定のアクセサリ端末だけが接続できない」場合、アクセサリが自分の所有しているiPhoneに対応しているかアクセサリメーカーに問い合わせしてみましょう。

アクセサリが正常に動作しているにもかかわらずBluetooth接続ができない状態が続くとき、Bluetoothがオンにできないとき、もしくはBluetoothがグレーアウトしていてタップできない場合にはAppleサポートに問い合わせてみましょう。

また、Bluetoothを利用するアクセサリすべてがiPhoneに接続できない場合にも、Appleサポートに問い合わせることができます。

Bluetooth接続でiPhoneとアクセサリを快適に使おう

BluetoothはWiFiと無線で接続するという類似点はありますが、接続できる距離や通信速度が違い近距離での通信に用いられます。

最近ではイヤホンやスピーカーだけではなく、プリンターや家電などもBluetoothでスマホやタブレットと連動させて利用できるようになりました。

iPhoneをBluetoothを用いてアクセサリ端末と接続するには、iPhoneとアクセサリ端末双方の操作が必要です。

うまくBluetoothの接続ができない場合には、アクセサリ端末の充電がされているか、電池切れになっていないか確認してみましょう。

また、iPhoneのアプリで操作するアクセサリ端末の場合には、アプリでBluetooth接続が有効になっているか見落としがちなので、確認してみましょう。

どうしても接続できないときには、アクセサリメーカーやAppleサポートへの問い合わせも解決するための選択肢です。

iPhoneにBluetooth接続可能なアクセサリはたくさんあります。Bluetoothを利用して快適なデジタルライフをぜひ楽しんでください。

iPhoneでデバイスの名前変更について「iPhoneの名前(デバイス名)の変更方法とApple IDの名称の変更方法」で解説していますのでぜひご覧ください。

公開日時 : 2020年05月24日

菅野 辰則 ― ライター
菅野 辰則 ― ライター

最新ガジェット、家電、デバイスが大好物。秋葉原、ネットショップでコスパの高い中古端末に目を光らせている。iPhone・iPadを格安SIMとWiMAXで利用中。趣味はダンス、週4日のトレーニングを欠かさない。

関連キーワード