iPhone機種変更時のデータ引き継ぎ方法!クイックスタート・iTunes・iCloudの移行手順

iPhoneを機種変更・乗り換えする際は、iPhoneのデータバックアップが必要です。iTunesやiCloudでのバックアップ方法と手順、またiPhone XRやiPhoneXへの機種変更の仕方やデータ引継ぎについて解説します。
新型ihone12噂 iPhone機種変更時のデータ引き継ぎ方法!クイックスタート・iTunes・iCloudの移行手順

機種変更でバックアップを取る際、ちょっとしたミスでデータが消えてしまうことがあります。

そんな事態を回避するために、データ移行前の準備や手順、バックアップデータの復元までを解説します。

自宅にインターネットがない方、パソコンを持っていない方向けの方法もまとめています。

iPhoneの引き継ぎ方法は4つ

iPhoneの引き継ぎをする際、自宅にWiFiがない、パソコンがないといった経験はありませんか。

実は、WiFiやパソコンがなくてもデータの引き継ぎは可能です。WiFi環境とパソコンの有無によって、iPhoneのデータ引き継ぎ方法を分けたのが以下になります。

WiFi必要・パソコン必要

  • iTunes

WiFi必要・パソコン不要

  • iCloud
  • クイックスタート

WiFi不要・パソコン不要

  • カードリーダー(SDカード)

パソコンは簡単に用意できませんが、インターネットはフリーWiFiでも引き継ぎできます

WiFiさえ使えるようになれば、引き継ぎ方法は3つまで増えるのです。ここからは、機種変更前の準備と方法ごとのデータ引き継ぎ手順を解説していきます。

iPhone引き継ぎ前にやるべき4つのこと

iPhoneのバックアップやデータ移行をする前に、確認しておくことや引き継いでおくことは全部で4つあります。

やっておかないと後の作業がスムーズに進まなかったり、大切なデータを取り戻せなくなったりしてしまいます。

新しいiPhoneを以前と同じように使うため、やるべきことを1つずつ解決していきましょう。

Apple ID・パスワードの確認

Apple IDは新しいiPhoneの設定やApp storeからのアプリのインストール時に必要になります。PCでiTunesに接続する際も入力しなくてはなりません。

機種変更に関わらず必要なので確認しておきましょう。

Apple ID・パスワードを忘れた場合

Apple IDとそのパスワードは、iColudなどを使うためになくてはならないものです。

もしApple IDを忘れてしまった場合でも心配は不要です。「設定」アプリ内の「iTunes StoreとApp Store」から確認できます。

Apple IDのパスワードを忘れた場合はApple サポートからリセットが可能です。なお、Apple IDも登録している名前とメールアドレスを入力すると確認できます。

LINEの引き継ぎ

LINEは端末だけでなく、アプリ上で引き継ぎをしなければデータ移行ができません

スマホにインストールしているアプリの中でも、LINEは使用頻度が高く、友達リストやトーク履歴など、消えたら困るデータがたくさん含まれています。

LINEの引き継ぎで失敗しないため、以下の手順で引き継ぎを行いましょう。

旧端末での引き継ぎ操作

  1. 【メールアドレスの登録またはFacebookとの連携をする】ホーム画面左上の歯車マークをタップ
  2. 「アカウント」を選択
  3. 「メールアドレス」もしくは「Facebook」と連携するを選択
  1. 【アカウントの引き継ぎ設定をする】設定から「アカウントの引き継ぎ」を開く
  2. 設定をオンにする
  1. 【トーク履歴のバックアップをとる】「設定」の「トーク」という項目をタップ
  2. 「トークのバックアップ」へ進む

機種変更をしたあと、引き継いだデータを新しいiPhoneで使用するには次の操作を行います。

機種変更後のiPhoneでの引き継ぎ操作

  1. LINEアプリをインストールし、ログインをする
  2. 電話番号認証を行う
  3. SMSに届いた認証コードを入力する
  4. 「アカウントを引き継ぐ」をタップする

もっとiPhoneでLINE引き継ぐ方法を詳しく知りたい場合は下記ページでご紹介しております。

ゲームデータの引き継ぎ

ゲームのデータを引き継ぎする場合はアプリ内の説明をよく読みましょう。引き継ぎに必要なコードが発行されるゲームもあります。

またコインなどは引き継ぎ前に使いきることをおすすめします。中には記録やデータを引き継げてもコインなどは引き継ぎができないゲームもあるようです。

Apple Payのデータ引き継ぎ(Suica・クレジットカード)

Apple Payで登録しているクレジットカードのデータ移行は、機種変更前のiPhoneからデータを削除しなくても行えます。

しかしSuicaの場合は複数の端末にデータ登録ができないので、データ削除と引き継ぎが必要です。

Suicaのデータ引き継ぎは以下の手順で行いましょう。

  1. 機種変更する前のiPhoneからSuicaを削除する
  2. 機種変更する前のiPhoneでiColudからサインアウトする
  3. 新しいiPhoneの「設定」から機種変更前のApple Payを削除する
  4. Suicaを新しいiPhoneに登録する
iPhone格安SIM通信アンケート

iPhoneの引き継ぎ方法

クイックスタート・iCloud・iTunes・SDカードの順に、データ引き継ぎ方法を見ていきます。

クイックスタートを使う

iOS11から追加された、「クイックスタート」という機能を使えば、iPhone同士を近づけるだけで言語設定・キーボード設定情報、WiFi設定情報・パスワード、Apple IDが引き継がれます。

現在利用中の端末が最新でない場合、iOSのアップデートから実行しましょう。

iOSが最新になったら、以下の手順でデータ移行を行ってみてください。

アクティベーション手順

  1. 新しいiPhoneで「クイックスタート」が表示されるまで初期設定を進める
  2. クイックスタートのアニメーションを旧iPhoneで読み取る
  3. 旧iPhoneのパスコードを入力する
  4. Face IDを設定する
  5. 規約に同意する
  6. Apple Pay・iCloud・Siriを設定する
  7. データ転送を実行する

データ転送が完了しましたら、各種初期設定を行ってください。

iCloudを使う

  • かかる時間:10分〜30分

iCloudを使う場合、iPhoneの必要なデータを全て送信するため、通信量が数GBを超えることもあります。

契約している通信容量が少ないと速度制限がかかってしまう可能性があるので、iPhoneをWiFi接続することから始めましょう。

手順1.WiFiに接続する

方法:「設定」>「WiFi」>「WiFi」をオン>使用するネットワーク選択>パスワード入力

  1. 「設定」をタップする
  2. 「WiFi」を開き「オン」にする
  3. 使用するネットワークを選択
  4. 「パスワード」を入力
※機種やOSバージョンで画面が一部異なる場合もあります。

※ネットワークの環境によってはパスワード不要です。

手順2.iCloudでバックアップ

方法:「設定」>「[ユーザ名]」>「iCloud」>「iCloudバックアップ」をオン>「今すぐバックアップを作成」

  1. 「設定」をタップ
  2. 「iCloud」をタップ
  3. 「Apple ID」、「パスワード」を入力し、「サインイン」をタップ(※すでにサインインしている場合は手順4に進む)
  4. 「バックアップ」をタップ
  5. 「iCloudバックアップ」がオンになっていることを確認
  6. 「今すぐバックアップを作成」をタップ
  7. 前回のバックアップの右にバックアップをした時間が表示されれば完了

※機種やOSバージョンで画面が一部異なる場合もあります。

iCloudでバックアップできるものとできないもの

iCloudで自動バックアップしてくれる情報には限りがあり、中には自動でバックアップしてくれない情報もあります。以下、自動バックアップできるものをまとめました。

自動でバックアップできるもの

  • App データ
  • Apple Watch のバックアップ
  • デバイスの設定
  • HomeKit の構成
  • ホーム画面と App の配置
  • iMessage、テキスト (SMS)、MMS メッセージ
  • iPhone、iPad、iPod touch 上の写真とビデオ
  • Apple サービスからの購入履歴 (音楽、映画、テレビ番組、App、ブックなど)
  • 着信音
  • Visual Voicemail のパスワード (バックアップ時に使っていた SIM カードが必要)

上記に含まれないものは、iCloudのバックアップ対象外となります。

例えば、LINEのトークデータやiTunesで購入した音楽・アプリ、Kindleで購入した電子書籍等はバックアップの対象外です。

しかし、これらはiTunesやKindleに購入したデータが残っているため、機種変更後の新しい端末とiTunesを同期することで再度ダウンロードできます。

大体のデータはiCloudを使って簡単にバックアップがとれます。

5GB以上のバックアップは有料になる

iCloudストレージは5GBまでのデータは無料でバックアップが可能ですが、それ以上のデータ容量になる場合は、iCloud ストレージプランをアップ(有料)させて利用するしかありません。

有料プランの場合、50GBに増やす場合は130円/月、200GBは400円/月、2TBは1,300円/月となっています。

容量 月額料金
50GB 130円
200GB 400円
2TB 1.300円

例えば、やり取りした全てのメールデータのバックアップをとるのではなく、大事なメールだけを残して残りを消す、古いメールを消す等の工夫ができます。

無料のままなるべくバックアップ容量を増やしたいという方は、容量を食っているデータを消すか、必要なデータだけバックアップすることが必要です。

必要なデータだけバックアップしたい場合は、iPhoneの「設定」>「iCloud」に行き、不要なデータをオフにしましょう。

iTunesを使う

  • かかる時間:10分〜1時間

PCにインストールされているiTunesを使って、バックアップを取る方法もあります。

バックアップを取る際には、必ずiTunesを最新版にアップデートしてから行いましょう。古いバージョンの場合、iTunesを起動した際に最新版を通知するポップアップが表示されるので、画面の指示に従って進めばダウンロードできます。

もしPCにiTunesをインストールしていないのであれば、下記のAppleの公式HPよりダウンロードすることが可能です。

  1. PCでiTunesを起動する。 ※ここではまだ、iPhoneは接続しないでください。
  2. 画面左上部にある「編集」をクリックする。
  3. 「設定」をクリックする。
  4. 「デバイス」をクリックする。
  5. 「iPod、iPhone、およびiPadを自動的に同期しない(P)」にチェックを入れ「OK」をクリックする。
  6. iPhoneとPCを接続する。
  7. iTunesに表示される「iPhone」をクリックする。
  8. 「今すぐバックアップ」をクリックするとバックアップが開始される。
  9. 最新のバックアップの下にバックアップした時間が表示されれば完了です。

iTunes接続時に自動でバックアップするには

iTunesのバックアップ設定には、「手動でバックアップ」とiTunes接続時に「自動的にバックアップ」という2つの設定があります。

「自動的にバックアップ」にチェックを入れておけば、バックアップを取り忘れる心配がなくなるので安心です。

自分の好きなタイミングでバックアップを取りたい方は、「手動でバックアップ/復元」にチェックを入れれば大丈夫です。

手動で今すぐバックアップを取りたい場合、「手動でバックアップ/復元」のすぐ下にある「今すぐバックアップ」というボタンをクリックします。

その際、「自動的にバックアップ」の下にある、「iPhoneのバックアップを暗号化」を一緒にクリックしましょう。これは、第三者にバックアップデータが悪用されるのを防ぐため、文字通りiPhoneのバックアップデータを暗号化して送信するためのものです。

「iPhoneのバックアップを暗号化」をクリックすると、自分でパスワードを決める画面が出てきます。パスワード設定後は、忘れないようにメモ等で保存しておきましょう。

iTunesでバックアップするときの注意点

iTunesを使ったバックアップの注意点は、基本的にiCloudの場合と変わりません。バックアップできるデータの範囲やパスワードの確認は忘れないようにしましょう。

1点心配なのは、バックアップを取るPCのハードディスクの故障です。

せっかくバックアップを取っていても、機種変更してデータを移すまでにハードディスクが壊れてしまえば、意味がなくなってしまいます。

手間はかかりますが安全性を考慮するなら、iCloudとiTunes両方でバックアップしておくと安心です。

カードリーダー・SDカードを使う

Android端末では当たり前のSDカードも、iPhoneではカードリーダーなしに使うことはできません。有線やワイヤレスでつなぐカードリーダーを購入し、必要なデータが保存できる容量のSDカードを使って、バックアップを取っていきます。

カードリーダーでのバックアップは、つなぐだけでデータの保存先にSDカードが選択できるようになったり、インストールされたアプリを起動したりするだけと簡単です。

充電と一緒に写真などをバックアップできるカードリーダーもあるので、使いやすいものを選びましょう。

ただし、カードリーダーを使ってバックアップを取る時は、注意点が1つあります。

バックアップの時間は、カードリーダーのUSBの規格によって変わります。USBの規格には2.0と3.0があり、バックアップの時間を短縮したいなら、USB3.0を使うようにしてください。

AndroidからiPhoneに機種変更する場合

AndroidやガラケーからiPhoneに機種変更する方は、これまでと勝手が違って戸惑う方も多いと思います。

しかし、Androidもガラケーもデータ移行に便利なアプリや方法が紹介されているので、手順通りに進められれば問題なくデータ移行できます。

こちらの記事では、AndroidからiPhoneへデータ移行する際に使いたい、便利なアプリを紹介しています。

ガラケーからiPhoneへデータ移行する場合、携帯キャリアによって移行方法が異なります。各携帯キャリアのデータ移行方法については、こちらの記事を参考にしてください。

iPhoneへの機種変更時のまとめ

iPhoneの機種変更をする時は、常に最新のデータバックアップを取っておくことで、急にiPhoneが壊れた時でもデータが消えてしまうリスクを軽減できます。

iPhoneのデータバックアップは簡単にできるので、一度もバックアップを取っていない方は、ぜひこの記事を参考にお試しください。

iPhone機種変更を検討している方は、iPhone機種変更時にやるべきことやお得情報を紹介したので、ぜひご参考にしてください。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2020年10月08日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!