iPhoneの契約更新|更新月の確認方法と乗り換えタイミング

iPhoneの契約期間や契約月など契約更新について解説しています。契約期間を確認すれば、契約更新のタイミングでお得に乗り換えや機種変更ができます。契約期間の確認方法はソフトバンク・ドコモ・auそれぞれ手順を紹介しています。
新型ihone12噂 iPhoneの契約更新|更新月の確認方法と乗り換えタイミング

iPhoneを長期間使用していると、契約更新時期を迎えます。

契約ごとに更新の時期は違いますが、基本的には期間を定めて契約しており、使用を継続するのであれば、更新の手続きが必要です。

また、解約の場合でも手続きは必要ですが、これはおこなう時期によっては違約金などが発生することもあります。

契約関連の話をスムーズに進めるためには、契約更新の時期を狙うのがおすすめです。

現在使用しているiPhoneの契約更新時期はいつなのかを把握して、上手に契約の更新や解約、プラン変更などをスムーズにおこないましょう。

iPhoneの契約更新について

契約関連についてスムーズに進めるためには、契約更新の時期におこなうのがおすすめですが、そのためにはまず契約期間を把握しておかなければなりません。

個人ごとのプランや契約先のキャリアなどによって細部は違いますが、iPhoneは期間を定めて契約しています。

無期限での契約はありませんので、いつ契約が切れるのかを知っておくことが大切です。

契約更新をスムーズにおこなうためにも、契約期間を正しく把握しておきましょう。

多くは2年契約となっている

スマホの使用契約は、多くの場合で2年契約となっています。

これはiPhoneやAndroidなど、機種ごとに違うわけではありません。

また、キャリアよって細部の違いはありますが、概ね2年縛りでプランは立てられています。

個人によって細かい違いはあるものの、基本的には2年使えば契約更新と考えておきましょう。

大手キャリア別iPhoneの契約更新期間の特徴

キャリアでの契約の場合は、iPhoneに関係なくスマホのほとんどは2年縛りになっています。

しかし、キャリアごとに2年という期間の捉え方が違っているので注意しなければなりません。

同じ日に契約をしたとしても、キャリアが違えば契約更新のタイミングは異なることも多いです。

キャリア別の特徴を把握して、より正確な契約更新のタイミングを理解しておきましょう。

docomoの契約更新期間

docomoの契約更新期間は、基本的には2年ですが、契約更新期間は丸2年経過したのちの1カ月目と2カ月目が設定されています。

たとえば2018年4月に契約した場合、契約更新期間は2年後である2020年の5月と6月になります。

契約更新期間として2カ月の猶予がありますので、スムーズに更新がしやすいでしょう。

ただし、契約する日によって、期間にずれが生じますので注意が必要です。

docomoでは月初めの1日に契約した場合のみ、その月を1カ月目として計算します。

つまり2018年4月1日に契約した場合のみ、契約更新期間は2020年の4月と5月になります。

4月2日に契約すれば、通常どおり契約期間は2年後の5月、6月となりますが、1日に契約した場合、期間がイレギュラーに変化するので注意しましょう。

auの契約更新期間

auの契約更新期間も基本は2年契約であり、契約更新期間は丸々2年後の1カ月目と2カ月目になっています。

2018年4月に契約すれば、2020年の5月と6月が契約更新期間になり、docomoのように1日に契約した場合に期間が変更になるなら、イレギュラーなことはありません。

月初でも月末でも、契約月の後ろ2カ月間が契約更新期間となります。

どのタイミングで契約しても構いませんが、auはパケット定額の日割りが可能です。

そのため、なるべく月末に契約したほうが、お得にiPhoneを利用できます。

SoftBankの契約更新期間

SoftBankも2年契約ですが、契約の締め日が他社キャリアとは異なるので注意しなければなりません。

SoftBankでは、契約の締め日が毎月20日となっており、21日から翌月の20日までを1カ月として考えます。

契約更新期間は他社キャリアと同じで、丸々2年後の1カ月目と2カ月目ですが、月のどこで契約するかで、更新期間が違ってきます。

たとえば2018年4月1日に契約すれば、契約更新期間は2020年の4月21日から6月20日です。

2018年4月の21日に契約すれば、契約更新期間は2020年5月21日から7月20日までになります。

他社キャリアと比べると、契約更新期間がややこしいため、メールの設定で更新期間を通知してもらえるようにしておきましょう。

契約更新期間は必ず確認しよう

契約更新期間はキャリアによって少しずつ異なりますが、これは必ず確認しておかなければなりません。

契約更新期間を把握していなければ、さまざまな問題はありますし、場合によっては損をすることもあります。

iPhoneをより快適に使うためにも、契約更新期間はしっかり確認し、より有利な状態で契約を結べるようにしておきましょう。

プラン変更や解約するならこの時期がベスト

iPhoneは2年間縛りで契約していることも多いですが、途中でプランを変更したり、解約したりすることも可能です。

2年契約といっても、必ずし2年間使わなければならないわけではなく、途中で契約の切り替えなどはできます。

ただし、契約途中でプランを変更または解約する場合は、違約金が発生するので注意が必要です。

契約更新期間であれば、プラン変更や解約などでも違約金が発生しませんので、損なくiPhoneの使用状況を変えられます。

大手キャリアの契約更新月の確認方法

大手キャリアごとに、契約更新月の確認方法は違うので注意しましょう。

docomo利用者は、「My docomo」か「電話」から、au利用者は、「My au」か「電話」、SoftBank利用者は、「My SoftBank」か「LINE」からの確認となります。

基本的にはキャリアごとのページで確認できますので、契約時にログインのパスワードなどを忘れないようにしましょう。

契約更新期間に何もしないと自動更新になる

iPhoneは2年契約が基本的ですが、これは解約手続きを取らなければ自動で更新されます。

そのため、契約後2年経過すれば、好きなタイミングでプラン変更や解約ができるわけではなく、自動更新後はさらにそこから2年待たなければなりません。

もちろん、自動更新後でもプラン変更などはできますが、これも通常時と同じく違約金が発生します。

契約更新期間を逃してしまうと、プラン変更や解約などがしづらくなるため、事前に期間は確認しておかなければなりません。

iPhoneの契約更新時の選択

iPhoneをお得に利用するには、契約更新期間を見落とさないようにチェックしておかなければなりませんが、更新時の選択は人によって違います。

契約更新だからといって、必ずしも更新しなければならないわけではありません。

だからといって、解約や無理な契約変更をしなければならないわけでもなく、そのまま継続して使用も可能です。

契約更新時にできることはたくさんありますので、選択肢ごとの違いを知って、何がもっともお得になるかを考えてみましょう。

何も変更せず継続して使用

iPhoneは期間を定めての契約になりますが、何もしなくても更新月を迎えれば、自動で契約は更新されます。

そのため、プランなどをいじらずに、そのまま使い続けることも可能です。

2年契約後もそのまま使う場合は、自動更新のため特別な手続きは必要ありません。

ただし、キャリアごとのプランでは2年間に限定して割引を実施していることも多く、場合によっては月額利用料金が高くなる可能性もあります。

継続しての使用は可能ですが、料金が高くなって損をする可能性があることは理解しておきましょう。

2年縛りなしプランへの変更

iPhoneの契約は2年縛りが基本ですが、プランによっては期間の定めがないものもあります。

契約更新期間を迎えれば、2年縛りがないプランへの変更も可能であり、これに変更していればいつプラン変更や解約をしても、違約金は発生しません。

ただし、期間の縛りがないため、料金が高くなることは理解しておきましょう。

期間の定めたあるからこそ、月額料金は割引されますが、縛りがない場合は割引がなくなるため、負担は大きくなります。

iPhone格安SIM通信アンケート

同じキャリア内で機種変更

同じキャリアであれば、契約更新期間に関係なく機種変更は可能ですが、もっともお得なのは契約更新のタイミングです。

この期間に同キャリア内での機種変更をおこなえば、さまざまな特典が付いて、お得に利用できる可能性が高いです。

2年使っていればiPhoneは劣化していることも多く、料金としてもお得になるため、機種変更を検討しても良いでしょう。

他社へ乗り換える

契約更新のタイミングであれば、解約しても違約金は発生しませんので、他社キャリアへの乗り換えも可能です。

更新期間外であれば、他社キャリアへの乗り換えは違約金が発生しますが、更新期間内であれば問題はありません。

ただし、他社キャリアへの乗り換えにはさまざまなパターンがあり、それぞれで特徴は違っているので注意が必要です。

今の端末をそのまま使える場合もある

他社キャリアへの乗り換えとなれば、新しいiPhoneを購入しなければならないと考える人が多いですが、実はiPhoneによってはそのまま使えることもあります。

別キャリアであっても、そのまま端末を継続使用して契約できることもありますので、場合によっては本体代金をかけずに乗り換えができます。

端末代金が残っている場合は注意

契約更新期間であれば、他社キャリアへの乗り換えでも違約金は発生しませんが、これはあくまで契約手続きの費用がかからないに過ぎません。

端末本体の代金が残っている場合には、乗り換え時には残債額を支払わなければならないので注意しましょう。

乗り換えをしたからといって、端末代金も帳消しになるわけではなく、支払い義務は当然残ります。

新規キャリアで大幅割引を受けられる場合もある

端末代金が残っている場合などは、残債分を支払わなければならず、乗り換えに費用がかかることも多いです。

しかし、乗り換えの場合は新規キャリアで大幅な割引を受けられる場合もあり、端末代金を支払ったとしても、お得になることはあります。

乗り換えを優遇するキャリアは多く、割引やキャッシュバックなどの特典を受けて、端末代金分を相殺できることもあります。

交渉次第では高いキッシュバックや割引が受けられることもあるので、他社キャリアへの乗り換えがお得になることは多いでしょう。

公式オンラインショップで簡単にお得に乗り換える!
docomo
公式サイトで乗り換え
au
公式サイトで乗り換え
SoftBank
公式サイトで乗り換え

ランニングコストを下げるなら乗り換えがおすすめ

iPhoneを使用する際に考えたいのが、ランニングコスト、つまり月々の月額料金などを含めた支払額です。

iPhoneを使用している以上、少なからずコストはかかりますが、これは契約の内容次第で抑えることができます。

2年契約を満了し、契約更新期間以降でランニングコストを下げたいのであれば、他社キャリアへの乗り換えがおすすめです。

乗り換えによるメリットを知って、コストがどれくらい下がるのかを把握しておきましょう。

乗り換え先によっては通信費が大幅に下がる

キャリアごとに通信費は違い、基本的には大手キャリアは通信費が高い傾向にあります。

通信費が安いのは、MVNOと呼ばれる事業者であり、これに乗り換えることで、通信費が大幅に下がることは多いです。

諸費用も数カ月で元が取る

乗り換えの際には、契約の手数料や端末代金の残債分の支払いなど、諸費用がかかることも多いです。

そのため、短期的に見えれば乗り換えのほうがコストがかかるようにも思えますが、通信費の差額などを考えれば、これも数カ月で元が取ます。

元が取れれば、以降の期間はずっと得をすることになりますので、長い目で見れば、MVNOへ乗り換えたほうがお得といるでしょう。

保証内容には注意

MVNOは通信費は安いですが、その分保証内容に不安が残ることもあるので注意しなければなりません。

大手キャリアとMVNOでは保証内容が違っており、通信費が高い分、大手キャリアのほうが手厚いサポートをしていることは多いです。

もちろん、MVNOでも十分な保証内容を持っていることもありますが、事業者ごとに違いがあるので、乗り換え時には細かくチェックしておく必要があります。

iPhoneの契約更新時の手続き

契約更新をおこなう際には、さまざまな手続きが必要です。

更新内容によって必要な手続きは異なりますので、それぞれ何が必要なのかを把握しておきましょう。

全体の流れを理解しておけば、実際の契約更新もスムーズに進められます。

変更する場合は加入キャリアでおこなう

契約の変更をおこなう場合は、現在加入しているキャリアからおこないます。

変更の方法はさまざまあり、窓口、電話、インターネットなどから手続きが可能です。

キャリアで変更可能なのは、プラン変更、機種変更、キャリア変更などです。

特に変更が不要な場合は、自動更新となりますので、キャリアへの連絡などは必要ありません。

MNP乗り換えをする場合は事前に手続きが必要

他社キャリアへのMNP乗り換えをする場合は、現在契約中のキャリアから予約番号をもらっておかなければなりません。

予約番号を持って新規キャリアで契約をおこない、乗り換えの手続きを進めます。

新旧両方のキャリアとコンタクトを取らなければなりませんので、MNP乗り換えのスケジュールには余裕を持っておきましょう。

公式オンラインショップで簡単にお得に乗り換える!
docomo
公式サイトで乗り換え
au
公式サイトで乗り換え
SoftBank
公式サイトで乗り換え

プラン変更などは契約更新時におこなおう

iPhoneは長く使っていれば契約更新期間を迎えます。

更新期間内であれば、プランの変更や解約、他社キャリアへの乗り換えなども無料でおこなえますので、各種契約内容の変更はこの時期におこないましょう。

更新期間以外で変更をすると、違約金が発生して損をするケースが多いです。

契約更新期間であれば、余計な費用もかかりませんので、よりお得にiPhoneを使えます。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2018年08月07日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード