Androidおすすめ

スマホの機種変更に必要なこととは|機種変更やデータ・アプリ引継の方法、注意点を紹介

機種変更する前は不安を感じる人がいるかもしれませんが、データの引き継ぎ方法とタイミングさえ分かっていれば、大きく失敗することはありません。この記事では機種変更初心者にも分かるように、具体的な例を出して機種変更の方法を見ています。
新型ihone12噂 スマホの機種変更に必要なこととは|機種変更やデータ・アプリ引継の方法、注意点を紹介

スマートフォンユーザーは利用中に機種変更する人が大半ですが、データの引き継ぎはどうなるのでしょうか。画像データや動画データの中には、思い出が詰まっているものもあるでしょう。そのようなデータが機種変更のたびに、消えたら大変なことになります。

機種変更に慣れていない人であれば、機種変更のやり方を知らない人もいますが、下記ではデータの引き継ぎ方法を含めた、機種変更のやり方を見ていきます。

機種変更初心者の人であっても、最後まで読めば機種変更に対する不安は和らぐでしょう。多くのユーザーを想定しているので、様々なケースでの方法を見ていきます。

目次

ドコモでの機種変更方法

出典:ドコモ

大手携帯会社のドコモでの機種変更の方法を見ていきますが、機種変更する前に読み返せば良いでしょう。

ドコモ機種変更前の確認事項

ドコモのスマートフォンを機種変更するときは、現在の名義と契約プランを確認することが大切です。

仮に使用者と契約者の名義が違っていると、別の手続きが必要になるからです。そのことを知らずにドコモショップで機種変更しても、その場では機種変更は受け付けてくれません。

ドコモでお得に機種変更する!

ドコモ機種変更に必要なもの

  • 本人確認書類(身分証明書)
  • 利用中の端末とUIMカード

ドコモで機種変更するときは、本人であることを証明する身分証明書が必要です。ドコモ公式サイトにも記載されていますが、機種変更当日は忘れがちになります。

そうならないためには、前日から身分証明書を見える場所に置いておくことが良いです。身分証明書と合わせて、ドコモで機種変更するときは、現在利用中の端末も持って行く必要があります。

理由としては機種変更する際に、旧端末のUIMカードが必要になるからです。UIMカードはSIMカードの役割と同じで、個人情報が含まれています。

利用者がUIMカードを取り出す必要はありませんので、ドコモの店員さんに取り出してもらいましょう。慣れない人が取り出すと、本体に傷を付ける恐れがあります。

ドコモショップは利用者が多いせいか、混雑していることが多いです。そのためドコモショップでは、機種変更するときは来店予約を勧めています。予約は公式サイトからでもできるので、待ち時間を短縮したいなら予約した方が良いです。

ドコモでお得に機種変更する!

こちらの記事では、ドコモショップの来店予約方法を解説しています。

オンラインショップの利用がお得

機種変更は店舗でするよりも、ドコモオンラインショップでした方がお得です。

準備するものはdアカウントと、クレジットカードだけですが、事務手数料が特別割引になるので節約になります。2,500円以上であれば送料は無料なので、送料での出費の心配はいりません。

ドコモオンラインショップで機種変更することのメリットには、じっくり機種を選べることがあります。機種の数も店舗よりも多いし、機種同士の比較がしやすいです。

また、オンラインショップ限定キャンペーンも存在しているため、オンラインショップで機種変更するのが断然お得です。

ドコモオンラインショップで機種変更するには、dアカウントが必要になります。dアカウントの発行は無料です。dアカウントの発行にはメールアドレスが必要ですが、ドコモのメールアドレスを使っても大丈夫です。

ドコモでお得に機種変更する!

auでの機種変更方法

出典:au

auでの機種変更のやり方を見ていきますが、お得な方法もあります。

ウェブや電話で現在の利用状況を確認

auでの機種変更はタイミングが大事です。auの公式サイトや電話相談では現在の利用状況を確認した後に、最適なプランの案内をしてくれます。

電話での相談はフリーダイヤルになっていて通話料が発生しませんし、公式サイトでは必要事項を入力や選択するだけで、最適なプランを案内してくれます。

使い方によって最適な料金プランを選ぶことは、節約のためには大切なことですが、自分では最適な料金プランが分からないことがあります。

その点、公式サイトや電話での相談では、第三者が客観的な目で最適なプランを選んでくれるので、最適なプランが見つかりやすいです。

印鑑と身分証明書と利用中の端末を準備

auショップで機種変更するときは、印鑑と身分証明書と利用中の端末が必要ですが、端末に埋め込まれているICカードも必要なので、そのまま持って行きましょう。

身分証明書は運転免許証でも良いですが、運転経歴証明書も有効です。

運転経歴証明書とは運転免許証を自主返納する際に、発行してくれる本人の証明書ですが、運転免許センター・運転免許試験場・警察署で申請することができます。

運転しなくなった人が免許証を返納するのは構いませんが、何かの手続きの際には身分証明書が必要になることが多いので、運転経歴証明書を発行してもらうのは良いことです。

auウォレットがあるなら下取りがお得

auウォレットとはau携帯電話や、auひかりなどの利用額に応じて貯まるauのポイントですが、利用中の端末を下取りに出せば、ポイントとして還元してくれます。

長い間au携帯電話等を使っている人は、知らず知らずのうちに、多くのポイントが貯まっていることがあります。

auウォレットのポイントはサイトからも確かめることができるので、機種変更する前に一度チェックしたら良いでしょう。

auもオンラインショップの利用がおすすめ

auでの機種変更も、auオンラインショップを利用すれば便利です。

実店舗によっては機種変更した端末を購入するときに、頭金が発生する可能性がありますが、auオンラインショップで本体を購入した場合は、頭金が発生しないので出費額が少なくなります。

頭金とは実店舗が受け取るマージンですが、3000円程度かかる量販店もあるので、無視できない金額です。

auオンラインショップで機種変更

ソフトバンクでの機種変更

出典:ソフトバンク

ユニークな割引サービスを提供している大手携帯会社の一つである、ソフトバンクでの機種変更のやり方を見ていきます。

予約申込確認書が必要

ソフトバンクでは新機種をスムーズに渡すために、機種変更する人には予約申込確認書を渡しています。機種変更する際は予約申込確認書が必要になるので、機種変更する前日には用意しておくことが大切です。

予約申込確認書には大切なことが書かれているので、一度は目を通すことが大切です。目を通すことを忘れたら、後で後悔したり二度手間になる可能性があります。

身分証明書と利用中の端末を持って行く

ソフトバンクショップでの機種変更は、身分証明書と利用中の端末を持って行く必要があります。印鑑も持っていっても良いですが、本人のサインでも問題はないと公式サイトには記載されています。利用中の端末を持っていくときは、データの引き継ぎがスムーズに行えるよう、必要な情報はメモしておくことが大切。

ソフトバンクもオンラインショップがお得

ソフトバンクもソフトバンクオンラインショップ があり、頭金不要で機種変更することができます。24時間利用可能なのも便利です。実店舗であれば営業時間が決まっていて、営業時間内しか受付してくれませんが、ソフトバンクオンラインショップであれば、都合の良いときに機種変更の申込ができます。

オンラインショップならMySoftbankアカウントが必要

ソフトバンクオンラインショップで機種変更するには、MySoftbankのアカウントが必要です。

MySoftbankのアカウントを取得するのに難しい手続きはなく、携帯番号+暗証番号で登録できます。MySoftbankのアカウントがあれば、インターネット上で料金を確認したり、使用している端末の通信量をチェックできるので便利です。

ソフトバンクカードでポイントが貰える

ソフトバンクカードはTカードとVisaカードが一体化したカードですが、利用中の端末を下取りする際に使えば、ポイントが貯まるので得です。

ソフトバンクカードがなくてもTカードがあれば、ソフトバンクのサービスと連携することができて、機種変更の際もポイントが貯まります。

TカードはファミリーマートやTSUTAYAでも使えるので、持っていて損はありません。ポイントが貯まればポイントだけで、ファミリーマートで飲食することが可能です。

ソフトバンクオンラインショップで機種変更

スマホを機種変更するタイミング

スマートフォンを機種変更する際は、タイミングにも気を配った方が節約になります。他にも節約のポイントはありますが、さまざまなケースで見ていきましょう。

2年周期が一般的

端末を分割払いで購入する際は、2年で完済するプランが多いです。端末代金は携帯料金に上乗せされますが、2年契約することによって、携帯料金を割り引いてくれることが多いです。しかし端末代金を完済しないまま機種変更すると、機種変更前の割引された料金が上乗せされてしまい、新しい端末の携帯料金が高くなってしまいます。

端末の支払い状況は、オンラインからチェックするのが1番便利です。端末代金を分割払いにすると、いつしか残金のことを忘れがちになりますが、ときどきオンラインでチェックして、忘れないようにしましょう。残金をチェックする意識があれば、ベストな機種変更のタイミングを見逃すことがなくなります。

3月に買い替えるのが一番お得

機種変更するのであれば、3月が狙い目。その理由は3月に新生活のフレッシュマンに便乗した、セールを実施するからです。セール中に端末を購入すれば、通常よりも安い価格で購入することが可能になります。

3月にほしい機種が特価で販売されているかどうかは分かりませんが、とにかく安い機種に買い換えたい人は、3月の商戦には目を向けた方が良いです。量販店や携帯ショップの前を通れば、キャンペーンのチラシを貼っていることが多いので、見逃さずにチェックすることが節約に繋がります。

3月以外に物が安くなる時期は、年末年始やクリスマスの頃です。街中を歩けば、その時期に大セールを実施していることに気付くでしょう。年末年始やクリスマスの時期は、他の買い物に目がいっているかもしれませんが、端末も安くなることが多いので見逃さないことが大切です。

新機種が出る直前も狙い目

家電製品もそうですが新機種が出る直前は、古い機種が特価で販売されることが多いです。中にはかなりの割引が、適用されるケースがあります。

メーカーや販売店も在庫を残したくないと思っているので、新機種が出る直前の古い機種の特価情報には、注意を向けることが節約に繋がります。古い機種であっても発売当初は人気だった機種もあるので、特価で購入すれば値打ちがあります。

古い機種の中にも完成度が高い端末があり、端末で最新のアプリやサービスのみを使う人以外は、少しぐらい古い端末であっても何ら問題はないでしょう。

こちらの記事では、ドコモの最新おすすめ機種をまとめています。ぜひ、機種変更の参考にしてください。

OSの更新ができなくなってから行う場合も

パソコンも同じですがアプリ(パソコンの場合はアプリケーションかソフト)は、基本システムであるOS上で作動します。

ところがOSが古くなってしまうと、最新のアプリが使えないことがあります。最新のアプリを使いたければ、機種変更するしかありません。

スマートフォンの機種によっては、一定期間内はOSのアップデートが無料のことがありますが、常に新しいアプリを使いたい人は、そのような機種を選択するのも賢い方法です。

OSをアップデートするときは時間がかかり、多くのデータを扱うことが多いので、できたらWiFiの電波を使ってアップデートすればスムーズです。

ガラケーからスマホへの機種変更方法やデータ移行手順を解説した記事もご覧ください。

ドコモの機種変更は月初に行う

スマートフォンを利用する人は、定額プランに加入することがありますが、ドコモでは定額プランは、日割り計算してくれません。

そのため新しい端末を購入して定額プランに加入すると、月の残りが僅かなのに定額料金を払わなければいけません。

このことを知らないと携帯料金の無駄遣いになってしまうので、ドコモの機種変更するときは月初めに行いましょう。

親切な店員さんであれば月初めに機種変更をした方が、得だと教えてくれるかもしれませんが、忙しい店員や、売ることだけを考えている店員には期待ができません。

契約の更新月も重要

新しいスマートフォンへの乗り換えはいつでもできますが、各携帯電話会社は契約更新月というのを設定しています。

契約更新月が過ぎると自動的に契約の延長になりますが、契約更新月以外に違う携帯会社の機種に乗り換えたら、古い機種の携帯会社から違約金を請求される可能性があります。

詳しいことは利用中の携帯会社の、公式サイトで確かめるのが1番です。他社のスマートフォンに乗り換えるときは、利用中のスマートフォンの契約更新月を必ず確かめましょう。

契約更新月は忘れることが多いので、スマートフォンのカレンダーアプリを利用して、契約更新月がきたら通知するように設定するのも良いです。

スマホを機種変更する前の準備

スマホ機種変更する際は、データの引き継ぎのことも考慮することが大切です。失ってはいけないデータもあるので、しっかりと引き継ぎ方法を確認することが大切です。

電話帳のバックアップは必須

データの中で1番大切なのは電話帳だと思いますが、電話帳のデータはバックアップをとることが可能です。方法としてはSDカードに保存するか、クラウドサービスの利用があります。クラウドサービスとは外部のサーバーを利用して、データを保存するサービスです。

SDカードに保存する場合は通信量はかかりませんが、クラウドサービスを利用する場合は、通信量がかかります。通信制限を課せられている場合は、喫茶店などのWiFiの電波を使って、クラウドサービスを利用する手があります。

LINEの移行準備も行う

コミュニケーションツールである、LINEのデータの移行は簡単です。基本的にはメールアドレスを登録するだけですが、方法を見ていきます。

メインメニューの「その他」⇒「設定」⇒「アカウント」⇒「メールアドレス登録」でいけますが、メールアドレスの登録を忘れた場合は、移行の手続きが面倒になるので、必ずメールアドレスとパスワードの登録はしましょう。後は新しい端末にLINEをインストールして、登録したメールアドレスとパスワードでログインするだけです。

その他アプリもパスワード等を保存

LINE以外のアプリでもIDやパスワードを要求されることがあるので、必要なIDやパスワードをメモしておくことが大切です。紙に書くのが面倒な人は、SDカードに保存するのも良いです。IDやパスワードをメールで送る方法もありますが、万が一他人に見られたら危険なのでSDカードの方が安全でしょう。

画像の引き継ぎ準備も行う

スマートフォンに保存している画像の、引き継ぎ方法を見ていきます。Androidのスマートフォンは、SDカードが使えることが多いので、SDカードに保存するのが1番楽です。SDカードにも種類があるので、対応するSDカードを説明書などで確かめることが必要

iPhoneではSDカードが使えないので、パソコンがあればパソコンに保存するのも良いですが、一時的にSNSなどに画像をアップロードして、新しい端末にダウンロードしても良いでしょう。

スマホ機種変更時のデータ移行方法

各種データの便利な引き継ぎ方法を見ていきますが、いろいろな方法があるので、自分の好みに合わせて選択すれば良いでしょう。

画像の引き継ぎはGoogleフォトがおすすめ

Androidのスマートフォンでも、iPhoneのスマートフォンでも利用できるのが、クラウドサービスによる保存方法です。スマートフォンからクラウドサービスを利用するときは、Googleフォトというアプリが便利です。このアプリはGoogleアカウントさえあれば、利用可能なので課金される心配がありません。

Googleフォトに画像を保存しておけば、間違って端末から画像を削除しても、復元できる可能性があります。スマートフォンは保存できる容量が少ないので、クラウドサービスを利用した画像や動画の保存は、これからもますます必要になってくるでしょう。

Mobileデータ移行も便利

自宅のWindowsパソコンを使っても、スマートフォンのデータを移行することができます。「Mobileデータ移行」というソフトを使いますが、Windows版もMac版もあります。

やり方を見ていきますが、パソコンに古いスマートフォンと新しいスマートフォンをケーブルで接続して、転送モードを選択します。転送するのが音楽であれば、音楽にチェックを入れてコピー開始ボタンを押すだけです。

音楽データ以外にも移行できるものは、連絡先・SMSメッセージ・写真・通話履歴・ビデオ・アプリがありますので、一般ユーザーであれば十分な機能です。有料ソフトですが、機能を考えたらお金を出す価値があるでしょう。

友達のスマートフォンに写真や動画を直接送りたい場合にも、このソフトが使えるので便利です。仲の良い友達と画像や動画を共有すれば、話が弾んで会話が楽しくなります。

ブラウザ履歴の引き継ぎ方法

スマートフォンでもインターネットをするときはブラウザーを使いますが、ブラウザーに履歴があれば再び見るときに便利です。しかし機種変更した場合は、履歴はどうやって引き継げばいいのかを見ていきます。

iPhone同士ならiCloudを利用する

iPhone同士でブラウザーの履歴を引き継ぐのであれば、iCloudを利用すれば便利です。iPhoneの標準ブラウザはSafariですが、SafariをiCloudに同期すれば履歴の同期を実現することが可能です。しかし履歴は流動的なので、できたらiCloudを使ってブックマークを同期した方が良いでしょう。

ブックマークを同期する方法も基本的には同じですが、詳しく解説しているサイトがあるので参考にしてください。

参考:iMobie

Android同士ならブラウザの標準機能を利用する

Android同士で履歴を引き継ぎたいのであれば、ブラウザの標準機能を利用すれば良いです。ChromeでもFirefoxでも可能ですが、方法が違います。

Chromeは、Googleアカウントに紐付けされているので、同期の設定を有効にするだけで履歴も引き継ぐことができます。Firefoxで履歴を引き継ぐには、Firefox Syncという機能を使えば実現できます。Firefox Sync用のメールアドレスとパスワードが必要ですが、無料なので利用する人は登録しましょう。

ブラウザーだけで同期ができたら、大変便利です。家のパソコンで調べていたことを、外でもスマートフォンで調べることが可能。調べごとが多い人は、これらのブラウザーの標準機能は必要不可欠でしょう。一度使えば便利さを実感できます。

iPhoneとAndroid間での引き継ぎも可能

異なるOSのiPhoneとAndroid間でも、ブックマークの引き継ぎは可能です。 方法はWindowsのパソコンにGoogle Chromeと、iCloudをインストールします。それからiCloudの同期設定で、ブックマークを選択してChromeにチェックを入れるだけです。

同じブラウザーを使う必要がありますが、異なるOSであるiPhoneとAndroid間でも、ブックマークの引き継ぎができるのは便利です。異なるスマートフォンを2台持っている人でも、この方法を利用することにより、共通のブックマークが使えるので便利です。

スマホ機種変更時の注意点

これからはスマートフォンを、機種変更するときの注意点を見ていきますが、基本的な注意点でも重要なことが多いです。

旧端末購入時の割引サービスに注意

現在使用している機種の使用期間が、6ヶ月未満の場合は注意が必要です。6ヶ月未満で機種変更した場合は、割引サービスに申し込むことができません。

そのため一括での購入しか選択肢がなくなります。一括払いしか選択肢がなければ、貯金を崩す必要がある人もいるでしょう。

分割で購入した方が携帯料金の割引があるので、長い目で見たら経済的な負担がありません。機種変更をするときは、端末の代金を払い終わった後にするのが良いです。

スマートフォンは一生使えるものではないので、できるだけ経済的に負担にならない方法で、購入した方が良いです。

新しい機種に目移りする気持ちは分かりますが、そのたびに機種変更をしてしまえば、スマートフォン代の出費が増えてしまい、最悪の場合は借金してしまう恐れもあります。

実質無料という言葉に注意

携帯ショップの看板から、「実質無料」という文字を見ることがあります。言葉の響きは購入者にとっては良いですが、実は本来の意味で無料でないことが多いです。

携帯ショップが使う「実質無料」の意味は、2年間使い続ける条件で割引を適用して、その割引額が端末代金を分割払いしたときの金額と同額になることです。

非常に紛らわしい言葉ですが、携帯ショップが客を呼び込む方法は、年々巧妙になってきて一発では理解できないことが多いです。

携帯ショップには「実質無料」以外にも紛らわしい宣伝文句がありますが、そのまま鵜呑みにしたら泣きを見ることになるので注意が必要です。

SIMのサイズが合っているか確認

あまり知られていないことですが、SIMカードのサイズは一種類ではありません。

中古で端末を購入するときや、他人から端末を譲ってもらう場合は、持っているSIMカードが合うのかを確かめることが大切です。できれば購入先からSIMカードの情報も送ってもらった方が良いです。

購入先の人がSIMカードのサイズが分からない場合は、インターネットで調べるか、メーカーに問い合わせるしかありませんが、SIMカードが合わなければ端末を使うことができないので、慎重にSIMカードのサイズを確認するべきです。

機種変更前にデータの整理を行う

クラウドサービスを利用すればデータの移行は簡単ですが、無料のクラウドサービスは容量が少なめであることが多く、すべてのデータをクラウドサービスのサーバーに、置くことができない可能性があります。

そうであればいらないデータは消せばいいですが、必要なデータは何らかの方法で残すことを、考えなくてはいけません。

必要なデータはSDカードに保存しておくのも良いですが、パソコンがあればパソコンに保存しても良いです。

有料のクラウドサービスを利用する方法もありますが、データー移行は滅多にないことなので、できたら無料の方法を選択した方が良いでしょう。

消去するべきか残しておくべきか迷うようなデータは、しばらく残していた方が良いですが、半年以上見たり聞いたりしなかったデータは、思い切って消去することが大切です。

ポイントサービスの引き継ぎも行う

ポイントサービスを利用していてポイントがある場合は、ポイントの引き継ぎを行うことも大切です。

ポイントは買い物に使えることが多く、実質的にお金を同じ価値を持っています。ポイントの引き継ぎ方法はポイントサービスによって異なるので、公式サイトで確認すれば良いでしょう。

ポイントサービスでポイントが貯まっていることは忘れがちですが、できれば使っているポイントサービスをパソコンの無料ソフトや、スマートフォンのアプリなどを使って管理するのが便利です。ポイントサービスを管理するアプリは種類が多いですが、下記のアプリは評判が高いです。

参考:Appliv

おサイフケータイの引き継ぎも必須

おサイフケータイの引き継ぎも、絶対に忘れてはいけないことです。引き継ぎを忘れてしまうと、おサイフケータイに残っている残金が使えなくなります。

残金の額が多ければ、後で気付いたときに大きな後悔をするでしょう。それならないためには、きちんと管理するしかありません。

おサイフケータイの引き継ぎ方法はサービス会社によって異なるので、各公式サイトでチェックするしかありません。どうしても引き継ぎ方法がわからない場合は、各サイトで相談するか、経験者の友達や知人に聞きましょう。

機種変更の際はデータ引き継ぎの準備をしよう

機種変更のやり方は参考資料も多くて、じっくり読めば迷うことはないですが、機種変更で大切なことはデータの引き継ぎです。機種変更後にデータの引き継ぎのことを思い出しても、後の祭りになることがあります。そうならないためには、機種変更を決めた翌日からでもデータの引き継ぎの準備をするのが良いです。

機種変更を何度も経験していれば、データの引き継ぎにも慣れて時間はかかりませんが、機種変更が初めての人や、機種変更をあまりしたことがない人は、データの引き継ぎに時間がかかる可能性があります。データの引き継ぎに便利なサービスや機器は、年々増えてきています。余裕を持ってそれらを使うことによって、スムーズにデータの引き継ぎができます。

【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2020年07月02日

おっきー ― ライター
おっきー ― ライター

物心ついた頃からiPhoneがあるスマホネイティブ世代。SNSから最新情報を取得するのが日課。趣味はダンス。