ワイモバイル

ワイモバイルでeSIMを申し込む方法!メリット・デメリットやキャンペーンを紹介

ワイモバイルのeSIMに切り替えるときの申し込み手順と設定方法をまとめて確認しましょう。ワイモバイルのeSIMはオンラインで申し込めるのでとても便利ですが、デメリットや注意点もあります。eSIMのメリットとデメリット、機種変更時の切替方法、再発行の手数料、eSIMの対応機種についても紹介します。
ワイモバイル ワイモバイルでeSIMを申し込む方法!メリット・デメリットやキャンペーンを紹介

ワイモバイルは、月額料金が安い上に通信速度がキャリア並みに安定していることで人気を集めている格安SIMです。サポート体制が充実しているので、格安SIMを初めて使う方にも適しています。

そんなワイモバイルでは、「eSIM」サービスを提供中です。今回は、ワイモバイルのeSIMを申し込む手順や設定方法、eSIMのメリットについて紹介します。

注意点やよくある質問もまとめているので、ワイモバイルのeSIMを利用したい方はぜひ最後までお読みください。

ワイモバイルはeSIMに対応

ワイモバイルは、2021年3月より「eSIM」のサービスを開始しました。格安SIMでeSIMを取り扱っているところは少ないため、eSIMを安く利用したいという方におすすめです。

eSIMは比較的最近始まった機能なので、「eSIM」という言葉に聞き馴染みがない人もいるかもしれません。まずはeSIMとは何かについて見ていきましょう。

そもそもeSIMとは?

eSIMとは、スマホの内部に埋め込まれた本体一体型のSIMのことです。スマホ本体にSIMが内蔵されているため、SIMカードを差し替えなくても通信できます。

スマホやタブレットなどに差し込んで使うSIMカード、つまり「物理SIM」と違って、カードが手元に届くまで待つ必要がありません。申し込みから初期設定まですべてオンラインで完結するため、すぐにワイモバイルを利用したい方におすすめです。

また、物理SIMとeSIMのサービスを併用すれば、スマホ1台で2回線を利用できます。使い方に幅が広がり、お得なサービスを選びやすくなるでしょう。

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

ワイモバイルのeSIMの新規申し込み・設定方法

ワイモバイルのeSIMの申し込みは、新規受付と既存ユーザーによって手順が異なります。すでにワイモバイルを利用している場合は、eSIMへの切替申し込みが必要です。

ワイモバイルのeSIMの申し込み方法

  • ワイモバイルの新規契約者:シンプルS/M/Lの申し込み時(新規契約・乗り換え)にeSIMを選択する
  • ワイモバイルの既契約者:シンプルS/M/L・旧スマホプラン・スマホベーシックプランを利用者は、ワイモバイル店舗でeSIMに切り替えられる

既存ユーザーは旧プランのままでもeSIMに切り替えが可能ですが、オンラインでは切り替えができないので、店舗へ赴く必要があります。

新規契約者は、ワイモバイルのeSIMをオンラインで申し込めます。ワイモバイルの店舗でも受付していますが、オンライン限定でeSIMの契約で特典がもらえるキャンペーンなどが開かれていることもあるので、少しハードルが高くてもぜひオンラインの申し込みを試してみてください。

まずは、新規でワイモバイルに契約する際のeSIMのオンライン申し込み手順を確認していきましょう。

eSIMを申し込む前の準備

ワイモバイルのeSIMの申し込みをスムーズに行うために、3つのポイントを事前にチェックしておきましょう。1つずつ詳しく説明します。

  • 端末が動作確認済みか確かめる
  • 端末のSIMロック解除を行う
  • 本人確認書類・支払いに使うものを用意する

端末が動作確認済みか確かめる

まず、これまで使っていたスマホをそのまま使う場合または自分でスマホを用意する場合は、動作確認が取れているかの確認が必要です。

動作確認済み端末は、ワイモバイルの公式サイト内にある「動作確認機種」ページから確認できます。eSIMは対応していない機種もあるため、申し込む際は必ず確認してください。

端末のSIMロック解除を行う

ワイモバイル以外で購入した端末をワイモバイルで利用するには、SIMロックの解除が必要です。乗り換え前のキャリアでSIMロックの解除を行いましょう。

ドコモでは電話・店舗・Webサイトで、au・ソフトバンクでは店舗・Webサイトで受け付けています。どの場合もオンラインではSIMロックの解除に手数料がかかりませんが、電話や店舗では3,300円(税込)がかかるので注意しましょう。

SIMロック解除の方法は、使っているスマホをSIMフリーにするにはどうすればいいのかを解説している以下の記事を参考にしてください。

本人確認書類・支払いに使うものを用意する

申し込みに必要な書類を先に用意しておくとスムーズです。本人確認書類や支払いに使うクレジットカード・口座情報を用意しておきましょう。

本人確認書類
日本国籍の方 日本国籍以外の方
・運転免許証
・運転経歴証明書
・マイナンバーカード
・在留カード
・特別永住者証明書

契約者と異なる人が利用する場合は、本人確認書類に加え、戸籍謄本・住民票記載事項証明書のいずれかを用意しましょう。

申し込みの際には、案内に従って本人確認書類をスマホで撮影し、アップロードします。カメラ機能搭載のスマホを準備しましょう。パソコンからは申し込めないので要注意です。

さらに、本人確認書類が全体的にはっきりと写っていないと、審査落ちの可能性が高くなります。ぼやけていたり光が反射したりしないように注意が必要です。

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

手順1.オンラインストアでeSIMを申し込む

事前準備を済ませたら、ワイモバイルのオンラインストアでeSIMを申し込みましょう。

本人確認書類を撮影するため、オンラインストアの申し込みはスマートフォンから行いましょう

ワイモバイルのeSIM申し込み手順

  1. ワイモバイルのオンラインストアにアクセスする
  2. 「メニュー」のアイコンから「SIM」をタップする
  3. 「eSIM」を選択する
  4. プラン・オプションを選択する
  5. 契約者情報を入力する
  6. 画面に従って本人確認書類を撮影・アップロードする
  7. 同意事項を確認して申し込み完了

本人確認書類と申し込み内容に不備があると審査に時間がかかるので、丁寧に確認しながら手順を進めましょう。

eSIM申し込み完了後、約1~2時間で「お申し込み完了のお知らせ」というメールが届きます。メールが届いたらすぐに次の手順に進めます。

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

手順2.プロファイルをインストールする

申し込みが完了したら、eSIMを自分の端末で利用するためにプロファイルのインストールが必要です。インストールするまでに3つのステップがあるので、1つずつ見てみましょう。

プロファイルのインストール手順

  1. 手続きのメールが届く
  2. ワンタイムパスワードの受け取り方法を指定する
  3. プロファイルをインストールする

手続きのメールが届く

申し込み完了後にワイモバイルから届いた「【Y!mobileオンラインストア】eSIMご利用手続きのお知らせ」のメールを確認しましょう。メールに記載されたURLから利用開始手続きを行います。

利用手続きを進めていくとQRコードを読み取る場面が出てくるので、デバイスが2つ必要です。eSIMを利用する端末でQRコードを読み取りたいので、eSIMを利用するデバイス以外でURLにアクセスするといいでしょう。

ワンタイムパスワードの受け取り方法を指定する

eSIMのプロファイルをインストールするため、6桁のワンタイムパスワードを受け取る必要があります。

ワンタイムパスワードの受け取り方法を選択する項目で、「メールアドレス」または「自動音声通話」のどちらかを選択しましょう。

プロファイルをインストールする

ワンタイムパスワードを入力したら、QRコードが表示されます。このQRコードからプロファイルをインストールできます。QRコードを読み取る手順はiPhone・Androidで異なるので、それぞれ確認しましょう。

【iPhone】QRコードを読み取る方法

  1. eSIMを使用する端末のカメラアプリを使ってQRコードを読み取る
  2. プロファイルのダウンロードが始まって設定画面が開く
  3. 「モバイル通信プランを追加」をタップする
  4. 「設定」から「モバイル通信」を開き、「モバイル通信プラン」にプランが追加されたことを確認する
  5. QRコードを表示した画面の最下部までスクロールし、「次へ進んで設定を完了させる」をタップする

設定を行う際、「モバイル通信プランの削除」は実施しないでください。ワイモバイルのeSIMを利用できなくなります。また、SIMカードと併用して利用する場合は、デフォルトで使うSIMを選択しましょう。

【Android】QRコードを読み取る方法

  1. 「設定」から「ネットワークとインターネット」へ行き、「モバイルネットワーク」を選択する
  2. 「代わりにSIMをダウンロードしますか?」から次の画面に進む
  3. 起動したカメラで表示したQRコードを読み取る
  4. QRコードを読み取ったら「Softbankの有効化」を選択してプロファイルをダウンロードする
  5. 有効化を確認し「完了」をタップする
  6. QRコードを表示した画面の最下部までスクロールし、「次へ進んで設定を完了させる」をタップする

Androidの場合は、「SIMの削除」を実施しないよう気を付けましょう。ワイモバイルのeSIMが利用できなくなります。

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

手順3.APN設定をして回線を切り替える

プロファイルをインストールできたら、いよいよ回線を切り替えます。新規契約の場合は15分ほどで自動的に開通し、eSIMが利用できるようになります。

他社からワイモバイルに乗り換えの場合は、利用開始手続きの画面案内に従って、回線の切り替えを行いましょう。「回線を切り替える」をタップして15分ほどで手続き申し込みが完了します。「登録完了のお知らせ」のメールが届いたら、端末を再起動しましょう。

さらに、データ通信を利用するためにAPN設定をします。iPhoneとAndroidの手順をそれぞれ紹介します。

【iPhone】APN設定方法

  1. 「設定」を開く
  2. 「一般」から「ソフトウェア・アップデート」を開く
  3. 画面に従ってiOSを最新バージョンにアップデートする

iOSを最新バージョンにアップデートすることでAPN設定が完了します。アップデートのためにデータ通信ができる環境が必要なので、モバイルデータ通信ができない場合は、WiFiに接続して操作を行いましょう。

【Android】APN設定方法

  1. 「設定」アプリから「無線のネットワーク」を開き、「モバイルネットワーク」をタップする
  2. 「アクセスポイント名(APN)」をタップする
  3. 右上のメニューアイコンから「新しいAPN」をタップする
  4. 設定項目一覧を入力する(下記参照)
  5. 右上のチェックマークをタップして内容を保存する
  6. APN一覧に戻った新しく作成した設定を選択してホーム画面に戻る

設定項目一覧

名前 Y!mobile APN
(※任意の名称に変更可能)
APN plus.acs.jp
ユーザー名 ym
パスワード ym
MCC 440
MNC 20
認証タイプ CHAP
MMSC http://mms-s
MMSプロキシ andmms.plusacs.ne.jp
MMSポート 8080
APNタイプ default,mms,supl,hipri

プロファイルインストール後に自動設定されていることも多いので、その場合はこのステップは飛ばしてください。APN設定が未設定ではないか、異なる設定になっていないか、一度確認してみましょう。

未設定であれば、紹介した内容の通り、設定項目を入力する必要があります。入力内容を1文字でも間違えると設定が完了しないので、しっかりと確認しつつ入力しましょう。

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

ワイモバイルでSIMカードからeSIMに切り替える方法

すでにワイモバイルを契約している人がeSIMに切り替える場合、ワイモバイルのショップで行う必要があります。

2022年6月時点では、オンライン上では切り替えられないため注意してください。

ショップは混雑するため、事前に予約して行くことをおすすめします。店舗に行くときは物理SIMを持っていくのを忘れないようにしましょう。

また、SIMの再発行手数料として3,300円(税込)が発生します。

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

ワイモバイルでeSIMスマホを機種変更する方法

別のワイモバイルの端末へ機種変更したい場合、ワイモバイルのショップのみで手続きできます。この場合、店舗での再発行となるため、手数料の3,330円(税込)が必要です。

しかし、機種変更する端末を自分で購入すると、オンラインでeSIMの再発行ができます

この場合、オンライン上での手続きになるため手数料もかかりません。

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

ワイモバイルのeSIMを利用するメリット

ワイモバイルのeSIMを利用すると、様々なメリットがあります。

  • 1台のスマホで2つの回線を利用できる
  • SIMカードの差し替えが不要
  • 最短当日から利用可能
  • 大手キャリアよりも料金が安い
  • 格安SIMの中では通信速度が速い

それぞれのメリットについて、詳しく見ていきましょう。

メリット1.1台のスマホで2つの回線を利用できる

物理SIMとeSIMを合わせたデュアルSIMとして使えるメリットがあります。1台のスマホで2回線利用できるので、仕事用とプライベート用など、電話番号やデータの保管などを分けて行えます。2つのSIM回線を使いたい人は、スマホを2台持ちしなくていいので便利に活用が可能です。

さらに、1つは通話専用、もう1つはデータ専用にして、別々のプランを利用するのもおすすめです。それぞれの最安のプランを選べば、よりお得に運用できます。

メリット2.SIMカードの差し替えが不要

SIMカードは大切なデータが収まっている重要な部品ですが、小さいので扱いに手間取ることも多々ありますね。乗り換えや海外旅行でSIMの入れ替えをしなければいけないとき、外したSIMをどこに保管するかに困ることがありますが、eSIMならそうした面倒も不要です。

物理SIMのようにSIMカードを差し込む必要がないので、SIMカードを差し替える手順が省けて楽に乗り換えられます。

メリット3.最短当日から利用可能

さらなるメリットは、SIMカード到着までの時間が不要という点です。eSIMは申し込みから開通手続きまですべてオンラインで完結し、SIMカードを待つ必要がありません。申し込み後すぐに、最短で申し込み当日から利用できます

物理SIMの場合は届くまで最短2日以上はかかるので、当日中にSIMを使いたいという人は、ぜひワイモバイルのeSIMサービスを利用してみてください。

メリット4.大手キャリアよりも料金が安い

大手キャリアよりも料金が安いことも、ワイモバイルでeSIMを契約するメリットです。

ワイモバイルと大手キャリアの価格を比較した表がこちらです。

比較 ワイモバイル ソフトバンク ドコモ au
3GB 2,178円(税込)
(シンプルS)
5,588円(税込)
(メリハリ無制限)
4,546円(税込)
(5Gギガライト)
5,115円(税込)
(ピタットプラン5G)
15GB 3,278円(税込)
(シンプルM)
7,238円(税込)
(メリハリ無制限)
7,315円(税込)
(5Gギガホプレミア)
7,238円(税込)
(使い放題MAX5G/4G)
25GB 4,158円(税込)
(シンプルL)

大手キャリアと比較して、ワイモバイルはどのプランでも安いです。

今大手キャリアを利用している人は、ワイモバイルのeSIMに乗り換えることで利用料金を抑えられます。

メリット5.格安SIMの中では通信速度が速い

格安SIMの中では通信速度が速いことも、ワイモバイルのeSIMを選ぶメリットといえます。

ワイモバイルの平均速度は以下の通りです。

平均ダウンロード速度 65.97Mbps
平均アップロード速度 16.39Mbps
平均Ping値 37.98ms
引用:みんなのネット回線速度

※上記は、2022年6月直近3か月に計測された通信速度の測定結果を計算したものです。通信速度は場所・時間帯・通信環境によって変動するため、あくまでも目安として考えてください。

この表から、ワイモバイルでは安定し十分な速度が出ていることがわかります。

eSIMの利用を考えている方は、ワイモバイルがおすすめです。

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

ワイモバイルのeSIMを利用するデメリット

たくさんのメリットがあるワイモバイルのeSIMですが、デメリットや注意点もあります。上手にeSIMを利用するために、事前にデメリットを知っておきましょう。

デメリット1.対応機種が限られている

古い端末ではeSIMが使えない場合があり、eSIMに対応していてもワイモバイルで動作確認が公式に認められていない可能性があります。申し込む前に、eSIMに対応している機種かどうか、ワイモバイルの動作確認済みかどうかを調べましょう。

ワイモバイルで動作確認が取れているeSIM対応機種と各機種の機能については、公式サイトの「動作確認機種」ページで確認できます。

デメリット2.SIMロック解除が必要なケースがある

ドコモ・au・ソフトバンクなどキャリアで購入した端末は、SIMロックの解除をする必要があります。どこのキャリアで購入したか、ロックは解除されているか、申し込み前に確認しましょう。

ワイモバイルで購入した端末をワイモバイルで使う場合は、SIMロックの解除は必要ありません。また、SIMフリー端末や楽天モバイルの端末は、SIMロックがかかっていないので、ワイモバイルでもすぐに利用できます。

キャリア Webサイト 店舗 電話
ドコモ My docomo
受付時間:24時間
ドコモショップ/d garden
受付時間:各店舗の営業時間内
ドコモインフォメーションセンター
151
受付時間:9:00~18:00
au My au
受付時間:9:00~21:30
auショップ・auスクエア/au Style
受付時間:各店舗の営業時間内
ソフトバンク My Softbank
受付時間:9:00~21:00
ソフトバンクショップ
受付時間:各店舗の営業時間内

SIMロックの解除は各キャリアで行いましょう。ドコモではWebサイト・店舗・電話で、au・ソフトバンクではWebサイト・店舗で手続きできます。Webサイト以外は手数料として3,300円(税込)がかかるので、オンラインでSIMロック解除するのがおすすめです。

デメリット3.あんしんフィルターが使えない

「あんしんフィルター」は、不適切なサイトや有害なアプリから守るためのフィルタリングサービスです。子どもがいる家庭向けのオプションサービスですが、eSIMでは利用できません。

さらに、「災害用伝言板」や「災害用音声お届けサービス」などの災害時に役立つサービスも、iPhoneのeSIMでは使えません。デュアルSIM機能を使ってワイモバイルをデータ専用として利用している場合は、110番や119番などの緊急機関への発信もできない可能性があります。

使う人によっては不便に感じるかもしれません。あんしんフィルターなどのサービスを使いたい場合は、eSIMではなく物理SIMを申し込みましょう。

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

ワイモバイルのeSIM申し込みで使えるキャンペーン

ワイモバイルのeSIMに申し込むなら、ぜひキャンペーンを活用しましょう。

今回は3つのお得なキャンペーンをご紹介します。

eSIM申し込みで10,000円キャッシュバック

  • 期間:終了時期未定
  • 特典:eSIM申し込みで10,000円キャッシュバック
  • 条件:他社からの乗り換えでシンプルM/Lを申し込む

他社から乗り換えでeSIMとシンプルM/Lに申し込むことで、10,000円のキャッシュバックを受けられます。

特別増額中なので、気になる方はこのチャンスを逃さず申し込んでください。

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

\ワイモバイルでスマホをもっとお得に!/

最大36,000円値引きキャンペーン

  • 期間:終了時期未定
  • 特典:対象スマホが最大36,000円割引
  • 条件:オンラインストアで対象スマホを購入する

ワイモバイルのオンラインストアでは、最大36,000円値引きになるキャンペーンを実施中です。

中には、1円で購入できる端末もあります。

eSIMに申し込む場合、端末はこのキャンペーンでお得にゲットしましょう。

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

新どこでももらえる特典

  • 期間:終了時期未定
  • 特典:PayPayポイント最大3,000円相当プレゼント
  • 条件:キャンペーンページで事前にエントリーする

シンプルプランS/M/Lの申し込みで、PayPayポイントが最大3,000ポイントもらえます。

このキャンペーン特典を受け取るには、事前エントリーが必要です。忘れずにエントリーしてください。

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

ワイモバイルのeSIMに関するQ&A

ワイモバイルのeSIMに関するよくある質問をまとめました。eSIM発行手数料や機種変更のeSIMへの切り替えの方法など、eSIMサービスについての質問の答えを紹介します。

申し込み手数料はかかる?

オンラインで行う場合は手数料がかかりません。ただし店舗で申し込む場合は契約事務手数料3,300円(税込)がかかるので、オンラインでeSIMにするのがおすすめです。

さらにeSIMに対応しているワイモバイルの「シンプルS/M/L」は、最低利用期間の縛りがなく契約解除料が発生しません。契約時にも解約時にも手数料がいらないので、気軽に申し込めます。

ただし、ワイモバイルのユーザーが物理SIMからeSIMに切り替えるには、店舗に赴く必要があり、手数料が3,300円(税込)かかります。

ワイモバイルのeSIMの対応機種は?

eSIMが使える端末は限られていますが、ワイモバイルで利用できる最新機種のほとんどはeSIMに対応しています。

対応機種はワイモバイル公式サイトで確認可能です。

eSIMに対応していても、ワイモバイルで使うと一部の機能が動作しない場合もあるので申し込み前に確認してください。通話やデータ通信についての動作確認の詳細は、公式サイトでチェックしましょう。

eSIMの開通にかかる時間は?

eSIMは、最短申し込み当日に開通が可能です。ただし、本人確認書類と申し込み内容に不備があると審査に時間がかかるので、注意しましょう。

eSIMの再発行はできる?

eSIMの再発行は可能です。eSIMはSIMカードのように紛失するものではないですが、再発行が必要な場面もあるでしょう。

eSIM再発行のよくあるパターン

  • eSIMプロファイルを削除してしまった:My Y!mobileから無料で再発行可能
  • 利用端末が紛失・故障した:My Y!mobileから無料で再発行可能
  • eSIMの種類を間違えて申し込んでしまった:ワイモバイルショップで3,300円(税込)で再発行可能
  • 物理SIMからeSIMに変更したい:ワイモバイルショップで3,300円(税込)で再発行可能

eSIMの再発行は、オンラインでもショップでも可能ですが、eSIMの種類変更や機種変更、物理SIMからの切り替えなどは店舗のみの受付となります。

プロファイルの再インストールなど、オンラインで再発行する場合は無料です。オンラインの申し込みは、以下の手順を参考にしてください。

オンラインによるeSIM再発行の手順

  1. My Y!mobileにログインする
  2. 「契約確認・変更」を選択して「ご契約内容」を表示する
  3. 「eSIM設定」を選択する
  4. 再発行するeSIMの電話番号に間違いがないか確認し、「申込する」をタップする
  5. 内容を確認して「以上の内容を確認しました」にチェックを入れて「申込」を選択する
  6. 最終確認ページで再度内容を確認し、「申込」を選択する
  7. 再発行完了のメールが届いたら、My Y!mobileの画面から「eSIMの設定に戻る」を選択する
  8. eSIMプロファイルの回線切替が表示されたら「表示する」を選択する
  9. 「eSIMプロファイルのインストールが完了しました」をチェックして「次へ」を選択する
  10. 注意事項を確認して「以上の内容を確認しました」をチェックする
  11. 「回線を切り替えする」をタップしたら、eSIM再発行と切り替えが完了する

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

ワイモバイルのeSIMまとめ

  • 新規契約者:オンラインもしくは店舗でeSIMに切り替える
  • 既契約者:ワイモバイル店舗でeSIMに切り替える

ワイモバイルのeSIM機能を使って、iPhoneをデュアルSIMとして活用しましょう。オンラインなら無料申し込みできます。

eSIMに対応している最新機種も多いので、今使っているスマホでeSIMを使えるなら、ワイモバイルでeSIMに切り替えてみるのはいかがでしょうか。

手間も時間も短縮できるeSIMならではのメリットをぜひ味わってください。

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

公開日時 : 2022年06月23日

二階堂卓也 ― ライター
二階堂卓也 ― ライター