• インターネット

ノートパソコンの寿命は何年?原因やサインを徹底解説!寿命を延ばすコツ

ノートパソコンの寿命は何年ほどか、なぜ寿命を迎えてしまうのかなど、ノートパソコンの寿命に関する情報をまとめて紹介しています。ノートパソコンに搭載されている各パーツの寿命や寿命を延ばすためにできることなどもあせて解説します。ノートパソコンの寿命がどれくらいあるのか気になる人必見です。
【公式】カシモWiMAX ノートパソコンの寿命は何年?原因やサインを徹底解説!寿命を延ばすコツ

ノートパソコンが頻繁にフリーズするようになった、購入してから何年も経っていて不調がよく見られるという場合、あなたが使っているノートパソコンは寿命を迎えているかもしれません。

今回はノートパソコンの寿命やノートパソコンが寿命を迎えたか診断するサインなど、ノートパソコンの寿命に関する情報をまとめて紹介します。

ノートパソコンの寿命を延ばすコツもあわせて紹介しますので、使っているノートパソコンの寿命が気になる人はもちろん、ノートパソコンの寿命を延ばしたいという人も、ぜひ参考にしてみてください。

ノートパソコンの寿命は3年~5年

ノートパソコンの平均寿命は一般的に3年から5年ほどとされています。

ノートパソコンは基本的には消耗品なので、使えば使うほどバッテリーやHDDが消耗し、寿命に近づいていきます。

そのためノートパソコンの使い方や使う頻度、メンテナンスの有無などによっては、3年から5年という目安の寿命よりも長くなったり短くなったりします。

例えば毎日仕事をするために平均して8時間ノートパソコンを使っている場合と、ときどきインターネットを使うためだけにノートパソコンを使う場合と比べると、平均の起動時間が大きく異なります。

そのため使用頻度の高いノートパソコンほど寿命は短くなりやすいと考えましょう。

なお寿命は3年から5年とされていますが、パーツの破損や外部からの衝撃などの理由から、それよりも前に寿命を迎えてしまうケースもあります。

ノートパソコンの寿命となる原因は2つ

ノートパソコンが寿命を迎えるとき、HDDが寿命を迎えてしまうことと、OSのサポートが終了してしまうことという2つの原因が挙げられます。

ここではノートパソコンの寿命となる2つの原因について詳しく解説します。

HDD・SSDの寿命

HDDまたはSSDは、データの保存や読み出しをしたり、プログラムなどを書き込んだりする役割のあるノートパソコンの主要パーツです。

そのためHDDやSSDが寿命となってしまうと、ノートパソコン自体も正常に動作しなくなってしまい、寿命を迎えることとなります。

記録ディスクの消耗度合いなどから、HDDやSSDの寿命は約1万時間とされており、それを過ぎるとパソコンの処理スピードが遅くなったり、正常に処理できなくなったりと使いにくくなります。

HDDやSSDの寿命がすぎてもノートパソコンを使い続けることは可能ですが、突然クラッシュしてしまい、データがすべて消えてしまうこともあり得ます。

そのため約1万時間というHDDやSSDの寿命をすぎたら、ノートパソコンも寿命だと考えて、新しいものに買い替えるのがおすすめです。

OSのサポートが終了

ノートパソコンに搭載されているOSのサポートが終了するタイミングも、ノートパソコンの寿命です。

オペレーティングシステムの略称であるOSは、パソコンの基本動作をコントロールするソフトウェアです。WindowsやMac OSがこのOSに含まれます。

年々進化していくソフトウェアや機能を正常に処理するため、OSは数年おきにアップデートされます。また古いOSのサポートが終了してしまうこともあります。

そのため使っていたOSのサポートが終了したら新しいものに買い替える必要があります

ノートパソコンを購入してから数年であれば、物によっては新しいOSに買い替えられますが、購入してから10年以上経っていたりすると、CPUの性能が低く新しいOSに買い替えられない場合もあります。

OSを買い替えることができなくなったときに、ノートパソコンが寿命を迎えたとなります。

なおOSが古いままでも使えますが、セキュリティ対策ができないなどの理由から、ウイルスに感染する可能性が高くなってしまいます

OSを買い替えられなくなったら、ノートパソコンが寿命を迎えてしまったとして、新しいノートパソコンに買い替えることをおすすめします。

ノートパソコンの各パーツの寿命の目安一覧

ノートパソコン自体の寿命とあせて知っておくと便利なのが、ノートパソコンに使われている各パーツの寿命です。

いくつかのパーツの寿命はノートパソコンの寿命よりも短いため、寿命を迎えたパーツのみを修理に出せば、ノートパソコンの寿命を延ばせる可能性があります。

ここではノートパソコンの各パーツの寿命をそれぞれ紹介していきます。

パーツ名 平均の寿命
HDD 5年程度
SSD 5年程度
バッテリー 2年程度
液晶画面 5年~10年
キーボード 5年程度
光学ドライブ 5年程度

HDDとSSD:5年程度

パソコンの中枢機能とも言えるHDDまたはSSDの寿命は、毎日ノートパソコンを使う人の場合で5年程度です。

なお寿命は約1万時間とされているので、ノートパソコンを使う頻度によっては、5年という目安から大きく変動することが考えられます。

ノートパソコンの動作が遅くなったり、電源が上手く入らなくなったり、急にシャットダウンしてしまったりといった症状があればHDDやSSDが寿命を迎えている証拠です。

HDDやSSDのみを新しいものに交換したり修理してもらうことも可能ですが、HDDやSSDが故障しているときは、ノートパソコン自体も消耗していることが多いので、新しいものに買い替えるほうがよいでしょう。

バッテリー:2年程度

ノートパソコンを作動するための電源となるバッテリーの寿命は2年程度です。

作動している時間が短くなった、充電する頻度が増えたなどの症状が、バッテリーが寿命に近づいているサインです。

バッテリーは寿命を迎えても、新しいものに交換してしまえば、また元のように動作時間を戻すことができます。

バッテリーの交換はメーカーで行え、交換にかかる費用はメーカーやモデルによって異なりますが、5,000円から10,000円程度です。

バッテリーは充電をすればするほど消耗するため、バッテリーを使いきってから充電するなどの工夫をすると、寿命を延ばせる可能性が高まります。

液晶画面:5年~10年

ノートパソコンの液晶画面の寿命は、5年から10年とされています。

画面が常に暗く明るくならない、画面が点滅する、一部の画面が表示されないなどの症状が、液晶画面が寿命に近づいている証拠です。

なお液晶画面に使われているバックライトの寿命が約5万時間とされているので、使う頻度が高いほど早く寿命に近づいていきます。

液晶画面は新しいものに交換をすることも可能ですが、料金が高くなりがちなので、5年程度使っていて壊れた場合は、新しいノートパソコンを購入するほうがおすすめです。

キーボード:5年程度

キーボードの寿命は5年程度とされています。

タイプをしても反応しない、キーを押していないのに勝手に反応してしまう、キーがへこんで戻ってこないなどが、キーボードが故障して寿命になった証拠です。

キーボードの寿命を測る証拠は、ほかのパーツと比べるとわかりやすいので、修理に出すタイミングなどを決めやすいでしょう。

キーボードが寿命を迎えたら、修理に出すのもよいですが、外付けのキーボードを使って対応するのも1つの手です。

光学ドライブ:5年程度

DVDやCDを読み込むために使う光学ドライブの寿命は5年程度です。

CDまたはDVDを挿入しても反応がないまたは遅い、光学ドライブが詰まって取り出せなくなったなどが、寿命に近づいた証拠です。

光学ドライブは修理もできますが、修理代は高額になるため、外付けの光学ドライブを買うか、新しいノートパソコンを購入するほうがよいでしょう。

ノートパソコンの寿命かどうかを診断するサイン

ノートパソコンを数年使っているけれど、寿命に近いのかはわからないという人も多いのではないでしょうか。

ここでは、ノートパソコンの寿命かどうかを診断するサインについて解説します。

iPhone格安SIM通信アンケート

パソコンの動作が遅くなった

ノートパソコンの寿命を判断する症状の1つに、パソコンの動作が遅くなったということが挙げられます。

電源を入れてから起動するまでの時間やデータを開くまでにかかる時間が長くなったら、それはノートパソコンが正常に機能していない証拠です。

動作が遅くなる理由のほとんどは、データやソフトウェアの処理が上手くできていないことによるため、ノートパソコン自体の寿命を左右するHDDまたはSSDが寿命を迎えている可能性が高いです。

画面が暗くなったりして正常に表示されない

画面がいきなり暗くなって見えない、画面の一部分が上手く表示されないなどの症状も、ノートパソコンが寿命を迎えている証拠です。

ノートパソコンの内部だけでなく、液晶画面が壊れている可能性もありますが、液晶画面の修理代は高額になりがちです。そのため修理に出すよりも新しいノートパソコンに買い替えるほうが安いケースも多いです。

フリーズが発生する

フリーズが頻繁に発生するというのもノートパソコンが寿命に近い証拠の1つです。

ノートパソコンを使っていて、いきなり動作がストップして操作ができなくなったら、それはフリーズが起こっています。

フリーズは熱暴走、HDDの故障、メモリの不足などが原因となることが多く、頻繁にフリーズが起こる場合は、ノートパソコン自体が寿命を迎えている可能性が高いです。

例えば熱暴走はHDDやCPUが熱を持ちすぎてしまって起こる症状で、パソコンが熱を上手く外に逃がしていない証拠です。

熱を上手く外に逃がせていないというのは、ノートパソコンにとって重大な故障なので、ノートパソコンの寿命と考えてよいでしょう。

ノートパソコンの寿命を延ばすコツ

ノートパソコンの寿命は3年から5年とされていますが、日頃の使い方やメンテナンス方法に気を付けていれば、平均よりも寿命を延ばすことが可能です。

ここでは、ノートパソコンの寿命を延ばすコツを紹介します。

紹介するコツはどれも簡単にできることなので、ノートパソコンの寿命を延ばしたいと思っている人はぜひ参考にしてみてください。

HDDやSSDのメンテナンスをする

ノートパソコンの寿命は、中枢機能とも言えるHDDやSSDの消耗具合によって左右されます。

そのためノートパソコンの寿命を延ばしたいのであれば、HDDやSSDを壊さないよう、メンテナンスを定期的に行いましょう。

簡単なメンテナンスとしてできるのは、ディスクのクリーンアップを定期的に行うことです。

いらないデータを定期的に消去しておくことで、HDDやSSDにかかる負担を減らせます。

よりメンテナンスを強化したいという人には、HDDやSSDの状態をチェックできるフリーソフトもおすすめです。

ノートパソコンにダウンロードしておけば、ソフトを起動するだけで、HDDやSSDがどれくらい消耗しているのかをチェックできます。

ノートパソコンが熱くならないようにする

ノートパソコンは熱に非常に弱いという特徴があるため、熱くならないように工夫するのも、寿命を延ばすコツの1つです。

ノートパソコンはCPUファンなどから熱を外に逃がす構造になっているので、ファンをふさがないようにするなど、熱を常に外に逃がせるように気を付けましょう。

ノートパソコン寿命に近づいている証拠の1つである熱暴走は、熱を外に上手く出せずに熱くなってしまうことで起こります。

そのため暑くなりやすい夏場は、なるべく冷房のきいた涼しい部屋でノートパソコンを使うようにしたり、ノートパソコンの下に置くファン式クーラの使用がおすすめです。

持ち運びに気を付ける

ノートパソコンの寿命を左右するHDDやSSDは精密機器で衝撃に弱いです。

そのため、持ち運びをするときは衝撃を与えないように気を付けましょう。

持ち運ぶときは必ず専用のケースに入れたり、持ち運ぶときに落とさないようにしたりと、少し工夫をするだけでも、ノートパソコンの寿命を延ばせます。

またケースに入れて持ち歩くことで、HDDやSSDだけでなく、液晶画面や光学ドライブ、キーボードなどの各パーツの損傷も防ぐことができます。

寿命を迎えたノートパソコンの処分方法

ノートパソコンが寿命を迎えたとしても、そのままゴミとして処分することはできません。

ここでは寿命を迎えたノートパソコンの処分方法を紹介します。

リサイクルとして処分

ノートパソコンは資源有効利用促進法により、リサイクルとして処分することが義務付けられています。

レアメタルなどの資源を無駄にしないため、普通ゴミとして処分はできないため、必ずリサイクルとして処分しましょう。

リサイクルとして処分する方法は以下の通りです。

  • 製造メーカーに回収してもらう
  • 自治体が運営する資源回収施設にて回収してもらう
  • パソコン回収サービスにて回収してもらう
  • 家電量販店にて回収してもらう

2003年10月以降に販売されたPCリサイクルマークが本体についているノートパソコンであれば、メーカーに連絡すれば無料でリサイクルとして回収してくれます。

自治体や家電量販店、専用のパソコン回収サービスなども、ノートパソコンのリサイクル回収を行っているため、自分がノートパソコンをリサイクルとして出しやすい方法を選ぶのがおすすめです。

買い取り業者を利用して処分

購入してからあまり経っていないものの、何らかの理由でノートパソコンが寿命を迎えてしまったという場合、買い取り業者を利用して処分する方法もあります。

いくつかのパーツが寿命を迎えてしまったものの、ノートパソコン自体は動いているなら、少額ではありますが買い取りしてくれる業者がいる可能性が高いです。

また買い取りをできない場合でも、無料で回収してくれるケースや、中にはノートパソコンが一切動かなくても回収してくれる業者もいるので、一度確認してみるとよいでしょう。

パソコン高く売れるドットコム

出典:パソコン高く売れるドットコム

パソコン高く売れるドットコムは、全国各地に実店舗を持つパソコン買取業者です。

宅配買取や出張買取、店頭買取などユーザーのニーズに合わせて買取方法を選択することが可能です。

加えて、商品情報などは市場の価格から適正価格を算出し、ユーザーから買い取ったパソコンなども最低限の手間で出品していることから高還元を心がけています。

加えて、商品情報などは市場の価格から適正価格を算出し、ユーザーから買い取ったパソコンなども最低限の手間で出品していることから高還元を心がけています。

運営会社情報

  • 会社名|株式会社マーケットエンタープライズ
  • 会社設立日|2006年7月7日
  • 資本金|3億679万7,000円
  • 上場市場|東京証券取引所 マザーズ
  • 事業内容|ネット型リユース事業、メディア事業、モバイル通信事業

設立してから14年ほどで、マザーズに上場していることから会社としての信頼は高いといえるでしょう。

また、全国的に実店舗を保有しており監査法人からいくつかの賞を受賞していることもユーザーとしては安心感が高いといえます。

パソコン高く売れるドットコムで見積もりを依頼

イオシス

出典:イオシス

イオシスは東京や大阪、名古屋といった各地に店舗を持つ PC やスマホ・タブレット販売を行う店舗です。

型番などから簡単に買取希望商品を検索することができ、実際に売却する前に MacBook の値段を確認することが可能です。

また、買取方法は店舗買取と宅配買取があるためユーザーが使用しやすい方法で売却することが可能です。

これまでの買取実績を見てみると、創業から20年以上運営を続け、年間で12万件の買取実績を誇っています。

そのため、ユーザーとしても安心して商品を売却でき、買取キャンペーンなども定期的に行っていることから、ユーザーも選択しやすい買取業者だといえるでしょう。

運営会社情報

  • 会社名|株式会社イオシス
  • 会社設立日|1996年8月
  • 資本金|未上場
  • 上場市場|東京証券取引所 1部上場
  • 事業内容|スマートフォン・PC・その他周辺機器の買取・販売

会社そのものは異なるものの、運営グループとしてCCCの一員となっていることから、ユーザーに大きな安心感を与えています。

また、20年以上の経営を行っており、その歴史の長さからユーザーに多く選ばれる買取業者の1つといえるでしょう。

イオシスで見積もりを依頼

ReRe買取

出典:ReRe買取

ReRe買取は、全国各地にセンターを持つ買取業者です。

買取の方法に関しては、宅配買取と出張買取、店頭買取などユーザーの利用しやすい方法で利用することが可能です。

事前に買取価格はある程度調べることもできるため、ユーザーにとっては使用しやすい買取業者だといえます。

買取価格に関しては、独自のネットワークを駆使し、そのうえで適正な価格をつけるため、後任や売却どちらにおいても使用しやすい業者です。

運営会社情報

  • 会社名|株式会社マーケットエンタープライズ
  • 会社設立日|2006年7月7日
  • 資本金|3億679万7,000円
  • 上場市場|東京証券取引所 マザーズ
  • 事業内容|ネット型リユース事業、メディア事業、モバイル通信事業

運営会社は、パソコン高く売れるドットコムと同様であり、マザーズに上場していることから、会社著者の信頼性が高いと評価できます。

そのため、ユーザーとしても安心しながら取引を行うことが可能です。

ReRe買取で見積もりを依頼

Mac買取ネット

出典:Mac買取ネット

Mac買取ネットは、 Mac の買取に特化しているサイトです。

型番が分かれば自動的に買取できるだけでなく、集荷なども自動で行うことが可能です。

買取依頼方法は、宅配買取のみであるものの、 Mac の買取に期待して力を入れていることから、買取確認に期待のできる業者だといえます。

ちなみに、発送手続きなども Mac 買取ネットが手続きを行うため、ユーザーにとっての負担は高くないといえるでしょう。

運営歴は2006年からと比較的、長くユーザーが安心して買取を依頼することができるといえるでしょう。

Mac買取ネットで見積もりを依頼

Apple公式「Apple Trade In」

出典:Apple公式

Apple Trade In は、アップル公式の下取りサイトです。

MacBook を使用しているユーザーの場合、次の PC も MacBook であることが多く、新品で購入する必要があるものの、最大の下取り額などは他の買取業者の参考とすることができます。

そのため、参考価格というだけでなく、提示されている値段以下の買取価格を示された場合に、下取りを依頼してみるとよいでしょう。

また、下取りの方法は、店頭に持ち込むか郵送で送ることができるため、時間がない場合などには郵送を気軽に使用することが可能です。

注意点として、 MacBook であれば、オンラインによる受付どうなることから、頭持ち込みはできないことに注意が必要です。

運営会社は、 Apple Japan 合同会社です。

資本金などが公開されていないものの、世界規模の会社であり、日本においても強烈な影響力を持つ企業だといえます。

そのため、 Apple 公式の下取りサービスを使用することもユーザーにとっては安心につながるでしょう。

Apple Trade Inで下取り価格を確認

ノートパソコンは3年から5年で買い替えがおすすめ

ノートパソコンの寿命は3年から5年が平均とされているため、購入してから数年使っていて不調が見られるなら、新しいものに買い替えを検討してみましょう。

ただしあくまで平均値のため、使い方や使用頻度により寿命は変わります。自分の使用しているノートパソコンから寿命のサインがでていないか定期的にチェックしておきましょう。

またノートパソコンの寿命を延ばしたいという人は、ノートパソコンにあまり負荷をかけさせないよう、涼しい部屋で利用したり、持ち運び等で衝撃を与えないように工夫をしましょう。

光回線/Wi-Fi お申し込み電話相談を受け付け中!

iPhone格安SIM通信では光回線や、Wi-Fiなどインターネットの利用開始やお切替えを検討中のお客様に電話相談を受け付けております。

ソフトバンクの正規代理店DRMの専門オペレータがお客様のご要望に合わせて、ソフトバンク光やソフトバンクAirをご案内させていただきます。

今すぐ無料相談!
SoftBank 光
SoftBank Air
iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2020年10月08日

菅野 辰則 ― ライター
菅野 辰則 ― ライター

最新ガジェット、家電、デバイスが大好物。秋葉原、ネットショップでコスパの高い中古端末に目を光らせている。iPhone・iPadを格安SIMとWiMAXで利用中。趣味はダンス、週4日のトレーニングを欠かさない。

関連キーワード