持ち運びWiFiルーターおすすめ5選!安い無制限WiFiをレンタル・購入別に紹介

【2020年最新】持ち運びWiFiルーターを比較し、1番おすすめのポケットWiFiルーターをご紹介!無制限で使えるものやレンタルできるポケットWiFiルーターをまとめました。持ち運びWiFiルーターの選び方や安く契約する方法も解説します。
【公式】カシモWiMAX 持ち運びWiFiルーターおすすめ5選!安い無制限WiFiをレンタル・購入別に紹介

持ち運びできるWiFiルーターは、どこでも通信可能になる便利なアイテムです。様々なWiFiルーターがあるため、自分に合ったものを選ぶのは難しいでしょう。

そこで本記事では、持ち運びWiFiルーターを比較して1番おすすめのWiFiを解説します。

簡単に結論だけご紹介すると、1番おすすめの持ち運びWiFiルーターはカシモWiMAXの「W06」です。

W06は持ち運びできるポケットWiFiルーターの中でも速度が速く、1.2Gbpsという光回線並の速度です。これだけの速度が出れば、動画視聴もオンラインゲームも快適にプレイできます。

このW06が安く契約できるのが、カシモWiMAXです。カシモWiMAXは業界最安級の月額1,380円~契約できるため、持ち運びWiFiルーターを契約するのに最もおすすめのサービスとなっています。

加えてカシモWiMAXなら最短当日発送で翌日には届くので、引越しや在宅ワークですぐにWiFiルーターが欲しい方にもおすすめです。

【業界最安級】カシモWiMAXの料金プランを見てみる

詳しい持ち運びWiFiの性能や料金については、ぜひこのまま記事を読み進めてみてください。

持ち運びWiFiのメリット・デメリット

はじめに、持ち運びWiFiのメリットとデメリットを紹介します。

持ち運びWiFiを検討している方はメリット・デメリットをきちんと抑えてから契約しましょう。

メリット

  • 持ち運べる
  • 料金が安い
  • すぐに使える

持ち運びWiFiはその名の通り、持ち運びが可能です。 そのため屋内外問わず、インターネットを利用することができます

また、光回線と比べて、持ち運びWiFiは比較的お手頃価格でWiFiが使えます。

設置工事が不要なので、工事費用もかかりませんし、届いたその日から利用することができます。

デメリット

  • 速度制限がある
  • エリア外だと使えない

持ち運びWiFiにはメリットだけでなく、デメリットもあります。

持ち運びWiFiには速度制限があります。

無制限プランもあるのですが、3日間で10GB以上使うと翌日の夕方から深夜にかけて緩めの制限がかかるというものです。

また、持ち運びWiFiは対応するエリアがあるので、エリア外での利用はできません。

持ち運びWiFiを検討最低る方は、自宅がエリア内であるか公式サイトで確認しましょう。

持ち運びWiFiルーターの選び方

次に、持ち運びWiFiルーターの選び方について解説していきます。

重視したい点や、利用用途に合わせて選びましょう。

契約期間

まずは、契約期間です。出張時や海外旅行の際に短期間使用したい場合はレンタル、普段使いとして長期間使用したい場合は購入をおすすめします。

常にポケットWiFiを使う場合、インターネット回線を契約すると2年契約や3年契約になるため、購入した方が結果的にお得です。

レンタルのWiFiルーターは1日からレンタルできたり、即日受取できたりすることがあるので、一時的な利用に便利です。

月額料金

持ち運びWiFiルーターを使用する場合、気になるのが月額料金です。

インターネット回線の業者によってバラつきがあるので、どこがお得に契約できるか比較してから申し込みましょう。

また、月額料金の割引キャンペーンを実施している時期もあるので、契約前に確認してみてください。

通信速度

通信速度が不安定で遅かったら、WiFiルーターを契約している意味がありません。このような事態を防ぐためにも、事前に通信速度を確認しておくことが重要です。

各社ホームページに記載されている通信速度は最大速度を表しているため、常にその速度が出るわけではありません。

そのため、端末の利用状況や使用している環境によって、通信速度は変わることを知っておきましょう。

通信速度を表す単位として用いられるMbpsや、上り下りの意味についてはこちらの記事をご一読ください。

データ容量

WiFiルーターだけでなくスマホを契約するときにも必ず目にする「データ容量」。データ容量とは、インターネットやメールなどを使用する際に消費するパケット通信の容量のことです。

インターネットをよく利用する方は無制限プラン、メールやニュースの閲覧のみであまり利用しない方は低容量のプランがおすすめです。

速度制限になると、快適にインターネットを利用できなくなるので、自分の使用状況に合ったデータ容量のプランを選択しましょう。

エリア

WiFiルーターを契約する前に必ず確認しておきたいポイントは、自分が使いたいエリアに対応しているかどうかです。

中には、全国ほとんどの地域で対応しているものや、一部地域のみ対応しているものがあります。

申し込む前に、自宅や職場、よく行く場所などが対応エリアになっているかどうか公式ホームページで確かめてみましょう。

持ち運びWiFiルーターおすすめ5機種比較

次に、持ち運びWiFiルーターのおすすめ機種を紹介します。今回は、以下の機種を比較しました。

  • Speed WiFi NEXT W06
  • Speed WiFi NEXT WX06
  • ワイモバイル 803ZT
  • ソフトバンク 802ZT
  • ドコモ SH-05L

性能を一覧比較

それぞれの性能は以下の通りです。

どの機種にしようか迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

製品名 Speed WiFi NEXT W06 Speed WiFi NEXT WX06 ワイモバイル 803ZT ソフトバンク 802ZT ドコモ SH-05L
本体サイズ 約128mm×64mm×11.9mm 約111mm×62mm×13.3mm 約112mm×67.5mm×15.6mm 約112mm×67.5mm×15.6mm 約108mm×72mm×15mm
重さ 約125g 約127g 約153g 約153g 約150g
バッテリー容量 約3,000mAh 約3,200mAh 約3,000mAh 約3,000mAh 約4,000mAh
連続通信時間 約540分 約690分 約720分 約720分 約900分
連続待受時間 約800時間 約700時間 約1,590時間 約1,590時間 約1,200分
最大通信速度
下り
WiMAX2+:558Mbps
4G LTE:1.2Gbps
440Mbps 無線LAN接続時:866Mbps
4G:988Mbps
無線LAN接続時:866Mbps
4G:988Mbps
PREMIUM 4G:988Mbps
LTE:150Mbps
最大通信速度
上り
WiMAX2+:30Mbps
4G LTE:75Mbps
75Mbps 46Mbps 46Mbps PREMIUM 4G:75Mbps
LTE:50Mbps
最大接続可能台数 16台 16台 16台 16台 11台
iPhone格安SIM通信アンケート

価格を一覧比較

今回は、カシモWiMAX・UQ WiMAX・GMOとくとくBB WiMAX・au・ソフトバンク・ドコモ・ワイモバイルの料金を比較しました。

低容量プラン 無制限(大容量)プラン
カシモWiMAX 初月:1,380円
1ヶ月目以降:2,990円
初月:1,380円
1ヶ月目以降:3,610円
UQ WiMAX 3,880円~
GMOとくとくBB WiMAX 3,609円 1か月目・2か月目:3,609円
3ヵ月目以降:4,263円
au 4,292円
ソフトバンク 3,980円 7,480円
ドコモ 2,980円~5,980円 6,980円
ワイモバイル 3,696円 4,380円

低容量プランは、データ容量に制限があるプランのことを指しています。

Speed WiFi NEXT W06

出典:カシモWiMAX
  • 下り最大:1.2Gbps
  • 上り最大:75Mbps
  • 連続通信時間:約540分

家でも外でもインターネットを使いたい方には、モバイルルーターのW06がおすすめです。

下り最大1.2Gbpsもの速度が出るので、Webサイトの閲覧も高画質な動画の視聴も楽々です。1つ前のモデルであるW05が下り最大758Gbpsであることを考えても、W06で性能が大幅にアップしていることがわかるでしょう。

実際に、モバイルルーターの中では今1番人気のある機種となっています。

通信速度以外にW06が優れているのは、「WiFi TX ビームフォーミング」という機能に対応している点です。室内等の電波が弱くなりやすい場所でも、W06が電波を拾ってくれるので安定した通信を行えます。

自宅の固定回線としても持ち運びルーターとしても使いたい方には、最新モバイルルーターW06がぴったりですね!

【業界最安級】W06の詳細はこちら

Speed WiFi NEXT W06の設定方法

Speed WiFi NEXT W06をお持ちの端末と接続する方法を簡単にご説明します。

  1. 側面にあるフタを開きICカードを挿入
  2. 電源ボタンを長押しし起動(起動しない場合は充電をした後に再試行してみてください)
  3. ホーム画面から「情報」>「WiFi設定」をタップ
  4. 名前(SSID)とパスワードが表示されるので、端末とWiMAXを接続

Speed WiFi NEXT WX06

出典:UQモバイル
  • 下り最大:440Mbps
  • 上り最大:75Mbps
  • 連続通信時間:約490~800分

2020年1月下旬から発売開始の最新WiMAX、Speed WiFi NEXT WX06。その最も特徴なポイントは、WiMAXモバイルルーター初のWiFi 2.4GHz/5GHzの同時通信をサポートしている点です。

通信が混雑し不安定になりやすい2.4GHz帯のみに対応しているデバイスと、安定的な高速通信が可能な5GHz帯にも対応しているデバイスの併用が可能になっています。

同時利用は最大16台まで。また、自動的に最適な帯域・周波数を選択しWiFi通信を行う「バンドステアリング機能」も搭載しています。

また、QRコードを読み取ることでかんたんにWiFiに接続可能なほか、ひと目で消費した通信量を確認できるなど、機能性に優れたWiMAXルーターとなっています。

【業界最安級】WX06の詳細はこちら

持ち運びWiFiルーターおすすめ3社

持ち運び可能なポケットWiFiサービスの料金や特徴を比較しました。安くお得に使える持ち運びWiFiを探している方は、ぜひ参考にしてください。

こちらの記事でも、持ち運びができるポケットを徹底比較しましたので、ぜひ合わせてご参考ください。

カシモWiMAX

出典:カシモWiMAX
カシモWiMAX ギガ放題 ライトプラン
初月・1ヶ月目 1,380円 1,380円
2ヶ月目〜 3,610円 2,990円
3年間合計 131,340円 109,020円
年間平均 43,780円 36,340円

※端末代、初期費用などを除く月額料金の合計。

  • 業界最安級の月額料金
  • 通信容量無制限で使用可能
  • 最新機種が利用可能

カシモWiMAXの特徴は、なんといっても月額料金の安さと料金の分かりやすさです。1ヶ月目の月額料金が1,380円と設定されており、月額料金を少しでも抑えて利用したい方に特におすすめです。

また、料金は最初の月は1,380円で、その後はギガ放題プランであれば3,610円・ライトプランであれば2,990円で固定となっており、非常にシンプルとなっています。

WiMAXはauを展開するKDDIの子会社であるUQコミュニケーションズが提供しているサービスで、カシモWiMAXはそのサービスの販売代理店を担っています。これを「プロバイダ」と呼びます。

販売代理店を通すと月額料金が高くなるイメージがあると思いますが、カシモWiMAXはテレビCMではなくネット上で宣伝を強化しているため、高額な広告費を使っていません。

WiMAXはどのプロバイダで契約しても品質が変わらないため、月額料金が安くて、通信速度も速いプロバイダを選ばない手はありません。通信は安定しており、「速度が遅い・繋がらない」といった問題はあまり起こらないでしょう。

キャッシュバックキャンペーンはありませんが、月額費用が業界最安級なのでWiMAXの中で最もおすすめのプロバイダです。

【業界最安級】カシモWiMAXの料金プランを見てみる

カシモWiMAXの口コミ・評判

やはりユーザーからは「キャッシュバックがない代わりに月額料金が抑えられている」という点が支持されているようです。

他にも契約年数やポケットWiFiならではの利便性をメリットと考えている方が多いようですね。

【業界最安級】カシモWiMAXの料金プランを見てみる

UQ WiMAX

出典:UQ WiMAX
UQ WiMAX ギガ放題
初月(日割り) 3,880円
1ヶ月目〜 3,880円
2年間合計 46,560円+初月の日割り料金
年間平均 23,280円

※端末代、初期費用などを除く月額料金の合計。

  • キャッシュバックキャンペーンを実施
  • auのスマホを使っていればお得
  • ギガ放題プランあり!

テレビCMでもお馴染みのUQ WiMAXも、auの回線を使ったWiMAXサービスです。

カシモWiMAXと同じようにギガ放題プランがありますが、料金は月々4,380円かかります。

auのスマホを契約していれば、スマホ代が月額最大1,000円安くなる「auスマートバリュー」というキャンペーンがあります。

様々なキャッシュバックキャンペーンを時期に応じて行っているため、お得なタイミングで契約するのがよいでしょう。

【UQ WiMAX】料金プランを見てみる

UQ WiMAXの口コミ・評判

UQ WiMAXも通信速度や月額料金といった面での評価が高いようです。

また、プラン変更が自由にできたり、月380円で盗難・紛失時の保障、端末修理サービスもつけられる、CMを多く打っているのでユーザー認知度が高いといった「安心感」も高評価の理由といえるでしょう。

UQ WiMAX比較表

そもそも他社にも回線・端末を提供しているUQ WiMAXはドコモやY!mobileといった他社回線よりも速度が速く、料金が抑えられています。

ぜひUQ WiMAXを利用してお得にインターネットを楽しんでくださいね。

【UQ WiMAX】料金プランを見てみる

GMO とくとくBB WiMAX

出典:GMOとくとくBB WiMAX
GMO WiMAX ギガ放題 7GBプラン
初月(日割り) 3,609円 3,609円
1ヶ月目〜2ヶ月目 3,609円 3,609円
3ヶ月目~ 4,263円 3,609円
3年間合計 152,814円+初月の日割り料金 129,924円+初月の日割り料金
年間平均 52,141円(発送月3,609円の場合) 44,511円(発送月3,609円の場合)

※端末代、初期費用などを除く月額料金の合計。

  • 高額キャッシュバックが人気
  • オリコン顧客満足度No.1獲得

GMOとくとくBB WiMAXは、高額キャッシュバックが人気のWiMAXです。

月によってキャッシュバック金額が異なりますが、3万円以上のキャッシュバックキャンペーンも実施しています。WiMAXで月々の負担額が増える分、キャッシュバックでまとまった金額が手に入るのは嬉しいですね。

ただし、キャッシュバックは受け取りまでに数ヶ月~数十ヶ月かかるので、受け取り忘れに注意しましょう。

高額キャッシュバック以外にも、端末代・専用クレードル代・送料全て無料で使える等のサービスも行き届いています。「オリコン顧客満足度」でNo.1を獲得したのも頷けます。

【GMOとくとくBB WiMAX】料金プランを見てみる

WiFiルーターレンタルおすすめ3社

短期間レンタルできる、おすすめのWiFiレンタルサービスを比較しました。国内だけでなく海外レンタルに対応している会社もあるので、ぜひ料金やレンタル期間を比較してみましょう。

【国内】WiFiレンタルどっとこむ

出典:WiFiレンタルどっとこむ

累計1,400万人を突破しているレンタル実績を誇るWiFiレンタルどっとこむは、業界最安水準の価格が魅力のサービスです。

入院中に動画や音楽などインターネットをフル活用したい人におすすめです。また、15時までの申し込みで当日発送してくれるレスポンスの良さも魅力。

自宅の他、病院やコンビニでも受け取りでき、ポスト・郵送で返却可能なので手軽にレンタルできます。

さらに、当サイト限定で通常価格よりも安くポケットWiFiのレンタルが可能です!ポケットWiFiのモデルによっては、2,000円以上安くなる場合もあります。

ポケットWiFiをなるべく安くお得にレンタルしたい方は、WiFiレンタルどっとこむで決まりですね!

【当サイト限定価格】WiFiレンタルどっとこむの料金プランを見てみる

WiFiレンタルどっとこむの料金プラン

WiFiレンタルどっとこむの料金プランはレンタルするルーターによって異なります。以下に記載するのは「SoftBank 501HW」をレンタルする場合の料金です。

限定価格 通常価格
1日 410円 450円
30泊31日 4,660円 6,750円

当サイト経由で申し込むと、人気のポケットWiFiが2,000円近く安くなりました!元々の価格が安いのに、さらに安くレンタルできるのは嬉しいですね。

より詳細な料金表は、以下のボタンからWiFiレンタルどっとこむの公式ホームページをご確認ください。

【当サイト限定価格】WiFiレンタルどっとこむの料金プランを見てみる

【国内】縛りなしWiFi

  • 通信制限なし
  • 契約期間の縛りなし
  • 最短翌日発送

縛りなしWiFiは、フォン・ジャパン株式会社(※)が提供している短期レンタルWiFiです。その名の通り「契約期間の縛りがない」ポケットWiFiとなっています。

一般的なポケットWiFiは2~3年契約ですが、縛りなしWiFiは必要なときに必要な期間だけ使用できます。最低1か月利用すればいつでも解約OKなので、入院やテレワークが終了しても違約金なしで解約できます

逆に「2~3年縛りでもいいから安く使いたい」方には、「縛っちゃうプラン」がおすすめです。

出典:縛りなしWiFi
  • 縛りなしプラン
    :3000円/月~3800円/月
  • 縛っちゃうプラン
    2600円/月~3600円/月

「縛っちゃうプラン」は、3年契約で料金が安くなるプランです。

縛りなしの通常プランが月3300円なのに対し、縛っちゃうプランは月2800円となっています。1年間借りた場合、月500円×12ヶ月=6,000円も安くなるのです。

長く使えば使うほどトータル金額は「縛っちゃうプラン」の方が安くなるため、長期レンタルには「縛っちゃうプラン」をおすすめします。

契約期間の縛りがないだけでなく、通信制限の縛りがないのも人気の秘密となっています。

縛りなしWiFiはデータ容量の制限がないため、低価格でインターネットが使い放題なのです。スマホの通信制限に悩んでいる方だけでなく、通信費を下げたい方にもおすすめのレンタルポケットWiFiといえます。

【縛りなしWiFi】キャンペーンはこちら

※電話番号:0120-541-226

【海外】グローバルWiFi

出典:グローバルWiFi

渡航者向けのWiFiサービスである「グローバルWiFi」は、株式会社ビジョンが提供するルーターの定額制レンタルです。プランごと1日のデータ通信量を選べることから、自分の使用用途に合ったものが無駄なく使えます。

国内15の空港に専門カウンターを設置しており、申し込みと受け取りも簡単に行えます。また、音声翻訳機やパノラマカメラの貸出など、オプションは旅行用に特化しています。

【グローバルWiFi】料金プランを見てみる

持ち運びWiFiルーターを契約する手順

ここでは、持ち運びルーターを契約する手順を紹介します。

契約プランを決める

WiMAXでは「通常プラン」か「ギガ放題プラン」のどちらかを選ぶことになりますが、今回は無制限WiFiということなので「ギガ放題プラン」になります。

ちなみに通常プランの場合は7GBで通信制限がかかるので、7GB以上使いたい方は「ギガ放題プラン」を選びましょう。

ギガ放題プランなら、データ容量を消費しがちなYouTubeや音楽アプリも使い放題です。

ポケットWiFi端末を決める

端末に関してはスマホのようにたくさん種類があるわけではないので、迷うことはありません。

2020年現在、おすすめの端末は「W06」となっています。

下り最大1.2Gbpsという高速通信が可能で、画像や動画などもサクサクアップロードできます。最新の端末である「WX06」よりも通信速度は早くなっています。特別な理由がない限り、端末は「W06」を選んでおけば問題ないでしょう。

ポケットWiFiのプロバイダを決める

ポケットWiFiを契約する上で一番頭を使うのは、このプロバイダ選びともいえるでしょう。

WiMAXは様々な契約方法があり、どこから契約しても使い勝手や通信速度は変わりませんが、選び方を間違えると2年間で3万円ほども料金が変わることになります。

特にUQ WiMAXは自社でもテレビCMなどを使って知名度が高いですが、公式ページから申し込むと非常に料金が高くなります。

それよりも、知名度は低くても数あるプロバイダ(代理店)から選んだ方がずっとお得なのです。

プロバイダを選ぶ際に着目すべきポイントは「2年プランで申し込めるか」と「最新端末でキャッシュバックを含めた実質費用が安いか」です。

3年プランのデメリットは先述しましたが、プロバイダによっては3年プランを打ち出している場合もあります。

3年プランでは解約できるタイミングが少ないですし、毎年のように最新機種が出るポケットWiFiの業界で3年も前の古い端末を使わなくてはいけなくなります。

また、プロバイダは様々ありますが、実質使うサービスは変わらないので少しでも安いプロバイダを選びましょう。この際気を付けたいのは「最新端末」で「2年トータル」の金額を比較しなければなりません。

プロバイダによっては月額料金は安く見せておいて、「付帯サービス料金」で水増しされていたり、キャッシュバックが適応されるのが古い端末だけということもあります。

プロバイダの見せ方に騙されず、冷静に料金を並べて比較しましょう。

以下の記事では、WiMAXのプロバイダを比較しているので参考にしてみて下さい。

【業界最安級】カシモWiMAXの料金プランはこちら

持ち運びWiFiルーターのよくある疑問

持ち運びWiFiルーターに関するよくある質問をまとめました。

Amazonでもルーターは購入できる?

持ち運びWiFiルーターは、Amazonでも購入可能です。Amazonでは、SIMフリーモデルのWiFiルーターを取り扱っています。

最近のスマホはnanoSIMカードがほとんどですが、持ち運びWiFiルーターの中にはmicroSIMカードのスロットを搭載しているモデルもあります。

SIMカードのサイズ変更は手数料がかかることが多いので、Amazonで購入する場合はSIMカードのサイズを確認しましょう

無料で使えるWiFiルーターはある?

月額料金が無料!とは違いますが、無料でお試しができる持ち運びWiFiルーターならあります

例えば、UQ WiMAXでは、「Try WiMAX」という契約前に15日間無料でWiFiルーターを使えるプランがあります。

WiFiルーターの送料を含め、15日間の無料期間中は費用が一切かかりません。長期契約をする前に、通信速度や使い心地などを試せるので安心です。

詳しくは、Try WiMAXの申し込み方法やサービス内容を解説した記事をご覧ください。

光回線/Wi-Fi お申し込み電話相談を受け付け中!

iPhone格安SIM通信では光回線や、Wi-Fiなどインターネットの利用開始やお切替えを検討中のお客様に電話相談を受け付けております。

ソフトバンクの正規代理店DRMの専門オペレータがお客様のご要望に合わせて、ソフトバンク光やソフトバンクAirをご案内させていただきます。

今すぐ無料相談!
SoftBank 光
SoftBank Air
iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2020年11月16日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!