【5G対応】発表済み・開発中のポケットWiFiを紹介|今後の動向を解説

5Gの時代が来ると、様々な媒体やCMなどで言われています。しかし、聞くことは増えても、そもそも5Gになるとどのようなことが起こるのかを知らない人も多いのではないでしょうか。この記事では5Gについて説明しながら、ポケットWiFiにも対応されていくのか、解説していきます。
【公式】カシモWiMAX 【5G対応】発表済み・開発中のポケットWiFiを紹介|今後の動向を解説

2020年は5Gのサービスが開始されることもあり、各社から5Gに対応したスマホが発売されることが打ち出されています。

では、ポケットWiFiはどうなるのでしょうか。

現在4GのポケットWiFiを利用している人も、ホームルーターを使って家でWiFiを利用している人も、5Gの性能をそれぞれ比較しながら、今後のポケットWiFiの5G事情も紹介します。

そもそも5Gとは

5Gとは、2020年から順次サービス開始される、第5世代移動通信システムのことです。その大きな特徴として、「超高速」「超低遅延」「多数同時接続」という、3つがあります。

「超高速」

5Gになると、現在の通信システムより100倍程度速いサービスの提供が可能といわれています。

例えば、2時間の映画を3秒でダウンロードできるようになるともいわれており、超高速化が期待されています。

「超低遅延」

リモートやロボットなど遠隔操作を利用するときに、タイムラグを感じさせないようになります。ロボットのような精密機械であっても、リアルタイムで通信が可能です。

「多数同時接続」

スマホやパソコンだけでなく、ありとあらゆる身の回りのものが、インターネットに接続できるようになります。

現在の技術では数個の端末としか接続が不可能でしたが、5Gになると100個程度と接続が可能です。

5Gと4Gの違い

従来までの4Gと5Gがどれほど違うのか、比較してみました。

  4G 5G
通信速度 50Mbps〜1Gbps 10〜20Gbps
同時接続数 10万デバイス/km2 100万デバイス/km2
遅延時間 10ms 1ms

通信速度は少なくとも4Gの10倍、ピーク時は100倍になるともいわれています。

同時接続数も10倍になり、遅延時間は1/10と、どの数字をみても、5Gが勝っていることがわかります。

5Gの速度の比較を「5Gの速度はどれくらい速い?|4G LTE・光回線と比較解説」で詳しく解説していますのでぜひご覧ください。

5GのポケットWiFiとホームルーターの比較

従来の4GのポケットWiFiとホームルーターを比較すると、ホームルーターの方が、通信速度が速いです。

その代わりに持ち運びができなかったり、少し大きかったりという点があったのですが、5GのWiFiと比較してみるとどうなるでしょうか。

今回は、ホームルーターの中でも、人気の高いWiMAXの機種と、通信速度を比較してみます。

WiMAX HOME 02 WiMAX Speed WiFi HOME L02 5G
440Mbps
  • 1.2Gbps(au4GLTE利用時)
  • 558Mbps(WiMAX2+のみ)
10〜20Gbps

現在通信速度が速いとされているホームルーターと比べても、5Gと大きく数字が違うことがわかります。

ポケットWiFiが5Gに対応できるようになった場合には、固定のホームルーターではなく、持ち運べ、通信速度も快適なポケットWiFiの使用を検討してみるのも1つです。

5G導入で変わること

5Gを導入することで、生活がどのように変わるか、メリットとデメリットもあわせて紹介します。

5Gの普及で実現できること

5Gの普及によって、ネットワークを介した様々なサービスの向上が見込まれています。

その中でも、近年開発が進んでいる「車の自動運転」や「VRを利用したスポーツやエンタメなどのライブ中継」において、クオリティが高く実現できるようになります。

完全に車を自動運転する場合、1日で必要な通信量は数テラとも言われており、既存の4Gでは対応できなかったことも、5Gの通信速度やデータ容量があれば、対応が可能です。

5Gのメリット

まずは5Gのメリットを紹介します。

通信の快適さ

本記事でも紹介している通り、5Gは4Gよりも10倍~20倍通信速度が速くなります。

容量の大きいゲームアプリや、長編の映画など、今までは待ち時間を不便に思っていた人も、快適に利用することが可能です。

動画配信サービスを利用している人にとっても、待ち時間なく高画質で動画を楽しめます。

IoT普及を促進する

IoTは、家電製品やWebカメラの操作だけでなく、温度や湿度の管理もでき、様々な分野で応用ができます。

5Gが対応することにより、同時接続数が増加し、データの容量が大きくなるため、4Gでは対応しきれなかった数の機器をネットワークに接続することができるようになります。

家の中だけでなく、学校や病院、工場など、あらゆる場面でネットワークを介して管理することが可能です。

遅延を防ぐ

4Gでも高速化はされてはいましたが、5Gになることで、遅延時間はさらに1/10になります。

遠隔操作の場合であっても、よりリアルタイムで操作でき、人の命にかかわる遠隔での手術も信頼度を高めることができます。

また、現在開発が進んでいる車の自動運転にも応用が可能です。

デメリット

デメリットは、現状ではセキュリティ面に不安が残る点です。5G対応することにより、スマホやパソコンだけでなく、多くの機器がネットワークに接続されるようになります。

接続される機器の数が増えると、サイバー攻撃のターゲットも増えることとなるため、被害が増える可能性があります。

例えば、Webカメラの映像や位置情報などが取得されてしまうだけでなく、IoTの普及も予想されているため、家電の使用状況などで、生活リズムが知られてしまう危険もでてくると予想されており、注意が必要です。

それをカバーするためのセキュリティの強化・改善が、5Gが普及していくなかで、期待されている点でもあります。

iPhone格安SIM通信アンケート

5G対応ポケットWiFiはいつから登場する?

ここまで、5Gについて説明してきましたが、そもそも5G対応のポケットWiFiはいつから登場するのか、という疑問があります。

現在、いくつか発売や開発が発表されていますが、実際のところ、5Gが完全に使えるようになるためには、通信システムだけでは足りません。

今までのものは5Gに対応していないため、基地局の設備を整えたり、ユーザー側が使用する5G対応WiFiルーターの作成・販売が必要です。

すぐに5Gに完全移行する、というよりは4Gと5Gの双方を運用していき、ある程度年月をかけていくことになります。

主要都市から順次サービス提供を開始し、全国に拡大していくことになるため、地方にお住まいの方が快適に利用できるようになるまでにはさらに時間がかかる場合があります。

5G対応のポケットWiFi

現在発表されているものと開発中のポケットWiFiの情報を紹介します。

国内で発売予定のポケットWiFi

国内ですでに発売を発表している機種はWiFi STATION SH-52Aの1つのみです。

WiFi STATION SH-52A

通信速度
  • 5G:受信時最大4.1Gbps/送信時最大480Mbps※1
  • 4G:受信時最大1.7Gbps/送信時最大131.3Mbps
同時接続台数 18台(WiFi:16台/有線LAN:1台/USB:1台)
月額利用料金 4,480円~(データ量無制限の場合)
発売日 2020年5月下旬以降発売予定

※1 受信時最大4.1Gbps、送信時最大480Mbpsは2020年6月以降、提供予定です。

現在、国内で発売を発表しているのはドコモからの1種類のみです。

本記事でも説明した通り、完全に5GのポケットWiFiというよりも、4Gと5Gを双方対応させることで、まだ完全に設備の整っていない5Gを使い分けられるようになっています。

WiFi STATION SH-52Aは、有線LANポート内蔵モデルで、通信速度も今までのモバイルルーターの2.5倍で快適になります。

有線LANケーブルがあれば、いつでもどこでも高速通信で使用でき、4G・5G・有線を利用して、より通信速度の快適なものを選択することが可能です。

海外製のポケットWiFi

既に海外では5Gサービスが開始されている国もあり、開始された国では、5G対応のWiFiルーターが発表されています。

日本での発売は現在未定ではありますが、世界ではこのようなポケットWiFi(モバイルスマートハブ)が発売されています。

HTC 5G Hub

5G通信で、最大20台までの接続が可能なテザリング機能がついており、4K動画のストリーミングや容量の大きいゲームプレイなど、ワイヤレスでの高速通信環境も整えられています。

現在広がりをみせている「VR」にも対応しており、将来的にはVRコンテンツをストリーミングできるようになるといわれています。

開発中のポケットWiFi

発売日はまだ公表されていないものの、開発中とされるポケットWiFiは現在2つあります。

THE WiFi

すでにサービス提供されているTHE WiFiに、「5Gアップグレードプログラム」が対応予定です。

料金や通信速度などの詳しい発表はされていませんが、THE WiFiを24ヶ月以上利用している人を対象に、5G対応の環境が整い次第、5G対応端末への機種変更時の切り替え手数料の3,000円を免除するサービスがあります。

現在利用している人は、対応されるのを待つか、他社から発売されるものに切り替えるか、比較することをおすすめします。

WiMAX

正式な発表はまだですが、WiMAXを運営するUQコミュニケーションズの親会社であるKDDIが、5Gを使用するために必要な周波数帯の割り当てを受けているため、将来的に5G対応になる可能性が高いです。

しかし、今のところ最新のポケットWiFiも未対応なので、2020年後半以降の発表と予測されています。

5Gの時代はすぐそこ。備えて5Gを使いこなそう

すでに各社5G対応のサービスを打ち出し始めています。

これからスマホやポケットWiFiだけでなく、自動車やVR、IoT家電など様々な分野で5G対応のサービスが受けられるようになっていきます。

あらかじめ5Gがどのようなものなのか、快適なインターネットの生活のため、知識を備えておきましょう。

5Gの特徴やどのように活用されるのかなど詳しい情報については、「IoT普及に不可欠な「5G」次世代移動通信の特徴を知ろう」で解説しています。あわせてご覧ください。

光回線/Wi-Fi お申し込み電話相談を受け付け中!

iPhone格安SIM通信では光回線や、Wi-Fiなどインターネットの利用開始やお切替えを検討中のお客様に電話相談を受け付けております。

ソフトバンクの正規代理店DRMの専門オペレータがお客様のご要望に合わせて、ソフトバンク光やソフトバンクAirをご案内させていただきます。

今すぐ無料相談!
SoftBank 光
SoftBank Air
iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2020年05月11日

菅野 辰則 ― ライター
菅野 辰則 ― ライター

最新ガジェット、家電、デバイスが大好物。秋葉原、ネットショップでコスパの高い中古端末に目を光らせている。iPhone・iPadを格安SIMとWiMAXで利用中。趣味はダンス、週4日のトレーニングを欠かさない。

関連キーワード