ポケットWiFiとは?各サービスの特徴比較|おすすめプロバイダまとめ

「ポケットWiFi」は携帯電話各社などが提供するモバイルルーターのひとつです。この記事では、モバイルルーターの基礎的な知識や選び方のポイント、おすすめのポケットWiFiをご紹介します。自分に合った契約先を見つける参考にしてください。
【公式】カシモWiMAX ポケットWiFiとは?各サービスの特徴比較|おすすめプロバイダまとめ

自宅だけではなく、外出先でもインターネットを楽しみたいなら、ポケットWiFiがおすすめです。

ポケットWiFiがあると、外出先でも自身の機器からWiFiを飛ばして端末に接続できます。

しかし、ポケットWiFiとはどのようなものか、あまりよく知らないという方も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、ポケットWiFiについての基礎的な知識や、選び方のポイント、おすすめのポケットWiFiなどをご紹介します。

ポケットWiFiに興味をお持ちの方や、スマホのデータ通信量が毎月ピンチという方は、ぜひ参考にしてみてください。

ポケットWiFiについて

「ポケットWiFi」という言葉は広く普及しており、あなたも一度は目にしたり、耳にしたことがあるのではないでしょうか?

しかし、これはソフトバンクのサービス名であり、WiFi接続可能な機器全般の名称を表すわけではありません。自宅から外出先まで幅広いエリア、用途で利用できる携帯型ルーターの一般名称は、「モバイルルーター」や「モバイルWiFiルーター」です。

言い換えると、ポケットWiFiは、さまざまな会社からサービス提供されているうちのひとつということになります。ポケットWiFiを提供しているソフトバンクと契約をしなくても、他社と契約して同様のサービスを使うことは可能なのです。

ただし、サービス提供各社で細かい利用条件や機器のスペックは違うため、どの商品が自分に合っているかは、細部まで理解を深めて見極めることが大切です。

別の記事では、ポケットWiFiサービスを詳しく紹介して徹底比較しましたので、ぜひ合わせてご参考ください。

モバイルルーター提供サービスは大きく2系統に分かれる

現在提供されているモバイルルーターは、「携帯電話キャリアが提供するもの」と「UQコミュニケーションズのWiMAXを利用するもの」の大きく2つに分けられます。

ここでは、それぞれのサービス内容、機器や契約の特徴について解説しますので、参考にしてください。

携帯電話キャリアが提供するモバイルルーター

スマホやガラケー、タブレットを提供する携帯キャリアは、モバイルルーターのサービスも実施しています。

大手3社ではそれぞれモバイルルーターを提供していますが、それぞれのサービス名は次のとおりです。

前にも述べたように、ソフトバンクが提供するモバイルルーターサービスの商品名が「ポケットWiFi」です。

携帯電話キャリア提供のモバイルルーターは、スマホやタブレットを契約している会社に合わせて選ぶと、割引が受けられるなどのメリットがあります。

なお、ソフトバンクのサブブランドであるワイモバイルでも、ソフトバンクと同様に「ポケットWiFi」のサービスを提供しています。

UQコミュニケーションズのWiMAXを利用するモバイルルーター

KDDIの子会社であるUQコミュニケーションズは、「WiMAX」というサービスを提供しています。これは世界的にも利用されているサービスで、ワールドスタンダードなモバイルルーターと言えます。「WiMAX」とは商品名であり、通信規格の名称です。

回線業者はUQコミュニケーションズが担っていますが、プロバイダは他社提供のものも多く、少し複雑です。WiMAXはMVNOのサービスも多く、例えば下にあるリンクのようにカシモがプロバイダとなってサービスを提供しているものや、その他プロバイダ提供のものが多数あります。

その中に、おすすめなのは1,380円から契約できるカシモWiMAXです。こちらの記事は口コミ評判やサービス詳細はぜひ合わせてご参考ください。

同じWiMAXを利用する場合でも、どのプロバイダと組み合わせるかによって、契約の条件や使い勝手は違ってきます。携帯キャリア提供のモバイルルーターのように、プロバイダが固定ではないため、自身でお得な組み合わせを見つけやすい反面、選択肢が多く難易度が少し高いといえます。

モバイルルーターのメリットとデメリット

どのモバイルルーターも便利に使える点は共通していますが、それだけではなく不便なところ、使いづらいところもあります。

ここではモバイルルーターのメリットとデメリットを紹介しますので、本当にお得で便利に使えるかを検討する参考にしてください。

3つのメリット

モバイルルーターを利用するメリットは、大きく次の3つです。

  • 持ち運びができて外出先でも利用できる
  • 工事不要でその日から利用可能
  • スマホの通信費節約の可能性がある

それぞれ詳しく見ていきましょう。

持ち運びができて外出先でも利用できる

モバイルルーター最大の特徴は、「気軽に持ち運びができる」ことです。外出先でも気軽にインターネット接続できるため、場所を選ばずスマホやパソコンが利用できます。

機種によって大きさは違いますが、ほとんどのものが小型であり、カバンにも忍ばせやすいサイズです。

そのため、荷物の多くなる出張や旅行でも携帯しやすく、いつでもどこでもWiFiが利用できます。外出先での利用はもちろん、自宅で据え置き機として使うことも可能です。

普段は自宅で使い、必要な時だけ持ち出すといったことも可能で、シーンに合わせた使い分けにも向いています。

近年無料で接続できるフリーのWiFiスポットは急増していますが、無料WiFiは通信速度が遅かったり、セキュリティ性能が低かったりすることも少なくありません。

モバイルルーターならセキュリティがかけられ、いつでも安心してWiFiが利用できます。

工事不要でその日から利用可能

自宅でインターネットに接続したいなら、固定回線を引かなければなりません。固定回線は開通までに時間がかかりますが、モバイルルーターなら利用までの時間を短縮できます。

モバイルルーターはコンセントに接続するか、本体を充電するだけですぐに使えます。

届いたその日から利用可能で、業者によっては申し込んだ当日に発送してくれる場合もあり、できるだけ早くインターネットの利用を始めたい人におすすめです。固定回線の場合は、申し込みから開通までに1~2カ月程度かかり、高額な工事費もかかります。

モバイルルーターは工事の手間がかからないだけではなく、工事費も不要なため初期費用も安いです。素早く気軽に利用できるため、固定回線を引くまでの繋ぎとして、短期間だけ利用するのもおすすめです。

スマホの通信費が節約できる可能性がある

モバイルルーターでWiFiに接続している間は、どれだけインターネットを利用しても、スマホ側で通信量は発生しません。

そのため、モバイルルーターを上手に使うと、月々の通信量はごくわずかで済むため、より安い低容量プランへの切り替えが可能です。

低容量のプランでも常にWiFiに接続しているなら通信制限にかかる心配もなく、通信費を抑えられます。

また、モバイルルーターと組み合わせてスマホ代を割引にできることもあるため、組み合わせ次第でさらに金銭的なメリットは高められます。

インターネットは便利に使いたいものの、費用も抑えたいなら、スマホとモバイルルーターの組み合わせを考えることが大切です。

3つのデメリット

豊富なメリットがあって魅力的なモバイルルーターですが、次の3つのようなデメリットもあるため注意しなければなりません。

  • 充電が必要
  • 固定回線と比べ通信が不安定
  • 通信速度制限が設けられている

デメリットまで把握した上で、本当にお得かつ便利に使えるか、よく考えることが大切です。

充電が必要である

接続する端末と同様に、モバイルルーター自体も充電しなければなりません。機種によってフル充電での利用可能時間は異なり、6~14時間程度と幅があります。

それほど頻繁に使用しないなら、バッテリー容量が少ないものでも問題ありませんが、外出先で使いっぱなしになる場合は大容量バッテリーの機種を選ぶべきです。

充電忘れにも注意が必要です。もしものために、予備のバッテリーを持ち運ぶという手もありますが、端末、ルーターに加えて、さらにバッテリーやケーブルと荷物がどんどん増えてしまうところが難点であるといえます。

固定回線と比べ通信が不安定である

外出先でも利用できるとはいえ、どこでも常に安定して接続できるわけではありません。周辺環境によって電波状況は大きく左右し、固定回線より不安定になりやすい点はデメリットのひとつです。

特に地下や建物の中といった、遮蔽物が多い環境では、通信速度が極端に遅くなったり、接続すらできなかったりすることもあります。

また、通信エリアにも限りがあり、地方部や山間部ではそもそもサービスエリア外で利用できないこともあるため注意が必要です。

通信速度制限が設けられている

モバイルルーターに接続しているからといって、無制限にインターネットを利用できるわけではありません。

スマホやタブレットと同様に、契約するプランによって通信量の上限はあり、それを超えると通信制限がかかるため注意が必要です。

契約プランによる違いはありますが、制限がかかると通信速度は極端に遅くなってしまいます。スマホを低容量プランに下げるなら、モバイルルーターの通信制限も考慮しなければなりません。

短期間で大容量通信を繰り返していると、すぐに通信制限がかかって、かえって使い勝手が悪くなってしまいます。

モバイルルーター選びのポイント

前にも述べたように、ひとくちにモバイルルーターといっても、さまざまな会社が提供しているため、どれがよいか迷ってしまうのではないでしょうか?

ここでは、どこと契約すべきか選ぶときのポイントを次の4つに分けて詳しく紹介します。

  • 提供エリアを確認しておこう
  • 無制限プランが安心である
  • 通信速度は参考程度
  • 端末は最新のものを選ぼう

また、自分に合ったモバイルWiFiを選ぶ方法を知りたい方は、ぜひ以下の記事をお読みくださいね。

提供エリアを確認しておこう

どの業者と契約する場合でも、事前に提供エリアの確認は必須です。業者ごとにサービスを提供しているエリアは違い、エリア対象外だとそもそも利用すらできません。利用してみたい業者を見つけたなら、まずは公式ホームページからエリア検索をしてみてください。

また、よく出かける場所についても、利用可能かどうかをチェックしておきましょう。エリア検索の結果、利用可能の判定が出たならその業者での契約を検討し、利用できないと判定が出たなら、別の業者を探す必要があります。

自宅や勤務先では利用可能でも、頻繁に訪れる場所、特に郊外や山間部では利用できないと不便を感じるため、事前確認は徹底して行うことが大切です。

無制限プランが安心である

モバイルルーターの契約プランは各社で違いますが、基本的には「制限あり」と「無制限のプラン」に分けられています。

月間の通信量が平均して多いなら、多少料金が高くても快適に使いやすい「無制限プラン」がおすすめです。無制限プランでも通信制限はありますが、直近3日で10GB利用した場合に限られています。

つまり、毎日3GBまでなら1カ月連続して使っても通信制限はかかりません。1日で9GB、後の2日は全く使用しないといった変速的な使い方も可能で、大容量通信を行いやすいのが魅力です。制限ありのプランでは、月間3GBか7GBまでであることがほとんどです。

上限を超えた時の制限のかかり方も違い、制限ありのプランだと128kbpe、無制限プランだと制限時でも1Mbps程度で使えます。通信制限がかかりづらいのはもちろん、万が一上限を超えても快適性はそこまで大きく損なわれないため、無制限プランのほうがおすすめです。

通信速度は参考程度

各社のホームページで表示されている通信速度は、あくまで理論値であり参考程度に過ぎません。モバイルルーターの通信速度はベストエフォート型で表示されており、これは最適な環境が整った時に出せる、最高速度を示しています。

実際の接続では理論値を出すのはほぼ不可能であり、必ず表示速度よりも通信速度は落ちます。ただし、理論値には届かないとしても、動画の視聴やオンラインゲームのプレイに支障が出ない程度の速度を出すことは可能です。

詳細な通信速度は接続する端末や周辺環境に依存しますが、適切な環境を保てているなら、極端に遅くなることはありません。各社で違いはあるものの、大体の速度は共通しているため、表示されている最大速度を鵜呑みにし過ぎないようにしましょう。

いつでも高速インターネットを使いたい方は、まずはこちらの記事を参考し、各回線の特徴を理解しましょう!

端末は最新のものを選ぼう

より確実に高品質の通信環境を得たいなら、端末は最新機種を選ぶことが大切です。最高速度は同じだとしても、最新機種のほうがグレードアップしているため、接続の安定性は高いです。

古い機種を利用し続けていると、どれだけ接続端末がハイスペックでも、思うようにスピードが出ない場合も多いため、注意しなければなりません。快適な通信環境を維持するためには、常に最新機種を使い続けることが大切です。

最新機種は旧型に比べて高額ですが、業者次第では最新機種でも安く、あるいは無料で利用できます。どのモデルがよいか迷った時は、もっとも発売時期が新しいものを選ぶのが無難です。

おすすめはWiMAX

モバイルルーターを選ぶなら、ソフトバンクやワイモバイルが提供するポケットWiFiよりも、WiMAXがおすすめです。

WiMAXはポケットWiFi、および携帯キャリアが提供するモバイルルーターとは違った特徴があります。なぜWiMAXがおすすめなのか、ここではその理由を説明していきます。

WiMAXがおすすめな3つの理由

ポケットWiFiやその他携帯キャリアのモバイルルーターより、WiMAXがおすすめな理由は次の3つです

  • 端末無料である
  • 高速な通信速度
  • 速度制限も緩い

端末無料である

モバイルルーターは通常、端末を購入するか、レンタル代を支払わなければなりません。

しかし、WiMAXの場合、端末代は無料で初期費用は各種手数料のみと、低コストで利用できます。機種によって金額は違いますが、2~5万円程度かかることも少なくありません。

携帯キャリアでもキャンペーンによって端末代が実質無料になることもありますが、これは一定期間契約し続けた場合のみ適用されます。実質無料は毎月端末代の分割支払い分を利用料金から割り引いているため、途中解約すると支払いが残っていた分、全額自己負担しなければなりません。

契約するプロバイダによって違いはありますが、WiMAXは端末代無料で利用できることが多いため、コストを抑えたい人におすすめです。

高速な通信速度

最新機種を利用した場合、WiMAXだと最大1.2Gbpsでの通信が可能です。携帯キャリアでは最大600~700Mbps程度であることが多く、最高速度では群を抜いてWiMAXが速いです。

自宅の光回線では1~2Gbps程度が普通のため、場合によっては固定回線よりも速度が出ます。

もちろん、最大速度はあくまで理論値であり、実際に1.2Gbpsで利用できるわけではありません。それでも最大速度が速い分、低下しても通信速度は高く保ちやすいです。

上限値が高いことで他のモバイルルーターよりも通信速度は速くなりやすく、快適に使いやすい点は大きな魅力です。

速度制限も緩い

WiMAXの「ギガ放題プラン」に加入した場合、月間での通信量上限はありません。速度制限は直近3日間で10GB以上通信したときのみ発生し、この制限も翌日18~2時の短時間で終了します。

制限時も1Mbpsは出るため、ネットサーフィン程度なら問題なく利用できます。

速度制限に関する縛りが緩く、かかってもすぐに解消できるのはWiMAXの魅力です。他社でも同様のプランを提供いることはありますが、確実ではありません。

実際にドコモでは無制限プランはなく、月間データ通信量に制限があり、かつ制限時の速度低下が著しいプランのみの提供となっています。

通信制限にかからないよう工夫して使うことも大切ですが、万が一のことを考えるなら、制限が緩いWiMAXがおすすめです。

[auユーザーなら]毎月のスマホ代が割引される

スマホやタブレットを契約しているキャリアのモバイルルーターを利用するなら、セット割引が適用されます。これは携帯キャリアならでのメリットですが、実はWiMAXでもauユーザーに限り、同様の割引が適用可能です。

auユーザーならauスマートバリュー mineの適用が可能で、契約しているプランに応じて割引が受けられます。割引額は契約プランで変動しますが、月額で最大1,000円の割引が、永年受けられるのは大きな魅力です。

その他キャリアを利用しているなら携帯キャリアを利用する手もありますが、auユーザーならWiMAXを使ったほうが、お得かつ便利に利用しやすいです。

iPhone格安SIM通信アンケート

おすすめのWiMAXのプロバイダ3選

WiMAXを提供するプロバイダは数多くありますが、料金プランやキャッシュバック、サポート体制などをチェックし、自分に合ったプロバイダを選びましょう。

カシモWiMAX

出典:カシモWiMAX
  • 業界最安級の月額料金
  • 通信容量無制限で使用可能
  • 最新機種が利用可能
カシモWiMAX
プラン名 ギガ放題プラン ライトプラン
月額料金 1380〜4079円 1380〜3379円
データ容量 無制限 7GB
契約期間 3年 3年
解約金 最大19000円 最大19000円
選べる端末 W06
WX06
HOME L02
HOME 02
W06
WX06
HOME L02
HOME 02
エリア WiMAX 2+ / au 4G LTE WiMAX 2+ / au 4G LTE

カシモWiMAXの特徴は、なんといっても月額料金の安さです。1ヶ月目の月額料金が1,380円~と設定されており、月額料金を少しでも抑えて利用したい方に特におすすめです。

WiMAXはauを展開するKDDIの子会社であるUQコミュニケーションズが提供しているサービスで、カシモWiMAXはそのサービスの販売代理店を担っています。これを「プロバイダ」と呼びます。

販売代理店を通すと月額料金が高くなるイメージがあると思いますが、カシモWiMAXはテレビCMではなくネット上で宣伝を強化しているため、高額な広告費を使っていません。

契約が増えると販売代理店として報酬も増えるため、契約数が多ければ多いほど1,380円という金額を維持しやすく、お得なキャンペーンも実施ができるのです。

WiMAXはどのプロバイダで契約しても品質が変わらないため、月額料金が安くて、通信速度も速いプロバイダを選ばない手はありません。通信は安定しており、「速度が遅い・繋がらない」といった問題はあまり起こらないでしょう。

キャッシュバックキャンペーンはありませんが、月額費用が業界最安級なのでWiMAXの中で最もおすすめのプロバイダです。

【業界最安級】今すぐカシモWiMAXを申し込む!

カシモWiMAXの口コミ・評判

やはりユーザーからは「キャッシュバックがない代わりに月額料金が抑えられている」という点が支持されているようです。

他にも契約年数やポケットWiFiならではの利便性をメリットと考えている方が多いようですね。

【業界最安級】今すぐカシモWiMAXを申し込む!

UQWiMAX

出典:UQ WiMAX

様々な通信事業者がWiMAXを提供していますが、「UQWiMAX」は、WiMAXの本家であるUQコミュニケーションズが提供するサービスです。

ギガ放題の月額料金は1ヶ月目から2ヶ月目が2,726円(税抜)、3ヶ月目から24ヶ月目は3,411円(税抜)、25ヶ月以降は4,011円(税抜)です。また、端末料金が3,800円(税抜)となっています。

UQWiMAXは、サポートオプションの充実度が高く、「モバイルルーターに慣れていない」「サポート面を重要視したい」など、手厚いサポートを希望する人におすすめです。

また、3年縛りが多い中、UQは2年契約が可能なため、短いスパンで変更する可能性がある人にも向いています。

ただしサポートより月々の支払いを重視する場合、本家本元のUQWiMAXより、ユーザー獲得のためにより魅力的な独自のサービスを打ち出している、他プロバイダとの契約の方がお得です。

  月額料金(税抜) キャッシュバック 手数料(税抜)
ギガ放題
  • 1ヶ月~2ヶ月目:2,726円
  • 3ヶ月~24ヶ月:3,411円
  • 25ヶ月以降:4,011円
3,000円(受け取り期間:4ヶ月目) 3,000円
ライトプラン
  • 1ヶ月~24ヶ月:2,726円
  • 25ヶ月以降:3,326円
3,000円(受け取り期間:4ヶ月目) 3,000円

【キャッシュバックあり】UQ WiMAXを契約する

GMOとくとくBB WiMAX

出典:GMOとくとくBB WiMAX

「GMOとくとくBB WiMAX」は、業界の中でも最安値レベルでWiMAXが利用できるプロバイダです。端末代は0円、また最短即日発送が可能です。

ギガ放題プランの場合、月額料金は1ヶ月目から2ヶ月目は3,609円(税抜)、3ヶ月目以降は4,263円(税抜)となっています。

またキャッシュバックは最大34,600円(2020年2月時点)と他のプロバイダに比べ群を抜いて高額な点が魅力といえるでしょう。

ただキャッシュバックの受け取りは12ヶ月目で、受け取りの際は申請が必要です。また、受け取り期間も1ヶ月間と限られているため、受け取りを逃してしまう人も少なくありません。

   月額料金(税抜)  キャッシュバック 手数料(税抜)
ギガ放題プラン
  • 1ヶ月~2ヶ月目:3,609円
  • 3ヶ月目以降:4,263円
最大34,600円(受け取り期間:12ヶ月目 3,000円
7GBプラン

1ヶ月目以降:3,609円

最大31,600円(受け取り期間:12ヶ月目) 3,000円

【当サイト限定価格】GMOとくとくBB WiMAXでキャッシュバックをもらう!

WiMAXでキャッシュバックを利用しよう

よりお得にWiMAXを契約するなら、キャッシュバックを利用することが大切です。キャッシュバックの金額や受け取り条件は、申し込み先や方法によって異なります。少しでもお得にキャッシュバックを受け取るには、どのような点に注目すべきか、知っておくことが大切です。

WiMAXの申し込み方法は1つではない

大前提として知っておきたいのが、WiMAXの申し込み方法は複数あるということです。サービスを提供する大元の会社であるUQコミュニケーションズの公式ホームページはもちろん、プロバイダのサイトからも申し込めます。

また、auショップや家電量販店の窓口からも申し込みは可能で、幅広い方法で契約できます。

プロバイダ公式ホームページから申込もう

少しでもお得にWiMAXを使いたいなら、プロバイダの公式ホームページから申し込むのがおすすめです。他の窓口やホームページからでも構いませんが、もっとも好条件を提示している可能性が高いのは、プロバイダです。

auショップや家電量販店の窓口では、契約はできてもキャッシュバックやその他特典を用意していないことも少なくありません。UQコミュニケーションズの公式ホームページでも同様で、特典があってもそれほど大きくない場合が多いです。

プロバイダは自社での契約を勝ち取るために充実した特典を用意しているため、これを使わない手はありません。また、全く同じ契約内容でも、プロバイダによって特典の有無や内容は異なりますので、できるだけ情報をたくさん集めてから選びしょう。

自分にとってお得なプロバイダを探そう

お得に契約するならプロバイダの公式ホームページからがおすすめですが、プロバイダごとに条件は違うため注意しなければなりません。

プロバイダから申し込んだからといって絶対的にお得になるとは限りません。必ずいくつかの会社を比較してより良い条件のところを見極めましょう。

WiMAXはMVNOのサービスだからこそ、念入りに情報収集をして、プロバイダごとの違いをチェックする必要があります。

例えば下記リンクなら、GMOとくとくBBをプロバイダに選び、WiMAXが契約できます。プロバイダごとにサイトが違うため、自身に合ったものを見つけて、申し込み先を選ぶことが大切です。

【当サイト限定価格】GMOとくとくBB WiMAXでキャッシュバックをもらう!

申し込みから利用までの流れ

プロバイダのキャンペーンサイトから申し込む場合は、次の流れで手続きを進めます。

  1. 提供エリア確認
  2. プロバイダ窓口を選ぶ
  3. 端末・料金プランの選択や必要事項の入力
  4. 端末到着と利用開始

まずは提供エリアを確認して、自宅及び利用を考えている場所が対象となっているかチェックしましょう。対象外なら、別のプロバイダやモバイルルーターを探す必要があります。条件の良いプロバイダを選んだ後は、キャンペーンサイトから申し込みフォームに進み、契約手続きを完了させます。

プロバイダや申し込みのタイミングによって違いはありますが、申し込み後2~3日程度、遅くても1週間以内にはモバイルルーターが届くことが多いです。

端末到着後は本体の電源を入れ、利用開始となります。送られてきた時点で多少充電されていることもありますが、バッテリー残量が少ないことも多いため、充電しながら電源を入れるのがおすすめです。

契約時に必要なもの

WiMAXを契約するには、次のものが必要です。

  • メールアドレス
  • 支払いに必要な情報
  • 本人確認書類(口座振替の場合のみ)

申し込み時にはメールアドレスを入力し、以降そのアドレスに各種案内メールが届きます。迷惑メールのフィルタリングによって、契約関係のメールを見落とさないよう注意が必要です。支払いに必要な情報は、クレジットカードか銀行口座を提示します。

口座振替を希望する場合のみ、別途本人確認書類を提出しなければなりません。クレジットカード払いの場合は、メールアドレスのみで手続きできます。

そのほかWiFiの契約を検討している方は、おすすめのWiFiをまとめた記事をご覧ください。条件別におすすめのWiFiを紹介しています。

キャッシュバックを受け取るための注意点

特典の受け取りで損をしないために、ここではキャッシュバックに関する注意点を3つご紹介します。うっかり失敗したり、損をしないように、あらかじめ知っておいてください。

  • 必ずプロバイダ公式ホームページから申込む
  • キャッシュバックの金額だけで決めない
  • 受け取りの権利を失わないように条件をチェックしておく

必ずプロバイダ公式ホームページから申込む

確実にキャッシュバックを得たいなら、プロバイダの公式ホームページから申し込むことが大切です。プロバイダの公式サイトのなかでも、キャンペーンサイトから直接契約しないと、キャッシュバックの金額や各種条件が変わってしまうことがあります。

公式ではないサイトや店頭申し込みだと、条件が悪かったり、そもそもキャッシュバック自体がなかったりします。また、プロバイダサイトへの誘導をしている、アフィリエイトサイトにも注意が必要です。

キャッシュバックの金額だけで決めない

少しでもお得に契約するなら、より高いキャッシュバック金額を提示するプロバイダを選ぶことが大切です。しかし、金額の多さだけで決めてしまうと、詳細な契約内容の使い勝手が悪く、結局損をすることもあるため注意しなければなりません。

キャッシュバックの金額が高くても、オプションへの加入が必要だったり、その他複雑な条件があったりする場合は、別のプロバイダを探すのが無難です。高額なキャッシュバックが受け取れても、オプション加入によって余計な費用がかかると、金銭的なメリットは薄れます。

また、特定の契約内容しかキャッシュバック適用を認めないというケースもあります。自身に合わないプランで契約するのはもったいないため、金額だけに惑わされず、契約内容の詳細を見た上で決めることが大切です。

受け取りの権利を失わないよう条件をチェック

キャッシュバックはキャンペーンサイトから申し込んでも、すぐに受け取れるわけではありません。プロバイダごとに受け取りのタイミングは異なり、申請期間も違うため注意が必要です。受け取りのタイミングや申請期限を逃してしまうと、権利が消滅してキャッシュバックが0になります。

プロバイダによって申し込み手続きの方法や期間、受け取りの時期は異なるため、細かい条件までチェックしておかなければなりません。

契約からキャッシュバック受け取りまでが長すぎると、受け取り漏れが発生しやすいため、できるだけ短期間でもらえるプロバイダを選びましょう。

一時的に使うだけならばレンタルサービスがおすすめ

モバイルルーターの契約は、大体2~3年程度と長期です。そのため、短期間しか使う予定がないなら、ルータの購入はせず、短期間のレンタルで済ますのもひとつの方法です。

モバイルルーターのレンタル業者は数多くありますが、1日なら300~500円程度で利用できることも少なくありません。

長期でレンタルするなら特別割引が適用されることも多く、30日間で3,000~6,000円程度と安価なものも多いです。モバイルルーターは短期間だけ契約し、すぐに解約すると違約金が発生します。初期費用も存在するため、短く使うならレンタル、長く使うなら購入、と状況に合わせて選びましょう。

ルーターの通信速度を最大限に利用するために

より高品質な通信環境を実現させるために、通信規格に関する基礎知識も身につけておきましょう。ここでは次の2点について解説します。

  • WiFiの通信規格について知っておこう
  • 通信規格は遅い方が優先される

これらを細部まで把握していると、通信環境をスムーズに整えやすくなります。

WiFiの通信規格について知っておこう

モバイルルーターに限らず、多くのWiFiルーターでは、2つのSSIDが記されています。これは通信規格や周波数帯による違いです。

周波数帯は5Ghzと2.4Ghzに分けられ、それぞれ通信規格が異なります。電波の性質も違うため、それぞれの特徴を正しく把握しておくことが大切です。

5Ghzの周波数帯を使うもの

周囲の機器からの電波干渉を受けたくないなら、5Ghz帯がおすすめです。5Ghz帯は電波干渉に強いため、安定性が高く、高速での通信も実現しやすい点が特徴です。

ただし、障害物には弱く、接続可能な距離がそれほど長くないため注意しなければなりません。5Ghz帯での通信規格は、次の3つです。

  • IEEE.802.11ac
  • IEEE.802.11n
  • IEEE.802.a

通信規格はacがもっとも新しく速いため、acの表記があるルーターを選ぶのがおすすめです。

2.4Ghzの周波数帯を使うもの

周囲に障害物が多く、ルーターから少し離れて接続したいなら2.4Ghz帯がおすすめです。ただし、周辺機器からの電波干渉には弱く、電波自体も微弱になりやすいため注意しなければなりません。

5Ghzとは違った性質を持っているため、状況に合わせて接続先を変えることが大切です。2.4Ghzにも通信規格が存在し、次の3つがあります。

  • IEEE.802.11n
  • IEEE.802.11g
  • IEEE.802.11b

nの規格が最新のため、ルーターの表記でnがあるものを探すのが無難です。

通信規格は遅い方が優先される

インターネット接続の速度は、全ての端末の性能や通信規格を総合して決まります。通信規格が古く、最大速度が低い機器があると、それに全体のスピードも合わせられるため注意しなければなりません。

たとえモバイルルーターで最新規格での通信が可能でも、接続する端末がそれに対応していないと、旧式の規格での接続となります。

通信速度が思うように出ない場合は、使用している端末が古い可能性があるためチェックが必要です。全て最新機種にし、最新の通信規格を利用できるようにすることで、速度は格段に改善されます。

モバイルルーターの特徴や利点を知ってお得に契約しよう

ソフトバンクのポケットWiFiをはじめ、各社から提供されているモバイルルーターは、固定回線とは違った魅力があります。

モバイルルーターならではのメリット・デメリットを把握し、どの会社のサービスが良いか慎重に見極めることが大切です。

この記事で細部まで知識を身につけて、本当にお得で、自身に合った条件で契約し、快適なインターネット環境を手に入れましょう。

モバイルルーターは、格安SIMと併用することで、お得に利用できることもあります。

モバイルルーターと格安SIMの併用やおすすめの格安SIMについては、こちらの記事で紹介しているので、是非ご覧ください。

光回線/Wi-Fi お申し込み電話相談を受け付け中!

iPhone格安SIM通信では光回線や、Wi-Fiなどインターネットの利用開始やお切替えを検討中のお客様に電話相談を受け付けております。

ソフトバンクの正規代理店DRMの専門オペレータがお客様のご要望に合わせて、ソフトバンク光やソフトバンクAirをご案内させていただきます。

今すぐ無料相談!
SoftBank 光
SoftBank Air
iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2019年07月16日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!