ポケットWiFiとは?ネットにつながる仕組みやWiMAXとの違い、メリット・デメリットを解説

ポケットWiFiは、外出先にも持ち運び可能なWiFiルーターです。この記事では、ポケットWiFiの特徴やWiMAXとの違いについて解説しています。現在販売中のおすすめ機種もあわせて解説しているので、ポケットWiFiの利用を検討している方は必見です。
【公式】カシモWiMAX ポケットWiFiとは?ネットにつながる仕組みやWiMAXとの違い、メリット・デメリットを解説

自宅だけでなく外出先でもインターネットを利用する場合は、持ち運び可能なポケットWiFiが便利です。

ポケットWiFiの利用を検討している方の中には、WiMAXよりも快適に利用できるのか気になる方も多いのではないでしょうか。

この記事では、その疑問に答えるためにポケットWiFiの特徴やWiMAXとの違いについて解説していきます。

販売中のおすすめ機種もあわせて解説しているので、プロバイダのサービス内容や機種のスペックなどを比較検討してみてください。

※この記事で紹介する速度は、あくまで理論値です。お住まいの地域や接続環境によって変動しますのでご注意ください。

ポケットWiFiとは

ポケットWiFiとは、外出先にも持ち運び可能なWiFiルーターで、モバイルルーターとは同じようなニュアンスとして使用されることが一般的です。

なお、Pocket WiFiはソフトバンクの商標です。

ポケットWiFiがネットにつながる仕組み

ポケットWiFiは、固定回線と異なり無線通信規格のWiFiを利用してインターネットに接続します。利用回線は移動体通信回線で、代表的なのが4G・5G通信です。

スマホの場合、大手通信事業者の基地局とスマホ間で直接電波を送受信します。一方のポケットWiFiは基地局とスマホの間に専用機器を設置するため、電波の送受信は間接的です。

基地局の電波を利用するためには、ドコモやソフトバンクといった大手通信事業者または回線サービスを提供している事業者との契約が必要です。

モバイルルーターとの違い

ポケットWiFiという名称は、モバイルルーターとほとんど同じ意味合いで使用されています。

この記事でもポケットWiFiとモバイルルーターを同じ意味で紹介しますが、どちらも専用端末を介して大手通信事業者の基地局から電波を送受信してインターネットに接続するサービス全般を指しています。

ポケットWiFiとWiMAXとの違い

ポケットWiFiとWiMAXはどちらも無線回線ですが、使用回線に違いがあります。ポケットWiFiの使用回線は、ドコモやソフトバンク、auといった大手通信事業者の4G・5G通信です。

一方のWiMAXはUQコミュニケーションズによる無線通信規格の1つで、WiMAX2+と呼ばれる回線サービスを提供しています。

また、ポケットWiFiを提供しているプロバイダは、大手通信事業者またはMVNO事業者など様々です。WiMAXの場合、本家であるUQWiMAXまたは正規代理店であるプロバイダに限られます。

ポケットWiFiのメリット

これからポケットWiFiの利用を検討する際に、まずはどのようなメリットがあるのか確認しておきましょう。

ここでは、ポケットWiFiのメリットについて解説していきます。

\5G高速WiFiなら!/
【公式】カシモWiMAX

持ち運びができる

WiFiルーターには据え置きタイプと持ち運びタイプの2種類があり、ポケットWiFiは持ち運びタイプです。

据え置きタイプはコンセントがある自宅や契約住所といった利用場所が制限されますが、持ち運びタイプは仕事先や通勤通学時間など幅広いシーンで利用できます

たとえば帰省先にインターネット環境がない場合、ポケットWiFiを持参することでスマホのデータ容量を気にせずインターネットを楽しむことが可能です。

帰省先までの移動中も利用できるため、主要駅や飲食店に設置されたWiFiスポットを探す手間が省けます。

工事無しでインターネットが使える

フレッツ光やドコモ光といった光回線は開通工事が必要ですが、ポケットWiFiは不要です。手元に端末とSIMカードが届けばすぐにでも利用できるため、開通までもスムーズです。

申し込みからインターネットが利用できるまでの期間は、光回線が1ヶ月程度かかる一方でポケットWiFiは1週間程度が目安になります。

引越し先でも開通工事が不要なので、転居手続きさえすればすぐに利用することも可能です。

光回線に比べて月額料金が安い

ポケットWiFiの月額料金はプロバイダごとに異なりますが、光回線に比べると比較的安いです。ポケットWiFiと光回線の月額料金の相場は次の通りです。

ポケットWiFi 4,000円~4,600円程度
光回線 5,500円~6,600円程度

ポケットWiFiには月額1,518円(税込)から利用できるプロバイダもあるため、毎月の通信費を抑えつつインターネット環境を構築できます。

また、光回線のように工事費がかからないため、初期費用が抑えられる点もメリットです。

スマホやiPhoneの最新情報をいち早くお知らせ!
LINE友だち追加

設定が簡単で使いやすい

ポケットWiFiは端末とSIMカードが手元に届いた後、SIMカードを端末に挿入して電源を入れるとすぐに使用できます。

実際にiPhoneでポケットWIFiに接続する手順は次の通りです。

  1. 端末とSIMカードを受け取る
  2. SIMカードを端末に挿入
  3. 端末の電源をオン
  4. iPhoneで「設定」をタップ
  5. 「Wi-Fi」をタップ
  6. SSIDをタップ
  7. パスワードを入力
  8. 設定完了

SSIDとパスワードは、端末本体に記載されているケースがほとんどです。

ポケットWiFiのデメリット

持ち運びに便利で設定も簡単なポケットWiFiですが、光回線に比べて劣る点がいくつかあります。ポケットWiFiを利用する際には、デメリットも踏まえた上で検討するようにしましょう。

\5G高速WiFiなら!/
【公式】カシモWiMAX
iPhone格安SIM通信アンケート

使いすぎると速度制限がかかる

ポケットWiFiは、一定条件に達した場合に速度制限がかかります。速度制限がかかる条件は主に次の2点です。

  • 月間のデータ容量を超えた場合
  • 短期間に一定以上のデータを消費した場合

月間のデータ容量に上限があるプランの場合、データ使用量が上回った場合に速度制限がかかります。また、プランに関わらず短期間に一定以上のデータを消費した場合も、速度制限の対象です。

回線速度が光回線の方が安定している

ポケットWiFiと光回線の通信速度を比較した場合、光回線の方が速く通信が安定しています。光回線は、光ファイバーケーブルを宅内まで引き込んでいるからです。

また、ポケットWiFiは、時間帯によっては通信速度が遅くなるといった混線状態の影響も受けやすいです。

対象エリアが限られている

ポケットWiFiの使用回線は、ドコモやソフトバンク、auといった大手通信事業者の通信回線です。

スマホの対象エリアが通信事業者によって違うように、ポケットWiFiもプロバイダが使用している回線ごとに異なります

ポケットWiFiは持ち運び可能ですが、すべての場所で利用できるわけではありません。そのため、ポケットWiFiを利用する際にはお住まいのエリアに対応していることを確認することが大切です。

各プロバイダの公式サイトでは対象エリアが公表されているので、申し込み前にチェックするようにしましょう。

ポケットWiFiの利用がおすすめな人

次に、ポケットWiFiの利用がどのような人におすすめなのかをまとめていきます。

  • 長時間の動画視聴やオンラインゲームをしない人
  • ビデオチャットや大量のデータ送受信をしない人

長時間の動画視聴やオンラインゲームをしない人

ポケットWiFiは無線回線なので、障害物による電波干渉を受けやすいです。

光回線に比べて無線回線は不安定でタイムラグが発生する可能性があるため、長時間の動画視聴やオンラインゲームには適しないといえます。

動画視聴やオンラインゲームが短時間の場合は、ポケットWiFiでも十分に楽しめます。

\5G高速WiFiなら!/
【公式】カシモWiMAX

ビデオチャットや大量のデータ送受信をしない人

ポケットWiFiは、月間のデータ容量を超えた場合や短期間に大量のデータを消費した場合に通信制限がかかります。

通信制限の規定や解除条件はプロバイダごとに異なりますが、一定期間は通信速度が低下するので快適にインターネットを楽しめなくなります。

ビデオチャットや大量のデータを送受信する場合は通信制限がかかりやすいため、ポケットWiFiは適さないでしょう。

現在発売されているポケットWiFi紹介

次に、現在販売されているポケットWiFiを紹介します。プロバイダの月額料金や通信速度についてもあわせて解説しているので、複数社を比較して最適なポケットWiFiを見つけましょう。

また、こちらの記事ではおすすめポケットWiFiを徹底比較しているので、ぜひご覧ください。

【おすすめ】WiMAX

カシモWiMAX 出典:カシモWiMAX

WiMAXのプロバイダは数多いですが、業界最安級の月額料金を誇るのがカシモWiMAXです。月額1,518円(税込)から利用でき、端末料金や送料も無料なので初期費用が抑えられます

カシモWiMAX ギガ放題
WiMAX 2+
ライトプラン
WiMAX 2+
ギガ放題プラス
WiMAX +5G
5Gプラン
初月(申込月) 1,518円(税込) 1,518円(税込) 0円
1ヶ月目〜 3,971円(税込) 3,289円(税込) 4,500円(税込)
2ヶ月目〜 同上 同上 4,750円(税込)
3年間合計 144,474円(税込) 119,922円(税込) 170,500円(税込)
年間平均 48,158円(税込) 39,974円(税込) 56,833円(税込)
平均月額 3,905円(税込) 3,241円(税込) 4,614円(税込)

※初期費用などを除く月額料金の合計。(端末無料

対応エリアは全国各地におよび、主要都市の人口カバー率は99%以上です。SIMカードと端末の発送は最短で申し込み当日なので、スピーディーにインターネット環境を構築できます。

【業界最安級】カシモWiMAXの料金プランはこちら

Pocket WiFi

ワイモバイルのPocket WiFiは、今や一般的な呼称となったポケットWiFiの元祖です。

基本的な月額料金はデータ容量が7GBの4,065円(税込)ですが、アドバンスオプションに加入すると無制限が4,818円(税込)で利用できます。

月額料金 【上限なし】
4,818円(税込)
【7GB】
4,065円(税込)
最大通信速度 838Mbps
端末料金 803ZT:28,800円(税込)
801HW:10,800円(税込)

最新機種の803ZTは3,000mAhの大容量バッテリーを搭載しているため、最大12時間連続で使用することが可能です。

803ZTと801HWのどちらもMassive MIMOに対応しており、通信速度が遅くなりがちな場所でも快適なインターネット通信が楽しめます

【ワイモバイル】最新キャンペーンはこちら

ドコモのポケットWiFi

大手通信事業者のドコモでもポケットWiFiを取り扱っていますが、他社と異なるのは専用の料金プランがない点です。

ドコモではスマホの料金プランが適用されるため、他社よりも月額料金が高めです。ただし、5Gに対応している端末も存在しており、下り最大通信速度は4.2Gbpsです。

ギガホ プレミア 5Gギガホ プレミア
データ容量 60GB 無制限
基本月額料金 7,205円(税込)
~3GB:5,555円(税込)
7,315円(税込)
~3GB:5,665円(税込)
割引適用時の価格※ 4,818円(税込)
~3GB:3,168円(税込)
4,928円(税込)
~3GB:3,278円(税込)

※みんなドコモ割3回線以上・ドコモ光セット割・dカードお支払割適用時

ギガライト
(定期契約なし)
5Gギガライト
~7GB 4,378円※1(税込)~6,765円(税込) 4,378円※1(税込)~6,765円(税込)
~5GB 3,278円※1(税込)~5,665円(税込) 3,278円※1(税込)~5,665円(税込)
~3GB 2,728円※1(税込)~4,565円(税込) 2,728円※1(税込)~4,565円(税込)
~1GB 2,178円※2(税込)~3,465円(税込) 2,178円※2(税込)~3,465円(税込)

  • ※1:みんなドコモ割3回線以上・ドコモ光セット割・dカードお支払割適用時
  • ※2:みんなドコモ割3回線以上・dカードお支払割適用時

ドコモの詳細はこちら

Wi-Fi STATION SH-52A

Wi-Fi STATION SH-52Aは2020年6月1日に発売された機種で、5G通信時の最大通信速度は4.2Gbpsです。

4GLTE通信時の最大通信速度は1.7Gbpsなので、データが重いコンテンツの利用時でも快適に通信できます。

最大通信速度 5G:4.2Gbps
4G:1.7Gbps
端末料金 68,904円(税込)

Wi-FI STATION SH-05L

2019年11月1日に発売された機種で、4,000mAhの大容量バッテリーで4GLTE通信は連続15時間利用できます。

ドコモが2020年3月から提供をスタートしたPREMIUM 4Gに対応しているため、対応エリア内であれば高速通信が可能です。

モバイルバッテリー機能を搭載しているため、スマホやタブレットが充電切れになった場合でも安心です。

最大通信速度 988Mbps
端末料金 27,720円(税込)
※オンラインショップ価格

\5G高速WiFiなら!/
【公式】カシモWiMAX

ポケットWiFiを契約してネット環境を作ろう

据え置きタイプのホームルーターと異なり、ポケットWiFiは持ち運び可能なので外出先でもインターネット通信が楽しめる点がメリットです。

ポケットWiFiの使用回線はドコモやソフトバンクといった大手通信事業者の4GLTEなので、スマホの電波が届くエリア内であればどこでも利用できます。

プロバイダは数多く用意されているプランや月額料金が異なるため、複数社を比較して検討するとよいです。

また、通信速度は端末によって様々で、最新機種ほど速い傾向にあります。ポケットWiFiに求める点を整理し、快適なインターネット環境を作りましょう。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2019年07月16日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!