Androidおすすめ

ソフトバンク2020年春夏モデル全4機種は5G対応!発売日・価格・スペック比較

3月18日に発表された、ソフトバンク2020年春夏モデル全4機種を完全解説!5G対応新機種の発売日・価格・スペックを比較し、おすすめスマホをご紹介します。ソフトバンクの5Gサービス開始日や、AQUOS・LG・OPPOの新端末を知りたい方必見です。
新型ihone12噂 ソフトバンク2020年春夏モデル全4機種は5G対応!発売日・価格・スペック比較

ソフトバンクの2020年新機種が3月5日に発表されました!

今年はソフトバンク初となる5G対応スマホということで、例年以上に新機種に注目が集まっています。

本記事では、ソフトバンク2020年春夏モデルの発売日・価格・スペックを完全解説します。5Gサービス開始日や5G対応で何が変わるのか知りたい方も必見です。

ソフトバンク2020年春夏モデルの価格・発売日

ソフトバンクの2020年春夏モデルは、全4機種が発売予定です。それぞれの発売日と価格をまとめた表を見てみましょう。

発売日 価格
AQUOS R5G 2020年3月27日 129,600円
ZTE Axon 10 Pro 5G 2020年3月27日 89,280円
LG V60 ThinQ 5G 2020年5月11日 139,680円
OPPO Reno3 5G 2020年7月下旬以降 未定

現時点で発売日が決定しているのは、「AQUOS R5G」と「ZTE Axon 10 Pro 5G」「LG V60 ThinQ 5G」の3機種

価格についても、発売日が決まっている3機種のみ公開されています。AQUOSが約13万円(税込)、ZTEが約9万円(税込)、LG V60 ThinQ 5Gは約14万円(税込)、で購入可能です。

10万円を超えてくるとなかなか手が出しづらい部分もありますが、キャンペーンを使えば数万円安く購入できます

ソフトバンクで安く機種変更するためのキャンペーン情報については、記事後半でご紹介しています。

ソフトバンク2020年春夏モデルの機能・スペック

ソフトバンクの2020年新機種のスペック・性能を比較していきます。新機種に買い替えようか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

AQUOS R5G

出典:SHARP
  • 5G対応のCPU性能+メモリ容量
  • 8K画質で撮影できる4眼カメラ対応
  • 10億色を再現する鮮やかディスプレイ

国内スマホとして根強い人気を誇るAQUOSからは、「AQUOS R5G」が発表されました。

AQUOSには「zeroシリーズ」「Rシリーズ」「senseシリーズ」の3つのシリーズがあり、今回発表されたのは「Rシリーズ」の最新機種という位置づけです。

モデル名に「5G」と入っている通り、5G対応機種として従来機種よりもプロセッサ・メモリ等のスペックが強化されました。

5G対応で変わった点と共に、AQUOS R5Gの特徴であるカメラとディスプレイ性能を見ていきましょう。

【AQUOS R5G】予約・購入はこちら

機種名 AQUOS R5G
価格 129,600円
CPU Snapdragon 865 5G mobile platform
RAM/ROM 12GB/256GB
画面サイズ 約6.5インチ
本体サイズ 約162mm×約75mm×約8.9mm
重さ 約189g
バッテリー 3,730mAh
アウトカメラ 超広角:約4,800万画素
望遠:約1,220万画素
標準:約1,220万画素
ToFカメラ
インカメラ 約1,640万画素
カラー アースブルー
ブラックレイ
オーロラホワイト

8K画質で撮影できる4眼カメラ対応

出典:SHARP

AQUOS R5Gは、レンズが4つのクアッドカメラを搭載しています。

  • 望遠カメラ
  • 超広角カメラ
  • 標準カメラ
  • ToFカメラ

標準カメラに加えて望遠・超広角カメラを搭載することで、カメラを動かさずに遠くの場所やより広い範囲をレンズにおさめることが可能です。

最後のToFカメラは、ポートレートモードに使われるレンズです。ポートレートモードとは、背景をぼかして被写体を目立たせる撮影モードを指します。

それぞれのレンズ性能は1,220万~4,800万画素と高性能なので、誰でも簡単に綺麗な写真が撮れます。

さらに、AQUOS R5Gでは8K画質でのビデオ撮影が可能です。4Kと比較して8Kは画像がきめ細かく、ズームしても粗くなりません

仕事やプレイベートで動画・写真撮影をする機会が多い方には、ぜひ一度体感していただきたいカメラ性能です。

【AQUOS R5G】予約・購入はこちら

10億色を再現する鮮やかディスプレイ

出典:SHARP

AQUOSといえば、SHARPの液晶テレビの技術を活かした高画質ディスプレイが有名です。

AQUOS R5Gは10億色を再現できるため、普通のスマホで見るよりも色が正確に美しく表示されます。

そのためスマホで動画視聴や映画を見る際に、鮮やかなディスプレイで楽しむことができるのです。

【AQUOS R5G】予約・購入はこちら

▼iPhone格安SIM通信ではGalaxy S20 5Gを実機レビューしています。実際の使い勝手を知りたい方はぜひご一読ください!

ZTE Axon 10 Pro 5G

出典:ソフトバンク
  • 5G対応で高速ネットを実現
  • 動画視聴が快適になるディスプレイ+バッテリー
  • AI搭載トリプルカメラ

ZTEは、コスパの高いSIMフリースマホが人気のメーカーです。

「ZTE Axon 10 Pro 5G」ならではの機能はありませんが、その分必要な機能だけを安く購入できる機種になっています。

もちろん、必要最低限といっても5G対応スペックとトリプルカメラを搭載しているため、ミドルレンジの中でも高スペックです。

そこそこの性能のスマホを安く購入したいなら、「ZTE Axon 10 Pro 5G」で決まりでしょう。

【ZTE Axon 10 Pro 5G】予約・購入はこちら

機種名 ZTE Axon 10 Pro 5G
価格 89,280円
CPU Snapdragon 865
RAM/ROM 6GB/128GB
画面サイズ 約6.4インチ
本体サイズ 約73×159×7.9mm
重さ 約176g
バッテリー 4000mAh
アウトカメラ 約4800万画素+約2000万画素+約800万画素
インカメラ 約2000万画素
カラー ブルー

動画視聴が快適になるディスプレイ+バッテリー

出典:ソフトバンク

「ZTE Axon 10 Pro 5G」は、鮮やかな有機ELディスプレイと4,000mAhの大容量バッテリーを搭載しています。

有機ELディスプレイとは、濃淡がはっきりした鮮やかな色合いが特徴のディスプレイです。一般的なスマホに搭載されている液晶ディスプレイよりも高価なため、一部のハイエンドモデルに搭載されています。

屋外でも画面が暗くならないよう発色が調整されており、晴れている日も光が反射しないので画面が見やすいです。

バッテリー容量も4,000mAhと十分なので、動画視聴やSNS閲覧で充電切れを心配する必要もないでしょう。

【ZTE Axon 10 Pro 5G】予約・購入はこちら

AI搭載トリプルカメラ

出典:ソフトバンク

「ZTE Axon 10 Pro 5G」は、アウトカメラに4,800万画素のトリプルカメラ、インカメラに2,000万画素のカメラを搭載しています。

アウトカメラは、標準・広角・望遠の3種類のレンズです。20倍ズームまで対応しているため、離れた場所から撮った写真もぼやけずクッキリ撮影できます。

レンズにはAIが搭載されているため、撮影シーンに合った最適なモードで写真が撮れます。

インカメラは1,000万画素前後が標準なので、ZTE Axon 10 Pro 5Gがいかに高性能なインカメラなのかがわかります。こちらもAIが顔を検出して美肌にしてくれるので、簡単に美肌写真が撮影可能です。

【ZTE Axon 10 Pro 5G】予約・購入はこちら

LG V60 ThinQ 5G

出典:LG
  • 2画面ならではのマルチタスクが可能
  • コントローラーをつけてゲーム機にもなる
  • 5000mAhの大容量バッテリー搭載

「LG V60 ThinQ 5G」は、取り外しできるスクリーンがついた画期的な2画面スマホです。

「LG V60 ThinQ 5G」にはスクリーンがついた専用ケースがあり、ケースをつけると2つの画面を同時に操作できます

2画面スマホは高額なモデルが多い中、税込み約9万円で購入できる安さも大きな魅力です。

【LG V60 ThinQ 5G】予約・購入はこちら

機種名 LG V60 ThinQ 5G
価格 139,680円
(2,910円×48ヵ月)
CPU Snapdragon 865
RAM/ROM 8GB/512GB
画面サイズ 約6.8インチ
本体サイズ 約166×177×15mm
重さ 約353g
バッテリー 5000mAh
アウトカメラ 約6400万画素+約1300万画素+ToF
インカメラ 約1000万画素
カラー クラッシーブルー

2画面ならではのマルチタスクが可能

出典:ドコモ

LG V60 ThinQ 5Gは、2つのアプリを同時に操作できる「マルチアプリ機能」が最大の特徴です。

一部のAndroidスマホを除き、通常のスマホでは2つのアプリを同時に立ち上げることはできません。ですが、LG V60 ThinQ 5Gは左右のディスプレイで別々のアプリを使うことができるのです。

例えば、動画を見ながらTwitterでつぶやいたり、資料を見ながらメール返信したり等、タブレットやPCのような使い方ができます。

もちろんこの他にも様々な使い方があり、組み合わせは無限大です。

【LG V60 ThinQ 5G】予約・購入はこちら

コントローラーをつけてゲーム機にもなる

出典:ドコモ

LG V60 ThinQ 5Gには、専用スクリーンの他に「専用コントローラー」もあります。

コントローラーをセットすると、画像のようにスマホをゲーム機のように使うことができます

ゲーム画面をボタンが邪魔しないため、より広々とした画面でゲームをプレイできます。画面タップでは限界があった操作も、コントローラーを使うことでより本格的な操作が可能です。

【LG V60 ThinQ 5G】予約・購入はこちら

5000mAhの大容量バッテリー搭載

出典:ドコモ

スマホの平均バッテリー容量が3,000~4,000mAhに対し、LG V60 ThinQ 5Gは5000mAhの大容量バッテリーを搭載しています。

5Gサービスが開始されると大量のデータが行き来し、それに伴ってスマホの充電も減りが早くなります。ですが、LG V60 ThinQ 5Gなら電池切れを心配せずにガンガン動画もゲームも楽しめるはずです。

バッテリー容量だけでなく、8GBメモリと128GBのストレージで容量も十分あるため、アプリが落ちる心配もありません。

【LG V60 ThinQ 5G】購入はこちら

▼iPhone格安SIM通信ではLG V60 ThinQ 5Gの実機レビューを行っています。ぜひご一読ください。

OPPO Reno3 5G

出典:OPPO
  • なめらかな動画視聴・画面タッチ
  • 超広角から望遠までクリアに撮れる4眼カメラ
  • 手ブレ補正をダブルで搭載

OPPOのRenoシリーズからも5G対応スマホが発売予定です。

OPPOといえば格安SIMで購入できる高コスパスマホのイメージが強いですが、今回の「OPPO Reno3 5G」はソフトバンクのみの取扱いとなっています。

ソフトバンクといった大手キャリアでOPPOを取り扱うのは初となるので、かなりの人気が予想されます。

今回の「OPPO Reno3 5G」も使いやすい機能・性能が盛り沢山なので、気になる方は発売前にぜひチェックしてみてください。

【OPPO Reno3 5G】予約・購入はこちら

機種名 OPPO Reno3 5G
価格 未定
CPU Snapdragon 765
RAM/ROM 8GB/128GB
画面サイズ 約6.55インチ
本体サイズ 約72×159×7.7mm
重さ 約171g
バッテリー 4025mAh
アウトカメラ 約4800万画素+約1300万画素+約800万画素+約200万画素
インカメラ 約3200万画素
カラー ミスティホワイト

なめらかな動画視聴・画面タッチ

出典:OPPO

5G対応端末になって大きく変化した点は、動画視聴や画面タッチがとてもなめらかになった点です。

一般的なスマホが60Hzに対し、OPPO Reno3 5Gは90Hzです。Hz(ヘルツ)というのは、1秒間に何回画面が書き換わったかを表す単位です。

一般的なスマホが1秒間に60回、OPPO Reno3 5Gは1秒間に90回なので、OPPOの方が画面がなめらかに表示されます。

画面タッチの感度を表す数字においても、一般的なスマホの95Hzと比べて180Hzのため、吸い付くようなタッチコントロールが可能です。

【OPPO Reno3 5G】予約・購入はこちら

超広角から望遠までクリアに撮れる4眼カメラ

出典:OPPO
  • 標準レンズ:4800万画素
  • 望遠レンズ:1300万画素
  • 超広角レンズ:800万画素
  • モノクロレンズ:200万画素

OPPO Reno3 5Gのカメラは、標準・望遠・超広角・モノクロレンズのクアッドカメラです。

画角115°の広範囲が撮れるため、集合写真や広い建物をレンズに収めることができます。望遠レンズでは5倍までズームできるので、遠くの被写体もボヤけず綺麗に撮影可能です。

さらに「マクロモード」という細かな物を撮る撮影モードもあります。羽の繊維や絵の具の交わり等、芸術的な写真撮影が可能です。

【OPPO Reno3 5G】予約・購入はこちら

手ブレ補正をダブルで搭載

出典:OPPO

カメラの画素数が高いだけでなく、写真をブレなく撮るための手ブレ性能も優れています。

標準レンズの「ハイブリッド手ブレ補正」に加え、超広角レンズの「手ブレ補正」がつき、ダブルで手ブレを抑える仕組みです。

この手ブレ補正は、写真撮影はもちろん動画等の動く被写体でも活躍します。スケボー等の動きが激しいアウトドアスポーツでも、手ブレを補正して定点カメラで撮っているかのような安定感が出ます。

【OPPO Reno3 5G】予約・購入はこちら

ソフトバンク2019年秋冬モデルの機能・スペック

ソフトバンクの2019年秋冬モデルとして発売されたモデルをご紹介します。

「最新モデルじゃなくてもいいから安く買いたい」という方は、ぜひこちらのスマホもチェックしてみてください。

Google Pixel 4/4 XL

10月24日から発売が開始されるGoogle Pixel 4。現在、国内ではソフトバンクのみの発売となりそうです。

Pixel 4の価格はストレージ容量64GB版が89,980円、128GBが103,950円。Pixel 4 XLは64GB版が116,600円、128GBが128,700円となっています。

Pixel 4/4 XLの具体的なスペックをそれぞれ確認していきましょう。

機種名 Google Pixel 4
価格 64GB:89,980円
128GB:103,950円
本体サイズ 147.1mm×68.8mm×8.2mm
画面サイズ 約5.7インチ
重さ 約162g
CPU Qualcomm Snapdragon 855
バッテリー 2,800mAh
アウトカメラ 広角:約1,220万画素
望遠:約1,600万画素
インカメラ 約800万画素

機種名 Google Pixel 4XL
価格 64GB:114,240円
128GB:126,720円
本体サイズ 160.4mm×75.1mm×8.2mm
画面サイズ 約6.3インチ
重さ 約193g
CPU Qualcomm Snapdragon 855
バッテリー 3,700mAh
アウトカメラ 広角:約1,220万画素
望遠:約1,600万画素
インカメラ 約800万画素

星空まで撮影可能!?驚異的なカメラ性能

Pixel 3に搭載されていた「Night Sight」(夜間モード)が大幅に進化。

1,600万画素の望遠レンズも相まって、晴れていれば綺麗な星空さえ撮影できる超ハイスペックカメラ性能を手に入れました。

他社の機種のトレンドであり、直近ではiPhone 11 Proに搭載された「超広角レンズ」は搭載されていませんが、暗所での撮影におけるディティールを正確に再現できる、唯一無二のカメラとなっています。

Google Pixel 4/4 XLを手に入れる

手を触れずにスマホを操作!「Motion Sense」が凄すぎる

まずは上のTwitterの動画をご覧ください。スマホを触らずに操作できる「Motion Sense」機能の具体的なイメージがお分かりいただけたかと思います。

スマホにSoliレーダーを搭載し、手の動きを認識。液晶に触れずともスマホを操作できる機能となっています。料理で手が濡れている時にスマホを操作したい時などに重宝することでしょう。

しかし、日本の電波法の関係上、使用できるのは残念ながら来春以降になります。レーダーそのものが法律に抵触してしまうとのこと。

Pixel 4とPixel 4XLの違いとは?

Pixel 4とPixel 4XLの違いは以下の3点になります。

Pixel 4 Pixel 4XL
価格 64GB:89,980円
128GB:103,950円
64GB:114,240円
128GB:126,720円
サイズ 147.1mm×68.8mm×8.2mm 160.4mm×75.1mm×8.2mm
重さ 162g 193g
ディスプレイ 約5.7インチ 約6.3インチ
バッテリー 2,800mAh 3,700mAh

簡単にまとめると、Pixel 4XLはPixel 4よりも高く・大きく・バッテリー持ちがよいということになります。

処理速度などの性能は変わらないため、ディスプレイの大きさなどの好みで選んでしまっても問題ないでしょう。

Google Pixel 4/4 XLを手に入れる

LG G8X ThinQ

LG G8X ThinQは付属するディスプレイ付きのケースを装着するデュアルスクリーンスマホに変化する異色のスマートフォンとなっています。

auで独占発売されるGalaxy Foldに代表されるようなフォアダブルスマホ(折りたたみスマホ)など、スマホのマルチディスプレイ化が進んでいる中でのこの端末。

Google Pixel 4同様、LG G8X ThinQも3大キャリアの中ではソフトバンクのみの発売となっています。では、具体的なスペックを確認していきましょう。

機種名 LG G8X ThinQ
価格
本体サイズ 164mm×166mm×15.0mm
画面サイズ 約5.7インチ
重さ 約331g(約192g)
CPU Snapdragon 855 Plus
RAM/ROM RAM6GB/ROM64GB
バッテリー 4,000mAh
アウトカメラ デュアルカメラ
標準:約1,200万画素
超広角:約1,300万画素
インカメラ 3,200万画素

「LGデュアルスクリーン」で2画面に!

先述した通り、LG G8X ThinQの一番の特徴は専用ケースと接続することでデュアルスクリーンスマホに変化することです。

Youtubeを見ながらネットサーフィンを行ったり、撮影した写真を確認しながらカメラを調整することができるなど、使い方は自由自在。

Xperia Aceなど、画面を2分割してマルチタスクを行えるスマホは今までも発売されていましたが、ケースと接続してマルチディスプレイ化するスマートフォンは革新的です。

驚きのカメラ性能

アウトカメラは1,200万画素の標準レンズと画角136°を誇る1,300万画素の超広角レンズを搭載。デュアルカメラが背面に配置されています。

そして、スペック表に目を通した方は既に気付いていらっしゃるかもしれませんが、インカメラの画素数はなんと驚きの3,600万画素

ポートレートモードにも対応しているので、最高品質の自撮りを楽しむことができるでしょう。

LG G8X ThinQを手に入れる

Xperia 5

iPhone 11 Proよりも一足早くトリプルカメラを搭載していたXperia 1の後継機、「Xperia 5」。性能はそのままで、サイズが小型化しました。

価格は11万6,160円audocomoと比較すると若干お高め。後ほどご紹介する「トクするサポート」の使用が前提となっているお値段となっているようです。

主な違いは背面のデザイン。Xperia 1では背面中央に配置されていたトリプルカメラが、小型化に伴い左側へ寄せられました。また、カラーについてもブルーとレッドが追加。全体的に落ち着いた色合いとなっています。

Xperia 1と比較するとバッテリー容量が若干小さくなったものの、それでも3,140mAhと普段使いには十分。発売日は10月25日からとなっています。

それでは、具体的なスペックを確認していきましょう。

機種名 Xperia 5
本体サイズ 約158mm×約68×約8.2mm
画面サイズ 約6.1インチ
重さ 約164g
CPU Qualcomm Snapdragon 855
RAM/ROM RAM6GB/ROM128GB
バッテリー 約3,140mAh
アウトカメラ トリプルカメラ
広角:約1,220万画素
超広角:約1,220万画素
望遠:約1,220万画素
インカメラ 約800万画素

全レンズ約1,220万画素!最高クラスのトリプルカメラ



前機種のXperia 1同様、Xperia 5にはトリプルカメラが搭載されています。トリプルカメラ自体は目新しいものではなくなってきましたが、驚くべきはレンズ1つ1つの画素数です。

レンズが3つもあると1つは800万画素程度のものが含まれますが、Xperia 5は全レンズが約1,220万画素。3つのレンズ全てに業界最高クラスのレンズを採用しているのです。

最上級のプロセッサ搭載!どんなアプリも快適に

Xperia 5には、最上級のSnapdragon 855というプロセッサを搭載しています。

そのため普段使いのアプリはもちろん、高グラフィックな3Dゲームも高画質な動画も、スムーズにプレイできます。

iPhone格安SIM通信ではXperia 5の実機レビューを行いました! 実際にXperia 5のカメラで撮影した写真や詳しい機能を説明しています。ぜひご一読ください。

Xperia 5を手に入れる

AQUOS sense3 plus

AQUOS sense シリーズは、平均以上のスペックで価格を抑えた「良コストパフォーマンス」の代表モデルです。

キャリア・格安SIMともに人気が高く、AQUOS sense 3シリーズを待ち望んでいた方も多いのではないでしょうか。

AQUOS sense 3のコンセプトは、「1週間の電池持ちと、必要十分な使いやすさ」。発売日は2019年12月20日から。詳しいスペックを見ていきましょう。

機種名 AQUOS Sense 3 plus
本体サイズ 約160mm×約75×約8.7mm
画面サイズ 約6.0インチ
重さ 約175g
CPU Qualcomm Snapdragon 630
RAM/ROM RAM6GB/ROM64GB・128GB
バッテリー 約4,000mAh
アウトカメラ デュアルカメラ
標準:約1,220万画素
広角:約1,310万画素
インカメラ 約800万画素

必要十分な使いやすさ

オーバースペックぎみのスマホが増えている一方で、「ほどほど」のスペックをもつスマホの人気も高まっています。

AQUOS sense 3は、そんなコスパスマホの1つとして注目されている端末です。防水・防塵という壊れにくさに加え、顔認証・指紋認証、おサイフケータイに対応しています。

さらに1日1時間ほどの使用であれば、最大1週間という電池持ちを実現。ついついスマホの充電を忘れてしまう方でも、安心して使えるバッテリー容量です。

最新スマホと比較すると決して高性能とはいえませんが、機能を抑えてわかりやすく使いたい方におすすめです。

まるでその場にいるような迫力の高音質

搭載スペックこそ標準的なAQUOS sense 3 plusですが、スピーカーには気合が入っています。

スピーカーには、最新音響技術である「Dolby Atmos」(ドルビーアトモス)方式を採用。ホームシアターのような立体的な音を再現し、まるでその場にいるかのような迫力音質を体験できます。

オーディオステレオ顔負けの音質で、音楽のある生活が楽しめるはずです。

AQUOS sense3 plusを手に入れる

AQUOS zero 2

AQUOS zeroは、2018年の冬モデルとして発売されたシャープのハイエンドモデルです。

約143gという軽量モデルですが、有機ELディスプレイに流れる美しい映像を見れば「ただの小型機」とは言えなくなるはず。

発売日は2020年1月下旬以降からとなっています。

1年越しのバージョンアップになりますが、スペック面はどのように進化しているのでしょうか。早速見ていきましょう。

機種名 AQUOS zero 2
本体サイズ 約158mm×約74×約8.8mm
画面サイズ 約6.4インチ
重さ 約143g
CPU Qualcomm Snapdragon 855
RAM/ROM RAM8GB/ROM256GB
バッテリー 約3,130mAh
アウトカメラ デュアルカメラ
標準:約1,220万画素
広角:約2,010万画素
インカメラ 約800万画素

ゲームをするならAQUOS zero2

前機種のAQUOS zeroは、圧倒的な処理能力で「ゲーミングスマホ」として話題になりました。

最新のAQUOS zero2は、AQUOS zeroの4倍速のディスプレイを採用。動きの激しいゲームでも映像がブレず、スムーズに映像を楽しめます。

特に音ゲーム等はタイムラグが命取りになるので、反応速度が速いに越したことはありません。前機種に比べ、さらにゲームに特化した端末となっています。

10億色の有機ELディスプレイ

シャープ製のスマホといえば、テレビ販売で培った色鮮やかなディスプレイが強み。

もちろんAQUOS zero2にも、シャープのディスプレイ技術が遺憾なく発揮されています。AQUOS zero2では、なんと10億色を表現できる有機ELディスプレイを採用。

10億色で細かな色のニュアンスを表してくれます。例えばネットで買い物をする際、「思っていた色と違った」なんてミスもなくなります。

AQUOS zero2を手に入れる

キッズフォン2

子どもが安全に利用できるよう様々な機能が搭載されたキッズフォン2。防水や耐久性もばっちりなので、お子さまに持たせるためのケータイにうってつけです。

発売は2020年1月17日からとなっています。

機種名 キッズフォン2
本体サイズ 54.6mm×107.5mm×13.8mm
画面サイズ 約3.1インチ
重さ 約112.4g

キッズフォン2を手に入れる

【2020年】ソフトバンク最新キャンペーン

ソフトバンクでの機種変更・乗り換えで使える最新キャンペーンをまとめました。

Webトクキャンペーン

Webトクキャンペーン 出典:ソフトバンク

2020年4月21日からソフトバンクは「Webトクキャンペーン」を実施しています。

このキャンペーンは、期間中に他社からののりかえ(MNP)または、新規契約・機種変更と同時に、2つの方法どちらかで申し込みをした方の契約事務手数料が無料になるというものです。対象となる契約方法は、「ソフトバンクオンラインショップで申し込み、自宅受け取りをする」、「ソフトバンク電話店で契約をする」の2つです。

新規契約・機種変更の場合は、契約事務手数料だけでなく、機種変更手数料、契約変更手数料も無料となります。

3,000円かかる事務手数料が0円になるお得なキャンペーンを、ぜひお見逃しなく!

Webトクキャンペーン

  • 開催期間:2020年4月21日(火)~
  • 適用条件:他社からの乗り換えで対象端末をソフトバンクオンラインショップで購入し、対象端末購入時に「自宅受け取り」を選択
    ソフトバンク電話店でのお申し込み
    上記2つで取り扱っている端末を購入すること

のりかえ(MNP)や新規契約・機種変更をお考えの方はぜひ検討してみてくださいね。

【ソフトバンク】最新キャンペーンはこちら

【オンライン限定】web割

出典:web割

ソフトバンクオンラインショップで、2020年3月12日(木)から、対象端末に他社から乗り換えると最大21,600円割引になる「web割」を開催中です!

対象端末は、新型iPhone 11シリーズや先日ソフトバンクから発表された最新5Gスマホ「AQUOS R5G」「ZTE Axon 10 Pro 5G」も対象です。

最新端末への乗り換えを検討している方は、ソフトバンクで開催されている「web割」を使わない手はありません!

【オンライン限定】web割

  • 開催期間:2020年3月12日(木)~在庫が無くなり次第終了
  • 適用条件:他社からの乗り換えで対象端末をソフトバンクオンラインショップで購入
    他社からののりかえ(MNP)で「基本プラン(音声)」および「データプランメリハリ」に加入
    対象端末購入時に「自宅受け取り」を選択

ソフトバンクの「web割」の対象端末の割引額は以下の通りです。

対象端末 割引額(税込み) 適用条件
iPhone 11 Pro Max 21,600円 ・他社からののりかえ(MNP)で「基本プラン(音声)」および「データプランメリハリ」に加入
・対象端末購入時に「自宅受け取り」を選択
iPhone 11 Pro
iPhone 11
iPhone XS
iPhone 8
iPhone 7
Google Pixel 4
Google Pixel 3a
ZTE Axon 10 Pro 5G
AQUOS R5G
AQUOS R3
AQUOS sense3 plus
AQUOS zero2
AQUOS zero
AQUOS R2 compact
Xperia 5
LG G8X ThinQ
arrows U

ソフトバンクのweb割は、対象端末であれば一律21,600円割引されるというお得なキャンペーンです。人気の新型iPhone11シリーズや5G対応スマホがお得に購入できるのは嬉しいですね。

他社からの乗り換え・オンラインショップまたは電話での申し込み・スマホの受け取り先を自宅に指定するなど、適用条件が複雑なので申し込み時には必ず確認をしてください。

オンラインショップは、ソフトバンクの店舗に行く必要がなく24時間申し込み可能な上、事務手数料も頭金も0円です。

普段ショップに行く時間がない人はもちろん、これまでオンラインショップの利用をしたことがない人は、是非この機会に利用してみてはいかがでしょうか。

【ソフトバンク】最新キャンペーンはこちら

トクするサポート+

出典:ソフトバンク

「トクするサポート」が名称を変更し、新たに「トクするサポート+」というキャンペーンが登場しました。

対象機種を48分割で購入した後25ヶ月目以降に機種変更すると、端末の残債が不要になるキャンペーンです。

48分割の内24回分の支払いがなくなるということは、つまり端末を実質半額で購入できるのです。

出典:ソフトバンク

例えば96,000円のスマホを購入した場合、最大48,000円が無料になるというお得なキャンペーンになっています。

25ヶ月目以降に機種変更を希望しない場合は、端末をソフトバンクに回収してもらってPayPayボーナスをもらうこともできます。

トクするサポート+は、2020年3月27日以降に発売された機種が対象です。2020年3月26日以前に発売された端末は「トクするサポート」の対象となるため、注意してください。

【ソフトバンク】最新キャンペーンはこちら

下取りプログラム

出典:ソフトバンク

ソフトバンクの「下取りプログラム」は、使っているスマホを下取りに出すとPayPayボーナスがもらえるキャンペーンです。

ソフトバンク契約中の場合は「下取りプログラム(機種変更)」、乗り換えの場合は「下取りプログラム(のりかえ)」という名前になっています。機種変更と乗り換えでは、下取り金額が若干違うのでよく確認しましょう。

    【キャンペーンの適用条件】
  • 下取りの査定を受ける
  • ソフトバンクが指定する端末に機種変更をする
  • 製造番号(IMEI)が確認できており、メーカー保証外の端末ではない
  • 機種変更前の端末が正常に動作し、初期化・各種ロックの解除が完了している

破損の基準は、ガラスや筐体の破損、液晶表示の異常やタッチパネルの動作不良、筐体の変形が対象です。

電源が入らなかったり、初期化されていなかったりすると、下取りの対象外になってしまいます。破損で下取り価格は1/3になってしまうので、機種変更まで大事にスマホを使ってください。

【ソフトバンク】最新キャンペーンはこちら

半年おトク割

【半年おトク割の適用条件】

  • 新規契約・のりかえ(MNP)・機種変更・契約変更いずれかの手続きをする
  • 基本プラン(音声)または基本プラン(データ)のいずれかに加入する
  • 「データプランメリハリ」または「データプランミニフィット」のいずれかに加入する
  • 現在「半年おトク割」または「1年おトク割」を適用中ではない

ソフトバンクは、2020年3月12日(木)から新料金プランをスタートしました。

新料金プランは、動画SNSサービスが使い放題になる「メリハリプラン」と、使ったデータ容量によって基本料金が確定する「ミニフィットプラン」の2つです。

その新料金プランのサービス提供開始と同時に発表されたのが「半年おトク割」です。

半年おトク割は「メリハリプラン」または「ミニフィットプラン」を申し込んだユーザーを対象に、新規契約・機種変更などの条件を満たすと毎月1,000円×最大6か月間割引されるサービスです。

適用条件を満たすだけで半年間6,000円割引されるのでかなりお得なキャンペーンです。半年おトク割の割引が適用される利用料金は以下の表の通りです。

半年おトク割で割引対象となる利用料金
基本料 基本プラン(音声)
基本プラン(データ)
通話料/通信料 音声通話料
TVコール通信料
SMS送信料
パケット通信料
S!メール(MMS)送信・読み出し料
ウェブ通信料
アクセスインターネット通信料など
定額料 データプランメリハリ
データプランミニフィット
月額使用料 ウェブ使用料
S!電話帳バックアップ
留守番電話プラス
割込通話
通話料明細
ナンバーブロック
グループ通話
スマートフォン基本パック
あんしん保証パックなど
手数料 電話番号変更手数料
USIM再発行手数料など

半年おトク割は「新規契約(MNP含む)・機種変更・契約変更」が適用条件です。

ここで一番注意したいのが、ソフトバンクショップを利用すると頭金や事務手数料が発生してしまうということです。

せっかく半年間6,000円割引きになるので、頭金も事務手数料も0円で契約できるソフトバンクオンラインショップがおすすめです。ぜひ、この機会に利用してみてください。

【ソフトバンク】最新キャンペーンはこちら

1年おトク割

1年おトク割は、対象の料金プランに加入すると1年間1,000円/月割引が続くキャンペーンです。

後述する「おうち割光セット」と併用することも可能なので、毎月2,000円割引を受けることも可能になります。さらに、家族がソフトバンクであれば「みんな家族割+」がつくので、最大4,000円も安くなるんです!

例えば「データプラン50GB+」に加入すると、月々7,480円のところが3,480円になります。

  • 基本プラン(音声)/基本プラン(データ):980円
  • データプラン50GB+:6,500円
  • 1年おトク割(1年間):-1,000円
  • おうち割光セット:-1,000円
  • みんな家族割+(※):-2,000円
  • 合計:3,480円(1年間)

※4人以上利用の場合

【ソフトバンク】最新キャンペーンはこちら

おうち割光セット

出典:ソフトバンク

おうち割光セットは、インターネット回線とソフトバンクスマホを一緒に契約すると割引が受けられるサービスです。

対象のネット回線と対象の料金プランを契約すると、永年毎月500円~1,000円が割引されます。インターネット回線は、「ソフトバンク光」か「ソフトバンクエアー」等が対象です。

自宅のネット回線と携帯をセットにするだけで割引が継続するので、ソフトバンクユーザーはとってもお得です。ぜひこの機会にお家のインターネットをソフトバンクにかえてみましょう!

【ソフトバンク】最新キャンペーンはこちら

ソフトバンクで機種変更するときの注意点

手軽にできるソフトバンクの機種変更でも、注意しておかないと損をしてしまう点が3つあります。

  • データのバックアップ
  • 契約しているプランの見直し
  • 最新のキャンペーンのチェック

なぜこれらが必要なのかを一つずつ見ていきましょう。

データのバックアップを取っておく

なにもしていないと機種変更をした新しい端末には、電話帳や本体に保存している写真などは移行されません。店頭ならデータ移行はしてくれますが、万が一のことを考え、バックアップを取っておくようにしましょう。

iPhoneを使っているのなら、iTunesのバックアップ機能を使いパソコンにデータを保存するか、iCloudを使いネット上のストレージにバックアップを残します。残すデータは取捨選択できるから、機種変更を機に整理してしまうのも良いです。

iPhone以外のスマホを使っている人向けには、「あんしんバックアップ」アプリが用意されています。電話帳をメインに機種やOSごとにさまざまなデータを、ソフトバンクが管理するクラウドのサーバに保存できます。機種変更をしたらこのアプリを使い、保存したデータを戻しましょう。

料金プランや加入しているサービスの見直し

折角機種変更をするのだから、毎月使っているデータ量をチェックして、料金プランを見直してみましょう。テータ量が少ない場合は、使った分だけ支払う「ミニモンスター」のプランにしたら、50GBまで使える「ウルトラギガモンスター+」より、1年目で最大1500円/月の差が付きます。

さらにもう利用していないサービスも、解約を忘れている場合があるので、必要なサービスだけ残すようにしたら、月額で数千円得するかもしれません。特に契約の頭金がやすくなるからと契約したサービスは、残っている可能性が高いので注意してください。

機種変更前に最新キャンペーンを確認

キャンペーン内容は随時更新されます。実際に機種変更をする時には終わっていたり、新しいキャンペーンが始まっていたりするかもしれません。

ソフトバンクで機種変更をする直前に、公式HPのキャンペーン一覧を確認してください。料金割引キャンペーンとプレゼントキャンペーンの2種類があるので、適用可能なものは全て利用しましょう!

ソフトバンクの機種変更方法については以下記事で詳しく説明しています!

ソフトバンクで新機種を手に入れる

(Image:Softbank / Google)

【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2020年06月10日

sato ― ライター
sato ― ライター

格安SIMでスマホ代を節約中。大学時代は軽音サークルでベースを担当。カフェラテの摂取量に定評のあるカフェイン中毒。