中古スマホ×格安SIMの使い方!中古スマホをおすすめする理由

中古スマホと格安SIMを組み合わせた使い方をご紹介します。中古スマホをおすすめする理由や、中古スマホの購入方法・注意点、端末のSIMロック解除方法を解説。中古で格安スマホを購入したい方や、安く中古iPhoneを手に入れたい方、赤ロムの見分け方を知りたい方も必見です。
BIGLOBEmobile20190724_desc 中古スマホ×格安SIMの使い方!中古スマホをおすすめする理由

携帯代を安くしたいと思う人は多いと思いますが、そんな方の多くが格安SIMへの乗り換えを考えていると思います。

そして、SIMを安くするなら端末代も安くしたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

キャリアで買うことが多いスマホ端末ですが、中古なら安く買えますし、格安SIMとの相性もいいです。

本記事では、中古スマホのメリットと購入する際に気をつけたいポイントを紹介していきます。これから中古スマホを購入する予定の方はぜひ参考にしてください。

楽天モバイル

中古スマホとは?

中古スマホとは、名前から想像できると通り他の人がお店に売ったスマホのことです。

ここまでは誰でもイメージできると思いますが、中古スマホには大きく分けて「中古品」と「新古品」というものがあります。

中古品は、誰かが実際に使っていたスマホがなんらかの理由でお店に売られたものです。

使われていたスマホであるため、綺麗なものからボロボロなものまで状態は様々です。状態によって値段も変わるので、いくらで買えるかはピンキリとなっています。

使用済みの「中古品」に対して、「新古品」は誰かが購入したものの未使用の商品です。新品と変わらないため中古品よりは高いですが、新品を買うよりは安くなります。

端末の不具合や見た目の綺麗さを気にする必要はないので、安く買いたいけど端末の状態が気になる方におすすめです。

新古品が出回る理由としては、乗り換えを繰りかえしてキャッシュバックやスマホ転売で儲けている人たちによるものです。

現在はキャッシュバックなどの規制があるので、以前よりも市場に出回る数は減っています。それでは、中古スマホがどこで買えるか見ていきましょう。

店舗で購入する

中古スマホはリユース事業やリサイクル事業を行っている店舗で販売されています。

スマホ専門の店もあれば、幅広い商品を扱っている店で売られていることもあります。専門で扱っている店の方が、より専門的な目でスマホ端末を査定してくれます。

店舗の大きなメリットは、実際に製品を手に取って確認してから購入できる点です。

Webサイトで購入する

店舗だけでなくWebサイトでも中古スマホは購入できます。ネット環境があればどこでも簡単にスマホを購入できるのです。

スマホを売っているサイトにもECと仲介サイトの2種類あります。

ECは、サイトを運営している企業が中古スマホの在庫を持ち販売しているサイトです。

店舗で中古スマホを売っている業者が、販路を広げるためにWebサイトで販売しているケースも多いです。そのため、店舗との販売状況とリアルタイムに連携しています。

仲介サイトは、中古スマホを売りたい人と買いたい人を繋げるサイトです。

実際にスマホを管理しているのはサイトの運営者ではなく、出品している法人や個人になります。

中古スマホのメリット

中古スマホのメリットを紹介していきます。

格安SIMと組み合わせることでよりお得に

格安SIM事業者の中にはSIMと端末をセットで販売する業者も増えてきましたが、SIMしか取り扱っていない業者では、自分で端末を用意しなければなりません。

携帯代を安くしようと格安SIMを選んだのに、新品のスマホを買っては高くつきます。そんなときに、中古スマホなら安く端末が用意できるのでおすすめです。

格安SIMの選び方については、こちらで詳しくご紹介しています。

修理するよりも安価で購入できる可能性も

スマホユーザーなら誰もが持っている故障のリスク。

落として画面が割れたぐらいであればいいですが、動かなくなったとあれば修理しなければなりません。

補償オプションに入っていれば数千円で済む修理も、補償オプションなしでは数万円とかかるのが一般的です。

新しいスマホに買い替えるにも残債が残っているので、修理に出したり機種変更をするよりも中古スマホを購入した方が費用を抑えられます。

最新機種でも安価に購入できる

販売されたばかりで高価なスマホも、中古スマホなら安く手に入るかもしれません。

特に発売されたばかりのスマホは新古品である可能性が高いため、いい状態で売られています。箱や付属品がないというだけでも安くなるので、気にならない人にはおすすめです。

最新機種が欲しいという方は、正規の店舗に在庫を見に行く前に中古品が売られていないか確認してみましょう。

iPhone格安SIM通信アンケート

2代目のスマホとして気軽に使える

今やスマホは機能が充実していて、必ずしも電話として使う必要はありません。

車に置いておけばカーナビとして、部屋にミュージックプレーヤーとして置いておくのもいいでしょう。

ゲーム専用に使ったり、盗難されてもいいように海外旅行専用のスマホを用意しておくのも手です。中古でサブのスマホを持っておけば、スマホの可能性はぐっと広がります。

中古スマホを買う時の注意点

経済的なメリットの大きい中古スマホですが、気をつけなければならない点もいくつかあります。

購入する際には事前に確認しておきましょう。

SIMロックがかかっていると使えない場合も

キャリアで購入したスマホには、他社の回線が使えないようにする「SIMロック」というものがかけられています。

キャリアに個別に申し込みをすれば解除でき、手順は難しくないのですがよほど関心が高くないと行いません。

ショップでやってもらうと3000円の手数料がとられるので、格安SIMなどを使うといった理由がないかぎり行わないのが一般的です。

そのため、中古スマホとして売られているスマホはそのほとんどがSIMロックがかかった状態で売られているのです。

そして、SIMロックがさらに厄介なのがSIMロックを解除できるのは契約者本人でなければいけないことです。

もし中古スマホを買ってSIMロックがかかっていたら自分では解除できません。先に格安SIMを買っていて、SIMロックで使えない場合は買い損になってしまいます。

見た目ではSIMロックがかかっているか判断できないので、端末を購入する前にスタッフの方に動作確認をしてもらいましょう。

SIMロックは、中古スマホでも解除できるように総務省が義務化への動きを進めています。

中古スマホでもSIMロック解除できるようにして、携帯会社間の競争を促し、利用者の負担軽減につなげるのが目的です。2019年7月には回線を自由に選択できる見通しです。

保証がきかない場合もある

スマホが故障した場合メーカー保証期間であれば安く修理してもらうこともできますが、中古スマホの場合、既に保証期間が過ぎてしまっているケースが多いです。

メーカーによっては保証期間内であっても、端末を契約した本人しか修理受付してくれない場合もあります。

一切の保証がきかない場合には実費の修理で、数万円かかるのも珍しくありません。

コスト重視で中古スマホを選んだのに、修理代に数万円かかったりすぐに新しく買いなおしていては元も子もありませんね。

そんな時に救いになるのが、店舗の保証サービスです。

中古スマホを取り扱うお店では独自に保証サービスを提供している場合もあります。購入してから一定期間内であれば、故障が認められた際に交換・返金に応じてくれるというものです。

新品の端末であれば故障する確率は低いかもしれませんが、中古スマホとなれば保証サービスを利用しておいて損はないでしょう。

お店によってもサービスの内容も違うため、いくつかの店舗の保証サービスを見比べて買うのもおすすめです。

電池持ちが悪く不具合が起きる可能性も

故障というほどではないですが、バッテリーの持ちが悪くなるのは中古スマホであれば避けられません。

スマホを買ったはいいものの、フルに充電しても1日と持たなければ不便ですね。

バッテリーの交換はできますが、安さに惹かれて中古スマホを買ったのにバッテリーを交換していては意味がありません。

バッテリーの持ちは手に持って確認しただけではわかりづらいですが、ある程度覚悟はしておきましょう。

付属品が欠品しているケースもある

中古スマホでは付属品が全て揃っていないのは一般的です。

付属品が減ればそれだけ安くなるのですが、場合にはよっては一部の機能が使えない場合もあります。

例えば急速充電が売りのスマホの場合、専用の充電器を使わなければ高速充電ができないケースもあります。

もし専用の充電器がなければ別途購入すればいいのですが、その分出費になります。付属品の有無については事前に確認できるので、自分に不都合がないかしっかり確認しましょう。

購入した端末が赤ロムである可能性も

中古スマホの場合、稀に不正に契約された端末や、分割支払い中に売られてその後支払いが滞っているなど、いわくつきの端末もあります。

もし購入してから不正契約であることが判明したり、元の契約者が支払いを止めた場合は携帯会社から「ネットワーク制限」がかかって使用できなくなるのです。

そのような状態を「赤ロム」と呼びますが、赤ロムになってしまったら店舗に相談しても利用再開はできません。

購入前に赤ロムかどうかは確認できませんが、店舗によっては赤ロムになった場合の保証をしてくれる店舗もあります。

赤ロムになってしまえば購入価格の分損をしてしまうので、赤ロム用の保証がついているかは確認するのがおすすめです。

中古スマホ×格安SIMでもっとお得に

いかがでしょうか。

中古スマホのメリットと注意点、購入方法についてご紹介しました。

キャリアで契約していた方は、中古スマホを購入することや格安SIMで契約することに抵抗があるかもしれません。

しかし、慣れてしまえばキャリア同様に使うことができる上、月々の通信費がとてもお得になる方法なので、試してみない手はありません。

ぜひこの機会に、中古スマホと格安SIMを使ってみてはいかがでしょうか。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2018年10月02日

鈴木光平 ― ライター
鈴木光平 ― ライター

フリーのライター、趣味は料理とダンス。たまに公園で踊ってます。見かけたら声かけてください。喜びます。結婚してからは料理男子。妻の美容と健康のために頑張ったらハワイでモテる身体に近づけてしまいました。

関連キーワード