Androidおすすめ

auからソフトバンクにMNP乗り換えする手順・注意点!違約金・必要なもの・キャンペーン

auからソフトバンクにMNP乗り換えする手順・注意点をまとめました。ソフトバンク乗り換えでかかる違約金や、乗り換えに必要なもの・キャンペーンを解説します。電話番号や機種そのままでauからソフトバンクにMNP乗り換えしたい方も必見です。
新型ihone12噂 auからソフトバンクにMNP乗り換えする手順・注意点!違約金・必要なもの・キャンペーン

auからソフトバンクに乗り換える際、いつも店舗で契約していませんか?

実はそれ、とてももったいないんです。

契約方法によっては、数万円安くauからソフトバンクに乗り換えることができます。

本記事では、auからソフトバンクに乗り換える手順と最もお得に契約する方法を解説します。

auからソフトバンクにお得に乗り換える方法

auからソフトバンクに乗り換えるには、大きく分けて3つの方法があります。

ここでは、乗り換える窓口別に契約するメリット・デメリットをまとめました。

ソフトバンク店舗で乗り換える

  • 実物のスマホを見て決められる
  • 対面で質問・相談できる
  • 初期設定を行ってくれる

1つ目の乗り換え方法は、ソフトバンク店舗・ソフトバンクショップで乗り換える方法です。

乗り換えと聞いて真っ先に思いつくのが、店舗での契約ではないでしょうか?店舗での契約は、大きく分けて3つメリットがあります。

1つ目は、実物のスマホに触れることができる点です。乗り換えと同時に機種変更する場合、端末を見て決めるられるのはありがたいですね。

2つ目は、対面で質問や相談ができる点です。携帯の乗り換えに慣れていない場合、手続きにあたってわからない点も出てくると思います。

店舗の場合、対面でわからないことや気になる点を相談することが可能です。

3つ目は、初期設定を行ってくれる点です。機種変更をした場合、新しい端末を使うには初期設定が必要です。

店舗では店員さんが初期設定を行ってくれるため、受け取った時にはもう使える状態になっています。機械の扱いに不慣れな方にとっては、面倒な手間がないのは嬉しいですね。

メリットが多い反面、店舗によっては頭金がかかる場合があります。頭金とは、端末代金とは別にかかる店舗独自の手数料のようなものです。

言い換えると、同じスマホなのに余計にお金がかかる場合があるということです。なるべく安く乗り換えたい方にとっては、店舗契約は最もおすすめできない方法といえます。

【ソフトバンク】最新キャンペーンはこちら

ソフトバンクオンラインショップで乗り換える

  • 限定キャンペーンがある
  • 端末の種類・在庫が豊富
  • チャットサポートで質問できる

2つ目の乗り換え方法は、ソフトバンクオンラインショップで乗り換える方法です。店舗と同じだと思っているかもしれませんが、オンラインショップならではのメリットがたくさんあります。

メリット1つ目は、店舗にはない限定キャンペーンがある点です。オンラインショップの場合、店舗の維持費や人件費がかかりません。

そのため、店舗よりもオンラインショップの方が割引キャンペーンを実施しやすいのです。もちろん店舗のような頭金もないので、店舗よりも安く乗り換えできます。

メリット2つ目は、端末の種類や在庫が豊富な点です。店舗はスペースの関係上、置ける端末の種類や在庫量が限られています。

その点オンラインショップは、ソフトバンクで取り扱っている全てのスマホがあります。全国からの注文に対応できるよう、1つの店舗よりも在庫量が多いです。

メリット3つ目は、チャットサポートで質問できる点です。オンラインショップには、チャット形式で質問ができる機能があります。

対面では聞きづらいことも、画面越しなら質問しやすいでしょう。

【ソフトバンク】最新キャンペーンはこちら

ソフトバンク代理店で乗り換える

ソフトバンクには、子会社などが運営している代理店があります。

代理店の中にも、実店舗型の代理店とオンラインの代理店があります。他社から乗り換えて契約する場合、オンラインの代理店がおすすめです。

オンライン代理店は全てネット上で完結するため、店舗代や人件費に大きな費用がかからない分、高額キャッシュバックがあります。

キャッシュバック.com

出典:キャッシュバック.com
  • 店舗契約ならその場で現金キャッシュバック
  • 自宅乗り換えは最短7日で振込

キャッシュバック.comで乗り換えると、高額キャッシュバックがすぐにもらえます

来店契約ならその現金手渡し、自宅乗り換えなら最短7日で現金振込です。代理店の多くはキャッシュバック受け取りまでに日数がかかる場合が多いのですが、キャッシュバック.comはすぐに受け取り可能です。

最新iPhoneや人気のGoogle Pixelも取り扱っているので、欲しい端末が必ず見つかるでしょう。

auからソフトバンクに乗り換えるなら、最もお得でおすすめな代理店です。

【ソフトバンク乗り換え】最新キャンペーンはこちら

スマホ乗換え.com

スマホ乗換え.comで乗り換えると、「20,000円現金キャッシュバック」と「PayPayボーナスライト10,000円分」のキャッシュバックを受けることができます。双方受け取ると、総額30,000円分キャッシュバックされます。

「20,000円現金キャッシュバック」は、ドコモ、auから乗り換えると20,000円の現金キャッシュバックを受け取ることができます。

来店での契約であればその場で受け取り可能で、ネットでの契約であれば7営業日以内に振り込まれます。また、送料無料で全国どこからでも応募可能。機種本体価格からの割引も可能です。

【スマホ乗り換え.com】最新キャンペーンはこちら

おとくケータイ.net

出典:おとくケータイ.net

おとくケータイ.comで乗り換えると、「20,000円現金還元」と「PayPayボーナス10,000円分」のキャッシュバックを受けることができます。

「20,000円現金還元」は、次の条件を満たした場合受け取ることができます。

  • ドコモ、auから乗り換えた場合。
  • 「ウルトラギガモンスター+」か「ミニモンスター」プラン契約のみ対象。
  • 端末もセットで購入される場合。

【おとくケータイ.net】最新キャンペーンはこちら

auからソフトバンク乗り換えの準備

auからソフトバンク乗り換えする前に知っておきたい点、準備すべき物を解説します。

乗り換えにかかる費用

乗換えには次の費用が必要です。

MNP転出手数料 3000円
契約事務手数料 3000円
違約金 1000円*1
端末残債 支払いが終わっていない場合

*1契約満了月の翌月から2カ月間3カ月間であれば無料。

各種料金は月々の利用料金に追加で請求されます。

MNP転出手数料

現在使っている電話番号をそのままソフトバンクでも利用するために行う手続きのことをMNP(ナンバーポータビリティ)といいます。

MNPを行うには、現在の携帯会社からMNP予約番号を取得する必要があり、予約番号を取得しただけでは料金は発生せず、ソフトバンクと契約した時にauから支払額を請求されます。

契約事務手数料

携帯会社との契約時に支払う手数料のことで、ここではソフトバンクに支払う手数料です。支払いは最初の月の利用料金と一緒に支払います。

違約金

契約月以外で解約することで発生する支払金を違約金といいます。

auは2年ごとに3か月間の更新期間が設けられており、その期間内に解約しないと違約金(契約解除料)1,000円が発生します。

2019年10月以前の違約金は9,500円でしたが、電気通信事業法の改正で全キャリア1,000円に引き下げられました。2019年10月以前にauを契約した方でも、新料金プランに移行すれば違約金が1,000円になります。

自分の契約更新月を確認する方法は、次の手順です。

  1. 「My au」にログイン
  2. 「スマートフォン・携帯電話」をタップ
  3. 「ご契約内容 / 手続き」をタップ
  4. 「ご契約情報」にて契約内容を確認することができます。

契約更新月を確認したい場合は、「ご契約情報」から「料金割引サービス」の「次回更新年月日」で確認できます。

端末残債

解約時にキャリアで購入した機種代の残債を端末残債といいます。

解約した後も分割払いを続けることも可能であり、残金を一括払いすることも可能です。

乗り換えるべきタイミング

乗り換えるタイミングは契約更新月の月末がおすすめです。auはその月の何日に解約しても、日割りにはならず月額料金は変わらないため、月の始めなど月の残り日数を多く残して解約すると損をしてしまいます。

一番損をしない方法として「契約更新月の月末に解約する」ことをおすすめします。契約更新月の月末に解約することで、解約金が無料でその月の基本料金を損することなく利用することができます。

auからソフトバンクに乗り換える手順・流れ

auからソフトバンクへ乗り換えるまでの手順は3ステップあります。

  1. auでMNP予約番号を取得する
  2. ソフトバンクと契約をする

1.auでMNP予約番号を取得する

MNP予約番号を取得する方法は3つあります。

電話
  1. 「0077-75470(無料)」に電話をしてオペレーターの指示に従い取得
  2. 氏名、生年月日、電話番号などを聞かれた後、口頭またはSNSメッセージにて予約番号を取得
ネット
  1. 「My au」にログイン
  2. 「スマートフォン・携帯電話」を押す
  3. 「ご契約内容/手続き」を押す
  4. 「お問合せ/手続き」を押す
  5. 「MNPご予約」で番号を発行
店舗

auショップかPiPit各店にて取得可能です。


MNP予約番号は取得してから15日間の有効期限があり、ソフトバンクへMNPをする場合は11日間の残日数が必要です。

なので、発行してから4日間以内にソフトバンクで契約をする必要があります。

iPhone格安SIM通信アンケート

2.ソフトバンクと契約をする

  • MNP予約番号
  • 本人確認書類(パスポート/運転免許所/マイナンバーカード)
  • 支払い手続きに必要なもの(クレジットカード/口座)
  • (店舗の場合は印鑑)

ソフトバンク乗り換えに必要なものは、上記の通りです。

店舗契約の場合のみ、シャチハタ以外の印鑑が必要になります。支払い手続きに必要なものは、クレジットカードか、口座番号がわかる通帳・キャッシュカードなどです。

【2020年】ソフトバンク最新キャンペーン

ソフトバンクでの機種変更・乗り換えで使える最新キャンペーンをまとめました。

Webトクキャンペーン

Webトクキャンペーン 出典:ソフトバンク

2020年4月21日からソフトバンクは「Webトクキャンペーン」を実施しています。

このキャンペーンは、期間中に他社からののりかえ(MNP)または、新規契約・機種変更と同時に、2つの方法どちらかで申し込みをした方の契約事務手数料が無料になるというものです。対象となる契約方法は、「ソフトバンクオンラインショップで申し込み、自宅受け取りをする」、「ソフトバンク電話店で契約をする」の2つです。

新規契約・機種変更の場合は、契約事務手数料だけでなく、機種変更手数料、契約変更手数料も無料となります。

3,000円かかる事務手数料が0円になるお得なキャンペーンを、ぜひお見逃しなく!

Webトクキャンペーン

  • 開催期間:2020年4月21日(火)~
  • 適用条件:他社からの乗り換えで対象端末をソフトバンクオンラインショップで購入し、対象端末購入時に「自宅受け取り」を選択
    ソフトバンク電話店でのお申し込み
    上記2つで取り扱っている端末を購入すること

のりかえ(MNP)や新規契約・機種変更をお考えの方はぜひ検討してみてくださいね。

【ソフトバンク】最新キャンペーンはこちら

【オンライン限定】web割

出典:web割

ソフトバンクオンラインショップで、2020年3月12日(木)から、対象端末に他社から乗り換えると最大21,600円割引になる「web割」を開催中です!

対象端末は、新型iPhone 11シリーズや先日ソフトバンクから発表された最新5Gスマホ「AQUOS R5G」「ZTE Axon 10 Pro 5G」も対象です。

最新端末への乗り換えを検討している方は、ソフトバンクで開催されている「web割」を使わない手はありません!

【オンライン限定】web割

  • 開催期間:2020年3月12日(木)~在庫が無くなり次第終了
  • 適用条件:他社からの乗り換えで対象端末をソフトバンクオンラインショップで購入
    他社からののりかえ(MNP)で「基本プラン(音声)」および「データプランメリハリ」に加入
    対象端末購入時に「自宅受け取り」を選択

ソフトバンクの「web割」の対象端末の割引額は以下の通りです。

対象端末 割引額(税込み) 適用条件
iPhone 11 Pro Max 21,600円 ・他社からののりかえ(MNP)で「基本プラン(音声)」および「データプランメリハリ」に加入
・対象端末購入時に「自宅受け取り」を選択
iPhone 11 Pro
iPhone 11
iPhone XS
iPhone 8
iPhone 7
Google Pixel 4
Google Pixel 3a
ZTE Axon 10 Pro 5G
AQUOS R5G
AQUOS R3
AQUOS sense3 plus
AQUOS zero2
AQUOS zero
AQUOS R2 compact
Xperia 5
LG G8X ThinQ
arrows U

ソフトバンクのweb割は、対象端末であれば一律21,600円割引されるというお得なキャンペーンです。人気の新型iPhone11シリーズや5G対応スマホがお得に購入できるのは嬉しいですね。

他社からの乗り換え・オンラインショップまたは電話での申し込み・スマホの受け取り先を自宅に指定するなど、適用条件が複雑なので申し込み時には必ず確認をしてください。

オンラインショップは、ソフトバンクの店舗に行く必要がなく24時間申し込み可能な上、事務手数料も頭金も0円です。

普段ショップに行く時間がない人はもちろん、これまでオンラインショップの利用をしたことがない人は、是非この機会に利用してみてはいかがでしょうか。

【ソフトバンク】最新キャンペーンはこちら

トクするサポート+

出典:ソフトバンク

「トクするサポート」が名称を変更し、新たに「トクするサポート+」というキャンペーンが登場しました。

対象機種を48分割で購入した後25ヶ月目以降に機種変更すると、端末の残債が不要になるキャンペーンです。

48分割の内24回分の支払いがなくなるということは、つまり端末を実質半額で購入できるのです。

トクするサポート+ 出典:ソフトバンク

例えば96,000円のスマホを購入した場合、最大48,000円が無料になるというお得なキャンペーンになっています。

25ヶ月目以降に機種変更を希望しない場合は、端末をソフトバンクに回収してもらってPayPayボーナスをもらうこともできます。

トクするサポート+は、2020年3月27日以降に発売された機種が対象です。2020年3月26日以前に発売された端末は「トクするサポート」の対象となるため、注意してください。

【ソフトバンク】最新キャンペーンはこちら

下取りプログラム

下取りプログラム 出典:ソフトバンク

ソフトバンクの「下取りプログラム」は、使っているスマホを下取りに出すとPayPayボーナスがもらえるキャンペーンです。

ソフトバンク契約中の場合は「下取りプログラム(機種変更)」、乗り換えの場合は「下取りプログラム(のりかえ)」という名前になっています。機種変更と乗り換えでは、下取り金額が若干違うのでよく確認しましょう。

    【キャンペーンの適用条件】
  • 下取りの査定を受ける
  • ソフトバンクが指定する端末に機種変更をする
  • 製造番号(IMEI)が確認できており、メーカー保証外の端末ではない
  • 機種変更前の端末が正常に動作し、初期化・各種ロックの解除が完了している

破損の基準は、ガラスや筐体の破損、液晶表示の異常やタッチパネルの動作不良、筐体の変形が対象です。

電源が入らなかったり、初期化されていなかったりすると、下取りの対象外になってしまいます。破損で下取り価格は1/3になってしまうので、機種変更まで大事にスマホを使ってください。

【ソフトバンク】最新キャンペーンはこちら

半年おトク割

【半年おトク割の適用条件】

  • 新規契約・のりかえ(MNP)・機種変更・契約変更いずれかの手続きをする
  • 基本プラン(音声)または基本プラン(データ)のいずれかに加入する
  • 「データプランメリハリ」または「データプランミニフィット」のいずれかに加入する
  • 現在「半年おトク割」または「1年おトク割」を適用中ではない

ソフトバンクは、2020年3月12日(木)から新料金プランをスタートしました。

新料金プランは、動画SNSサービスが使い放題になる「メリハリプラン」と、使ったデータ容量によって基本料金が確定する「ミニフィットプラン」の2つです。

その新料金プランのサービス提供開始と同時に発表されたのが「半年おトク割」です。

半年おトク割は「メリハリプラン」または「ミニフィットプラン」を申し込んだユーザーを対象に、新規契約・機種変更などの条件を満たすと毎月1,000円×最大6か月間割引されるサービスです。

適用条件を満たすだけで半年間6,000円割引されるのでかなりお得なキャンペーンです。半年おトク割の割引が適用される利用料金は以下の表の通りです。

基本料 基本プラン(音声)
基本プラン(データ)
定額料 データプランメリハリ
データプランミニフィット

半年おトク割は「新規契約(MNP含む)・機種変更・契約変更」が適用条件です。

ここで一番注意したいのが、ソフトバンクショップを利用すると頭金や事務手数料が発生してしまうということです。

せっかく半年間6,000円割引きになるので、頭金も事務手数料も0円で契約できるソフトバンクオンラインショップがおすすめです。ぜひ、この機会に利用してみてください。

【ソフトバンク】最新キャンペーンはこちら

1年おトク割

「1年おトク割」は、「データプラン1GB(スマホ)」「データプラン1GB(ケータイ)」に加入すると、12か月間1,000円割引になるキャンペーンです。

適用条件は以下の通りです。

  • 新規契約または機種変更をすること
  • 対象料金サービスが適用中であること、また申し込みすること
  • これまで1年おトク割または半年おトク割が適用されたことがないこと

「1年おトク割」は、スマホデビュープラン・定額オプション+/準定額オプション+に加入すると適用される「小容量割」との併用も可能です。

「データプラン1GB(スマホ)」に加入した場合の月額利用料金のイメージはこのようになります。

基本プラン 980円
データプラン1GB(スマホ) 1,500円
準定額オプション+ 800円
1年おトク割(12か月) -1,000円
小容量割 -1,300円
スマホデビュープランへの加入が必要
月額利用料金 2か月目から980円(12か月)
(14か月目以降1,980円)

【ソフトバンク】最新キャンペーンはこちら

おうち割光セット

出典:ソフトバンク

おうち割光セットは、インターネット回線とソフトバンクスマホを一緒に契約すると割引が受けられるサービスです。

対象のネット回線と対象の料金プランを契約すると、永年毎月500円~1,000円が割引されます。インターネット回線は、「ソフトバンク光」か「ソフトバンクエアー」等が対象です。

自宅のネット回線と携帯をセットにするだけで割引が継続するので、ソフトバンクユーザーはとってもお得です。ぜひこの機会にお家のインターネットをソフトバンクにかえてみましょう!

【ソフトバンク】最新キャンペーンはこちら

auからソフトバンクに乗り換えた月額料金は?

乗り換える際に重要になる各キャリアの料金及びプラン内容を比較しました。容量の大きさを重視したプランから、動画サービスをよく見る方に向けたプランまで、様々なプランが存在します。

料金プランを比較

au ソフトバンク
0〜1GB 2980円 3980円
1GB〜2GB 4480円 5980円
2GB〜4GB 4480円 7480円
4GB〜7GB 5980円 7480円

au ソフトバンク
大容量プラン 7480円(無制限) 7480円(50GBまで)

au・ソフトバンク共に、使った分だけ支払う従量課金制プランと大容量プランの2つがあります。

  • ピタットプラン 4G LTE:2,980円〜5,980円
  • ミニフィットプラン:3,980円〜7,480円

auの従量課金制プランは「ピタットプラン 4G LTE」、ソフトバンクは「ミニフィットプラン」です。

ソフトバンクは使ったギガ数に応じた料金に加えて、基本プラン(音声)が980円かかります。そのため、auよりも全体的に料金が高いです。

ただし、ソフトバンクには契約から半年間料金が安くなる「半年おトク割」があります。半年おトク割が適用されると、表の料金よりも1,000円安くなります。

  • メリハリプラン(〜50GB):7,480円
  • データMAX 4G LTE(無制限):7,480円

大容量プランは、auの「データMAX 4G LTE」とソフトバンクの「メリハリプラン」の2つがあります。

auはデータ容量無制限で使えるプラン、ソフトバンクは50GBまでの料金プランです。

auは容量無制限で使える分、一度に大量のデータ通信を行うと速度制限される場合があります。また、テザリングで使う場合は合計30GBまで使用可能です。

ソフトバンクのメリハリプランは、対象SNSはギガを消費せずに使うことができます。

対象SNSには、YouTube・LINE・Twitter・Instagramなどの主要なSNSサービスが含まれています。そのため普段からSNSをよく使っている方なら、通信制限にかかることはほぼないといっていいでしょう。

さらにギガ消費量が2GB以下だった月は、「勝手に割引」として1,500円割引されます。月によってデータ使用量にムラがある方にとっては、使わなかった分安くなるのはありがたいですね。

こちらの記事では、ソフトバンクのおすすめ料金プランや、プランの変更方法をまとめています。

家族割引を比較

  • au「家族割プラス」:500円〜2,020円/月割引
  • ソフトバンク「みんな家族割+」:500円〜2,000円/月割引

auの家族割引は「家族割プラス」、ソフトバンクは「みんな家族割+」です。

auもソフトバンクも、何人の家族が契約しているかによって割引額が変わります。auは2人なら500円、3人で1,000円、4人で最大2,020円割引です。

ソフトバンクの家族割引も、2人・3人・4人と契約者が増えるごとに割引額が増えていきます。家族割引については、au・ソフトバンクに大きな違いはないといえるでしょう。

ソフトバンク乗り換えがおすすめの人

  • 新型iPhoneを使用したい
  • 動画コンテンツやSNSをよく利用する

この中に当てはまる項目がある方はソフトバンクへの乗り換えがおすすめです。

ソフトバンクは、iPhoneを始めて取り扱った会社です。ソフトバンクのみ販売されている新機種もたくさんあることから、新型iPhoneを使用したい方には最適なキャリアといえます。

また、メリハリプランでは対象SNSが使い放題となっており、どれだけ使ってもデータ消費対象になりません。

データ容量も50GB使用できるので、大容量のデータプランを検討している方に最適です。

auからソフトバンク乗り換えの注意点

auから乗り換える際注意する点が3つあり、解約してから後悔することがないよう内容を把握する必要があります。

  • auのキャリアメールは使用できなくなる
  • auポイントとWALLETポイントが使用できなくなる
  • 現在使用しているスマホはそのまま利用できない可能性がある

auのキャリアメールが使えなくなる

ソフトバンクに乗り換えると、キャリアメールは、◯◯◯@softbank.ne.jpになるため、auのキャリアメールは使えなくなります。

有効な対策として、Gmailを使用することをおすすめします。

Gmailはキャリアや機種が変わってもgoogleアカウントさえあれば継続して使用することができるので、解約する前にGmailに移行しておくとよいです。

auポイントとWALLETポイントが使えなくなる

カードのWALLET残高は残りますがポイントは失効してしまいますので、解約までにポイントを使うか残高にチャージしておくことが大切です。

また、解約することでプリペイドカードの更新はできなくなるので、Amazonギフト券に交換しておくと、一円単位で移行することができるため利用しやすいです。

現在のスマホはそのまま使えない可能性がある

持ち込みで契約する際、SIMロックが解除されていなかったり、海外製品で技適マークのない端末だった場合利用することができません。

使用可能な端末の条件は「技適を取得したSIMロック解除済みの端末」であり、3大キャリアで発売された端末の場合は問題なく使用することができます。

ソフトバンクのSIMロック解除方法・手順については、こちらの記事で解説しています。

auからソフトバンクへお得に乗り換えよう

auからソフトバンクにお得に乗り換えるには各プランで使用できる割引内容を把握しておくことが大切です。

また、解約の違約金が発生するタイミングや乗り換え時の注意点を把握しておくことでお得に乗り換えることができます。

ネットでの申し込みキャンペーンや代理店のキャンペーンを上手に利用してお得にソフトバンクに乗り換えましょう。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2020年07月01日

ポメラニアン高橋 ― ライター
ポメラニアン高橋 ― ライター

ラーメンとロックをこよなく愛する洋犬ライター