[2021年]新型iPhone 13の発売日はいつ?Pro・miniのモデル展開・値段予想!

新型iPhone 13が2021年秋に発売?過去の発売傾向から新型iPhone 13のデザイン・スペックを徹底予想!指紋認証搭載や新色が期待される新型iPhone 13/13 mini/Pro/Pro Max。新機能予想から、iPhone 13まで待つべきかを解説します。
ドコモオンラインショップ [2021年]新型iPhone 13の発売日はいつ?Pro・miniのモデル展開・値段予想!

2021年秋頃に発売が予想される新型iPhone。

Appleは毎年新たなモデルを発表しているため、iPhoneユーザーは今年もどんな製品が登場するのか気になっていることでしょう。

そこで今回は、過去の傾向から編集部が予想した新型iPhone 13の最新情報をまとめました。

新型iPhoneの購入を考えている方や、最新スマホの情報が気になる方はぜひ最後までお読みください。

\初回限定3ヶ月無料!/

新型iPhoneの名前・モデル展開予想

新型iPhoneの名前 予想

  • iPhone 13
  • iPhone 13 mini
  • iPhone 13 Pro
  • iPhone 13 Pro Max

これまでAppleは、毎年数字を変えて新型iPhoneを発売していました。2021年に発売予定の新型iPhoneも、これまでと同様の形式で「iPhone 13」になると予想しています。

今年は前モデルからのマイナーチェンジ程度に留まるのではないかと言われているため、「iPhone 12s」という名称になるという予測もありました。

また、海外では「13」という数字が不吉だと思う方もいるため、数字を省略して「iPhone(2021)」になる可能性も噂されています。

しかし、台湾メディアの経済日報がサプライヤーチェーンが、Appleは新型iPhoneを「iPhone 13」として販売することを決定したと報じています。

モデル展開に関しては、2020年発売のiPhone 12シリーズ同様、4機種のラインナップになるようです。

そのため、「iPhone 13」「iPhone 13 mini」「iPhone 13 Pro」「iPhone 13 Pro Max」が新型iPhoneとして登場するでしょう。

新型iPhone 13の発売日予想

ここ数年の傾向を見ると、9月~11月頃にAppleから新型iPhoneが発売されています。新型iPhone 13も、2021年秋頃には発表・発売されるでしょう。

新型iPhone 13 発売日予想

  • 発表日:2021年9月中旬
  • 予約開始日:発売日から数日後
  • 発売日:2021年9月下旬~10月上旬

2020年に登場したiPhone 12シリーズは、9月頃の発表・発売が予想されていましたが、新型コロナウイルスの影響もあり10月~11月にずれ込みました。

2021年はこのような遅れが見られないようなので、例年通りのスケジュールになると考えられます。そのため、上記の日程で発表・予約開始・発売が行われるでしょう。

また、iPhone 12シリーズはモデルによって発売時期を変えていたため、新型iPhone 13シリーズも同様に発売日が異なる可能性があります。

歴代iPhoneの発表・予約開始・発売日

端末 発表日 予約開始日 発売日
iPhone 12 mini / 12 Pro Max 2020年10月14日 2020年11月6日 2020年11月13日
iPhone 12 / 12 Pro 2020年10月14日 2020年10月16日 2020年10月23日
iPhone SE(第2世代) 2020年4月16日 2020年4月17日 2020年4月24日
iPhone 11シリーズ 2019年9月10日 2019年9月13日 2019年9月20日
iPhone XR 2018年9月12日 2018年10月19日 2018年10月26日
iPhone XS / XS Max 2018年9月12日 2018年9月14日 2018年9月21日
iPhone X 2017年9月12日 2017年10月27日 2017年11月3日
iPhone 8 / 8 Plus 2017年9月12日 2017年9月15日 2017年9月22日

新型iPhone 13の値段・ストレージ容量予想

新型iPhone 13の本体価格は、iPhone 12シリーズと変わらない可能性が高いと予想しました。

機能や仕様の変更箇所が少ないことや、競合他社との販売戦略が影響していることが考えられます。

以下はiPhone 12シリーズの本体価格なので、新型iPhone 13の購入を検討している方は参考にしてください。

機種名 ストレージ容量 本体価格(税込)
iPhone 12 64GB 94,380円
128GB 99,880円
256GB 111,980円
iPhone 12 mini 64GB 82,280円
128GB 87,780円
256GB 99,880円
iPhone 12 Pro 128GB 117,480円
256GB 129,580円
512GB 153,780円
iPhone 12 Pro Max 128GB 129,580円
256GB 141,680円
512GB 165,880円

上記の表を見ると、「iPhone 13」が10万円前後~、「iPhone 13 mini」が8万円前後~、「iPhone 13 Pro」が12万円前後~、「iPhone 13 Pro Max」が13万円前後~、ということがわかります。

また、ストレージ容量はiPhone 12シリーズと同じ仕様になるようです。なお、新型iPhone 13のProモデルでは、1TBのモデルが発売されるのではと言われています。

ストレージ容量が1TBのモデルが発売される場合、価格は20万円を超える可能性があるでしょう。

新型iPhone 13の値段・ストレージ容量予想

機種名
予想
ストレージ容量
予想
本体価格
予想
iPhone 13 64GB / 128GB / 256GB 10万円前後~
iPhone 13 mini 8万円前後~
iPhone 13 Pro 128GB / 256GB / 512GB / (1TB) 12万円前後~
iPhone 13 Pro Max 13万円前後~

記事の内容は動画でも紹介しています。

新型iPhone 13のデザイン・カラー予想

次に、新型iPhone 13のデザインやカラーを予想していきます。

外観・デザイン|カメラのレイアウトが変わる?

新型iPhone 13は、iPhone 12シリーズとあまり変わらないデザインになると思われます。変更が予想される点としては、カメラのレイアウトとProモデルの質感が挙げられます。

レンズのサイズが大きくなることにより、新型iPhone 13/miniではカメラがななめに配置されると予想しています。実際にTwitterでもそのような声が上がっています。

また、iPhone 11シリーズ以降、Proモデルにはすりガラスでマットな質感のボディとなっていますが、iPhone 13 Pro/Pro Maxのボディはグリップ感が増すのではないかと言われています。

そのため以前よりも滑りにくく、操作しやすいボディになるかもしれません。

  • iPhone 13/mini
    :デュアルレンズ
  • iPhone 13 Pro/Pro Max
    :トリプルレンズ
  • iPhone 13 Pro/Pro Maxはグリップ感が増す?

カラー|マットブラック・ブロンズ・ピンク追加?

iPhone 11シリーズ以降、通常モデルとProモデルで異なるカラーバリエーションを展開しています。そのため、新型iPhone 13シリーズも、そのような仕様になるでしょう。

iPhone 13/miniのカラーはiPhone 12/miniと同様、ブルー・グリーン・(PRODUCT)RED・ホワイト・ブラックになると予想しています。

一方、iPhone 13 Pro/Pro Maxのカラーは、iPhone 12 Pro/Pro Maxで用意されたグラファイトが廃止され、ほぼ黒色の「マットブラック」とオレンジ色のような「ブロンズ」が追加される可能性が高いです。

また、iPhone 12で後日パープルが登場したように、新型iPhone 13でも発売後しばらくしてからピンクが登場するのではないかと言われています。iPhoneでは久しぶりのピンク系カラーなので、期待が高まります。

  • iPhone 13/mini
    :ブルー・グリーン・(PRODUCT)RED・ホワイト・ブラック・(ピンク)
  • iPhone 13 Pro/Pro Max
    :パシフィックブルー・ゴールド・シルバー・マットブラック・ブロンズ
スマホ最新料金プラン情報を配信中!
LINE友だち追加

付属品|Lightningケーブルのみ?

2020年に発売されたiPhone 12シリーズでは、電源アダプタと有線イヤホン(EarPods)の付属が廃止され、Lightningケーブルのみ同梱されました。

また、iPhone SE(第2世代)・iPhone 11シリーズ・iPhone XRにおいても、2020年10月以降電源アダプタとイヤホンが同梱されずに販売されています。

そのため、新型iPhone 13でも電源アダプタとイヤホンは付属品に含まれず、Lightningケーブルのみ同梱されるのではないかと考えられます。

  • 付属品:Lightningケーブルのみ?
\初回限定3ヶ月無料!/

新型iPhone 13のスペック・性能予想

ここでは、新型iPhone 13のスペックや性能などを予想していきます。

カメラ|全モデルにLiDARスキャナ搭載?

カメラは、iPhone 12シリーズに引き続き、iPhone 13/mimiは2眼カメラ、Proモデルは3眼カメラになると考えられます。どちらも性能が向上し、レンズの面積が拡大する可能性が高いでしょう。

また、iPhone 12 Pro/Pro Maxに搭載されている「LiDARスキャナ」が全モデルに搭載されると予想しています。LiDARスキャナは、被写体との距離を測るための機能です。

この機能により、ナイトモードでのポートレート撮影が可能になるので、全モデルに搭載された場合、より撮影の幅が広がります。

さらに、iPhone 13 Pro Maxにはf値1.5のレンズが搭載されるかもしれません。iPhone 12 Pro Maxではf値1.6だったため、暗い場所での撮影性能や背景のぼかし技術が向上するのではないかといえます。

他には、全モデルにセンサーシフト光学式手ぶれ補正や、ポートレートビデオ機能・8Kビデオ機能が搭載されるとの声も見られるので、新型iPhone 13もカメラ性能に期待ができそうです。

  • 全iPhone 13シリーズにLiDARスキャナ搭載?
  • iPhone 13 Pro Maxはf1.5のレンズ搭載?

画面サイズ|iPhone 12シリーズと同じ?

新型iPhone 13の画面サイズは、iPhone 12シリーズにと同じ仕様になるようです。新型iPhone 13シリーズの画面サイズは、以下を参考にしてください。

機種名
予想
画面サイズ
予想
iPhone 13 6.1インチ
iPhone 13 mini 5.4インチ
iPhone 13 Pro 6.1インチ
iPhone 13 Pro Max 6.7インチ

ディスプレイは、LTPO技術を採用した120Hzリフレッシュシートのディスプレイを搭載すると言われています。LTPO技術により消費電力を大幅削減できるため、本体のバッテリー持ちにもつながるでしょう。

高いリフレッシュシートのメリットとして、画面のスクロールなどの操作や、エフェクトのアニメーションのなめらかさが挙げられます。この2つを組み合わせることで、バッテリー消費を抑えながら、なめらかで快適に操作することが可能です。

また、LTPO技術の採用により、Apple WatchのSeries 5で初搭載された「常時表示ディスプレイ」機能に対応することも予想されます。新型iPhone 13では、時間やバッテリー残量が常時表示されるロック画面になるかもしれません。

ここ数年、ノッチレスのiPhoneが登場することを期待されていますが、新型iPhone 13はiPhone 12シリーズとノッチの幅は変わらないようです、しかし、高さが低くなるため、画面を占める割合が小さくなることが考えられます。

韓国のメディア「THE ELEC」は、サムスンがiPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Max用のディスプレイを供給すると報じています。また、LGがiPhone 13 mini向けの5.4インチディスプレイを生産しているという情報もあるようです。

プロセッサ|A15 Bionic搭載?

Appleは、毎年数字を変えて新たなプロセッサを開発しています。これまで、iPhone 12シリーズには「A14 Bionic」、iPhone 11シリーズには「A13 Bionic」を搭載しているため、新型iPhone 13では「A15 Bionic」が搭載されるでしょう

A15 BionicはA14 Bionicよりも性能が向上することが見込まれますが、A13 BionicからA14 Bionicのような大幅な性能アップは期待できないかもしれません。

ただし、改良されたプロセッサを採用することで、性能が約5%、消費電力が約10%向上すると言われているので、新型iPhone 13はバッテリー持ちが向上するでしょう。

  • A15 Bionicチップを搭載?
  • バッテリー持ちが向上?

セキュリティ|指紋認証が復活?

iPhoneの生体認証は、iPhone Xでホームボタンが廃止されてから、顔認証(Face ID)が主流になりました。

新型iPhone 13でも引き続きFace IDが採用されることになりますが、新たに指紋認証(Touch ID)を搭載すると予想しています

指紋認証はホームボタンではなく、iPad Air4にも搭載された電源ボタン内蔵のTouch IDか、ディスプレイ内蔵センサーのTouch IDになるようです。

Apple製品に関して有力な情報を発信するJon Prosser氏によると、Appleは両タイプの試作機を製造しているようです。

そのため、どちらの方式になるか現時点ではわかりませんが、感染症対策の1つとしてマスクの着用が必須になった今、Touch IDの搭載は可能性が高いといえるでしょう。

  • セキュリティ:顔認証+指紋認証?

バッテリー容量|iPhone 12より最大18%増加?

新型iPhone 13のバッテリー容量は、iPhone 13とiPhone 13 Proが約3,095mAh、iPhone 13 miniが約2,406mAh、iPhone 13 Pro Maxが約4,352mAhと予想しています。

iPhone 12シリーズに比べると、すべてのモデルで容量が増量しており、中でもiPhone 13 Pro Maxは約18%の大幅アップになる可能性が高いです。

機種名
予想
バッテリー容量
予想
機種名 バッテリー容量
iPhone 13 3,095mAh(+9.9%) iPhone 12 2,815mAh
iPhone 13 mini 2,406mAh(+8%) iPhone 12 mini 2,227mAh
iPhone 13 Pro 3,095mAh(+9.9%) iPhone 12 Pro 2,815mAh
iPhone 13 Pro Max 4,352mAh(+18%) iPhone 12 Pro Max 3,687mAh

ただし、この情報は中国の認証機関が公開した資料を撮影した画像によるものなので、あくまでも予想として考えてください。

5G・ミリ波|日本でもミリ波対応モデルが発売?

2020年3月より各キャリアをはじめ、一部格安SIMでもサービスが開始した5G通信。5Gには、電波の周波数帯が低く繋がりやすい「Sub6」と、高い周波数帯で高速な「ミリ波」の2種類があります。

iPhone初の5G対応モデルとして登場したiPhone 12シリーズは、米国版のみミリ波に対応しており、日本を含めたその他の国と地域では、Sub6のみ対応したモデルが発売されました。

しかし、Apple製品の情報に関して実績のあるアナリストMing-Chi Kuo氏のレポートでは、新型iPhone 13のミリ波対応モデルの販売対象地域が拡大すると述べています。

これにより、日本で販売されるモデルもミリ波に対応することが期待できるでしょう。

しかし、現在の日本ではミリ波に対応したエリアは一部に限定されているため、新型iPhone 13がミリ波に対応しても、すぐには体験できないかもしれません。

▼5Gの詳細については、5Gとはなにか4Gとの違いをわかりやすく解説している以下の記事を参考にしてください。

新型iPhone 13発売日まで待つべき?

新型iPhone 13を待つべき人

  • 前回機種変更してから2年未満の人
  • 指紋認証対応の最新iPhoneが欲しい人
  • iPhoneの新色を購入したい人

    今機種変更してもいい人

  • 最新モデルにこだわりがない人
  • 前回機種変更してから2年以上経過している人

ここまで、2021年秋に発表・発売が期待される新型iPhone 13の予想について紹介しました。

iPhone 12シリーズから小規模なマイナーチェンジになるのではと言われていますが、カメラ性能の向上や高性能な最新プロセッサの搭載などを予想しています。

また、顔認証に加えて指紋認証が搭載される可能性が高いので、指紋認証を活用したい方や最新モデルを購入したい方は、iPhone 13の発売を待ってみてはいかがでしょうか。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2021年07月09日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!