2020年新作iPhone 12の発売日はいつ?価格・スペック・性能・リーク情報

2020年新作 12の発売日はいつか、価格・スペック・性能の最新リーク情報をまとめました。2020年の新作 12のデザインやカラー、ディスプレイやインチサイズ等の噂や予想をご紹介します。
ドコモオンラインショップ 2020年新作iPhone 12の発売日はいつ?価格・スペック・性能・リーク情報

2020年秋に発売が予想されているiPhone 12。海外の有識者をはじめ、すでに予想情報が続々と挙がっています。

AppleからデザインのCADデータが流出したという話題も浮上し、予想の信憑性が高まってきました。

そのデータによれば、iPhone 12のデザインは近年の路線とは大きく異なる模様です。

本記事では、iPhone 12の発売日やデザイン・スペックの噂と、過去の発売データを元にした予想情報を解説していきます。

この記事で解決しなかった方はこちら

新作iPhone 12のモデル展開

iPhoneの発売当初、新作発表は1年に1モデルでした。

そこから1年に2モデル発表になり、2018年のiPhone XS以降3モデルが同時発表されています。

2020年はなんと、初の4モデル同時発表になるのではと噂されています。

  • iPhone 12
  • iPhone 12 Max
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max

モデル展開は、iPhone 12/12 Maxのミドルレンジモデルと、iPhone 12 Pro/12 Pro Maxのハイエンドモデルが有力です。

2019年はミドルレンジがiPhone 11、ハイエンドがiPhone 11 Pro/11 Pro Maxで合計3モデルでした。2020年は、ここにミドルレンジが1つ増えるイメージです。

iPad Pro、Air Pods Pro、iPhone 11 Proなど、Appleは製品のモデル名を統一しつつあります。そのため、2020年のiPhone 12シリーズにも引き続きProが採用される可能性が高いでしょう。

新作iPhone 12の発表・発売・予約開始日

iPhone 8やiPhone XS・iPhone 11といったフラッグシップモデルは、例年9月上旬に発表、9月中旬~下旬にかけて販売という流れがあります。

この傾向に則り、当初はiPhone 12シリーズも9月上旬発表・下旬発売になるのではと噂されていました。

しかし、2020年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、例年より1~2ヶ月遅れるとみられています。現にApple役員が2020年4〜6月業績発表にて、「今年のモデルは数週間遅れて販売開始となる」と述べています。

つまり、発売時期は2020年10月または11月になるかもしれないということです。

現在最も有力とされているのは、Jon Prosser(@jon_prosser)氏がリークした以下の日程です。

iPhone 12/12 Max

  • 発表日程:10月12日週
  • 予約開始日:10月12日週
  • 発売日:10月19日週

iPhone 12 Pro/12 Pro Max

  • 発表日程:10月12日週
  • 予約開始日:10月12日週
  • 発売日:11月中

新型コロナウイルスの影響による遅延の主な理由は、サプライチェーンが打撃を受けたことによる生産の遅れとされています。

Apple Eventが9月16日に開催も新型iPhoneの情報は無し

出典:Apple Event

9月16日午前2時(日本時間)から開催されたAppleイベント。iPhone 12シリーズの発表も期待されていましたが、やはり何もアナウンスはありませんでした。

このイベントでは新型iPad(第8世代)iPad Air 4新型Apple Watch Series 6&SEが発表されました。

追記:iPhone 12の発表は10月13日……かも?

噂の出どころとなっているのはリーカーのEvan Blass氏のツイート。この画像は、iPhone 12のメルマガのスクリーンショットと考えられています。

画像には、「予約締切は10月20日まで」の文言も。過去のiPhoneの発表・発売スケジュールを考えると、10月13日(火)に発表、10月16日(金)に予約が開始するのではないかと予想されています。

Source:Evan Blass(@evleaks)

新作iPhone 12の価格予想

iPhone 12の価格については、Jon Prosser氏の説が最も有力とされています。

Jon Prosser氏は、これまでiPhoneに関する様々な予測を見事的中させ、協力な情報源を持つとされている人物です。

ただし、ストレージの容量によって価格は異なるため、その他の有力説も合わせた4機種の予想価格を下表にまとめました。

機種 予想価格 日本円の目安
iPhone 12 649~749ドル 約70,000円
iPhone 12 Max 749~849ドル 約80,000円
iPhone 12 Pro 999~1,299ドル 約11万円
iPhone 12 Pro Max 999~1,299ドル 約12万円

現行のiPhone 11と大差ない金額が予想されているため、iPhone 11を買い控えてiPhone 12を待つという人も少なくありません。

新作iPhone 12のデザイン・カラー予想

続いてはデザインに関する噂まとめです。海外ではAppleのCADデータが流出したとするリーク情報などがあり、それにもとづいてレンダリングされた画像も挙がっています。

外観・デザイン|iPhone 4/5風デザインに回帰


Appleから流出したというCADデータを基にしたレンダリングによれば、iPhone 12は、iPhone 4・5・5sまで、あるいはiPad Proのような角ばったデザインに回帰するといわれています。

これはスティーブ・ジョブズが手掛けていた時代のデザインに回帰するということでもあり、ファンには嬉しいポイントとなりそうです。フレームはメタルであるほか、ステンレス製の素材が採用されると考えられています。また、ガラスコーティングも施されるようです。

ただし、通常モデルがアルミニウム、Proモデルのみステンレススチールが使用されているとの報道も。素材によって手触りや高級感が大きく変わるので、今後の有力情報に注目しなければいけません。

カラー|ネイビーブルーが新色の目玉?


iPhone 12/12 Max

  • ブラック
  • ホワイト
  • レッド
  • パープル
  • ライトブルー
  • ライトオレンジ

iPhone 12 Pro/12 Pro Max

  • ブラック
  • シルバー
  • ネイビーブルー

iPhone 12で期待されることの1つに、新色の登場があります

現時点でiPhone 12/12 Maxは6色、iPhone 12 Pro/12 Pro Maxは3色と予想されています。2019年のiPhone 11と違うのは、新色のライトブルー・ライトオレンジが加わった点。

また、Proシリーズのミッドナイトグリーンが廃止され、新色「ネイビーブルー」が追加されると考えられています。

ライトブルー・ライトオレンジの登場については意見が分かれていますが、ネイビーは多くの著名人がリーク情報を出しています。

2019年のiPhone 11では新色のグリーン・パープル・ミッドナイトグリーンなど様々なカラーが登場しました。2020年の新作iPhone 12でも新色登場に期待が高まります。

ノッチ|小型化・ベゼルの狭小化


ベゼルレスになるという意見が挙がっていましたが、iPhone 12では小さなノッチが残されるという意見が優勢です。

ノッチとは、フロントカメラあたりのディスプレイが切りぬかれている部分を言います。

出典:Jon Prosser

iPhoneのノッチは長方形でサイズもほとんど変わっていませんでしたが、iPhone 12でサイズが小さくなる予想です。

エッジ・トゥ・エッジのディスプレイが高い評価を得ている中、時代錯誤的なiPhoneのベゼル・ノッチはユーザーの不満を買っています。パンチホール型インカメラの採用やインカメラをディスプレイ下に埋め込む技術まで、Androidスマホは画面占有率を高める努力をしてきました。

そんな中、ベゼル狭小化とノッチの小型化でAppleらしいクールなデザインを体現できるのでしょうか? 期待が膨らみます。

同梱物|有線イヤホンが消える?

iPhone 12シリーズでは、同梱物が減るとの見込みです。

これまでiPhoneには、電源アダプタ・充電ケーブル・Lightning端子のEarPods(有線イヤホン)などが同梱されていました。ですが、iPhone 12シリーズには充電ケーブルのみ同梱されると予想されています。

理由は、バッテリー容量と同じくコスト削減と見られています。電源アダプタがないのはかなり不便ですが、家にアダプタがいくつかあるという方も多いと思います。

そう考えると、アダプタ削減で少しでも安くなるなら、その方がユーザーにとってはありがたいかもしれません。

新作iPhone 12のスペック・性能予想

次に、iPhone 12で展開される機種とそれぞれのスペックについて、現時点で上がっている説の総まとめを紹介します。

iPhone 12 スペック

カメラ

  • iPhone 12/12 Max
    :2眼+LiDARスキャナ
  • iPhone 12 Pro/12 Pro Max
    :3眼+LiDARスキャナ

iPhone 12/12 Maxが2眼+LiDARスキャナ、iPhone 12 Pro/12 Pro Maxが3眼+LiDARスキャナになると言われています。

LiDARスキャナとは、光を使って距離(奥行き)を測る機能です。2020年3月に発売されたiPad Pro(第4世代)にすでに搭載されており、新型iPhone 12への搭載が予想されています。

LiDARスキャナを使えば、買い替え前に家具をARで置いてみたり、体をスキャンして健康維持に使ったりできます。

史上初のクアッドカメラ搭載とも言われていましたが、今のところミドルが2眼、ハイエンドが3眼という予想が強いです。

5G対応(Sub6・ミリ波)

iPhone 12シリーズのすべてのモデルが5Gに対応すると言われていますが、その中のハイエンドモデル「iPhone 12 Pro Max」のみが高速なミリ波での5Gに対応するのではないかとFast Companyが報じています。

次世代モバイル通信規格の5Gの周波数帯域には、6GHz未満の比較的低い周波数帯を利用した「Sub6」と、30~300GHz帯を利用した「ミリ波」の2つがあります。

Sub6は、4Gでも使用されていた6GHz帯以下の周波数を活用する5Gのことで、日本で展開が始まっている5Gもほとんどがこの周波数帯です。

一方のミリ波は5Gならではの高速・低遅延・大容量を最も発揮できる128GHz帯を指します。

このミリ波での5Gに対応したiPhone 12モデルは「iPhone 12 Pro Max」だけになるとのことです。

なお、周波数は高いほど直進性が強くなるため、ミリ波はビル密集地や室内では使用しづらいというデメリットもあります。

Sub6かミリ波かというよりは、ミリ波に対応する機種はSub6にも対応するのが一般的です。

出典:Fast Company

指紋認証・TouchID復活?

コロナ禍によるマスク着用が促される昨今、Face IDでは認証されづらく不便ということがわかってきました。

また、直近で発売された第2世代のSEではTouchIDが搭載されているため、iPhone 12でTouchIDが復活すると期待されています

その方式としては、ボタンに指を合わせるのではなく、ディスプレイのどこに触れても認証できる「ディスプレイ内指紋認証」が搭載される可能性が高いとされています。

出典:経済日報

Lightning端子廃止?

長らく噂が出ているのが、Lightning端子の廃止です。これはワイヤレス充電・USB-C端子の採用を期待する意味を込めての予想といえます。

EU内では電子ゴミ削減のため、充電コネクタの規格統一を推し進める動きが出ています。AppleはiPhone 11/11 ProではLigtning端子を採用しましたが、すでに一部のApple製品ではUSB-Cポートが搭載されています。

しかし、iPhoneでのLightning廃止は、現実的に考えてもう1年先送りになるのでは、というのが最新の予想です。

もし実現するのであればUSB-C端子というステップを飛ばして、ワイヤレス充電のみになるという声も挙がっていますこちらについても意見が分かれるところで、iPhone 12で実現する可能性は否定できないという段階です。

ただし、一部報道ではワイヤレス充電パッドの「AirPower」が年末に発売されるのではとも言われています。Appleがワイヤレス充電化を推進していく動きと見ることもできるかもしれません。

画面サイズ・インチ数

iPhone 12 サイズ
  • iPhone 12:5.4インチ
  • iPhone 12 Max:6.1インチ
  • iPhone 12 Pro:6.1インチ
  • iPhone 12 Pro Max:6.7インチ

新作iPhone 12では、iPhone史上最大の6.7インチが登場すると言われています。

これまでのiPhoneは、iPhone XS MaxやiPhone 11 Pro Maxの6.5インチが最大でした。ですが、2020年のiPhone 12 Pro Maxでは、それを超える6.7インチが登場する見込みです。

とはいえ、すでにiPhone 11 Pro Maxでも大きすぎるとの声もあります。そのため本体サイズは変わらず、ノッチ等を調整してインチ数が大きくなるのではと思われます。

最上位モデル以外は、5.4インチと6.1インチの2種類となりそうです。

ストレージ容量

  • iPhone 12:64・256GB
  • iPhone 12 Max:64・256GB
  • iPhone 12 Pro:128・256・512GB
  • iPhone 12 Pro Max:128・256・512GB

iPhone 12/12 Maxは64GB〜、iPhone 12 Pro/12 Pro Maxは128GB〜と予想されています。

iPhone 12/12 Maxは価格を抑えたミドルレンジモデルとされているため、容量は64GBからではないかと予想されています。

ここ数年ストレージは3つの容量で展開されていたため、2種類展開になるのはiPhone 8 Plus/iPhone X以来となるでしょう。

2020年春に発表されたiPhone SE(第2世代)も64GBから用意されていたため、64GBスタートになる可能性は高いです。

一方ハイエンドモデルのiPhone 12 Proシリーズは、128GBスタートになると言われています。

メモリ

これまでiPhoneの最大メモリは4GBでした。

しかし、2020年のiPhone 12はメモリが最大6GBになると予想されています。

メモリ・ストレージ容量は年々増えているため、6GBに増えるのもあり得るでしょう。

6GBメモリが搭載されるのはハイエンドのiPhone 12 Pro/12 Pro Maxの2機種で、ミドルレンジのiPhone 12/12 Maxは4GBと考えられます。

出典:MacRumors

プロセッサ

新作iPhone 12シリーズのプロセッサは、A14になると予想されます。というのも、Appleは毎年iPhoneのプロセッサを更新し続けているからです。

2013年のiPhone 5s以降、Appleは数字を変えながらプロセッサを更新しています。そのため、2020年はA14プロセッサとみて間違いないでしょう。

モデル プロセッサ
iPhone 11/11 Pro/11 Pro Max A13
iPhone XR/XS/XS Max A12
iPhone 8/8 Plus/X A11
iPhone 7/7 Plus A10
iPhone 6s/6s Plus/SE A9
iPhone 6/6 Plus A8
iPhone 5s A7

ディスプレイ

iPhone 11 Pro/Pro Maxに引き続き、iPhone 12でもOLED(有機EL)ディスプレイ搭載と予想されます。

iPhone 12 Pro/Pro Maxの2機種はOLEDディスプレイと考えて間違いないものの、iPhone 12/12 Maxについての予想は少ないです。

価格を抑えるなら、iPhone 11のようにLiquid Retinaディスプレイになる可能性も考えられます。

また、新作iPhone 12のディスプレイでは、リフレッシュレートが120Hzに改良されると言われています。

リフレッシュレートとは、1秒間に画面が何回書き換わったかという数値です。

単位はHz(ヘルツ)で、1秒間に60回書き換わったら60Hzと表記します。リフレッシュレートが低いと画面にチラつきが発生して見づらいため、数値は高い方がいいです。

なお、過去のiPhoneシリーズでは60Hzのリフレッシュレートが採用されています。

新作iPhone 12で120Hzのリフレッシュレートになれば、ゲームも動画視聴もかなり快適になると思われます。

一方で、2020年の新作iPhoneのリフレッシュレートはこれまで通りとする見解もあります。Appleの社内テストにクリアしていないため、搭載は来年以降になるのではという予想です。

バッテリー容量

  • iPhone 12:2,227mAh
  • iPhone 12 Max:2,775mAh
  • iPhone 12 Pro:2,775mAh
  • iPhone 12 Pro Max:3,687mAh

iPhone 11シリーズが3,000mAh以上だったのに対して、iPhone 12シリーズは最上位モデル以外3,000mAh未満との予想です。

つまり、新作iPhone 12のバッテリー容量は、iPhone 11シリーズよりも若干減ると思われます。

理由は、5G対応によって上がった製造コストを下げるためです。著名アナリストによると、iPhone 12の5G対応には約7,900円〜9,000円のコストが上乗せされるようです。

この分を、バッテリーの部品コストを下げることで補うのではないかと予想されています。

出典:iTHOME 出典:MacRumors

新作iPhone 12は歴史に残る変化の予感

このタイミングで機種変更を検討するなら、5G対応機種が気になるところでしょう。

とはいえ、現時点で5Gを利用できるエリアは限定的なため、今すぐに5G対応機種へ変更するメリットが少ないのも現実です。

キャリアにもよりますが、5Gが全国的に利用しやすくなるのは2021年が目処であり、iPhone 12の発売が2020年10月以降まで遅れたとしても、発売を待つ価値は十分にあります。

チップ・メモリ・ストレージ・カメラなどのスペックが向上し、回帰しつつも新しいデザインに生まれ変わるとみられるiPhone 12の発表を期待しましょう。

今買い換えるべきか悩んでいる方は、iPhoneの買い替えタイミングやお得な購入方法を解説した記事をご覧ください。

iPhoneの契約を検討している方は、最新iPhoneのお得購入方法iPhoneをお得に契約する方法をまとめた記事をご覧ください。キャリア別にお得に契約する方法を解説しています。

iPhoneの機種変更をドコモで検討している方は、ドコモの機種変更方法を解説した記事をご覧ください。

お得に機種変更するためのキャンペーン情報も紹介しています。

ほかにも、最新iPhoneやApple製品を紹介している記事がありますので、ぜひご参考にしてください。

どのiPhoneを購入しようか迷っている方は、iPhoneの選び方を徹底解説歴代iPhoneを比較した記事を見て、自分にぴったりのiPhoneを見つけてくださいね。

現在使用しているiPhoneの状態が気になる方は、iPhone使用中に起こりうるトラブルなどをまとめた記事をお読みください。

iPhoneの通信速度が遅いと感じている方は、以下の記事でiPhoneの通信速度を改善する方法をまとめているので参考にしてみてください。

サムネイル:https://youtu.be/ww4QCHFlRCM

【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2020年09月16日

鈴木光平 ― ライター
鈴木光平 ― ライター

フリーのライター、趣味は料理とダンス。たまに公園で踊ってます。見かけたら声かけてください。喜びます。結婚してからは料理男子。妻の美容と健康のために頑張ったらハワイでモテる身体に近づけてしまいました。