【iPhoneイヤホン】純正・非純正の違い|純正の優れた機能

iPhoneのイヤホンは、付属品からワイヤレスまで展開しています。他社製品でも多機能な商品はいくつもありますが、今でも純正イヤホンを使う人が多いのはなぜなのでしょう。この記事では、Apple純正を使用するメリットと、純正イヤホンそれぞれの特徴を紹介してきます。
楽天モバイル20220722 【iPhoneイヤホン】純正・非純正の違い|純正の優れた機能

iPhoneで音楽を聴くときや動画を観るとき、電車や公共施設ではイヤホンを使用します。

イヤホンには、音質に特化したものやワイヤレスなど、様々なイヤホンがあり、中には、より高い機能や性能を求めて他社製品を購入する人もいます。

それでは、Appleの純正イヤホンは、他社製品に劣ってしまうのでしょうか。

ここでは、Appleの純正イヤホンの紹介に加え、特徴と他社製品と比較をしていきます。

\お得にスマホを契約しよう!/

Apple純正イヤホンの種類

まずは、純正イヤホンの種類と、それぞれの特徴を見ていきましょう。Appleには、iPhone用付属イヤホンと、ワイヤレスイヤホンの2種が展開されています。

EarPods with Lightning Connector

このEarPodsは、iPhoneを購入したときに付属品としてついてくるイヤホンですが、販売もしています。

付属のイヤホンというと、最低限の機能しかついていない、と思われがちですが、このEarPodsは、これまで少しずつですが、性能もアップグレードされています。

付属のイヤホンは、iPhone 7からイヤホンジャックがなくなったことで、今までイヤホンプラグだったものから、このLightning Connectorへと変化しました。

そのため、イヤホンプラグの他社製品を使用する場合は、付属しているLightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタを使用して、Lightningに変換する必要があります。

通常Apple製品は、1年間の保証期間があり、この付属イヤホンも例外ではありません。不具合がある場合は無料交換が可能です。

AirPods

EarPodsを使っていて心配するのは、ケーブルの絡まりや断線です。満員電車でのイヤホン使用や、バッグの中に乱雑にしまってあるイヤホンは、断線のリスクも高くなります。

イヤホンの破損原因の多くは断線だったりしますが、そんな問題を解決してくれるのがこのAirPodsです。

専用の充電ケースに入れて持ち歩きが可能で、ケースのふたを開けただけでiPhoneとの同期が可能です。

第2世代では、連続通話時が長くワイヤレスチャージも追加となり、さらに使いやすくなりました。

現在は、第2世代のAirPodsとケース2種類(有線充電かワイヤレス充電)で選択できるようになっています。

AirPods Pro

AirPods1&2を更にアップグレードしたのがAirPods Proです。

ワイヤレスチャージやSiriなどの機能は引き続き使用でき、バッテリーが大きくなったことで稼働時間が長くなりました。

さらに、たった5分の充電で、最大1時間の再生時間が可能となったので、時間がないときでもさっと充電して、通勤中も快適な時間を過ごすことができます。

最大の特徴は、ノイズキャンセリング機能が新しく搭載されたことです。外の騒音を遮断することにより、音楽に集中できます。

Apple純正とその他イヤホンの違い

魅力的なイヤホンが揃っているなかで、他社製品を使う理由とは何なのでしょうか。

ここでは、純正イヤホンを使うメリットと、他社製品との違いを紹介します。

品質的に問題なく使用できる?

他社製品といっても種類も多く、価格やイヤホンとしてのクオリティもバラバラです。

Lightningは、Apple製品で使われている端子であり、精密なつくりが再現できていないイヤホンも多々売られています。安価なイヤホンは、耐久性が低いだけでなく、動作すらしないこともあります。

もし、どうしても他社製品がよいということであれば、Apple Storeで売られている、他メーカーイヤホンか、MFi認証されたイヤホンを使用するようにしましょう。

MFiというのは、Made for iPhone/iPadという意味で、Appleの製品基準を満たした製品に送られるマークとなります。耐久性も優れたイヤホンが手に入ります。

イヤホンの形

EarPodsとAirPods1&2は、インナーイヤー型という形をしています。

これらのイヤホンは、耳の形を考えてつくられており、長時間使用しても痛くなりづらいという特徴があります。さらに、耳から外れにくく、ランニングに使用する人も多くいます。

そして、AirPods Proの音質向上とともに、カナル型という、イヤーピースを耳に入れるタイプのイヤホンを採用しました。このシリコン性イヤーピースは、3サイズ展開しています。

遮音性が高いので、音楽の低音や細部まで聴き取ることができます。

音質

音質の部分でいえば、他社製品で音質に特化したイヤホンに比べてクオリティが劣るかもしれません。

ただ、多くの他社製品は、イヤホンプラグを使用しています。そのため、iPhoneで使うには変換アダプターを使用する必要がありますが、実は音質が下がってしまうデメリットがあります。

そのデメリットを考えれば、お金を出して他社製品に替えるよりも、音質が保てるEarPodsを使った方がよいでしょう。

さらに、ワイヤレスイヤホンで音質の高いものを求めるのであれば、AirPods Proがおすすめです。アップグレードされたオーディオ機能により、より広い音域で音楽を再生できるようになっています。

純正イヤホンの使い方と性能

他社製品との違いがわかったところで、それぞれのイヤホンの性能と、基本的な操作方法を説明します。操作方法については、下記にまとめた表を参考にしてください。

EarPods

EarPodsは、音質でいえば、同じ価格帯のイヤホンと比べても引けをとりません。

そして、このイヤホンの最大の特徴は、コントローラーにあります。こなせる動作は思ったよりも多く、数ある他社製品よりも、機能性に優れたイヤホンともいえます。

基本の再生/停止だけでなく、スキップや前の曲に戻ることも可能です。さらに、AirPodsではできない、早送りや巻き戻しもできるのが、EarPodsを使用するメリットといえます。

Siriと組み合わせることで、EarPodsでできる動作は格段に広がるのです。

操作方法を攻略することで、カバンやポケットからiPhoneを出す必要もなく、快適に過ごすことができます。

AirPods

ワイヤレスイヤホンであっても、純正であれば、操作はとても簡単です。

イヤホンとiPhoneのペアリングがうまくいかない、というのはよくあることですが、純正であれば、イヤホンを耳にはめるだけでペアリングができます。

余計な時間を取らせない、というスマートな機能で、自分がおしゃれになった気がしますよね。

AirPodsには、第1世代と第2世代があります。第1世代に比べると、連続通話時間が長くなりました。また、1回の充電で、最大5時間の再生、3時間の連続通話ができるようになりました。

AirPodsに使用されているオーディオチップのアップグレードで、接続先デバイスの切り替えや、音楽から通話への切り替えもスムーズになっています。

そして第2世代では、ワイヤレスチャージが可能になりました。そのため、ケースが若干重くなっています。

AirPodsは、ダブルタップで、音楽のスキップや受電の指示を出すことが可能で、指示の内容はiPhoneの設定でカスタマイズできます。

Siri呼び出しもダブルタップでできますが、第2世代からは、「Hey Siri」と呼びかけるだけで起動するようになりました。これにより、他の動作をダブルタップに追加することが可能となっています。

AirPods Pro

AirPods Proは、名前のとおり、更なる機能を求める人に最適なワイヤレスイヤホンといえます。

今までのデザインとは一新、機能も新しくなりました。ケースはバッテリーの分大きくなり、イヤホンの形もカナル型へと変化しました。

性能が向上した分、1回の充電での最大再生時間は4.5時間と、若干短くなっています。それでも、5分間で最大1時間の再生時間となっているので、さっと充電して、出掛けることができます。

そして、AirPods Proでは、耐汗耐水性機能が搭載されました。そのため、運動中にも浸水による故障を心配せずに、運動に集中できるようになりました。

最大の変化は、ノイズキャンセリング機能と、外部音取り込みモードです。ノイズキャンセリング機能が搭載されたことで、騒音が遮断され、音楽の質がぐっと上がりました。

ノイズキャンセリングのデメリットだった、イヤホンを入れたときに感じる圧迫感についても、小さい穴で空気孔をつくることにより、内側と外側の圧力が均等に調整されます。

そのため、長時間でもストレスなく装着できるようになりました。

人に話しかけられたときや、駅でのアナウンスを聞きたいときなどは、外部音取り込みモードに切り替えることができます。軸部分にある感圧センサーを長押しして切り替えができ、瞬時の対応が可能です。

そして、AirPodsの頭脳ともいえる、H1チップを搭載することにより、全ての動作をスムーズに行うことができます。

このチップにより、レイテンシー(音ずれ)も飛躍的に向上し、ゲームも快適に楽しめるようになりました。

それぞれの基本操作をまとめた表は以下の通りです。

  EarPods AirPods AirPods Pro
ペアリング 耳にはめる 耳にはめる
Siri センターボタンを長押し 呼びかけ、またはダブルタップ 呼びかけ、またはダブルタップ
通話開始/終了 センターボタンをタップ ダブルタップ ダブルタップ
音楽再生/停止 センターボタンをタップ ダブルタップ/耳にはめる/外す ダブルタップ/耳にはめる/外す
音楽スキップ
  • 次の曲:センターボタンをダブルタップ
  • 前の曲:センターボタンをトリプルタップ
タブルタップ タブルタップ
連続再生時間 1回の充電で最大5時間 1回の充電で最大4.5時間
連続通話時間 1回の充電で最大3時間 1回の充電で最大3.5時間
備考 15分の充電で最大3時間の再生時間 5分の充電で最大1時間の再生時間

純正イヤホンの購入方法

これらの3つのイヤホンは、以下の場所で購入可能です。

Apple Store(店舗とオンライン)

Apple Storeは、全国で10店舗あり、新宿や渋谷など、都内に特に多く配置されています。その場で製品が手に入ります。

もし近くに店舗がない場合には、Appleの公式オンラインストアと、店舗を利用しましょう。

イヤホンが手元に届くまでに時間はかかるものの、無料刻印ができるメリットがあります。

Amazon

Amazonでの購入も可能です。また、Amazonで購入するときは、出品者がAppleであることを確認し、イヤホンが純正であることを確かめるようにしましょう。

また、その他オンラインでの購入は、純正でない可能性もあるのでおすすめはできません。

純正イヤホンで快適生活を

iPhoneで純正イヤホンを使用するのは、高い安心感と、他社製品に勝る性能があるからだといえます。

EarPodsは少しずつアップグレードしているものの、発売当初からほとんど変わらぬ品質のよさを保っています。

また、純正だからこそiPhoneとの互換性はすばらしく、耳にはめるだけで同期する心地よさと利便性は、ボタンを押して同期する他のワイヤレスイヤホンをしのぎます。

イヤホンを新調する際は、純正製品も視野に入れて検討してみてください。

AirPodsの特徴や接続方法など詳しい情報については、「AirPodsの音質は良い・悪い?音質改善・設定方法・便利な使い方を徹底解説」で解説していますのであわせてご覧ください。

ほかにも、おすすめのiPhoneアクセサリーをまとめましたので、ぜひご参考にしてください。

公開日時 : 2020年05月13日

菅野 辰則 ― ライター
菅野 辰則 ― ライター

最新ガジェット、家電、デバイスが大好物。秋葉原、ネットショップでコスパの高い中古端末に目を光らせている。iPhone・iPadを格安SIMとWiMAXで利用中。趣味はダンス、週4日のトレーニングを欠かさない。

関連キーワード