ワイモバイルの解約方法と解約後の注意点を初心者向けに解説

格安SIMで知られるワイモバイルを解約したいけれど、詳しい手順や解約後の手順がわからないから不安。そんな方も多いかと思われます。ここでは、ワイモバイルの解約方法や解約後の注意点について詳しくお伝えしていきます。
BIGLOBEmobile20190724_desc ワイモバイルの解約方法と解約後の注意点を初心者向けに解説

月額料金が安いことで知られるワイモバイル。

最近ではウェブサイト上で解約手続きを完了できるキャリアも増えている中で、ワイモバイルはインターネットからの解約手続きを受け付けていません。そのため、解約にあたってはプロセスがやや複雑になります。

ワイモバイルのSIMフリー端末を解約する際に必要な手続きについて、1つずつ具体的に解説していきます。今まさに解約を検討中の方、近いうちに解約しようかとお考えの方も参考にしてください。

ワイモバイルの解約は少し複雑

ワイモバイルの解約は、インターネット上で気軽にという形ではありません。そのため、「解約手続きが面倒そうだから何となく使い続いている」という方も多いようですが、必要のない端末料金を支払い続けるのは無駄な出費です。

また、一旦解約することで現在の契約プランを見直し、さらにお得な利用プランに変更することもできます。

「ワイモバイルはどのようにすれば解約できるのか」「ワイモバイルを解約したらどのようなメリット・デメリットがあるのか」について、それぞれの見出しで詳しく解説していきます。

ワイモバイルの解約方法は全部で3つ

ワイモバイル端末を解約するパターンとしては大きく、「ショップに行く」「郵送」という2つの方法が考えられます。

どちらのパターンにも一長一短であり、用意する書類も変わってくるため、メリットとデメリットを比較した上で利用しやすい方を選択しましょう。

BIGLOBEmobile20190724_incontent

ワイモバイルショップで解約する

とにかくすぐに端末を解約したいという方は、ワイモバイルショップに直接足を運んでみましょう。解約手続きにあたっては、本人確認書類、印鑑、契約中のワイモバイル端末が必要となります。

担当窓口のスタッフに書類の記入方法について詳しく教えてもらえるため、初心者の方も安心して手続きを進めることができます。万が一印鑑を忘れた際は、本人のサインでも解約が認められますので安心してください。

ウェブサイトにアクセスすることにより、近くのワイモバイルショップの混雑状況をリアルタイムでチェックすることができるため、事前にアクセスしておけばショップでの待ち時間を大幅にカットすることができます。

郵送で解約する

ワイモバイルショップまで直接足を運ぶ時間が取れない場合は、郵送によって解約手続きを行うことができます。

まず、ワイモバイルのカスタマーセンターに問い合わせを行い、「解約申込書」を指定の住所まで送付してもらいます。申込書に所定の必要事項を記入し、センターまで返送の後、ワイモバイル事務局が申込書を確認した時点で解約が成立します。申込書に記入する必要事項は店頭での解約手続きと同じです。

郵送による解約手続きで注意すべきなのは、申込書を送るタイミングです。一連の解約手続きが月末をまたいでしまうとひと月分の月額料金を損してしまいますので、月末までゆとりのあるタイミングで申込書を送付し、余裕をもって返送できるようにしましょう。

MNPを利用し他社へ乗り換える

ワイモバイルから他のキャリアに乗り換える際には、MNP(ナンバーポータビリティシステム)を利用した方がお得です。MNPを利用して乗り換えることで、電話番号を変えることなくキャリアを換えることができますので、新しい番号をあらためて周囲に伝え直す必要がありません。

店頭でMNPを申し込み

ワイモバイル端末を店頭で解約し、なおかつその場で乗り換えを検討している方には、同時にMNP移行手続きを完了させた方が時間的にも圧倒的にお得です。

店頭でのMNP移行手続きに際しては本人確認書類の持参が必須となり、具体的には運転免許証、健康保険証、パスポート(原本)、障害者手帳などのうちいずれか1点をもっていけば本人確認が完了します。

なお、医療証やマイナンバーカードなども本人確認書類として利用できますが、顔写真つきでない公的な証明書に関しては、2点合わせて提出することが義務づけられています。

「当日になって書類が足りずに手続きができない」ということのないように充分注意しましょう。

電話でMNPを申し込み

端末の解約手続きを郵送で行うのであれば、MNP手続きの方も電話で行った方が時間の節約になります。

MNP申込みのための電話番号は、ワイモバイルをお使いの方であれば「151」、それ以外のキャリアをお使いの方は(0570-039-151)となりますので、間違いのないようにしましょう。また、電話申込は毎日、9:00~20:00の時間帯で受け付けています。受付電話番号とカスタマーサポートの番号が異なりますので注意が必要です。

なお、月末にかけては電話回線が非常に混み合いますので、なるべく月末は避け、月はじめから中旬あたりに申込を行うようにしましょう。

ただし、電話でのMNP移行手続きの場合、スタッフからの細かいサポートが充分に受けられません。こういった手続きにあまり慣れていない初心者の方は、多少面倒でもワイモバイルショップまで直接足を運んで手続きを行った方が無難かもしれません。

WEBでMNPを申し込む

ワイモバイルの端末をお使いの方は契約時に、「My Y!mobile」のアカウントを付与されていると思います。

MNP移行に必要な予約番号そのものは「My Y!mobile」のサイト上でも発行することができますので、近くにワイモバイルショップがなく、なおかつ郵送で解約申込書を取り寄せる時間もないという方はネットからでもMNPを申し込むことが可能になります。ウェブサイトからのMNP手続きの場合、受付時間は9:00~21:30になっています。

ただし、ウェブサイトからMNP移行手続きができるのは「EMOBILE 4G」「EMOBILE LTE」「EMOBILE 3G」のいずれかの契約プランに加入している方に限られますので、手続き前にあらかじめ御自身の契約プランを確認しておくことが重要です。

解約時期によってMNP手数料が異なる

MNP移行手続きは「予約番号の発行」と「転出手続き」のプロセスに分けられ、転出手続きの際に一定の手数料が発生します。

端末の新規契約から半年以内に解約を行う場合、MNP転出手数料は6,000円となり、半年をすぎて解約する場合は手数料が3,000円まで引き下げられます。

MNP転出手数料のことを考えるのであれば、新規契約から7カ月が経過するまで待った方がお得になります。

ワイモバイルで解約金はかかるのか

スマートフォンの解約にあたって注意したい解約金。ワイモバイルではどのような解約金のルールになっているのでしょうか。

料金プラン別の解約金発生のパターンとコスト節約のポイントについて、具体的におさえておきましょう。

料金プランによって解約料金が違う

ワイモバイルでは、契約中の料金プランによって解約時の違約金が異なります。ワイモバイル端末を解約する際にはまず現在の契約プランをチェックすることが先決です。

スマホプラン・ケータイプラン・データプラン

ワイモバイルの解約時に違約金が発生するのは、「スマホプラン」「ケータイプラン」「データプラン」です。

これらのプランでは、契約更新月以外で解約をすると一律で9,500円の解約金が発生する仕組みになっています。契約更新月は端末の新規契約から25カ月~27カ月目の間になりますので、上記のプランに加入している方は御自身の契約更新月について一度確かめておきましょう。

スマホベーシックプラン・ケータイベーシックプラン・データベーシックプラン

ワイモバイルの中でも、「スマホベーシックプラン」、「ケータイベーシックプラン」、「データベーシックプラン」に加入している場合はどのタイミングで解約を行っても解約金は一切発生しません。

ただし、これらのプランはどちらかというと「端末をこまめに利用するユーザー向け」であり、データ通信をあまり使わない、という方にとっては月額料金がやや割高になってしまうかもしれません。

契約にあたっては利用の頻度とコストバランスを慎重に検討し、目先の利益にとらわれすぎないようにしましょう。

更新月の確認方法は2つ

ワイモバイルの解約金で損をしないためには、契約更新月についてこまめに確認しておくことが重要です。ワイモバイルでは契約更新月の確認に際して2つのパターンを用意していますので、自分にとって使いやすい方法を選びましょう。

電話での確認方法

解約手続きやMNP移行手続きと同様、契約更新月についても電話1本で確認することが可能になっています。

確認のための電話番号は、ワイモバイルをお使いの方であれば「116」、固定電話からであれば(0570-039-151)となります。自動音声による対応で、曜日に関係なく24時間受け付けていますので、平日は仕事で忙しいという方にとっても利便性が高いと言えます。

My Y!mobileでの確認方法

ネット環境がととのっているのであれば、「My Y!mobile」のウェブサイトの契約情報ページから契約更新月を確認することができます。

具体的な確認手順としては、「契約内容」、「もっと見る」、「更新期間」の3つをたどっていきます。サイトの案内に従ってクリックしていけば、自然に必要な情報が得られるようになっていますので、一連の手続きに不慣れな方でも無理なく契約更新月をチェックすることができます。

また、「My Y!mobile」のサイトでは契約更新月以外に料金プラン、累積ポイントなども確認できますので、契約中はこまめにサイトにアクセスして現時点での加入プランについて細かく把握しておくようにしましょう。

ポケットWi-Fiは契約期間が3年縛り

ワイモバイルでも、スマホ端末の最低契約期間(違約金が発生する期間)は2年となっています。ただし、ポケットWi-Fiに関しては違約金発生の期間が3年となっており、通常の端末よりも1年間期間が延長されていることに注意する必要があります。

ポケットWi-Fiの端末は意外と高額で、仮に新規契約をした翌月にすぐ解約をするとその時点で割引特典がなくなるため、端末代金(48,800円程度)をそのまま一括で支払うことになり、コスト的には一気に割高になってしまいます。

ワイモバイルに限らず、端末を新規契約するとポケットWi-Fiへの同時加入がすすめられることも珍しくありません。ポケットWi-Fiは「持ち運べるWi-Fiルーター」と考えればわかりやすく、旅行先や出張先など、Wi-Fi環境がととのっていない場所でも自宅と同じように快適にデータ通信を楽しむことができます。

自宅だけでなく、外出先でも頻繁にデータ通信を利用する方にとってポケットWi-Fiは非常に便利なツールです。しかし、「Wi-Fiは自宅だけで充分」という方にとってはポケットWi-Fiのランニングコストが丸々無駄になってしまう可能性があります。

ポケットWi-Fiを契約したものの途中で利用スタイルが変わったり、内容をよく把握しないまま端末を契約してしまった、という方はこの機会に一度Wi-Fiの料金プランを見直し、必要ないのであれば思いきって解約してしまうのも1つの方法です。

ただし、解約する場合は満期に注意し、少なくとも3年後の契約更新月までは手放さないようにすると余計なコストを支払わずに済みます。

なお、ワイモバイルの契約上、更新月をすぎてしまうと自動的に契約が続いてしまうため、ウェブサイトから契約情報をこまめにチェックし、更新月ぴったりに解約手続きを行うことがベストです。

ワイモバイル解約時の注意点

ワイモバイルの解約後は、どのような面でデメリットが生じるのでしょうか。解約時に確認しておくべきポイントから解約に伴うデメリットを把握し、「本当に今解約すべきなのか」ということを冷静に判断しましょう。

解約月の満額or日割り請求はプランによって異なる

ワイモバイルの解約にあたってまず気になるのは、解約時点での残債の扱いです。解約時点までに端末のローンが残っていればその残りを一括で支払う必要がありますし、月額料金の利用分についても清算しなくてはなりません。

残債の算出方法は料金プランによって異なりますので、解約を検討する段階であらかじめ確認しておきましょう。

「スマホプランS/M/L」は満額請求

ワイモバイルの料金プランのうち、「スマホプランS/M/L」に関しては解約時の日割り計算が適用されず、月の途中で解約したとしても月額料金が満額請求されることになります。

極端な話、毎月の締日の翌日にすぐワイモバイルを解約した場合は実際に利用していなくてもその月の月額料金を100%支払うことになってしまいます。

以上の仕組みからもわかるように、ワイモバイルを解約するのであれば月末が断然お得で、またタイミングのずれをなくすためには即日解約ができる店頭手続きがメリットが大きいと言えます。

「新ウィルコム定額プランS」は日割り請求

ワイモバイルの解約時に残債の日割り計算が適用されるのは「新ウィルコム定額プランS」のみです。

ただし、無条件で日割り計算が適用されるわけではありません。日割り計算が適用になるのは月のうちの15日まで利用を継続した場合であり、それ以前に解約した場合は他のプランと同様、月額料金については満額請求されることになります。

このルールを知らないと解約時にコストを大きく損してしまいますので、あらかじめ「どのタイミングで解約するのがよりお得か」ということを詳しくシミュレーションしておきましょう。

直営店以外で購入した場合は解約方法に注意

ワイモバイル解約時には、「どのショップで端末を契約したか」ということがポイントになってきます。

ワイモバイルの直営店以外で契約した場合、直営店で解約しようとしても一連の手続きを受け付けてもらえないことがあります。

契約中に転居をし、現在の住居の近くに直営店がある場合、直営店で解約手続きを行った方が時間の節約になりますので、直営店以外で契約をした場合には解約にあたってまず購入店舗に手続きのルールについて確認しておいた方が無難です。

また、解約手続き以外でも店舗でしか受けられないカスタマーサポートはいくつかありますので、できるかぎり直営店を選んで契約するのも1つのポイントと言えます。

メールアドレスが利用できなくなる

ワイモバイルを解約すると当然、「Yahoo!」が提供している独自ドメインが使用できなくなります。必然的にメールアドレスが変わってしまいますし、それまでワイモバイルのアドレスとひもづけていたログインサービスもそのままのアカウントでは利用できなくなります。

ただし、Yahoo!のメールボックスについては古いアドレスでログインすることで閲覧することができます。6カ月以上メールボックスの利用実績がなければボックスが自動的に閉鎖されるため注意しましょう。

My Y!mobileが利用できなくなる

ワイモバイルの解約によって、「My Y!mobile」が利用不可能になります。ただし、閲覧機能だけは解約から90日間は保持されますので、料金プランなどにミスがないか、執行前のポイントがないかどうかなどを解約後もチェックすることができます。

自動付帯のプレミアムサービスは継続になる

よく誤解されるポイントですが、ワイモバイルの端末契約と「Yahoo!Japan」の会員限定サービスは独立しています。

つまり、ワイモバイルを解約したからといってその時点でYahoo!のプレミアムサービスが自動解約されることはなく、その後も利用は継続となります。

Yahoo!のプレミアムサービスは月額500円なため、ワイモバイルの解約と同時にそちらのほうも退会したい場合は、忘れないうちに別途手続きを済ませるようにしましょう。

解約手続き完了のお知らせは行われていない

ワイモバイルの解約手続きを行ったとしても、後日メールなどで手続き完了の通知が送られてくることはありません。

解約手続きが本当に完了したかどうかはワイモバイルのカスタマーセンターに問い合わせることで確認できますので、手続きから数日経った段階で一度問い合わせてみると良いでしょう。

ワイモバイルで購入した端末にはSIMロックがかかっている

ワイモバイルで契約した端末にはSIMロックがかけられているため、そのままでは格安SIMなどに移行することができません。

ワイモバイルの場合、端末を購入してから101日後にSIMロックが解除できるようになり、「My Y!mobile」から解除を申し込めば解除手数料が一切かかりません。

なお、解約後にSIMロックを解除する場合には90日以内という制限がつけられており、そのうえ、ワイモバイルショップでなければ解除手続きを行うことができなくなってしまいます。

さらに、ワイモバイルショップでSIMロックを解除すると3,000円の手数料が発生しますので、SIMロックの解除は端末の解約前に「My Y!mobile」から申し込むのがベストといえるでしょう。

他社への乗り換えキャッシュバックを上手く利用する

ワイモバイルから他社へ乗り換える際には、他社が実施している乗り換えキャンペーンを上手に活用するとさらにお得になります。

大手キャリアが提供しているキャッシュバックキャンペーンについて、具体的にお伝えしていきます。

docomoへの乗り換えでキャッシュバック

ワイモバイルはいわゆる格安SIMの大手であり、圧倒的な安さによって従来のキャリア端末と対等のシェアを占めている現状があります。

だからといって大手キャリアの存在意義が薄れているというわけではなく、むしろここ数年は大手キャリアも独自のキャンペーンによって「格安SIMからキャリア端末へ」という流れを後押ししています。

大手キャリアのうち、最も格安SIMキャリアからの移行に敏感なのがドコモです。ドコモには何といっても「通信キャリアのパイオニア」というトップブランドであり、スマホ業界でも充実のサポート体制で安定したユーザー満足度をキープしています。

ドコモのオンラインショップから乗り換えを申し込めば事務手数料を省略できるため、お得に契約をできます。

また、ドコモならではの乗り換えキャンペーンとして、端末の下取りや家族割、光セット割引、「docomo with」などのプランがありますので、キャンペーンのタイミングを見極め、乗り換えを検討するのが得策です。

ワイモバイルからドコモに乗り換える

詳しいキャンペーン内容については以下のリンクを参照してください。

SoftBankへの乗り換えでキャッシュバック

大手キャリアのなかでも、特に乗り換えキャンペーンが充実しているのがSoftBankです。何といっても、最大の魅力は端末代金の大幅割引です。

端末を分割払いで購入すると、月々の支払いが最大で1,575円割引になり、さらに番号移行プログラムの適用(マイナス1,080円)があればトータルで63,720円も差し引かれたことになります。

さらに、ワイモバイル回線からのMNPであれば契約解除料、番号移行手数料、新規契約事務手数料が完全に無料になります。

スマートフォン端末であればどの機種でも上記のキャンペーンが適用されますから、「最新機種をお得に使いたい」という方にもおすすめです。

ワイモバイルからソフトバンクに乗り換える

詳しいキャンペーン内容については以下のリンクを参照してください。

auへの乗り換えでキャッシュバック

auの乗り換えキャンペーンは、「au Wallet」と連動していることが大きな特徴です。具体的には「au Wallet」のチャージポイントとして還元される場合が多いため、乗り換えの前からあらかじめ「au Wallet」のサービスに加入しておくことをおすすめします。

また、auの乗り換えキャンペーンはその月によって内容が異なりますので、手数料や端末代金などを確認したうえで、乗り換えのタイミングを見極めましょう。

ワイモバイルからauに乗り換える

詳しいキャンペーン内容については以下のリンクを参照してください。

SIMカードの返却が必要なのか

格安SIM端末からの乗り換えではしばしば、SIMカードの返却で迷う場合があります。このあたりのルールについてはキャリアによって曖昧な場合が多く、ワイモバイルでは今のところ、店頭への返却を原則としているようです。

SIMカードには個人情報が記録されていますので、店舗によってはユーザー自身で取り出してハサミで切り刻む、という処理を求められる場合があります。

基本的には公式ウェブサイトの記述に従う方が無難ですが、SIMカードの性質上、原則としては返却するのがスムーズな流れになっているようです。

端末を分割払いで購入している方

端末を分割払いで購入しているか、一括払いで購入しているかによっても解約後の流れが変わってきます。分割払いと一括払い。それぞれのケース別に想定される注意点についてお伝えしていきます。

分割払い購入をしている方

ワイモバイルの端末を分割払いで購入している場合、解約していたとしても残債がある場合は月々の支払いがつづくことになります。なお、ワイモバイルのショップで解約手続きをしている場合は残債についてもその時点で完済できるシステムになっています。

一括払い購入をした方

端末を一括払いで購入した場合、契約プランによっては「一括購入割引」が適用されている場合があります。

一括払いで購入した場合、契約から2年以内に解約すると一定の解除手数料が発生するため、余計なコストをおさえるためにも、自分がどのタイミングで端末を購入したかを詳しく把握しておくことが大切です。

自分のライフスタイルにあった格安SIMを選ぼう

ここ数年はよりいっそう格安SIMのサービスが充実し、以前のように「格安SIM=安いだけ」という時代ではなくなりつつあります。

最近では従来のキャリア端末に匹敵するほど高機能で使いやすい端末が続々とリリースされ、ユーザビリティが格段に向上していますので、「自分にとってどの機能とサービスが必要か」というポイントをよく考え、最もコストパフォーマンスの良い格安SIMキャリアをピックアップすることが重要です。

ここではおもにワイモバイルからの乗り換えパターンについて見てきましたが、キャリアごとに乗り換えキャンペーンの充実度が異なりますので、自分なりにいくつかのサイトを比較した上でライフスタイルに合わせたプランを選びましょう。

格安SIM会社ごとの乗り換え条件やキャンペーンの内容については、以下の記事をチェックしてください。

Y!mobile1,080円~

公開日時 : 2019年02月02日

おっきー ― ライター
おっきー ― ライター

物心ついた頃からiPhoneがあるスマホネイティブ世代。SNSから最新情報を取得するのが日課。趣味はダンス。

関連キーワード