2020年光コラボ徹底比較!|厳選おすすめ5社を紹介

これまでは、いざインターネット環境を整えようと思った時に、回線事業者とプロバイダを個別に選ぶのが一般的でした。しかし昨今では、これらをまとめた光コラボという一体的なサービスが人気を呼んでいます。人気の秘密とサービスの選び方に迫ります。
【公式】カシモWiMAX 2020年光コラボ徹底比較!|厳選おすすめ5社を紹介

光回線の契約を行うにあたって、最近にわかに脚光を浴びているのが、光コラボというキーワードです。

光回線とプロバイダのサービスが一体的に提供されることで、ユーザーにとってわかりやすく、さらに料金面でのメリットもあります。

事業者側も、それぞれに付加価値を備えた独自のサービス展開に力を入れており、ユーザーは自分に合った事業者を選びやすくなりました。

安定したインターネット環境とコストパフォーマンスに優れた光コラボの魅力について、詳しく見ていきましょう。

そもそも光コラボとは

光回線とプロバイダの契約が1つになった光コラボ。話題となっている理由は、シンプルな概念と料金体系だけではありません。

安定した通信速度とサービスは、NTTの回線によるバックボーンがあってこそのことです。その概略を見てみましょう。

ネット回線の契約をシンプルにするサービス

光コラボとは、NTT東日本および西日本が提供する光回線である「フレッツ光」を各事業者(プロバイダなど)が借り受けて販売するモデルです。

光コラボにより、プロバイダと回線サービスが一本化され、シンプルなサービス提供体制が整備されることとなりました。従来インターネットを利用するには、2つのサービスを契約する必要がありました。

1つはNTT東日本または西日本などの回線事業者が提供する回線であり、光ファイバーケーブルの引き込みなど、物理的な工事を担当します。

もう1つは、インターネットに接続するための各種サービスを展開するプロバイダ(接続事業者)で、各社が特徴あるサービスを展開して差別化を図ってきました。

回線事業者とプロバイダ、それらを契約して初めてインターネットを楽しむことができるのです。

しかし、2015年2月からNTT東日本と西日本は、これまで独占提供していた光回線サービスをプロバイダなど他の事業者に卸売りするサービスモデルを発表しました。

フレッツ光回線の提供を受けた事業者が、独自のキャンペーンやサービスをプラスして営業展開しています。

NTTの光回線を使うから通信の品質は一緒

光コラボではNTTのフレッツ光回線が利用されます。

したがって、従来どおりフレッツ光回線とプロバイダを個別に契約していた場合に比べても、光コラボで一括契約したからといって通信速度に変わりはありません。

インターネット環境の通信速度を左右する最も大きな要素は、物理的な回線の品質だからです。NTT東日本および西日本のフレッツ光は、全国規模で展開しおり、現在も高いシェアを誇ります。

光コラボ事業者はこのフレッツ光の回線を借り受けてユーザーに提供していますので、通信速度の(理論値)は1Gbpsとなります。これまでと同品質で回線を利用できます。

光コラボを利用するメリットデメリット

光コラボを選ぶメリットは、事業者の選択がわかりやすことだけにとどまりません。

利用料の支払いやトラブル時の対応などにも力を発揮する、光コラボのサービスについて見てみましょう。

請求書が一つになり料金も割安

光回線とプロバイダのサービスが一体的に提供されるということは、結果的に請求もひとまとめになります。

これまでは、フレッツ光を利用する場合、光回線の利用料金はNTT東日本または西日本、インターネット接続の料金はプロバイダといった具合に通信費と接続料金の支払いが別々になっていました。

光コラボでは、光回線もプロバイダも光コラボ事業者に契約が一本化されることで、支払い管理の手間から解放されます。

似たような費目の請求が複数になり、支払いも煩雑だったこれまでの方式に比べ、シンプルでわかりやすいのが特徴です。

回線で問題が起こった時の問い合わせが簡単

インターネット接続でトラブルが発生した時、回線事業者に問い合わせればいいのか、プロバイダに問い合わせればいいのか迷ったことはありませんでしょうか。

サービス提供者側に問題があるのか、それとも自分の設定や利用環境に問題があるのかを含め、状況確認や問題点の切り分けには手間と時間がかかります。

問い合わせ先が複数あると、トラブルの原因をめぐって対応がたらい回しにされることにもなりかねません。光コラボの場合は、問い合わせ先も1つにまとまっているので、万が一の場合にも単独の窓口が担当してくれます。

ネット初心者から上級者まで、安心してサービスを利用できるのが大きなメリットと言えるでしょう。

フレッツ光のサービスは使えなくなる

一方、光コラボにもデメリットはあります。NTT西日本エリアでフレッツ光を利用している人は、セキュリティ対策ツールを無料で使用することができました。

しかし、光コラボを提供する事業者によっては、これを無料で利用できなくなる場合があります。

また、フレッツ光を利用したり契約を更新するとメンバーズポイント(フレッツ光ポイント)が貯まります。

ポイントを景品交換や利用料金の支払いに充当できるサービスですが、光コラボへ移行してしまうと、せっかく貯めていたポイントが消滅してしまいます。

お得なおすすめ光コラボ5選

ここからは、光コラボを提供している5社の事業者について、それぞれのメリットを詳しく見ていきましょう。

So-net光

So-net光はソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供する光回線で、フレッツ光の回線を利用してインターネットを提供しているいわゆる「光コラボレーション」のひとつです。

So-net光の1番のメリットは「大幅割引キャンペーン」で3年間2,980円/月で利用できるということ。

さらに、auスマホをお使いの方は「auスマートバリュー」が適用出来るので、毎月1,000円以上の割引が見込めます。

auには独自の光回線サービス「auひかり」がありますが、So-net光なら現在フレッツ光を利用している方はそのまま回線を引き継げるため工事費がかからず、おすすめです。

KDDI回線を利用しているauひかりはエリア対象外だったという方でも、So-net光は全国に対応しているため、ほとんどの方が利用できます。

また、So-net光は高速WiFiルーターが永年無料でレンタルできるため、初めて光回線を契約する方にもおすすめです。

So-net光を申し込む

ソフトバンク光

 SoftBank光 出典:ソフトバンク光

ソフトバンク光は、ソフトバンクまたはYモバイルの携帯を契約している場合に最大限の割引を受けることができる光コラボです。

また、キャッシュバックの金額は新規申し込みで3万円、フレッツ光からの乗り換えでも1万1,000円を条件なしで受け取ることができるのも特徴といえるでしょう。

さらには、ソフトバンクおうち割による割引が最大の魅力です、契約台数やデータ利用量によって割引金額も変わりますが、1台あたり月額最大1,000円の割引を受けることができます。

家族の中にソフトバンクユーザーがいる場合は全員が割引の対象となり、契約台数分の割引を考えると相当お得です。

プロバイダはYahoo!BB固定となりますが、v6プラス対応のプロバイダでもあり、回線速度に関しても光コラボの事業者の中では最速ランクです。

工事不要で通信速度が早く、使い放題というのが売りと言えるでしょう。

ソフトバンク光を申し込む

ドコモ光

ドコモ光は、光コラボの契約者数が事業者中トップであり、40%を超えるシェアを有します。

プロバイダも、25の業者から選択可能であり、新規申し込みでも乗り換えでも、ひかり電話とひかりTV for docomoの契約などの条件を満たせば、最大1万5,000円のキャッシュバックを受けることができます。

ドコモ光の最大の特徴は、ドコモユーザーならば様々な割引が適用されるため他の光コラボと比べてお得に契約出来る点にあります。

ペア回線となるスマートフォン(契約者名が同一)のパケットパックの種類で割引額が異なり、携帯の利用料金から毎月100円~最大3,500円が割引されます。

さらに、長期の利用者なら「ずっとドコモ割プラス」で毎月100円~最大2,500円の割引が適用されます。

ドコモ光のキャンペーンで最大3万円分キャッシュバック!

現在、ドコモ光はいくつかのキャンペーンを行っており、非常にお得に契約することが出来ます。

まずひとつ目として、2020年1月に契約すれば通常2,000~18,000円する工事費が0円になります。

更に、GMOとくとくBBというプロバイダから契約すると20,000円キャッシュバック+最大10,000円分のdポイントがプレゼントされるキャンペーンを実施しているため、これらを利用すれば工事費無料+最大30,000円キャッシュバックが契約時に適用されるため、光コラボの中でもおすすめの事業者です。

ドコモ光を申し込む

BIGLOBE光

BIGLOBE光はauの携帯電話や、BIGLOBEモバイルを利用している場合に割引対象となります。

新規申し込みなら、開通確認後最短2カ月で指定口座へ現金キャッシュバックもあり、標準工事費相当額の無料サービスと合わせると、最大6万1,000円もお得になります。

また、auスマートバリューを利用する場合は、指定のデータ定額サービスとのセット利用で、au携帯電話の利用料金が最大2年間毎月2,000円割引されます。

さらには、3年プランでの契約なら引越し先での工事費は何度でも無料。引越しを計画している場合でも、安心して利用できる点がメリットといえるでしょう。

BIGLOBE光を申し込む

Marubeni光

Marubeni光は、ファミリータイプの新規申し込みで33,000円のキャッシュバックが受けられる点が特徴です。

しかも、他社に見られるような有料オプションの加入が不要。さらには、標準工事費1万9,000円が割引となり、実質無料で工事を実施できるのも特徴です。

Marubeni光を申し込む

失敗しない光コラボの選び方

光コラボを展開する事業者は500近くあると言われています。

それぞれ独自の付加価値を付けたサービスを展開していますので、選ぶ際には迷ってしまいますが、総合的なコストパフォーマンスを調べて最適な事業者を見つけましょう。

利用できる特典の総額を計算

利用料金の割引によるメリットから考えると、現在契約している携帯電話のキャリアに合わせて光コラボ事業者を選択するのは、賢い考え方です。

具体的にはソフトバンク光やドコモ光などが挙げられます。これらは月額料金が少し割高ですが、割引額が大きいので結果的にお得と言えるでしょう。

また、光コラボ事業者の多くは、契約時の特典としてキャッシュバックを設けています。

キャッシュバックの金額は事業者によって異なり、受け取り方法や適用条件も様々です。契約前によく確認して、利用できる特典の総額から最適な選択をするようにしましょう。

月額料金以外のサービスに満足できるか

光コラボでは、月額利用料を安く抑えられるメリットもありますが、それだけで事業者を選択するのはあまりおすすめできません。

月額利用料が安い場合でも、以下のようなデメリットが存在する場合もあります。

  • 事務手数料などの初期費用・開通工事費が高い
  • 契約期間の縛りが長く、解約違約金も高い
  • 割引が無く、料金以外のメリットが無い
  • プロバイダの品質や設備が不十分で、通信速度が遅い

これらを総合的に判断するとともに、これからのライフプランや生活環境も考えながら選びましょう。

例えば、持ち家やマンションに住んでいて、長期間利用する予定があるなら、月額利用料の安さ優先で選ぶのがよいと言えます。

割引は契約後2年間までに限定されるパターンが多いので、それ以上の利用が見込まれる場合は、単純に安さで選んだ方がトータルでのメリットが大きいからです。

一方で、賃貸住宅に住んでいて、2年程度での引越しを考えているなら、短期間でメリットを最大限に活かせるキャッシュバックをメインに考えるべきでしょう。期間限定のキャンペーンも適用できればベストです。

評判は最新のものをチェック

光コラボでは、問い合わせの窓口が一本化されるメリットがありますが、逆にそのことで対応が集中してしまい、混雑の原因となるというデメリットもありました。

具体的には、プロバイダに電話が繋がらない、問い合わせの返答が来ないといった事例が発生しています。

ただ、現在は光コラボ参入業者も多くなり、光コラボの導入件数も落ち着いてきている傾向にあります。

問い合わせの混雑によるトラブルも、次第に改善されているので、口コミや評判は最新のものを参考にして判断するようにしましょう。

自分に合った光コラボと契約して通信料を節約

光回線とプロバイダが1つになって、月額利用料の割引や初期導入時のキャッシュバックなど、様々な特典が受けられるのが光コラボの大きな特徴です。

料金の支払いや、トラブル時の問い合わせ先も一本化され、高速で安定した光回線を制限なく利用できるので、家庭のネット環境が快適になることでしょう。

現在契約しているスマートフォンや家庭での利用環境、ライフスタイルなどにあわせ、多くの事業者の中からベストマッチの1社を選択しましょう。

光回線のプロバイダについては、こちらの記事でより詳しく解説しています。13社を一覧比較しているので、ぜひご確認ください。

光回線/Wi-Fi お申し込み電話相談を受け付け中!

iPhone格安SIM通信では光回線や、Wi-Fiなどインターネットの利用開始やお切替えを検討中のお客様に電話相談を受け付けております。

ソフトバンクの正規代理店DRMの専門オペレータがお客様のご要望に合わせて、ソフトバンク光やソフトバンクAirをご案内させていただきます。

今すぐ無料相談!
SoftBank 光
SoftBank Air
ソフトバンク光公式代理店

公開日時 : 2019年05月28日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード