WiFi・WiMAXホームルーター機種徹底比較!速度・料金一番おすすめとは?

ホームルータには種類がありどれを選ぼうか悩んでいる人は多いでしょう。契約するプロバイダによって特典や月額料金が異なることから申し込み先の選択にも悩むでしょう。ここではホームルーターの速度や月額料金を比較して、どのような人にホームルーターがおすすめか解説しています。
【公式】カシモWiMAX WiFi・WiMAXホームルーター機種徹底比較!速度・料金一番おすすめとは?

ルーターには、携帯して持ち出しができるモバイルルーターや家に設置して使用するホームルーターがあります。

これらのルーターは回線工事の必要がなく、手軽にインターネット環境が整えられるとても便利なものです。

この記事では、ホームルーターについて徹底解説しています。ホームルーターのメリットや、おすすめのホームルーターの性能を比較して紹介しています。

ホームルーターの検討をしているのなら、この記事を参考にしてください。

【結論】ホームルーターはどっちがおすすめ?

現在販売中のホームルーターは、主に2種類あります。

一つはモバイルインターネット回線として有名なWiMAXのホームルーター、もう一つは携帯会社として有名なソフトバンクが提供するソフトバンクエアーです。

2つの違いを比較表をまとめました。

サービス名WiMAXソフトバンクエアー
月額4,000円~5,000円前後5,000円前後
最大速度下り2.7Gbps
上り183Mbps
下り962Mbps
上り26Mbps
速度制限3日間で15GB超えると、翌日の18時~26時頃に、最大速度1Mbps前後に制限。特になし
※夜などの混雑時に予告なくの制限あり。
接続台数32端末(無線30台、有線2台)66端末
(無線64台、有線2台)
エリアWiMAXエリアソフトバンクエアーエリア
回線種類au WiMAX2+回線
au 4G LTE
au 5G
ソフトバンク回線
セット割引ギガMAX月割
auスマートバリュー mine
おうち割光セット

WiMAXがおすすめな人

  • 月額料金安く済ませたい方
  • UQモバイルやauを利用している方
  • 速度にこだわりがある方
  • 一人暮らしや少人数で使いたい方

WiMAX一番のメリットは、他のホームルーターよりも料金が安いことです。

UQモバイルやauのスマホを利用している方なら、さらにスマホ料金も割引されます。

最も速い機種は下り最大1Gbpsの速度が出るので、動画やオンラインゲームもサクサク動きます。

ホームルータータイプなら20台以上の端末が接続できるので、家族で使うのにも十分です。

おすすめのWiMAXプロバイダを見る

ソフトバンクエアーがおすすめな人

  • 制限気にせず使いたい方
  • ソフトバンクやワイモバイルを利用している方
  • 大人数で使いたい方

ソフトバンクエアーは、WiMAXホームルーターのような3日間で15GBまでの制限がないので容量を気にせず使えます

地域によっては混雑する時間帯に速度制限がかかる可能性があるので、注意してください。

また、ソフトバンクやワイモバイルのスマホを利用している方は、おうち割光セットでスマホ料金が割引されます。

最新の「Air ターミナル4」という機種なら最大64端末が接続可能なので、店舗やオフィスなどで利用したい法人の方にもおすすめです。

おすすめのソフトバンクエアー代理店を見る

WiMAXとソフトバンクエアーの機種比較

WiMAXとソフトバンクエアーのホームルーターを比較していきます。

比較する機種

  • 【WiMAX】Speed Wi-Fi HOME 5G L11
  • 【ソフトバンクエアー】Air ターミナル4
  • 【WiMAX】HOME 02
  • 【WiMAX】Speed WiFi HOME L02(※販売終了)

現在販売されているのは「Speed Wi-Fi HOME 5G L11」と「Air ターミナル4」の2機種です。その他のホームルーターは既に公式販売終了となります。

公式から契約する予定の方は、販売中の2機種を比較してみてください。

機種 Speed Wi-Fi HOME 5G L11 Air ターミナル4 WiMAX HOME 02 Speed WiFi HOME L02
※販売終了
最大下り速度 2.7Gbps 962Mbps 440Mbps 1,237Mbps
最大上り速度 183Mbps 非公表 75Mbps 75Mbps
最大同時接続台数 30台 64台 20台 40台
対応ネットワーク WiMAX 2+
au 4G LTE
au 5G
SoftBank 4G LTE WiMAX 2+
au 4G LTE
WiMAX 2+
au 4G LTE
本体サイズ 70×182×124mm 225×103×103mm 約50×118×100mm 約93×178×93mm
重さ 約599g 約635g 約218g 約436g
通信制限 3日で15GB なし 3日で10GB 3日で10GB
製造元 ZTE Corporation HUAWEI NECプラットフォームズ HUAWEI

比較した結果、速度が最も早いホームルーターはWiMAXのSpeed Wi-Fi HOME 5G L11です。

2021年6月4日から販売開始の史上初の5Gホームルーターで、カシモWiMAXで予約販売も行われています。

また、スピードだけではなく、サイズと重量もソフトバンクエアーのAir ターミナル4よりコンパクトで、家に置いても大きなスペースを取りません。

また、大人数で使いたい場合、64台まで接続可能なAir ターミナル4の方が適切です。

次は、それぞれのホームルータースペックと特徴を詳しく説明します。

【WiMAX】Speed Wi-Fi HOME 5G L11

Speed Wi-Fi HOME 5G L11
下り最大速度 下り最大2.7Gbps
上り最大速度 183Mbps
特徴 スマホアプリ対応
重さ 約599g
同時接続台数 30台

Speed Wi-Fi HOME 5G L11は史上初の5Gホームルーターです。

au 5G回線だけではなく、au 4G LTE/WiMAX2+回線も対応可能のため、繋がりやすさは更に上がります。

また、現在最新の無線LAN規格WiFi 6対応するため、よりセキュリティが高い高速インターネットが利用できます。

ほかには、専用アプリを使えば、通信量や電波状態を簡単に確認でき、ルーターの設定を行うことができるので、とても便利です。

現在カシモWiMAXでは、Speed Wi-Fi HOME 5G L11を予約販売を行っていますので、ぜひ一度詳細をご覧ください。

Speed Wi-Fi HOME 5G L11詳細はこちら

速度計測結果

「HOME 5G L11」(WiMAX 2+/4G LTE/5G 対応)の通信速度を「NEXT WX06」(WiMAX 2+/4G LTE/対応)と実機を用いて比較しました。

周波数帯 2.4GHz 5.0GHz
通信速度
(単位:Mbps)
下り 上り 下り 上り
HOME 5G L11 スタンダード 1.89 4.23 272 58.8
NEXT W06 ハイスピード 19.1 5.66 26.5 4.78
HOME 5G L11 プラスエリア 8.78 9.44 307.41 59.34
NEXT W06 ハイスピード
プラスエリア
24.6 6.03 30.8 4.14
  • 測定端末:iPhone 12 Pro
  • 測定場所:東京都中央区京橋3丁目付近
  • 測定時間:平日12:00-13:00

結果は上記の通り、HOME 5G L11は5.0GHz帯で繋げた場合、スタンダードモードであっても下り272Mbps、上り58.8Mbpsと比較的、高速であることがわかります。

また、auの4G LTEおよび5Gを使うこともでき、リアルタイムで通信速度が速い回線を引き込む仕様になっています。5G通信エリア内であれば、結果の通り300Mbps超えの5Gを用いた通信も可能です。

HOME 5G L11を5.0GHz帯で使用した場合、動画のダウンロード、アプリのインストールはものによりますが5~10秒ほどで完了します。

ただし、WiMAXの5Gプランはプラスエリアモードで月15GB以上のデータ通信を行うと速度制限がかかります。そのため、屋内で使う場合は基本スタンダードモードで使うのがよいでしょう。

ZTELink JP

防止策として、本機と連携した専用アプリ「ZTELink JP」上で使いすぎを防止する設定が可能です。

具体的には、「最大通信量」を0~15GBの間で決め、それを超えた場合にスタンダードモードに自動的に切り替わる設定が可能。

また、15GBの上限に達する前に通知を出すこともできます。このような設定を駆使して使いすぎを未然に防ぎましょう。

Speed Wi-Fi HOME 5G L11詳細はこちら

【ソフトバンクエアー】Airターミナル4

ソフトバンクエアー 出典:ソフトバンクエアー
下り最大速度 962Mbps(都心部の一部)ほかは481Mbps
上り最大速度 非公開
特徴 速度制限なし
重さ 約635g
同時接続台数 64台

Air ターミナル4は、下り最大962Mbpsと速さが特徴のホームルーターです。

最大速度は今のところ都市部の一部エリアのみの対応なので、対象エリアになっているか確認してから申し込みましょう。

通信容量の制限がないので、容量を気にすることなく利用したい人におすすめのホームルーターです。オンラインゲームをする人や、動画をたくさん視聴する人に適しています。

いくつかの口コミを見てみると、速度に不満を持っている方もいるようです。最大速度はあくまでも理論値のため、遅いときもあることを念頭に置いておきましょう。

【ソフトバンクエアー】詳細はこちら

ホームルーターにおすすめのプロバイダ

ここではホームルーターが契約できるおすすめのプロバイダを紹介します。プロバイダごとに月額料金や特典の有無が異なるので自分に合ったものを選びましょう。

iPhone格安SIM通信では、安いインターネット回線8社を比較しています。 安いWiFiを契約したい方はこちらも参考にしてください。

\5,000円Amazonもらえる!/
カシモWiMAX 5Gプラン ホームルーター

カシモWiMAX|業界最安級のWiMAX

カシモWiMAX 出典:カシモWiMAX
  • 業界最安級の月額料金
  • 通信容量無制限で使用可能
  • 最新機種が利用可能
カシモWiMAX ギガ放題プラス
WiMAX +5G
5Gプラン
初月(申込月) 1,408円(税込)
1ヶ月目〜 4,455円(税込)
2ヶ月目〜 同上
3年間合計 157,333円(税込)
年間平均 52,444円(税込)
平均月額 4,252円(税込)

※初期費用などを除く月額料金の合計。(端末無料

カシモWiMAXの特徴は、なんといっても月額料金の安さと料金のわかりやすさです。WiMAX2+プランの1ヶ月目の月額料金は1,518円(税込)なので、月額料金を少しでも抑えて利用したい方に特におすすめです。

その後はギガ放題プランであれば3,971円(税込)・ライトプランであれば3,289円(税込)で固定となっており、非常にシンプルとなっています。

また、Speed Wi-Fi HOME 5G L11を契約できる5Gなら、初月なんと0円、しかもホームルーター無料で契約できます。

WiMAXはauを展開するKDDIの子会社であるUQコミュニケーションズが提供しているサービスで、カシモWiMAXはそのサービスの販売代理店を担っています。

販売代理店を通すと月額料金が高くなるイメージがあると思いますが、カシモWiMAXはテレビCMではなくネット上で宣伝を強化しているため、高額な広告費を使っていません。

そのため、公式を含めてWiMAX 5Gプランの料金は下記のように、安く抑えられます。

契約月 カシモWiMAX UQ WIMAX Broad WiMAX
初月 1,408円(税込) 4,268円(税込) 4,763円(税込)
1ヶ月目〜 4,455円(税込) 4,268円(税込) 4,763円(税込)
2ヶ月目〜 4,455円(税込) 4,268円(税込) 4,763円(税込)
25ヶ月目〜 4,455円(税込) 4,818円(税込) 5,313円(税込)
端末料金 0円 21,780円(税込) 0円
三年合計 157,333円(税込) 186,296円(税込) 182,831円(税込)
実質月額 4,252円(税込) 5,035円(税込) 4,941円(税込)

また、WiMAXはどのプロバイダで契約しても品質が変わらないため、月額料金が安くて、通信速度も速いプロバイダを選ばない手はありません。通信は安定しており、「速度が遅い・繋がらない」といった問題はあまり起こらないでしょう。

UQモバイルと併用すると、スマホ料金が毎月550円(税込)割引されますので、さらにお得で使えます。

キャッシュバックキャンペーンはありませんが、月額費用が業界最安級なのでWiMAXの中で最もおすすめのプロバイダです。

カシモWiMAXホームルーターの詳細はこちら

カシモWiMAXの詳細情報や評判・口コミは、こちらをご覧ください。

ソフトバンクエアー|高額キャッシュバック

ソフトバンクエアー 出典:ソフトバンクエアー

「ソフトバンクエアー」は、ソフトバンクが提供するインターネット接続サービスです。下りの最大速度は962Mbpsで、快適なインターネットを楽しめます。

ルーターをコンセントに指すだけでWiFi環境が整い、スマホやタブレット、ゲーム機など、あらゆる機器が使用できます。

ソフトバンクエアーの詳しい料金は下記の表をご覧ください。

ソフトバンクエアーのみ ソフトバンクエアー
+ソフトバンクのスマホ
月額基本料金 5,368円(税込) 5,368円(税込)
Air ターミナル賦払金 24回分割:2,475円(税込)×24回
36回分割:1,650円(税込)×36回
48回分割:1,238円(税込)×47回(※)
月々割:-1,650円(税込)×36ヵ月
おうち割光セット 1台当たり1,100円(税込)割引

(※)48回目のみ1,214円(税込)

ソフトバンクエアーの基本料金は、月額5,368円(税込)で、さらにソフトバンクスマホを使っていると「おうち割光セット」で毎月1,100円(税込)割引がずっと続きます。

また、端末代金は36回分割割引で実質0円となりますので、初期費用が抑えられます。

【ソフトバンクエアー】詳細はこちら

UQ WiMAX|テレビCMでお馴染み

UQ WiMAX 出典:UQ WiMAX
UQ WiMAX ギガ放題 ギガ放題プラス(5G)
初月(日割り) 4,268円(税込) 4,268円(税込)
1ヶ月目〜 4,268円(税込)
25ヶ月目〜 4,818円(税込)
端末料金 16,500円(税込) 21,780円(税込)
2年間合計 118,932円(税込)+初月日割料金 124,212円(税込)+初月日割料金
実質月額 4,955円(税込) 5,175円(税込)

※初期費用を除く月額料金の合計。

UQ WiMAXはWiMAXの提供元の会社、UQコミュニケーションズ株式会社が運営するWiMAXサービスです。

特徴としては、多くの代理店が3年契約がほとんどに対し、UQ WiMAXは2年契約となり、オプション料金を追加すれば、縛り期間なしに変更することもできます。

auのスマホを契約していれば、スマホ代が月額最大1,000円(税込)安くなる「auスマートバリュー」というキャンペーンがあります。

デメリットとしては、端末代金は別途料金21,780円(税込)となり、月額料金もカシモWiMAXより高めに設定されていますので、長期で使う予定の方であれば、カシモWiMAXの方がおすすめです。

UQ WiMAXの詳細はこちら

ホームルーターに関する口コミ

こちらは、ネット上のWiMAXホームルーターとソフトバンクエアーの口コミや評判をまとめました。

また、現在WiMAXのSpeed Wi-Fi HOME 5G L11ホームルーターに関する口コミまだ少ないため、過去発売されたホームルーターの口コミを取り上げています。

実際にホームルーターを選ぶ際に、ご参考にしてください。

友だち追加でお得なキャンペーン情報をゲット!
LINE友だち追加

WiMAXホームルーターの良い口コミ

ここでは、WiMAXのホームルーターの評判を口コミサイトからピックアップしてみました。

ホームルーターにしたら速くなった

一般的に、ホームルーターは、有線LANや光通信などに比べると通信速度が遅くて使い勝手が悪いといわれていますが、使用状況によっては光通信よりも通信速度が速いです。

映画も止まらずに観れた

ホームルーターにも通信速度は色々あり、最近発売されたものでは最大1Gbpsという機種もあります。これなら映画など通信速度が速くなければいけないデータにも対応できます。

比較的映画や動画サイトを見ることが多い人は、L02タイプの通信速度の速いものがおすすめです。

WiMAXホームルーターの悪い口コミ

一方、次のような指摘のコメントもいくつかみられました。

アップデートで遅くなった

アップデートを繰り返すと、どうしても通信機器内の容量が少なくなりますので当然のことながら速度も鈍ってきます。

また、ルーターが新しくても接続する通信機器やケーブルなどが古いと、それだけ速度が遅くなる原因にもなります。

すぐフリーズする

動画サイトも映画などと同様に、ルーターだけ新品でもつなぐケーブルやPCやスマホ、タブレットなどが古かったり空き容量が少なかったりすると、それだけ通信速度も遅くなりますし、しまいにはフリーズしてしまうこともあります。

また、ホームルーターは無制限で使えることになっていますが、3日間で15GB以上使用すると自動的に速度が遅くなります。

動画を見る際には、容量に余裕を持たせ、またルーターの使用状況も事前に確認しましょう。

ソフトバンクエアーの良い口コミ

ここからは、ソフトバンクエアーの口コミをピックアップしました。

下り速度はいい感じ

WiFiだけど、下り速度が不自由なく使えるのが評価されました。

アップデートはやや不安定のようですが、一般的な動画視聴やSNSを見る分には、大容量なアップデートが少ないでしょう。

電源挿すだけで使える

電源を挿すだけで、工事不要ですぐ使えることが評判だと見られます。

安定な速度が重視されるオンラインゲームには不向きかもしれませんが、一般的な使い方は大きな問題はなさそうです。

\5,000円Amazonもらえる!/
カシモWiMAX 5Gプラン ホームルーター

ソフトバンクエアーの悪い口コミ

一方、場所や使い方などにより、ソフトバンクエアーの回線速度が不安定という声もありました。

複数台でオンラインゲームすると遅くなる

先ほどの口コミにも書かれたように、ソフトバンクエアーは速度重視のオンラインゲームに不向きかもしれません。

しかもそれを2台で接続すると、速度がさらに落ちることが見られます。

回線が不安定

ソフトバンクエアーはモバイル回線のため、天候やエリアによって、速度が左右されることが見られます。

もしソフトバンクエアーを検討する場合、近隣エリアの回線状況を確認した方がよいでしょう。

ホームルーターの注意点

電源挿すだけですぐ使えるホームルーターですが、いくつの注意点があります。

きちんとメリットとデメリットを確認した上、契約をすすめましょう。

注意点1.家でしか使えない

ホームルーターは自宅で使うもので、電源はコンセントを挿さなければ使えません。

たとえ外出時に持ち出したとしても、契約している住所から離れると速度制限されてしまい、ホームルーターとして機能しなくなる可能性があります。

ホームルーターを契約するのであれば、自宅でしか使えないことを前提に考えましょう。

もし外出先でもインターネットを使いたいという方は、ホームルーターではなくモバイルルーターを契約しましょう。

注意点2.光回線と比べると遅い場合がある

モバイルルーターよりも通信が安定しているとはいえ、やはり電柱から光ファイバーを物理的なケーブルで引き込んでいる光回線より速度が遅くなる場合があります。

ホームルーター機器のスペックなどを見ると最大速度はルーターによって異なるため、光回線と肩を並べるような速度が記載されている場合もありますが、これはベストエフォート値なので必ずしもその速度が出るとは限りません。

むしろ、電波は環境の影響を受けやすいため、最大速度は普通の環境では出ないでしょう。

注意点3.通信制限がある

ホームルーターの大きな欠点のひとつは、通信制限があることです。

特にWiMAXホームルーターは、3日間10GBの利用量を超えてしまうと、翌日の18時~26時頃に、最大速度1Mbps前後の速度制限にかかってしまいます。

また、速度制限を設けていないソフトバンクエアーでも、多くのユーザーが利用する時間帯や場所によっては回線が込み合ってしまい、あまり利用していなくても速度制限と同等の遅さになってしまう可能性があります。

ホームルーター・モバイルルーター・光回線の差

インターネット回線には、主に2つの種類があります。

  • 光回線
  • モバイル回線

ホームルーターは、基本的にモバイル回線を利用しています。どのぐらいの違いがあるかを見てきましょう。

ホームルーターと光回線の違い

まずは、インターネット回線の定番の一つ、光回線と比較していきます。

違い1.通信速度は光回線の方が速い

以下の表は、ホームルーターと大手光回線業者の最大通信速度を比べたものです。

大手光回線業者 最大通信速度
Speed Wi-Fi HOME 5G L11 2.7Gbps
Air ターミナル4 962Mbps
(一部都心部のエリアのみ、ほかは481Mbps)
NURO光 2Gbps
ソフトバンク光 1Gbps

以前までは高速通信といえば光回線でしたが、5G対応のホームルーター登場によって変わりつつあります。

違い2.光回線の月額料金は少々高い

ホームルーターは、設置工事や無線LANルーターの別途購入が要らないため月額料金が光回線と比べて安いです。

しかし、光回線はキャンペーンの利用やキャリア各社のスマホとセットで契約することで、月額料金がかなりお得になる場合が多いです。

違い3.速度制限がない

光回線には、WiMAXホームルーターのような速度制限がありません。

ただし、外出時の持ち運びはホームルーター同様にできないため、自宅のみで通信量を気にせず快適にインターネットを利用することができます。

自宅での作業が多い場合や、オンラインゲームを楽しみたい場合は、光回線の利用をおすすめします。

\5,000円Amazonもらえる!/
カシモWiMAX 5Gプラン ホームルーター

ホームルーターとモバイルルーターの違い

ホームルーターとモバイルルーターは、どちらもモバイル回線にあたりますが、ルーターの性能によって、使い勝手が違います。

違い1.どこでも持ち歩ける

提供エリア内であれば、どこへでも持ち出して使えるのがモバイルルーターの大きな特徴です。

モバイルルーターはほとんどのエリアを網羅しているため、自宅での利用時間が少ない場合や外出先での利用、転勤が多い場合におすすめです。

違い2.電波の強さが違う

ホームルーターの魅力は何と言ってもアンテナの大きさです。モバイルルーターに比べてアンテナが大きくより広範囲の電波を受信することができます。

また、通常のモバイルルーターですと、電波の範囲は半径10m~15mと言われているのに対して、ホームルーターの場合だと半径50m~60mの範囲で電波を供給できる言われています。

なので、家庭などの一定の場所での使用を考えている人にモバイルルーターよりおすすめでしょう。

違い3.接続台数が少ない

モバイルルーターはコンパクトのため、基本的に接続台数はホームルーターより少ないです。

また、接続台数が多くなると、負荷がかかり、通常より速度が遅くなる可能性もあります。

ホームルーターのよくある質問

ホームルーターを使用が初めての人なら疑問もあるでしょう。ここではホームルーターに関する質問や疑問点を確認しましょう。

光回線とホームルーターはどっちがおすすめ?

結論から申し上げますと、大量のデータ送受信やコンピューターゲームなどをしない限り、ホームルーターがおすすめです。

ホームルーターは光回線に比べて簡単にインターネット環境が手に入ります。工事不要で、最短、申し込み当日に端末が発送されて家に端末が届いたその日からすぐに利用開始できます。

光回線は通信速度が速く安定しているというメリットがありますが、申し込んでも開通までに1ヶ月から2ヶ月程度かかります。

また、開通工事には立ち合いが必要で、仕事をしている場合には、立ち会う時間の調整が難しい人も少なくないでしょう。

ホームルーターは、気軽に申込めてすぐに利用できるというメリットがあります。

SIMフリーのおすすめホームルーターは?

SIMフリーで使用できるホームルーターも数は少ないですが存在します。こちらはおすすめを2つご紹介します。

日本電気(NEC)PA-HT100LN

PA-HT100LNはドコモとau系のMVNOが提供するLTE回線に対応したホームルーターです。Nano SIMに対応しており、下り最大速度は150Mbps、上り最大速度は50Mbpsです。

シンセイコーポレーション novas HOME+CA FREE

novas HOME+CA FREEはバンドB1とB19のLTE回線に対応しているホームルーターです。下り最大速度は300Mbpsで、アンテナが外付けのため安定した速度が期待できるでしょう。

ゲームにおすすめのホームルーターは?

オンラインゲームは高速通信であればあるほど快適に楽しめます。コンピューターを使ったオンラインゲームをする場合は、ホームルーターだとストレスを感じてしまうことがあるかもしれません。

本記事でご紹介したSpeed Wi-Fi HOME 5G L11」は最大下り速度が2.7Gbpsとホームルーターの中では最も速いですが、この最大速度はあくまでも理論的に出せる最大の速度であり、常にこの速度を維持できるわけではありません。

本格的にゲームを楽しみたい方は光回線などの固定回線をおすすめします。趣味程度にゲームを行う方であれば、「Speed Wi-Fi HOME 5G L11」がおすすめです。

ホームルーターは無制限通信できるの?

ホームルーターは実質無制限ですが、光回線と比較すると、通信速度が不安定になりやすいです。

3日間で15GBなど、利用量を超えてしまうと速度制限にかかってしまうため、大量な通信を頻繁に行う方は少々不便に感じるかもしれません。

ホームルーターが遅い時の対処法は?

W-Fiの電波の接続が悪い場合、ルーターの置き場所を工夫することで、状況が改善する場合があります。

金属や水、コンクリートなどは電波の広がりを邪魔してしまう存在となりうるので、水槽や金属製のものの中、コンクリート壁といった場所に設置すると、電波が届く範囲が制限される可能性があります。

▼以下の記事では、自宅WiFiの速度が遅い原因と簡単な改善方法を紹介しています。

自宅利用がメインならホームルーターがおすすめ

ホームルーターなら工事不要でコンセントに差すだけで利用できます。通信速度は下り最大1Gbpsに対応した機種も販売されており、動画の視聴もゲームも問題なく行えます。

接続台数も20台以上あるものがほとんどで、家族で同時に利用できます。申し込むプロバイダによってはキャッシュバックがあり、お得に契約することもできます。

自宅での利用がメインなら、手軽に利用が始められるホームルーターを利用してインターネット環境を整えましょう。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2021年07月02日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!