さすガねっと

マンションのインターネットおすすめはこれ!安い・速い回線!選び方・注意点も解説

マンションでのインターネットを利用する際は、すでに引き込んでいる回線があるかなど、集合住宅ならではのチェックポイントがあります。この記事では、マンションでの回線選びをわかりやすく解説します。おすすめ回線も紹介するので、インターネットの契約を検討している人は必見です。
【公式】カシモWiMAX マンションのインターネットおすすめはこれ!安い・速い回線!選び方・注意点も解説

マンションでインターネット環境を整えたい場合、チェックすべきポイントは自宅の範囲内に留まりません。また、契約の方法も戸建ての場合に比べて複雑です。

この記事では、そんなマンションでのインターネット環境について、光回線を利用する場合を中心に詳しく解説します。確認すべきポイントとその順番、契約方法の種類などを知り、回線選びに関する不安を解消しましょう。

おすすめのサービスも紹介するので、お得な回線選びに役立ててください。

目次

マンションでインターネットを契約する前に設備を確認

マンションでインターネット環境を構築する場合、マンション全体で契約している回線や、引き込みが済んでいる回線の有無は、必ず確認したいポイントです。

次の3つのパターンのうち、どれに当てはまるかによって契約できる回線や選び方が変わってきます。

インターネット完備の場合

賃貸マンションの案内などで見かけることの多い「インターネット完備」のマンションは、各部屋までインターネットの導入が済んだ状態を指します。

インターネット完備のメリット

光回線の建物への引き込みはもちろん、部屋への引き込み工事も終わっているので、機器の電源を入れる程度の作業で、すぐにインターネットを利用できるのは大きなメリットです。回線選びや契約などにかかる手間も、もちろん不要です。

光回線の使用料が発生しないので、毎月の通信費を抑えられるのもメリットのひとつです。ただし、家賃や管理費・共益費に、導入済みの回線の使用料が上乗せされている場合が大半なことは理解しておきましょう。

インターネット完備のデメリット

一方でデメリットには、自分で好きな回線を選べない点が挙げられます。「回線速度にこだわりたいと思っていたのにスペックに不満を感じる」といったことのないよう、完備されているインターネット回線の種類や内容は、事前に確認しましょう。

インターネット完備タイプのマンションでは、住人全員で同じ回線を共有するため、利用人数の多い時間は速度が遅くなる可能性もあります。完備されている回線に不満がある場合でも、他の光回線を個別に契約できない物件も多い点にも注意が必要です。

個別の契約自体が可能なケースでも、家主や管理会社の許可が必要なうえ、新規契約にかかる工事費用、月額料金などは個人の負担になります。家賃や管理になどにあらかじめ含まれている完備済み回線の費用は、回線を使用しない場合でも支払いが必要な場合が多い点もデメリットです。

インターネット対応の場合

インターネット対応のマンションは、建物への回線の引き込みは終了している状態です。インターネット導入済みなどと表記されることもあります。

「完備」のマンションとの違いは、個々の部屋で利用するには、個別に回線への申し込みが必要な点です。

インターネット対応のメリット

建物の中まで回線がきているので、自室への引き込み工事だけで使える点が大きなメリットです。工事への立ち会いが1度で済むので面倒が少ないのはもちろん、開通までにかかる時間も少なく済みます。

「いざ引っ越してみたら、光回線が引き込めないマンションだった」といったトラブルも避けられます。

インターネット対応のデメリット

「完備」の場合と同じく、好きな回線を自由に選べない点がデメリットです。ただし、「フレッツ光対応」のマンションであれば、フレッツ光、光コラボから選択できるなど、若干の選択が可能な場合もあります。

こうした条件は物件によってさまざまなので、契約の前にしっかりと確認しておきましょう。

回線サービスとの契約や部屋への引き込み工事の対応などは自身で行うため、「完備」の物件より導入に手間がかかります。

インターネット未導入の場合

インターネット未導入のマンションは、マンション自体で契約している回線、建物まで引き込んでいる回線ともにない場合を指します。

インターネット未導入のメリット

メリットは、利用する回線を自由に選べる点です。速さにこだわる、使っているスマホとのセット割を使って利用料をお得にするなど、好みのサービスを利用できます。

インターネット未導入のデメリット

デメリットは、利用可能な回線を自身で探して契約をする、敷地や建物への引き込み工事立ち会うなど、導入済みのマンションに比べて手間や時間がかかる点です。

さらにマンションの場合、部屋のある階数や建物自体の構造の問題で光回線の引き込み自体ができないケースが、戸建てに比べて多くあります。マンションの家主や管理会社が光回線の引き込み工事を許可しない場合も、回線を引くことはできません。

光回線を使いたいと考えている場合は、回線の引き込み工事が許可されるか、工事可能な物件かどうかをしっかり確認しておきましょう。

もう1点、月額料金についても注意が必要です。戸建て用、マンション用のプランを設けている光回線の場合、一般的にマンション用のプランの方が安価です。ただし、こうしたマンション用プランはインターネット対応物件向けの料金で、未導入物件は戸建てと同じ月額料金になるサービスが多数です。

マンションで契約できるインターネットの種類・仕組み

マンションで契約できるインターネットの種類は大きく分けて以下の3つです。

  • 通信速度が速い「光回線」
  • 工事不要ですぐに使える「ホームルーター」
  • 持ち運びができる「ポケットWiFi」

通信速度が速い「光回線」

まず1つ目は、工事をして固定回線を引く「光回線」です。固定回線を利用するので通信速度が速いのが特徴です。

月額料金はホームルーターやポケットWiFiよりかかりますが、データ容量には縛りがなく安定したインターネット通信が楽しめます。

家族でインターネットを利用する場合や通信速度を重視したい方におすすめのインターネット回線です。

工事不要ですぐに使える「ホームルーター」

続いて2つ目は、工事不要ですぐに使える「ホームルーター」です。端末が届いたその日からすぐにインターネット回線を利用できるのが特徴です。

月額料金は光回線より安く、ポケットWiFiより安定したインターネット通信が楽しめます。ただし、持ち運びができない点には注意しましょう。

工事不要で自宅でインターネットを使いたい方におすすめのインターネット回線です。

持ち運びができる「ポケットWiFi」

最後3つ目は、持ち運びができる「ポケットWiFi」です。工事不要で持ち運びができるのが特徴です。

月額料金は光回線やホームルーターより安く、気軽にインターネットを利用できます。ただし、通信速度は光回線やホームルーターに劣る点には注意しましょう。

家でも外でもインターネットを持ち運んで手軽に使いたい方におすすめのインターネット回線です。

【光回線】マンションのおすすめインターネット

ここからは、マンションでおすすめの光回線を紹介します。

auスマホなら「auひかり」

フルコミット
auひかり
月額料金(税込) 4,180円
最大通信速度 下り:1Gbps
上り:1Gbps
事務手数料(税込) 3,300円
契約期間 2年
違約金(税込) 2,290~10,450円

auひかりは、auの提供する光回線サービスです。独自の回線を利用しているので回線混雑の影響を受けにくく、いつでも快適にインターネットが使えます。

一方で、他の大手キャリアが提供する光回線に比べて提供エリアが狭いという特徴もあるので、検討時には対応エリアをしっかり確認しましょう。

auのスマホに加え、UQモバイルのスマホとのセット割も使えるので、これらのスマホを使っている人に特におすすめです。

auひかり+光電話と、auのスマホを使うと利用できる「auスマートバリュー」は、スマホの月額料金が1台当たり最大1,100円(税込)割引になります。家族が使っているauのスマホも対象になるので、たとえば家族3人で使っている場合、月額3,300円(税込)もお得に利用できます。

auひかり+光電話と、UQモバイルのスマホで利用できる「自宅セット割」の月額割引額は、1台につき最大858円(税込)です。こちらも家族の利用する端末も対象になります。

高額なキャッシュバックなど、お得な特典を提供している代理店が多いのも魅力です。

【auひかり】詳細はこちら

ソフトバンクスマホなら「ソフトバンク光」

出典:ソフトバンク光
ソフトバンク光
月額料金(税込) 4,180円
最大通信速度 下り:1Gbps
上り:1Gbps
事務手数料(税込) 3,300円
契約期間 2年
違約金(税込) 4,180円~10,450円

ソフトバンク光は、ソフトバンクが提供する光回線です。NTT東日本や西日本のフレッツ光を使用する光コラボ回線のため対応エリアが広く、サポートの充実にも定評があります。

ソフトバンクのスマホ、ワイモバイルのスマホとのセット割「おうち割 光セット」が利用できるので、この2つのスマホのユーザーには特におすすめです。

「おうち割 光セット」の月額料金の割引額は、ソフトバンクのスマホで1台当たり最大1,100円(税込)、ワイモバイルのスマホで1台当たり最大1,188円(税込)です。家族の端末も対象になるので、人数が増えればさらにお得になります。

代理店、公式ともに多くの特典があり、初期費用を押さえて利用を開始できる点も魅力です。

【ソフトバンク光公式】詳細はこちら

ドコモスマホなら「ドコモ光」

出典:ドコモ光 代理店 株式会社ネットナビ
ドコモ光
月額料金(税込) 4,400円
最大通信速度 下り:1Gbps
上り:1Gbps
事務手数料(税込) 3,300円
契約期間 2年
違約金(税込) 4,180円~10,450円

ドコモ光は、その名の通りドコモが提供する光回線で、大手キャリアならではの安心感や提供エリアの広さに定評があります。

ドコモのスマホとセットで利用すると、スマホの料金が月額最大1,100円(税込)割引になる「ドコモ光セット割」があるので、ドコモユーザーはぜひチェックしたいサービスです。ファミリー割引を使っている場合、家族分のスマホも割引の対象になり、さらにお得に利用できます。

プロバイダ一体型のサービスながら、23社のプロバイダに対応しているので、プロバイダにこだわりたい人もおすすめです。

キャッシュバックを実施している代理店経由での申し込みもできるので、特典を活用してお得に契約しましょう。

【ドコモ光】詳細はこちら

楽天モバイルスマホなら「楽天ひかり」

楽天ひかり
楽天ひかり
月額料金(税込) 4,180円
最大通信速度 下り:1Gbps
上り:1Gbps
事務手数料(税込) 880円
契約期間 2年・3年
違約金(税込) 4,180円~10,450円

楽天ひかりは、楽天モバイルが提供する光回線です。NTT東日本・NTT西日本フレッツ光回線を利用しているので日本全国で利用できます。

楽天モバイルのスマホとセットで使うと、楽天ひかりの月額利用料が1年間無料になるキャンペーンを行っているので、楽天モバイルユーザーはぜひチェックしたいサービスです。

楽天ひかりに加入すると、楽天市場のポイント還元率が+1倍になる特典があるのも楽天グループのサービスならではの特徴です。楽天市場でよく買い物をする人はさらにお得に利用できます。

また、事務手数料が他社と比べて安いのも特徴です。加入の申し込みは公式からのみのため、代理店が提供するキャンペーンなどはありません。

【楽天ひかり公式】詳細はこちら

料金の安さ重視なら「ビッグローブ光」

ビッグローブ光
ビッグローブ光
月額料金(税込) 4,378円~4,488円
最大通信速度 下り:1Gbps
上り:1Gbps
事務手数料(税込) 1,100円~3,300円
契約期間 2年・3年
違約金(不課税) 3,360円~20,000円

ビッグローブ光は、ビッグローブが提供する光回線です。代理店、公式の双方で豊富なキャッシュバックや割引が提供されていて、活用することで実質料金を押さえて利用できます。

スマホのセット割も充実していて、BIGLOBEモバイル、au、UQモバイルの3種類のセット割の対象です。BIGLOBEモバイルの場合、毎月220円(税込)のスマホ代の割引を受けられます。

auとUQモバイルの場合は、ビッグローブの光回線と光電話とスマホのセット割で、auならスマホ1台につき月額最大1,100円(税込)、UQモバイルなら月額858円(税込)が割引かれます。

高額なキャッシュバック実施する代理店や、工事料が実質無料になる特典などもあり。安さを重視して光回線を選びたい人は、チェックしてみる価値ありのサービスです。

【ビッグローブ光】詳細はこちら

通信速度重視なら「NURO光」

出典:NURO光
NURO光
月額料金(税込) 5,200円~6,100円
最大通信速度 下り:2Gbps
上り:1Gbps
事務手数料(税込) 3,300円
契約期間 2年・3年・期間なし
違約金(税込) 3,740円~10,450円

So-netの提供する光回線サービスNURO光は、下り最大2Gbpsの高速回線が魅力です。

昨今、10Gbpsなどより高速なプランを提供する光回線も増えていますが、こうしたプランの月額利用料が高く設定されています。その点NURO光は、下り最大1Gbpsの多くのサービスと遜色のない価格で利用でき、NUROモバイルのスマホとのセット割もあります。

他の光回線と比べると対応エリアが狭いという課題はあるものの、随時拡大中です。負荷のかかりがちなオンラインゲームを存分に使いたいなど、回線速度にこだわりたい人は、1度チェックしておきたい光回線です。

公式サイトでは、オプション加入なしで高額なキャッシュバックが受取可能なキャンペーンも行っています。基本工事費や他社違約金を対象にしたキャンペーンもあります。

【NURO光公式】詳細はこちら

【ホームルーター】マンションのおすすめインターネット3選

マンションの場合、光回線の引き込み工事ができないケースは戸建てに比べて多くあります。

光回線が利用できない場合にも利用できる、工事不要のおすすめホームルーターを3つ紹介します。

ホームルーター カシモWiMAX ドコモ home 5G ソフトバンクエアー
月額料金 初月:1,408円
2ヵ月~:4,378円
4,950円 1〜24ヵ月:4,180円
25ヵ月~:5,368円
最大通信速度(下り) 2.7Gbps 4.2Gbps 2.1Gbps
セット割引 au
UQモバイル
ドコモ ソフトバンク
ワイモバイル
契約期間 なし なし なし
事務手数料(税込) 3,300円 3,300円 3,300円
キャッシュバック 10,000円 15,000円 30,000円
主なキャンペーン 端末実質無料 端末実質無料 端末実質無料
他社違約金還元
おすすめな人 料金重視 通信速度重視 乗り換えの方

カシモWiMAX

カシモWiMAX 出典:カシモWiMAX
カシモWiMAX
月額料金(税込) 初月:1,408円(データ容量無制限)
2ヵ月目~:4,378円(データ容量無制限)
最大通信速度 下り:2.7Gbps
事務手数料(税込) 3,300円
契約期間 なし
違約金(税込) なし

「カシモWiMAX」は、UQ WiMAXと同じ回線を利用しているホームルーターサービスです。

他社でよくある複雑な手続きが必要なキャッシュバックはなく、シンプルで安い料金設定が魅力です。UQ WiMAXと同じ回線なので通信速度も問題ありません。

月額料金は4,378円(税込)で、au・UQモバイルのスマホとのセット割引もあります。

10,000円のAmazonギフト券プレゼントに加え、端末価格が実質無料になるキャンペーンも開催しています。

【カシモWiMAX公式】詳細はこちら

ドコモ home 5G

ドコモ home 5G
月額料金(税込) 4,950円(データ容量無制限)
最大通信速度 下り:4.2Gbps
上り:1.7Gbps
事務手数料(税込) 3,300円
契約期間 なし
違約金(税込) なし

「ドコモ home 5G」は、ドコモが提供するホームルーターサービスです。下り最大通信速度が4.2Gbpsと圧倒的な高速通信が利用できます。契約期間に縛りはなく、いつ解約しても違約金がかかりません。

月額料金は、4,950円(税込)で、ドコモユーザーならスマホとのセット割が利用可能です。さらに代理店による高額なキャッシュバックや、端末価格が実質無料になる公式特典なども提供されています。

ドコモのユーザーはもちろんですが、それ以外の人にとっても、手頃な価格で高速通信を利用できるサービスとしておすすめです。

【ドコモ home 5G HR01】詳細はこちら

ソフトバンクエアー

ソフトバンクエアー 出典:ソフトバンクエアー
ソフトバンクエアー
月額料金(税込) 1〜24ヵ月目:4,180円(データ容量無制限)
25ヵ月目~:5,368円(データ容量無制限)
最大通信速度 下り:2.1Gbps
事務手数料(税込) 3,300円
契約期間 なし
違約金(税込) なし

「ソフトバンクエアー」は、ソフトバンクが提供するホームルーターサービスです。契約期間に縛りはなく、下り最大通信速度2.1Gbpsと安定したインターネット利用を楽しめます。

月額料金は、割引が24ヶ月間適用されて4,180円(税込)です。さらに、ソフトバンク・ワイモバイルユーザーならスマホとのセット割が適用されます。

また、オプションなしで30,000円のキャッシュバックや、端末価格実質無料特典や他社違約金還元などキャンペーンも充実してます。

ソフトバンクユーザーはもちろん、キャンペーンを活用してお得にホームルーターを利用したい方におすすめです。

【ソフトバンクエアー公式】詳細はこちら

ホームルーターについては以下の記事で詳しく比較して解説しています。

【ポケットWiFi】マンションのおすすめインターネット3選

工事不要で持ち運びもできるおすすめポケットWiFiを3つ紹介します。

ポケットWiFi カシモWiMAX Rakuten WiFi Pocket THE WiFi
月額料金 初月:1,408円
2ヵ月~:4,378円
0~3GB:1,078円
3~20GB:2,178円
20GB~:3,278円
1〜4ヶ月:0円
5ヵ月~:3,838円
最大通信速度(下り) 2.7Gbps 150Mbps 150Mbps
データ容量 無制限 3GB〜無制限 100GB
セット割引 au
UQモバイル
なし なし
契約期間 なし なし なし
事務手数料(税込) 3,300円 0円 3,300円
キャッシュバック 10,000円 なし 5,000円
主なキャンペーン 端末実質無料 端末実質無料 端末実質無料
30日間お試し
おすすめな人 速度重視
データ容量重視
コスパ重視
データ容量重視
ポケットWiFiを
試したい方

カシモWiMAX

カシモWiMAX 出典:カシモWiMAX
カシモWiMAX
月額料金(税込) 初月:1,408円(データ容量無制限)
2ヵ月目~:4,378円(データ容量無制限)
最大通信速度 下り:2.7Gbps
事務手数料(税込) 3,300円
契約期間 なし
違約金(税込) なし

ホームルーターでも紹介している「カシモWiMAX」は、端末次第でポケットWiFiを選択することも可能です。

ポケットWiFiでも下り最大通信速度2.7Gbpsの高速通信が利用できます。

月額料金は4,378円(税込)です。また、ポケットWiFiにもau・UQモバイルとのセット割引があるのも魅力的です。

さらに、端末価格は実質無料になるキャンペーンと10,000円のAmazonギフト券プレゼントキャンペーンが開催されています。

データ容量無制限で高速通信を楽しみたい方におすすめのポケットWiFiです。

【カシモWiMAX公式】詳細はこちら

Rakuten WiFi Pocket

Rakuten Wifi Pocket
Rakuten WiFi Pocket
月額料金(税込) 0~3GB:1,078円
3~20GB:2,178円
20GB~:3,278円
最大通信速度 下り:150Mbps
事務手数料(税込) 0円
契約期間 なし
違約金(税込) なし

「Rakuten WiFi Pocket」は、楽天モバイルの提供するポケットWiFiサービスです。データの使用料に応じて変動する料金システムが特徴で、少ない月は1,078円(税込)、無制限でも3,278円(税込)の月額料金で利用できます。

事務手数料が無料なうえ、プランセット値引きと楽天ポイントの還元により、実質0円で利用できる端末があるのも魅力です。月によってデータの使用量に波がある人や、初期費用をできるだけかけずにインターネット環境を構築したい人は、ぜひチェックしてみましょう。

楽天市場での楽天ポイント還元率がアップする楽天SPUの対象にもなるので、楽天市場の愛用者はさらにお得です。

データ容量従量課金制なのでコスパよくポケットWiFiを使いたい方におすすめです。

【Rakuten WiFi Pocket】詳細はこちら

THE WiFi

THE WiFi
THE WiFi
月額料金(税込) 100GB:3,823円
1GB〜100GB:1,298円〜3,960円
最大通信速度 下り:150Mbps
事務手数料(税込) 3,300円
契約期間 なし
違約金(税込) 10,780円

「THE WiFi」は、データ容量100GBのプランとデータ容量従量課金制のプランの2種類があることが特徴的なポケットWiFiサービスです。

データ容量の100GBプランの月額料金は、キャンペーンで最初の4ヶ月間0円、5ヵ月目以降は3,838円で利用できます。

さらにいまなら「30日間のお試し期間」があるので、30日以内にデータ容量30GB未満であれば利用料金・解約金負担なしで解約可能です。

365日オペレーター対応もしているので、初めてポケットWiFiを使う方にはおすすめのサービスです。

【THE WiFi公式】詳細はこちら

ポケットWiFiについては以下の記事で詳しく比較して解説しています。

マンションのインターネットの選び方・注意点

続いて、マンションで使用する光回線を自身で選ぶ場合のポイントを確認しましょう。

  • 工事の許可がおりるかを確認する
  • 対応エリアを確認する
  • 料金・速度など重視するポイントを決める
  • 引っ越しの予定がないか確認する

1.工事の許可がおりるかを確認する

光回線の利用には工事が必要です。工事が可能かどうかは物件により異なりますが、その理由は「許可」の問題と「物理的」な問題に大きく分類できます。

「光回線の工事は一切不可」という物件の場合、自身で選んだ光回線はそもそも使えませんので、工事の許可がおりるかはまず最初に確認すべきポイントです。

大家さんまたはマンションの管理会社から、光回線を建物に引き込むための工事の許可をもらいましょう。

ただし、工事の内容によって許可するかどうかを決めるという場合もあります。こうしたケースでは、「工事は一切不可」ではないことを確認→利用したいサービスを決める→工事業者が提示する内容で工事の許可がおりるかを確認という流れになります。

2.対応エリアを確認する

どんなに気に入った回線でも、サービスが提供されていない地域では利用できません。そのため利用したいマンションが対応エリアに含まれているかの確認は、細かなサービス内容の検討以前に行うべきポイントです。

利用したい県や地域でサービスを提供している光回線をピックアップし、気になるサービスを見つけたら、確実に対応エリアに含まれるかも必ず確認しましょう。対応県内であっても、一部地域に対応していないというケースは多くあります。

多くの光回線が、住所や郵便番号からWeb上で対応の可否がわかるシステムを提供しているので、簡単に調べることができます。

3.料金・速度など重視するポイントを決める

対応エリア内の光回線から候補をピックアップしたら、どのサービスにするかを絞り込んでいきます。

とにかく費用を押さえたいので「料金の安さを重視」、ストレスなく使いたいので「回線速度を重視」など、自分なりに優先順位を決め、サービス内容を比較していきましょう。

4.引っ越しの予定がないか確認する

光回線の多くは契約期間が2〜3年の場合が多いです。したがって、今後2〜3年以内に引っ越しをする予定がないかを確認しましょう。

もし、2〜3年以内に引っ越しをする予定がある場合は契約期間の縛りがない光回線を選ぶか、ポケットWiFiやホームルーターを検討しましょう。

マンションのインターネットに関するよくある質問

マンションのインターネット利用に関して、よくある質問に回答します。

インターネットを個別契約するのは可能?

対応しているインターネット回線はマンションによって異なりますが、マンションに導入済の回線が気に入らない場合や、そもそもインターネットの設備に非対応の場合は個別で契約することも可能です。

ただし前述した通り、工事の必要な光回線は、大家さんや管理会社の許可が降りない、建物の設備の問題で工事ができないなどの理由で導入できない場合もあります。

なお、こうした場合でも、工事不要のポケットWi-Fiなどの利用は問題ありませんので、マンションでの「インターネットの個別契約」自体は可能です。

インターネットが繋がらないときの対処法は?

普段は利用できている回線が、突如つながらなくなる原因は複数あります。回線側の接続障害や、利用している機器の故障、誤って設定を変えてしまったというケースも考えられます。

部屋によって接続状況が変化する場合は、ルーターや無線LANの配置に問題があり電波が届きにくいのかもしれません。

端末の設定を確認する、ルーターや無線LANなどの機器を再起動するなどしてみましょう。それでも繋がらないときは、契約しているサービスに問い合わせてみましょう。

インターネット無料のマンションは速度が遅い?

戸建用とインターネット用のプランがある光回線の場合、マンション用のプランは一般的に、同じ光ファイバーケーブルを物件内の契約者全員で共有しています。

そのため戸建用のプランより安く利用できるというメリットがある一方、多くの契約者が同時に利用することで混雑し、速度が落ちる可能性があります。

マンションのインターネット回線まとめ

マンションのおすすめインターネット回線

マンションで光回線を利用する場合、すでに回線が導入されているかどうかで、その後に必要な契約や手続きが大きく変わる点がポイントです。

毎月の通信費を抑えつつスピーディーな開通を求める場合は、無料のインターネットが完備されたマンションが最適ですが、好きな回線を自由に選べないというデメリットもあります。

一方、自由に光回線を選ぶ場合、自分好みのサービスを使えるメリットに対し、工事ができない物件だったなどのトラブルが生じる可能性があります。

自分のマンションの回線、建物の状況を把握し、適切なサービスを選択することが大切です。特に個別に光回線を契約するときは、工事が可能かを最初に必ず確認しましょう。

工事が可能であれば、対応エリア・サービス内容などから好みのサービスを選ぶ手順は、戸建の場合と同じです。月額料金は、キャッシュバックキャンペーンやスマホ割などの特典も考慮した実質料金で検討し、よりお得なサービスを見つけましょう。

公開日時 : 2022年09月22日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!