OCN光

光回線の工事内容・期間を完全解説!工事費無料にする方法・工事できない時の対処法

光回線に加入すると避けては通れないのが光回線工事。テレワーク需要の高まる中で、工事不要でネット環境を整える方法もご紹介!工事にかかる期間や時間、費用、マンションやアパートなど住まいタイプ別での違い、トラブルの事例、工事内容など一挙大公開します。
【公式】カシモWiMAX 光回線の工事内容・期間を完全解説!工事費無料にする方法・工事できない時の対処法

光回線を引いて快適に光インターネットをしたい。でも光回線工事って大変そうだし、工事にかかる費用もよくわからない

そういった不安から、なんとなく光回線の利用を断念されている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、マンション・戸建て別の工事内容や工事にかかる期間を解説していきます。インターネット回線契約を検討している方は、ぜひ参考にしてください!

今さら聞けない光回線工事の基本

よく耳にするようになった「光回線」いう言葉。

ですが、いざ自分の家に引き込むといわれると、「光回線を家に引き込むとは、どんな工事をするのだろう?」と不安になる方も多いのではないでしょうか。

ここでは、光回線とその引き込み工事について知りましょう。

光回線を引くなら工事は必須

光回線のインターネットを利用するためには、光回線工事を行う必要があります。

光回線工事は、ガラスやプラスチックなどから作られる光ファイバーという通信ケーブルを電柱から住宅内に引き込み、インターネットを利用する室内まで開通させる工事です。

光ファイバーケーブルを引き込んでいない住宅内では、光回線を使ったインターネットを利用することができません

また、光回線のエリア外にあたる場合や、建物の構造上光回線を通せない場合など、光回線工事ができないケースもあります。

光回線のインターネットを申し込む前に、光回線工事が可能な環境かどうかを確認しておきましょう。

光回線工事の基本的な工事内容

それでは光回線工事の工事内容を順にみていきましょう。

1.電柱からの光ファイバーケーブル引き込み

まずは、最寄りにある電柱から光ケーブルを引っ張ってきて室内に引き込みます。引き込む方法には戸建てタイプ、マンションタイプの二種類の方法があります。

2.室内への光コンセントの設置

つづいて、外から引き込んだ光ケーブルを室内で使用できるように、光コンセントを設置します。

光コンセントとは外から引き込んだ光ケーブルが接続されている差込口で、電気やTVアンテナのコンセントのように室内の壁面に設置されます。

なお、この光コンセントがもともとある部屋は、光ケーブルがすでに部屋の中まで届いている可能性が高いです。

3.光回線終端装置の設置と光ケーブルとの接続

最後に光回線終端装置を設置し、光コンセントと光ケーブル(外から引き込んだケーブルとは別のもの)でつなげることで、光回線工事が完了です。

この光回線終端装置はONUとも呼ばれ、光インターネットや光電話を使用するときに必要となる機器です。

光回線工事の立ち合い

光回線の工事は、多くの場合立ち合いが必要です。

中には屋外の開通工事は立ち合い不要で、光コンセントを設置する室内工事の時だけ立ち合いが必要な場合もあります。

また例外として、「事業者変更制度」を利用して光回線を乗り換えると立ち合いが不要になる可能性があります

「事業者変更制度」とは、光コラボレーション間で光回線の契約を変更すると工事不要で乗り換えができるというものです。

光回線のインターネットを契約する際に、光回線工事の立ち合いが必要かどうかを確認し、工事日程の調整をしましょう。

光回線の工事内容・期間・かかる時間【住まい別】

戸建てやマンションなど、住まいのタイプで光回線工事の方法が少しずつ変わってきます。ここではそれぞれのタイプごとに工事の内容をもう少し詳しくみていきます。

戸建てタイプの光回線工事

まずは、戸建てタイプの家への光回線工事について、内容や流れを確認していきましょう。

工事内容

  1. 最寄りの電柱から自宅に光ケーブルを引き込む
  2. 電話用配管を利用し、室内に光ケーブルを引き込む
  3. 室内の壁面に光コンセントを設置する
  4. 光コンセントと回線終端装置を接続し、工事完了

当日の工事の流れは、まず最寄りの電柱から自宅に向かって光ケーブルを引き込みます。軒下や外壁に沿って室内に取り込む場所まで引き留め用金具で固定しながら、光ケーブルを配線していきます。

次に、既設の電話用配管を利用し、室内に光ケーブルを引き込みます。もし電話用配管のスペースに空きがない等で利用できない場合、エアコンダクトなど他の既設の配管を利用します。

それでも適当な引き込み用配管が見つからない場合は壁に1cm程度の穴を開けて引き込むことがあります。そして、室内の壁面に光コンセントを設置し、光ケーブルを室内で使用できるようにします。

そこから回線終端装置と接続し、最後に工事担当者が持参したパソコンで通信確認して工事完了です。また光電話の申し込みをされている方はこの時併せて設定します。

ここで注意が必要なのが、基本的には工事担当者の通信確認で工事は終了し、パソコンでインターネットを使うための設定は自分で行うということです。

ただし、事前に郵送、もしくは当日に工事担当者から設定マニュアルがもらえ、そのマニュアルの付属CDを使用すると比較的簡単にインターネットの設定できます。

また、自分でするのは不安という方には、光回線業者やプロバイダで有料の訪問設定サポートをしていますので、事前に相談すれば設定しに来てもらうことができます。

工事から開通までの期間

申し込みから工事・開通までの期間は、時期にもよりますが通常1カ月程度です。

また、賃貸の場合は建物の大家・管理会社の承諾と、工事会社との工事方法の打ち合わせで2カ月程度かかる場合もあります。

なお、春や秋の引っ越しシーズンは光回線工事が多くなり、工事日が遅くなることがあるので、予定が決まっている場合は、早めに申し込んだ方がよいでしょう。

工事の作業時間と人数

光回線工事にかかる時間ですが、各社のホームページを確認すると、NTTフレッツ光の東日本は約1時間、西日本は約2時間、auひかりホームは約2時間、SoftBank光では約1時間と記載されています。

実際の作業時間もおおよそ1~2時間程度のようです。ただし、天候や電柱の位置、家の構造などで時間は前後しますので、余裕をみておいた方がよいでしょう。

作業人数は、現場状況や工事会社のスケジュールにもよりますが、だいたい2人〜3人での作業が多いようです。

\まずは無料相談!/
インターネット電話相談

マンションタイプの光回線工事

マンションタイプの光回線工事には、マンションに光回線がまだ来ていない場合と、マンションの共有スペースまで既に光回線が導入済みの場合があります。

ここでは光回線がまだマンションに来ていない場合についてみていきます。

マンションタイプの光回線工事の内容

当日の作業の流れは、まず、最寄りの電柱からマンションの共有スペースに光ケーブルを引き込みます。次に、共有スペースから既設の電話線配管を利用して室内まで光ケーブルを引き込みます。

なお、建物の構造によっては既設の電話回線を利用したVDSL方式や、共有スペースからLANケーブルで各部屋に配線をするLAN配線方式になることも。

VDSL方式やLAN配線方式の導入は建物全体の設備の話になるので、大家・管理会社と光回線業者が協議して決めます。そして、室内の壁面に光コンセントを設置し、光ケーブルを室内で使用できるようにします。

最後に工事担当者が持参したパソコンで通信確認して工事完了です。また光電話の申し込みをされている方はこの時に併せて設定します。

マンションタイプの光回線工事の開通までの期間

申し込みから工事・開通までの期間は、通常1~1.5カ月程度かかります。

マンションタイプで光回線が未導入の場合、基本的に共有スペースでの専用機器設置と作業があるため、管理会社の承諾や設置場所等の打ち合わせが必要となり、その状況によって多少前後します。

戸建てタイプの光回線工事の作業時間と人数

光回線工事にかかる作業時間は、各社のホームページ上では戸建て作業時間と同じですが、配管が既設のものを使えることが多く、おおよそ1~1.5時間程度のようです。

ただし、構造によっては既設の配管が使えないこともあり、その場合はより時間がかかることがあります。作業人数は、現場状況や工事会社のスケジュールにもよりますが、大体一人から二人での作業が多いようです。

【最短当日発送】早速カシモWiMAXを確認してみる

マンションタイプで回線が導入済みの場合

つづいては光回線がマンションまで来ている場合の光回線工事はどのように行うのかをみていきましょう。

導入済みの光回線を室内へ引き込む工事が必要

光回線はすでにマンション共有スペースまで来ているので、作業当日の流れは、まず、共有スペースから既設の電話線配管を利用し、室内まで光ケーブルの引き込みをします。

そして、室内の壁面に光コンセントを設置し、光ケーブルを室内で使用できるようにします。最後に工事担当者が持参したパソコンで通信確認して工事完了です。また光電話の申し込みをされている方はこの時に併せて設定します。

なお、既設の電話線を利用するVDSL方式が導入されている場合はVDSL宅内装置の設置のみ、LANケーブルが利用されるLAN配線方式の場合は工事自体が不要となります。

導入済みの光回線を引き込み後開通までの期間

申し込みから工事・開通までの期間は、1カ月程度、早いと2週間程度です。

室内へ引き込む工事の作業時間と人数

光回線工事にかかる作業時間は、おおよそ30分~1時間程度です。ただし、構造や配管の状態によっては多少時間が前後しますが、電柱からの引き込み工事がない分、早く終わるようです。

作業人数は、現場状況や工事会社のスケジュールにもよりますが、だいたい一人から二人で、すでに室内まで引き込みがしてある場合は、作業員不要の無派遣工事となることも。

室内にすでに光コンセントがある場合は無派遣工事の可能性が高いです。

【最短当日発送】早速カシモWiMAXを確認してみる

光回線の工事費用はいくら?

工事の内容についてわかると、次に気になるのはその費用。

プロバイダなどのホームページを見てみると価格にバラつきがありますが、実際の工事費用の相場はどのくらいなのでしょうか。

光回線を新規契約する場合の工事費用

光回線の開通工事費用は、マンションや戸建てなど建物の状態や設備によって異なりますが、15,000円~40,000円が相場です。

しかし、工事費用が無料・割引になる新規契約キャンペーンや、代理店によるキャッシュバック特典などを利用すると初期費用を抑えることができます。

なお、キャンペーンは一定期間の契約継続を条件としたものが多く、工事費が完全に無料というわけではありません。キャンペーンを利用する際には、条件をしっかりと確認しましょう。

スマホやiPhoneの最新情報をいち早くお知らせ!
LINE友だち追加

光回線を乗り換える場合の工事費用

光回線を乗り換える場合、いくつか注意点があります。

多くの光回線は、契約期間を定めているためその期間内に解約をすると違約金が発生してしまいます。また、開通工事費を分割で支払っている場合は、残額を解約時に一括で請求されます

さらに新たな光回線を利用する場合は、光回線工事が必要になるため開通工事費用が発生します。

しかし、プロバイダの中には割引されてお得になる乗り換えキャンペーンや、違約金を負担してくれるキャッシュバックキャンペーンなどを実施しているところもあります。

事業者変更制度を使うと光回線工事が不要に!

光回線を乗り換える方法として、2019年7月1日より光コラボレーション間で契約を変更する「事業者変更」という制度ができました。

光コラボレーションとは、NTT東日本・NTT西日本が提供している「フレッツ光」とプロバイダをまとめて提供する販売モデルのことを指します。

この事業者変更制度を利用して光回線を乗り換えると、光回線の開通工事が不要になるので初期費用を抑えることができます。

また、光回線は契約から開通完了まで1~2ヶ月ほどかかってしまいますが、事業者変更制度なら最短8日で新しい光回線を利用できます。

代表的な光コラボの事業者は以下の通りです。

  • ソフトバンク光
  • ドコモ光
  • So-net光プラス
  • OCN光
  • BIGLOBE光 など

工事費無料の光回線はある?

結論から言うと、光回線の工事費用が実質無料になる事業者はいくつかあります

光回線の契約を検討しているときに、各社のホームページを見ていると「初期工事費無料キャンペーン」などを目にすることも多いのではないでしょうか。

この場合の工事費無料は、工事費用を分割払いにして毎月の利用料から割り引いている形です。そして多くの場合、2年もしくは3年など一定期間の契約が条件になります。

そのため、契約期間内に解約した場合、初期工事費用を一括で請求される可能性があります。

しかし、通常40,000円近くかかってしまうことがある工事費用が実質無料になることは、途中で解約しなければかなりお得です。

現在、工事費無料キャンペーンを実施している主な事業者は、こちらです。

  • auひかり
  • NURO光
  • ソフトバンク光
  • ドコモ光
\まずは無料相談!/
インターネット電話相談
iPhone格安SIM通信アンケート

インターネットを工事なしで使う方法はないの?

ここまで光回線を契約する際の工事内容や費用に関して解説しましたが、正直時間とお金がかかるため手間と考える方も多いと思います。

ここからは、インターネットを工事なしで契約する方法を2つご紹介します。

工事不要のWiFiを利用する

光回線にこだわりがなく、工事不要でインターネットを楽しみたいという方には工事不要のWiFiを契約のがおすすめです。

WiMAXやホームルーターなど、WiFiのようなインターネット回線の1つで、工事なしで端末が届いたその日からインターネットを楽しむことができるものです。

また月額費も光回線と比較するとかなり安く、WiMAXならギガ放題プランもあるので端末を持ち歩けばスマホの通信制限を受けることもなくなります。

気になる通信速度ですが、建物の設備にも若干左右されますが、光回線より速い場合もあります。一昔前は遅いといわれていたWiMAXですが、ここ数年でかなり速度が速くなっており、続々と新しい端末も発売されています。

工事不要で無制限のおすすめWiFiは、こちらの記事で紹介していますので、ぜひご参考にしてください。

また、WiMAXも光回線のように様々な企業がサービス展開をしていますが、業界最安級とされているのはカシモWiMAXです。

カシモWiMAX 出典:カシモWiMAX

サービス自体は様々ありますが、どのサービスも同じ回線を使っているため、速度に差は出ません。

カシモWiMAXのギガ放題プランであれば契約初月は1,518円(税込)、その後はずっと3,971円(税込)で使うことができます。

【最短当日発送】カシモWiMAXを契約する!

カシモWiMAXの評判や口コミについては、こちらの記事を読んでみてください。

ソフトバンクエアーを利用する

ソフトバンクエアー 出典:ソフトバンクエアー

ポケットWiFiよりも安定した通信速度が欲しい方には、ソフトバンクエアーがおすすめです。

ソフトバンクエアーは、ルーターをコンセントに挿すだけでWiFiが使えるようになるサービスです。回線工事の必要がないため、工事費が節約できる上にルーターが届いた日からネットが使えるのが魅力となっています。

自宅で使うためのルーターなので、室内だから電波が届きにくいということもありません。家中どこにいても快適にネットを使うことができます。

加えて、スマホ・PC・タブレット・ゲーム機等、最大64台まで接続することが可能です。家族皆でネットを使いたい方、複数端末をつないでネットを使いたい方は、ソフトバンクエアーで決まりですね。

【ソフトバンクエアー】詳細はこちら

事業者変更制度を利用する

事業者変更制度とは、光コラボレーション事業者の「コラボ光」を利用していれば、新たに工事をしなくても他の光コラボレーション事業者の「コラボ光」に乗り換えることができる制度です。

制度を利用するには「事業者変更承諾番号」を現在契約中の光回線会社からホームページ・電話で取得し、申し込むだけ。

現在利用中の「コラボ光」の契約は解約となりますが、工事不要で電話もテレビもそのまま使えるので非常にありがたい制度となっています。

事業者変更制度を使える乗り換え先の光回線会社はいくつかありますが、その中でも非常におすすめなのが、So-net光です。 出典:So-net光

オリコンの顧客満足度調査でも1位を取っているSo-net光のおすすめポイントは、なんといっても他社と比較して安い料金と豊富な特典。

平均的な光回線の料金は戸建てタイプで月額5,000円、マンションタイプだと平均3,500円前後となっていますが、So-net光であれば戸建てなら月額4,378円(税込)、マンションは月額3,278円(税込)で使用することができます。

また、契約と同時に申し込むことで、高速通信で知られるv6プラス対応ルーター(440円(税込)/月)が永年無料になる豪華特典も。さらに、セキュリティソフト「S-SAFE」が無料で利用可能。

ほかにも、auスマホバリューを使用するとauで契約しているスマホの月額料金が最大で2,000円引になるなどのメリットも。

事業者変更制度を利用するのであれば、So-net光に乗り換えることを強くおすすめします!

【So-net光】最新キャンペーンはこちら

光回線工事のよくある質問

光回線の開通工事をする際に、よくある質問をまとめました。

注意が必要なことや気を付けた方がよいこともあるので、光回線を申し込む前にチェックしておきましょう。

Q.工事前に大家さんに確認すべき?

賃貸住宅で光回線の開通工事をする際には、大家さんや管理会社の許可を取る必要があります

許可を取らずに勝手に工事を始めてしまうと、予期せぬトラブルが発生する可能性があるため、必ず許可を取りましょう。

書面などは必要なく、口頭だけでOKな場合が多いので、まずは電話で確認してみるといいかもしれません。

大型マンションなど、すでに光回線を建物内に引き込んでいる場合は断られてしまうこともあります。

\まずは無料相談!/
インターネット電話相談

Q.光回線を乗り換える場合も工事は必要?

すでに光回線を利用している場合でも、事業者ごとに光ケーブルが異なるため、光回線を乗り換える際には工事が必要です。

工事内容は、新規契約時の開通工事とほぼ変わりません。

例外として、光コラボレーション間で乗り換える場合は開通工事が不要になります。

Q.工事立ち合いが必要か確認する方法は?

住居の管理会社もしくは契約をした不動産会社に、住居内で光ファイバーケーブルに引き込みと光コンセントの設置がされているかどうかを確認してください。

どちらも完了している場合、光回線工事の立ち合いは不要ですが、住宅の状況などによって必要になるケースもあります。

Q.隣の家に電線やケーブルがかかる可能性は?

電線・電話線を敷設時のトラブルについての質問掲示板でたまにみかけるのがこの質問。トラブルに発展しているケースもあるようです。

光ケーブルも同じように電柱から引き込むため、似た状況になる可能性があります。基本的には、他人の敷地上空に電線・ケーブル等がかかる場合、土地所有者の承諾が必要です。

そのため、新築等で光回線の開通工事をする際に隣地の敷地上空に光ケーブルがかかる場合は少し注意が必要です。

通常、屋外の光ケーブルはNTT等光回線業者の所有物なので業者が許可を取りに行ってくれますが、隣地の方からすると工事を手配したのは申込者。

トラブルは最初の挨拶のあるなしが原因ということも多いので、光ケーブルを敷地上空に通す必要のあることが判明した場合、事前に挨拶をしておいた方が無難です。

Q.天気が悪くても光回線工事は可能?

戸建ての場合、最寄りの電柱から光ケーブルを引き込む際に、屋根の上での作業が必要になることがあります。

光ケーブルの配線工事は電線と違い感電の恐れがなく、また屋根の上に何か設備を設置するわけでもないので、基本的には多少の雨や風でも工事をするようです。

ただし、強い雨や風で屋根からの落下の危険性が出てくると話は変わり、安全上の理由から延期になることも。

一度くらい延期になっても大丈夫なように、工事は早めにスケジュールを組んでもらいましょう。

Q.思っていたルートと違う配線をされることはある?

パソコン等の位置から逆算して光回線終端装置の設置場所を決めた際に、工事担当者に説明がうまく伝わらなかった場合、予定と違った場所に設置され、せっかく用意したLANケーブルの長さが足りなくなるといったことも。

工事担当者のミスの場合、設置しなおしてもらえるかもしれませんが、穴は残ってしまいます。

また、最初に指定した設置場所が建物の構造上光ケーブルを通すことが難しいケースもあります。通常工事担当者は、作業開始前に工事内容を説明してくれます。

その際にしっかりと希望する光ケーブルの配線や光回線終端装置等の設置場所を説明・相談して、あとでLANケーブルが届かない、無線WiFiルータの電波が届かないといったことがないようにしましょう。

光回線工事は事前準備と早めの手続きがコツ

光回線工事のタイプ別の工事内容や申し込み時の注意点、キャンペーンの活用法などを押さえておくことで、スムーズに光回線の開通までたどり着けるのではないでしょうか。

ほとんどの方は特に調べることなく、申し込み時の案内に従って光回線の開通・利用にいたっています。

ですが、事前準備せず何かの拍子で、特に問題なく光回線を開通できた中から漏れてしまうと、思わぬ時間と労力を使うことになります。

光コンセントの有無の確認や宅内装置の配置計画、LANケーブルの用意などの事前準備と、早めの申し込みによる余裕ある日程で、快適な光インターネット生活をスタートしましょう。

 

光回線/Wi-Fi お申し込み電話相談を受け付け中!

iPhone格安SIM通信では、インターネットの契約や切替えをご検討中のお客様の電話相談を受け付けております。

相談後は、お客様のご希望があった場合にのみご連絡いたしますので、しつこい連絡や勧誘の心配はございません。

何度でも相談無料・加入の強要は一切ございませんので、インターネットに関してお困り方はぜひお電話ください。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2020年08月27日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!